TOP > ミリオンライブ!
カテゴリー  [ ミリオンライブ! ]

【ミリマス】1日プロデューサー体験~密着50×24時!壮絶なる戦いの日々~

1: ◆ncieeeEKk6 2019/09/20(金) 22:39:24.22 ID:TeqHcU600

ミリマスの入れ替わりモノ。
キャラ崩壊、Pラブ要素などに注意。


2: ◆ncieeeEKk6 2019/09/20(金) 22:42:20.01 ID:TeqHcU600

1.ねえ叶えたいんだMy Heart


 「知らない天井だ」
 まず、自分の家の天井と今見ているそれが違うとわかる程度に俺が普段から天井に意識を向けていたことに驚いた。さらに、呟いた声がキュートな女の子のものだったことにもびっくりだ。とある芸能事務所でプロデューサーをしている俺は、20代も半ばの立派な成人男性だった。年相応かつ性別相応の声の持ち主でもある。キュートな声が出る声帯なんてないし、部屋だってこんなにガーリーじゃない。
 「まさか……」
 この声には聞き覚えがある。「ない」なんて言えばステーキを何切れ奢らされることになるかわからない。それほど、俺と声の持ち主は密接な関係にあった。
 さっきは「知らない天井」と言ったが、実のところ俺はこの天井を(うっすらと)知っている。声の持ち主が風邪を引いたとき、お見舞いをするために上がらせてもらったことがあるのだ。
 確信に近い感情を抱いて、枕元にあったスマホをのぞき込むと。
 「やっぱり!」
 真っ暗な画面に、俺の担当アイドルの1人、伊吹翼の顔が反射していた。


【ミリマスSS】765プロブラジル支部のチャンドラさん

1: ◆ivbWs9E0to 2019/09/14(土) 02:48:09.84 ID:KHvgnIKu0

こちらの作品はドラマシアター武闘会の第1回コメディ杯の予選参加作品の焼き増しです。
本作品は33作品中23位タイで、予選落ちでした。
これよりも面白い16作品による準決勝が9/20から開始されます!
詳しい日程や他の予選作品は #ドラマシアター武闘会 で検索か、運営アカウント(@DraTheaButokai)の情報をご確認下さい!


2: ◆ivbWs9E0to 2019/09/14(土) 02:50:26.32 ID:KHvgnIKu0

P「紹介しよう!765プロブラジル支部からの研修生、チャンドラさんだ!」

チャンドラ「मैं करी खाना चाहता हूं」

エレナ「ワー!ブラジルから来たノ?よろしくネ♪」

エレナ「でもチャンドラってあんまりブラジルっぽくない名前だネ?」

伊織「そうね、目鼻立ちもハッキリしてて、どことなく南アジアを感じるわ」

チャンドラ「मैं करी खाना चाहता हूं」

伊織「思いっきりヒンディー語喋ってるし」


【ミリマスSS】星蘭「あら神崎さん、奇遇ね」水桜「草薙ぃ・・・!」

1: ◆ivbWs9E0to 2019/09/07(土) 10:05:18.47 ID:fwrztXDL0

アイドルマスターミリオンライブ!の
MILLION THE@TER GENERATION 17の劇中で出てくる神崎水桜ちゃん(役:矢吹可奈)と草薙星蘭さん(役:田中琴葉)のSSです。
面白いのでドラマCDを聞いて下さい。お願いします。


2: ◆ivbWs9E0to 2019/09/07(土) 10:07:03.99 ID:fwrztXDL0

水桜(今日は久しぶりのオフ・・・!)

水桜(多少疲れは残っているけど街に出て最新のファッションをチェックしつつ、次のロケで使う可愛い私服を探す)

水桜(地味だけどこういう行動が出来るかどうかで芸能人としての寿命が決まるのよ)

水桜(光駆ちゃんはその辺適当そうだし、草薙のお嬢様はどうなんだろ。お母さんに服を選んでもらったり、ぷぷ・・・)

水桜(とにかく、同じユニット内でも一番目立って見せる!)

