TOP > ◆hAKnaa5i0. (82件)
[ ◆hAKnaa5i0. ] のタグを含む記事

楓「私をすこれよ。プロデューサーさん♪」ニコ-

1: ◆hAKnaa5i0. 2019/05/05(日) 23:33:42.65 ID:NNoZ3WQs0

(事務所)

楓「すこれよ♪」ド-ン

P「まーた変なのから影響を受けて。何を抜かしているんですか。楓さん」

楓「すこれ♪」

P「はいはい。すこってますよ。あ、柿の種のわさび味食べます? 昨日、ちひろさんが持ってきてくれたやつなんですけど」

楓「いただきます♪」ポリポリ

P「もうすでに食べてるし……」

楓「この柿の種の味。すこです」ポリポリ

P「新入りのザコメンタルと会ったんですか?」

楓「りあむちゃんのことですね。昨日ご挨拶をしましたよ。なかなか個性的な子でした」フフフ

P「クセが強い奴だったでしょう」ハハハ

楓「私はどうですか?」

P「はい?」

楓「私の方がクセは強いと思いませんか♪」キラ-ン

P「なんで対抗心を燃やしているんですか」


美波・夕美「「新人さん?」」文香「警戒せねば……」クワ-

1: ◆hAKnaa5i0. 2019/04/14(日) 22:28:13.29 ID:YXH0zjMo0

陽気な清楚と7人の新人


2: ◆hAKnaa5i0. 2019/04/14(日) 22:29:51.02 ID:YXH0zjMo0

(事務所)

美波「新人さんがくるみたいよ! 夕美ちゃん!」カッ!

夕美「新人さんがくるみたいだね! 美波ちゃん!」カッ!

2人「「どんな子たちだろう!!」」バ-ン!

美波「まだ顔は合わせてないけど7人も入ってきたらしいのよね。新人さん」

夕美「私も全然知らないけどどんな人たちなのかな。新人さんたちは」

美波「どんなタイプでも歳下で私を慕ってくれる子なら大歓迎よ」フフフ

夕美「うんうん。私も尊敬されたい。『夕美さんのこといつもテレビで見てます』とか『尊敬してます』とか『可愛いです』とか言われたいなぁ♪」ニコ-

美波「ふふふ。きっと言われるわよ。顔を合わせるのが楽しみね♪」

夕美「そうだね! 今日ここに来るみたいだから優しくしてあげよう!」

アハハハハ♪
ウフフフフ♪


千夜「お前は働き者ですね」まゆ・智絵里「「……お前?」」ハイライトオフ

1: ◆hAKnaa5i0. 2019/04/21(日) 23:13:45.77 ID:Wo71gRAU0

おかっぱ従者とアタシポンコツMasque:Rade


2: ◆hAKnaa5i0. 2019/04/21(日) 23:14:29.24 ID:Wo71gRAU0

(事務所)

P「千夜。これ5月上分のスケジュール。7日はラジオの収録が予定通りできるかどうかまだはっきりしてないんだけど、一応予定だけは開けておいてくれ。収録がなければオフになるから」

千夜「ええ」メモメモ

P「それと11日と13日の営業について細かく説明することがあるんだ。今から20分くらい時間かかるけど大丈夫か?」

千夜「今日の私に予定が入っていないのはお前も知っているでしょう。大丈夫です。続けてください」

P「じゃあ段取りについてだけど……」

フムフム...
ナルホド
ソウデスカ

まゆ「……」コソリ

千夜「……ちょっと待て。まさかちとせお嬢様にこんな格好をさせるつもりか?」

P「ん? 普通の衣装だろ?」

千夜「お前の目は節穴なのか。スカート。スカートの丈がひどく短いでしょう。これではお嬢様が過激な女だと思われかねません」

P「これくらいなら誰も思わないよ」

千夜「私が許容できない」

P「ワガママは言うなって。衣装はもうできてる。デザイナーさんが時間をかけて作ったものを千夜は気に食わないって理由で拒否するのか」

千夜「っ……その言い方は卑怯でしょう」

P「衣装はちとせに着てもらう。演出的にそれが1番映えるんだ。衣装は全体のバランスを考えながら選んでるからな。俺に任せてくれ。もちろん意見は歓迎するけど単なる文句なら控えてもらう。『お嬢様抜き』で考えれば千夜もわかるだろ」

