TOP > ◆K1k1KYRick (16件)

【鬼滅の刃】胡蝶しのぶ「双蝶求水」【義勇×しのぶ】

2019/09/11 15:01 | 鬼滅の刃 | コメント(0)
1: ◆K1k1KYRick 2019/09/11(水) 07:38:24.01 ID:6LtJ1zmX0

最近姉さんの様子が少し引っかかる。
今日もまた、彼女は階級貴賤問わず関わる人たち全てから崇敬の眼差しを注がれている。
彼女もまた、彼らに笑顔を振りまき、勇気を残していく。
そんな彼女がある人物と居る時に限って、心底から打ち解けた
それこそ眩しいくらいの微笑を輝かせる。
冨岡義勇――寡黙だが将来有望な『水柱』。
数年前に最終選別で生き残って以来着々と実力を示し、柱まで昇り詰めた男。
鴉羽のような黒髪に、すっと通った鼻筋、雪解け水を思わせる怜悧な双瞳
眉目秀麗な青年である事は疑うべくもない。
だが寡黙が過ぎて何を考えて行動しているか解らない節があり
言葉足らずが誤解を招く事も多く、人付き合いは決して良い方ではない。
他の柱とも上手く行っている社交的な姉さんとはどこまでも対極にある存在だ。
だけど、あのむっつり然とした義勇さんと話している時の姉さんは本当に楽しそうで
昔一緒に遊んでいた時を思い出すくらい無邪気な笑顔を浮かべている。
しかし、行き交う人も一度は振り向くくらいの佳人と話しているのに
この朴念仁は嬉しいといった表情を一つもこぼさない。
姉さんがどうしてこんな人に明らかな好意を抱いているのか解らないが
二人の様子を見ているうちに私はどこか心が穏やかでなくなっていくようになった。

「ねぇ……しのぶは好きな人、いる?」

ある日、自室で薬学の研究書に目を通していると
縁側で猫と遊んでいた姉さんがそんな言葉を投げかけてきた。
恋の話を彼女としたのは意外かもしれないが、後にも先にもこれだけだった。
両親を殺され、鬼殺隊に入って以来、殺伐とした戦闘の会話ばかりを
していたと改めて感じたほどだ。
そんな人は居ないとすぐに返したが、彼女は柔和な笑みを浮かべて私を見ている。
何人をも魅了するその微笑みにはどことなく寂しい影が差しているように見えた。

