TOP > 結城友奈は勇者である

【ゆゆゆ】結城友奈「東郷美森は平常運転である?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/28(火) 19:35:47.77 ID:nFkpYmF90

PCゲーム、ゆゆゆい、のわゆ、読み切り小説等のネタが多少含まれています
時間軸的には勇者の章1話前後です


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/28(火) 19:38:00.35 ID:nFkpYmF9o

*ある日・三人での部室

乃木園子「わっしー……私眠いんよ……」ウツラウツラ

東郷美森「そのっちが眠そうにしているのはいつものことだけれど、今日は一段と眠そうね?」

園子「昨日は十時間しか、寝てないんよ……」

美森「それは寝過ぎよ、そのっち。九十分周期に睡眠を組み込めていないのと睡眠過剰で眠くなっているのよきっと」

園子「それは言わないお約束だよぉ、わっしー」

結城友奈「……」

友奈「ねぇ、東郷さん。園ちゃんがわっしーって呼んでいる由来は今更だけど聞いても良いのかな?」

美森「もちろん構わないわよ、友奈ちゃん。──私は昔、小学6年生の時分に、鷲尾という親戚筋の養子となったの。その際改めた名前が鷲尾須美になるわ」

園子「当時の勇者は大赦の身内でやっていかなければならなかったからね。名家である鷲尾家はどうしても勇者の素質のあるわっしーが欲しかったんだよ」

友奈「そう、なんだ……。そ、それじゃあ私も東郷さんのことを須美ちゃんって呼んじゃったり、なんて──」

 その時、東郷美森に電流が奔る!
 記憶にないはずの思い出(詳しくは花結いのきらめきをよろしくな!)が須美の頭の中を駆け巡ったのだった!

美森「友奈さん! 今からでぇとに行きましょうか!?」ガバッ

友奈「と、東郷さん……?」

園子「わっしー、ゆーゆに近づき。あと、鼻息荒くてちょっと怖いよ?」

美森「ご、ごめんなさい友奈ちゃん。新鮮な呼ばれ方だったものだからちょっとだけ興奮しちゃった」ハァハァ

友奈「そ、そうなんだ。……ええと、須美ちゃん?」

美森「はい! 友奈さん!! どこまでもお付き合いさせてください!!」クワッ

園子「……人様にお見せできない顔になってんるよ、わっしー……」

 ……うん、須美はこういう奴だったな