TOP > ゆるゆり
カテゴリー  [ ゆるゆり ]

【ゆるゆり】京子「私たちは、強い!」

2019/05/17 00:01 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/09(日) 21:45:08.19 ID:Uu/MRf6Uo

(ごらく部)


京子「今日は、みんなに大事な話がある」

結衣「ん?何だ京子」

ちなつ「どうしたんですか?」

あかり「大事な話?」


あかり、ちなつ、向日葵「シスコン?」

2019/04/25 00:04 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 00:36:45.01 ID:UV6XGvRl0

櫻子「私さあ、ゆきちゃんに、シスコンなんじゃないのって言われたんだよねぇ」

あかり、ちなつ、向日葵「シスコン?」

櫻子「そうそう。昨日の掃除中に話してたんだけどね……」


【ゆるゆり】あかり「ゆるゆりがもし4コマになったら?」

2019/04/23 15:03 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 20:16:58.00 ID:pBksH92W0

ちなつ「どうなると思う?」

あかり「ええ?そんなの全然想像つかないよー」

ちなつ「けど、たまにそういうのあったりするでしょ?」

あかり「そうだけど・・・」


櫻子「ブックオフなのに本ねーじゃーんwwww」

2019/04/18 18:02 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/08(月) 22:23:25.91 ID:FB00kJIh0

櫻子「フィクションは本だけにしとけよww」

向日葵「……」ハァ

櫻子「な、なんだよその顔」

向日葵「櫻子……ブックオフは、名前こそブックオフですけど、いわゆるリサイクルショップですのよ。ですから、本だけじゃなくて、服とか、ゲームとかも取り扱ってますのよ」

櫻子「そんなの知っとるわ!」

向日葵「え?櫻子のことだから、てっきり知らないのかと」

櫻子「はぁ!?なんだよそれ!私は、あのCMの真似をしただけ!」



【ゆるゆり】京子「ごらく部ゴージャス」

2019/03/20 15:01 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/02(土) 14:21:00.99 ID:gQ0LmRS40

(ごらく部部室)


ガラ

京子「よーっす、みんなー」

結衣「よう京子」

ちなつ「今日は京子センパイ」

あかり「今日は、京子ちゃん」


ちなつ「私の運命の人は…!」

2019/03/07 03:04 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/26(火) 02:15:46.45 ID:ks3nDP040

~七森通り~

ちなつ「はぁ~…ついに買っちゃった!」

ちなつ「最近巷で話題のマンガ、『sitrus』」

ちなつ「確か、義理の姉妹百合の話よね~」

ちなつ「早く家に帰って読まないと」フンス

ちなつ「んっ?」チラッ

ちなつ「なんでこんなところにテントが…?前はなかったのに」

ちなつ「一体なんのために?サーカスでもやるのかな…?」

ちなつ「なんか看板に書いてある。なになに……『あなたの運命の人を占います!~恋占いの館~』…」

ちなつ「恋占いの館!?運命の人!?」

ちなつ「将来の結婚相手が……」ユイセンパイ

ちなつ「……いやいやいや、んな訳ない!なんか胡散臭いし」ブンブン

ちなつ「こんな即席のテントでやってる占いなんて信用できんわ!」

ちなつ「帰ろ帰ろ!」クルッ

ちなつ「帰って、速く漫画読まないと!」チラッ

ちなつ「……」チラッ

ちなつ「……」チラチラッ

ちなつ「ちょっとだけよ、ちょっとだけ…」クルッ


ちなつ「妄想夢枕?」

2019/03/04 22:02 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/23(土) 09:43:08.06 ID:wyqphEyR0

