TOP > ラブライブ!

果南「二人だけの秘密だよ」

2019/07/17 20:03 | ラブライブ! | コメント(0)
1: ◆vlTFewOdSQ 2019/07/17(水) 05:51:35.82 ID:zErl41JR0

ガチャッ

果南「やっほー! ……ってあれ?」

勢いよく部室の扉を開いた先には誰もいなかった。とりあえず中に入ってスマホの画面をつけると、そこには通知が何件か表示されていた。

果南「あちゃぁ。今日は休みに変更になってるよ」

私の連絡把握ミスで、休みなのにわざわざ部室まで来てしまった。ダイヤも鞠莉も私が教室を出た時点で教えてくれれば良かったのに。

果南「はぁ。折角来たし少し休んでから帰ろっと」

私は並べられている椅子の中から入ってきた扉に一番近い椅子に座った。


絵里「飲み会!」

2019/07/17 00:04 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/22(土) 23:11:28.51 ID:H+yrHI5X0

穂乃果「は~い!皆さん!お手元に飲み物が行き届きましたか~?」

ことり「は~い!」

穂乃果「それでは絵里ちゃんの30回目のお誕生日会を開催したいと思います。それでは乾杯の音頭を希ちゃんに取って頂きましょう!」

絵里「……」

希「はーい。それではご指名ですので。え~今日はえりちの30回目のお誕生日という事で今年もこうして皆んなでお祝い出来る事を心から嬉しく思います。えりちおめでと~乾杯~!」

μ's「カンパーイ」


曜「千歌ちゃんにいたずらしちゃお♪」

2019/07/12 06:03 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/06/20(木) 22:45:14 ID:K8V5/gxg

~寝る前~

曜「千歌ちゃぁん」

千歌「なぁに」

曜「かまって」

千歌「やーだ」

曜「いじわる」

千歌「いじわるじゃないもん」

曜「むぅ」


絵里「寸劇!不思議の国のアリス」

2019/07/01 00:04 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/04(火) 23:45:39.98 ID:n8U11W0ZO

ある日の昼下がり。アリスはお姉さんと一緒に本を読んでいましたがスッカリ飽きてしまいお姉さんの目を盗んで川のほとりでくつろいでいました。

絵里「あ~あ~本を読むのも飽きちゃったな~」

亜里沙「アリスー?アリスーー?どこに行ったの?」

絵里「わっ!?お姉ちゃんが私の事を探してる。って言うか…なんで亜里沙が私の姉役なのよ…。悪意を感じるわ」

その時、チョッキを着て大きな懐中時計を持ったウサギが走っているのを見つけました。

海未「大変です。遅刻…このままでは遅刻です。女王様に叱られてしまいます」

絵里「どうしたのかしら?気になるわ」


善子「はじめてのおつかいinローマ」

2019/06/24 09:04 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/06/24(月) 00:24:43 ID:JWPX2Ou.

善子・鞠莉・千歌「やってきましたローマ!」

千歌「……って、鞠莉ちゃん!私たちをここに連れてきてどうしたの?」

鞠莉「まあまあ!今から善子にはあるゲームをしてもらいます!」

善子「ゲーム……?」

鞠莉「そう!早速ルール説明するわね!まず、善子には1人でローマ市内で3つのミッションに挑戦してもらいます」

善子「1人で!?」

鞠莉「そう!その様子を私と千歌っちで車の中から見守ってるから!」

千歌「私も鞠莉ちゃんと一緒に見守る側なんだね!」

鞠莉「まあ、ミッションはカード渡すから、そこに書いてある観光地に行くっていうのがメインかな~?あと、自分のスマホを使ったり、日本人に助けてもらったり、タクシーで移動するのは禁止ね!」

善子「自分の英語力だけで目的地に辿り着けってことね……」

鞠莉「念のため一応このガラケーを渡しておくわね!ミッション中にどうしても行き詰ったら1回だけ私たちに電話していいわよ!」

善子「1回しか使えないのね……」

鞠莉「使いどころは考えないとね!」


千歌「只今参上 色とり忍者」

2019/06/23 08:29 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/06/23(日) 04:27:57 ID:pf4s9O8E

ナレーター「豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎だった頃、将軍伊波家に伝わる黄金のツボが何者かによって盗まれた!」