千夜「……わかりました」ムスッ

P「渋柿を食べたような顔に」

千夜「なってません」ムッス-

P「千夜って意外と顔に出るよなぁ」

千夜「黙れ」

ア-ダコ-ダ
オマエ!
ソウデスネ
コレハコウデ

まゆ「……」ジ-


美波・夕美「「Pさんに膝枕をしてもらうよ!」」文香「承知…」キラ-ン

1: ◆hAKnaa5i0. 2019/03/11(月) 23:04:03.88 ID:aVj3tcbM0

(事務所)

美波「プロデューサーさんに膝枕をしてもらうわよ! 夕美ちゃん!」カッ!

夕美「プロデューサーさんに膝枕をしてもらおうね! 美波ちゃん!」カッ!

2人「「やるよ!」」ガシッ!

文香「おはようございます……美波さん……夕美さん……普段の浅ましさ全開の願いと比べて……今日は随分とハードルを下げてきましたね……」ヒョコリ

美波「おはよう文香さん。今回の私たちは堅実さが売りなのよ」

夕美「おはよう文香さん。今回の私たちは確実な勝利を狙いにいくんだよ」

文香「ふむ……なるほど……目的が明確であることはわかりましたが……どうして数ある行為の中で膝枕を選んだのか……教えていただけますか……?」

美波「もちろんよ。あれは昨日のことでね……」


美波・夕美「「バレンタインチョコを作るよ!」」文香「真心込めて…」グッ

1: ◆hAKnaa5i0. 2019/02/11(月) 00:02:34.30 ID:aQ6QpGKk0

(事務所)

美波「バレンタインチョコレートを作るわよ! 夕美ちゃん!」カッ!

夕美「バレンタインチョコレートを作ろうね! 美波ちゃん!」カッ!

2人「「やるよ!!」」ガシッ!

ニュッ

文香「おはようございます……今日もまた熱意に満ち満ち溢れていますね……美波さん……夕美さん……」

美波「おはよう文香さん! 今年の私はひと味違うのよ! 必ずプロデューサーさんの心と胃袋を鷲掴みにしてみせるわ!」グッ

夕美「おはよう文香さん! 今年の私もひと味違うんだよ! プロデューサーさんを1発で惚れさせちゃうくらいすごいチョコを作るんだから!」グッ

文香「……なるほど……バレンタインデーに賭ける並々ならぬ想いと気概を感じます……料理は不得手ですが……私も負けてはいられませんね……」キラ-ン

美波「ええ、文香さん。チョコ作りは私もサポートするから一緒に頑張りましょう!」

夕美「私も手伝うよ! 友達だもんね!」

文香「……ありがとうございます……お二人の友情にはいつも感謝していますよ……」ニコリ

美波「いいのよ。さて、と。それじゃあ早速話し合いを始めましょうか♪」

夕美「そうだね♪」

美波「文香さん。頼んでおいた材料は用意してくれたかしら?」

文香「はい……例のブツは志希ちゃん経由でひと通り確保しました……」ドサドサドサ

美波「準備万端ね。ではーーー」

3人「「「チョコに何を盛ろうか♪」」」

【大量の志希ラボ産の薬】テ-ン!


志希「嘘発見機を使って遊ぼう♪」P「断る!」ピッ

1: ◆hAKnaa5i0. 2019/01/27(日) 21:12:24.96 ID:/tGj/8410

(事務所)

カチャカチャカチャ...
キュッ...バチバチバチバチ!
シュゥゥゥ...カチッ ピュイッ ハロ-♪
テテ-ン!

