TOP > 結城友奈は勇者である

【結城友奈は】樹「失って得た掛け替えのない一日」【勇者である】

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/07(水) 23:54:43.79 ID:+ZLyjhrVo

結城友奈は勇者である。の、樹ちゃんの誕生日の為のSS

短め


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/07(水) 23:55:10.64 ID:+ZLyjhrVo

「……ふぅ」

今日だけは、すごく早く目が覚めた

起きちゃいけない、起きちゃいけない

そう思いすぎたのかなと反省して目を瞑ってみたものの

残念ながら、目はバッチリと覚めてしまっていた

部屋の外、リビングからはお姉ちゃんの楽し気な鼻歌が聞こえてくる

それもそのはず。というのは少し気恥しいけど……今日は私の誕生日なのだ

だからお姉ちゃんはいつも以上に楽しそうに、嬉しそうに朝ごはんを作ってくれる

いつも、お姉ちゃんの手作りで、特別だけど

今日という日は何割か増して特別だったりする

「えへへ」

最初はつらいと思ったこともあるけれど

今は考えると、思わず笑みがこぼれてくる。嬉しくて、幸せだから

他の家とは足りないものがあるけれど

でも、それを補って幸せなことがあるから


三ノ輪銀「結城友奈は勇者である二期……?」

1: ◆2DegdJBwqI 2016/10/23(日) 18:56:42.14 ID:qTPcw29lo

《三ノ輪家 居間》


銀「……ふーん」ダラダラ

銀「でも、どうせアタシ関係なくない?」

銀「アタシ鷲尾須美の人間だしぃ」

須美「そうね、銀は私のものよね」

銀「いや、そういう話ではない」

園子「鷲尾須美は勇者であるも、結城友奈は勇者である二期とともにアニメ化だよ~」






銀「マジで?」ガバッ


園子「ゆーゆとわっしーのデートを見守るよ~」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 10:02:31.14 ID:dMbkQXjx0

前の
園子「ゆーゆとわっしーを意識させるよ~」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459678003/


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/06(水) 10:04:49.15 ID:dMbkQXjx0

園子(この前、わたしの『ゆーゆとわっしーイチャラブ大作戦』によって無事ゆーゆとわっしーは結ばれたわけなんだけど~)

園子(二人のあまりの初々しさ、尊さに肝心なところで気絶して、二人のちゅーを邪魔しちゃったの~)

園子「だから今日は二人のデートを見守って、今度こそいちゃらぶちゅーを見届けるぞ! お~」

夏凜「それただの不審者じゃない」

園子「あ、来てくれたんだ、にぼっし~」

夏凜「アンタが二人の邪魔しないように見張りに来たのよ」

園子「にぼっしーにはもしわたしがまた気絶しちゃったら起こしてもらう役として来てもらったから頑張ってね~」

夏凜「そんなくだらない用で私のこと呼んだの!? て言うかこの前はアンタのせいで酷い目にあったんだけど!」

園子「わたしのせい?」


園子「ゆーゆとわっしーを意識させるよ~」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 19:06:43.54 ID:Z/DKChO/0

結城友奈は勇者であるのSSです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 19:07:59.76 ID:Z/DKChO/0

園子自室

園子「ふ、ふふふ……」


友奈『う~ やっぱりデスクワークなんてわたしには無理だよ~』

東郷『確かに…… 友奈ちゃんには向いてない作業かも知れないわね』

友奈『外活動組と内活動組の2組に分けるにしても、内チームは東郷さんと園子ちゃんで良かったんじゃないかな~』

東郷『そうね、友奈ちゃんは体を動かす仕事の方が好きよね』

友奈『肩凝っちゃったよ~……』

東郷『そこで少しストレッチでもしたらいいんじゃないかしら』

友奈『うん、そうする』

東郷『私も友奈ちゃんの柔軟、手伝ってもいい? 二人なら出来ることも増えると思うし』

友奈『うん! いいよ!』


【ゆゆゆ】風「イブの日ってさ、何か予定ある?」友奈「予定ですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 22:54:04.46 ID:z+3hSQdN0

最終回直前か…

書いている途中で矛盾に気づく


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 22:54:54.99 ID:z+3hSQdN0

風「そーそー、もしかして友奈と東郷はクリスマスの夜は誰かと熱~い夜を過ごすのかなと思ってさ」

友奈「あぁ、あははは、そういう予定はありませんよー風先輩」

東郷「はい、私の家で作ったお菓子を食べながらまったりと過ごす予定です」


風「…ふぅん、そっか……じゃあさ、もし良かったらでいいんだけど」

友奈「はい?」

東郷「?」

風「イブの夜にさ、ウチで一緒にクリスマスパーティやらない?」


友奈「正式に東郷さんと付き合うことになりました!」 夏凜「えっ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 01:09:59.96 ID:Z7AmbJNWO

