TOP > ラブライブ!

ルビィ「小さい頃はね、おねいちゃんが勇気をくれたんだぁ」

2018/07/13 22:02 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/08(日) 17:26:07.11 ID:MMlIXF/UO

~部室~
ルビィ「泣いてたルビィにね、『勇気をあげますわ』って」

梨子「へぇ~、いい話じゃない」

鞠莉「2人ともキュートでーす♡」

花丸「ルビィちゃんの大切な思い出だね」

果南「でも、さぁ……?」

曜「おでこにチューって……ねぇ?」

善子「姉妹ってそうなの?」

ルビィ「えっ?」

千歌「いやいや! みとねーは全然そんなことしてくれなかったよ!」

ガラガラガラッ

ダイヤ「あら? 皆さんお揃いで」

8人「!!!」ザワッ


千歌「Aqours集合ー! 番号ー!」

2018/07/11 14:02 | ラブライブ! | コメント(0)
1: ◆Tn3qm05sjE 2018/07/06(金) 15:09:09.57 ID:JN+Yw3qs0

千歌「やったー! 1年生が3人も入ってくれたよ!」

梨子「これだけ人数がいるとパフォーマンスの幅も広がるわね」

曜「人数は増えたけど、ルビィちゃんもお裁縫が得意だっていうから衣装作りも何とかなりそう」

ルビィ「よ、曜さんほど上手くできるかはわかりませんが…よろしくお願いします!」


梨子「私はレクイエムを捧げる」

2018/07/08 17:05 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/03(日) 15:48:38.05 ID:3QWM4AiH0

梨子「あれから何年経ったのかしら・・・」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/03(日) 21:10:14.29 ID:3QWM4AiH0

作曲に没頭していた彼女はついに最後のページを書き終えた。
彼女は左腕を押さえながら椅子に座っていた。机の上には楽譜と『Aqours』というスクールアイドルの写真が置いてある。

梨子「待っててね・・・みんな」

彼女はそう呟くと、ゆっくり目を閉じた。


千歌「チカとリコ」

2018/07/07 13:02 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:55:32.00 ID:bW13I9Tv0

あの漫画から。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:56:40.45 ID:bW13I9Tv0

梨子「千歌ちゃん」

千歌「なに?」

梨子「将来は何をやるとか決めてる?」

千歌「おっ、ついに踏み込んできたね。わたしが考えないようにしてきたとこ」

梨子「卒業したら何するの?」


【ラブライブ!】果林「バースデイ涙にかすみ」

2018/07/03 14:05 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/29(金) 23:36:50.28 ID:IMFtD49x0

かすみ「果林せんぱーい」

果林「ん?」

かすみ「はい、これ」

果林「あら……なーに?」

かすみ「もー、忘れたんですかー? 今日は果林先輩の誕生日じゃないですか」

果林「ひょっとして……私へのプレゼント?」

かすみ「はい」

果林「かすみちゃんが用意してくれたの?」

かすみ「はい」

果林「へー」

かすみ「な、なんですか?」

果林「いやー、別に」

果林(……怪しい。あからさまにパカッと開けるやつだし)


善子「アメとムチ」

2018/07/01 13:02 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/27(水) 12:20:50.18 ID:sTKVsYErO

初投稿。
某漫画のネタです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/27(水) 12:22:14.89 ID:sTKVsYErO

ルビィ「いやぁ、ビックリしたなぁ」

善子「…………」

ルビィ「まさかあんな事になるなんて!」

善子「どうしたの?って相手に言わせる入り方やめてくれない?」

ルビィ「え?聞きたいの?」

善子「言いたいんでしょ?」


梨子「私の"堕天使"な恋人」

2018/06/28 17:03 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/24(日) 14:49:28.43 ID:kEZoL3Qb0

どうも。私は桜内梨子です。

私は今、恋人である善子ちゃんのお家に来ています。

善子ちゃんったら私とのデートの約束忘れちゃったのかしら?もぅ……。


ルビィ「私の"もう一人のお姉ちゃん"」

2018/06/26 23:03 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 00:18:41.45 ID:GSa90hge0

