TOP > ◆pvi4t7el1QeD (12件)

真「ボクの織姫様」

1: ◆pvi4t7el1QeD 2018/07/07(土) 20:59:43.33 ID:UQMVajfD0

P「一時間後から撮影だ。それまでここで待ってくれ」

春香「はい!」

真「はーい!」

P「じゃ、後でな。俺はディレクターと打ち合わせしてくるから.....」


ガチャ


春香「......ふぅ、なんか急だったね今日の撮影が決まったの」

真「そうだね、もともとの女優さんと俳優さんが急遽出られなくなったところをプロデューサーが取ってくれたみたいだけど......」

春香「そうだったんだ......」

真「うん...... あ、あったかいお茶とかいる、春香?」

春香「あー、うん! じゃあもらおっかな......」

真「おっけー...... ボクは......水にしとこっかな......」

春香「......」


亜美「コーヒーぎゅーにゅー」 真美「亜美、雪降ってるよ! 見て!」

1: ◆pvi4t7el1QeD 2018/07/03(火) 21:57:13.89 ID:z87l+6G80

こんにちは、投下していきます

・765アイマスssです
・完全にif物となります。
・書き溜め済みです
・細心の注意を払いますが誤字脱字の場合脳内補完お願いします

以上の項目でお願いします


春香「真美ちゃん! 冬だね!」

の続きです


2: ◆pvi4t7el1QeD 2018/07/03(火) 21:58:05.08 ID:z87l+6G80

真美「うん、うん...... でもはるちゃんの家来るのに一時間ちょっとかかるの亜美も知ってるでしょ!」

春香「......」

真美「だから......いやだから大変とかじゃなくてさ。週末しか遊びたくても遊べないんだってー......」

春香「......」

真美「......だから家族との時はいっしょにいるじゃん!」

春香「......」

真美「あーうん、うん...... 来週? えっとその日もはるちゃんと......」

真美「いや、亜美とは学校とか、学校の後とか遊んでるっしょ」

春香「......」

真美「だからゆーかたちともいつでも遊べるじゃん! でもはるちゃんとは週末しか会えないんだよ!」

春香「......」

真美「わかったよ、再来週は遊ぶよ......」

真美「......え? そんなんじゃないよ! 仕方ないからでゆーかたちと遊ぶとかじゃないってば!」

春香「......」

真美「......あ、ごめん......どなっちゃって...... でも真美、はるちゃんともっと......」

春香「......」


春香「......」ギュ


「春香、そんなとこでどうしたの?」

春香「...えっ、あ、ううん! 何でもないの!」ダッ

「......? 寒いでしょ、こたつ入りなさい」

春香「......うん、そうだね......」

春香「......えへ...へ......お茶...冷めちゃった......」

春香「......」


春香「真美ちゃん! 冬だね!」

1: ◆pvi4t7el1QeD 2018/07/01(日) 22:30:51.87 ID:YvXprXq00

こんにちは、投下していきます

・765アイマスssです
・完全にif物となります。
・書き溜め済みです
・細心の注意を払いますが誤字脱字の場合脳内補完お願いします

以上の項目でお願いします


真美「はるちゃん! 冬だよ!」

の続きです


2: ◆pvi4t7el1QeD 2018/07/01(日) 22:31:21.71 ID:YvXprXq00

ピーンポーン



春香「いらっしゃーい! 真美ちゃん!」

真美「はるちゃん! めりーくりすます!」

春香「メリークリスマス!」


真美「はるちゃん! 冬だよ!」

1: ◆pvi4t7el1QeD 2018/06/30(土) 15:18:42.84 ID:M9Z3vKZ90

こんにちは、投下していきます

・765アイマスssです
・完全にif物となります。
・書き溜め済みです
・細心の注意を払いますが誤字脱字の場合脳内補完お願いします

以上の項目でお願いします

また

真美「おねーちゃん」

春香「お姉ちゃん」

亜美「コーヒーぎゅーにゅー」

真美「はるちゃん! 夏だよ!」

春香「真美ちゃん! 夏だね!」

亜美「コーヒーぎゅーにゅー」 真美「亜美、花火見ながら飲も!」

の続編です


2: ◆pvi4t7el1QeD 2018/06/30(土) 15:20:49.01 ID:M9Z3vKZ90

プルルルルルルル


「はい、天海です...... あ、真美ちゃん。久しぶりね......」

「うん、うん...... そうね。学校も始まって何かと忙しいものね...... えぇ......」

「でもこの間も遊んでくれたんでしょ? あの子喜んでたわよ......!」

「うん ......そうよ。あの子そういうところ恥ずかしがって言わない時あるから......」

「楽しそうに話してくれたから安心して...... ええ」

「あ、ごめんね話折っちゃって...... 用があるのよね?」

「分かったわ。ちょっと待っててね......!」



「春香ー、真美ちゃんから電話よ~!」


亜美「コーヒーぎゅーにゅー」 真美「亜美、花火見ながら飲も!」

1: ◆pvi4t7el1QeD 2018/06/15(金) 22:54:59.98 ID:c2uhk5c30

真美「はるちゃん! 夏だよ!」

春香「真美ちゃん! 夏だね!」

