TOP > ◆LYNKFR8PTk (73件)
[ ◆LYNKFR8PTk ] のタグを含む記事

佐倉「新人アイドルの佐倉千代です!!」野崎「よろしく」

1: ◆LYNKFR8PTk 2017/03/10(金) 21:07:42.39 ID:UODwj0qu0

野崎「この度君達をプロデュースすることになった野崎梅太郎だ」

鹿島「ふーん……君が私達のプロデューサー?」

瀬尾「ねーねー!! アイドルってなにやんの!? ボール投げる!?」

野崎「……バラエティ番組に出るなら可能性はある」

佐倉「わ、私!! 一生懸命頑張ります!! よろしくお願いします!!」


鹿島「堀ちゃん先輩にあだ名で呼ばれたい!!」

1: ◆LYNKFR8PTk 2017/02/25(土) 20:11:02.42 ID:tlanFU/bO

佐倉「あだ名で?」

鹿島「うん! だってあだ名で呼ばれるってことは……それだけ距離が近いってことでしょ!? 可愛がられてるってことでしょ!?」

佐倉「うん、確かに……」

佐倉「ところであだ名って……『鹿島くん』?」

鹿島「そうだね」

佐倉(堀先輩が『鹿島くん』って呼ぶのは……想像できないなぁ)

鹿島「呼ばれてみたいなぁ~」


童話少女野崎くん~眠れる森の若松編~

1: ◆LYNKFR8PTk 2017/02/18(土) 21:19:34.65 ID:E9XFKQhNO

とある国でヒロタカという名の王女が産まれました。

ヒロタカ「バブー」

そして妖精達もお祝いにやってきました。

妖精A(漫画家)「可愛いな」

妖精B(リボンをつけてる)「そうだね!! ……あれ?」

妖精A「どうした?」

妖精B「妖精Cがいない……」

妖精A「そういえば……」









妖精C「ギャルゲーが溜まっててお祝いパーティどころじゃねえ!!」ピコピコ


野崎「御子柴の誕生日プレゼントは何がいいだろうか」

1: ◆LYNKFR8PTk 2017/02/14(火) 22:56:35.16 ID:fvvmOyEUO

佐倉「えっ、みこりんもうすぐ誕生日なの?」

野崎「ああ、2月14日だ」

佐倉「バ、バレンタインデー!!?」

野崎「そうなんだ、だからいつも誕生日プレゼントはバレンタインと一緒くたにされてチョコレートばかりなんだそうだ」

野崎「貰えるのは嬉しいかもしれないが毎年同じ物ばかりだと本人も飽きるんじゃないかと思ってな」

野崎「だからチョコレートじゃない何かをあげようと考えているんだが……」

佐倉「チョコレートじゃない何か……か」


野崎「高校受験に失敗した」

1: ◆LYNKFR8PTk 2017/02/07(火) 21:01:40.47 ID:zxPh8jv70

野崎「浪漫学園……並みの頭なら普通に入れる高校だったが……」

野崎「……」

野崎「締め切りに追われていた俺は漫画のことばかり考えてしまって全くテストができなかった……」

野崎「しょうがない、ほかの高校を受験しよう……」


野崎「ぷよぷよSUN」

1: ◆LYNKFR8PTk 2017/01/25(水) 21:54:33.52 ID:YoMAsCSXO

私、千代・ナジャ!! 魔導士の卵!!

最近やけに暑いな~と思ったら……

太陽が物凄く大きくなってた!!

こんなことするのは魔王マエノに違いないよ!!

千代「こうしちゃいられない……私達で止めなきゃ!!」

千代「行こうマーくん!!」

マーくん「『はい』」

千代(筆談だ……)


鹿島「堀ちゃん先輩の弟を見たい!!」

1: ◆LYNKFR8PTk 2017/01/14(土) 20:56:41.13 ID:ep3u9T8f0

瀬尾「弟?」

鹿島「うん!! 弟!!」

佐倉「堀先輩に弟がいたんだ……どんな人なんだろう」

鹿島「やっぱ気になるよね!!?」

瀬尾「堀ちゃんよりチビだったりして」

鹿島「堀先輩より背が低いのかぁ……うっかり踏んじゃいそう」

佐倉「どれだけちっちゃく想像してるの!? 」


野崎「お正月小ネタ集」

1: ① ◆LYNKFR8PTk 2017/01/01(日) 18:07:09.83 ID:zPq6+3Bf0

野崎「ついに『カルタしよっ』が発売された」

御子柴「なんだよそれ?」

佐倉「みこりん知らないの!? 『恋しよっ』のカルタだよ!!」

野崎「全て作中の台詞のものだ」

御子柴「……へー」

野崎「これがそれだ、やるか?」

佐倉「うん!! やりたい!!」

野崎「じゃあ俺が読もう」

野崎「『鈴木くん……』」

佐倉「はっ!!」バン

御子柴「は、はええな佐倉……」

野崎「『私はいつもあなた』……」

佐倉「ふん!!」バン!!

