TOP > ◆foQczOBlAI (30件)

古澤頼子「眠れない夜に」

1: ◆foQczOBlAI 2019/03/31(日) 23:45:33.53 ID:wwyKhzBr0

眠れない。

その日はなぜか眠ることが出来なかった。

積み重なった小さな悩み、それが不安となって私の睡眠を妨害する。

布団を頭までかぶって瞼を閉じると不安はビジョンとなって浮かぶ。

確かにアイドルという一般的な女子高生とはかけ離れた生活をしているかもしれない。

しかし私だってまだ17歳の女の子なんです。こんな気分にだってなる日だってある。

原因はなんてことはない、今はどこもかしこも卒業シーズンなので自分もそのことについて考えてしまった。

ただ私の場合は学校についてではない、アイドルからの卒業についてだ。

学校と同じようにアイドルも卒業しなければいけない日は必ず来る。

そのとき私は上手く笑えるのだろうか、答えなど出るはずもない問題に頭を悩ませていた。


三峰結華「こがたんと二人きりのお誕生日会」

1: ◆foQczOBlAI 2019/03/14(木) 22:46:29.94 ID:cQ0XYiOG0

昨日はこがたんの誕生日、アンティーカのみんなでこがたんを祝った。

今日はこがたんと三峰の二人きりの誕生日会、二十歳になったからお酒とか買って飲もうって会!


「結華ー、お酒いっぱいあるけど、どれにしたらいいと?」

「ちょっとこがたん、お酒買えるようになったからってはしゃぎすぎだよ」

「だってお酒初体験たい、どれもこれも魅力的に見えるけん」


少し発言に食い違いがある気がする。えっ、こがたん。本当にお酒初めてなの?

三峰の家では大学生になるからお酒を覚えとけって兄さんに飲まされたし、実際大学での飲み会もいくつかあった。

このピュアなこがたんが普通なのか、三峰が汚れきってしまっているのか……。


晶葉と頼子と、時々、りあむ

1: ◆foQczOBlAI 2019/02/28(木) 22:55:38.65 ID:xvL9+FVe0

晶葉「最近めっきり暖かくなったな」

頼子「日も長くなっているのを感じるね……」

晶葉「……平和だな」

頼子「……平和だね」

晶葉「いや、平和なのはいいことだ。だが少し刺激が足りないのではないだろうか?」

頼子「変なロボ作らないでね……」

晶葉「信用ないな」

頼子「違うよ……、晶葉ちゃんならなんかするなって信用しているんだよ……」

晶葉「それはひどくないか?!」

頼子「晶葉ちゃんの考えてることなら大体わかるからね……」

晶葉「嬉しいような、そうでもないような」


古澤頼子「彼女が白衣を脱いだなら」

1: ◆foQczOBlAI 2019/01/31(木) 23:20:14.28 ID:hqZCAdX10

頼子(天才ロボ少女、池袋晶葉。私の同僚であり、大切な友達です)

頼子(トレードマークは知的な眼鏡、大きなリボンとツインテール、そして白衣)

頼子「晶葉ちゃん……、どうして白衣を着ていないの……?」

晶葉「これか?今の私は天才じゃないからな」

頼子「晶葉ちゃんが天才じゃない……、体調悪いの……?まさか、インフルエンザ……!」

晶葉「別に高熱で変なことを言っているわけじゃないぞ」

頼子「じゃあ……、どうして……?」

晶葉「それはだな……」


[シャニマス]三峰結華「アンティーカのみんなとお誕生日会」

1: ◆foQczOBlAI 2019/01/16(水) 23:55:21.62 ID:9gFlr2370

「結華のお誕生日会を開くばい」


きっかけはこがたんの一言だった。

なんだかんだで仲のいい私達「アンティーカ」は何の異議もなく集まる流れとなった。

いやー、ありがたいねぇ。嬉しいけど恥ずかしいというのが本音だった。

三峰の性格上主役となるのはそれなりに珍しいのである。どちらかというとのらりくらりとしていたいからねぇ。

しかし、こがたんはやる気満々だしあのめんどくさがり屋のまみみんまで乗り気だったのだ。素直によろこんでおくべきだろう。

それはそうとして、「三峰は大丈夫だよ」という気持ちを会話の端々にそれはかとなく折混ぜてみたけど効果はなかった。

逆に、目ざといさくやんに「ならばはっきり言おう。祝わせてくれ」なんて言われてしまった。ここまで言われたら逃げるわけにはいかないじゃん。

会場はこがたんの部屋でやることになった。「手料理準備してして待ってるけんね」と眩しい笑顔で言われた。これは楽しみだ。


安部菜々「煙草と元カレ」

1: ◆foQczOBlAI 2018/11/05(月) 23:59:01.07 ID:sPWKFtJo0

常になにかしらの隠し事を抱えているのが美貌の秘訣だなんて、私と同じ17歳のアイドルは言っていた。

ならば私は絶世の美女だ。


橘ありす「缶コーヒーも飲めるけど」

1: ◆foQczOBlAI 2015/11/21(土) 23:06:26.43 ID:1UHRrZe40

前作
橘ありす「缶コーヒーを飲んだから。」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437840179/