水桜(そのためには2人だって出し抜くし、オフだって無駄にしないわ!)


【ミリマスSS】琴葉「予習をしていたら時間を止める方法が分かってしまって・・・」

1: ◆ivbWs9E0to 2019/08/31(土) 15:43:56.44 ID:mFfFEGlh0

アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
だってミリオンライブですもの。


2: ◆ivbWs9E0to 2019/08/31(土) 15:44:44.57 ID:mFfFEGlh0

琴葉(次のドラマでの私の役は、天才物理学者・・・)

琴葉(難しい言葉をスラスラと喋る役は難しいな)

琴葉(言葉の意味もしっかり理解していないと、言葉に重みが出ないよね)

琴葉(まだ高校では習ってないものばかりだけど単語を一つ一つ調べていかないと)

琴葉(うぅんと、量子物理学・・・?)


歩「Fairyのみんなで!」桃子「ロシアンわさび寿司!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/21(水) 20:49:33.41 ID:/wCQl8Gc0

※ようつべ動画感覚でご覧ください

歩「はいどうもJelly PoP Beansの歩と!」

桃子「桃子だよ!そして!」

昴「同じくJelly PoP Beansの昴と!」

ロコ「ロコです!さらに!」

恵美「いえーい!GRAC&E NOCTURUNEの恵美と!」

朋花「朋花と~」

莉緒「莉緒と!」

千鶴「オ~ホッホゲホゲホ、千鶴ですわ!そして」

瑞希「どうも。クール系美少女ユニット、EScapeの真壁瑞希と」

志保「志保と」

紬「紬です。最後に」

静香「おはようございます。D/Zealの静香と」

ジュリア「ジュリアだ!」

歩「さあ今回はあと1か月ちょいと迫った6thライブ追加公演の成功を願って、寿司を用意したぜ!」

Fairy「「「「「いえーーーーい!」」」」」

桃子「今から1人1貫取ってもらってせーので同時に食べてもらうけど、そのうち1貫だけわさびが大量にはいってるの」

Fairy「「「「「ええーーーーー!」」」」」

歩「ただ入れすぎちゃって、若干見えてる可能性あるから上見ながら食べてよ」

昴「どんだけ入れたんだよ…」

桃子「まあここ数日はボーカルレッスンないからその点は安心してよね」


【ミリマスSS】アイドルヒーローズ第770話『アロマ怪人、カレンの罠』

1: ◆ivbWs9E0to 2019/08/16(金) 15:48:02.68 ID:rQtJivSXO

アイドルマスターミリオンライブ !のSSです。
キャラ崩壊注意です。


2: ◆ivbWs9E0to 2019/08/16(金) 15:48:32.03 ID:E0BkUJrb0

あらすじ

猛暑でどうにもやる気が出ないヒーローズたちは海水浴を楽しんでいた。
平和で涼し気なバカンスを楽しむヒーローズたち、しかしそこにはデストルドーの罠が・・・?

楽しく遊んでいたはずのヒーローズたちだが、いつの間にか気を失ってしまう!
目を覚ますとそこはデストルドー種子島支部の基地の中で・・・?


【ミリマス】トライスタービジョンの心霊スポット大調査

1: ◆BAS9sRqc3g 2019/08/16(金) 23:26:34.85 ID:nU0DkShu0

こんばんは。田中琴葉です。
これは先日、お仕事でとあるスタジオにお邪魔することになった時の話です。


よくある心霊スポットを巡ろうという番組の企画ものでした。


【ミリマスSS】スクープ!アイドル春日未来、熱愛発覚か!?

