TOP > 千早の暇つぶしシリーズ (6件)

千早「暇です」P「えぇぇぇー……」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 00:42:16.46 ID:6xqCLo+Ko

千早「はぁ……」

P「どうした千早?溜息なんかついて」

千早「あっ、プロデューサー…ちょっとだけお時間、よろしいでしょうか?」

P「急ぎの用か?見ての通り、俺は今デスクワークの最中なんだが」

千早「とても大事なことなんです、出来れば聞いて頂きたいんですが」

P「いつになく真剣な目だな…分かった、言ってみろ」

千早「プロデューサー…実は、私」

P「うん」

千早「とても、暇なんです」

P「……えっ?」


千早「暇だぞ」響「そんなこと言われても困るぞ…」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:54:31.60 ID:UFRVodiDo

千早「……はぁ」

響「どうしたんだ千早、ため息なんかついちゃって」

千早「我那覇さん、私ね、今とっても悩んでいるのよ」

響「そうなのか」

千早「我那覇さん、もしよかったら私の相談に乗ってくれないかしら?」

響「相談か…?まぁ、別にいいけど」

千早「我那覇さん…実は私ね」

響「うん」

千早「私、とっても暇なのよ」

響「ふーん、そっか暇なのかぁ…えっ?」


千早「暇よね」雪歩「そ、そんなことないよぅ…」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:42:22.95 ID:ogxsjmbRo

千早「困ったわ…」

雪歩「どうしたの千早ちゃん?」

千早「ねえ萩原さん」

雪歩「な、何かな…?」

千早「こういう時、私はどうしたらいいのかしら?」

雪歩「千早ちゃん、何か悩み事でもあるの?私でよければ聞くけど」

千早「いいの?だったらお言葉に甘えて…ねぇ、萩原さん」

雪歩「う、うん…」

千早「私、とっても暇だわ」

雪歩「そっかぁ、暇なんだぁ……えっ?」


千早「暇なのよ」美希「眠いの…」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/21(日) 02:59:39.64 ID:c8f/IG54o

千早「美希、美希…起きてちょうだい」

美希「んー…人が気持ちよく寝ているのに起こすのは誰なの?」

千早「美希、寝ている場合ではないわ、大変よ」

美希「あれ、千早さん…?おはようなの」

千早「おはよう美希、せっかく寝ていたのにごめんなさい、一大事なのよ」

美希「千早さんすっごく真面目な顔しているの…一体何があったの?」

千早「美希、私はとても暇をしているわ」

美希「……」

千早「……」

美希「…えっ?」


千早「暇だわ」伊織「知らないわよ…」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 00:27:12.43 ID:G2yk7jQLo

千早「ねえ、水瀬さん」

伊織「何よ」

千早「私、今とっても困っているのよ」

伊織「ふーん、そう」

千早「……」

伊織「「……」

千早「何に困っているかというとね」

伊織「別に聞いていないんだけど」

千早「私、とても暇なのよ」

伊織「そんなの知らないわよ」


千早「暇ね…」真「そうでもないんだけど…」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 22:43:24.25 ID:gBzwqnblo

千早「ねえ、真」

真「なんだい千早」

千早「これは、とても並々ならぬ事態よ」

真「そうなんだ」

千早「えぇ、私は今…とても暇だわ」

真「そっかぁ」

千早「……」

真「……」

千早「どのくらい暇かと言うとね」

真「聞いてもいないのに語り始めちゃったよ、どうしよう」