TOP > ◆IrisIN2EOg (9件)

ビスマルク「行きましょう」提督「ああ、行こうか」

1: ◆IrisIN2EOg 2015/08/10(月) 22:53:57.59 ID:uzxUfhdM0

・ビスマルクと提督がデートする話です

・イベント期間に入ってるので、そちらと平行しながら少しずつ投下していきます。なのでいつもの書き溜め全投下はしません


2: ◆IrisIN2EOg 2015/08/10(月) 22:55:18.29 ID:uzxUfhdM0

――――――――――
【待ち合わせ】


鎮守府の外

提督「……」ドキドキ

ビスマルク「ごめんなさい、遅くなったわ」

提督「大丈夫、今来たばか……り」ポカーン

提督(デートのために気合を入れたであろうビスマルクの私服姿に俺は見惚れていた)

提督(いつもの戦闘服に身を包んだ姿は軍人らしさを感じて中々好みだ)

提督(でも、今目の前にいる彼女は軍人にはとても見えない。○○みたいと例えるのもおこがましい、とにかく綺麗だ)


大鯨「て・い・と・く、今日も一日頑張りましょう!」提督「うん、頑張ろう」

1: ◆IrisIN2EOg 2015/09/05(土) 15:40:17.83 ID:4ePsyvV+0


執務室


大鯨「~♪」カキカキ

提督「……」ジーッ

大鯨「提督? 私の顔に何かついてますか」

提督「いや、特に何もついてないよ?」

大鯨「そうですか。しばらく私のことを見ていたので何かあるのかなと……」

提督「いやー、大鯨はよく働いてくれるなーって思っただけだよ」

大鯨「提督が秘書艦に選んでくれるからですよ」ニコッ

提督「他の艦娘達も大鯨みたいに積極的ならいいんだけどね。比叡とか加古とか寝てるし」

大鯨「あはは……」



提督(思えば、大鯨は今まで実戦どころか演習もロクに参加させていなかったな。鎮守府の戦力は間に合っているとはいえ、秘書艦の仕事とかばかりというのもなんかなー)

提督(そろそろ、演習に出すことを少しずつ考え始めるかな)


リベッチオ「マエストラーレ級駆逐艦リベッチオ、着任しました!」

1: ◆IrisIN2EOg 2015/08/15(土) 16:45:02.46 ID:H/Vb8jeE0

・リベッチオメインのSSです

・史実はあまり知らないので間違いがあるかもしれません


2: ◆IrisIN2EOg 2015/08/15(土) 16:45:38.13 ID:H/Vb8jeE0

【リベッチオ着任】

鎮守府 執務室


提督「もうそろそろ、新しい子が来るかなー」ソワソワ

島風「提督ー、挙動不審に見えますよー?」

提督「え……そうかな?」ドキッ

コンコンコン

提督「お、来たかな……入ってくれ」

ガチャ

提督(ドアを開けると、ビスマルクと見慣れない艦娘が並んで入ってきた)

