TOP > シャイニーカラーズ
カテゴリー  [ シャイニーカラーズ ]

田中摩美々「ふふー、すきだらけですねー」

1: ◆C2VTzcV58A 2019/06/23(日) 14:13:36.10 ID:mQa5VnP/O

P「………」カチッ カチッ

P「……はあ。一息入れるか」

P「小腹がすいたし、冷蔵庫になんか残ってたかな」


ぴとっ


P「ひゃうっ!? つめたっ!」

摩美々「ふふー、かわいい声で鳴くんですねー。プロデューサー」

P「ま、摩美々~! 首筋に冷たいアイスを当てるなって前にも言っただろう!」

摩美々「だってプロデューサー、すきだらけですしー。ついやっちゃんですよー」

P「俺が悪いみたいな言い方はやめるんだ」

摩美々「はーい、わかりましたぁ。びっくりさせたお詫びに、このアイスバーはプレゼントしちゃいますねー」

P「え、いいのか?」

摩美々「126円」

P「プレゼントじゃないじゃないか!」

摩美々「ふふー、冗談ですよー。本当に、プレゼントですってばー」

P「そうか……なら、ありがたくいただくけど。でも、いきなりどういう風の吹き回しだ?」

摩美々「それはもちろん……日頃の感謝……とか?」

P「そこは自信をもって言い切ってほしかった」

摩美々「ほらー、はやく食べないと溶けちゃいますよー?」

P「っと、そうだな。せっかくの摩美々の気持ちを無駄にしちゃいけない」

摩美々「気持ちって……大げさ……」

P「大げさじゃないさ。このアイスは確かに126円で売っていたものかもしれないけど、摩美々が俺のために買ってきてくれたという事実で価値はずっと上がるんだ」

摩美々「プロデューサー……」

P「な?」

摩美々「……えへ」



摩美々「じゃー、やっぱりお代は3000円でー」

P「プレゼントだろ!?」

摩美々「ふふー」


P「ポンコツやんでろいど」

1: ◆3xQXQ8weeA 2019/06/22(土) 13:21:15.83 ID:gM7NX7Qd0

風邪でおしごと休んだので。

多分ほのぼの。ノリと勢いだけで書いた。後は知らん。


3: ◆3xQXQ8weeA 2019/06/22(土) 13:23:06.96 ID:gM7NX7Qd0

真乃の場合


真乃「プロデューサーさんのことは何でも知ってますっ」

P「なんでもってことはないでしょ」

ピーちゃん「くるっぽー」

真乃「プロデューサーさんは昨日、サイゼリヤに行ってました!」

P「なんで知ってるの」

ピーちゃん「ぽぉっぽるぅー」

真乃「他にも、その後GEOでDVDを借りてましたよね」

P「エスパーかよ……そのとおりですわ……」

真乃「ふふふ、なんでも知ってるんですよ」トクイゲ

P「じゃあその後部屋の中で何見たのかも知ってるんだな?」

真乃「え?」

P「ちょっと人に知られるの恥ずかしかったんだけどな……知ってるんだな」

真乃「ほわっ!?え、あ、えと、その」

ピーちゃん「ほかにもなんかみとったな」

真乃「ピ、ピーちゃん!」

P(よし、楽しく話せたな)プリキュアー


シャニP「事務所で俺の音声データが流行ってる?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/19(水) 04:37:45.28 ID:xtp3tExKo

注意
筆者は初ssです
水着夏葉trueネタバレありです
キャラ崩壊注意です

それでもいいならどうぞ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/19(水) 04:42:22.38 ID:xtp3tExKo

