TOP > ◆C2VTzcV58A (301件)

【シャニマスSS】黛冬優子、バスト78

1: ◆C2VTzcV58A 2019/04/09(火) 22:31:12.50 ID:Syr9wPYLO

ある日の事務所


P「………」カタカタ

P「あー……目がしょぼしょぼしてきた」


冬優子「プロデューサーさん、お疲れ様です♪ コーヒー、いかがですか?」

P「冬優子……わざわざ淹れてくれたのか。ありがとう、いただくよ」

冬優子「このくらい、プロデューサーさんのためなら朝飯前です?」キャピルーン

P「はは……嬉しいよ」

はづき「プロデューサーさん、よくできた担当アイドルを持てて幸せ者ですねー」

冬優子「いえいえ、ふゆなんてそんな……ねっ、プロデューサーさん?」

P「いや本当にそんなもんじゃないですよイタタタタ」

はづき「プロデューサーさん?」

冬優子「ねっ、プロデューサーさん?」ギューッ

P「いや~本当に気配りができていい子ですよ、冬優子は」

冬優子「プロデューサーさん……えへへ、嬉しいです?」

はづき「仲良しさんですね~。私、おやつの買い出しに行ってきますね~」


ガチャ、バタン




P「………」

冬優子「………」



P・冬優子「「おい(ねえ)、何か言うことは?」」


白雪千夜「ばーか」

1: ◆C2VTzcV58A 2019/03/03(日) 20:57:59.07 ID:3rmS2+z/O

P「……ふわぁ」

千夜「仕事中に欠伸……感心しないな」

P「あぁ……ごめんごめん。ちょっと寝不足でさ」

千夜「そうですか。別にお前の体調は聞いていませんが」

P「はは……そうだな。コーヒーでも飲んで目を覚ますか」

千夜「お嬢さまも、眠たい朝はいつもコーヒーを飲んでいます。きっと効果があるでしょう」

P「だな。ところで千夜」

千夜「断る」

P「まだ何も言ってないだろう」

千夜「………今の私は、少しだけ歩み寄りの姿勢を見せようとしています。一応、話を聞きましょう」

P「千夜は今、コーヒーメーカーの傍にいるだろう?」

千夜「ティウンティウンティウン」

P「ゲームオーバー!?」

千夜「コンティニュー200円」

P「しかもゲーセンだ。金取る気だ」

千夜「………」

P「?」

千夜「何故私がお前の戯れに付き合わなければならないのでしょう。やめます」

P「急にめんどくさくなって会話打ち切るなよ」


【シャニマスSS】続・わがままあまな

1: ◆C2VTzcV58A 2019/02/25(月)21:17:22 ID:Ztt

前作:【シャニマスSS】わがままあまな
(https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1543078407/)
先に読んでおく必要は特にないです


2: ◆C2VTzcV58A 2019/02/25(月)21:18:20 ID:Ztt

カリカリとシャーペンを走らせる音と、カタカタとキーボードを叩く音。
耳を澄ませると、カチカチと時計の針が動く音も聞こえてくる。
全然テンポが合っていなくて、へたっぴな三重奏みたいだなって思っちゃう。

「甘奈。まだ帰らないのか?」

甘奈が笑った声が聞こえたのか、パソコンと向き合っていたプロデューサーさんが顔だけこっちに向けてきた。
三重奏のキーボード担当は、この人でした。

「うーん。もうちょっとかかりそうかな」

「結構手間取ってるみたいだな」

「まーね☆」

壁にかかっている時計を見ると、もう午後7時を回っていた。
レッスンが終わって、帰ってもいい時間になってから、2時間は経っている。
家に帰る前に学校の宿題を終わらせたいってことで、デスクワーク中のプロデューサーさんと同じ部屋でずーっと問題集を解いていたわけだけど。