~ちなつの家 リビング~


ちなつ「暇だなあ、テレビ見よ」ピッ

『七森直販の、ネットショッピング!』

ちなつ「ネットショッピングか、チャンネル変えようかな…」

『今、あなたに好きな人はいますか?』

ちなつ「好きな人!?」ビクッ

『思いを伝えたいけど、なかなかできない……そんなこと、ありますよね』

ちなつ「あるある!」

『そんなあなたにオススメなのが、この枕です!!』


ちなつ「枕?」

『この枕は、妄想夢枕。この枕で寝ると、レム睡眠の時に、枕の内部に内蔵されている電気信号発送機が特殊な信号を脳に発信し、あなたが望んだ夢を見ることができます!』

ちなつ「本当かしら?」

『この枕を使って寝れば、告白できなくても、夢の中で憧れの人とあーんなことや、こーんなこともできちゃいますよ~』

ちなつ「あーんなことやこーんなことを、結衣先輩と!?」ホワワ-ン


【ゆるゆり】櫻子「おっぱいなんて、大っキライだ・・・!」

2019/02/21 15:03 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/11(月) 13:19:58.18 ID:t7l1MBaJ0

(1年教室)


あかり「向日葵ちゃん、何だかまた胸が大きくなったねー」

ちなつ「うん、見ただけでわかるよ」

向日葵「い、嫌ですわ赤座さんに吉川さん」

櫻子「・・・」


櫻子「怪しい…」

2019/02/14 11:05 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/14(木) 01:00:43.05 ID:z/0NjRXg0

~2月12日 学校~

櫻子「フフフンフーン、フフフーン♪」ルンルン

向日葵「櫻子、あなたずいぶんご機嫌ですわね」

櫻子「だって明後日はバレンタイン!チョコがいっぱいもらえる日じゃん!」

向日葵「はぁ…」

櫻子「なんだよ、ため息なんかついて」

向日葵「あなたは食べることしか考えてないでしょ。私は手作りチョコたくさん作らなきゃいけないから、ちょっと大変ですわ」

櫻子「はいはい私はどーせチロルチョコですよー」

向日葵「全く、櫻子が私の手作りチョコ食べたいなんか言うから…」

櫻子「だって食べたいんだもん!」

向日葵「まあいいですけど…」

櫻子「じゃあ向日葵、今日は生徒会無いし一緒に…」

向日葵「あっ、ごめんなさい櫻子。今日は用事があって一緒には帰れませんのよ」

櫻子「えっ」

向日葵「じゃあ」タッタッ

櫻子「向日葵が…用事?」


【ゆるゆり】京子「冒険者になるための特訓を開始する!」

2019/02/12 20:04 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/02(土) 11:08:52.62 ID:dY3dRycZ0

(ごらく部部室)


京子「これからの時代は、冒険者だ!」

結衣「京子お前、この前はこれからの時代はスパイだとか言ってなかったか?」

ちなつ「本当に、京子センパイって唐突なんですから・・・」

あかり「冒険者になる特訓?何をするの?」


あかり「向日葵ちゃんとあかりが双子の姉妹?」

2019/02/08 00:02 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/27(日) 21:17:25 ID:LlyYwcEA

「ー起きなさい。もう朝ですわよ」ユサユサ


あかり「うーん…」


「あかり! 起きなさい!」ユサユサ


あかり「ふぇっ!?…へ?ここどこぉ?」


「どこも何も…わたくしたちの部屋ですわよ。寝ぼけてますの?」


あかり「ひ、向日葵ちゃん?」

向日葵「…完全に寝ぼけてますわね。顔洗ってきなさい。そしたらみんなでご飯にしましょう」

あかり「う、うん…」


【ゆるゆり】向日葵「お仕置きですわ!」

2019/02/07 18:01 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/28(月) 00:31:20.99 ID:OmRnhwjC0

続編ではないですが一応同ジャンルのものを貼っときます
あかり「理不尽だよぉ…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1547569766


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/28(月) 00:32:25.01 ID:OmRnhwjC0

1月某日 大室家

櫻子「ギャハハハハハ!」ゲラゲラ

花子「櫻子、うるさいし。自分の部屋で漫画読めし」

櫻子「え~いいじゃん!ちょっと今いいことだから…グフフフフ」

撫子「櫻子、冬休みの宿題やったの?」

櫻子「宿題?まだ1週間あるんだし、大丈夫でしょ!…クククッ」

花子「そのセリフ、前にも聞いた気がするし」

撫子「その時は確か、最終日に泣きながら土下座してたような…」

花子「まさか最終日まで全くやってなかったとは思わなかったし」

【ゆるゆり】結衣「そういう空気の作り方」

2019/02/07 06:03 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/27(日) 11:15:52.05 ID:ksll9T930