~TV番組本番前~

夏葉「……」イヤホンシャカシャカ

果穂「夏葉さんって本番前になるとよく音楽聞いてますよね!」

樹里「そーいやそうだな」

果穂「どんな曲聞いてるか気になります!私、ちょっと聞いてきます!」ダッ

智代子「果~穂、夏葉ちゃんだって集中してるんだから邪魔しない方がいいよ」

樹里「そうだぜ、また今度聞いてみたらどうだ?」

果穂「あう……そうですね!また次の機会に!!」

凛世「……」


【シャニマス】さらえぼしきゅうほう

1: ◆Vysj.4B9aySt 19/06/18(火)07:55:47 ID:VUb

ガラッ

283P(以下P)「おーい、千雪さんに甜花に甘奈はいるか?」

甘奈「あ、プロデューサー?おっはよー」

甜花「あ……お、おはよう…ございま…す」

千雪「おはようございます、プロデューサーさん」

P「急で申し訳ないが、撮影の仕事が入ったから準備をしてくれないか?」

甘奈「ほーい、甘奈はいつでもいいよ」

甜花「な、なーちゃん……少し、薄着じゃないかな?」

千雪「そうね。六月も半ばなるけど、まだまだ寒いわよ」

甘奈「へーきへーき、だって甘奈は、ピッチピチの花の女子高生だよ!」





千雪「うぐっ…」グバッ

P「大変だ!千雪さんが血を吐いたーっ!」


2: ◆Vysj.4B9aySt 19/06/18(火)07:57:01 ID:VUb

オマーン沖のタンカー攻撃の事件を受け作りました

こちら、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします


三峰結華「さぁ、このレンズの屈折率は?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/16(日) 01:31:22.26 ID:f/Tco6pf0

結華「――だから、やっぱりメガネは大事だと思うんだよね。人の印象は、やっぱり顔がいちばんですよ」

P「まあ、わからなくもないが……靴から見る、とか言わないか?」

結華「もちろん、他も大事ですよ?」

結華「全体的なシルエットとか、カラーのバランスとか……トップスも大事だけどボトムスも大事だし、基本的にはぜんぶ大事」

結華「でも、顔っていうのは文字通り『顔』だと思うんだよね」

P「顔は『顔』、か……そのままだな」

結華「そうそう。人の印象の中でもやっぱり顔っていうのは大きいわけで。その顔の印象を変えるための手段とは……Pくんはなんだと思います?」

P「メイクや髪型、そして……メガネか」

結華「その通り! 手軽に顔の印象を変えることができるアクセサリーとしても、メガネはとっても優秀なのです」

P「結華も印象を変えたいときにメガネを変えてるってことか?」

結華「かもしれないね。Pたんはどう思う? たとえば、今の三峰はプロデューサーにどんな印象を与えたいでしょう」

P「今の結華が、俺にどんな印象を……」


『……わからん』 『先生とか?』 『実はそこまで考えてないとか』


芹沢あさひ「プロデューサーさんって、彼女いるんすか?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/14(金) 20:29:48.17 ID:SZ5haFlQ0

あさひ「う~ん……」

P「どうしたんだ? あさひ」

あさひ「あ、プロデューサーさん! おはよっす!」

P「ああ、おはよう。で、あさひはどうしたんだ? 何か悩んでる様子だったが……俺に手伝えることなら聞くぞ?」

あさひ「あ、それなら聞きたいことがあるっす! いいっすか?」

P「おう、なんでもこい」

あさひ「プロデューサーさんって、彼女いるんすか?」


【シャニマス】灯織「モンスターハンター……?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/13(木) 02:20:54.29 ID:7UnZJIGw0

モンハンの用語が一部出てきますが実質モンハンは大して関係ないです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/13(木) 02:21:36.42 ID:7UnZJIGw0

――正午、事務所

ガチャッ!

