TOP > ミリオンライブ!
カテゴリー  [ ミリオンライブ! ]

【ミリマス】その想いに気付く時【杏奈×百合子】

1: ◆bncJ1ovdPY 2018/04/17(火) 00:07:54.60 ID:7eNavJSg0

書き溜めのみ、サクッと投下します
あんゆりが恋に目覚める話です


2: ◆bncJ1ovdPY 2018/04/17(火) 00:08:19.40 ID:7eNavJSg0

​今日は休日だから学校も無いし……アイドルのお仕事も無い、要するにオフの日。
最近はアイドルのお仕事が沢山入って来て……忙しかったから、何も無いというのは久し振り……。
だからなのかな……ただ家にいるというのが、どうも落ち着かない。

「劇場、行ってみようかな……」

このモヤモヤとした気持ちを解消するべくそう結論付けると、鞄を探し出して支度を始める。

室内でボール遊びをする人たちや、それを叱る人たち。
その傍らで微笑む人たちや、無視して創作活動に勤しむ人たち。
ーーそして、少し離れて自分の世界に入り浸り本を読む百合子さんの姿。
色々な人が頭の中を巡るけど、杏奈はいつも百合子さんのことばかり考えてる……かも。

杏奈と一緒にゲームをしたりもするけれど、好きなことに没頭する百合子さんを眺めているのも楽しい。
それで読み終わった百合子さんに話しかけると、読んでいた本の展開や感想を杏奈に教えてくれる。
感想を共有するのが楽しいのか終始目をキラキラさせてて、そんな百合子さんを見ていると杏奈まで楽しくなってくる。

「百合子さん、今日はどんな本を読んでるのかな……」

少し考えて、「きっとファンタジーだろうな」なんて小さく笑いながら家を出た。


杏奈「音速の貴婦人は伊達じゃない……」歌織「~♪」

1: ◆83Ys85jx62 2018/04/17(火) 20:08:09.52 ID:nDyOvCR80

杏奈「……」ピコピコ

歌織「……」ソワソワ

杏奈「……?」ピコピコ

歌織「……」ワクワク

杏奈「歌織さん、えっと……どう、しましたか?」

歌織「あ、ごめんね。ちょっと何してるか気になっちゃって」

杏奈「んっと、ゲームだけど……歌織さんも、やってみますか?」

歌織「いいの? 私、テレビゲームってやったことなくって、一度やってみたかったの!」パアッ


【ミリマス】所恵美「『思わせぶりだぞこん畜生!』」

1: ◆Xz5sQ/W/66 2018/04/15(日) 04:02:19.45 ID:g3FQvVoU0

===

「なあ、今日は少しぐらい遅くなっても大丈夫だろ?」と
プロデューサーに訊かれた時、所恵美の胸は小さな高鳴りを感じることになった。

その日、四月の十五日は恵美にとって特別な日。

いわゆる一つのバースデーであり、祝われるのは自分であり、
そして世界中の四月十五日生まれが誰かからの祝福を受ける日でもあった。

現に、恵美はオフと言う名の祝福を彼から貰っている。
おまけに一日プロデューサーを好きにしていいというおまけつき。

今だって彼の腕には二人で回ったショップの袋が鈴なりで、道行く人が恵美らを見れば、
正にショッピングを楽しむ彼女と荷物持ちの彼氏といった様子だった。


【ミリマス】箱崎星梨花「先にシャワー浴びてきてくださいねっ♪」ミリP「は、はい」

1: ◆cq7bCfF752 2018/04/14(土) 11:30:53.50 ID:cdMF4ygr0

キャラ崩壊です


2: ◆cq7bCfF752 2018/04/14(土) 11:32:50.60 ID:cdMF4ygr0

【星梨花の部屋】


星梨花「今日も劇場でたくさんアイドルの皆さんとお喋りしたんですね?」

星梨花「これじゃあ、いつものプロデュー
サーさんの良い香りが台無しです!」プンプン

星梨花「準備がしてありますから、先にシャワー浴びてきてくださいねっ♪」

ミリP(以下P)「は、はい」

ー数分後ー

P「あがったよ……星りっ!?」

星梨花「プロデューサーさん遅いですっ、私ずぅっと待ってたのに……」ギュウウッ

P「ず、ずっとって、シャワー浴びてたのなんて10分くらいの事で…うわっ!?」

ドサッ

星梨花「えへへ、プロデューサーさんをベッドに押し倒しちゃいました♪」

P「は、ははは……せ、星梨花は力持ちだなぁ。大人の俺が簡単に吹っ飛ばされちゃったよ」

P(一瞬、空中を飛んだ気がする)

