TOP > ◆t6XRmXGL7/QM (8件)

私「みじゅき!みじゅき!んまんま!」

1: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/05/13(日) 18:47:34.81 ID:aGGHr0IH0

モバマスSS
みじゅきいいいいいいいいあああああああああ


2: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/05/13(日) 18:47:59.59 ID:aGGHr0IH0

私「みじゅき!」

瑞樹「はいはい、なあに」

私「んまんま!」

瑞樹「おっぱい欲しいの?」

私「No!」

瑞樹「じゃあどうしたの」

私「んまんま!」

瑞樹「チュー?チューなの?」

私「んまんま!」

瑞樹「はいはい。ちゅー」

私「んーまっ」

瑞樹「もう、舌まで入れてきて」

私「きゃっきゃ」


大槻唯「ハイハイ、ハロー!"女子"はどう?」

1: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/05/08(火) 22:39:22.43 ID:tu/zo74d0

モバマスSS
ガチレズ唯ちゃんがアイドルを食べまくっていくSS
わいだん事務所←超重要
唯ちゃんが複数人食っていきます


2: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/05/08(火) 22:39:57.31 ID:tu/zo74d0

はろー☆アタシは大槻唯!ゆいって呼んでね!
ゆいはキャンディが大好き!いつもペロペロしてるよ!
それと女の子が大好き!いつもペロペロしたいな!
アイドル事務所ってすごいよね!見渡す限り女の子、女の子、女の子!
女の子天国なんだもーん!

事務所にスカウトされた時はワクワクしちゃった!だって、アイドル事務所って言ったら、可愛いとびっきりの女の子がわんさかいるってことだもんね!
もちろんゆいはホイホイついてきちゃった☆

でもゆいってちょっとオクテだから……可愛い女の子を目の前にしちゃうとついつい淑女になっちゃって。
結局今まで誰にもアタックかけられてないんだよね。はぁ。

……でも変わらなきゃって思って。今日から気になった娘にアタックかけていくことにしたんだ!

ムラムラも限界だったしね!


乙倉悠貴「見られてカイカン♡エロエロピンク♡」

1: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/05/01(火) 22:46:41.90 ID:cTGVvYM60

モバマスSS
野外露出
一応わいだん事務所だけどわいだん要素なし
短い


2: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/05/01(火) 22:47:34.80 ID:cTGVvYM60

春は素晴らしい。なんといったって、寒くないし、暑くもないから。
春の夜風が素肌に気持ちいい。冬の厳しい寒さと違って、自然な冷たさが火照った肌を適度に冷やしてくれるし、
乾燥しすぎない空気がじっとり汗ばんだ肌を守ってくれる。
一糸纏わない今の私の服は、この大いなる大気なのだから。

「……ふぅっ♡」

興奮に思わず声が出る。私は両親が寝静まったのを見計らって、全裸にいつものスニーカーで家を出ました。
街灯だけが照らしている夜道は、私だけの舞台。
私はその住宅地の道を、全裸にスニーカーでランニングするのが趣味になってしまいました。
詳細な経緯は省きます。パンツの替えを忘れてノーパンで学校から帰った時に興奮したのに気づき、
そこからノーパンで、ノーブラで……とやっていくうちに、夜中に全裸でいないと物足りなくなってしまったのです。


私「やだやだやだやだみじゅきのぱいぱいちゅっちゅすゆ~~~!!!!!!」

1: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/04/16(月) 22:23:43.36 ID:o4U58VtEO

モバマスSS
んみじゅうううううう!!!