灯織「ふぅ……」

灯織(午前のレッスンは終わり……午後は真乃が学校に戻って授業受けるから――)

灯織「ん?」



真乃「ほわぁ……」

めぐる「へー……」


灯織「どうしたの、2人とも。壁なんて見て……」チラッ



『283プロ交流会イベント! PS4を持っているみんなで【モンスターハンター:ホワァールド】をマルチプレイで遊ぼう!』
『みんなのやり込み具合も違うだろうし、探索や下位クエがメインになるかな? 参加してくれる人はアンティーカの三峰まで連絡よろしく!』



灯織「この張り紙……ゲームで交流会?」

真乃「ほわっ……モンハンかぁ」

めぐる「わぁーっ! みんなでモンハンかぁ、楽しそうかも!」

真乃「……あっ、そういえばこの前、プロデューサーさんがプレステ持ってるかって聞いてきたんだよね」

めぐる「そういえばわたしも聞かれたなぁ。うちの事務所、結構プレステ持ってる子が多くてこの企画出来たのかな?」

灯織「そうかもね……でも真乃、私たちは――」

真乃「せっかくだから、私たちも参加してみんなと遊ばない?」

灯織「えっ!?」ビクッ!!


「あだ名で呼ばれてみたいです」ド-ン

1: ◆hAKnaa5i0. 2019/06/11(火) 21:01:49.56 ID:8ciCdl6P0

283産の清楚


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/11(火) 21:03:09.63 ID:8ciCdl6P0

(事務所)

千雪「あだ名で呼ばれてみたいです」ド-ン

P「……」

千雪「呼んでくださいプロデューサーさん!」ズイッ

P「千雪。ステイ。まずはステイ。ソファに座って落ち着いて」ドウドウ

千雪「はい」ストン

P「聞き分けがよろしい。そして聞いてもいいだろうか?」

千雪「何についてでしょう」

P「どうしてあだ名で呼ばれたがっているのか、だ」

千雪「……」


風野灯織「豆ごはん」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/09(日) 22:34:39.54 ID:dwniDhRk0

P「……あ」

灯織「どうしたんですか? プロデューサー」

P「いや、べつに、大したことじゃないから」

灯織「……話せないことなんですか?」

P「あ、いや、本当に大したことじゃなくてな。……今年、豆ごはんを食べてないな、と思って」

灯織「豆ごはん、ですか? ……本当に大したことない」

P「だからそう言っただろ? でも、個人的には結構ショックでな……まだえんどう豆って売ってるかな?」

灯織「どうでしょう……少し前までは、見た記憶があるんですが」

P「だよなぁ……ギリギリあるかどうか、って時期だよな」


黛冬優子『世界が滅びる前日だって煩悩は平常運転です』

1: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:29:43.85 ID:unVTGox1O

これはシャニマスssです


2: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/05(水) 19:30:37.22 ID:unVTGox1O

P「なぁ冬優子」

冬優子「んー、なに?」

P「もしさ、明日地球が滅びるとしたらどうする?」

冬優子「……なによ、いきなり」

P「なんとなーく、冬優子ならどうするか気になってさ」

冬優子「……さぁ、その時になってみないと分からないわ」

P「ま、そうだよなぁ」

冬優子「気に入らない返答だったかしら?」

P「いや、そういう訳じゃないさ」


黛冬優子『秘密の共有は信頼の証とも言い換えられます』

1: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/04(火) 16:22:08.14 ID:XuzATqNx0

これはシャニマスssです


2: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/04(火) 16:23:24.71 ID:XuzATqNx0

「……ん、あんたなんでこんなところに……あっ!」

「げ、冬優子!」

 どうせ屋上には誰も来ないだろう、と油断し過ぎていた様だ。
 驚いて、咥えていたタバコを落としそうになる。

「……げって何よげって。失礼ね」

「悪い。まぁ……バレたくなかったし」

 事務所の屋上は、実は喫煙スペースになっていた。
 まぁ、喫煙スペースと言っても灰皿置いただけの質素なものだが。
 ついでに、知ってるのは俺と社長とはづきさんくらいだった。
 今のところ俺と社長以外が吸っているところは見た事がない。


黛冬優子『十八歳未満は購入する事が出来ません』

1: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/04(火) 11:12:00.97 ID:nLLV0Ml5O

これはシャニマスssです


2: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/04(火) 11:12:47.80 ID:nLLV0Ml5O