一応続きですが前作を読まなくても読めると思います。


2: ◆foQczOBlAI 2015/11/21(土) 23:07:03.30 ID:1UHRrZe40

街を一人で歩いていました。これだけ人がいるのに本当の私を知っている人は一人としていません。

面白いですよね、おかしいですよね。

確かにアイドルとしての『橘ありす』を知っている人は何人かいるかもしれません。

でも少女としての、素の『橘ありす』を知っている人はいません。一人ぼっち。


「おーい、ありす。こんなところで何してるんだ?」


聞きなれた声が聞こえてました。私のプロデューサーです。

この人は私、『橘ありす』のことを知っているのでしょうか?

わかりません、多分知っていても知っていなくても知っている風に振舞うでしょう。

この人はそういう人です。私はそのことを知っています。


頼子「晶葉ちゃんと過ごす秋」

1: ◆foQczOBlAI 2015/11/16(月) 01:07:48.58 ID:a5VkSyM50

秋なので頼子と晶葉のSSを書きました。


2: ◆foQczOBlAI 2015/11/16(月) 01:08:34.64 ID:a5VkSyM50

昔の私は「観る」専門でした。本を読んで美術展、博物展を観て。

華やかな世界にあこがれていた私はいつも自分を偽っていました。自分には似合わない、自分には向いていない。

Pさんはそんな私の本心を見抜き、連れ出してくれました。あのときから私は自分に嘘をつかないと決めました。

綺麗な衣装、キラキラとした舞台。Pさんが用意してくれたものすべてが私には魔法に見えました。

そうして私は「観る」ほうから「観られる」ほうへとなりました。

ただ、今日に関して言えば私を連れ出してくれたのはPさんでも魔法使いでもなく、一人の少女でした。


佐藤心「マザーグース」

1: ◆foQczOBlAI 2015/11/01(日) 01:50:23.90 ID:f9hV0iy60

おんなのこって なんでできてる?
おんなのこって なんでできてる?

おさとうとスパイスと…


モバP「ロ・クント・デ・リ・クンティ」晶葉「お話の中のお話」

1: ◆foQczOBlAI 2015/10/17(土) 21:33:58.50 ID:60NRjTvh0

・ユニットごとにプロデューサー

・短い

・アニメ=ドラマ


2: ◆foQczOBlAI 2015/10/17(土) 21:34:33.43 ID:60NRjTvh0

モバP「ドラマ『シンデレラガールズ』も終わったな」

晶葉「卯月も凛も未央も輝いてたな」

モバP「アイドルのサクセスストーリーをアイドルを使って表現するとはな」

晶葉「斬新なのか?」

モバP「…よくわからん」

晶葉「おいおい…」


杏「きっと流した汗は」泰葉「美しい」

1: ◆foQczOBlAI 2015/10/12(月) 01:02:13.16 ID:ZeFr44Y10

雨がしとしとと降っている。強くもなく、弱くもなく。
こんな日は気分が乗らない。いや、いつも乗らないけどさ。いつも以上に乗らない。
はぁ、音が一緒だから飴が振ってくればいいのに…。そんなことになったら大惨事か。はぁ、我ながらくだらない。
事務所に来たもののプロデューサーはいないし、ちひろさんは私に留守番頼んでどっかいっちゃうし。
もうすぐ誰か代わりが来るって言ってたな。
そのあとはレッスンか。レッスンスタジオまで行くのめんどくさいし誰も見てないしさぼってもいいかな。
コレも全部雨が悪い!雨だから仕方ないよね。

とりあえず代わりが来るまでゲームしてよう。
なんだかんだ言って頼まれていることこなしているのがえらいよね。
まあ、帰るのがめんどくさいだけだけど。
留守番の報酬ももらわないといけないな。具体的には休みとか。


晶葉「頼子とお月見」頼子「晶葉ちゃんとお月見」

1: ◆foQczOBlAI 2015/09/27(日) 23:15:49.86 ID:bqnSy0040

晶葉「今日は中秋の名月だな」

頼子「そうだね…晴れてて絶好の月見日和だよ…」

晶葉「ウサミンとPはどうした?」

頼子「少し遅れてるみたい…」

晶葉「じゃあ先にはじめてるとするか」

頼子「月が綺麗だね…」

晶葉「そうだな」

今日は中秋の名月。雲もなくまん丸のお月様が綺麗だ。
一緒にやるといっていたウサミンとPは仕事が長引いてまだ来ていない。
事務所で頼子と二人きり。少し前までだったら嫌だったかもしれないが、今はこの大丈夫だ。
むしろ、頼子と一緒に入れることは嬉しい。