志希「よーし。かんせーい」フゥ

P「お疲れ様。ここしばらく熱心に何か工作してたみたいだけど何を作ってたんだ?」

志希「嘘発見機。精度は100%」

P「さらりと恐ろしいものを作っているね」

志希「だってさー、プロデューサーがアタシのラボを強制封鎖しちゃうんだもん。薬が作れないだもん。薬が調合できないならば工作するしかないじゃない」

P「人格を変える薬を作ってばら撒いているからだろ。自業自得だ」

志希「反省してるって」

P「反省の結果がこれかい」

志希「YES。志希ちゃんのExcellenceな創造性を腐らせずフル活用した発明品だよ~♪」

P「すごいなぁ」ガシッ

志希「待ってよ。没収しようとしないでよ」ガシッ

P「これはきけんな代物だ。事務所内で使用することは禁ずる」グイグイ

志希「待って! 乱用はしないから! プロデューサーにしか使わないから! 許してよ!」グイグイ

P「俺に使うつもりなんだろうがァ。処分だこんなもん!」グイグイ

志希「嫌~! まだまともに使ってもないんだから1回だけでも使わせてよ~!」ググググ

P「1回使ったらとんでもない被害が出るから駄目だっつの! 核爆弾と同じだ! 手を離せ! 事務所の平和のためだ!」グイグイグイ

志希「いに゛ゃぁぁぁァッ!!」ググググ


美波・夕美「「清楚力を取り戻そう!」」文香「押忍…」ビシッ

1: ◆hAKnaa5i0. 2019/01/07(月) 23:11:16.85 ID:a5fJMic00

せい-そ【清楚】
[名・形動]飾りけがなく、清らかなこと。また、そのさま。「清楚なアイドル」「清楚な女子大生」「あのお姉さんたちは清楚だ」
[派生]せいそさ[名]

せい-そ-りょく【清楚力】
清楚に満ち溢れているさま。「ほとばしる清楚力」「彼女には清楚力がない」


2: ◆hAKnaa5i0. 2019/01/07(月) 23:11:40.31 ID:a5fJMic00

【ある日の道場】

美波「押忍! 清楚力を取り戻すわよ! 夕美ちゃん!」カッ!

夕美「押忍! 清楚力を取り戻そうね! 美波ちゃん!」カッ!

2人「「やるよ!!」」ガシッ!

ヒョコリ

文香「押忍…気合い充分ですね…お2人とも…」ド-ン

美波「もちろんよ。道着を着たことで身も心も引き締まっているもの」キリッ

夕美「ふふん。もう私のりりしさが溢れ出ちゃってるかな♪」フンス!

文香「凛々しさ…?」

夕美「りりしさ!」バ-ン!


P「クリスマス!」ちひろ「クリスマスクリスマス!」カッ!

1: ◆hAKnaa5i0. 2018/12/26(水) 12:35:15.30 ID:6fwrXYum0

(12/26・深夜)

P「クリスマス!」

ちひろ「クリスマスクリスマス!」

P「クリスマス?」

ちひろ「クリスマス!」コクリ

P「クリスマース!」ハハハ

ちひろ「クリスマス」フフフ

P「クリスマス…」

ちひろ「クリスマスクリスマス?」

P「クリスマスクリスマスクリスマス」

ちひろ「クリスマスゥ…」

P「クリスマスクリスマスクリスマス。クリスマスクリスマスクリスマスクリスマス」

ちひろ「クリスマブラ?」

P「スマブラ 」

ちひろ「スマブラ!」

P「3、2、1…」

ちひろ「GO!」

P「トゥ!」

ちひろ「スマーッシユ!」

P「…」ハハハ

ちひろ「…」フフフ


恋鐘「縄跳びなんて久しぶりやね~♪」タユンタユンッ! 三峰「…」

1: ◆hAKnaa5i0. 2018/12/16(日) 22:47:51.00 ID:4Pb5mc3h0

卑しかボディとスレンダー


2: ◆hAKnaa5i0. 2018/12/16(日) 22:48:40.77 ID:4Pb5mc3h0

(レッスンルーム)