冬優子「正座」

P「はい」

P(家に着いてドアを開け、俺は正座をさせられ……自発的にした)

P(日常生活において自発的に土下座が出来る人間なんて、なかなかいないのではないだろうか)

P玄関の先には同棲相手の黛冬優子。とっても可愛く、素直で、素敵な女の子である黛冬優子。愛しの恋人黛冬優子)

P(そして、積み上げられた俺の秘蔵AV)

冬優子「……これ、何?」

P「DVDって言うんだよ。最近の若者はBlu-rayしか知らないかもしれないが、かつてこの日本には……はい、AVです」

冬優子「まず最初に言うべき事は?」

P「ごめんなさい」

冬優子「……やけに素直ね」

P「自分と比べてか?」

冬優子「は?」

P「大変ごめんなさい」

P(俺は大人だから勝ち目のない戦いは挑まないのだ。はい、ほんと反省しています)


黛冬優子の逃避行

1: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/04(火) 03:17:06.08 ID:QTJzaLJ30

これはシャニマスssです


2: ◆x8ozAX/AOWSO 2019/06/04(火) 03:17:49.84 ID:QTJzaLJ30

「……良い景色ね」

 窓の外を流れる景色は、腹が立つくらい綺麗だった。

 キラキラと水面を光らせ波打つ海、空を羽ばたくカモメ。
 その更に上には太陽が、これからの季節へ向け気合を入れるかのように眩しさを増し続けている。
 反対の窓にはひたすらに緑の海が広がっている。
 山の斜面にある民家は間隔が広く、いかにここが田舎か物語っていた。

「……あぁ、綺麗だな」

 電車に揺られ、大して面白くもない返事をする。

 反対の席に座る冬優子は、ずっと窓の外を眺めたままだった。
 動くことも此方を向く事もなく、ただ延々と電車に揺られている。
 東京を出たのはいつ頃だったろう、少なくとも午前中だった筈だ。
 機内モードにしたスマホを見れば、既に時刻は14を回っていた。

 今機内モードを解除すれば、たちまち画面は大量の通知で埋め尽くされる事だろう。
 解除した瞬間に着信が来るかもしれない。
 ネットやSNSを覗く気力も無い。
 見てしまえば、きっと心が折れてしまうから。

 俺たち以外、この車両に乗客は居ない。
 小さな箱の中、更に狭いクロスシート。
 此処は今、俺たちだけの世界だ。
 ほんの少し前までもっと広いステージを独り占めしていたアイドルの面影は、最早無い。

 しゅぅぅぅぅ……

 アナウンスも無く、名前も知らない駅に電車は止まる。
 別の車両から、乗客が降りる音と声。
 彼、彼女らはこの地に暮らしているのだろうか。
 そんな知りもしない、普段だったら考えもしない事に意識を向けているうちに、気付けば電車は再び次の駅へと向かいだしていた。


大崎甘奈「えっちなのはいけません!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 22:06:29.67 ID:wZsk/BkfO

ある日の事務所



P「ふう……社長への報告も済んだし、少し休憩するか」

P(といっても、特にこの時間でやりたいこともないし……ネットサーフィンでもしよう)


カチッ カチッ


P「ふーん……おっ。これはうちのアイドルの話題だな。WINGで優勝してから、やっぱり世間からの知名度も上がったよなぁ」

P(こうしてテキトーにネット見てるだけで名前を見るなんて、プロデューサーとしても鼻が高いよ)

P「どれどれ、内容は」



『283プロアイドルに激似って話題のAVが出てるらしいぞ』



P「!?」ブーーッ

P「な、なんだこの書き込み! AVって、嘘だろ……いや、でも同調してるレスもあるな……ということは、マジなのか?」

P「本物が出てるわけないし、そうなるといわゆるそっくりさんか……確かに、有名になった証ではあるかもしれんが……にしても、うちのアイドルに激似って売りのAVはちょっとなぁ」

P(というか、マジならせめてタイトルくらいちゃんと載せてくれ……気になってしょうがないぞ。うちのアイドルの誰に似てるんだ?)