とある昼下がり。ルビィ宅にて


ルビィ「……」

果南「……」

ルビィ「ねぇ、果南ちゃん」

果南「ん?なにかなん?お姉ちゃんとハグし」

ルビィ「たくなるわけないでしょ」

果南「えーいいじゃんハグしようよー」


この人は松浦 果南。私のお姉ちゃんの幼馴染で、私の"もう一人のお姉ちゃん"です。


穂乃果「反省中です」

2018/06/25 11:02 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/15(金) 23:58:21.80 ID:dI45zGV00

海未「全く…あなた達ときたら」

穂乃果「はい…はい…」

凛「申し訳ありませんでした」

穂乃果「もうしません」

海未「はあ…その台詞は聞き飽きました」

凛「じゃあどうすればいいのさ」ぼそっ

海未「はい?何か言いました?」

凛「あっ、いえ」


花陽「ことりちゃんをお姉ちゃんって呼んじゃった」

2018/06/23 19:05 | ラブライブ! | コメント(0)
1: ◆uxWWm6/Qe2 2018/06/19(火) 21:09:56.00 ID:7y7UPbOq0

花陽「・・・」ペラ

「姉妹スクールアイドル特集!」

・黒澤ダイヤ&ルビィ
・鹿角聖良&理亞
・近江彼方&遥etc・・・

花陽「姉妹アイドルか~・・・」ペラ

花陽「μ'sには居ないんだよね~。穂乃果ちゃんと絵里ちゃんは妹ちゃんがいるけど中学生だし・・・」

花陽「私もお姉ちゃん欲しいな~・・・」ペラ

花陽「それでこう・・・思いっきり甘えたりしたいな~・・・」

花陽「こう・・・ギュッと抱き締めて・・・」

ガチャ!

ことり「かよちゃんおはよう!」

花陽「お姉ちゃ~ん♪」

ことり「・・・ふえ?」

花陽「あ・・・」


千歌「曜ちゃんと結婚するのだ」

2018/06/22 10:01 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/19(火) 22:54:19.38 ID:nNZ4fm/x0

雲ひとつない青空の下で、今日私はこの幼馴染と愛の契約を結ぶ。

控え室にいる私の周りには、高校時代からの友人の梨子ちゃんがいる。


花丸「ねえ鞠莉おねえちゃん」鞠莉「お姉ちゃんじゃありません」

2018/06/20 16:02 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:08:55.15 ID:WSWCbt620

【部室】

花丸「ねえ聞いて、鞠莉ちゃん」

鞠莉「んー?」

花丸「この前ルビィちゃんがね」

鞠莉「うん」

花丸『ねぇ、きいてよはなまゅちゃあ~、きのうおねぃちゃあがね~』

鞠莉「んふふっ、ちょ、ちょっと待って?」

花丸「んもー、なんずら?」

鞠莉「えっ今のってルビィの真似?」

花丸「うん。似てるでしょ? 結構得意なんだ」

鞠莉「得意というより悪意を感じるんだけど」


ダイヤ「ひとりよがり」

2018/06/15 19:03 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 01:24:35.99 ID:5+rY2L1e0

高校を卒業して…春からの私は、東京にて一人暮らしをしています

私の通っている大学は、電車で20分の位置にあります

一人暮らしの住処からそれほど遠くもなく近くもない…そんな距離の場所にありました


ダイヤ「ええと今日は……忘れ物はないですわよね…」


朝7時、この時間が春からの私の一日の始まりの時間でした


ルビィ「善子ちゃんと梨子ちゃんと」

2018/06/11 19:01 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/06(水) 10:56:00.80 ID:0h8E6UPSO

図書室

ルビィ「花丸ちゃん、相談があるんだけど」

花丸「ずら?マルに何かできる事?」

ルビィ「うん。少なくとも善子ちゃんの件は花丸ちゃんに」

花丸「善子ちゃん?善子ちゃんと喧嘩したずら?」

ルビィ「違うの!ただ、善子ちゃんと梨子ちゃんとあまり仲良く出来てないなーって思って」

花丸「仲良く?」

ルビィ「喋りはするけど、善子ちゃんはルビィと2人の時は堕天してくれないし、梨子ちゃんに至っては喋る時より黙ってる時の方が」


ルビィ「割れたダイヤモンド」

2018/06/10 19:07 | ラブライブ! | コメント(0)
1: ◆XksB4AwhxU 2018/06/05(火) 20:57:43 ID:QqpHkFss

きっかけは些細なことだった。
ダイヤ「はぁ!? どういうことですの!?」

朝から鳴り響く理事長の電話、それは朝日が顔を覗かせた頃に。
ダイヤ「昨日片付けたと思っていた仕事が? はぁ? 実はまだまだ残っていた!?」

あの理事長はどうしてこうも適当なのですか!