ビスマルク「艦隊、帰投したわ」

ビスマルク「出撃の結果、西方海域戦線カレー洋の増援艦隊は無事撃破出来たわ」

提督「おお、よくやってくれた!」

ビスマルク「丙作戦だったから、これくらいはお安い御用よ」

ビスマルク「それより、新しい艦娘と出会えたから紹介するわね。ほら、自己紹介なさい」


【艦これ】瑞鳳「焼き芋、焼いちゃう?」三日月「焼きましょう!」

1: ◆IrisIN2EOg 2015/09/10(木) 22:32:11.22 ID:d7px0TyXo

・短め

・瑞鳳は好きなほうの服装でご想像ください

――――――――――

執務室

瑞鳳「ダンボールいっぱいのさつまいもが二箱も……提督、これどうしたの?」

提督「それは実家に住んでる母から送られたものでな、たくさん取れたから艦娘の子達と分けあえだとさ」

瑞鳳「いいお母さんなんだね」

提督「そうだな……いつかちゃんと親孝行しないとな」

瑞鳳「……ねえ提督、せっかくだからこのさつまいもで焼き芋を焼いちゃってもいいかな?」

提督「別に構わないぞ。でもなるべくなら艦娘全員に行き渡るようにしてくれ」

瑞鳳「了解、じゃあとりあえずこの焼き芋は鳳翔さんのところへ持って……ううっ、重い」

提督「そりゃあこんだけ詰められていたら重いだろう。無理せず武蔵や長門あたりに頼め」

瑞鳳「うん、そうする……」


【艦これ】卯月「司令官にいたずらするぴょん」提督「やめろ」

1: ◆IrisIN2EOg 2015/08/26(水) 21:16:03.85 ID:SvT0y3en0

・短い
・台本形式
・卯月メイン

――――――――――
【くすぐり】

夕方
執務室

提督「……」ウツラウツラ

卯月「おやおやー? 司令官が眠そうだっぴょん」

卯月(チャーンス。くすぐりで不意打ちするぴょん)ニヤッ


島風「私と提督と」提督「愉快な仲間達で遊ぶ」

1: ◆IrisIN2EOg 2015/08/25(火) 22:41:15.60 ID:ms2LuJB30

・久々の島風メインですが、何人かいます
・色々あって島風の敬語率低め
・短めです


2: ◆IrisIN2EOg 2015/08/25(火) 22:41:39.81 ID:ms2LuJB30

ある日
とある公園


提督「着いたぞー」

ガチャ バタバタ

島風「す、凄い……」

雪風「広いですね!」

時津風「人も多いねー」

天津風「整備されてて綺麗ね」

天龍「鎮守府の敷地の何倍あるんだよ、すげえな!」

提督「じゃ、必要最低限の荷物だけ持って入るぞー」ガチャ ゴソゴソ

艦娘「「「はーい!」」」



提督(どうして俺達は公園に来ているかというと、一週間前にさかのぼる――)


大鳳「さあ、今日も頑張りましょう!」女提督「執務したくない」

1: ◆IrisIN2EOg 2015/08/19(水) 23:10:19.73 ID:q3punRLO0

作中では”女提督”を”提督”と表記します。色々変かもしれませんが、頑張ります

――――――――――

鎮守府 執務室

大鳳「だめですよ、サボってしまうと次の日が大変です」

提督「毎日ほとんど同じことの繰り返しにいい加減飽きてきたー」バタバタ


大鳳(今はこんなにやる気がないように見える提督ですが、やる気のスイッチがまだ入っていないからです)

大鳳(彼女をやる気にさせるには少々手間がかかりまして……)


ビスマルク「あなたにしては珍しいわね」提督「たまにはいいだろう?」

1: ◆IrisIN2EOg 2015/08/06(木) 23:53:46.72 ID:BsHaIJ5W0

前スレ
島風「提督、どうしたの?」提督「実はな……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438784564/
↑に出てきたビスマルクがメインの話です


2: 書き溜め一気にいきます ◆IrisIN2EOg 2015/08/06(木) 23:55:02.62 ID:BsHaIJ5W0

――――――――――
執務室

提督「あーやっと執務が終わったな!」

ビスマルク「そうね、こんな日は鳳翔のお店にでも呑みに行きたいわ」

提督「お、それはいいアイディアだな」

提督「まだやってるだろうし、この書類を片付けたら行こう!」

ビスマルク「あなたにしては珍しいわね、いつもはそこまで乗り気じゃないのに」

提督「たまにはいいだろう?」

提督「それに、秘書官じゃない時に構ってやれなかったから、その分もついでにと思って誘ったんだ」

ビスマルク「よくそんなこと憶えていたわね」


島風「提督、どうしたの?」提督「実はな……」

1: ◆IrisIN2EOg 2015/08/05(水) 23:22:44.32 ID:Rcb7yHow0

島風「え、太っているんですかー?」

提督「ああ」

島風「でも、見た感じ太ってるようには見えませんよ?」

提督「服の上から触ってみるか?」

島風「うん……あ、本当だ」ポンポン

提督「だろ? 服を着ればそこまで目立たないが困っているんだ」

提督「だから、島風にちょっと協力してもらいたいんだ」

島風「私に?」

提督「ああ、島風も楽しめると思うぞ……多分」

島風「私も楽しめる? いったいどんなことをするんですかー?」

提督「それはな――」