TOP > ◆cq7bCfF752 (8件)

【ミリマスSS】ミリP「なにっ、静香が俺の許嫁だと!?」

1: ◆cq7bCfF752 2018/05/06(日) 22:18:12.87 ID:o3AHYGQcO

キャラ崩壊
妄想ダダ漏れ


静香「ほ、本当にもうっ!お、お父さんもお母さんもなに考えてるのよ、まったく」

ミリP(以下P)「マンガみたいな話だよなぁ」

P「でも、かなり昔に決めた話らしいからそんな強制的にって訳でもないし、どうせ形だけだから心配するな静香」

静香「そ、そうですね!私もプロデューサーと結婚なんて冗談じゃありませんし」

P(なんて辛辣なんだ…泣くぞ俺)

P「えーと、俺達は今まで通りアイドルとプロデューサーとしてやっていこうな!」

静香「私はそのつもりですけど、プロデューサー大丈夫ですか?変に意識したりして、みんなから怪しまれるような事はやめてくださいよ?」

P「ははっ、任せろ。静香に迷惑はかけないさ」

静香「本当に大丈夫かな……?」

P「静香も今まで通り頼むぞ?」

静香「当たり前じゃないですか、プロデューサーを意識するなんてあり得ません、そんな事より自分の事を心配してください!」

P「わ、悪い…そうだな。静香なら心配いらないよな」

静香「ええ、当然です。それじゃあ明日からも普段通りよろしくお願いしますね」

P「ああ、よろしく」


【ミリマスSS】ミリP「嫁モードの杏奈?」

1: ◆cq7bCfF752 2018/05/02(水) 17:58:42.01 ID:gwRZ5BQ80

【P自宅】

ミリP(以下P)「ただいまー」

杏奈「あ…おかえりなさい……」

P「ただいま杏奈」

杏奈「お仕事お疲れ様……ご飯、もうちょっとでできるから……待ってて?」

杏奈「それと、スーツ貸して?あなた……いっつも、脱ぎっぱなしにしちゃうから……シワになっちゃうもん…」

P「お、おう……悪いな」

杏奈「んと……それから、お洗濯したシャツとか……アイロンかけて……しまっておいたよ」

P「あ、ありがとう。わざわざすまん」

杏奈「ううん……えっと、ご飯の前に……お風呂入る?」

P「い、いや、先にご飯食べるよ」

杏奈「ん……わかった……それじゃあ、ちゃんと手洗って待ってて…?」

P「はーい」

杏奈「ふふ……もうっ、子供みたい……」クスクス


【ミリマスSS】白石紬「えっ……プロデューサーが爆死?」

1: ◆cq7bCfF752 2018/04/23(月) 23:08:42.66 ID:GLpK2+WE0

キャラ崩壊


【劇場の事務室】


小鳥「お疲れ様、美咲ちゃん」

美咲「むにゃ……ふわっ!?お、音無先輩?お、おちゅかれ様でしゅっ」

小鳥「ふふふっ。美咲ちゃん今寝てたでしょ?」

美咲「うぅ……すみません、お仕事中なのに」

小鳥「ふふっ、いいのいいの!美咲ちゃん、とっても頑張ってるもの、少しくらい居眠りしてたって誰も怒ったりしないわよ」

美咲「えへへぇ、ありがとうございます音無先輩。あの、ところで今日はどうしてここに?」

小鳥「社長におつかいを頼まれてね~、ちょうどシアターの近くに来たから寄ってみたのよ。はいっ、これ差し入れのプリン」

美咲「わぁっ、ありがとうございます!美味しそ~♪」

小鳥「うふふっ、どういたしまして。誰かに食べられる前に、早く食べた方がいいかもね」

美咲「はいっ、今すぐいただきます!あむっ……ん~、幸せ~っ♪」

小鳥「あら?ところでプロデューサーさんの姿が見えないけど、営業中?」

美咲「ぷふぉひゅーひゃーはん、にゃひゃ……」モグモグ


【ミリマスSS】千早「静香、志保!いい加減にしなさい!」

1: ◆cq7bCfF752 2018/04/17(火) 12:47:22.07 ID:yOFHlcrg0

キャラ崩壊です

【Pの家】

千早「大きな声を出すと寝ているプロデューサーが起きてしまうでしょ!!」

静香、志保「す、すみませんでした!」

千早「まったく、これだから最近の若い蒼は…」プンスカ

ミリP(以下P)「ん、んん……zzz」

千早「ふふふっ。プロデューサー、今日もちーちゃんが来ましたよ~」

静香「もがみんもいますよプロデューサー」

志保「し、しほりんも…///」

千早「いい二人とも?初めてのプロデューサーのお家で興奮しているのはわかるけど、節度を持った行動をしないといけないわよ」

静香「は、はいっ。わかりました!今日はよろしくお願いします千早さん」

志保「今日は千早さんに色々と教わりたいと思います」


【ミリマス】箱崎星梨花「先にシャワー浴びてきてくださいねっ♪」ミリP「は、はい」

1: ◆cq7bCfF752 2018/04/14(土) 11:30:53.50 ID:cdMF4ygr0

キャラ崩壊です