「そう……『まだ』なのね、しのぶは」

「……?」

私は首を傾げざるを得なかった。
その時は「まだ恋をしていない」という程度の意味に取っていた。
……姉さんが、私の傍から居なくなる、あの日までは。

   #  #  #


【モバマス】P「晴、チンポ落としたぞ」晴「あ、わりぃ」

1: ◆K1k1KYRick 2019/07/17(水) 21:12:47.29 ID:u5hj8UZq0

P「気を付けろよー大切なもんなんだから」

晴「分かってるよ」……キュポッ

梨沙「晴ーほら、ここに来て」

晴「おう、梨沙。……? 何抱えてるんだ?」

梨沙「これ? 今度のライブでオチンチンに付ける新作アクセサリーのカタログよ」

晴「どれどれ……へぇ可愛いの多いんだな」

梨沙「当然。今回はカリに結ぶリボンだけでもイケてるデザインの、結構出てるし」

晴「あ、この月型のデコレーション、この前のライヴで先端につけていたな」

梨沙「そうそう! あっ、晴もさ、今回デュオ組むんだからカワイイ系やってみない?」

晴「えー……いいよオレは……」

梨沙「出来るオンナはオチンチンから飾り立てるもんなの」

梨沙「体で一番出っ張って目立つ所なんだから、アイドルとしてしっかりアピっておかないと」

晴「アイドルとして、か……確かに、いつもカッコいい方を選んじまうからな……オレ」


【R18モバマス】桐生つかさ「ダブルフィンガー」

1: ◆K1k1KYRick 2019/07/15(月) 03:25:48.13 ID:GJZpjRB10

つかさ社長が最終的にAV女優になる話です。
アオカン・顔射・アナル・小学生のコスプレ・AV堕ち・ザーメン浣腸描写あり


2: ◆K1k1KYRick 2019/07/15(月) 03:27:22.74 ID:GJZpjRB10

どうもアタシのプロデューサーはなっていない。

挨拶とかPDCAとか報連相とか、そういった社会人としてあって当然の要素がまるで欠如していた。

これでアタシより十二も歳上なんだから、驚きを通り越してマジ呆れる。

幾らなんでも有限な時間の無駄遣いが過ぎるだろ。

今まで何を学んできたんだよ、と溜め息の一つもつきたくなる。

結局仕事の細かいスケジュール、企画書の提出、取引先の挨拶とかはほぼ全部アタシがやっている。

これだけやれば普通、自身の存在意義について考え出してもいいものだが

生憎アイツは楽が出来たとスポーツ新聞の競馬欄を鼻唄混じりにチェックをするだけだ。

あーあ、こうなったらさっさとトップアイドルに仲間入りを果たして、発言権を得たい。

そしてもっとマシなプロデューサーにすげ替えてもらうよう働きかけよう。

……と、そんな事を考えつつアイドル活動に精を出していたら、例のアイツが珍しく食事に誘ってきた。

憶測だが、どうやらアタシにほぼ活動を丸投げしている現状を今更ながら気にやんでいるらしい。

太っ腹な所を見せようとしているのだろうが、うだつの上がらない男が

へこへこと頭を下げながら年下の女の子を褒めちぎる様は、哀れとしか言いようがなかった。

いくら頭を下げようが性根を入れ替えてアイドルプロデュースしない限りは、何の意味もない。

反省とか経験なんてのは、次に生かしていくからこそ意味があんだよ。

はー、この食事が終わったら死ぬほど寝てぇな。神経張ってるとゆっくりできねぇし。

そんな事を考えながら、アタシはジュースを飲んだ。


【R18鬼滅の刃】胡蝶しのぶ「藤花夜話」【義勇×しのぶ】

2019/07/10 20:23 | 鬼滅の刃 | コメント(0)
1: ◆K1k1KYRick 2019/07/10(水) 19:20:03.65 ID:NFrGelFa0