はづき「先日話していた通り今日は私に用事があってレッスンを見ることができません。なので各自用意した課題に取り組んでもらいます」

はづき「アンティーカのみなさん。いいですね?」

5人「「「はーい」」」

恋鐘「課題は何をするん?」

はづき「はい。これです♪」スッ

【縄跳び】ジャ-ン

咲耶「おや、縄跳びとは…随分と懐かしいね」

霧子「誰が縛られる役なんですか?」

結華「縄跳びを見て『縛る用途』がまっさきに思いつくのが怖いよ。きりりん」

霧子「縛り方ならいくつかマスターしているので私に任せてください。緩めからキツめまで。拘束が外れない範疇での微調整が可能です♪」グッ

結華「いつどこで練習したのか気になるよ。きりりん」

霧子「それは」

結華「ストップ。やっばいいや」ピッ


柚「…柚の誕生日に?」ありす「いちごパスタをふるまいます♪」フンス!

1: ◆hAKnaa5i0. 2018/12/02(日) 22:50:05.19 ID:bWrBodWO0

バースデー柚とフリルドスクエアによる
いちごパスタ回避大作戦


2: ◆hAKnaa5i0. 2018/12/02(日) 22:53:07.55 ID:bWrBodWO0

(ある日)

柚「…ありすチャンが料理を?」

ありす「はい。何だかんだ言いながらも柚さんにはお世話になっていますから」フンス

柚「…」エ-ト

柚「いや、その。ありすチャンの気持ちは嬉しいんだけどね。プロデューサーサンが柚の誕生日にご飯の準備をしてくれてるような気もしなくもないし。料理はしなくても大丈夫というか」

ありす「先日、プロデューサーさんには確認をとりました。大丈夫です。プロデューサーさんは料理をしないそうですので」フンスフンス

柚「そ、そうなんだ。でも、ありすチャン1人で料理は大変だから。パンケーキとかパフェとかデザート的なものを…」

ありす「いちごパスタを作ります。改良版です」キリッ

柚「いや、その、どうせなら甘い系がいいカナって…」

ありす「いちごパスタです!」

柚「」


P「楓さんがタメ口になってしまった」楓「悪いの?」ア-ン?

1: ◆hAKnaa5i0. 2018/11/19(月) 21:57:35.10 ID:iu+pglpS0

Twitterでプチ流行しているタメ口楓さん。
もっと流行れ


2: ◆hAKnaa5i0. 2018/11/19(月) 21:58:56.53 ID:iu+pglpS0

(事務所)

カチャッ

楓「おはよう」

P「おはようございます。楓さん。今日はきちんとギリギリに来ましたね」

楓「当たり前よ。私、社会人だもの」フフン

P「ははは。週に2度は5分くらいのプチ遅刻をかます人がぬかしおりますね」

楓「あれは違うの。わざとなの」

P「わざとならなおさらタチが悪いじゃねえかァ」

楓「ふふふ。本当はわざとじゃないわよ。全力で支度をした結果の遅刻よ」

P「ったくもう…何でもいいですけど社会人アピールをするくらいならちゃんと時間通りに来てください…ってアレ?」

楓「どうかしたの?」

P「話し方に違和感が」


【シャニマス】樹里「…理想のP?」智代子「一緒に考えよう!」カッ!

1: ◆hAKnaa5i0. 2018/11/04(日) 19:33:28.21 ID:yrN8//W20

放クラSS。
浅まし枠は西城さん。
荒ぶる枠は園田さん。


2: ◆hAKnaa5i0. 2018/11/04(日) 19:35:45.96 ID:yrN8//W20

(事務所)

果穂「えーとここはこうして…と♪」カキカキカキ

樹里「…」

果穂「これはいい。これはいいプロデューサーさんです…♪」カキカキカキ

樹里「…」

樹里「なあ。果穂」

果穂「はい。何ですか。樹里ちゃん?」

樹里「さっきから画用紙に何描いてるんだ? すげー楽しそうだけど」

果穂「ふっふっふっ…よくぞ聞いてくれました! これはあたしの理想のプロデューサーさんを描いたものです!」バ-ン!

