TOP > ◆ukgSfceGys (19件)

塩見周子「Everything(It's you)」

1: ◆ukgSfceGys 2019/07/09(火) 19:29:28.01 ID:Y0XQqU7d0

モバマスSS。地の文風味。
ミスチルの同曲をモチーフとした既婚者Pと周子のお話です。
次から投稿していきます


2: ◆ukgSfceGys 2019/07/09(火) 19:30:07.86 ID:Y0XQqU7d0

 ──何を犠牲にしても守るべきものがあるとして。
 あたしにとって今、貴方がそれにあたると思うんだよ。

 愛すべき人よ、貴方に会いたい。
 例えばこれが恋とは違くても──


 あたしが愛した人はあたしのプロデューサーだった。
 そして、その人の左手の薬指には──

 ──キラキラと輝く指輪がもう既に嵌っていたのだった。


加蓮「カミサマなんて信じない」

1: ◆ukgSfceGys 2019/06/18(火) 21:17:29.88 ID:tLeGcQVf0

モバマスSS。地の文形式。
公式と若干違う設定&過去捏造があるので注意。
次から投稿していきます。


2: ◆ukgSfceGys 2019/06/18(火) 21:18:53.17 ID:tLeGcQVf0

◆◇◆

──だが神は死んだ!(フリードリヒ・ニーチェ 1844 - 1900)


一ノ瀬志希「キミという特効薬」

1: ◆ukgSfceGys 2019/05/30(木) 18:39:51.08 ID:iq2qlvhK0

モバマスSS。地の文形式。
一ノ瀬志希「一ノ瀬志希という偽薬」
(https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1543050313/)の後日譚となります。
また志希「Happy Birth」
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527606687/)の設定を引き継いでます。

乙女志希にゃん&砂糖成分過多注意。
それでは次から投稿していきます。


2: ◆ukgSfceGys 2019/05/30(木) 18:40:33.13 ID:iq2qlvhK0

◆◇◆

 ブーブー

 そんな携帯の着信音があたしを夢の世界から現実へと引き戻す。
 すぐに音が止んだから恐らくメッセージが来たのだろう。

 寝惚けまなこで携帯の在処を探る。二、三回空振りして、ようやく手に入れることができた。
 電源を押すと画面に表示される時刻。仕事なら起きるには良い時間だが、昼まで惰眠を貪る予定のオフには早すぎる時間。

 一瞬そのまま閉じて二度寝しようかと考える。しかし通知欄の送信者が目に入った途端、一気に意識が覚醒された。

『元気か、志希? そっちの時間では今は朝か? おはよう』

 そんな挨拶から始まるメッセージ。単なる文字の羅列なのに何故か心がジワっと暖かくなる。

『こっちはそこそこ元気にやっている。厳しい上司にビシバシと鍛えられてるが、あの自由奔放なギフテッドと一緒にいた頃に比べれば、まぁ大したことはないさ』

 ふふっ、なにそれ~。志希ちゃんはそんなに手間がかかる子だったって言いたいのかな?
 まぁ、どうせキミのことだ。大方、あたしを心配させないために、わざとおどけてるんだと思う。
 手間がかかる子だったのは否定しないけど。

『そういや、お前の活躍はこっちでも見ているよ。また一段と腕を上げたんじゃないか? 流石志希だな。帰るのはまだまだ先だけど、俺が帰るまでそのまま活躍してくれてると嬉しい』

 あ、ちゃんと見てくれてるんだ。ホントは目まぐるしいくらい忙しいだろうに。
 でも、遠くの場所にいてもあたしを見てくれている、という事実を認識すると、途端にたまらなく嬉しくなる。

