【ゆるキャン△】恵那「でも、一回だけ一緒に行ってみない?」

2018/06/24 08:02 | ゆるキャン△ | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/22(金) 17:37:24.46 ID:cSpiwtBnO

・ゆるキャン△SS

・アニメ本編の斉藤さんサイド

・地の文有り


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/22(金) 17:54:28.63 ID:cSpiwtBnO

「えっ、キャンプ?」
「うん、やってみようかと思って」

リンがキャンプを始めたのは中一の時だ。
お爺さんにキャンプ道具一式を譲って貰ったからやってみる、と。

リンからお爺さんは変わった人だって聞いていたけど、孫娘に一人用のキャンプ道具をプレゼントするって確かに変わった人だと思う。

「なんか面白そうだなって」

・・・喜ぶ孫娘の方も変わってるけどね。

それ以来冬場になると、休みの度に一人でキャンプに出かけている。
私のイメージだと、キャンプといえばバーベキューとかキャンプファイヤーとか、夏に皆で楽しむものなんだけど、リンもリンのお爺さんも一人でのキャンプしかやらないらしい。

「結構いるよ、ソロキャンプしてる人」

少なくとも女子中高生ではいないんじゃないかなぁ。

キャンプ中に一人で何をしているのか聞くと、本を読んだりラジオを聴いたりしているんだとか。
わざわざ外でやることでもない、と思ったけれど、多分リンは一人っきりになりに行ってるんだと思う。一人の時間をゆっくり楽しむ為に。

「一緒に行ってもいい?」と聞いてみた事は無い。
私がキャンプ道具を持ってないってのも有るけど、もし一緒に行ってもなんとなく間がもたないんじゃないかと思う。

私には、一人でキャンプ場に行ってやりたい事って特に無い。リンとは気が合うし、話も合うけど、一緒に居たいからっていう理由でリンについていっても、一人になりたいリンの邪魔になるんじゃないかなって。

でも、いつかリンと一緒に、私のイメージするようなわいわい楽しむようなキャンプに行けたらいいなぁって、そう思っていた。

――――――

――――

――


貴音「悪戯」美希「されたの」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/23(火) 23:23:08.45 ID:VoW78Nuc0

【事務所】

ガチャ

貴音「おはようございま……おや? 誰もいませんね」

貴音「小鳥嬢もいないとは……買い出しにでも行っているのでしょうか」

貴音「ですが、それはそれで僥倖というもの。今度やります舞台の台本でも読むとしましょう」


P「ヤンデレっていいですよね」小鳥「わかります」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/07(金) 18:02:11.10 ID:IT+YD4aX0

小鳥「765プロトップヤンドルと言えばは雪歩ちゃん、千早ちゃんの2強ですよね」

P「わかります」


哩「姫子は変態で最悪たい」

2018/06/24 00:03 | 咲-Saki- | コメント(0)

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 01:22:35.23 ID:3a6fllZGO

哩「リザベーションで縛られて感じよるなんてただのドMとね」

姫子「ぶちょーに言われたくなかとです」ジトー

哩「そんな変態を相手に出来るのは私だけやね。仕方ないから相手しちゃる」

姫子「ぶちょー」スリスリ


【モバマス】楓「緑髪は人気が出ない?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/20(水) 19:51:50.94 ID:rf3nTdC+0

vipには初投稿の作品になります。

オリ設定注意。楓さんとPとちょっとだけ奈緒とかが出ます。

時期は6月頃くらいで考えて下さい。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/20(水) 19:52:54.39 ID:rf3nTdC+0

最近事務所のアイドル達の間で流行ってる「デレぽ」というものがあります。

本当に使い方が多様で、自分の近況報告や仲間集めに使ったり懺悔に使う子もいるみたいです。

私自身は機械にそれほど強くないのでどちらかというと見る専門なのですが…。

皆が喜んでくれるような駄洒落は考えつくのが難しいですし。


紅莉栖「岡部から他の女の匂いがする」岡部「えっ」

2018/06/23 22:01 | STEINS;GATE | コメント(0)
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 19:44:09.86 ID:TvkhnU/h0

