TOP > りゅうおうのおしごと!

九頭竜八一「強くなる秘訣が知りたいですか?」空銀子「知りたい」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/12(火) 20:54:19.50 ID:DuefMiIs0

銀子「くっ……!」

空銀子は苦しんでいた。
ついに幕を開けた三段リーグ。
銀子は新三段として戦いの日々を送っていた。

戦績は、散々だった。
記録上はいくつか白星がついている。
しかし、それは全て相手の悪手によるもの。
勝ちは勝ちであるが、後味は悪い。
久しく快勝というものを味わっていなかった。

痛感したのは自分の将棋が通用しないこと。
何をやっても対応され、当たり前に返される。
野球で例えるならば、自分が持ち得る全ての球種を打たれるようなものだ。手も足も出ない。

それは単純に研究の量によるものではない。
銀子とて寝る間を惜しみ研究に勤しんでいる。
最新形から古典まで幅広く知識を掻き集めた。
だが、通用しない。それは何故か?

答えは簡単だ。
銀子は地球人で、他は将棋星人だから。
生まれる星が違う彼らの感覚は、違っている。
将棋星人は、読まなくても駒の動きが見える。
連携などもまるで幾何学模様のように見える。
しかし、銀子には見えない。だから、弱い。

対局後の感想戦で、それは浮き彫りとなる。
相手に指摘された変化がピンと来ないのだ。
まるで、違う言語で話されたような感覚。
返答に困っていると、首を傾げられる。
銀子がわからないことを相手はわかってない。
わかって当然であると、誰もが思っている。

その度に、ふざけるなと怒鳴りたくなる。
ここは地球なのだから、地球の言葉で話せと。
いや、そうではない。自身が不甲斐ないのだ。
同じ言葉、同じ感覚を持たぬ自分自身の弱さ。
それが腹立たしく、苛立たしく、情けない。

銀子「ちっ……!」

劣等感を叩きつけるように、銀子は駒を打つ。
しかし、ノータイムで指し返された。
また、自分が読んでいない手。
無論、相手はそれを読まずに導き出せる。

その差は歴然とした実力差となり、襲いかかる。


九頭竜八一「風呂から上がったら、揉んでやる」夜叉神天衣「……えっ?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/08(金) 00:37:53.05 ID:PCyqDion0

その日、盛大な宴が挙行されていた。
史上最年少の女王の誕生を祝うべく、棋界内外を問わず、様々な客でごった返している。
主催者である清滝一門は大忙しだ。
その中には、プロ棋士であり、竜王の称号を持つ九頭竜八一の姿もあった。
それも当然。今日は彼の二番弟子の晴れ舞台。

新たな女王の座に就いた、夜叉神天衣。

スポットライトを浴びる弟子を温かく見守りつつ、八一は招待客に酒を注ぎ、賛美や冷やかしに応対している。笑みは自然に溢れた。
無理に愛想を振りまく必要などなかった。
弟子の晴れ舞台は師匠の誉れ。
すぐに抜かされてしまうのでは、との声も多数頂いたが、気分を害することはない。
むしろ、その日が来るのが楽しみである。

しかしながら、自分は竜王。
最強を名乗るつもりはないが、頂点の一角だ。
そのくらいの自負は持ち合わせている。

故に、弟子には高みを目指して欲しかった。

八一「天衣、今日は俺の家に泊まりなさい」

天衣「……は?」

縁もたけなわとなった頃合い。
大勢の大人に囲まれて、流石にくたびれた様子の天衣の耳元で囁く。
すると、キョトンとした表情を浮かべて、困惑している様子。
すかさず、すぐ近くにいた一番弟子であり内弟子でもある雛鶴あいが口を挟んできた。

あい「やったー! 天ちゃん、一緒に寝よ!」

八一「いや、あいは今日は桂香さんの家に泊まりなさい」

あい「ふぇっ? どうしてですか?」

八一「どうしても、だ」

有無も言わさぬ口調に、あいは文句を言いたげだったが、師匠の表情を見てやむなく頷く。

あい「はい……わかり、ました……」

八一「良い子にしてるんだぞ? それじゃあ、天衣。ついて来なさい」

天衣「えっ? ちょ、ちょっと……!」

あいを残し、天衣を会場から連れ出す。
状況が理解出来ない二番弟子の手を引くと、意外にも文句を言わずに大人しくついてきた。


銀子「頓死しろクズ!」八一「ああ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/28(水) 17:49:10.82 ID:9tv5hxKco

九頭竜宅

 あいはJS研の皆と研究会をしに暮坂先生のお宅にお邪魔している。
そのため本来なら家には俺一人しかいないはずなのだが……

「なんでいるんですか姉弟子」

 なぜかベッドの上で姉弟子が寝転がっていた。
 今更特筆するほど珍しい光景ではないのだがセーラー服の女の子が自分のベッドで横になっている、ましてそれが妖精のような外見をした女の子であるのだから当然意識しないわけがない。

 とはいえ相手はあの姉弟子だ。甘酸っぱいラブコメに発展するわけもなく。

「八一、次はそっちのやつ取って」