 他にも何か書いてないかとスッ、スッ、と画面をスクロールするがここで止まる。どうやら次が最後の一行らしい。

『それと、誕生日おめでとう、志希。直接祝ってやれなくて、すまない……』


千夜「おい、お前」モバP「ん?なんだ?」

1: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:23:06 ID:CHa

モバマスSS、台本形式
千夜&イベコミュのネタバレ注意、砂糖成分多目注意
(解釈違いだったら)すまんな


2: ◆ukgSfceGys 2019/03/10(日)13:23:43 ID:CHa

◆◇◆

千夜「あなたは……アイドルプロデューサー?」

モバP「えぇ、そうです」


千夜「お嬢さまから『ここへ行け』と言われたと思ったら……。まさかこんなところとは……」

モバP(以下P)「先ほども説明いたしましたが、ここはアイドルのオーディション会場です。どうです?アイドルになりませんか?」

千夜「……お話は分かりました。では、アイドルのお仕事、承ります」

P「え?いいのですか?」

千夜「意外に思われるでしょうが、これも戯れでしょう。なら、つきあうのみです」

P「戯れでもなんでも構いませんよ。有望なアイドルの原石が転がっているなら、是が非でも拾いに行きます」

千夜「私にそんなこと言うなんて、アイドルのオーディションというものは形式的なものなのですね」

P「いや、そういうわけでは……」

千夜「まぁいいです。今後についての詳細は別途連絡してください。では」バタン

P「……」

P「"お嬢さま"に負けず劣らず、良いアイドルになると思うんだけどなぁ……」


志希「やっほープロデューサー」 志希P「なにウチに来てんだよ、家に帰れよ」

1: ◆ukgSfceGys 2018/12/29(土)11:27:50 ID:cmP

モバマスSSです。台本形式。
昨年末に書いた以下のSSの志希バージョンです。
翌年&別P設定ですが、これ単独で読んでも問題ないです

周子「やっほーPさん」モバP「なにウチに来てんだよ、寮に帰れよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514538474/

次から投稿していきます


2: ◆ukgSfceGys 2018/12/29(土)11:28:26 ID:cmP

志希P(以下P)(今日は1年の締めくくりの日である大晦日)

P(年末年始の仕事にも限りがある。事務所内での割り振りも考慮し、俺とその担当アイドルは年末年始をオフにした)

P(盆も暮れも関係ない芸能界。だからこそ、貴重な機会である今年はゆっくりと年明けを迎えようとしたんだが……)