P(さすがに未成年ではないとするなら、千雪か夏葉の二択……いやいやいや、真面目に考察してどうするんだ俺。仮に正解がわかったとしてどうするつもりだ)

P「こんなの気にしたってしょうがない。ある意味箔がついたとだけ思って、細かいことは忘れよう」

P「そう、こんなこと、気にしたって――」


冬優子「あいつの部屋と、二人の場所」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:02:30.13 ID:npx55dB+0

アイドルマスターシャイニーカラーズのSSです。
いわゆるPドルですので、ご注意ください。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:05:17.42 ID:npx55dB+0

「あー、仕事中なのにスマホでやらしーの見てる。いけないんだー」

「あっ、こら、覗くなよ」

「ショックですぅ……ふゆのプロデューサーさんが、そんなえっちな人だったなんて……」

「これは別にそういうのじゃなくてだな」

「あ、言い訳するんだ。かっこわる」

「っていうか、別にいいだろ。今は休憩中なんだよ」

「サボってるように見えるけど?」

「こうやって適度に手を抜くのも、大人の処世術だ」

「大人ってずるいわね」

「何とでも言え」


七草はづき「夢の中でイってみたいと思いませんか」

1: ◆OBrG.Nd2vU 2019/04/12(金) 22:14:50.07 ID:Ea+v76+f0

アイドルマスターシャイニーカラーズ七草はづきR-18SSです。

シャイニーの日に合わせて。


2: ◆OBrG.Nd2vU 2019/04/12(金) 22:17:25.66 ID:Ea+v76+f0

俺が283プロダクションのプロデューサーになってから一年。

現時点での集大成とも言うべきファン感謝祭の大成功を祝し、今夜は社長とはづきさんと三人でささやかな宴席を設けた。

社長とは何度か一緒に飲みに行ったことはあったが、掛け持ちバイトで多忙極まるはづきさんとは初めてだ。

感謝祭の成功とはづきさんの飲み会参加でテンションが最高潮になった社長は一軒目の小料理屋の時点でかなりのハイペースで飲んでフラフラ状態、二軒目のショットバーでウイスキーロック一杯を飲んでダウン寸前となり、「二人で飲んでいけ」と俺に諭吉さんを数枚手渡して帰宅した。

こんなにいらないんだけど豪気な人だ。

それにしても社長があんな状態になるまで飲むなんて珍しい。

はづきさんが勧め上手なせいもあったのかもしれない。


「隣……失礼しますね」


社長が帰って空席となったバーカウンターの俺の隣の席にはづきさんが座った。

社長のハイペースな飲みっぷりが心配であまりはづきさんに気を回せていなかったが、あらためて彼女が魅力的な女性なのだと、今更ながら思い知らされる。

白い薄手のブラウスにカーキ色のカーディガン、ベージュのタイトスカートという私服姿。

特に露出度が高いわけでもないが、事務員の地味な制服の下に隠されていた肉感的な肢体が浮かび上がっている。

普段は後ろで纏めている長い髪を今は下ろしていて、彼女が身じろぎすると薄明かりに揺らめくのが色っぽい。

プロデューサーという職業はアイドルのモチベーション管理が最重要となってくるため、女性と二人きりで話すことには慣れているし、そもそもアイドルには聞かせたくない相談事などをはづきさんと二人きりで話すなんてしょっちゅうだ。

今になって意識して緊張する方がおかしいと思われるかもしれない。

しかし、あくまでそれは仕事の上での話であってプライベートとなればまた別だ。

「自分はプロデューサーで、仕事に、アイドルに私情を持ち込まない」という誓約があってこそ、俺は冷静に、柔軟に彼女たちに接することができるのだ。

はづきさんとはお互いにプライベートな部分に関しては知らないことが多い。きっと未知な部分が俺を緊張させているに違いない。


黛冬優子「アナタは優しくて」

1: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/05/16(木) 01:05:24.36 ID:TMWIjwcV0