2: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/04/16(月) 22:24:05.58 ID:o4U58VtEO

私「みじゅき!」

私「んみじゅみじゅ!」

私「みじゅじゅみじゅ!」

私「ぱいぱい!!」


志希「にゃはは♪桜の木に陰毛が生えるようにしたよ~♪」

1: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/04/07(土) 17:31:10.45 ID:5E9d1a93O

モバマスSS
わいだん事務所
花見の季節にふさわしいSSを


5: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/04/07(土) 20:15:58.21 ID:5E9d1a93O

奈緒「なるほど、天才は天才だったか。さすがアル毛ミスト」

志希「にゃはは、それほどでも~♪」

奈緒「何を使ったんだ?」

志希「ん~?『インモーヤーン』をブワーっと」

奈緒「命名者がありありとわかる」

志希「ねえねえ、それよりどーお?この景色」

奈緒「黒々とした陰毛の吹雪が舞ってて最高としか言いようがない」

志希「それは何より♪」

奈緒「やっぱあたしは桜の花よりも陰毛だな!」

志希「花びらのがくから縮れの陰毛……んふふ、我ながら偉大なことをしたにゃ~♪」

奈緒「お毛見でもするか!」

志希「さんせ~♪」


橘ありす「陽の当たる」双葉杏「場所に」

1: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/03/19(月) 12:43:56.90 ID:36Jys4NGO

モバマスSS
ハチャメチャに短いのでさくさくっと読める
わいだん事務所


2: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/03/19(月) 12:44:18.38 ID:36Jys4NGO

陰毛、陰毛、ああ陰毛よ。あなたはどうして陰毛なの。
大切な場所に生えているのに、どうして「陰」の字が付くの。

陰毛、陰毛、ああ陰毛よ。あなたはどうして陰毛なの。
一番活躍している毛なのに、どうして陰に追いやられてしまったの。

陰毛、陰毛、ああ陰毛よ。あなたはどうして陰毛なの。
人間が一番感謝しなきゃいけない毛なのに、どうして蔑ろにされているの。


陰毛を陽のあたる場所へ。
私はそう決心した。


市原仁奈「キンタマがいてーのでごぜーますか?」【ちょっと分岐あり】

4: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/02/03(土) 00:17:12.55 ID:TStew1jMO

モバマスSS
仁奈ちゃんにキンタマって言わせたいだけのSS
さくっと読める


5: ◆t6XRmXGL7/QM 2018/02/03(土) 00:18:17.99 ID:TStew1jMO

モバP「そう……すっごい痛い……」

仁奈「うーん……キンタマが痛いのですか……こまったですね」

P「おかげでちょっと……立てないんだ……」

仁奈「プロデューサー、すごく痛そうでやがります……」

P「うぅ……」

仁奈「どうしよう……仁奈にキンタマはねーですし……」

仁奈「そうだ!」


この仁奈ちゃんは天使?悪魔?
直下指示↓
【天使】or【悪魔】での受付です。


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 00:21:09.45 ID:F9EylxnD0

天使


モバP「反省文」

1: ◆t6XRmXGL7/QM 2017/12/20(水) 00:24:17.17 ID:wOuefSrw0

モバマスSS
反省文
結構どうしようもないタイプのわいだん事務所


2: ◆t6XRmXGL7/QM 2017/12/20(水) 00:25:04.38 ID:wOuefSrw0

この度は事務所で自慰行為に耽ってしまい誠に申し訳ありませんでした。
私が事務所で自慰行為をしたきっかけは市原さんの新しい衣装に欲情したためです。
我慢ができませんでした。あのひらひらからチラチラと覗く、意外と健康的な、それでいて白い柔肌が私の劣情をどうしようもなく煽り立てました。
だってずるいんですよ、仁奈さん。普段はあんなに天真爛漫で無邪気な子なのに、衣装一つであんなにどうしようもなく女になってしまうんですもの。
ずるいですよ。ずるい。
そういうわけで私は自慰に及びました。人目の確認を怠ったのは私のミスでしょう。それは反省しています。
人の自慰などは一般的に見ていて気持ちのいいものではないでしょうからね。申し訳ありませんでした。
ちなみに私は人の自慰を見るのがたまらなく好きです。一人で耽る女の姿は美しい。ちひろさんもそう思いませんか。

結論を申し上げると、反省はしていませんし後悔もしていません。見られていると知って逆に興奮しました。
今晩は寝られなさそうです。この反省文を書いてる今も興奮が冷めません。

橘ありす