志希「いやー、コタツはやっぱり良いねぇ……。あたしのラボにはなくってさ~」

P「……」

志希「アメリカにいた時も勿論コタツなんて無くってさ。日本に帰ってきてから改めて入ってみたら、まさかこんな良い物だとはね……」

P「……」

志希「え? 設置すればいいだろって? それも考えたんだけど買う手間やら置く手間やら考えたら、めんどくさくなっちゃってね~」

P「……」

志希「というか実験器具が沢山あって置くスペースないし。やっぱこうやって他人のコタツに入るのが一番だよね~」

P「……おい」

志希「ん? なに?」

P「なにウチに来てんだよ、自宅に帰れよ」


モバP「家出娘と傾いた天秤」

1: ◆ukgSfceGys 2018/12/12(水)18:01:28 ID:p73

速報が復帰しないのでまたこちらにお邪魔します。
モバマスSS、地の分形式。周子のスカウト話です。
次から投稿していきます。


2: ◆ukgSfceGys 2018/12/12(水)18:01:54 ID:p73

=========

「Pさんはさ、あたしがアイドルになって嬉しい?」

「そりゃ嬉しいさ、周子ならすぐに売れるだろうからな。テレビ出演やCDデビューも夢じゃない。こんな金の卵を担当できるなんて嬉しい限りだ」

「そ。ならいいけど」

「頼んだぞ、事務所の運命はお前にかかっている」

「任せとき、後悔させてあげるよ」

 私物を一つずつダンボールに詰めながら周子はそんなことを言う。
 後悔させる? 後悔させないの間違いじゃないか? そう周子に問いかける。

「わかってないねー、Pさんはあたしにひどいことしたんだよ?」

 そんな言葉に似合わず、顔は微笑みを浮かべてる周子。思わず惚れそうになる笑みを携えたまま周子はあっさりとこんな言葉を口にした。


「あたしがどんなに売れっ子アイドルになっても、もう結婚なんかしてあげないよ」


=========


一ノ瀬志希「一ノ瀬志希という偽薬」

1: ◆ukgSfceGys 2018/11/24(土)18:05:15 ID:pRI

速報がバグっているのでこちらにきました。
モバマスSS。地の文風味。
乙女志希ちゃん、ご都合主義注意。

次から投稿していきます。


2: ◆ukgSfceGys 2018/11/24(土)18:06:12 ID:pRI

【第1問】
 この湯気の出てる珈琲を飲み干せ。
 ただしこの珈琲は志希が淹れたものとする。


塩見周子「何かが始まる予感」

1: ◆ukgSfceGys 2018/08/16(木) 21:21:52.32 ID:dMSTkW/G0

モバマスSS、地の分風味。短め。
お題メーカー的なものを使ったら思いついたので。
次から投稿していきます。


2: ◆ukgSfceGys 2018/08/16(木) 21:22:57.26 ID:dMSTkW/G0

最初は何とも思っていなかった。


家出して途方にくれる中に出会った時も。
その流れでアイドルにスカウトされた時も。
実情を話しその日の宿がないと言った時も。
『ホテルがどこも空いてないから』という理由で家に泊めてもらった時も。


そして本当にアイドルになれた時も。
『スカウトしたから』という単純な理由であたしのプロデューサーになってくれた時も。
無事にデビューが出来て褒めてくれた時も。
お礼を言ったら「周子は元が良いからな、流石だよ」と褒めてくれた時も。


別に何とも思っていなかった。


一ノ瀬志希「隅田川夏恋歌」

1: ◆ukgSfceGys 2018/07/29(日) 11:15:26.28 ID:SMy+o0J20

隅田川花火大会記念(?)SS 地の文風味
とある曲をモチーフにしてます
次から投稿していきます


2: ◆ukgSfceGys 2018/07/29(日) 11:17:03.48 ID:SMy+o0J20

──あたしは昔から変な子だったんだよね
 王子様より博士の方がドキドキしたし、リボンより試験管の方がワクワクするような子だった。

 そんな変な子だったからフツウの子がやるようなことを色々すっ飛ばしてきたんだよね。

 例えば義務教育とか学校行事とか青春とか
 例えば花見とかキャンプとか雪合戦とか

 例えば大好きな人と行く花火大会とか

 そんな志希ちゃんだからこそ、今月末に隅田川で開催される花火大会の事なんて頭の片隅にすら残ってなかった。
 散々メディアでも宣伝されてたけど、あんなのフツウの人たちがやる最たるものだと思ったからね。

 フツウの子がやるようなことを、フツウじゃない子がやるなんて似合わない。
 だからそんなの頭の中から追い出してた。

 そう、当日キミに誘われるまでは──


楓「Take Me Out to the Ball Game」

1: ◆ukgSfceGys 2018/07/01(日) 20:59:36.61 ID:lkdpMZAb0

モバマスSS。台本形式
楓さんが野球観戦という名目で酒を飲みまくるお話です
楓さんは初めて書くので口調とか間違ってても生暖かい目で見てやってください

次から投稿していきます


2: ◆ukgSfceGys 2018/07/01(日) 21:01:31.13 ID:lkdpMZAb0

◆1イニング目

楓(変装中)(ふぅ……今日はこれでお仕事は終わり。あとは事務所に戻るだけ)

楓(夕方前に終わるなんて珍しい……プロデューサーを飲みにでも誘おうかしら)

♪~Take me out to the ball game
♪~Take me out with the crowd

楓(あら、これ事務所のあの娘が出てるCMね。良い出来上がりじゃない)

楓(コマーシャルに出てるなんて困ーしゃる。……うーん、いまいちだわ)

楓(でもこの曲初めて聞いたわ。なんて曲なのかしら……?)


