TOP > ◆yIMyWm13ls (2件)

橘ありす「人生の墓場へようこそ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 23:29:03.43 ID:YLTvfUA9o

モバマスSSです。
地の分を含むのでご注意ください。
更新不定期。
(たぶん)長くならない。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 23:30:57.91 ID:YLTvfUA90

   《モバP「長年の相棒って言葉、絆で固く結ばれてるみたいでいいよな」》



 ◇

暖かな、というよりはもはや攻撃的にまで見えるような。

燦燦と降り注ぐ太陽光。
季節は六月頭にして、すでに冷房フル稼働なくして我が身の明日はないような状態。

「儂も、もはやここまでか」

外を出歩く気すら起きない。
この現代の乾いた砂漠は俺の身体には余りにも厳しい環境だ。

「若いのになに言ってんですか。というか、儂とかとってつけたような老人アピールは安易だと思います」

一人、黄昏ながら忌まわしき太陽に焼かれる地上を眺めていると不機嫌そうな声が投げつけられた。

「……ありすか」

声の主へと視線を向ける。

タブレットを抱えるようにして持っていた綺麗な黒髪を背中で纏めた小さな女の子。
と、そんな姿が一瞬瞼に浮かんで、まばたきと同時に掻き消えた。

掻き消えた幻の先。
そこに居るのは、握っているシャープペンシルのペン先を人差し指と中指で弄ぶ、これまた少女。

事務所の中央にある丸机の上に広げられたテキストに向き合っていた彼女は胡乱げな視線をこちらに寄越してくる。

「……現役女子高生に若さを諭されるの納得いかないんだけど」

「事実ですし」

一瞬垣間見えた、かつての幻影よりもすらっと背丈を伸ばし、表情を柔らかくした少女。
高校生になった、橘ありすの姿がそこに在る。


モバP「あべこべとか美醜逆転とか、いろいろ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/12(日) 16:57:30.49 ID:PAb0ZZtSo

モバマスSSです。
あたまおかしいのでご注意ください。
更新不定期。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/12(日) 16:58:24.31 ID:PAb0ZZtSo

 ◇

もしもひとつだけ。
ひとつだけ俺の人生に於ける大きな失敗を挙げるならば、それはきっと”扉”を見つけてしまったことかもしれない。

仕事終わりの帰り道。太陽は既に落ち、チカチカと頼りなく街頭は点滅している。
寂れた商店街から少し外れた路地裏から放たれた一瞬の輝き。

それは、ちょっとした好奇心だった。
導かれるように向かった先にあったのは扉だった。

敢えて言うならば全てが鏡で作られた”どこ○もドア”。
どこかへ繋がる訳でもなく、ただその扉は俺の姿をクッキリと映し出していた。
たいして人気のない中華料理店の室外機の側にそれは屹立していた。

「なんだこれ、そもそもノブ回るのかよこれ」

冗談で手を掛けたそれはなんの抵抗もなく回って少し関心した。

「……よく出来てんじゃん」

開いた扉を前に後ろに、軽く動かし、それを俺は通り抜け、後ろ手に扉を閉めた。
――通り抜けて、しまったのだ。

「扉の先は異世界でしたぁー。なんてこともないわけでして」

おどけて、振り返る。
そこに、既に扉はなかった。
影も形も。ただ月明かりだけが辺りを妖しく照らしていた。



「……あ、ありゃ?」

 ◇