星梨花「くんくん……」

P「ひっ!?や、やめ…せ、星梨花、首筋に顔近づけたら、息がかかってくすぐったい」


【ミリマスss】可奈「私、一人前になります!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/10(火) 23:11:55.87 ID:1PtDC+R70

・完結しているので、順次投稿していきます。

・ストーリー仕立て、そこまで長くはないです。

・本編は次から


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/10(火) 23:12:28.75 ID:1PtDC+R70

可奈「私、一人前になる!」

志保「……」

可奈「という訳で、志保ちゃん」

可奈「一緒に聞きこみに行こう?」

志保「聞きこみ?」

可奈「うん! 色々な人に話を聞いて、参考にしようと思って」

可奈「ダメ、かなぁ?」

志保「駄目じゃないわ。私も興味あるし」

可奈「志保ちゃん、ありがとう! 一人じゃ心細くって……」

可奈「えへへ、それじゃあ、出発シンコー♪ レッツゴー♪」


【ミリマスSS】ミリP「俺はかつて、BL界の王子と呼ばれていたんだ」エミリー「」

1: ◆cq7bCfF752 2018/04/03(火) 11:43:54.20 ID:+aD6LMxs0

※キャラ崩壊です


エミリー「嘘……嘘です!そのような事は仕掛け人様のお戯れ事です!」

ミリP(以下P)「いや、本当だ。俺は昔声優をやっていてその時に多数のBLCDやBLゲームとかに出演してきたんだ」

エミリー「そんなはずありません!!確かに仕掛け人様は素敵なお声をしていらっしゃいますから、声優様をなさっていた事もあり得なくは無いと思いますっ」

エミリー「ですが、ですが…男色小型情報記録円盤にご出演なさっていたというのは、絶対に!絶対に真実などではございません!!」

P「エミリー何故だ!何故そこまで頑なに目を背ける!?」

エミリー「……勘違いなさらないでください仕掛け人様。私は男色、つまり、びーえるに対して嫌悪感を抱いている訳ではありません。いいえ、むしろびーえるは日本が誇るべき和の心だと心得ております」

P「じゃあ?」

エミリー「ですが……ですがっ……」ウルウルッ

エミリー「たとえ……たとえ、演技だとしても……お慕いしている殿方が、他の殿方にじゅぽじゅぽされて喘いでいるのを許容できる程、私は…私は心の広い女ではございません!」ポロポロ

