TOP > ◆RY6L0rQza2 (3件)

貴音「銀河鉄道」

1: ◆RY6L0rQza2 2014/04/07(月) 17:01:46.15 ID:jwhVXhwao

「ふぅ…。」

荷物を網棚の上に置き、息を吐きます。

これから、生まれ育った土地から、たった独りで東京へと向かうのです。

慣れない電車に四苦八苦し、ようやくじいやの教え通りに席に着く事が出来ました。

まもなく、電車は走り出します。時刻は早朝、乗客もまばら。

がたん、ごとん。ゆっくり走り出した電車は次第に速度を上げ、窓が振動で軋み始めます。

外を見ると、私の知っている景色が見え、そして知らない景色へと移り変わります。


響「サッカー?」

1: ◆RY6L0rQza2 2014/04/06(日) 15:31:36.73 ID:UmAqle4zo

―事務所―

響「はいさーい!」

P「おはよう、響。」

真「あ、響!丁度良かった!」

響「ん?どうした真?」

真「響、今日は午後オフだろう?予定なかったらサッカーの試合見に行かない?」

響「へ?あぁ…確かに、特に予定は無いから良いんだけど…。」

真「本当に!?良かった!チケットが一枚余っちゃって、他のみんなは仕事だし、どうしようかと思ってたんだ。」

P「俺も仕事が無ければ行きたかったんだけどな…。」

響「そ、そっか…自分、サッカー全然知らないけどいいの?」

真「もちろん大丈夫だよ!」

響「そっか、じゃあ仕事終わったらすぐに事務所戻ってくるね!」

真「うん、分かった。」


千早「春香と喧嘩してしまった」

1: ◆RY6L0rQza2 2014/04/05(土) 07:25:09.04 ID:+vBuRsZwo

地の文有り、読みづらかったらごめん


2: ◆RY6L0rQza2 2014/04/05(土) 07:25:36.58 ID:+vBuRsZwo

「千早ちゃんの、ばかあああああ!!!!!」

春香が、叫びながら事務所を出て行った。
私は、俯いて肩を震わすしか出来なかった。