樹里「理想のプロデューサー?」

果穂「はい! 見てください!」ペラッ


ルキトレ「Pさんの生活を管理します♪」ニマニマ

1: ◆hAKnaa5i0. 2018/10/23(火) 23:04:09.19 ID:Y0CEq08z0

清楚組の準レギュラー・ルキトレちゃん。いつも通りの浅ましいささみです。


2: ◆hAKnaa5i0. 2018/10/23(火) 23:05:07.48 ID:Y0CEq08z0

(事務所)

P「さて、うちの事務所では毎週末に身長体重スリーサイズの測定をしているわけだけど、かな子」

かな子「…はい」

P「今日、ここに呼び出された理由。わかるよな?」

かな子「…」

P「これが今回の測定の結果です」

ピラッ

【体重+2kg・ウェスト+2cm】テテ-ン!

P「お前ェ! 先週からずいぶんと肥えたじゃねえかァ!」バ-ン!

かな子「ひぃっ! ど、どどどどどうして増えてしまったのでしょうね!?」


P「嫁-1グランプリ…?」まゆ「開催ですよぉ♪」キラ-ン

1: ◆hAKnaa5i0. 2018/10/08(月)21:13:34 ID:TgE

多分、6月の頭ごろに書いたSS。途中まで書いて放置してあったものを完成させました。夏は過ぎたけど問題ない。もう秋だけど問題ない。


2: ◆xdzsAQ.Z/3h2 2018/10/08(月)21:14:24 ID:TgE

(事務所)

ジ-ジ-! ジ-ジ-!
ミ-ンミンミンミンミンミミミ! ミミミ! ミ-ミミン!

P「もう6月か…あっついなぁ…」

P「梅雨も一瞬で終わったし。夏だよ夏。ウェルカムトゥ夏」クテ-

響子「もう。ダメですよプロデューサーさん。暑いからといってグダグダしているのは」プンスカ

P「アイスが食べたい」クテ-

響子「朝から3本食べてるじゃないですか!」

P「あと1本! あと1本だけ!」カッ!

響子「…」

響子「まったく…これが最後ですよ。はい。『しろくまバー』です」スッ

P「ありがとう。響子は優しいなぁ。いいお嫁さんになるなぁ」シャクシャク

響子「も、もうっ。褒めても駄目です! 不摂生は身体に毒なんですからね。知りませんよ♪」ニマニマ

P「もう1本」ゲプ-

響子「だ、駄目です! 駄目ですから! 私は持ってきませんよ!?」

P「…」ジ-

響子「いくら見つめられても! アイスは持ってきませんから!」

P「アイス…」ジ-

響子「断固たる意志を持ってお断りします! 絶対に持ってきません!!」カッ!


美波「ロシアンたこ焼き」夕美「対決だね」文香「…」クワ-

1: ◆hAKnaa5i0. 2018/09/24(月)15:52:56 ID:zIA

(事務所)

未央「それでは始めましょう! 第1回! チキチキ栃木ロシアンたこ焼き対決ぅ~♪」パチパチパチ

凛「イェーイ」シャカシャカシャカシャカ-

美波「はぁ…」パチパチ

夕美「うぅ…」パチパチ

文香「…」パチパチ

柚「嫌だなぁ…」パチパチ

慶(ルーキートレーナー)「帰りたい…」パチパチ

未央「おやおや。みんなテンション低いね? どったの?」

柚「『どったの?』じゃないよ。どったのもなにもないよ。暗い顔を見て察してよ。いきなり監禁されて、逃走経路を絶たれて、こんな『デスゲーム』をやらされることになってテンション上がる人なんているわけないでしょ」