P「……そこまで、俺の事を?」


育「わるい子同盟」

1: ◆U2JymQTKKg 2018/04/07(土) 00:36:05.44 ID:bYOc58hbO

育と紗代子と琴葉のお話になります。


2: ◆U2JymQTKKg 2018/04/07(土) 00:37:43.65 ID:bYOc58hbO

紗代子「悪い子になりたいって……育ちゃんが!?」

育「うん。どうすればいいのかなぁ」

紗代子「どうすればって……悪い子ってなろうと思ってなるものじゃないと思うよ」

育「そうなの?」

紗代子「多分だけど、気付いたらみんなから『アイツは悪い子だー』って言われるものじゃないかな」

育「それじゃあ時間がかかるんだね。どうしよう。わたしはすぐにわるい子になりたいのに……」

紗代子「すぐに?そもそもなんで悪い子になりたいの」

育「え!?えーっと……それは……」

紗代子「……言えないんだね」

育「ごめんなさい!人にお願いする時はちゃんと説明しないといけないってことは分かってるんだけど」


リコッタは寝不足【ミリマスSS】

1: ◆UEry/CPoDk 2018/04/03(火) 23:08:57.68 ID:IZdxxfoy0

(4月2日・亜利沙自宅)
亜利沙「ついにこの日が来ちゃいました。そう。明日はいよいよ、ついに、なんと…春香さんのお誕生日ですよぉ!ムフフ♪」

亜利沙「うう、ホントならみんなでバースデーライブやりたかったのに、春香さんはお仕事だなんてぇ。プロデューサーさんもイジワルなんですから。」

亜利沙「とはいえ嘆いてばかりもいられません。ライブが終わった後、劇場でパーティーを開くんですからね。その為にもしっかり計画を練らないと。ありさ、責任重大です!」

亜利沙「えーっと。まずはデータベースをフル活用して、アイドルに相応しいパーティーの流れを作成、と。ふむふむ、当日集まる人達の顔ぶれを考えるとこんな感じですかね?それから…」

亜利沙「バッチリです!それからこのプレゼントも忘れてはいけませんね、バッグに入れておかないと。よし、明日が楽しみですね。おやすみなさぁい。」


静香「44乗欲+志保+少し」

1: ◆VlC8r8Zzak 2018/04/04(水) 23:52:42.43 ID:J05uHIOc0

しずしほ書きたくなりました

百合


2: タイトルにミリオン入れるの忘れた ◆VlC8r8Zzak 2018/04/04(水) 23:54:22.61 ID:J05uHIOc0

静香「ねえ志保、腕噛んでもいい?」

志保「は?」

静香「だから腕噛んでいいかって聞いてるの」

志保「…………今日のお昼はラーメン食べたの?」

静香「もちろんうどんよ、……って、今はそんなことどうでもいいの!」

静香「志保の腕を噛んでいいか早く答えて」

志保「実は吸血鬼だとか? 別に噛みたいなら勝手に噛んで勝手に噛んでいいし、血を吸いたいなら勝手に吸えばいいのに……」

静香「……勝手に噛んだら悪いと思ったのよ」

静香「それと私は吸血鬼じゃないわ」

志保「そう……右と左、どっちがいい?」

静香「どっちでもいいわ……はやく……」

志保「……右腕あげる」


【ミリマスSS】最上静香「エッチまでしたのにふざけないでくださいっ!!」

1: ◆cq7bCfF752 2018/03/30(金) 21:31:45.91 ID:IvSajPzF0

※キャラ崩壊注意だよー


2: ◆cq7bCfF752 2018/03/30(金) 21:33:02.71 ID:IvSajPzF0

~スタジオ楽屋~

スタッフ「すいません最上さん!リハーサルが始まるまでこちらでお待ちください。ご迷惑おかけして申し訳ないです」

静香「いえっ、私なら構いませんから」

スタッフ「ありがとうございます、それでは失礼します!」

ガチャリ

静香「ふぅ……機材トラブルで二時間撮影ストップなんて、ついてないわね」

静香「二時間も何をしたらいいかしら?置いてある雑誌なんて、すぐ読み終わっちゃうだろうし」

静香「何か……何か……あっ、そうそう!確か前に翼から面白そうなパズルゲームアプリを教えてもらったのよね」

静香「うん、時間もある事だしそれをやりましょう。早速アプリストアからダウンロードして……ん?」

静香「あなたへのオススメアプリ?なにかしら……『メイクマイ彼氏』はぁ?乙女ゲームみたいね。というか、なんで私にオススメするのよそんなの興味ないのに」

静香「えーっと、なになに……このゲームは基本無料のアプリです。アナタ好みの理想の彼を作り、その彼とアナタ好みのシチュエーションで恋愛を楽しむ事ができます?」

静香「学生時代に戻るもよし、オフィスラブに燃えるもよし。全てはアナタの選択肢しだい。さぁアナタもレッツ、メイカレ!」


杏奈「百合子さんに嘘をついてみる」

1: ◆bncJ1ovdPY 2018/04/01(日) 23:53:32.42 ID:ZQSaMPV50

ギリギリですがアップします
エイプリルフールに杏奈が百合子さんに嘘をつくだけの話です

若干百合です


2: ◆bncJ1ovdPY 2018/04/01(日) 23:53:57.02 ID:ZQSaMPV50

​今日は四月の一日。
普段なら気にすることも無いカレンダーに目を向け、百合子さんに仕掛ける悪戯についてひたすら考察を続けていた。
そう、今日は「嘘をついてもいい日」とされるエイプリルフール……。
実際は皆疑心暗鬼になってて、嘘だと見抜かれることの方が多いけど……杏奈は、こういうイベントに参加することも少ないから……バレないはず、です……。