佐久間まゆ「モバPさんもまゆのPさんが好きなんですかぁ?」

1: ◆foQczOBlAI 2015/09/07(月) 22:04:52.46 ID:C8lHcNZC0

モバP「…は?」

まゆ「何事もなかったように仕事に戻らないでください。」

モバP「いや、だって、ねえ。急に佐久間さんが押しかけてきて何事かと思ったらねえ。」

まゆ「適当にあしらわないでください!まゆには大事なことなんです。」

モバP「佐久間さんのPとは同僚、幼馴染、以上。」

まゆ「それにしては仲がよすぎませんかぁ?」


桃井あずき「儚くない桃色」

1: ◆foQczOBlAI 2015/08/31(月) 23:30:41.90 ID:aPcb4YmE0



2: ◆foQczOBlAI 2015/08/31(月) 23:35:22.70 ID:aPcb4YmE0

楽しかった一日もそろそろ終わりだね。

忍ちゃんの案内で海を見ていたけど太陽も沈んじゃった。

もっと見ていたかったなぁ。でもアレぐらいがちょうどいいんだよね。

桜もそう、花火もそう、そして夏もそう。

変わりゆくから、過ぎ去っていくから美しいんだよね。


モバP「夏休みはやっぱり短い~♪」

1: ◆foQczOBlAI 2015/08/17(月) 23:32:40.59 ID:CtziIQQB0

菜々「やりたいことが~目の前にありす~ぎて♪ですか?」

ちひろ「懐かしいですねそれ。」

晶葉「全く知らないのだが。」

モバP「菜々はよく知ってるな。」

菜々「な、夏の決心は有名じゃないですか。」

ちひろ「1995年の曲ですね。」


工藤忍「橙色に染まる場所」

1: ◆foQczOBlAI 2015/08/15(土) 13:07:52.95 ID:B/nfRgr+0

海での遊びもそろそろ終わりだな。

日も傾いてきたしあがって着替えよう。

それにしても柚ちゃん対あずきちゃんのバドミントン対ビーチバレー異種競技対決はすごかったな。

まさか柚ちゃんがあんな必殺技を持ってるなんて。

穂乃香ちゃんは知ってたみたい。

確か民明書房っていうので読んだっていってたっけ?

バドミントンの語源は抜刀眠遁まさか寝ながら居合いの構えで打つとは…。


2: ◆foQczOBlAI 2015/08/15(土) 13:09:26.97 ID:B/nfRgr+0



綾瀬穂乃香「空の青と海の青と青い私」

1: ◆foQczOBlAI 2015/08/05(水) 22:33:31.16 ID:kxb1q9x20

全四話中の二話目です。

前作
喜多見柚「黄色い花は太陽の花」


2: ◆foQczOBlAI 2015/08/05(水) 22:36:05.55 ID:kxb1q9x20

というわけで柚ちゃんとあずきちゃんと忍ちゃんと私。

私たち四人は電車に乗って旅行をしています。

ふふ、友達と行く旅行は初めてです。


柚「まだつかないの?」

穂乃香「もうちょっとだから待っててください。」


柚ちゃんを注意したものの、自分もそわそわしています。

そんなことをしているうちに車内に目的駅のアナウンスが入ります。


喜多見柚「黄色い花は太陽の花」

1: ◆foQczOBlAI 2015/07/31(金) 21:23:05.14 ID:S+Gb1Dfj0

・全四部作を予定しています。

・ひとつひとつは短いです。


2: ◆foQczOBlAI 2015/07/31(金) 21:24:53.09 ID:S+Gb1Dfj0

ガタンゴトンガタンゴトン。

実際はそんな音しない気がするけど。

まあ、こういうのは雰囲気だよね。

さっきの擬音でわかると思うけど、アタシたちは電車に揺られてるよ。

忍チャンとあずきちゃんとホノカチャンとアタシ。

フリルドスクエアの仲良し四人組だね♪

なぜ、電車に乗ってるかというと、それはこの前の事務所で。


橘ありす「缶コーヒーを飲んだから。」

1: ◆foQczOBlAI 2015/07/26(日) 01:03:09.42 ID:v4DzXE1q0

レッスンを終わるとプロデューサーが迎えに来ます。

プロデューサーはいつも自販機の前で待っています。

そして私を見つけるといつも同じことを言います。


「ありす、お疲れ様。なんか飲むか?ココアとかあるぞ。」

「今はレッスンで疲れたのでココアよりスポーツドリンクがほしいです。それと橘と呼んでください。」


私もいつもの決まりきった返事をします。

彼は後ろの自販機でスポーツドリンクと缶コーヒーを買います。

いつも缶コーヒー。


岡崎泰葉「星に囲まれて。」

1: ◆foQczOBlAI 2015/07/16(木) 22:14:43.16 ID:edYuHYdV0

みなさんから見て私はどう思われているのでしょうか?

真面目と思われてるのでしょうか?固いと思われているのでしょうか?

それも確かに私の一面であるとは思います。

確かにみなに冗談で先輩といわれているほどにはまっすぐに生きていきました。

ただ私だってわがまま言いたくなるときだってあるんです。

例えば誕生日の前後ぐらい少しわがまま言ってもいいですよね?