TOP > 魔法科高校の劣等生

劣等生「バブバブ」妹「お兄様どうちまちたか~?」

1: ◆K8tYiZBzlkyt 2017/03/18(土) 16:16:46.77 ID:BDpoixVg0

劣等生「オギャア!オギャア!」バタバタ

妹「お兄様、オムツですか~?ミルクですか~?」よしよし

劣等生「オギャアー!」

妹「さすがはお兄様でちゅね~」なでなで

劣等生「あぁ^~」ジョボボボボ


劣等生「彼岸島に行こう」妹「さすがです」

1: ◆K8tYiZBzlkyt 2016/10/12(水) 06:07:59.29 ID:SS3Kqd5J0

妹「こちらにいらっしゃるのはお兄様。見ての通り頭の良いお兄様です」

劣等生「彼岸島に行こう」

妹「さすがはお兄様です」

会長「凄ェ!」

バス女「なかなかできることじゃないよ」


劣等生「今日は何もせずに過ごそう」妹「さすがです」

1: ◆K8tYiZBzlkyt 2016/09/09(金) 06:38:27.56 ID:nmPK5akg0

劣等生「ふぅ」

妹「さすがはお兄様です。今日も立派に肺呼吸をなさっておいでです」

会長「上出来の肺呼吸よ劣等生くん!」

メガネ「肺呼吸!?劣等生さんは肺を使って息ができるんですね!」

風紀「意識せずとも呼吸が可能だなんて…君というやつは!」

バス女「なかなかできることじゃないよ」

剣道「ちゃんと息ができてるなんて、偉いぞ~劣等生くん!」


原始劣等生「石を尖らせて槍を作ろう」原始妹「さすがです」

1: ◆K8tYiZBzlkyt 2016/03/17(木) 20:02:23.97 ID:mAFI2amb0

剣道「ダメねー。棍棒と石だけじゃ獲物を狩るのも一苦労よ」

メガネ「小さい獲物ならまだしも、大きな獣は狩れませんね」

会長「困ったわね」

劣等生「それならこれを使ってみてください」すっ

剣道「何このとんがった棒!?」

劣等生「それは俺が開発した『槍』という武器だ」

メガネ「すごい・・・!どうやって石をこんな風に尖らせたんですか!?」


劣等生「即席鍋焼きうどんが美味しい季節だな」妹「さすがです」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/02(日) 09:35:19.24 ID:1QxpLOvZo

妹「お兄様ほどのお力があれば、即席のうどんでない鍋焼きうどんを作る事だって可能なはず」

会長「なのに、あえてそうはしない・・・貴方という人は」

剣道「あくまでも即席にこだわるって言うの!?」

風紀「やはり君は他とは違う・・・!」

バス女「なかなかできることじゃないよ」

劣等生「たまたまですよ」


劣等生「これは…真剣ゼミでやったところだ!!」妹「さすがです」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 05:34:10.00 ID:qXIu3bSso

妹「さすがはお兄様。一日20分の真剣ゼミで見事にテストのポイントを学習なさっています!」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 05:38:32.38 ID:qXIu3bSso

【ある日】

劣等生「この学校の入試で俺が評価されず、妹は評価された理由だって?」

メガネ「はい、失礼だとは思うのですが、私には妹さんだけが評価され劣等生くんが評価されない理由がわからないので…」

妹「それはお兄様の能力が学校の規格を大きく逸脱しておいてで、評価されないにすぎません!!」

バス女「なかなかできることじゃないよ」


深雪「お兄様、お願いします!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 23:23:56.19 ID:I3L+gmw6O

五十里、桐原「……」

花音「けい!けい!」

紗耶香「桐原くん!しっかりしてぇ!」

深雪「お兄様、お願いします!」

達也「……」スチャ

花音「なにを!?」

達也「……」カチ

達也「ぎゃあああああああああああッ!!!!」

一同「!?」ビクッ


「司波深雪の朝は早い」

1: 名無しさん@おーぷん 2014/09/24(水)00:00:23 ID:qN72KQfhU

関東地方の東京都八王子市。
彼女はそこにある国立魔法大学付属第一高等学校に通う一年生だ。
今日は彼女の一日に密着する。

記者「おはようございます」

深雪「おはようございます」

記者「早速なのですがどうして早起きをしたのですか?」

深雪「お兄様の下着を脱衣所から回収するためです」


転校生「転校生の千葉拓也です」劣等生(これは・・・!)

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 17:49:38.57 ID:EEfP1e1To

先生「突然だが転校生を紹介する。自己紹介しろ」

転校生「転校生の千葉拓也です。よろしくお願いします」

メガネ「あれ?名前が・・・」

剣道「司波くんと似たような名前だね。しかも苗字は私と同じだし」

「ただでさえ司波と千葉と柴田がいてややこしいのに」「千葉が一人増えたな」「下の名前も似てるとか」


劣等生(これはまさか・・・)


普通科高校の劣等生

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/26(土) 20:20:40.20 ID:DaP2a4iGO

劣等生「今日はなんかダルイな。学校を休むか」

妹「さすがですわお兄様!平日なのにあえて休養を取られる事で英気を養うおつもり!感激いたしました」

バス女「なかなかできることじゃないよ」

メガネ「出席日数をまるで気にかけていない・・・そんな事が出来るだなんて!」