的場梨沙「あかり?」二宮飛鳥「あきら?」佐藤心「りっあむちゃーん☆」

1: ◆C2VTzcV58A 2019/02/10(日) 00:16:45.93 ID:xkYg/kQ1O

【ご挨拶】


あかり「山形生まれのりんごアイドル! 『あかりんご』こと辻野あかりでーす♪ よろりんご♪」

飛鳥「………」

あかり「アイドル頑張るんご!」

梨沙「なんかすごいしゃべり方ね」

飛鳥「まあ心さんよりは普通だろう」




りあむ「はいどーも! 健康的な見た目してるけど心は豆腐のギリ十代! アイドルに人生一発逆転賭けてますっていうかこれダメだったらマジでやむ! めっちゃやむ!」

梨沙「………」

りあむ「あっ名前言い忘れた! やっぱやむ……ぼくの名前は夢見りあむです……」

飛鳥「………まあ、心さんよりは」

心「さっきからはぁとを基準にするのやめない? ていうかいい勝負だろこれは」

梨沙「勝負になることは認めるのね」




あきら「砂塚あきらデス。あー……なんて言えばいいのかなこれ。SNSとかゲームの動画配信とかやってるんでよろー……しくデス」

梨沙「お~、クールね」

飛鳥「ファッションに自信があるそうだ。少し興味があるね」

梨沙「SNSとか配信とか、ジダイの最先端って感じね!」

心「まあはぁとも今風ってところじゃ負けてないけどな☆」

飛鳥「さっき自分を基準にするなと言っていなかったか」

心「自分で比べる分にはオッケー☆」

梨沙「とりあえずこれで全員よね? まー、なんていうか」



梨沙飛鳥心(今回の新人、全員濃いなー……)


あかりあきらりあむ(この事務所の先輩、全員濃いなぁ……)


P(全員自分のこと棚に上げてそうな顔してるな……)