1: ◆ivbWs9E0to 2019/08/16(金) 09:06:27.32 ID:E0BkUJrb0

美咲「はい、もしもし・・・えっ!?」

美咲「た、大変です!プロデューサーさん!」


【ミリマスSS】家に帰れば琴葉が待っている

1: ◆Xz5sQ/W/66 2019/08/11(日) 20:15:10.55 ID:hJ05PNkl0

俺には愛する嫁がいる。

田中琴葉って可愛い嫁がいる。

彼女は昔アイドルだった。今では女優の肩書きの、そんな女性を生涯の伴侶に出来たのは
俺の人生において最大のラッキーイベントだったと誰彼構わず自慢できる。

というか誰でもいいから聞いてくれ。俺はこの幸せを自慢したくって仕方がない。


【ミリマスSS】未来「静香ちゃん、お腹いたいかも・・・」静香「えっ!?」

1: ◆ivbWs9E0to 2019/08/04(日) 20:35:01.50 ID:kBQOM0BE0

アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
台本形式でオチも山も無いので予めご了承下さい。


2: ◆ivbWs9E0to 2019/08/04(日) 20:35:45.00 ID:kBQOM0BE0

in 事務室

未来「んー・・・」

静香「未来、難しそうな顔してどうしたのよ」

未来「んー・・・、ねぇ静香ちゃん」

静香「なに?」

未来「・・・お腹いたい」

静香「えっ!?」


【ミリマス】ロコ「グッドなレイニーデイ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 20:33:29.49 ID:OJq4hmGJ0

ガチャ

プロデューサー(以下、P)「お、全員揃ったみたいだな」

育「おはようございます!」

千鶴「おはようございます、P」

昴「おっすP。5人を集めて連絡事項があるってことは」

エレナ「もしかして」

ロコ「次の公演のことですか?」

P「ああ。次々回の定期公演のメインはこの5人、センターは育にやってもらいたい」

育「ほんと? やったぁ! この5人でわたしがセンターか……うん、わたしがんばるね!」

P「そこでだ。この公演に関してみんなの希望というか、やってみたいことの意見を取り入れたいと思うんだ。何かあれば言ってくれ」

昴「やってみたいこと? オレたちとファンとで野球大会するとか!?」

千鶴「そ、それはちょっと困りますわね……」


矢吹可奈「Sing, Sing, Sing!」

1: ◆kBqQfBrAQE 2014/04/27(日) 15:11:26.24 ID:d97vem4Q0

映画のアニマスとミリオンライブの世界が混ざったような感じ。
映画の出来事があった後に765プロにシアター組が入って来たっていう解釈でお願いします。
あと、PはPで表記。


2: ◆kBqQfBrAQE 2014/04/27(日) 15:13:23.13 ID:d97vem4Q0

可奈「プロデューサーさん、お話って何ですか?」

P「おっ可奈、来てくれたか。実はな・・・」

可奈「?」

P「可奈のための歌が出来たぞ!!」

可奈「!!」

可奈「ほ、本当ですか!?私の!?」

P「ああ!」

可奈「うう・・・やったあー!!」ピョンピョン


最上静香「あれは・・・うどん職人!?」藤原肇「違います!!」

1: ◆kBqQfBrAQE 2014/04/08(火) 16:22:27.17 ID:rZrJxAip0

モバマスとグリマスのクロス
クロスが苦手な方はそっとじでお願いします。


2: ◆kBqQfBrAQE 2014/04/08(火) 16:25:42.15 ID:rZrJxAip0

静香「・・・」テクテク

静香(今日のレッスンは午前中で終わり・・・か)

静香(正直午後もレッスンしたかったけど、プロデューサーに止められて・・・)

静香(大丈夫なのかしら?私としてはもっと早く先に行きたいのに)

静香(仕方ない、いくら悩んだって今からは休み。ちゃんと使おう)

静香(未来も今日は午後から特に何も無いって言ってたから・・・)

静香(ん?)