凛「血に飢えた殺人鬼なら喜ぶよ」

慶「それはもはや人ではないのでは?」


夕美「私の中で天使と悪魔が戦っている…」ムムム

1: ◆hAKnaa5i0. 2018/08/14(火) 22:21:33.63 ID:+pmQXwl60

(いつも通り)浅ましい欲望に葛藤するアイドルたちの話。


3: ◆hAKnaa5i0. 2018/08/14(火) 22:25:36.06 ID:+pmQXwl60

元ネタ:【シンデレラガールズ劇場ワイド31話】
http://cggekijo.blog.fc2.com/blog-entry-1306.html

18081422271.png
18081422272.png
18081422273.png


4: ◆hAKnaa5i0. 2018/08/14(火) 22:26:05.58 ID:+pmQXwl60

1.相葉夕美

(事務所)

【高級焼きプリン】テテ-ン!

夕美「…」

夕美「冷蔵庫に入ってたプリン…すごく美味しそうだなぁ…これ確か有名店のだよね…」ゴキュリ

夕美「い、いや、でも、食べちゃ駄目だよね。誰のかわからないし。食べたらその人のこと悲しませちゃうもん!」

夕美「…」

夕美「…」ジュルリ

夕美「ゆ、夕美! ここは我慢よ! 我慢をするのよ!」カッ!

ボンッ

天使夕美「そうですよ。夕美。人のものを勝手に食べるなんて最低のことです」

夕美「私の中の良心…!」

ボンッ

悪魔夕美「ううん。食べちゃっていいと思うよ。事務所のみんなは優しいから。プリンを食べても『ごめんなさい』のひと言で済むはずだもん♪」

夕美「私の中の悪い心…!」


奏「3連休…」文香「引きこもり組…」美嘉「イェー…」パチパチパチ

1: ◆hAKnaa5i0. 2018/08/12(日) 22:35:45.71 ID:snCL0/eJ0

(事務所)

【夜10時】

奏「…それでは…3連休外出しなかった学生たちの集いを始めるわよ…」ドンヨリ

文香・美嘉「「イェー…」」パチパチパチ

奏「今さら説明するほどのことではないけれど…ここに集まってもらったのは…3連休の間に大したイベントもなく…大した楽しみもなく…休みを消費してしまった惨めな女学生たちよ…」

文香「改めて言われると…心が沈みますね…」ズ-ン

美嘉「もう消えたいわ…」ズ-ン


【デレマスSS】P「最近、藍子がいたずら好きになって困っている」

1: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/18(金) 12:09:44.05 ID:m2TnEMTw0

最近、藍子がいたずら好きになった。

元はゆるくふんわりした子だったのにどうしてこうなったのかわからない。

とても辛い。

毎日が辛い。

例えば、俺がソファで昼寝をしていると、いつの間にか藍子が隣で寝始めている。

俺が目を覚ましたの気付くと藍子はにっこり笑う。

「ドキドキしちゃいましたか?」

藍子は嬉しそうに言ってくる。

ドキドキしないはずがない。

藍子の顔が目と鼻の先にあるのだ。

心臓に悪い。

あまりにひどいいたずらだったので「こんなことはしてはいけない」と叱った。

藍子はほっぺを膨らましてそっぽを向いた。

説教はまったく効果がない。

次の日も懲りずに同じいたずらを仕掛けてきた。

あまりにいい匂いがするからすぐにわかる。

胸に顔を埋めてくるのですぐにわかる。

しがみついてくるのでスーツにシワができて嫌になる。

ソファで寝ると毎回こうなってしまう。

まったく、ふざけた話だ。

藍子のいたずら好きは改善せねばならない。


【デレマス】P「ひたすら柚とイチャイチャする話」

1: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/16(水) 21:25:28.32 ID:0SzKmwxF0