二宮飛鳥「嗚呼素晴らしきこの日常」

1: ◆C2VTzcV58A 2019/02/03(日) 20:57:16.77 ID:J29ir0nRO

【露出と嗜好】


飛鳥「………」ジーー

心「あっすかちゃーん☆ 何見てるの? アルバム?」

飛鳥「あぁ、心さん。今までアイドルとして身につけてきた衣装を振り返っていたんだ」

心「へえー、復習とは感心感心♪」

飛鳥「別に、そんな大層な考えじゃないさ。暇を潰すのが目的だから」

心「はぁとも見ていい?」

飛鳥「あぁ。見られて恥ずかしいものでもない」

心「そりゃ、ステージで大勢の前に披露した格好だもんねー……ていうかこのアルバム、自作? 衣装を着た写真だけ集めた感じ?」

飛鳥「ナルシストだと嗤うかい?」

心「そんなわけないっしょ☆ 嬉しい想い出を残しておくなんて当たり前だし♪」

飛鳥「心さん……」

心「はぁとも今までのステージ衣装着た写真、全部金の額縁に飾ってるんだ~」

飛鳥「そのうち部屋が額縁で埋もれそうだな」

心「そのくらいお仕事出られれば幸せだよねー♪ アイドル人生冥利に尽きるっていうか?」

飛鳥「そうだね。すべて終わって振り返った時、笑顔でいられるに違いない」

心「それなー☆ 引退ライブを終えて楽屋に戻った時、今までの出来事が頭の中を駆け抜けてきて」

心「………」

心「うっ……ぐすっ……」

飛鳥「えっ、泣いてる? 引退の日を想像して泣いている?」

心「ごめん……年取ると涙腺がゆるゆるになって……」エグエグ

心「誰が年取ってるって!?」クワッ

飛鳥「年を取ると独り言が増えるらしいよ」


北沢志保「メイドの土産に教えてあげます」

1: ◆C2VTzcV58A 2019/01/12(土) 19:37:49.55 ID:gLY4Ub3PO

志保「………」

P「ふーん……若者の既婚率の低下、結婚は人生の墓場ねぇ……難しいところだなぁ」

志保「………」ペラ

P「あ、そうだ。志保……っと、ごめん。台本を読んでたのか。静かにする」

志保「いえ、大丈夫です。今、一通り目を通したところだったので」

P「そうか。どうだ、『孤島にそびえ立つ館で働くメイド』の印象は」

志保「印象ですか。そうですね……やはりメイドという立場上、主人への忠誠をうまく表現する必要があると感じました」

志保「私はこの人に仕えている、従っている……そういった雰囲気を、見ている側にも伝えなければいけない。演じるうえで重要なポイントだと思います」

P「なるほど……それはなかなか難しいかもしれないな」

志保「それは私が普段から生意気で誰かの下に就くなんて考えられないと思っているからですか」

P「穿ちすぎだろ。単純に、志保はまだそういった上下関係の経験が少ないだろうから、演じるのにも時間がかかるかもって思っただけだよ」

志保「プロデューサーさんは経験豊富なんですか?」

P「俺が何度上司に頭を下げたと思っている」

志保「ああ、なるほど……」


的場梨沙「お正月」二宮飛鳥「ハジマリノ」佐藤心「スウィーティー☆」

1: ◆C2VTzcV58A 2019/01/03(木) 19:47:58.43 ID:X0ZMuFaFO

【新年ご挨拶】


梨沙「新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」

梨沙「昨年もたくさんの方々に支えられ、私自身成長することができました。今年はさらなる飛躍の年にしたいと思います」

梨沙「今年はイノシシ年ということで、猪突猛進にトップアイドルを目指して……『邁進』? え、これなんて読むの? もうしん?」

飛鳥「まいしん」ボソッ

梨沙「あ、そうそう、マイシンしていく所存でございます」

梨沙「一年の刑は元旦にありと言われる通り、年の初めから気を引き締めていくのが大事ですわね」

心「桃華ちゃん、語尾に桃華ちゃん憑りついてる」ボソッ

梨沙「あー……大事ですね。それを踏まえて、私も皆さまのお力添えをいただきながら……」

梨沙「………」


梨沙「今年の抱負は『天下統一』! おしまいっ!!」

飛鳥「唐突なうえに壮大だな」

心「ていうかめんどくさくなって無理やり終わらせたなー?」

梨沙「あーもうっ! 新年のご挨拶って難しい!」


モバP「なっちゃんと大寒波」

1: ◆C2VTzcV58A 2019/01/01(火) 16:58:34.64 ID:dtzOexRzO

1作目 モバP「なっちゃんという同級生」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434111292/)
2作目 モバP「なっちゃんという担当アイドル」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434292580/)
3作目 モバP「ナナ先生のメルヘンデビュー」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434535556/)
4作目 モバP「なっちゃんと恋人ごっこ」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434708764/)
5作目 モバP「なっちゃんと後輩アイドル」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434898915/)
6作目 モバP「なっちゃん達のガールズトーク」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436281527/)
7作目 モバP「なっちゃんと俺」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436613831/)
8作目 モバP「なっちゃんとその後」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445267426/)
9作目 モバP「なっちゃんと年越し」 鷹富士茄子「思い出話、追加注文です♪」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451298456/)
10作目 モバP「なっちゃんと春休み」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458315705/)
11作目 モバP「なっちゃんと梅雨」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466864378/)
12作目 モバP「なっちゃんと夏の事務所」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472359089/)
13作目 モバP「なっちゃんと秋の風物詩」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477203469/)
14作目 モバP「なっちゃんと年末年始」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483620583/)
15作目 モバP「なっちゃんとメイド」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493904964/)
16作目 モバP「なっちゃんと水着と夏祭り」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501973333/)
17作目 モバP「なっちゃんとクリスマス」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514089566/)
18作目 モバP「なっちゃんとバレンタインとカコネイター」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518407959/)
19作目 モバP「なっちゃんとナスビ」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525358190/)
20作目 モバP「ナナ先生とシンデレラ」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526913894/)
21作目 モバP「なっちゃんとイタリアン」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533432765/)
の、続きです


