TOP > ◆C2VTzcV58A (249件)

織斑一夏「はあ、男が欲しい……」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/10/10(火) 23:35:21.81 ID:IyMoB4KNO

鈴音「………ホモ?」

一夏「違う」

鈴音「え、だって急に男が欲しいとか言い出すから……大丈夫? 弾呼ぼうか?」

一夏「お前、仮に俺がホモだとして弾を生贄に捧げていいのか」

鈴音「んー………そうねえ……」

一夏「迷ってる時点で鈴と弾の友情が疑われるんだが」

鈴音「いや、ほら。一夏がホモだとすれば、もう弾もホモでいいと思うのよ」

一夏「よくないだろ!」

鈴音「あはは、冗談よ~。中学の時に女子の間でひそかに『一夏×弾』のカップリングが盛り上がってたからってさすがに暴論よね。じゃあ気を取り直して」

一夏「ちょっと待て。気を取り直す前にちょっと待て」

鈴音「え?」

一夏「聞き捨てならない部分があったんだが」

鈴音「心配しなくても、一夏がホモだって本気では思ってないわよ? 思ってたらアンタの頭叩きなおしてでもノーマルにするし」

一夏「いや、そっちじゃなくてだな。いやそっちも大事ではあるんだが……え、なに? 俺と弾が、カップリング?」

鈴音「あ、そのこと? だってアンタたちいっつも一緒にいたじゃない。数馬もいたにはいたけど、あっちは女っ気が結構あったしね~」

鈴音「なまじ顔がいいから、そういう妄想が捗るんだって。クラスの子が言ってたわ」

一夏「知りたくなかったぞ、そんなおぞましい事実……」

鈴音「いいじゃない、中学の頃の話なんだから」

一夏「俺も弾も普通に女の子が好きなのに……」

鈴音「24時間365日彼女募集中?」

一夏「おう」

鈴音「にぶちん」

一夏「え? なにが」

鈴音「そういうところが! まあ、はっきり言えないあたしにも責任はあるけどさ……」

一夏「?」

鈴音「なんでもない!」


二宮飛鳥「甘く切なく、穏やかに愛おしく」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/10/08(日) 06:35:00.22 ID:2Zc/gzyFO

とある日 事務所にて


飛鳥「ふむ……今回の撮影、テーマは『スイートオータム』か」

飛鳥(秋という季節は、落葉をはじめ『生命の終わり』『衰退』を彷彿とさせる時期だ。だからこそ、人は甘さを求めるのかもしれない)

飛鳥「さて、どういったスタンスで撮影に臨もうか……バレンタイン関連の仕事は経験済みだけど、あれとはまた甘さの趣が異なるだろうし」

飛鳥「甘さ、スイートか……何か、参考になるものでもあれば」



心「………」←無言で飛鳥を見つめている



飛鳥「………」

飛鳥「MAXコーヒーで甘さに触れてみようか……」スクッ

心「目背けんな☆ さらっと逃げようとすんな☆」

飛鳥「バレた。捕まった」

心「こんなブリリアントなAngelに捕まるなんて幸せだぞ~♪」

飛鳥「大魔王からは逃げられない」

心「誰がサタンだ☆ Angelだよ、Angel♪」

飛鳥「なぜエンジェルだけネイティブチックな発音なんだい」

心「他の単語は正しい発音知らないから」

飛鳥「リアルな理由だね」


的場梨沙「オトナの女は黒で決めるの!」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/09/30(土) 17:59:18.22 ID:jyVrC0cEO

心「わかる」

梨沙「めちゃくちゃ黄色とピンクの私服着てるけどホントにわかってるの?」

心「わかってるわかってる♪ はぁとがブラックになったら、せくすぃーすぎて地上波放送できなくなっちゃうからしないだけ☆」

梨沙「へー」

心「梨沙ちゃん、齢12にしてそんな冷めきった目つきしてたら人生楽しめないぞ?」

梨沙「誰のせいだと思ってるのよ!」

心「てへぺろ☆」

梨沙「時々、ハートさんがホントに26歳なのかわからなくなるのよね」

心「唐突に実年齢出しちゃらめぇ♪」

梨沙「アタシの倍以上生きてるのよね、これでも……」

心「今日の梨沙ちゃんちょっと厳しいぞ♪ ローテンションモード?」

梨沙「別にいつも通りよ。ローテンションなのはあっちでしょ」

心「あっち? あー」


北沢志保「私は、デレてなんていませんから」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/09/18(月) 16:28:01.22 ID:RaptKWeEO