「冨岡さん、私と……一日だけ夫婦になってくれませんか?」

水柱たる冨岡義勇は、蝶屋敷の一室に呼ばれた。

雪の降る中、鬼狩りに向かう前日だった。

まだ少女の面影が色濃く残っている落ち着いた乙女の名は胡蝶しのぶ。

この蝶屋敷の女主人である。

「……。どうして、俺を選んだ?」

頬を赤らめたしのぶは、やや視線を逸らして応えた。

「……。冨岡さんは不器用ですから。浮いた話一つありませんし
 その分だとお嫁さんも中々捕まらないでしょう?」

義勇は、じっとしのぶを見つめた。

復讐の炎に若い身を焦がし、恋も知らないこの乙女が貞操を捧げるという。

それも、亡き姉の願いに僅かながらに応えたい真摯な想いから。

「いずれ私は、鬼を道連れにして死ぬ女です。
 ふしだらな申し出なのは承知の上、冨岡さんとの関係は誰にも口外致しません。
 手向けとして彼岸まで携えて行きます」

    #  #  #   


【R18モバマス】砂塚あきら「良交な関係」

1: ◆K1k1KYRick 2019/06/16(日) 05:06:24.60 ID:Bx8p46op0

・近親相姦・中出し要素あり


2: ◆K1k1KYRick 2019/06/16(日) 05:07:53.61 ID:Bx8p46op0

「あんまり気にするなよ?」

「気にしてない」

そうは言うがコントロールを放したあきらの機嫌は悪かった。

いつもと違うFPSゲーを配信前に触ってみたいというので付き合ったのだが

もう少しオフで試してみても良かったかも知れない。

デス数が重なっていく程度で妹は腐ったりしない。だが今回の相手は悪かった。

腕は立つがマナーの悪い熟練ナイファーが煽りながら復活地点で彼女に集中狙いしてきたのだ。

男キャラを使っていたのもあるだろう。

いつも使っているアカなら女の子だと知れ渡っているから、割と仲間もチヤホヤしてくる。

そして、敵も彼女に良い所を見せようと取り巻きばかり狙ってくる。

いつもは煽りに反応すらしない彼女だったが今回はどうもトサカに来ている様子だ。

「兄ぃ」

声を荒げて怒りをぶちまける事は流石にしなくなったが、こんな時彼女は必ず俺を呼ぶ。

「ちょっと良い?」

「……分かった。けど静かにな。母さんたちが起きてくる前に済ませよう」


【モバマスR18】辻野あかり「Bad Apple!!」

1: ◆K1k1KYRick 2019/03/21(木) 21:54:11.08 ID:Tlws2/gN0

※あかりんごの枕営業対策SSですが、Pドルのみです。
※フェラチオ・顔面騎乗・尻コキ・飲精要素あり。本番そのものはなしです。


2: ◆K1k1KYRick 2019/03/21(木) 21:55:34.70 ID:Tlws2/gN0

腕の中にある少女の肢体は困惑と羞恥で強張っていた。

柔らかな長髪の馥郁とした匂いが鼻腔を楽しませてくれる。

彼女の頬は、若い林檎のようにほんのりと色づいていた。

「あの、プロデューサーさん……私、キス初めてで……」

「……あかり、いいか。キスは遅かれ早かれ仕事でもする。
 お前は初めての相手が汚い中年になっていいのか?
 お前はもう、アイドルなんだ。子供じゃない……」

「……」

「安心しろ、優しくしてやるから……」

躊躇いを残しているあかりの唇を、俺は無理矢理奪った。

抵抗があったのは最初の一瞬だけだった。

瑞々しい女子高生の唇を食むように味わう。

滅多に訪れないその生々しい感触には感動すら覚えた。

しきりに小さく繰り返す可愛い鼻息が、彼女の経験のなさを如実に語っている。

そのウブな反応を受けて猛った興奮は熱い血潮となって局部を力強く隆起させた。

調子に乗った俺は舌をぬるりと彼女の口内へと滑り込ませた。

無抵抗の新人アイドルにたっぷりと大人の唾液を含ませ、飲み込ませてやった。

綺麗に並んだ歯列を舌先でなぞり味わい、垂れてくる唾を音を立てて啜る。

唇と唇を離した後には、唾汁の架橋が出来上がっていた。

俺はそれすらも味わい尽くそうともう一度唇を犯して啜り飲んだ。

   #  #  #


【モバマス】遊佐こずえ「今日もどこかで笛が鳴る」

1: ◆K1k1KYRick 2019/02/19(火)10:19:05 ID:kuo

こずえちゃんの誕生日SSです。

※ミステリーものではありません


2: ◆K1k1KYRick 2019/02/19(火)10:20:38 ID:kuo

「おぼえたら……かんたんだよぉー?」

プロデューサーが事務所の扉を開けると、丁度こずえは