の続きとなります



こんにちは、投下していきます

・765アイマスssです
・完全にif物となります。
・書き溜め済みです
・細心の注意を払いますが誤字脱字の場合脳内補完お願いします

以上の項目でお願いします


2: ◆pvi4t7el1QeD 2018/06/15(金) 22:55:49.86 ID:c2uhk5c30

真美「......ぅぁ」パチ

春香「......くぅ......くぅ」

真美「......」ジー

真美「......んふ......♪」

春香「......くぅ......」

真美「......ん~」ギュー

春香「......んぅ......」

真美「んぅ~......!」ギュー

春香「んぷ......くぅ......」

真美「えへへ......」ギュウ

真美「......」

真美「......」ナデ

春香「くぅ......」

真美「......」ナデナデ

春香「くぅ......くぅ......」

真美「......」ナデナデ

春香「くぅ......」

真美「ふふ......」ナデナデ


春香「真美ちゃん! 夏だね!」

1: ◆pvi4t7el1QeD 2018/06/14(木) 20:55:50.17 ID:+gvQnNfQ0

真美「はるちゃん! 夏だよ!」の続きです


こんにちは、投下していきます

・765アイマスssです
・完全にif物となります。
・書き溜め済みです
・細心の注意を払いますが誤字脱字の場合脳内補完お願いします

以上の項目でお願いします


2: ◆pvi4t7el1QeD 2018/06/14(木) 20:56:51.79 ID:+gvQnNfQ0

春香「......」

春香「真美ちゃん大丈夫かな......?」

春香「......」

春香「......五分も遅れてる......」

春香「......まさか、何か事故に巻き込まれてたり......」

春香「......流石に考えすぎか...... たかが五分だもんね......」






真美「あ、はるちゃーん!」

春香「真美ちゃんっ!」ダキッ

真美「おふっ...... どしたのはるちゃん」

春香「真美ちゃんが遅れてるから...... 心配で......」

真美「そ、そっか...... ごめんね」

春香「うん......」ギュー

真美「えと...... あ、十分遅れちゃったのか......」

真美「十分......」

春香「......」ギュー

真美「......えへへ、ごめんね。次から気を付けるね」ギュー

春香「ううん。私に心配かけるのはいいの。でも事故とかに合わないように気を付けてね......?」

真美「......うん。わかった。ありがと......!」

春香「えへへ。じゃ、いこっか!」

真美「うん!」


真美「はるちゃん! 夏だよ!」

1: ◆pvi4t7el1QeD 2018/06/11(月) 17:59:21.48 ID:OW4RwFMp0

こんにちは、投下していきます

真美「おねーちゃん」

春香「お姉ちゃん」

の続きです


2: ◆pvi4t7el1QeD 2018/06/11(月) 18:00:56.56 ID:OW4RwFMp0

春香「あ、真美ちゃん!」

真美「はるちゃーん!」ダキッ

春香「おふっ...... 久しぶりだね、真美ちゃん......」

真美「うん、久しぶり!」

春香「ふふ......」ナデナデ

真美「えへへ~」ギュー


亜美「コーヒーぎゅーにゅー」

1: ◆pvi4t7el1QeD 2018/06/07(木) 12:18:25.77 ID:sFS851k00



2: ◆pvi4t7el1QeD 2018/06/07(木) 12:19:55.95 ID:sFS851k00

ガチャ

亜美「出た後はコーヒーぎゅうにゅーだかんね!」

真美「わかってるってば。ごめんね、真美、気づかなくて......」

亜美「もーその話は二人とも悪かったってなったじゃん」

真美「......そーだね......」

亜美「だから! この後いっしょに飲んでくれればいーよ!」

真美「......うん! もちろん! ......あっ、亜美こっち来て?」

亜美「うん? どったの?」

真美「髪洗ったげるよ」

亜美「え? いいよそんなん......」

真美「きのう、はるちゃんにやってもらって気持ちよかったから、亜美にもやったげる」

亜美「......じゃあさ」

真美「うん?」

亜美「それ終わったら今度は亜美が真美の髪洗う番ね?」

真美「......え?」

亜美「それでいーならいーよ」

真美「......うん、わかった。お願いね亜美!」

亜美「おっけー! じゃあ先に頼むね!」

真美「あいあいさー!」


春香「お姉ちゃん」

1: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 13:54:48.61 ID:cGQkE8Cp0

こんにちは、投下します

真美「おねーちゃん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527649979/ の続きとなります

・765アイマスssです
・完全にif物となります
・書き溜め済みです
・細心の注意を払いますが誤字脱字の場合脳内補完お願いします

以上の項目でお願いします


2: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/31(木) 13:57:28.49 ID:cGQkE8Cp0