紅莉栖「岡部から他の女の匂いがする」

岡部「えっ」

紅莉栖「ちょっと岡部」

岡部「へ、な、なんだ」

紅莉栖「…………これは」クンクン

岡部「ぅ、うわ、や、やめろぉ!においを嗅ぐな!お前は犬か!」

紅莉栖「んー?」クンクン

岡部「お願い、やめてっ!謝る!明日からファブリーズする!俺が汗くさいのはわかった!頼むから嗅がないでください!」

紅莉栖「…………白衣、ね」

岡部「え」


モバP「惚気を聞いてくれ」渋谷凛「惚気?」

1: ◆TOYOUsnVr. 2018/06/20(水) 21:18:01.53 ID:48x+i87U0

P「そう。惚気」

凛「何? 何の惚気?」

P「いいから、いいから。とりあえず聞いて」

凛「よくわかんないけど……はい」

P「今日のことなんだけどさ、車で移動してたんだよ」

凛「うん」

P「そのときに一緒にいた相手に、お昼摂る時間作ってあげられなかったから移動中に食べて、ってサンドイッチあげたんだけど」

凛「……え」

P「ただのコンビニのサンドイッチなのにさ」

凛「……ちょっと待って」

P「わざわざごめん。ありがとね、って恭しく受け取ったんだよ」

凛「それ、私のことじゃない?」

P「で、律儀……かわいい……ってなったわけ」

凛「……ねぇ、それ私でしょ」

P「律儀かわいい……ってなるだろ、こんなの」

凛「それは、その、良くしてもらったらお礼を言うのは当たり前でしょ?」

P「そういうとこだぞ」

凛「……」

P「仕事のせいでお昼摂る時間なくなってるんだから、俺のせいみたいなもんだろ」

凛「まぁ、そうなのかもしれないけど。でも悪意があるわけではないし……」

P「さらに、それだけじゃなくて」

凛「……うん」

P「おすそわけ、とか言って笑いながらひとくちくれたんだよ」

凛「あー、うん」

P「顔には出さなかったけど、めちゃくちゃテンション上がってたし、なんなら事故りそうだった」

凛「何してるの」


小鳥「今日という日のはなむけに」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/18(火) 19:04:54.06 ID:ceXEoYpH0

P「ふぅ、やっと今日の業務終了」

小鳥「疲れましたねー」

P「ええ、でもいつもよりは早めですね、まだ日も沈みきってないですし」

律子「いつもこれくらいで済めばいいんですけどね」

P「ははは、そうだな、でも、仕事が忙しいのはありがたいことだ」

小鳥「あ、プロデューサーさん!もしよかったら今日も飲みに行きませんか?」

P「えぇ!?またですか!?」


花陽「ことりちゃんをお姉ちゃんって呼んじゃった」

2018/06/23 19:05 | ラブライブ! | コメント(0)
1: ◆uxWWm6/Qe2 2018/06/19(火) 21:09:56.00 ID:7y7UPbOq0

花陽「・・・」ペラ

「姉妹スクールアイドル特集!」

・黒澤ダイヤ&ルビィ
・鹿角聖良&理亞
・近江彼方&遥etc・・・

花陽「姉妹アイドルか~・・・」ペラ

花陽「μ'sには居ないんだよね~。穂乃果ちゃんと絵里ちゃんは妹ちゃんがいるけど中学生だし・・・」

花陽「私もお姉ちゃん欲しいな~・・・」ペラ

花陽「それでこう・・・思いっきり甘えたりしたいな~・・・」

花陽「こう・・・ギュッと抱き締めて・・・」

ガチャ!

ことり「かよちゃんおはよう!」

花陽「お姉ちゃ~ん♪」

ことり「・・・ふえ?」

花陽「あ・・・」


あずさ「オフの日は、律子さんと一緒に」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/03(木) 16:59:53.51 ID:OBD2BUvj0

TLLLLL...


あずさ「もしもし、律子さん?三浦ですー」

あずさ「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますねー」


律子『あずささん。こちらこそ、よろしくお願いします』

律子『あずささんから電話なんて珍しいですね。新年早々道に迷いました?』

あずさ「もう、わたしそんないつも道に迷ってないですよ?」


律子(いや、迷ってないことがないと思う)