肇「~♪」テクテク

静香「あれは・・・うどん職人!?」


未来「翼と入れ替わってたときの話」【ミリマス 】

2: ◆z80pHM8khRJd 2019/07/30(火) 00:06:02.11 ID:UbedML5p0

「もういいよ春日さん、休憩してて」

トレーナーさんにちょっと冷たくそう言われ、レッスン場の端の壁までトボトボと歩いて、うつむくようにして小さく体育座りをした。もう少しちゃんと練習しておくべきだったんだ。いや、ちゃんと練習してもできたかどうかは分からない。あのステップのトコは本当に難しいから。気分を晴らそうと汗を拭こう思ったけどタオルを忘れたことに気づく。だけれども探すのもめんどくさく感じて、ボーっとみんなのレッスンを眺めることにした。

休憩する私の代わりにダンスレッスンに入ったのは、翼。トレーナーさんの手拍子に合わせて踊っていく。それにしても上手い。私が難しいなって思っている部分をあっさりとクリアしていく。……ダメだ、翼を見てると余計に落ち込む。

もし翼が自主練を頑張ってるのなら私も納得はする。だけど翼は昨日、一日中遊んでたんだよ。え、何で知ってるかって? そりゃ私も一緒に遊びにいったからだよ。

じゃあ翼は家でこっそり練習しているのかな。いや、それもないかなぁ。だってずっと私ラインしてたんだもの。やっぱりそんなに練習しているわけではない。

それなのに翼はちょっとフリ付けをみただけで、すぐマスターしちゃうから、なんだか私が練習する意味がないような気さえしてくる。……なんて考え事をしていると、気づいたらレッスンは終わってて、翼は私にニコニコと話掛けてきた。


【ミリマスSS】海美「可憐に匂いでバレない方法思いついちゃった~!」

1: ◆ivbWs9E0to 2019/07/27(土) 09:41:10.71 ID:WUJOunBS0

アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
基本的にギャグなのでキャラ崩壊注意です。


2: ◆ivbWs9E0to 2019/07/27(土) 09:41:46.63 ID:WUJOunBS0

可憐「・・・」クンクン

可憐「・・・環ちゃん、おはよう」

環「あれっ!後ろから驚かそうと思ったのにー!」

可憐「環ちゃんはお外の良い匂いがするから」

環「可憐お姉ちゃんも良い匂いするのに、たまきの匂いがわかるの?」

可憐「うん、環ちゃんも良い匂いだよ」

環「くふふ~、嬉しいぞ~」

可憐「あ、海美ちゃんもおはよう」

環「うみみ~、可憐お姉ちゃんを驚かす作戦、失敗しちゃった~」

海美「可憐はすごいね!私の匂いもバレちゃってたの?」

可憐「海美ちゃんは爽やかで良い匂いだよね」

海美「むむむ!」


【ミリマスSS】P「正しい順番で配線を切ると解除される爆弾だ」百合子「!!」

1: ◆ivbWs9E0to 2019/07/11(木) 18:08:25.00 ID:aICvwuvz0

アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
描き溜めしていないのでまったり更新です。
何か「漫画や小説ではまぁまぁ見たことあるけど、現実だと実用性が皆無なもの」があれば、更新最中でも構いませんので書き込んでみて下さい。
もしお話が思いついたら書きます。思いつかなかったらスルーします。すみません。


2: ◆ivbWs9E0to 2019/07/11(木) 18:13:38.21 ID:aICvwuvz0

P「百合子!これが正しい順番で配線を切ると解除される爆弾だ!」

百合子「!!」

百合子「これが、物語の終盤に様々な謎を解読していった伏線が回収されるときに使われる爆弾ですね。」

百合子「そして最後の一本の答えだけが見つからず、最終的に想い人に自分の運命を託して・・・」

P「おーい百合子ー」ムニー

百合子「ハッ!私また妄想の世界に飛んじゃってましたか!?」


【ミリマスSS】未来「へぇ~、これがシュールストレミングかぁ~」可憐「!?」

1: ◆ivbWs9E0to 2019/07/09(火) 22:51:39.97 ID:ieL+QMOU0

アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
書き溜め無いのでのんびり更新で失礼致します。


2: ◆ivbWs9E0to 2019/07/09(火) 23:03:28.55 ID:ieL+QMOU0

P「可憐、もうすぐ次回公演だけどレッスンの調子はどうだい」ズズズ

可憐「は、はい。なんとか通しで形になるようには・・・」ズズズ

P「そうかそうか。良かった良かった。この紅茶美味しいな」ズズズ

可憐「歌織さんのお母さんが劇場のみんなに、って下さったんです。良い香りですよね。」

P「あ。『歌織』と『香り』がかかってるんだな。可憐はバラエティもいけるな」

可憐「えぇっ!?いや、私、そんなつもりじゃ・・・」

ガチャ

未来「こんにちはー!んしょ、よいしょ。」


【ミリマス】育「ドラマ おおかみ姫」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 00:02:07.45 ID:zmX2O7Gg0