(結衣の家)


テレビ「・・・このように、首を左右に振る運動で」

テレビ「血行が良くなり、肩凝りの予防にもなるのです」


京子「へー・・・」

結衣「本当に効果あるのかそれ」


【ゆるゆり】京子「アニメ業界を救う方法…?」

2019/01/30 12:04 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/18(金) 20:39:01.79 ID:kgRRqL9h0

~ごらく部の部室~




京子「いやー、今期のミラクるんも良かったなー」

結衣「本当に京子はミラクるん好きだな」

ちなつ「まったく、ここの所毎日ミラクるんの話ばかりなんですから」

あかり「京子ちゃん本当に好きなんだね、ミラクるんのアニメ」


【ゆるゆり】ちなつ「離しなさいよぉ…」

2019/01/29 15:02 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/19(土) 02:06:24.29 ID:Dtvi+D440

あかり「理不尽だよぉ…」の続きです。
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1547569766/


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/19(土) 02:07:08.65 ID:Dtvi+D440

ちなつの家

ちなつ「はい、あかりちゃんお茶どうぞ」

あかり「あ、ありがとう…」

あかり「い、いただきます」ズズッ

ちなつ「どう?」

あかり「う、うん、おいしいよぉ」

ちなつ「ほんと、よかった!」

あかり「あ、あはは…」


あかり「理不尽だよぉ…」

2019/01/26 12:01 | ゆるゆり | コメント(1)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/16(水) 01:29:26.54 ID:pmetx3+n0

ちなつ「はぁぁぁ~~、本当に今日先輩たちいないの?」

あかり「結衣ちゃんも京子ちゃんも用事があるって言ってたから、今日は2人だけだね…」

ちなつ「はーあ、結衣先輩に会いたいな会いたいな会いたいな会いたいなぁ~」

あかり「別に、明日になったら会えるんだから、そんなに落ち込まなくても…」


【ゆるゆり】あかね「え、私からオジさんっぽい雰囲気が漂ってる・・・?」

2019/01/24 22:02 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/12(土) 11:21:27.71 ID:WnyvoZTl0

あかり「そう!何か最近、お姉ちゃんから、上手く言えないんだけど・・・」

あかね「な、何で?もしかしてそういう匂いでもしてるのかしら?」

あかり「ううん、匂いはお姉ちゃんがいつも使ってるシャンプーの匂いだけど」

あかね「なら、どうしてかしら・・・?」


【ゆるゆり】あかね「あかりが姉妹相姦モノのエロ本隠し持ってた・・・」

2018/12/02 13:03 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/25(日) 17:35:41.75 ID:yULPigTZ0

バサリ

あかね「・・・」

あかり「・・・」


向日葵「ゼロカロリーですわ!」

2018/12/02 10:01 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/26(月) 21:50:05.40 ID:PBTZ3T320

夕飯

楓「おねえちゃん、もう食べないの?」

向日葵「もうお腹いっぱいですわ」

楓「…いつもの半分も食べてないの」

向日葵「今日はあまり食欲がないのよ」

楓「だいじょーぶ?もしかして熱とか
向日葵「大丈夫ですわ!しばらくすれば治りますから」

楓「そうなの…?」

向日葵「楓、心配してくれてありがとう。今日は私も早く寝ますから、気にしないで」

楓「…わかったの」

向日葵(今日体重を計ったら3キロも増えてましたわ!絶対に痩せないと!だけど、楓に勘付かれないようにも気をつけなくてはなりませんわ!)


櫻子「姉ちゃんとあかりちゃんが入れ替わっただってっ!?」

2018/11/29 14:02 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/25(日) 14:50:40 ID:Xa7ENgXk

古谷家

櫻子「姉ちゃんって私にだけ優しくないよね」

向日葵「はい? 何を急に?」

櫻子「いや、撫子姉ちゃんって私にだけ厳しいじゃん?」

向日葵「それは貴女がバカなことばかりするからでは?」

櫻子「いや、きっと花子にばっかりひーきしてるんだ、うん絶対にそうだ」

向日葵「そういうところですわよ?」