TOP > ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ティオナ「アルゴノゥト君……食べていい?」ベル「ダ、ダメですよっ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 22:15:19.43 ID:6RuttCED0

ティオナ「ねぇねぇ、アイズ」

アイズ「なに、ティオナ?」

ここはロキ・ファミリア本拠、【黄昏の館】。
団員達の憩いの場である広々とした大広間にて、一際目を惹く2人の美少女が紅茶を飲みながら和やかに歓談していた。実に絵になる光景。

話しかけたのは、ティオナ・ヒリュテ。
褐色の肌が特徴的なアマゾネスの女の子。
ロキ・ファミリアの幹部であり《大切断》の異名をオラリオに轟かす、Lv.6の第一級冒険者。
泣く子も黙る、ヒリュテ姉妹の片割れである。

姉ティオネの姿はここにはなく、彼女は現在、愛しのロキ・ファミリア団長、《勇者》フィン・ディムナの執務室で甲斐甲斐しく彼の世話を焼いている。ティオネは彼に恋をしていた。
とはいえ、残念ながらフィンにはあまり相手にされてないらしい。今後の進展に期待しよう。

そんな絶賛片思い中の姉のことは、さておき。
今日はファミリアの休日で、探索はお休みだ。
団長であるフィンは雑務に追われて忙しそうだが、他の幹部達はそれぞれ身体を休めていた。

しかし、休みと言われても正直暇で仕方ない。
というわけでティオナは、同じく暇を持て余している様子の《剣姫》アイズ・ヴァレンシュタインに、前々から気になっていたことを尋ねてみることにした。特に何も気にせず、直球で。

ティオナ「あのさ、アイズってさ、もしかしてアルゴノゥト君のことが好きなの?」

アイズ「ぶっ!?」

飲みかけの紅茶を盛大に噴き出すアイズ。
普段物静かな彼女からは想像出来ない反応。
これにはティオナも目を丸くして驚いた。

ティオナ「ど、どうしたの、アイズ?」

アイズ「……ティオナがおかしなこと言うから」

ティオナ「なんで? なんかおかしかった?」

アイズの非難の視線もどこ吹く風。
ティオナは首を傾げてキョトンとしている。
色恋沙汰に対して興味関心が強い傾向のあるアマゾネスにしては、彼女はとても鈍感だった。


ボルボ「神様と住んで鼻血出すのは間違ってるだろうか?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/13(水) 01:55:38.01 ID:mE2VifXVO

ダンまちのSSです。
ヘスティアとボルボ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/13(水) 02:04:23.86 ID:mE2VifXVO

ヘスティア「ボルく・ん!朝だよ・起きて・!!」ぷるん

ボルボ「ああー、神様、おはよう。 ん?これは!?たたたまらん!!」鼻血ブー!!

ヘスティア「また、ボルくん、鼻血出してー、いい加減慣れようよ、ボクに。」ムニュ!

ボルボ「刺激がつつ強すぎるー!!神様!胸が俺に当たってるぞ!!」鼻血ブハァー


ヘスティア「俺くん…今日もダンジョンに行かなかったんだね」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/25(土) 01:16:05.160 ID:AGhIaVSI0.net

俺「あー…なんか気乗りしなかったんで」

ヘスティア「そう言っていつも家でゴロゴロしてばかり…」

ヘスティア「もうファミリアを立ち上げて随分経つんだよ。いったい何時になったらその気になってくれるんだい?」

俺「そー言われてもなぁ…」

ヘスティア「ねぇ、ボクと約束しておくれよ…明日こそは必ずダンジョンに行くって」

俺「へーへー。行けたら行きますよっと」

ヘスティア「行けたら、じゃなくて絶対だからね!約束だからねっ!」

俺「へーへー」ゴロゴロ


アイズ「……(君に食べてもらいたい)」

1: 以下、名無しにかわりましてヨミコムがお送りします 2016/12/07(水) 17:17:10 ID:ULQrHg1I

アイズ「……(喜んで、もらえるかな)」

* * *

ロキ「アーイズたんっ。どうしたんや? そんな辛気臭い顔して」

アイズ「……そんな顔、してましたか?」

ロキ「してたで。まあ、アイズたんはいつも何考えとるかわからん部分あるけどな、でもいつもに増してわけわからん顔しとったで?」

アイズ「……」


ヘスティア「かゆい! でもがまん、でもかゆい!」

1: 以下、名無しにかわりましてヨミコムがお送りします 2016/11/14(月) 17:05:08 ID:O5QOQW22

ヘスティア「んん~……かゆい」

ヘスティア「背中がかゆくてたまらないんだけど、どうもボクの手じゃ一番かゆいところに手がとどかないんだよなぁ……」

ヘスティア「はやくベルくん帰ってこないかな……」