TOP > ゆるゆり

【ゆるゆり】櫻子「告白予告」

2017/09/07 21:04 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/07(木) 01:21:54.96 ID:+EtVRVLso

夏本番を控え、ピークはこれからだというのに連日猛暑が続き、蒸し暑くてなかなか寝付けない、とある夜。

目を閉じて身体を休ませ、まどろみの中に溶けていこうとする私の耳に、LINEの通知音が入ってきた。

鳴った瞬間は、確認する気はなかった。

時刻は夜11時を過ぎている。一般的には遅い時間だ。何が送られてきたのかはわからないが、送ってくる相手も「もしかしたらもう寝てるかもしれない」ということくらい考えているはず。それなら今は通知を聞かなかったことにして、明日の朝に確認すればいい。

じわり汗ばむ熱帯夜、やっと体温も下がり始めて睡眠に適した環境が整いつつあるのに、わざわざ身体を覚醒させることはない。まだギリギリ夏休みではないため、明日も学校があるのだ。早く寝ないと、ただでさえ低い寝起きのテンションが底値に達し、朝から櫻子に煙たがられてしまう。私にとって、この寝付くまでの時間というのは意外と大切な意味を持っていた。

……でも。


向日葵(…………)


なんとなく感じる、胸騒ぎ。

もしかして、あの子から? という直感。

私が寝ているかどうかなんてお構いなしな、あの子が送ってきたんじゃないかという予感。

目を閉じている私の胸の中で、いくつもの思考がぐるぐると渦巻く。考えれば考えるほど、あの子かも、たぶんあの子だ、あの子くらいなものだ、あの子で決まりでしょうと、予想が強く固まっていく。

一息ついて、閉じていた目を薄く開ける。身体はもう少しで眠ろうとしていたけど、心はどんどん物事を考えてしまって落ち着かなくなっていた。

せっかく寝付くところだったのに。つまらない用事だったら明日怒ってやる。楓を起こさないように静かにベッドを降りて、机の上のスマホを確認した。


向日葵「……?」


画面に表示されたのは私の予想通り、櫻子からのLINE通知。けれど私が思い浮かべていたような、明日の学校に持っていく荷物の確認などではなく、通知ダイアログからは内容がわからないよう改行が重ねられたメッセージだった。

トークルームを開かないと主要部分が読めないようになっている。通知だけで内容を知られてスルーされたら困るのだろう。もともと私はあまりメッセージを無視しない方なので、櫻子は私に対して滅多にこういうことをしない。

こうまでして私に見てほしい何かが、ここには書かれている?

一瞬の間を置いて、私は櫻子から送られてきたメッセージの全文を表示した。


向日葵「はい?櫻子と赤座さんが入れ替わった?」

2017/09/06 17:01 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/09/03(日) 09:42:05 ID:00v05w2U

向日葵「すみません、仰る意味がよくわかりませんが」

あかり「だーかーらー、朝起きたら入れ替わってたって言ってるじゃん!! なんでわかんないんだよ!!」

向日葵「えぇっと、赤座さん。そんな無理して櫻子に付き合うことないんですのよ?」

あかり「無理とかじゃなくてっ!? もう、おっぱいばかりに栄養がいって頭に回ってないんじゃないのか!!」

向日葵「なっ!? あ、赤座さん!?」


京子「結衣ー、そこの高級ステーキとって」結衣「ねーよ」

2017/08/07 23:52 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 22:48:01.36 ID:MTS/Tacb0

京子「結衣ー」

結衣「……今度はなに?」

京子「ミラクるん公式ファンブック 胸がドキドキっ☆それゆけミラクるんっ! とってー」

結衣「言ってて恥ずかしくないのか」

京子「めちゃくちゃ恥ずかしい」

結衣「じゃあすんなよ……ほら」ヒョイ

京子「こんぐらっちゅれーしょん!」パシッ

結衣「意味分かってんのか?」

京子「知らん!」

結衣「でしょうね」


【ゆるゆりSS】撫子「めぐみ遅いな……」

2017/04/30 18:41 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 22:06:36.28 ID:RIuXEj2y0

めぐみ「あれ?撫子の家はここ曲がって……いやその先をまがるのかな?」

めぐみ「よく分かんないから撫子に迎えに来てもらおうかな」

めぐみ「と思ったらまさか携帯の充電切れてるとは……」

めぐみ「もしかして私……迷子?」



「お困りですかな?」



めぐみ「はい!道に迷っちゃって……」チラッ

めぐみ「きゃーー!!ばけものーーーーー!!!」ダッ


あかり「起きるよぉ」

2017/01/18 01:44 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/17(火) 22:06:08.018 ID:+6fpi+pFd.net

酷く薄い光があかりを包み込んでいた

あかりはそれに気が付いて目を覚ました

そこは瓦礫の中だった

それも瓦礫が外界を塞ぐように

あかりを閉じ込めている場所だった


あかり「ずっと夜だよぉ」

2017/01/17 09:25 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/17(火) 01:52:35.528 ID:I8ET3ZEfd.net

太陽系第七惑星天王星

時点軸が98度傾いたその惑星は

太陽に面している逆の地平では

ずっと夜だった

あかりちゃんはご満悦だった


あかり「朝がこないよぉ」

2016/12/27 02:15 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/27(火) 01:03:39.226 ID:nKN1vnVEd.net

天と地の狭間で赤座あかりは悩んでいた

この世に生を受けたこと

恒星を廻る小さな惑星の上に

敢えなく誕生したこと

ちっぽけな存在

天使としての自分

赤座あかりというもの


赤座あかりは自分の存在がなんなのか

確かめたかった


あかり「わぁいガルパン あかりガルパン大好き」

2016/12/08 01:05 | ゆるゆり | コメント(0)
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:34:20.436 ID:9OIK6YPV0.net

あかり「わぁいガルパン あかりガルパン大好き」

ちなつ「ガルパン面白いよね。私もう10周はしちゃった♪」

結衣「でも京子、どうして急にガルパン観賞会しようなんて言い出したんだ?」

京子「いや~、たまにはみんなでアニメ観るのも良いと思ってさ。この前最終章の情報出たばっかだし、何よりめっちゃ面白いから盛り上がるっしょ!」

結衣「また京子の変な思いつきか…でも、良い考えじゃないか」

京子「だろう?」(ミカ風)