小さな手の中でルービックキューブをカチャカチャ鳴らして遊んでいた。

「はい……できたぁー」

「えっ、こずえちゃんもそんな簡単に……!? 出来るのが普通なの!?」

手渡されたキューブをひっくり返して眺めながら

斎藤洋子は信じられないという顔をしている。

その隣では真鍋いつきと若林智香が同じ玩具相手に苦戦を強いられていた。

「ハイハイ、皆。おやつ買ってきたよ。好きなのを食べてね」

プロデューサーはテーブルの上にお菓子を並べながら

近くにいたこずえにアニマルクッキーを渡した。

彼女はそれを桐野アヤの所に持っていって一緒に食べようとする。

アヤが頭から食べるかどうか悩んでいる間に

こずえはバリボリ音を立てて三枚ほど咀嚼していた。


【モバマス】凛・まゆ「ペルセポネの恋人」【百合】

1: ◆K1k1KYRick 2019/02/08(金)20:03:39 ID:g1P

※りんまゆシリアス百合ものです。まゆが病んでいます。

※竿役の汚いオッサンは一切登場しません


2: ◆K1k1KYRick 2019/02/08(金)20:05:13 ID:g1P

一日に一本しかないバスに三十分ほど揺られながら、凛はようやく目的地に着いた。

風雨に晒されて色褪せしたベンチと粗末なバス停の案内板が、降りてきた彼女を迎える。

周囲に響く蝉の合唱と共に包み込んで来る熱気は

緑が多いからか都会に比べて幾分穏やかに思える。

おざなりに舗装されたアスファルトの道を山麓方面へと進んでいく途中で

畑仕事をしている中年の女性が声をかけてきた。

凛は軽く会釈してみせた。

彼女は佐久間まゆの父方の叔母で、夏の間ここでまゆの面倒をみてくれている。

彼女もそうだが、ここの人たちはアイドルが来ても騒ぎ立てたりしないため、気楽になれる。

まゆが家の庭掃除をしていると聞いた凛は彼女と別れて目的の家へと歩いていった。

読者モデルを辞めた時点で両親と不仲になっていたまゆにとって

親戚である彼女が唯一頼れる肉親と言えた。

   #  #  #


【モバマス】相原雪乃「白肢と黒鎖」【R18】

1: ◆K1k1KYRick 2019/02/14(木) 19:39:45.00 ID:fhupuBVa0

雪乃さんの誕生日祝いのSSです
オナニー・破瓜・孕ませ・妊婦・食ザー・髪コキ要素あり


2: ◆K1k1KYRick 2019/02/14(木) 19:40:43.93 ID:fhupuBVa0

ライブの興奮が醒めないまま、相原雪乃は控え室に戻った。

着替えを済ませ、後はプロデューサーの到着を待ち、送迎してもらうだけだ。

「はぁっ……ンッ……」

興奮で火照ったカラダを彼女はいつものように弄び、慰めた。

胸部のボタンを外してはだけると、服の中で窮屈そうにしていた

九十二センチのたわわな乳果が淫らにまろび出た。

すくすくとやらしく育った乳肉を、左手で解すように何度も揉み上げる。

姿見の中には、自らの乳房をまさぐる恥知らずの娘が映っていた。

「ダメですわ、そんな……止めてぇ……あぁっ……!」

スカートの中に潜り込んだ指が布地の少ない美しいショーツを引っかけて、踝までずらした。

白く細い指は浅ましく開いた股の中央で踊る。

花弁を何度もなぞりあげると程なくしてそれは妖しい香りを放って汗ばんだ。

恥骨を浅ましく前に突き出して、恥ずかしい箇所を淫指で擦り続ける。

ゾクゾクする蜜波が、足裏から全身を舐めるようにさざめいていく。

零れていく愛蜜を指で掬い、雪乃は何度も花弁の中へ塗り込める。

桃色の芽が熱く膨らみ、牝香を撒き散らした。

内なる炎が丸く開けた唇から吐息となって溢れ、宙に溶けていく。

「ごめんなさい、二度と、二度としないから……許して……」

やがて軽い酩酊が全身に訪れる。

吐息をしきりに吐いていると鏡の中で自慰に耽っていた少女はやがて元の自分に戻っていった。

   #  #  #


【R18モバマス】大石泉「困った姉」【近親相姦】

1: ◆K1k1KYRick 2018/12/25(火) 06:17:44.08 ID:YzSq2h0K0

近親相姦・乱交・輪姦・合意有りのNTR・アオカン・精飲要素あり


2: ◆K1k1KYRick 2018/12/25(火) 06:19:06.00 ID:YzSq2h0K0

朝っぱらから騒がしく鳴る目覚ましの頭を押さえて、渋々ぼくは布団から起き上がった。

もう少し寝ていたかったが、朝の二度寝は

遅刻への特急券だという事まで忘れてはいけない。

寝ぼけ眼で制服に着替えた後、洗面所を目指して階段を降りていく。

早く顔を洗って眠気の誘惑とおさらばしたい。