風「あら、めでたいわね」

風「本妻から彼女にランクアップじゃない」

東郷「それははたしてランクアップなのでしょうか」

樹「どうかお幸せになってください!」

友奈「ありがとう、樹ちゃん」

夏凜「…」


東郷「言い訳」

1: ◆/BueNLs5lw 2014/12/23(火) 22:41:28.43 ID:jhJhzsou0

ゆゆゆの友奈と東郷さんss
百合 アニメで東郷さんが壁ぶっ壊す直前くらい
書きためなし




その時の私に見えていたこと。
自分の中で出した結論。
ほんの少しの救いもない。

きっと、後々になって、全く知らない誰かが言うのかもしれない。

『こうすれば良かったのに』とか『なぜ、ああしなかった』と。

仕方がないじゃない。
そうするしかなかった。
後、があるかは分からない。
けれど、後を作るつもりはもうない。

瞼の裏の桜吹雪が、色鮮やかに舞っていた。
それは、ただの思い出に過ぎない。
遠い、遠い日々の。
目の前でくうくうと寝息を立てる少女の髪を撫でる。

「ん……」

春も夏も彼女の傍にいて、
甘いぼたもちを作ってあげたかった。


【ゆゆゆ】男「俺が……勇者?」大赦の人「そうです」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 03:38:01.22 ID:sV+NGvDXO

最終回前にとっとと投下するしかねえ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 03:38:59.61 ID:sV+NGvDXO

男「マジかー、俺とうとう勇者になっちまったかー、マジかー」

大赦「おめでとうございます。大赦一同、貴方のことを誇らしげに思います」

男「げってなんですか、そこ誇りに思うでいいでしょ」

大赦「……まあまあまあまぁ」

大赦(こいつ、人の目を見て話せないタイプの人間か…)


男「それにしても、勇者か……てっきり俺そういうのは清らかな乙女、まあ有り体に言えば"処女"がやるもんだと思ってたけど…」

大赦「そこは乙女って言いなー」


男「何でまたどうして、俺みたいな男のところに大赦の人が」


友奈「なんで、変身の途中なの!?」東郷「やりたくてこうなったわけでは…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 00:09:13.18 ID:6yl/qf7N0

ゆゆゆ
百合


四国神樹化後――

友奈「ええ?! システムの誤作動?」

風「そうなの。敵がいないから可笑しいと思った……まあ、こんなバグもある時はあるんだろうけど、迷惑千万だっつー話よね」

友奈「じゃあ、樹ちゃんと夏凜ちゃん来てないし、一応連絡入れておかなきゃ」

風「ああ、大丈夫よ。樹に伝えといたから。私たちも帰りましょう。東郷も……東郷?」

東郷「……え、ええ」

風・友奈「「……」」

東郷「帰りましょう」キリッ

ギチギチッ

友奈「……え、ええ?! 東郷さん!? なんで、変身の途中なの?!」

風「東郷!? なに、その亀甲縛りもどきのエロいプレイは!?」

東郷「やりたくてこうなったわけではないのですが……」


結城友奈「あっ、これ東郷さんのパンツだ」

1: ◆2DegdJBwqI 2014/12/18(木) 00:19:20.44 ID:aR7snTBwo

・BD一巻初回限定版特典PCゲームの内容を設定として含みますので注意


【結城友奈は勇者であるSS】友奈「山桜色の夢」

1: ◆2DegdJBwqI 2014/12/10(水) 10:14:25.07 ID:Hzc0S2Bso

・地の文だらけ 九話が終わっての、十話からを妄想

・単行本発売まだなので、鷲尾須美は無料公開の1~4話しか読めてないです

・アニメの公式サイトの用語辞典は割とスルー

・十話の予告(Web公開映像含めて)も割とスルー


3: ◆2DegdJBwqI 2014/12/10(水) 10:19:24.47 ID:Hzc0S2Bso

~☆

夜半、結城友奈の部屋。

明かりは消され、カーテンは閉ざされ、暗闇がそこにはある。

今日の風先輩、怖かったな……。

布団の上、横になって、天井を見上げ、友奈は考えていた。

両目は開けていた。目を閉じれば、先輩のあの辛い泣き顔が、まぶたの裏に浮かんできそうだったから。

はやく眠りたいのに、眠れない。何も考えないようにすればするほど、形のない、圧迫感で胸がつまりそうになる。

だから考えていた。

友奈はふと、先輩の重い一撃を牛鬼が受け止めたときの、奇妙に手首が痺れた感触を思い出した。

彼女は無意識に、布団の中で、己の手首をさすった。

私、先輩のあんな顔、知らないよ。

先輩のこと、よく知ってるつもりだった。でも、知ってるつもりになってただけだったんだ。


【ゆゆゆ】結城友奈は極道である【極道兵器】

1: ◆BHtXRZieJ2 2018/06/14(木) 22:01:16.13 ID:+BSudOYo0

「起立!神樹様に、礼!」

神世紀300年、讃州中学校2年の教室。
そこでは今日一日の授業を終えた生徒たちがホームルームを終え、この世界を守る神樹へと祈りを捧げていた。
しかし、そんな中ただ一人、椅子に座ったまま腕組みをし、ふんぞり返っている女子生徒がいた。

「けっ、なぁにが神樹サマじゃい、アホらしい」

彼女の名は結城友奈。讃州中学の二年生であると同時に、暴力団・結城組の二代目組長でもある。
彼女の父親である結城組の初代組長は先月、敵対する暴力団との抗争の末、命を落とした。
その結果、彼の一人娘だった友奈が若干13歳にして二代目組長となったのである。


東郷「友奈ちゃんが喉にうどんを詰まらせて死んじゃった…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/23(金) 21:05:21.09 ID:bVYklYiA0

ゆゆゆのショートギャグSSです。

短い作品ですが、楽しんでもらえるよう一生懸命ガンバるので、応援よろしくお願いします!!