ナレーター「ツボに秘められし魔力を使い、日本征服を目論む悪の軍団の仕業である!」

ピカァァァァンッ

ナレーター「藤吉郎はツボを取り戻すべく駿河国から『忍法 色とりの術』で全国の忍びに恐れられる影の軍団、その名も『彩一族』を呼んだ!」

~~~~~♪


ダイヤ「それは押し花の様に」

2019/06/16 00:03 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/25(土) 23:35:51.96 ID:vpnae4pN0

沼津駅から降りると、ほんのりと香る初夏の潮風の匂いが私の鼻を擽った

幾つも配置されたバスロータリーの停車場も、今更迷う事は無い

時刻表を覗いて見ると、次にやって来るバスは十五分後らしい

見慣れた地だから、と対して時間も調べもせず来ましたが、思いの外待たされずに済みそうです

「いたた……やはり、鈍行は腰が痛みますわね……」

腰を抑えながら独り言をつぶやくと、同じくバス停のベンチに座っていたお年寄りにちら、とこちらを見られる

思いの外声量が出ていたのようで、少し、恥ずかしい


鞠莉「休日終わりそうじゃない???」曜「ヤバイ」善子「ヤバイわね」

2019/06/14 16:02 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/13(木) 09:03:02.00 ID:QVdDogXOO

【鞠莉部屋】


鞠莉「こんだけ休みあったらもう何でも出来そうじゃない!?」

鞠莉「と言い続けて早くも数十時間」

曜「驚くほど無駄に過ごしたね、ほぼ丸二日間くらい淡島ホテルでゲームしてたし」

善子「二人があと一回!あと一回やったら外遊びに行くって言い続けたからでしょ!」

曜「そんなこといったら善子ちゃんの無駄な宵っ張りのせいもあるでしょ!毎日五時寝十二時起きだよ!!」

善子「な……それでも午後遊びに行けばよかったじゃない」

曜「午後に起きると体がだるいんだよ!!」

善子「完全に自分の匙加減じゃない!!」

鞠莉「ストーーーーーップ!!こんな不毛な争いしてないで、今からでも有意義な過ごし方を考えるべきだわ」


善子「・・・」ボー

2019/05/29 15:03 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/29(水) 02:24:06.11 ID:IXsGxF4V0

曜「・・・」ボー

善子「・・・」ダラダラ

鞠莉「・・・」シャンシャン

善子「・・・ねえ」

鞠莉「ん」

善子「私たちって暇人なの?」


現代メノノリ概論

2019/05/28 16:19 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/28(火) 15:13:44.74 ID:P4PqEsRXO

ダイヤ「」ガラガラガラ

ダイヤ「」コツコツコツ

ダイヤ「」ジロリ

ダイヤ「ふむ、まあこれだけ出席していればいいでしょう」

ダイヤ「」コツコツコツ

ダイヤ「よいしょっと」ガシッ メノ^ノ。 ^リ

ダイヤ「」コツコツ メノ^ノ。^リ

ダイヤ「よっと」ドサッ メノ^ノ。 ^リ

ダイヤ「ふう」

メノ^ノ。 ^リ「…………」

ダイヤ「ご入学おめでとうございます」


真姫「冷凍食品だけでお弁当を?」

2019/05/26 12:01 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/13(月) 18:28:03.69 ID:j/f89xiMO

真姫「休日なのに学校に穂乃果に呼び出されて…時間通りに来ないし…」

ガチャ

真姫「あっ!?」

絵里「あら?真姫じゃない」

真姫「絵里…どうしたの?今日は練習もないのに」

絵里「なんか穂乃果に呼び出されて」

真姫「絵里もなの?」

絵里「うん。12時に部室に集合って…穂乃果来てないのね」

真姫「まさか忘れてる訳じゃ…」


ことり「ことりと」花陽「花陽の」ことぱな「「エッチな音の木ちゃんねる♡」」

2019/05/15 12:02 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/08(水) 11:26:02.38 ID:V51EQIS80

ことり「こんにちは♡ ことりです♡」

花陽「こんにちは♡ 花陽です♡」

ことり「今日は2人で耳かき動画を撮っていきます♡」

花陽「気持ちよくなってくれた嬉しいな♡」

ことり「耳元でささやきながら話すから♡」

花陽「2人の吐息を感じるかもしれませんね♡」

ことり「すごくいいマイクで録音してるから♡」

花陽「本当にそうされているように感じるかも♡」


善子「津島ヨハネは検尿が嫌い」

2019/05/15 00:02 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/01(水) 15:19:36.58 ID:AgkJjAUz0

津島ヨハネは検尿が嫌いだ。朝一のおしっこを容器に絞り出すのが嫌、というのはある。だが一番の問題は、目が覚めたらおねしょで股間からお尻、背中、髪までビチョビチョ・・・しかも大きな世界地図を描いちゃうから起きたばかりの時間ではおしっこが出ないのだ。

ヨハネは生まれつき膀胱が弱く、週に6~7回は世界地図を描いてしまう。しかもほとんどの確率で起きる直前におしっこを出しきるらしいのだ。

それならば朝御飯を食べたりお風呂に入った後におしっこをすればいいのでは?と思うかもしれないが、甘い甘い。


【ラブライブ!サンシャイン!!】善子「傷だらけの雷神様と私」【アベンジャーズ】

2019/05/11 00:03 | ラブライブ! | コメント(0)
1: ◆eCiylz7cJ3E4 2019/05/01(水) 21:12:25.17 ID:jWHE2ejAO