「ふふ……」

嘘だと気付かない百合子さんの反応を色々と想像して、小さく笑う。
絶望した顔、赤面した顔、泣きそうな顔。
嘘だとバラした時に、どんな反応をするかも……楽しみ……。
仕掛けるのは朝のレッスンが終わった後。
その時に備え、更に面白い反応を求めて計画を練っていくのだった。


律子「私達の」歩「日常」まつり「なのです!」【ミリマスSS】

1: ◆UEry/CPoDk 2018/04/01(日) 18:52:42.16 ID:Kuvd8rkf0

歩「アタシ達 」まつり「みーんな」律子「19歳!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516435499/
以前に書いたこちらと同じく、19歳トリオのお話をいくつか。


2: ◆UEry/CPoDk 2018/04/01(日) 18:55:39.44 ID:Kuvd8rkf0

【律子が暇な時もある】

歩「あ〜ヒマだな。二人とも、何かしようよ。」

律子「こら歩、まつりが勉強してるのが見えないの。」

歩「劇場でわざわざ勉強だなんて変わってるな。それよりほら、ダンス対決でも。」

律子「もう、いい加減になさい。真面目に頑張ってる人の邪魔しないの、それよりあなたこそ少しは勉強したら?」

歩「は、ははは。まあいいじゃない。あ、真か海美いたっけな〜」

律子「もう。相変わらずなんだから。」

まつり「律子ちゃん、気を使ってくれてありがとうなのです。」

律子「気にしないで、これでやっとゆっくり漫画が読めるわ。あ、ところでこれ五巻あったっけ?」

まつり「ケンカ売ってるのです?」


未来「あのね、柔らかさが大事だよ」【ミリマスSS】

1: ◆UEry/CPoDk 2018/04/01(日) 13:21:48.08 ID:Kuvd8rkf0

※プロレスについての描写は適当です、ご了承下さい。


2: ◆UEry/CPoDk 2018/04/01(日) 13:23:05.76 ID:Kuvd8rkf0

未来「ねえねえ静香ちゃん。」

静香「どうしたの。」

未来「揉ませて。」

静香「イヤよ。」

未来「そんなあっさり!?」

静香「当たり前でしょ、どうして私がそんな事させなくちゃいけないのよ。」

未来「そこをなんとか。最近みんなが断るようになってきたから、もう私は限界なんだよ。」

静香「知らないわよそんな事。そういうのは翼か恵美さんあたりに頼んでみたら。」

未来「今日は二人とも劇場に来ないじゃん。だからこの際静香ちゃんでもいいかなって。」

静香「私でもって何よ、頼むくせに失礼ね。とにかくそういうのはお断りよ、他を当たってちょうだい。」

未来「むー。」

真「おはよう二人とも。」

未来「おはようございます。そうだ、真さんちょっといいですか?」


【ミリマスSS】「プロデューサーがかまってくれない」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 01:00:52.98 ID:vab3cZ1n0

「プロデューサーが鎌ってくれないねぇ」

P「今日はひなたの実家の畑を手伝うぞ!」

ひなた「なまらありがたいねえ。したっけ!」

P「そいそいそいっ!」

ひなた「プロデューサー、この鎌を使うと農作業がはかどるよぉ」

P「いや俺は素手でいく」

ひなた「えー」

ひなた「プロデューサーは頑固だねえ、プロデューサーが鎌ってくれないよお」


【ミリマスSS】のり子「プロデューサー・・・お願いがあるんだけど」

1: ◆kCAL2g0CvI 2018/03/30(金) 02:03:18.49 ID:QY7Un8SZ0

初投稿です
所々至らぬ点があると思いますがどうかよしなに


P「おっのり子がいる」

P「おーい、のり子―」

のり子「あ!プロデューサー!ちょうどいいところに」

のり子「プロデューサー・・・お願いがあるんだけど・・・」

のり子「あの・・・コブラツイストかけさせて!お願い!」


福田のり子の今夜もノリノリ!33夜!