志希「Happy Birth」

1: ◆ukgSfceGys 2018/05/30(水) 00:11:28.07 ID:eZKs16d50

モバマスSS、志希誕生日記念SS。台本形式(一部字の文あり)
次から投稿していきます


2: ◆ukgSfceGys 2018/05/30(水) 00:12:22.76 ID:eZKs16d50

◆◇◆

『♪~ハッピー・バースディ・トゥ・ユー』

『♪~ハッピー・バースディ・トゥ・ユー』

『♪~ハッピー・バースディ・ディア・志希』

『♪~ハッピー・バースディ・トゥ・ユー』

『志希、誕生日おめでとう』

しき「ありがとうダディー!しき、うれしいよ!」

『それは良かった。さ、ケーキでも食べようか』

しき「けーき?」

『あ、もしかして初めてか。誕生日はね、ケーキというお菓子でお祝いするんだ。こんな風にね』

しき「わぁ……でっかい!それにとってもあまそう!これ、たべていいの?」

『もちろん、今日は特別な日だからね』

しき「わーい!うれしー!」

『志希』

しき「ん?なにー?」

『改めて、誕生日おめでとう』


名無しのプロデューサー「我らウサミン応援隊!」

1: ◆ukgSfceGys 2018/05/26(土) 17:16:01.79 ID:SB9m3LlMO

菜々さんCG記念のモバマスSS。某掲示板形式注意
菜々さんを応援するモバマス世界の俺たちのお話です
なおアイドル達は直接は出てこない模様

次から投稿していきます


周子「嘘つき達の昼飯前」

1: ◆ukgSfceGys 2018/04/01(日) 11:29:17.92 ID:NJ/GQWD60

モバマスSS、台本形式です
エイプリルフール記念(?)ということで周子とPの嘘つくお話です
次から投稿していきます


2: ◆ukgSfceGys 2018/04/01(日) 11:30:23.13 ID:NJ/GQWD60

周子「……」グデー

モバP(以下P)「……」カタカタ

周子「…………」グデー

P「…………」カタカタ

周子「……Pさん構ってよー。折角早起きして午前中に来たのに暇でしょうがないよ。これじゃあ三文どころかちっとも得しないし」

P「仕事は夕方からだっていうのに、スケジュールを間違えたお前が悪いんだろうが」

周子「あー、そういうこと言う?!そんなこと言うPさんなんてキライ!」

P「」


みく「忙しいけど猫チャンと触れ合いたいにゃあ……」

1: ◆ukgSfceGys 2018/02/22(木) 21:15:39.92 ID:/BOGgI/ZO

モバマスSS、みくにゃん誕生日記念
みくメインのオムニバス形式です。
オムニバス形式初めてなので口調間違いなどあったらすいません…
次から投稿していきます。


2: ◆ukgSfceGys 2018/02/22(木) 21:17:49.18 ID:/BOGgI/ZO

みく「おはよー……ございまーす……」

モバP(以下P)「おはよう、みく。……ってなんかあんま元気ないな」

みく「正直言うとちょっと疲れてるにゃ……最近のスケジュールはハード過ぎにゃ……」

P「あー……すまんな……。これでも調整はしてる方なんだが、いかんせんここのところ良い話が多くてな……」

みく「……んーん、かまわないにゃ。お仕事が沢山あるってことはそれだけ人気があるって事だしね!」

P「すまない……もう少ししたらまとまった休みを入れるから」

みく「ありがとうPチャン!でも忙しくて最近猫カフェに行けてないのだけが心残りにゃ……次のオフまでお預けかにゃあ……?」コトッ

P「気持ちはわかるが事務所来る度に猫耳を持って来るのはやめなさい。そろそろ俺の机の周りが猫耳で埋もれて、なにか儀式めいた状態になってるから」

みく「あー……こうしてたら猫チャン召喚できないかにゃー……?」

P「おーい、みくー?帰ってこーい!目の焦点が合ってないぞー」ユサユサ

アーニャ、のあ「「……」」ジー


塩見周子「やめられない想い」

1: ◆ukgSfceGys 2018/02/14(水) 00:01:17.61 ID:cTyrMDE/0

モバマスSS。バレンタインSSです。多分N番煎じ。
短いですが、次から投下してきます。


2: ◆ukgSfceGys 2018/02/14(水) 00:02:47.70 ID:cTyrMDE/0

周子「あ、いたいた。Pさん、夜遅くまでお疲れー」

モバP(以下P)「お、周子か。こんな遅くにどうした……って凄い量のチョコだな……!」

周子「いーでしょー♪友チョコの成果だよー!」

P「あー友チョコか。周子はチョコ作ったのか?」

周子「いや、あたしは実家の八つ橋を配ったんだー。それでこんなに美味しそうなチョコを沢山貰えるなんてすばらしい文化だよね!」


周子「やっほーPさん」モバP「なにウチに来てんだよ、寮に帰れよ」

1: ◆ukgSfceGys 2017/12/29(金) 18:07:54.80 ID:BfWnjE85O

モバマスSSです
周子の年越しSSが欲しかったけど、なかなかなかったから自給自足したよ!
次から少しずつマッタリ投稿していきます


2: ◆ukgSfceGys 2017/12/29(金) 18:10:24.76 ID:BfWnjE85O

モバP(以下P)(今日は1年の締めくくりの日である大晦日)