真美「はぁっ、はぁっ!」タッタッタッタッ

真美「亜美が悪いのに......はぁっ」

真美「おかーさんなんて...... 嫌い......」

真美「はぁっ、はぁっ......」

真美「大っ嫌い......!」

真美「亜美も......大っ嫌いっ!」

真美「なんであんな言い方......」

真美「はぁ......はぁ......」タッタッ

真美「春香ちゃんのこと...... 変なんて......」

真美「春香ちゃん......」

_____________________________________________________


   春香「どうしたらいいかわからなくなったり、辛くなっちゃたら私のところに電話してね......」

   春香「絶対だよ?」

_____________________________________________________

真美「はぁっ、はぁっ......」

真美「春香ちゃん......!」

真美「はぁ......はぁ......」チャリンチャリン

真美「はぁ......」プルルルル


ガチャ


春香「......はい、もしもし?」


真美「おねーちゃん」

1: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/30(水) 12:12:59.33 ID:Z+fwXdyD0

こんにちは、投下していきます

・765アイマスssです
・完全にif物となります。
・書き溜め済みです
・細心の注意を払いますが誤字脱字の場合脳内補完お願いします

以上の項目でお願いします


2: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/30(水) 12:14:00.49 ID:Z+fwXdyD0

真美「亜美、それ真美のだよ! やめてよー!」

亜美「えへ、早いもの勝ちだよー!」

真美「っ! やめてっての!」

亜美「もう食べちゃった」

真美「亜美~!」

「こら、二人とも、仲良くしなさい!」

真美「でもおかーさん、亜美が......」

「真美、あなたもお姉ちゃんなんだから我慢も覚えないとダメよ......」

真美「......亜美だってほとんど変わらないじゃん......」

亜美「そうだよー、真美はお姉ちゃんする気あるのー?」

真美「っ!!」

「ほら、はい仲直り......ね?」

亜美「はいはい大丈夫だよおかーさーん、真美だって分かってるよ~、ね、真美?」

真美「......うん、分かってるよ」

亜美「あれ? どこ行くの真美?」

真美「ちょっと......」

亜美「亜美も付いてっていい?」

真美「ごめん、ちょっと......」

亜美「真美......?」


亜美「みんなで!」 真美「スイッチ!」

1: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/22(火) 18:58:47.25 ID:q/tAe5UT0

亜美、真美、お誕生日おめでとう!!

・タイトル通り亜美真美ssです。
・書き溜めしてます
・長編です

以上の項目でお願いします


2: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/22(火) 19:00:22.47 ID:q/tAe5UT0

小鳥「......んー、懐かしいわねぇ、これ......」

亜美「ピヨちゃん仕事もせずに何見てるのー?」

真美「ピヨちゃんは変わりませんなぁ......」

小鳥「二人とも、私だって成長してるのよ。今日は書類の半分も終わっているんだから...... あ」

真美「あ?」

亜美「み?」

「小鳥さん? 成長していると言いたいなら、ノルマの半分くらいをこなしてからにしてくれませんかね......」

亜美「げ、律っちゃん......」

真美「よくもわるくもいいタイミングで来るよね、律っちゃん」

小鳥「い、い、いまやりますぅ......」

真美「雪ぴょんみたいになっちゃってるよ、ピヨちゃん......」

亜美「律っちゃんこれなになに?」

律子「ん? ......これっておとうさんスイッチですよね」

小鳥「はい、たまたま見つけたんです。懐かしくって」

律子「あんたたちはちょうど知らないくらいなのね、これ。もし知りたいなら小鳥さんに見せてもらいなさい」

小鳥「ぴよっ!?」

亜美真美「「ピヨちゃんできるの~!?」」

小鳥「り、律子さん......」

律子「これに懲りたら次からちゃんと仕事してくださいね」ソレジャ


千早「春香のせい」

1: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/12(土) 17:45:18.12 ID:vuGdqAF/0

初投稿です。
至らぬ点ありますでしょうが、その時は教えていただくと助かります

・書き溜め済みです
・アイマスssです
・少し百合百合しいかもしれません、嫌な人は戻る推奨

以上の項目でよろしくお願いします。


2: ◆pvi4t7el1QeD 2018/05/12(土) 17:46:31.40 ID:vuGdqAF/0

春香「えへへ、ただいま〜」

千早「ただいま」

春香「おかえり、千早ちゃん!」

千早「春香におかえりを言われるのも、もう慣れてしまったわ......」

春香「いいものでしょ? 誰かに迎えられるのって」

千早「......そうね」

春香「ところでさ......」

千早「何かしら?」

春香「私はまだ慣れてないんだけどなぁ、おかえり言われるの......」

千早「......」

春香「のワの」

千早「......本当に今日の春香は甘えたね......」

春香「い、いいじゃん別に私が甘えたっt」
千早「おかえり、春香」

春香「......ただいま、千早ちゃん!//」