P「なあ、志保」

志保「なんですか」

P「志保は、俺のこと好きか?」

志保「……はい?」

P「だから、俺のこと好きかなって」

志保「……めんどくさい彼氏の演技?」

P「なんでそんな演技をしなくちゃいけないんだ……単純に、気になったから聞いたんだ。俺は志保といい関係を築けているのかどうか」

志保「それならそれで、もう少し言葉の選び方があると思うんですけど……まあ、いいです」

P「それで、どう?」

志保「………好きですよ、普通に」

P「普通に好きか」

志保「はい。普通に好きです」

P「そうか。昔は『嫌いじゃない』だったから、評価が上がったってことになるのかな」

志保「そうですね。あれからたくさんの仕事をいただいて、悩み事の相談にも乗ってもらって……プロデューサーさんには、いろいろと助けてもらいましたから」

P「俺はプロデューサーとして、大人として、できるだけのことをしただけだよ」

志保「それでも、私にとっては大きなことなんです。だから、ありがとうござ……ちょっと待ってください」

P「ん?」


的場梨沙「CMに出たいわよね」 佐藤心「わかるー☆」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/09/12(火) 22:32:57.21 ID:XLpYN8qLO

飛鳥「理由は?」

梨沙・心「目立つから!」

飛鳥「だと思った」


モバ・ミリP「ロリでおませなさそり座の女」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/08/27(日) 20:31:02.85 ID:Z63RR8NCO

モバマスとミリマスのアイドルが出てきます


2: ◆C2VTzcV58A 2017/08/27(日) 20:32:00.98 ID:Z63RR8NCO

とあるテレビ局の楽屋にて


梨沙「………」

桃子「………」

梨沙「………」

桃子「………」



梨沙・桃子(居づらい空気………)


相馬夏美「そんなことない」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/08/26(土) 09:29:17.77 ID:rJ+4PQys0

夏美「おはようございまーす」

P「おはよう、夏美さん」

夏美「………」

P「どうかした? 俺の顔じっと見て」

夏美「Pさん、ちょっと元気なさそう? ていうか、眠そう」

P「あー、確かにそうかも。最近睡眠時間があまりとれてなくて」

夏美「そうなんだ。ダメよー、ちゃんと夜は寝ないと。私たちのために頑張ってくれてるのはわかるけど」

P「あはは、すまん」

夏美「何か手伝えることがあれば言ってね。簡単な仕事くらいなら力になれると思うから」

P「そんな、悪いよ」

夏美「そんなことないっ。普段Pさんだって、私たちのワガママ聞いてくれてるでしょ? 困ったときはお互い様よ」

P「夏美さん……ありがとう」

夏美「うんうん。だからどんどん頼ってくれて」

P「でもまあ、忙しいのはせいぜい一週間くらいだから気持ちだけで十分――」

夏美「そんなことない~~!」ギュッ

P「痛い痛い! ネクタイ引っ張らないで!」

夏美「緩んでたからビシッと締めてあげたのよ」

夏美「いい? 睡眠不足は身体に毒なの。Pさんの身体はひとりだけのものじゃないんだから、大事にしないと」

P「……そうだな。ごめん、気をつける」

夏美「あと睡眠が足りないとお肌とかお肌とかお肌とか、あとお肌に悪いわ」

P「ごめん夏美さん、さっきのセリフよりも目が据わってるんだけど」


相葉夕美「恋バナ」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/08/23(水) 11:35:11.29 ID:s/OM2CnL0

夕美「最近、私おかしいの」

夕美「Pさんとふたりきりになると、変に緊張しちゃって顔が熱くなったり」

夕美「Pさんに見られてるって思うと、ちゃんと女の子らしくできてるかなーとか無性に気になっちゃったり」

夕美「Pさんとお話してると、些細なことで耳が熱くなったり」

夕美「私、どうしちゃったのかな……」

ありす「………」



ありす「オーケーグーグル、この恋バナに対してうまく答えをはぐらかす方法は」

タブレット『すみません、よくわかりません』

ありす「ですよね」


モバP「速水はキスがねっとりしていそうだな」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/08/19(土) 16:09:41.24 ID:UJZ/SoK9O