P(年末年始の仕事にも限りがある。事務所内での割り振りも考慮し、俺とその担当アイドルは年末年始をオフにした)

P(盆も暮れも関係ない芸能界。だからこそ、貴重な機会である今年はゆっくりと年明けを迎えようとしたんだが……)

周子「いやーこたつはやっぱり良いねぇ……寮にはなくってさー」

P「……」

周子「寮のロビーへの設置は『似合わない』の一言で却下されちゃったんだよねー……ひどい話だと思わない?」

P「……」

周子「個人用に買って部屋に置くのも考えたけど、一人だけで入るのもなんか違うしねー」

P「……おい」

周子「ん?なに?」

P「なにウチに来てんだよ、寮に帰れよ」

周子「えー」


周子「あたしの魔法使いさん」

1: ◆ukgSfceGys 2017/12/12(火) 01:04:15.67 ID:80fZfBBj0

周子誕生日記念&ジュエルドノエル実装記念のモバマスSS、地の文ありの周子とそのプロデューサーのお話
若干ジュエルドノエルのネタバレも含むので念のため注意
しゅーこかわいいよ、しゅーこ

次から投稿していきます


2: ◆ukgSfceGys 2017/12/12(火) 01:05:50.33 ID:80fZfBBj0

――暗くなった事務所
あれほど賑やかに開催された誕生日パーティの熱ももうすっかり冷めてしまっている。
にも関わらず今日の主役であるあたしは1人ポツンと手持ち無沙汰にしていた。

こうして待ち続けてどれくらい経ったのだろうか?
もうそろそろ時計の長針と短針が真上を向いて重なり合おうとした時に一人の男がやっとあたしの前に現れた。

「――遅れて本当にすまない!」

男は目の前に現れるなり平謝りしだした。

一切言い訳をせずに謝罪から始めたことには一定の評価をしよう。

そしてまるで100m走の後のように肩で息をして、冬なのに汗だくな姿をみれば、全速力で間に合わせてきたこともわかる。

またそんな状態なのに謝罪したまま頭を上げない姿勢や仕事でも見たことがない申し訳なさ漂う雰囲気を見れば、彼の心中は自ずとも察することができる。

ただ、折角の今日という日なのにその手に荷物が全く見当たらないのはどうなのさ?


志希「ねーねーこれ飲んでー」モバP「んぐっ?!」

1: ◆ukgSfceGys 2017/10/29(日) 22:39:13.50 ID:llxBPK6l0

モバマスSS、書き溜めあり
不器用志希ちゃんとそのPとのおクスリ大実験。砂糖多め注意
次から投稿してきます


2: ◆ukgSfceGys 2017/10/29(日) 22:39:54.69 ID:llxBPK6l0

モバP(以下P)「ゴホッ……いきなり何飲ますんだよ、むせちまったじゃねーか」

志希「これはね~頭を撫でたくなるおクスリだよ~」

P「これが?」

志希「うん、即効性があるからそろそろ効いてくると思うよ」

P「この液体にそんな効果が?」

志希「そろそろ撫でたくなってきた~?」

P「えっ?いや……特にそんなことはないな」

志希「そろそろ撫でたくなってきた~?」

P「だってこれ、無味無臭だっt…」

志希「そろそろ撫でたくなってきた~?」

P「というかこれ、ただのみz…」

志希「そろそろ撫でたくなってきた~?」

P「……」

志希「そろそろ撫でたくなってきた~?」

P「……」

志希「……そろそろ……撫でたくなってきた……?」

P「……」

志希「……」


モバP「ありすー」ありす「橘です!」

1: ◆ukgSfceGys 2017/10/12(木) 23:25:24.81 ID:H2ywSMRD0

(多分)N番煎じネタのモバマスSS
デレスレ恒常ありすのかわいいさについやられてしまった
後悔も反省もしてない

次から投稿していきます


2: ◆ukgSfceGys 2017/10/12(木) 23:25:43.23 ID:H2ywSMRD0

モバP「橘さん?」

ありす「はい、橘です」