過去作:【デレマス】P「ひたすら柚とイチャコラする話」
https://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1493564376/
の続編のようなものです。が、特に話に繋がりはありませんのでご安心ください。とにかく柚を愛でたいという欲求を爆発させて、ぶちまけただけの話です。それでは、またしばらくのお付き合い、よろしくお願いします。

柚可愛いよ。柚。

18072614151.png


2: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/16(水) 21:26:33.67 ID:0SzKmwxF0

【登場人物】: 喜多見柚、高垣楓、双葉杏

(事務所)

カタカタカタカタ…
カタカタカタカタ…タターン
カチッ

P「ふぅ…仕事がひと段落ついたな…」

P「さて…しばらくゆっくりとしようか、と」

カチャッ!

柚「プロデューサーサン。暇だから遊ぼうーっ!」(ばばーん)

P「柚か」

柚「柚だよっ♪」

柚「ほらほらっ♪ あっそびましょったら、あっそびましょっ♪」

P「唐突だな」

柚「予約入れておいたほうがよかったカナっ?」

P「うん。電話を一本入れてほしかった」

柚「じゃー、するねっ♪」

テクテクテク…パタン

P「おや。部屋から出て行っちゃったよ…」

(隣の部屋)

柚「さてっ♪」

パピプペポ…トゥルルル…ピッ!

P『はい』

柚「もしもしっ。プロデューサーサン。今日、今から遊べる?」

P『いいよ』

柚「やったー♪ じゃあ事務所にいくねっ♪」

P『待ってるよ』

ピッ!

カチャッ…パタン

柚「…やってきましたっ♪」

P「ウェルカム。隣の部屋から電話した意味は一切合切、1ミリもなかったな」

柚「いいのっ。こういうのは手順が大切だからサ♪」

柚「先ほどアポイントを入れました喜多見と申しますっ。プロデューサーサンはいらっしゃいまするかっ♪」

P「敬語が少しおかしいなぁ」


【デレマス】凛「罰ゲームは…『子供(7歳児)になってPと出かける』?」

1: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/13(日) 16:28:13.40 ID:HhThHSZJ0

奈緒「罰ゲームは…『Pさんと添い寝』だぁ!?!?」
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1501769345/
加蓮「罰ゲームは…プロデューサーと新婚生活(仮)!?」
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1502375793/

の続編ですが、読んでいなくてもまったく問題ありません。
前作では奈緒・加蓮にプロデューサーとイチャイチャしてもらったので、今回は凛にイチャイチャしてもらいます。ただし子供の姿でです。それでは、またしばらくお付き合いお願いします。

いつものように下に柚も貼っておきます。
癒されろ。

18072613541.png


15: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/13(日) 16:43:29.78 ID:HqdSonjIO

(事務所。ババ抜き中)

ヒョイ。ぽいっ…
ヒョイ。ぽいっ…

加蓮「あーがり」

ぽいっ

凛「あー」

奈緒「凛が残るって珍しいな」

凛「最近、加蓮がポーカーフェイスを身に付けたのか。手強いんだ」

加蓮「ふふ。凛に罰ゲーム箱を引かせるために特訓したからねー」

奈緒「なんでババ抜きで特訓までしてんだよ…」

凛「加蓮って負けず嫌いだからね」

加蓮「何とでも言いたまえー♪ ほらほら2人とも負けたら罰ゲームだよ♪」

奈緒「くそっ。負けないぞ、凛」

凛「勝てるものならどうぞ」(にたり)

奈緒「その不敵な笑みを崩してやるぜーっ!」

加蓮「負けフラグ立ってない?」

注: トランプで負けると『罰ゲーム箱』の中から1枚紙を取り出して実行するルールになっています。
罰ゲームはアイドルたちが『1人1枚』の制限で書いています。
このルールを利用して『プロデューサーとあんなことやこんなことをする』系の罰ゲームを書き込み、わざと負けようとするアイドルが後を絶ちません。