2: ◆C2VTzcV58A 2019/01/01(火) 17:09:03.57 ID:dtzOexRzO

年末 事務所


P「おはようございます」


茄子「ヘイYO! おはYO!」

P「………」

P「おはよ」

茄子「ちょ、待てYO」

P「その語尾外せよ」

茄子「あっ今YOって言った!」

P「言ってないわ! そんなエセ外国人みたいな語尾誰がするか」

茄子「も~P君ノリ悪いですYO?」

P「朝は寒いんだからノリだって悪くなるよ」

茄子「そんなこと言わないで、光ちゃんを見習ってください。ほら」


光「行くぞ菜々さん! これがアタシの全力全開!」

光「レッドブーストバースト!!」

菜々「う、うさ~~~~!!」

光「ふぅ……勝利!!」


茄子「ね、元気でしょう?」

P「子供は風の子だなぁ」

茄子「私達もああいう元気を忘れちゃいけないと思うんですYO」

光「あっP! おはよう! 今の見てくれてた?」

P「おはよう光。今日も元気そうでなによりだ」

菜々「PくんPくん。ナナの熱演に対するコメントは?」

P「断末魔が『うさ~~~』ってどうなんですかね」

菜々「いーじゃないですか別に! かわいいでしょう!」プクーー


的場梨沙「アツアツおでんのユーワク」二宮飛鳥「甘いココアを添えて」

1: ◆C2VTzcV58A 2018/12/16(日)20:24:13 ID:7O5

12月某日 朝



梨沙「……寒い」

飛鳥「寒いね」

梨沙「ここ、事務所の中よね? なんでこんなに寒いの? 暖房ついてないの?」

飛鳥「ついているけど、効きが悪いから。部屋の広さに対してエアコンが小さいんだ」

梨沙「さむい……いや、ホントにさむっ!」

飛鳥「寒いね」

梨沙「こんなに寒いのに、なんでアンタそんな冷静なのよ」

飛鳥「周りが冷えると、頭も冷えるものさ」

梨沙「クールねー……」

飛鳥「ココアでも飲むかい? 身体が芯から温まるよ」

梨沙「ココア……飲む! あったかそう!」

飛鳥「理解った。淹れてくるから、少し待っていてくれ」

梨沙「ありがと!」


【シャニマスSS】わがままあまな

1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/25(日)01:53:27 ID:yTP

甘奈「ただいまー☆」

P「お疲れ様。ダンスレッスン、どうだった?」

甘奈「イイ感じだったよー。最後のステップはプロデューサーさんにも見せてあげたかったくらい!」

P「そうか。見に行けなくてごめんな」

甘奈「ううん、全然! プロデューサーさんにはプロデューサーさんのお仕事があるんだから、いつも甘奈ばっかり見てるわけにはいかないもん」

P「それはそうかもしれないが」

甘奈「じゃあ、こうしよ? プロデューサーさんには、ライブの本番でもっとすごいのを見せてあげる☆ これで問題解決だねっ」

P「……そうだな。楽しみにしておくよ」

甘奈「えへへっ」


的場梨沙「ありがとうのプレゼント」

1: ◆C2VTzcV58A 2018/11/19(月)22:25:40 ID:Uxf

梨沙「あっ! ねえねえ、このライオンのぬいぐるみかわいくない?」

P「瞳がつぶらでキュートだな」

梨沙「でしょ! これにしちゃおうかなー……あ、でもあっちのゾウもいいわね」

梨沙「このキリンも、そこのコアラも捨てがたい……ん~~」

P「ゆっくり決めていいんだよ」

梨沙「んー……あ、そうだ」

P「決まった?」

梨沙「全部買っちゃダメ?」

P「ゆっくり決めていいんだよ」

梨沙「……わかったわよ! ダメってことね!」

P「誕生日プレゼントはひとつだけって約束だったからなー」

梨沙「わかってるわよ……あ、じゃあこうしない? まず願いを10個に増やすのをプレゼントの内容にして」

P「ははっ」

梨沙「あーっ、なによ! せっかくアタシが一生懸命考えたのに!」

P「でも、自分でも無理があるって思ってないか?」

梨沙「……まあ、そうね」

梨沙「わかったわ。いいオンナは欲張りだけど、約束は守るもの」

P「うん、約束を守るのはいいことだ」


佐藤心「お姫様☆」 二宮飛鳥「炎の剣士」

1: ◆C2VTzcV58A 2018/11/12(月)21:34:58 ID:03A

仁奈「せんせー! 『ひつじ』はドイツ語でなんて言いやがりますか?」

飛鳥「シャーフ」

仁奈「シャーク?」

飛鳥「それは鮫だ。シャーフ、だよ」

千佳「せんせー! 『まほう』はドイツ語でなんて言うの?」

飛鳥「Magie」

千佳「まぎー? マジックじゃないんだ……」

飛鳥「スペルは似ているけれど、発音が違っているね」

薫「あすかせんせぇ! 『ボールペン』はドイツ語でなんていいますかー!」

飛鳥「クーゲルシュライバー」

仁奈「うおー! かっけー!!」

千佳「必殺技みたい!」

飛鳥「ドイツ語はボクらの琴線に触れる要素が多いのかもしれないね」

梨沙「ねえねえ、『かわいい』ってドイツ語でなんて言うの?」

飛鳥「かわいい、か……少し待ってくれ」

飛鳥「この本によると……そうだな、『リープリッヒ』なんてどうだろう。愛らしいという意味を込めた『かわいい』を意味する単語のようだ」

梨沙「あっそれいいわね! 今度パパに言ってもらおうっと♪」

飛鳥「相変わらずブレないね、梨沙は」パタン


北沢志保「なかったことにしてください」

1: ◆C2VTzcV58A 2018/10/20(土) 21:44:37.56 ID:igAXJrjpO

ある日の事務所


志保「戻りました」

P「おかえり、志保。レッスン、どうだった」

志保「別に、いつも通りです。課題がいくつか見つかったので、次までに直しておかないと」

P「そうか。志保ならきっとできるさ」

志保「……適当に言ってませんか?」

P「統計と信頼に基づいた発言だ。安心してくれ」

志保「調子いいんだから……まあ、いいですけど」

P「あ、そうそう。昨日のメールの件、今話してもいいか?」

志保「昨日の……ああ、あのことですか。お願いします」

P「結論から言うと、俺もEScapeを一度きりのユニットとして終わらせるのは惜しいと思っていた。瑞希と紬の意見も必要になるけど、いつかは再結成してクール系美少女ユニットの新たな活動を行うのもありだと思っている」