「んっ……んん……♪」

洗面所に足を運ぶと、でっぷりとした中年男が

一回り歳の若い人妻の顔面にペニスを晒して、唇のサービスを受けていた。

汁気たっぷりの啜り音を立てて朝勃ちペニスをフェラチオしている彼女を見ていると

朝から精気を吸いとられるかのようで疲れを覚える。

「ふぁああ……おはよう」

中年男は女の頭を撫でながら、軽く前後に腰を振って口腔を犯している。

黒人のと遜色ないサイズのそれを歯ブラシのように扱って

しゃぶっていた彼女は、ぼくにやっと気づいた。

「ちゅぽ……ああ、もうそんな時間なの?
 待っててね。今、父さん逝かせるから……んっ……♪」

「いいって、母さん。先にトイレ行くから」

母さんは父さんのを再び口に含むと、喉穴を用いて彼のをしごき始めた。

援助交際をしていた頃に調教されただけあって

苦しむことなくあの巨根をすんなり受け入れている。

トイレへ行くぼくの後ろで、しばらくして父さんは低く呻いた。

どうやら母さんの喉マンコに一番絞りの中年ザーメンを発射したらしい。

一口で啜り飲む彼女の豪快なちゅぱ音が響いてきた。


【R18モバマス】柳清良「天国に一番近い場所」

1: ◆K1k1KYRick 2018/10/27(土) 16:43:59.48 ID:PFjoxtRG0

※覗き、手コキ、中出し、パイズリ、アナル要素あり


2: ◆K1k1KYRick 2018/10/27(土) 16:45:10.68 ID:PFjoxtRG0

弾むような唸り声を漏らし、病床が軋んでいる。

まだ動かない両手を抱えながらそっとベッドから降り、俺はカーテンの向こう側を覗いた。

「んっ……♪ やだぁ、まだまだお元気ですね……♪」

有り得ない光景がそこにあった。

お爺さんの腰に乗って艶やかな白尻を左右に振っているのは、昼間見たあの女看護師さんだった。

骨のような老手の添えられた彼女の尻は、妖しい撥音を汚ならしく押し漏らしながら弾んでいる。

ナース服に隠れていたあの吸い付きたくなる美尻は今、俺の前に惜しげもなく剥き出しになっていた。

「おほぉ、き、清良ちゃん!
 真面目な顔して……こんなスケベに腰を動かしよって!
 くふふ……そんなにワシの種汁が欲しいのかな?」

「んふ、んっ……はぁい♪ 清良は種汁大好きナースです……フフ♪」


【モバマスR18】柳清良「イタズラはクセになる」【変態SEX】

1: ◆K1k1KYRick 2018/10/27(土) 09:04:54.86 ID:PFjoxtRG0

※ソフトSM、幼児プレイ、顔面騎乗、搾精、野外露出、飲尿要素あり


2: ◆K1k1KYRick 2018/10/27(土) 09:06:09.96 ID:PFjoxtRG0

応接室の長椅子に座って待っている私の前に、彼はうつむき加減になりながらやって来た。

その姿を見て思わず顔が綻んだ。

スラッとした長身の成人男性が膝上十センチのチャイルドスモッグを

着ているのだから、滑稽に感じるのも無理はないだろう。

「――ちゃんと、してきたの?」

彼は黙ってうつむいている。

私は彼を手招きして、眼前に立たせた。

ズボンを下ろすと、不格好な紙おむつが現れる。

お尻に手をやるとずしりと重い。

朝に穿かせたオムツはしっかり半日分の尿を吸い込んだようだ。

「こんなにおっきいのに、またおもらししちゃったのね」

「ごめんなさい……」

しゅんとする彼を見ながら私はゾクゾクする優越感に浸った。

少しマンネリ気味だった射精管理の次に、私は幼児プレイを提案した。

当然「約束」を守っている彼に拒否権などない。

躾によって私に逆らう事を忘れた彼は

むしろ進んで新しい変態行為に身を捧げるようになっていた。

勤務中、オムツで少し分厚く見える尻をしきりに気にしている姿も

私の目を愉しませてくれた。


【モバマスR18】仙崎恵磨「アッパーテンションガール!」

1: ◆K1k1KYRick 2018/07/06(金) 09:46:07.37 ID:gRxqoa9a0

仙崎さんとのラブラブセックスに
冴島清美・首藤葵・槙原志保・浜川愛結奈の各Pドルセックスを加えた
PaPのよくばりセットとなっております。

・野外H・フンドシ・妊婦・アナル・ケツズリ・騎乗位・中出し・ゴム描写あり


2: ◆K1k1KYRick 2018/07/06(金) 09:46:59.70 ID:gRxqoa9a0

「え、恵磨……!?」

「ほーら、人の来ないうちに済ませちゃおうよ!」

祭りの会場から少し離れた林は暗く、人目の心配は一見無さそうだった。