奏「刑務所のご飯は冷たいらしいわ」

P「待て」

奏「なにかしらセクハラプロデューサーさん」

P「ちょっと小粋なジョークを挟んだだけだろう。そんなことでムショ送りにしないでくれ」

奏「これは関係のない話だけれど、下ネタでしかジョークを言えない人間はモテないらしいわよ」

P「明らかに関係あるつもりで言っているな」

奏「とにかく。私のキスはねっとりしていないわ」

P「本当か」

奏「本当よ。たぶん」

P「たぶんなのか」

奏「ええ。だって未経験だし」

P「そうか」

奏「なんなら、ここで試してみる?」

P「試すって、ファーストキスだろう」

奏「私は、あなたにならあげてもいいと思っているけど。ふふっ」

P「……そうか」

P「ちなみに、俺のキスはものすごくねっとりしているらしい」

奏「やっぱりやめるわ」

P「おい」

奏「なにかしらネロデューサーさん」

P「暴君皇帝みたいな名前で呼ぶな」


的場梨沙「世界で、一番のロリコンになって」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/08/13(日) 04:55:40.42 ID:Y2FCiwW5O

「じゃあみんな、気をつけて帰るんだぞ」

『はーい』

『先生さよなら~』


 おわりの会のあいさつをして、今日も小学校の授業は終わり。放課後になったとたん元気になる男子とか、近くの席の友達とおしゃべりを始める女子とかを眺めながら、アタシはランドセルに教科書やノートをしまいこむ。

「梨沙ー、今日もアイドルの仕事?」

「うん。事務所にいって、レッスンしてくる」

「そっか、がんばってね!」

「ありがと!」

 アイドルを始めてから、学校の友達と遊ぶ時間は減っちゃった。でも、こうして応援されるのは、なんだかこそばゆくて、あとうれしい。

「じゃあ、また明日ね!」

「梨沙ばいばーい」

 ランドセルを背負って、教室を出る。廊下を歩きながら、今日のレッスンの内容を頭に思い浮かべる。
 昨日のダンスレッスンで、トレーナーに注意されたポイント。今日はちゃんとできるようにして、ぎゃふんと言わせてやるんだから!


佐藤心「8月10日ははぁとの日だぞ☆」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/08/11(金) 00:13:53.64 ID:HdV9ZP5GO

P「え?」

心「だからぁ、今日は8月10日で『はぁとの日』だぞ☆」

P「理由を聞いてもいいですか」

心「8(はぁ)10(と)だからに決まってるでしょ♪ このにぶちんめ♪」

P「………はぁ」

心「と☆」

P「いや無理やりつなげないでください」


モバP「なっちゃんと水着と夏祭り」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/08/06(日) 07:48:53.91 ID:6IFliUN8O

1作目 モバP「なっちゃんという同級生」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434111292/)
2作目 モバP「なっちゃんという担当アイドル」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434292580/)
3作目 モバP「ナナ先生のメルヘンデビュー」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434535556/)
4作目 モバP「なっちゃんと恋人ごっこ」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434708764/)
5作目 モバP「なっちゃんと後輩アイドル」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434898915/)
6作目 モバP「なっちゃん達のガールズトーク」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436281527/)
7作目 モバP「なっちゃんと俺」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436613831/)
8作目 モバP「なっちゃんとその後」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445267426/)
9作目 モバP「なっちゃんと年越し」 鷹富士茄子「思い出話、追加注文です♪」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451298456/)
10作目 モバP「なっちゃんと春休み」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458315705/)
11作目 モバP「なっちゃんと梅雨」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466864378/)
12作目 モバP「なっちゃんと夏の事務所」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472359089/)
13作目 モバP「なっちゃんと秋の風物詩」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477203469/)
14作目 モバP「なっちゃんと年末年始」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483620583/)
15作目 モバP「なっちゃんとメイド」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493904964/)