志保「あの物語の終わり方に手を加えるのは、難しい気もしますけど」

P「そうだなぁ。あの映画自体は、綺麗に終わってるもんな。そのあたりも含めて要検討だ」

志保「……ありがとうございます。弟のお願いに耳を傾けてくれて」

P「大好きなお姉ちゃんを仕事で借りてるんだ。このくらいのお返しはしないとな。……ところで、ちょっと話が変わるんだけど」

志保「なんでしょう」

P「これ、志保が昨日送ってくれたメールなんだが」


的場梨沙「戦略会議よ!」 佐藤心「売り出していくぞー☆」

1: ◆C2VTzcV58A 2018/09/25(火)22:27:32 ID:oYW

梨沙「トップアイドルへの道は険しいわ。いくらアタシがセクシーでかわいくてダンスが上手くても、やっぱり険しいわ」

梨沙「時間は限られてるわけだから、できるだけ短い時間でいろんなことに挑戦して、セイカをあげる必要があるのよ」

梨沙「そのためには、プロデューサーから仕事をもらうだけじゃなくて、自分でちゃんとどんな仕事をしたいかを考えるべきだと思うのよね」

梨沙「具体的には、たか、多角的な視点? からせん、せんし……てぃぶな思考でタスク? を管理していく感じで? 最終的には……えっと」

心「へっくしょん!」

梨沙「そう、ヘックションを決めていくの」

飛鳥「梨沙、落ち着いたほうがいい。今のはただのくしゃみだから」

心「はれーっしょん!」

飛鳥「いくらかビジネス用語っぽいくしゃみになったな」

梨沙「ハレーッションを決めていくの!」

飛鳥「梨沙、落ち着いたほうがいい。意味が通ってないから」

心「ふぇにっくす!!」

梨沙「あっ知ってる! 不死鳥!!」

心「正解☆」

梨沙「やった♪」

飛鳥「梨沙、落ち着いたほうがいい。趣旨が変わっているから」

梨沙「アタシだってビジネス用語のひとつやふたつは知ってるのよ」

飛鳥「フェニックスはビジネスで不死をやっているわけではないんだが」


的場梨沙「手料理」

1: ◆C2VTzcV58A 2018/08/31(金) 01:25:26.83 ID:54VXMc8YO

ダンスレッスンが終わって部屋に戻ったアタシの目に入ったのは、雑にデスクに置かれた栄養ドリンクの空き缶だった。
それも一本だけじゃなくて、三本も。

「ああ、お帰り梨沙。レッスンどうだった?」

「いつも通りよ。何個か注文つけられたけど、最後にはトレーナーに褒めてもらえたわ」

「さすが梨沙だな。お疲れ様」

「……お疲れなのは、アンタの方なんじゃないの?」

アタシを出迎えたデスクの主は、パソコンから目を離してアタシに向かって笑いかける。でも、なんだか元気がないような。


的場梨沙「今日だけクラスメイトにしてあげる!」

1: ◆C2VTzcV58A 2018/08/25(土) 22:23:23.75 ID:4HmQ0fafO

梨沙「じゃーん! どう? この前の学園ドラマ撮影でもらった写真!」

心「どれどれー? おぉ~、かわいいじゃん♪ イケてるイケてる☆」

梨沙「でしょでしょ! 学ラン+サラシのユッコに負けないように、個性タップリに仕上げたから!」

飛鳥「制服姿の梨沙は新鮮だね。これは小学校の?」

梨沙「ううん、こっちは高校生のギャルに着せてもらった設定の方。初等部の制服はこっちの写真」

心「ほう、これは……一部のファンに大ウケしそうなデザインって感じ」

飛鳥「一昔前のアニメでよく見た制服だね。中流以上の家庭の小学生なイメージがよく出ている」

梨沙「ロリコン大喜びのデザインよね! またキモいヘンタイのファンが増えちゃうわ!」

梨沙「プロデューサーがこの服持ってきたときは文句言ってやったの」

心「でもその割にはノリノリで撮られてるように見えるけど」

梨沙「仕事は仕事でちゃんとやるのがオトナのレディーよ!」

飛鳥「偉いね、梨沙は」

梨沙「まあ、撮られてるうちにだんだんいい気分になってきたし? プロデューサーが似合う似合うってべた褒めするもんだから、アタシもなんだかんだこういう制服も悪くないかなーって思うようになってたっていうのもあるけど」