※劇中劇的なお話になります。アイドルたちが役名で呼び合います。男役もいますので、苦手な方はご注意ください。




育「はぁ……はぁ……」ヨロ

育「ぼくは……どこまで逃げてきたんだろう……どこかの駅で貨物車を降りて、それから……」

ドサッ

育「もう……歩けないな……。マーガレット、みんな……どうか無事でいて……」

育(いちめん花でいっぱいだ。青い空に綿毛みたいな雲、やさしい風……。なんておだやかな場所なんだろう。そうか、ここはきっと天国に違いない…)


環「わ~い待って~!」

育(……ん?)

環「やったー! つかまえたぞー! くふふ♪」

育(女の子だ。ワンピース姿で走り回ってる……虫をつかまえてるのかな)

環「あれ? 誰かいるの?」トコトコ

育(長い髪が風にゆれてる……燃えさかる炎みたいな、きれいな髪――)

環「わあったいへん! ミランダー! 男の子がたおれてるぞー!」


【ミリマス】百合子「早く迎えに来て どこなの王子様」 育「ここだよ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/08(月) 00:22:04.21 ID:QqXdnLz80

百合子「……ムニャ……ここは……? あれ?」

ジャラジャラ

百合子「!? 私、足枷で拘束されてる……そしてこの場所はどう考えてもファンタジーにありがちな地下牢……一体どうして?」

百合子「それにこの服装……淡い水色のドレス。綺麗な宝石がちりばめられたティアラにイヤリングに指輪……はっ! つまりこれって」


百合子「今の私は――囚われの姫君!!!」


怪人兵「おい人質! やかましいぞ!!」

百合子「ひぃ! 人の体に豚の顔面をした醜いモンスター兵士! やっぱり私の予想は当たってたのね」

怪人兵「開口一番ひとの容姿をナチュラルに貶すな! 俺こう見えてもうちの種族内では雰囲気イケメンで通ってるんだが!?」

百合子「そんなの知りませんよー!」

怪人兵「くそ……ボスからは生け捕りにしておけと言われているが、少し黙ってもらうくらいなら構わねえよな?」

百合子「い、いや……誰か、助けて……」


【ミリマス】育「王子様になれたら」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/06(土) 22:08:41.76 ID:qjfQMCET0

プロデューサー(以下、P)「うーん、どうしたものか……」

小鳥「お疲れ様ですPさん。どうかされたんですか?」

P「あ、音無さんお疲れ様です。いえ今度まつりと育が出演することになったCMのことで、ちょっとね」

小鳥「あら、美咲ちゃんから聞きましたよ。若い女性向けの整髪スプレーのCMだそうですね。主演はまつりちゃん。まさにターゲット層にピッタリですよね」

小鳥「しかもお姫様に扮したまつりちゃんがスプレーで素敵に変身して、育ちゃん扮する王子様と白馬で月夜に飛び出す――可愛くてロマンチックなCMに仕上がりそうです」

P「はい。音無さんのおっしゃるとおり先方のコンセプトがしっかりしていてやり甲斐のある仕事になりそうなんですが、追加の注文が来まして」

P「商品の公式サイトでスペシャルショートムービーが観られる仕様になるらしく、そこに二人がCMの配役そのままで出演することになったんです」

小鳥「まあ!」

P「さしあたってどんなストーリーにしたいか、出演する二人からも意見が欲しいそうです」

小鳥「二人の意見をストーリーに取り入れるってことですね」

P「そういうことです。ただ、育の方がそれで煮詰まっちゃったようで……張り切ってくれてはいるんですが」

小鳥「それはちょっと心配ですね」