の、続きです


2: ◆C2VTzcV58A 2017/08/06(日) 07:50:14.27 ID:6IFliUN8O

ある日の事務所


P「なっちゃんってさ」

茄子「はい?」

P「胸でかいよな」

茄子「『今日も暑いよな』みたいなノリで言うことですか? それ」

P「でも事実だし」

茄子「仕事の都合上、私の身体データは全部P君に知られちゃってますもんね」

P「明らかに高校の時よりでかくなったよな。初めて数字見た時びっくりした」

茄子「身も心もP君にさらけ出しちゃいました♪」

P「俺が渡された資料には身体のことしか載ってなかったけど」

茄子「資料はそうかもしれませんけど、心は普段からあますことなく伝えてますよ?」

P「……確かに」

茄子「P君好きです」

P「俺も好き」

茄子「えへへ」





菜々「お熱いですねー」

凛「本当、熱いね」

光「え? 外は暑いけどこの部屋はクーラー効いてて涼しくない?」

凛「そうじゃなくて……まあ、いいか」


佐藤心「あんにゅいはぁと」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/07/22(土) 23:02:10.01 ID:oai+4A4gO

 お誕生日って、めでたい日。みんなにお祝いしてもらえて、プレゼントをもらえて。楽しくて、うれしい日。
 小さい頃は、とにかく誕生日が近づくとそわそわしっぱなしで。『今年はなにがもらえるのかな』『お人形ハウスがほしいな』『あとマイクもほしいな』『新しいゲームもほしいな』『ていうかそろそろ自分の部屋がほしい』なんて、いろんなことを考えて。……思い返すと、幼い頃の自分、結構欲深いな。
 まあ、とにかく。お誕生日っていうのは、ワクワクが100パーセントの楽しいイベント。当日が近づけば近づくほど、ドキドキがおさまらなくなるの。


 ――昔は確かに、そうだったはずなのに。


二宮飛鳥「七夕アフター」 佐藤心「そうめん食べるぞ☆」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/07/08(土) 22:32:34.73 ID:rDi7Yn+ZO

的場梨沙「飛鳥の短冊の中身を知りたい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436436253/

と若干つながっているところがあります


2: ◆C2VTzcV58A 2017/07/08(土) 22:33:14.57 ID:rDi7Yn+ZO

7月8日 朝


心「あっつー……まだ7月なのになんて暑さ……日差しに殺されちゃう」

心「このままだと、8月が終わるころには溶けて本来の姿を保っていられないかも……はぁとがはぁととしての形を失ってしまう……」

心「………」


心「今のセリフ飛鳥ちゃんぽくなかった?」

梨沙「そう?」

心「いやぁ、一緒に過ごしているうちに口調がうつるとは、仲良くなってる証拠だな♪」

梨沙「本物の飛鳥、違うセリフ言いそうだけどねえ」


二宮飛鳥「雨の日」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/07/04(火) 22:26:40.04 ID:H2Pmtvw8O

休日。学校もアイドル活動も何もない、自由な一日。

CDショップでお気に入りのアーティストの新譜を購入したボクは、満ち足りた気分のまま帰りの電車に乗り込んだ。
わざわざCD一枚のために街に出ずとも、今のご時世ネットでなんでも買うことができる――それはある面においては確かに真実だが、あいにくとボクにはこだわりがある。
発売を心待ちにしていた商品を、店内で直接手に取るあの感覚。シンプルながらも、えも言われぬ達成感がある。
些細なことかもしれないが、ボクの繊細なハートにとっては、それだけのことでも重要なファクターになりうるのだ。

だから、無事に新譜に触れることができたボクは……ありていに言えば、浮かれていたのかもしれない。


小松伊吹「キス魔奏」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/06/09(金) 01:56:43.41 ID:8stMW2bgO

奏「私、キスが好きなの」

奏「柔らかさを感じられて、上品なものが好き。輝くような光とともに、感触と味を確かめるの」

奏「キスの味……そうね。初めて味わったときは、自然と涙が出てきたわ。きっとあの頃の私はまだ子供で、キスの刺激に耐えられなかったのでしょうね」

奏「今では、むしろ大好き。気がつくと、体がキスを求めているの」

奏「だから……ね? いいでしょう?」







伊吹「いや、だからって回転寿司に来てキス(鱚)ばっかり食べるのはもったいなくない?」

奏「だって好きなんだもの。光り物の中でも群を抜いているわ」


橘ありす「凛さんって、顔文字とか使わなさそうですよね」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/05/28(日) 23:08:04.21 ID:ImoM/5cnO