御子柴「す、すげえ……」

野崎「御子柴の方が近かったのによく取れたな」

佐倉「これって4巻56ページの2コマ目の台詞だよね!!」

御子柴「なんか気持ち悪いぞお前」


野崎「クリスマス小ネタ集」

1: ① ◆LYNKFR8PTk 2016/12/24(土) 22:47:35.10 ID:KsAbRzcGO

野崎「ついにやってきたか……クリスマス」

野崎「さて……原稿も終わったし……」

バサッ








野崎「そろそろサンタとしての活動を始めるか」


野崎「着いたぞ、ここがさむいさむいマウンテンだ」

1: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/18(日) 19:00:24.06 ID:S3d5s7MsO

佐倉「さ……寒いよー……」

御子柴「おい野崎!! なんだよこのさむいさむいマウンテンってのは!!」

野崎「聞いたことないか?」

鹿島「ないよ……」

野崎「とあるゲームに登場する山だ」

堀「は?」

野崎「今回は年末特別企画と題して3チームに別れてパワースターを手に入れるというものだ」

瀬尾「なんかよくわかんねーけどすげー面白そう!!」

若松「よく分からないのに面白そうなんですか……」

佐倉「でもなんでこんなことを……?」

野崎「発案者に聞いてくれ」











前野『いやースーパーマリオ64、面白いなーー!!』

前野『……そうだ!! 夢野先生達に冒険させてみよう!!』

前野『うん!! 流石僕!! ナイスアイデア!!!』


野崎「惚れ薬?」

1: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/12(月) 22:29:17.58 ID:Aq/xyRS9O

御子柴「おう、最近発売されたある惚れ薬が物凄く効果があるらしい」

御子柴「なんでも口に含んだ後に一番最初に見た人が好きで堪らなくなるんだってよ」

野崎「まるで醜いアヒルの子だな」

御子柴「……ま、そんなもん俺とは無縁だな」

御子柴「そんなん使わなくても……俺はモテるんだからよ」

御子柴「まぁ……俺の存在自体が惚れ薬みたいなもんだからな☆」

野崎「……」

御子柴「わりぃ、自分でも何言ってるか分かんねえ///」


御子柴「やっぱ……鹿島ってすげえよな」

1: ◆LYNKFR8PTk 2016/12/06(火) 21:27:00.40 ID:stWsDu8K0

佐倉「どうしたのみこりん?」

御子柴「いや……自分でこんな事言いたくないけどよ……俺って劣化版鹿島だなって思って……」

佐倉「み、みこりん!?」

御子柴「だってよぉ!! 勉強でもスポーツでも……トーク力でも……全部あいつに負けっぱなしなんだよ!!」

佐倉「みこりん……」

御子柴「くそぉ……なんでだよぉ……なんで俺はダメなんだよぉ……」

佐倉「……」

佐倉(ヒロインっぷりでは負けてないと思うなぁ)


