TOP > ◆oCJZGVXoGI (13件)

プロデューサーは、双葉杏を咲かせたい

1: ◆oCJZGVXoGI 2019/02/14(木) 18:24:25.27 ID:HCYRpEUW0

「女は恋をすると綺麗になる」

それには化学的根拠が存在する。

少女たちは初恋を経験することで ある“生理現象”が働き、

大人の女性へと成長していく……。

その姿は、蕾が花開く様子に喩えられた。

この物語は思春期を迎えてなお

蕾のままの少女と、少女の咲いた姿を見るために奮闘する男の物語……なのかもしれない。


星井美希「デコちゃんが男の子!?」

1: ◆oCJZGVXoGI 2019/01/23(水) 20:34:26.05 ID:XDFmnRLg0

某月某日、765プロダクション

ガチャッ

亜美・真美「「兄ちゃ~~ん!!」」

P「ん? どうした亜美に真美」

亜美「カオルって男の人の名前だよね?」

真美「女の子の名前っしょ~?」

P「両側から一辺に声をかけるな、頭が混乱する……」

小鳥「2人とも、プロデューサーさんを困らせたらだめよ? お昼寝してる美希ちゃんだって起きちゃうでしょう?」

美希「……むにゃ」

小鳥「し、心配無さそうね」


本田未央「うちの兄貴の華麗なる(?)日々」

1: ◆oCJZGVXoGI 2019/01/11(金) 20:07:28.16 ID:6bUZbsq+0

これは『本田未央の兄』という存在だけは確認されているキャラクターを中心にひたお話です。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/11(金) 20:10:41.53 ID:6bUZbsq+0

どうも! 本田未央15才、今日も元気にアイドルやってます!
いきなりで非常に残念なのですが、今日の主役はこの未央ちゃんでは無いのです……。
今日の主役は我が愚兄です!
愚は余計だ愚妹が。どうも、本田の兄です。
今日は俺がこいつの勤め先に関わることになった切っ掛けを話したいと思います。
そこまで愉快な話ではありませんが、お暇ならお付き合い下さい。
ちょっとー、固っ苦しいよ兄貴ー!
うるせぇ、お前が軽すぎんだよバカ!


柳瀬美由紀の失恋

1: ◆oCJZGVXoGI 2018/12/30(日) 13:20:08.55 ID:0pjaQFJ50

これは成人した美由紀ちゃんが過去を振り返るお話です。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 13:24:57.33 ID:0pjaQFJ50

ねぇみんな、初恋って覚えてる?
まぁまぁ聞いてよ。昔話も兼ねてさ。
さーて、どこから話そうかな。そうだなー、あたしが中1の3学期にお父さんに居間に呼び出された所かな?
「美由紀、東京へ行ってみないか」
開口一番こう言われたんだ。あたしはてっきり春休みに旅行へ連れていってくれるものだと思ったからうんっ! って答えたよ。
そしたら一枚の写真を取り出して、
「よし、なら彼にお前の事は頼むからな」
って満足そうな笑顔であたしに言ったの。今考えたら信じられないよね?
そこからはトントン拍子で転校の手続きとかがあって、クラスではお別れ会もしてもらって、気付いたらキャリーバッグを持って空港にいたの。


佐城雪美の野良猫発見記

1: ◆oCJZGVXoGI 2018/12/13(木) 17:52:08.89 ID:/auGIHyV0

雪美ちゃんが拓海や留美さんと江ノ島にいくお話です。


2: ◆oCJZGVXoGI 2018/12/13(木) 17:54:11.52 ID:/auGIHyV0

雪美「………拓海」

拓海「ん、どうしたんだ雪美」

雪美「この間……乃々と、猫………見に行った」

拓海「うっ、あぁ行ったよ。それがどうした?」

雪美「……………私も、行きたい」

拓海「あん? あー、ちょっと待ってくれ。プロデューサーにスケジュール確認しないといけないだろ?」

雪美「わかった…………」

拓海「なぁプロデューサー、あたしと雪美のオフが重なるのって何時だ?」

P「なんだ、今度は雪美とデートか?」

拓海「うっせ。いいから教えてくれよ」

P「はいはいっ、と。んー、今度の土曜なら空いてるね」


【デレマス】神谷奈緒「アタシたちの代役かぁ」

1: ◆oCJZGVXoGI 2018/11/26(月) 15:43:22.46 ID:Na/evOSz0

緒方智絵里、神谷奈緒、星輝子によるユニット、
SGC『シャイニングゴッドチェリー』のSSです。
※SideMに登場するアイドルも少しだけ出ます。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/26(月) 15:50:55.63 ID:Na/evOSz0

奈緒「おはよーっす」

智絵里「おはよう奈緒ちゃん」

輝子「お、おはよう……」

奈緒「う~寒い寒い」

智絵里「今お茶淹れるね?」

奈緒「サンキュー」

輝子「な、奈緒さん……。手、出して」

奈緒「んっ」

輝子「す、少しは暖かい…だろ?」キュッ

奈緒「あぁそうだな。サンキュー輝子」

輝子「い、いいってことよ……フヒッ」


【デレマス】美波「弟の彼女候補を探さなきゃ!」

1: ◆oCJZGVXoGI 2018/11/24(土) 17:20:36.25 ID:ju/8rgv+0

美波が弟の為に奔走するお話?です。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/24(土) 17:27:23.68 ID:ju/8rgv+0