黛冬優子さんとPのエロSSです


2: ◆U.8lOt6xMsuG 2019/05/16(木) 01:07:08.99 ID:TMWIjwcV0

ふゆがアイドルとして忙しくなればなるほど、もちろんプライベートな時間も比例するようになくなって、アニメの録画が増えていく一方だった

ネタバレをされないようにするのも一苦労。ツイスタで他人が発進してる感想や考察を見ないように気をつけてええあのキャラ死んだの? ウソ!? 推しが!! 死んだ!?

軽くへこんだ。この衝撃はニュートラルな状態で受けたかった

「……最っ悪」

マスクの中で声が籠もる。周りの誰にも聴かれてませんように、と少し遅れてお願いした。むき出しの言葉は、冬優子って呼んでいいアイツだけが聞いて良いんだから

……まだディレクターさんと話し込んでるのかな。待ち時間が嫌に長く感じる。しょうがないからソシャゲを起動する。まだ今日のログインボーナスを受け取ってない

「ごめん、待たせた」

デイリーミッションをクリアして、他のソシャゲも同じようにやっていく。その途中で、アイツがやって来た

「遅い」

「……悪い」

また口が悪くなってしまった。待ってないよ、とか言えれば良かったのに。スマホをバッグに入れ、横に並んで歩いて行く。駐車場までの道のりが、来た時よりも短く感じた


【シャニマス】チョコしてもいいですか

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/24(金) 22:01:31.00 ID:ERzHuNUU0

【シャニマス】普通の私は憧れの先に憧れる
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1553871319/

【シャニマス】私の輝きは智代子いろ
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1554823249/

第三作目。地の文多め。
それでもいい方、是非読んでいってください。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/24(金) 22:03:09.98 ID:ERzHuNUU0

 恋の感情というものを、私は味わったことがなかった。どんな味がするんだろう、と疑問に思うことはあるけど私は分かろうとしなかった。

 私の持っている恋の知識は、少女漫画。

 可愛い女の子が自分を守ってくれるカッコいい男の子と出会って、波乱があったりすれ違いがあったり、その果てに付き合ってキス……とかをしちゃう。

 漫画だから都合が良くなってしまうのは分かっているけど、不思議とときめいてしまう。

 そういうものだと解釈している。


P「モフらせて欲しい」有栖川夏葉「モフ……えっ!?」

1: ◆TOYOUsnVr. 2019/05/19(日) 20:29:21.72 ID:wUNv0k9g0

P「あ、悪い。急に言われたらびっくりするよな」

夏葉「……ええ。詳しく説明してもらえるかしら」

P「ああ。その……なんて言えばいいのか。たまにストレスがたまるとさ」

夏葉「ええ」

P「もうダメだー、ってなって癒しが欲しくなるわけなんだが……」

夏葉「それで、その……も、モフ? りたくなったってことね」

P「そう。ダメか?」

夏葉「ダメかどうかは別にしても……それ、白昼堂々言うことではないと思うのだけれど」

P「ああ。仕事中に言うことじゃなかったな……すまん。もふもふしたい衝動に駆られて……ふと、な……」

夏葉「ふと、ってそれ言う相手を間違えたらアウトよ?」

P「わかってる。だから夏葉なんだ」

夏葉「……私以外にいないの?」

P「そうだなぁ……ああ、夏葉以外いない」

夏葉「……………………そう」


P「ぶつかって落とした夏葉のバッグからタバコの箱が出てきた…」

1: ◆dOYH2O5oOo 2019/05/17(金) 23:18:25.91 ID:CyGI7++U0

P(…)

P(まさか、夏葉が陰でタバコを吸っていたなんて…)

P(成人とはいえ、これが世間にバレたらアイドルのイメージに響く、よな…)

P(…夏葉も悩みがあるんだろうな。よし、ここはプロデューサーとしてきちんと向き合って話し合おう)