TOP > ローゼンメイデン

蒼星石「ジュンくんを嫉妬させたいんだ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 21:34:25.23 ID:bxpAmtWK0

途中までになるかもですが。


蒼星石「……」ペラペラ

翠星石「あれ、蒼星石。読書中ですか」

蒼星石「ん?やあ翠星石。おじゃましてるよ」

翠星石「なに読んでるですか?」

蒼星石「『ローゼンメイデン0―ゼロ―』だよ」

翠星石「ローゼンファン待望の新シリーズで、ウルトラジャンプで絶賛連載中のあれですか?」

蒼星石「うん、9月19日に単行本2巻がでたからジュンくん名義でポチッたんだ」

翠星石「翠星石たちの大正時代の活躍を描いた作品ですねぇ。懐かしいですねぇ。まさかあんな事件が起きて、あんな形で解決するとは」

蒼星石「懐かしいねぇ。まさかあのドールがあんなことをして、あんなことになるなんて」


蒼星石「相談したいことがあるんだ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/05(日) 12:41:57.65 ID:3gZJMGNp0

蒼星石「やあ翠星石。よくきてくれたね」

翠星石「なんですか。蒼星石。こんなnのフィールドまで呼び出して」

蒼星石「ちょっと君と二人になりたくてさ」

翠星石「ジュンの家じゃだめなんですか?」

蒼星石「できれば誰にも知られたくない用事なんだ」

翠星石「…………まさかアリスゲームでも始めようってんじゃねーでしょうね」

蒼星石「フフ、まさか。ちょっと相談したいことがあるんだ……」

翠星石「相談?」


翠星石「すこやかに〜伸びやかに〜」サターニャ「ちょっと何やってるのよ!!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/11(火) 17:35:53.207 ID:hDqXZqNDr.net

翠星石「もうちょっと待ちやがるですぅ」

サターニャ「あんたが待ちなさいよ!!」

翠星石「もううるせーチビ悪魔ですぅ…」

サターニャ「ちびじゃないわよ!?」

翠星石「すこやかに〜伸びやかに〜」

サターニャ「ききなさいよ!?」


金糸雀「あ、水銀燈かしら!」

1: ◆Y7n59TaHjE 2016/12/30(金) 22:24:16.67 ID:pNp9vsrCo

ネタバレ注意です。


翠星石「すこやかに~!のびやかに~!」蒼星石「何を育てているんだい?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/09(金) 21:47:52.344 ID:s5mXS8PU0.net

翠星石「見てわからないですか?」

蒼星石「うん。さっぱりわからない。眠っているジュンくんに、一体何をしてるんだい?」

翠星石「だったら見てのお楽しみですぅ!すこやかに~!のびやかに~!」

ジュン「う~ん…」

蒼星石「翠星石、ジュンくんがうなされてるみたいだけど…?」

翠星石「いいから黙って見てるですぅ!さぁ~て、そろそろ仕上げですぅ!すこやかに~!のびやかに~!……真っ黒い縮れ毛を伸ばしやがれですぅ!!」

蒼星石「なんだって!?」


真紅「お花を摘みに行ってくるわ」ジュン「うんこか?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/04(日) 21:00:03.788 ID:jOfG//to0.net

真紅「は?」

ジュン「どうかしたか?」

真紅「……いえ、気のせいね。それじゃあ、ジュン。私はお花を摘みに行ってくるのだわ」

ジュン「終わったらちゃんと流せよ」

真紅「えっ?」

ジュン「えっ?」