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/29(木) 23:04:09.17 ID:D8v2Dskb0

のり子「今日は3月29日で、えと、明日はなんの日だったかなー。
わからないなー」

のり子「ねぇ…知ってる?」


【ミリマス】金髪撫子と桜餅

1: ◆Xz5sQ/W/66 2018/03/30(金) 23:04:12.43 ID:Utw2bSui0

「――だからさ、俺はエミリーに『春の和菓子と言えばこれ!』って物を教えたくて」

「ふふっ、分かっています仕掛け人さま。私のために選んでくださったお菓子です。例えそれがどのような物でも私は素直に喜べます」

「エミリー……! そう言ってくれると俺も本当に助か――」

「……ただ、それとは別に抹茶菓子を選ぶ時間を頂けなかったことだけは」

「わ、分かった! それは俺が悪かったよ。……ひとっ走りして買って来る。いつものロールケーキでいいかい?」


仕掛け人さまは慌てたようにそう言われると、私に頭を下げ椅子から立ち上がられました。

そんな彼のお顔は「真に面目ない!」といった様子。
背広の上着を着直して、慌ただしくお部屋を出ていってしまいます。

そうしておやつ時の事務室に一人、ぽつねんと取り残された私は「もう、仕掛け人さまったら」と小さなため息をつくのでした。


三文役者【ミリマスSS 】

1: ◆UEry/CPoDk 2018/03/26(月) 17:49:53.04 ID:LVlOyBp10

琴葉「おはようございます。」

可憐「琴葉さん、おはようございます。」

琴葉「おはよう可憐ちゃん。あれ、何だかいい香り。」

可憐「あ、分かりますか?アロマポットです、家から持って来たんですよ。」

琴葉「それでなんだ。可憐ちゃんアロマ好きだったよね。」

可憐「はい。じ、実はこれ、プロデューサーさんからのプレゼントなんです。」

琴葉「……へえ。」

可憐「ま、前にARRIVEの公演が成功した時のお祝いにって。いいって言ったのにわざわざ買ってきてくれたんです。こ、こんな事にお金使わせてしまって、申し訳なかったですね…。」

琴葉「ふーん(ガラガラ)」

可憐「あ、あの琴葉さん。窓開けたらまだ寒いですよ。それにその、もしかしたら盗撮されるかもだから、そこは開けるなって…。」


【ミリマス】偶然の出会い、懐かしい調べ、それとレトロなゲームハード

1: ◆Xz5sQ/W/66 2018/03/27(火) 01:46:42.92 ID:L6wHZ/kd0

春の訪れを感じさせる日差しの中、広場を吹き抜ける風は最上静香の髪を無邪気にさらって流して行く。

右を向いても左を向いても賑々しい人々の声が満たす空間。

今、静香の手には我らが765劇場の長とも言うべき人物より授けられたお金の入ったがま口が。

「それで今日は、どういった物を探せばいいのかしら?」

そうして、現在財布の紐を握っている静香に問いかけたのは桜守歌織その人である。

彼女はこの場所に来るのが初めてだ。「ドコだ?」と問われれば答えよう。

いわゆるここは蚤の市、人々が思い思いに商品を持ち寄り販売している自由市場(フリーマーケット)の会場だ。


【ミリマス】北上麗花と甘い二度寝♪

1: ◆Xz5sQ/W/66 2018/03/25(日) 21:10:04.91 ID:kaasFsJs0

===

目覚めれば麗花の隣に彼はいた。

だがなんら不思議なことではない。

なぜならここは彼の部屋で、世間的に言えば麗花がこの場所にいることの方が不可解な出来事だったからだ。

しかし、その謎もすんなりと解いて見せよう。

なに、昨日はお泊りしたのである。

だから麗花は心地よい朝を迎えた時、大好きな人の隣で目を覚ますという自然な状況に存在した。