鹿島「堀ちゃん先輩の誕生日プレゼント……何がいいかなぁ」

1: ◆LYNKFR8PTk 2016/11/28(月) 18:44:56.58 ID:nNhX0kqhO

11月27日

御子柴「? 堀先輩、もうすぐ誕生日なのかよ?」

鹿島「うん! 明日!!」

御子柴「へー……マジか」

鹿島「堀ちゃん先輩……何だと喜んでくれるかなぁ」

鹿島「やっぱ……アレかな」

御子柴「『アレ』?」

鹿島「スカート、ブラジャー、ワンピース……」

御子柴「……殴られるがオチだぞ」


谷みなみ「ゆうちゃんが夢野咲子先生のアシスタントに!?」

1: ◆LYNKFR8PTk 2016/11/20(日) 21:12:54.93 ID:K7sEj9s/O

ゆう「うん……」

みなみ「よかったねゆうちゃん!! 漫画家の夢に一歩近づいたよ!!」

ゆう「ありがとう」

ふゆみ「夢野咲子先生って……本当にあの?」

ゆう「知ってるのか?」

のあ「脅威の魔導書の執筆者」

みなみ「えっと……何の漫画描いてる人だっけ? 名前だけしか知らないや」

ふゆみ「『恋しよっ』だよ!! 月刊少女ロマンスで連載されてるあの!!」

みなみ「と、兎に角……ゆうちゃんは凄い人のアシスタントさんになるってことだよね?」

ゆう「まあ……確かにそういうことになるな」

※パンでpeace×月刊少女野崎くん


海賊王少女野崎くん

1: ◆LYNKFR8PTk 2016/11/09(水) 22:48:13.90 ID:aj7a8zDv0

ドラマCD化、アニメ化、グッズ化。

かつて一つの漫画の連載で大成功を収めた漫画家、椿いづみ。

彼女が放った一言は全世界の漫画家を出版社へと駆り立てた。

椿「私のサイン……? 欲しけりゃくれてやるわ」

世はまさに大少女漫画時代!!


佐倉「野崎くんとたかいたかいマウンテンに行くことになった」

1: 200 ◆LYNKFR8PTk 2016/11/03(木) 00:06:44.05 ID:hHB6ehIu0

佐倉「野崎くんと二人きりでどこかに行けるなんて……なんて幸せ!!」

佐倉「これで野崎くんとの距離がちょっとでも縮まれば……」ブツブツ

野崎「佐倉、何やってるんだ?」

佐倉「な、なんでもないよ!!」


堀「ハッピーハロウィン」鹿島「!!」

1: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/30(日) 21:46:13.26 ID:xrQ9YzKJ0

堀「ほら、今日はハロウィンだろ?」

鹿島「……そうですね」

堀「……そんじゃ、トリックオアトリート」

鹿島「……そんな事言わないで。 僕はこれ以上、君の悪い部分を見たくないんだ……だからイタズラなんてしないでくれ」

鹿島「……はい、飴です!!」

堀「おう、サンキューな。 今日はちゃんと部活来いよ」スタスタ

鹿島「はーい」


野崎「メイトリックス、ここにベタしてくれ」メイトリックス「OK!!」

1: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/20(木) 22:57:57.38 ID:QKDwODH40

ドカアアアアアン!!!

野崎「」バタッ

佐倉「野崎くううううううううううん!!!」


瀬尾「兄ちゃん!! 遊園地行こうぜ!!」

1: ◆LYNKFR8PTk 2016/10/10(月) 21:01:31.27 ID:dOijIgOE0

遼介「遊園地ぃ?」

瀬尾「ほらチケット!! 四人分!!」

瀬尾「友達からいらないからってくれた!!」

遼介「四人……あと二人は誰だよ」

瀬尾「私と兄ちゃんと千代と鹿島で四人!!」

遼介「あーなるほどな……」

瀬尾「明日兄ちゃん大学もバイトも休みだろ!? 行こうぜ!!」

遼介「まぁ確かに暇だけどな……」

遼介「つーかなんで俺を……?」

遼介(……!! そうか)

遼介(なんだかんだ言って『お兄ちゃんと行きたい!!』とか思ってたりしてな)

瀬尾「もう一人誰も捕まらねーからさー。 チケット勿体ねぇし。 消去法で兄ちゃん」

遼介「」


ボッスン「瀬尾結月?」

1: ◆LYNKFR8PTk 2016/09/27(火) 21:14:30.44 ID:WmfW37zp0

ある日

ヒメコ「あー……暇やわー」

ボッスン「暇ってお前、一応毎日仕事してるだろ」

ヒメコ「せやけどアタシ全然身体動かしてへんもん」

ボッスン「そうだっけ?」

ヒメコ「……なぁボッスン、アタシ思うねんけど」

ボッスン「なんだよ?」

ヒメコ「最近、運動部の助っ人の依頼全然こないんやけど……」

ボッスン「あっ!! そういえば……」

ヒメコ「なんでやろなぁ……ついこの前まで依頼あったはずやねんけど」

スイッチ『恐らく……彼女の仕業だ』

ボッスン「『彼女』?」

スイッチ『二年の瀬尾結月さんだ』

ボッスン「瀬尾結月?」