心「かわいいね、梨沙ちゃんは♪」

飛鳥「普通に気に入っていたんじゃないか」

梨沙「アタシって何着ても似合っちゃうからしょうがないわね♪」

心「じゃあ、はぁとメイドのスウィーティーな服も」

梨沙「それは着ない」

心「ぶーぶー☆」

飛鳥「ボクも着ないからな」

心「せめて聞くところまではやらせてくれない?」


関裕美「だめ、全部食べて」

1: ◆C2VTzcV58A 2018/08/17(金) 23:08:43.83 ID:1PVVxUl1O

P「撮影お疲れ様。どうだった?」

裕美「うん……結構、うまくいったかも。カメラマンさんも褒めてくれたし」

P「それはよかった! 雑誌に表紙に載る日が楽しみだな!」

裕美「ひょ、表紙じゃないってば。『新進気鋭・かわいいアイドル特集!』で取り上げられるだけなんだから」

P「自分で新進気鋭とかかわいいとか言えるようになったとは、関ちゃんもだいぶ肝が据わってきたなぁ」

裕美「もう、Pさん! あんまりからかってると……怒るよ?」

P「はは、ごめんごめん。関ちゃんがついに人気雑誌のワンコーナーで取り上げられるレベルになったんだと思うと、ついはしゃいじゃってな」

裕美「……そうだよね。私、ソロで特集になるんだよね。いいのかな……終わった後で緊張してきちゃった」

P「それだけの人気を獲得してるってことだ。胸を張ればいい」

裕美「……そっか。じゃあ、そうする」

P「よし! ところで、こんな暑い日にはアイスを食べたくないか?」

裕美「アイス? うん、ちょうど食べたいなって思っていたけど」

P「なら決まりだ。帰りにアイスクリーム屋さんに寄っていこう」

裕美「いいの?」

P「頑張ったご褒美と、撮影中に一緒にいてやれなかったお詫び。あと、帰りの車を用意できなくて電車で帰らなくちゃいけないお詫び」

裕美「お詫びの方が多くない?」

P「気のせいだ」

裕美「ふふっ……じゃあ、私も気にしない」


北沢志保「雨が止むまで」

1: ◆C2VTzcV58A 2018/08/13(月) 22:36:32.05 ID:Ce/mZVRAO

P「悪いな、買い出し付き合ってもらって」

志保「別に、このくらいは普通です。あの部屋にあるお菓子や飲み物は、私達が共有しているものですから。荷物持ちくらいはやらないと」

P「志保も割と食べてるもんな」

志保「可奈が一緒に食べようと持ってくるので」

P「なるほど。ふたりとも成長期だから、たくさん食べるのはいいことだ」

志保「あまりお菓子ばかり食べるのは、それはそれで問題ですけどね。毎日チョコレートばかり食べているプロデューサーさん」

P「うっ」

志保「栄養、偏りますよ」

P「大丈夫だ。きちんとそこは考えてある」

志保「へえ。たとえばどんなことを?」

P「たまに食べるのを抹茶チョコにしてる」

志保「………」

志保「たとえばどんなことを?」

P「流さないでくれないか?」

志保「回答をなかったことにしてあげたんですから、むしろ感謝してほしいくらいです」

P「毎度のことながら、志保の正論は耳に突き刺さるよ」

志保「こっちも毎度毎度言っていると、耳に突き刺さった後にそのまま右から左へ突き抜けてないか心配になってきます」

P「ははは」

志保「笑ってないで否定してください」ジト

P「あ、はい。ちゃんと聞いてます。脳に刻み込んでます」

志保「はあ……プロデューサーさんの相手は、ツッコミ上手でないと務まりませんね」


モバP「なっちゃんとイタリアン」

1: ◆C2VTzcV58A 2018/08/05(日) 10:32:45.71 ID:49959fj5O

1作目 モバP「なっちゃんという同級生」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434111292/)
2作目 モバP「なっちゃんという担当アイドル」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434292580/)
3作目 モバP「ナナ先生のメルヘンデビュー」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434535556/)
4作目 モバP「なっちゃんと恋人ごっこ」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434708764/)
5作目 モバP「なっちゃんと後輩アイドル」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434898915/)
6作目 モバP「なっちゃん達のガールズトーク」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436281527/)