新田弟(以下弟)「ただいまー」

美波「お帰りなさーい」

弟「あれ、姉さんこんな時間に家にいるなんて珍しいじゃんよ」

美波「うん、今日はレッスンやお仕事も無かったし大学も講義は午前だけだったから」

弟「ふーん」

美波「何よその興味無さそうな返事は」

弟「いや、実際にそこまで興味ねーし」

美波「もう、たまには姉弟でコミュニケーション取りましょ?」

弟「やだよ」

美波「ツレないなぁもう。部屋まで付いていっちゃうよ?」

弟「……はぁぁあ~~。分かったよ、宿題もあるから少しだけな」

美波「それでよろしい」

弟(くそ姉貴……)


【デレマス】美穂と茜のとある日の一幕

1: ◆oCJZGVXoGI 2018/11/17(土) 18:03:33.10 ID:mTH/DuGh0

みほあかっぽいSSです


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/17(土) 18:16:30.87 ID:mTH/DuGh0

茜「おっはようごさいまーっす!!」

美穂「おはよう茜ちゃん♪」

茜「おはようございます美穂ちゃんっ!」

美穂「今日は一緒の基礎レッスンだからよろしくね?」

茜「はいっ!」

美穂(茜ちゃん、なんだか小型犬みたいで可愛いなぁ)ピコピコ

茜「……」

美穂「ど、どうしたの? 顔に何か付いてた?」

茜「いえっ! 美穂ちゃんのそのピョンと伸びた髪がピョコピョコ動いているのが可愛くて見入ってしまいましたっ!!」

美穂「か、可愛っ!?」

茜「はいっ! 前から気になってたんですが、どうして美穂ちゃんはそんなに可愛いんですかっ!?」

美穂「え、えぇっ!? ……あ、茜ちゃんも可愛いよ!」


【デレマス】輝子「智絵里ちゃんたちとの、秋の一幕……」

1: ◆oCJZGVXoGI 2018/11/18(日) 19:19:54.69 ID:gy4oGQ320

SGC(シャイニングゴッドチェリー)のSSです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/18(日) 19:26:34.66 ID:gy4oGQ320

ガチャ
奈緒「おはようございまーっす」

輝子「あ、奈緒さん……。お、おはよう」

智絵里「奈緒ちゃんおはよう」

奈緒「なんだよ二人とも、並んでこたつに入って」

輝子「ど、読書の秋…フヒッ」

智絵里「プロデューサーさんのオススメを二人で見てるの」

奈緒「ふーん。あたしにも後で見せてくれよ」

智絵里「もちろんっ」

奈緒「んじゃあたしは比奈さんに借りたラノベでも読むか……」


【デレマス】智絵里「奈緒ちゃんたちとの秋の一幕」

1: ◆oCJZGVXoGI 2018/11/14(水) 17:27:04.84 ID:NzZ+Gdqd0

智絵里、奈緒、輝子によるユニット『シャイニングゴッドチェリー(SGC)』の短いSSです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 17:34:52.96 ID:NzZ+Gdqd0

カチャリ

智絵里「おはようございます…」

奈緒「うーす、おはよう智絵里」

輝子「お、おはよう智絵里ちゃん……」

智絵里「今日も寒いね」

奈緒「だなー。でもこれからもっと寒くなるから大変だよなー」

輝子「な、奈緒さんは……髪があるから、平気だろ? フヒッ」

奈緒「だーれが冬毛に換毛したって?」

輝子「そ、そこまでは言ってないぞ…」

智絵里「今よりもモフモフの奈緒ちゃん……見てみたいかも」

奈緒「だからしないって!」


柳瀬美由紀「新しい朝がいつものように始まる」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/28(火) 06:47:47.71 ID:AJfffS/S0

 こんにちは、あたし、柳瀬美由紀です! あたし、お父さんに東京にいる知り合いの所でお世話になりながら“けんぶん”を広めなさいって言われて1人で東京に来たの!
東京って人がたくさんいるからすぐに迷っちゃう! でね、お父さんの知り合いっていうのがアイドルのプロデューサーで住むところがアイドルの寮だったの。
そこに住んでる子たちはみんな可愛くって楽しそうだったの! あたしもそういう風になりたいから、プロデューサーさんにお願いしてアイドルにしてもらったの!


三好紗南「いつの日にかきっとまた」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 09:25:23.88 ID:bw/93GvP0

三好紗南ちゃんと柳瀬美由紀ちゃんが北海道旅行するお話です。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 09:26:14.71 ID:bw/93GvP0

2018年8月30日㈭
午後2時00分
○○プロ内某所


P「紗南、美由紀、2人に新しい仕事が決まったぞ!」

三好紗南「あたしたち2人に? どんな仕事?」

P「前に美由紀の地元にある旅館のゲームコーナーに行きたいって言ってただろ? それを知り合いのテレビ局の人に話したら興味を持ってくれてね」

柳瀬美由紀「もしかして北海道まで行くの?」

P「あぁ、その通りだ。まぁ急きょ決まった話で予算も人員も最低限だけどね」

紗南「それでもいいよ!」

美由紀「それで、いつ行くの?」

P「明日からだ」

紗南「明日!? いくら何でも急すぎない!?」

P「すまない、2人のスケジュールを同時に抑えるとなると明日からの2泊3日しか無いんだ」

美由紀「そっか、週が明けたら新学期だもんね」


ナターリア「ドロダンゴ?」P「おはぎだよ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/22(日) 12:44:44.84 ID:LKZGiYWe0

ナタ「プロデューサー、なんで事務所でドロダンゴ作ってるんダ?」

P「これは泥だんごじゃなくておはぎだよ」

ナタ「オハギ?」

葵「簡単に言うと、あんこでご飯を包んだものっちゃね! 1つ食べる?」

ナタ「つまりスシか!?」

P「寿司では無いなぁ。まぁおひとつどうぞ」

ナタ「頂きまーす! ……うまいナ!甘くてちょっとしょっぱくてムニムニしてるゾ!!」

葵「むにむにとは面白い表現だね! お気に召したようで何よりだよ!」