以下の点に該当する方なら、この作品をより楽しめると思います!

・キャラ崩壊が大丈夫な方

・百合描写が好きな人

・刃牙シリーズのファン

・ヤンキー漫画の愛読者

・蟹座のデスマスクの追っかけ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/23(金) 21:06:22.28 ID:bVYklYiA0

友奈「」

東郷「…嘘でしょ…友奈ちゃん…」

東郷「目を覚ましてよ…ねぇ…!」ユサユサ…

友奈「」死~ン…


友奈「稲刈りしないとね♪」稲「ヒッ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/06(土) 14:38:37.49 ID:zPJ5/hRy0

友奈「それ~♪それ~♪」ザクッ!ザクッ!

稲A「ぐあああああ!!!!!」

稲B「た、助けてくれー!!!」

友奈「ん?何か聞こえて来た気がするね?」


結城友奈「東郷美森は鷲尾須美である」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 22:18:45.97 ID:mzeH5qo90

※結城友奈は勇者であるSSです。
※地の文アリ
※独自解釈アリ
※勇者の章開始前のお話です。
※次レスよりお役目スタート


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/29(金) 22:20:47.75 ID:mzeH5qo90

 東郷さんの隣を、並んで歩く。そんな喜びも自然な日常になってきたなあ、なんて思う。少し前までは、彼女の後ろが私の定位置だったのに。
 こうして歩いていると、色んなことに気がつく。たとえば、東郷さんは私より背が高い。勿論知ってはいたのだけれど、それを実感することはあまりなかった。隣を見ると、少し上に東郷さんの綺麗な横顔が見える。なんだか頬がカッと熱くなる気がした。

東郷「どうしたの、友奈ちゃん?」

 不思議そうな顔をする。その表情がどこかあどけなくて、彼女の美しさとのアンバランスにくらくらする。

友奈「東郷さんと二人でこうやって歩けるなんて、幸せだなあって」

 東郷さんも私の顔を見ていて、私も東郷さんの顔を見つめている。自然と手が伸びて、彼女のそれを握っていた。冷たくて、もちもちしていて気持ち良い。

東郷「もう、友奈ちゃんったら。またそれなの?」

 台詞こそ困っているようだけれど、東郷さんは満面の笑みだ。これが脚以外で最大の変化だと思う。


【ゆゆゆ】結城友奈「東郷美森は平常運転である?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/28(火) 19:35:47.77 ID:nFkpYmF90

PCゲーム、ゆゆゆい、のわゆ、読み切り小説等のネタが多少含まれています
時間軸的には勇者の章1話前後です


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/28(火) 19:38:00.35 ID:nFkpYmF9o

*ある日・三人での部室

乃木園子「わっしー……私眠いんよ……」ウツラウツラ

東郷美森「そのっちが眠そうにしているのはいつものことだけれど、今日は一段と眠そうね?」

園子「昨日は十時間しか、寝てないんよ……」

美森「それは寝過ぎよ、そのっち。九十分周期に睡眠を組み込めていないのと睡眠過剰で眠くなっているのよきっと」

園子「それは言わないお約束だよぉ、わっしー」

結城友奈「……」

友奈「ねぇ、東郷さん。園ちゃんがわっしーって呼んでいる由来は今更だけど聞いても良いのかな?」

美森「もちろん構わないわよ、友奈ちゃん。──私は昔、小学6年生の時分に、鷲尾という親戚筋の養子となったの。その際改めた名前が鷲尾須美になるわ」

園子「当時の勇者は大赦の身内でやっていかなければならなかったからね。名家である鷲尾家はどうしても勇者の素質のあるわっしーが欲しかったんだよ」

友奈「そう、なんだ……。そ、それじゃあ私も東郷さんのことを須美ちゃんって呼んじゃったり、なんて──」

 その時、東郷美森に電流が奔る!
 記憶にないはずの思い出(詳しくは花結いのきらめきをよろしくな!)が須美の頭の中を駆け巡ったのだった!

美森「友奈さん! 今からでぇとに行きましょうか!?」ガバッ

友奈「と、東郷さん……?」

園子「わっしー、ゆーゆに近づき。あと、鼻息荒くてちょっと怖いよ?」

美森「ご、ごめんなさい友奈ちゃん。新鮮な呼ばれ方だったものだからちょっとだけ興奮しちゃった」ハァハァ

友奈「そ、そうなんだ。……ええと、須美ちゃん?」

美森「はい! 友奈さん!! どこまでもお付き合いさせてください!!」クワッ

園子「……人様にお見せできない顔になってんるよ、わっしー……」

 ……うん、須美はこういう奴だったな