そんな林の陰に俺たちは隠れて寄り添った。

いつもと異なる仙崎恵磨のノリに困惑しながらも、俺は彼女のするがままにズボンを脱がされた。

暴発したトランクスの中では一際濃い色と臭いをした精汁が

糸となって引っ張り合い、皮膚に貼り付いている。

「うわーホントにベットベトッ!
 ごめんね、プロデューサー! こんなにしちゃって!」

「恵磨……! こ、声がデカいって……!」

申し訳なさそうに拝む彼女に対して俺は唇前で人差し指を立てる。

未成年にペニス見せつけている所を誰かに見られたら間違いなく破滅だ。


【モバマスSS】第七回シンデレラガール総選挙レース

1: ◆K1k1KYRick 2018/07/04(水) 01:54:31.18 ID:qd0Fozrd0

注意:アイドルの名前が馬名のようになっています


2: ◆K1k1KYRick 2018/07/04(水) 02:00:50.26 ID:qd0Fozrd0

「346プロダクション主催で行われる第七回シンデレラガール総選挙レース

この本日の最終レースで、第七代シンデレラガールが決定いたします。

さて注目の本命はウサミンアベナナ、対抗はリーダーチャンミオ

穴は昨年無冠の女王を返上したホホエミカエデとなっております。


【モバマスR18】ヘレン「福神の筆おろし」

1: ◆K1k1KYRick 2018/05/30(水) 13:21:13.34 ID:78y4LlWm0

多くのPが忘れかけている「ヘレンさんはメチャシコドスケベボディ」
という事を再認識してもらうために書きました
妊婦・ごっくん・孕ませ・旧スク水・アナル・母乳要素あり


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/05/30(水) 13:21:41.09 ID:78y4LlWm0

「お疲れ様、ヘレンさん」

番組収録後、俺はヘレンさんを車に乗せた。

「今日のアドリブも良かったよ」

「私は私を出しているだけよ」

ヘレンさんは余裕のある笑みを浮かべて返す。

優しい目元に癖のないストレートな黒髪

外人特有のメリハリの利いた体つき……

黙っていればかなりの美人なのだが、彼女の売りは

何と言っても強烈な個性からくる「笑い」だった。

思えばヘレンさんは不思議なアイドルだ。

最初こそビックマウスなアイドルとしてメディア側もこっちも

扱いに困っていたものの、実は存外面白いキャラだと分かると

バラエティー系の番組がこぞって出演を依頼してきた。

他のタレントやアイドルが返答に困るネタ振りにも

彼女は意想外のアドリブで返すため、重宝されている。

演出サイドもヘレンさんについては口を挟まず

ほとんどアドリブでお願いしているような状況だ。

今思えば、彼女は相当無理をして俺たちの期待に応えてくれていたようだ。

それに気がついたのは、こんな事があったからだった。


【モバマス】三船美優「ファム・ファタールとおしっこ革命」

1: ◆K1k1KYRick 2018/01/01(月) 20:34:15.31 ID:nhy0bn3P0

明けましておめでとうございます。
おしっこに注目した美優さんとプロデューサーのシリアスSSです。
注意点は複数Pが出る事とおしっこです。
それではどうぞ。


2: ◆K1k1KYRick 2018/01/01(月) 20:35:00.17 ID:nhy0bn3P0

「ふー疲れた」

自宅に帰って来たプロデューサーを、一人の淑やかな美女が出迎える。

彼女は三船美優、結婚して一年となる彼の妻であり、特別な担当アイドルだ。

「お疲れ様、貴方」

「いやぁ、××プロダクションの会議の長さは異常だね。
 長いと噂で聞いてはいたけれど中々本題に入れずに往生したよ」

「ふふ。それで、今度の仕事は?」

「ああ、ちゃんと用意してある。
 ライブと歌番組がメインになるけれど、いくつかグラビアの仕事も挟んでるよ」

「グラビア、ですか……恥ずかしいな……」

美優はいつかのアニマルコスプレを思い出して

恥ずかしそうにセーターに包まれた自身の胸に手を当てた。

セクシーな虎の衣装を着て以来、節目節目に彼は

露出の多いグラビア仕事を取ってくるようになった。

しばらくそんな仕事が来なかったので油断していた彼女は頬を赤らめた。

「美優、安心して。君はどこに出しても恥ずかしくない素敵な女性だ。
 プロポーションだって維持しているんだから、君はもっと自分の体に自信を持って良い」

「もぅ……それで、どうします? ご飯にします? お風呂にします?」