2: ◆cq7bCfF752 2018/04/14(土) 11:32:50.60 ID:cdMF4ygr0

【星梨花の部屋】


星梨花「今日も劇場でたくさんアイドルの皆さんとお喋りしたんですね?」

星梨花「これじゃあ、いつものプロデュー
サーさんの良い香りが台無しです!」プンプン

星梨花「準備がしてありますから、先にシャワー浴びてきてくださいねっ♪」

ミリP(以下P)「は、はい」

ー数分後ー

P「あがったよ……星りっ!?」

星梨花「プロデューサーさん遅いですっ、私ずぅっと待ってたのに……」ギュウウッ

P「ず、ずっとって、シャワー浴びてたのなんて10分くらいの事で…うわっ!?」

ドサッ

星梨花「えへへ、プロデューサーさんをベッドに押し倒しちゃいました♪」

P「は、ははは……せ、星梨花は力持ちだなぁ。大人の俺が簡単に吹っ飛ばされちゃったよ」

P(一瞬、空中を飛んだ気がする)

星梨花「くんくん……」

P「ひっ!?や、やめ…せ、星梨花、首筋に顔近づけたら、息がかかってくすぐったい」


【ミリマスSS】ミリP「俺はかつて、BL界の王子と呼ばれていたんだ」エミリー「」

1: ◆cq7bCfF752 2018/04/03(火) 11:43:54.20 ID:+aD6LMxs0

※キャラ崩壊です


エミリー「嘘……嘘です!そのような事は仕掛け人様のお戯れ事です!」

ミリP(以下P)「いや、本当だ。俺は昔声優をやっていてその時に多数のBLCDやBLゲームとかに出演してきたんだ」

エミリー「そんなはずありません!!確かに仕掛け人様は素敵なお声をしていらっしゃいますから、声優様をなさっていた事もあり得なくは無いと思いますっ」

エミリー「ですが、ですが…男色小型情報記録円盤にご出演なさっていたというのは、絶対に!絶対に真実などではございません!!」

P「エミリー何故だ!何故そこまで頑なに目を背ける!?」

エミリー「……勘違いなさらないでください仕掛け人様。私は男色、つまり、びーえるに対して嫌悪感を抱いている訳ではありません。いいえ、むしろびーえるは日本が誇るべき和の心だと心得ております」

P「じゃあ?」

エミリー「ですが……ですがっ……」ウルウルッ

エミリー「たとえ……たとえ、演技だとしても……お慕いしている殿方が、他の殿方にじゅぽじゅぽされて喘いでいるのを許容できる程、私は…私は心の広い女ではございません!」ポロポロ

P「……そこまで、俺の事を?」


【ミリマスSS】最上静香「エッチまでしたのにふざけないでくださいっ!!」

1: ◆cq7bCfF752 2018/03/30(金) 21:31:45.91 ID:IvSajPzF0

※キャラ崩壊注意だよー


2: ◆cq7bCfF752 2018/03/30(金) 21:33:02.71 ID:IvSajPzF0

~スタジオ楽屋~

スタッフ「すいません最上さん!リハーサルが始まるまでこちらでお待ちください。ご迷惑おかけして申し訳ないです」

静香「いえっ、私なら構いませんから」

スタッフ「ありがとうございます、それでは失礼します!」

ガチャリ

静香「ふぅ……機材トラブルで二時間撮影ストップなんて、ついてないわね」

静香「二時間も何をしたらいいかしら?置いてある雑誌なんて、すぐ読み終わっちゃうだろうし」

静香「何か……何か……あっ、そうそう!確か前に翼から面白そうなパズルゲームアプリを教えてもらったのよね」

静香「うん、時間もある事だしそれをやりましょう。早速アプリストアからダウンロードして……ん?」

静香「あなたへのオススメアプリ?なにかしら……『メイクマイ彼氏』はぁ?乙女ゲームみたいね。というか、なんで私にオススメするのよそんなの興味ないのに」

静香「えーっと、なになに……このゲームは基本無料のアプリです。アナタ好みの理想の彼を作り、その彼とアナタ好みのシチュエーションで恋愛を楽しむ事ができます?」

静香「学生時代に戻るもよし、オフィスラブに燃えるもよし。全てはアナタの選択肢しだい。さぁアナタもレッツ、メイカレ!」


モバP「アクエリオン?」

1: ◆cq7bCfF752 2018/03/28(水) 18:36:42.96 ID:v4xschSF0

※アクエリオンぶっちゃけスパロボ知識しかなくてあんまり知らないけど許して



~P自宅~

モバP(以下P)「あー、疲れた……そういや、久しぶりに家に帰ってきた気がする」

P「はぁ、明日も朝早いし早く寝よう」

P「おやすみなさーい」

P「ぐぅ……」



キュィィィン


P「う、うあっ……な、なんだ?今の嫌な音は……」

ド-ンッ!ド-ンッ


P「ひゃぅ!?じ、地震か!?」

P「か、かなり揺れが大きいぞ!?このボロ家じゃ壊れるかもしれん。とりあえず、避難しないと!」