※注意※
アベンジャーズ エンドゲームのネタバレを含みます!


・ラブライブ !サンシャイン!!(善子)とアベンジャーズ(ソー)との謎クロスオーバーSS

・上にも書きましたがエンドゲームのネタバレを含みます。鑑賞前の方はブラウザバックを推奨します!

・キャラ死にっぽいネタを含みます。


曜「最高のお母さんだよ!」

2019/05/09 00:02 | ラブライブ! | コメント(0)
1: ◆EU9aNh.N46 2019/05/04(土) 05:58:36.06 ID:vnp5yksmO

死後の世界

善子「ずら丸、お疲れ様」

花丸「あっ、善子ちゃんと新人のルビィちゃん! ちょっとは慣れた?」

善子「ヨハネよっ!」

ルビィ「うん、一応」ペコッ

花丸「そっかぁ、良かったずら」

善子「ずら丸は休憩してたの?」

花丸「うん。それにしても、今日もお客様が多いなぁ……って思っていたの」

善子「そりゃそうよ。ここは現世で亡くなった人達全員が必ず訪れる場所なんだから」

花丸「ねぇ、ルビィちゃん」

ルビィ「どうしたの?」

花丸「不思議だよね。こうしてたくさんの人が亡くなっている中、現世のどこかでは新しい命が誕生しているんだから」

ルビィ「命は授かり、消えてゆくものなんだよね」

善子「表裏一体よね」

花丸「そうずらね。授かった命をどう全うするのか、本当に人それぞれずら」


絵里「寸劇!シンデレラ」

2019/05/05 22:41 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/03(金) 21:19:09.90 ID:q5Yv0IeY0

昔々、シンデレラと言うそれはもう大変美しく、心の綺麗な賢い可愛い娘が居ました。

絵里「ハードルを上げないで!!」

幼い頃に母親を亡くしたシンデレラは、父親が再婚した継母とその娘にまるで召使いの様に扱われていました。

にこ「どうしてにこがシンデレラじゃないのよ!!」

それは心が綺麗じゃないから…。

にこ「何ですって!?」

そう言う所が…。


善子「猫の恩返し」

2019/05/02 09:04 | ラブライブ! | コメント(0)
1: ◆XksB4AwhxU 2019/04/24(水) 12:41:33 ID:VmS9V0jI

私は生まれながらの不幸──そう、美貌に嫉妬した神様が天界からこの世へ堕天させたから。
外に行けば雨に降られ、遠足に行けば大雨、大事なテストの日はインフルエンザ──極めつけは何も無いところで躓いて海に堕ちるなんてことも。
そう、どうしようもない程不幸なの。

私は堕天使ヨハネだから。
でもね、人を呪いたくない。
私の不幸は誰かのせいじゃない──私のものだから。

「うぅ。せっかく買った傘なのに.......」


梨子「ピアノの発表会」

2019/05/01 02:02 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/22(月) 22:20:30 ID:BA8s88hk


・男性の登場人物がいます(セリフなし、名前もありませんが、梨子たちに関わりはします)
・スクスタ時空のため、同い年ですが、2人は初対面という設定です


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/22(月) 22:21:56 ID:BA8s88hk

梨子「会場はここね…」

今日は学校も、スクールアイドル部もお休み。

同じステージに立つピアニストが、どんな人なのか。

それを知るために沼津からここ、東京に、

私はもう一度やってきた。


夏の、ラブライブ予備予選の裏で開催されたコンクールで、

私は千歌ちゃん達と見つけ出したあの曲を演奏した。

その演奏が都の音楽団体の目に留まり、

今度開かれる『高校生によるピアノ演奏会』の

演奏者のひとりとして招かれることになった。



あと、もう15分程で開演になる。

すこし道に迷ったけど、間に合いそう。

東京都出身の、私と同じ2年生の彼は、両親共にピアニスト。

好きでやっていた私と、全く違う境遇の人。


穂乃果「焼肉の作法」

2019/04/27 23:48 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/21(日) 17:42:54.07 ID:KrIjb+rW0

前作
https://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1554635706/
真姫「女の子だけで牛丼屋さんに?」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/21(日) 17:49:40.25 ID:KrIjb+rW0

じゅー じゅー

真姫ママ「はい、どうぞ。召し上がって」

こんな緊張して焼肉を食べるのは初めてだ。

絵里「あ、ありがとうございます」

穂乃果「ございます」

真姫「何かしこまってるのよ。普通でいいのよ、普通で」

穂乃果「う、うん」

じゅ~

真姫パパ「真姫は学校ではどんな感じなのかな?」

真姫「ちょっとパパ。余計な事聞かないでよ。って二人共?」

考えが甘かった。この汗は焼肉の熱気によるものなのか…それとも緊張からくるものなのか…。

真姫「凄い汗…大丈夫?」

誰か…誰か助けてぇぇぇぇ。


曜「千歌ちゃんのおっぱい揉みたいと思わない?」善子「思うわ」

2019/04/26 12:01 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/17(水) 09:48:51.69 ID:1ZUTz4Ph0

千歌「かんかんみかーん♪ かんかんみかーん♪」


<バリィィィィィィィィンンンン


千歌「!? なんの音!?」