凛「顔文字?」

ありす「メールとかLINEとかでです。少なくとも、私とやり取りしているときは使っていた記憶がありません」

凛「うーん……まあ、積極的に使うことはそんなにないかな」

凛「でもどうして急に? 顔文字使わないのはありすも同じでしょ」

ありす「はい。ですから、たまには使ってみようかなと思ったんですけど……使いどころがわからなくて、誰かを参考にしようかと」

凛「ふーん。それで私に聞いたんだ」

ありす「そういうことです。ネットで調べてもいまいち要領がつかめなくて」

凛「確かに、ひとつのページにいろんなことが載りすぎていてわかりにくいかも」

ありす「凛さん、調べたことがあるんですか?」

凛「ちょっとだけ。未央や卯月に『使ってみたら?』って言われて」

凛「結局使い方をマスターできなかったから、今も使ってないんだけどね」

ありす「そんなことが……」

凛「………」

凛「せっかくだから、ふたりで練習してみる?」

ありす「いいんですか?」

凛「暇だし、できないままなのもすっきりしない気がしてきたから」

ありす「じゃあ、お願いします」

凛「じゃあ、LINEのトークで」


佐藤心「ネネちゃんさん☆」 栗原ネネ「な、なんですかその呼び方」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/05/26(金) 00:00:54.59 ID:gNQvCu+3O

心「なんですかって、そりゃあ尊敬ですよ尊敬☆」

心「はぁとはネネちゃんさんを尊敬してるの」

ネネ「そ、尊敬だなんて……私、心さんにそう言ってもらえるようなことをしたでしょうか?」

心「してるしてる♪ だってさ」

ネネ「だって?」

心「あの我が強いおマセさんふたりに懐かれてるんだもん」チラ

ネネ「あのふたり……」チラ



飛鳥「どうしたの。ふたりしてこっちを見つめて」ジトッ

梨沙「なーんか悪口言ってたんじゃないでしょうね」ジトーー

心「このふたり」

ネネ「ふたりともいい子ですよ?」

心「そうやって一切の邪気なく言えるのがずるいんだよねえ……ホント、天使かよ」

心「天使かよ~~~!!」ウリウリ

ネネ「きゃっ! ちょ、ちょっと心さんくすぐったいっ、あはっ」


モバP「栗原ネネはあざとい」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/05/22(月) 01:44:25.91 ID:v8Iyi5jkO

P「と思っているんだが、どうだろうか」

ネネ「どうしてそれを本人に聞くんですかっ」

P「ピュアで儚い雰囲気を出しているくせに、要所要所で狙ったかのように男のハートを狙ってくる……これをあざといと言わずになんと言うんだ」

ネネ「ね、狙ってなんかいませんよ」

P「狙ってない人間が水着の仕事でスク水を持ってくるだろうか」

ネネ「あれは前に言った通り、スクール水着しか持ってなかったからですよ」

ネネ「そのあとまた水着のお仕事があった時は、ちゃんと新しく買ってきたじゃないですか」

P「そうだったか……そういえばあの時、俺に水着を選んでほしいって話をしていたな」

ネネ「はい。でも、恥ずかしくなっちゃって……結局ひとりで買いに行っちゃいました。えへへ」

P「残念だ」


モバP「朋、俺の恋愛運を占ってくれないか」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/05/14(日) 23:39:51.85 ID:F63s9lKIO

朋「え?」

P「いや、忙しいならいいんだけど。もし暇なようなら、ちょっと占ってほしい」

朋「べつにいいけど……どうしたの? いきなり恋愛だなんて」

朋「いい加減年も年もだし身を固めないと行き遅れちゃいそうだと思ったとか?」

P「まさにその通りだがもう少し言葉を選んでほしい」

朋「あはは、あたしとPの仲で言葉を選んでもしょうがないじゃない」

P「貧乳」

朋「言葉選びなさいよ! 親しき仲にも礼儀ありよ!」

P「ほら」