ダイヤ「あぁもう!急いで向かいますわ……!」

制服に着替え、お母様が用意してくださっている朝食に手をつける暇もなく、ルビィが幸せそうに寝息を立てる中、浦の星女学院へと足を急ぐ。

日課である寝起きのトイレに行くことも忘れて。


善子「ずらまる事変」

2018/06/07 16:04 | ラブライブ! | コメント(0)
1: ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:46:14 ID:7EKqiTCk

浦の星女学院部室。

善子「ずら丸、大丈夫?」

花丸「う、うん平気ずら」

善子「あんた、朝からずっと調子悪そうじゃない……今日は早退した方が」

花丸「ありがとう、善子ちゃんは優しいね」

善子「ちょ、私は本気で心配して!」

花丸「じゃ、先に行ってるね!」

善子「ちょっと待って!」

花丸「離してずら」

善子「何があったのか知らないけど、あんたが辛い思いしてるなんてほっとけるはずない!」

花丸「でも……」

善子「堕天使ヨハネの名に誓うわ……国木田花丸、貴女が何を言っても受け入れると!」


にこ「ありえないんだけど」

2018/06/06 16:02 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/30(水) 18:42:39.24 ID:E6t6vaYP0

真姫「大丈夫?」

にこ「大丈夫じゃないわよ」

真姫「そう。じゃあ、皆んなと合流しましょう」

にこ「はあ?マジで言ってるの?」

真姫「だってもうそろそろお昼よ?お腹空いたでしょ?」


善子「ん? 理亞からLINE?」

2018/06/05 23:05 | ラブライブ! | コメント(0)
1: ◆0r2MuZL2Q. 2018/06/01(金) 01:20:19.94 ID:ttRp5ZSXO

Leah:ちょっと

ヨハネ:何?

Leah:いまルビィと一緒?

ヨハネ:なわけないでしょ

ヨハネ:もう9時よ?

Leah:既読つかない

ヨハネ:忙しいんでしょ

Leah:いつもはすぐつく

ヨハネ:相変わらずルビィ大好きね

Leah:は?

ヨハネ:ん?


千歌「どうしようもない私に女神が降りてきた」

2018/06/05 17:03 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 23:41:48.08 ID:TZKk0gJO0

アニメ1期と2期の間の話です。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/28(月) 23:43:29.60 ID:TZKk0gJO0

千歌「…」

ルビィ「千歌ちゃん元気ないね」

善子「仕方が無いわ。私だって落ち込むわよ」

花丸「地区大会の結果、残念だったずら…」

梨子「そうね。でも、それだけラブライブは厳しいって事なのよ」

曜「それに審査員の人たちもAqoursの事を高く評価してくれてたし、惜しいとこまでいったんじゃないかな?」

善子「でも惜しいとこまでいったかもって思うからこそやっぱり悔しいって思うんじゃない?」

曜「まぁ、確かに…」


ルビィ「おねぇちゃん、一緒に寝よ」ダイヤ「しょうがないですね」

2018/06/04 22:31 | ラブライブ! | コメント(0)
1: ◆gVE.n6M5Dg 2018/06/02(土) 10:49:05 ID:M/VrQQ5Y

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダイヤ「んっ…」パチッ

ダイヤ(……目が覚めてしまいましたわ)

ルビィ「…」スゥスゥ ギュッ

ダイヤ(寝てる間に抱きつかれてますわね……少し暑かったから目が覚めたのでしょうか…?)ナデナデ

ルビィ「んんっ…おねぇ…ちゃ…えへへっ…」スゥスゥ ギュッ

ダイヤ(…可愛い寝言ですわね…夢でも私と一緒とは、嬉しい限りですわ…)ナデナデ

ダイヤ(…っと、もう一度寝る前に水でも飲んできましょうか)スッ