7作目 モバP「なっちゃんと俺」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436613831/)
8作目 モバP「なっちゃんとその後」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445267426/)
9作目 モバP「なっちゃんと年越し」 鷹富士茄子「思い出話、追加注文です♪」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451298456/)
10作目 モバP「なっちゃんと春休み」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458315705/)
11作目 モバP「なっちゃんと梅雨」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466864378/)
12作目 モバP「なっちゃんと夏の事務所」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472359089/)
13作目 モバP「なっちゃんと秋の風物詩」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477203469/)
14作目 モバP「なっちゃんと年末年始」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483620583/)
15作目 モバP「なっちゃんとメイド」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493904964/)
16作目 モバP「なっちゃんと水着と夏祭り」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501973333/)
17作目 モバP「なっちゃんとクリスマス」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514089566/)
18作目 モバP「なっちゃんとバレンタインとカコネイター」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518407959/)
19作目 モバP「なっちゃんとナスビ」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525358190/)
20作目 モバP「ナナ先生とシンデレラ」
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526913894/)
の、続きです


2: ◆C2VTzcV58A 2018/08/05(日) 10:35:19.70 ID:49959fj5O

ある日の事務所


茄子「イタリアで撮影のお仕事、ですか?」

P「ああ。ほら、すごい綺麗な景色が見られるっていう海の洞窟あるだろ。バラエティー番組の企画であそこに行くんだ」

茄子「あ、聞いたことあります。運が悪いと洞窟に入れないとか」

P「そう、そこだ。水着の撮影もあるから、身体はちゃんと絞っておいてくれ」

茄子「でもP君少しお肉がついてる方が好みって」

P「俺の好みの話はしていないぞ」

光「アタシもお肉好きだぞっ!」

P「明らかに話の流れわかってない子が乱入してきた」

光「アタシカルビ好き! Pは?」

P「えっ……えーと」

光「?」

P「む、むね肉ともも肉……」

茄子「ぶふっ」

P「笑うな!」


佐藤心「もうすぐ32歳か……」

1: ◆C2VTzcV58A 2018/07/22(日) 23:14:54.82 ID:Lqty2f6eO

アイドル。
みんなから声援を受けて、それを力にして輝く存在。
歌って踊ってポーズをとって、みんなに憧れと夢を与える存在――なんて言うと、ちょっぴり大げさかも。
でも、私にとってはそれほど大きいもので、だから自分もそうなりたいと思ったんだ。

そして私は、ある人と出会って、念願叶ってアイドルになった。
デビュー時26歳、アラサー突入したての微妙な年頃。だからはじめは焦りもあったし、しんどかったし、辛かった。
でも、それ以上に楽しかったし、幸せだった。とってもスウィーティーだった。事務所の仲間はみんないい子で、力をたくさんもらえたし。
そんなこんなで、私は夢だったアイドルとしての時間を一生懸命駆け抜けて。
そして、存分にやりきったと思ったから、引退した。みんなに愛されたアイドルしゅがーはぁとは、惜しまれながらも現役を退いた。最後のライブで見えた景色は、今でも鮮明に思い出せる。きっと、一生忘れることはできないんだろうな。

ただ。しゅがーはぁとの物語が終わっても、佐藤心の人生はまだまだこれから続くわけで。