TOP > ミリオンライブ!
カテゴリー  [ ミリオンライブ! ]

【ミリマス】莉緒「特別な日に、特別な贈り物」

1: ◆SESAXlhwuI 2018/11/21(水) 00:05:27.85 ID:urkN9sGZ0

百瀬莉緒(以下、莉緒) 「もー、なーんで誕生日なのにこんな歩かなきゃいけないのよー……」ムスー

ミリP(以下、P) 「莉緒が調子乗ってグイグイ飲むからだろ……」

莉緒 「楽しかったんだから仕方ないじゃないの……」ブルブル

P 「にしても、まさか終電終わるまで飲む事になるとはなぁ……」

莉緒 「……くちゅん!」

莉緒 「うぅ、今日は冷えるわねぇ……」フルフル


【グリマス】まつり「ここは何処?私は誰?」【SS】

1: 1 2013/08/27(火) 15:39:39.46 ID:4ksQKkipo

昴「オレのスライダーが打てるかな!真先輩!」

真「今度こそ…今度こそ打ってみせる!」

雪歩「真ちゃーん!頑張ってー!」

千鶴「永吉さん…ちゃんとサイン通り投げてくださいまし!あなたの球は速すぎて取りにくいんでございますのよ!」

ワーワーキャーキャー


グリP「暑いのに皆よく野球なんてやるよなぁ…まぁこの仕事を立ち上げたのは俺なんだけどさ」

まつり「本当なのです、まつりは暑くてダルダルなのです。プロデューサー、冷たい紅茶を今すぐ用意するのです!」

グリP「…俺の記憶が正しければ、徳川さんは昴チームの外野手だからこんなとこにいるのはおかしいと思うんだが。」


【グリマス】美也「宮尾美也探検隊シリーズー幻の大豪邸を探せー」【水曜スペシャル】

1: 1 2013/08/24(土) 02:01:53.20 ID:FItFKzPSo

千鶴「い、いきなり何ですの?」

美也「だから~もう一回言いますよ~、宮尾美也探検隊シリーズー幻の大豪邸を探せーです~」

千鶴「か、カメラはもう回ってるんですの?」

美也「はい~。いきなりで千鶴さんには申し訳ないんですけど、ぜひ千鶴さんのお宅、つまり二階堂財団のお屋敷に行きたいんです~。」

千鶴「に、二階堂財団?」

美也「はい~千鶴さんが先月おっしゃっていたので覚えてました~。日本でも知る人ぞ知る闇の巨大財団なんですよね~?」


【ミリマス】田中琴葉「結婚かぁ…」

1: ◆CS7uVfQgX. 2018/11/18(日) 01:20:19.23 ID:5YA6mNLc0

こんばんは。

アイドルマスターミリオンライブ! のssです。

初心に戻ってみました。短いです。


2: ◆CS7uVfQgX. 2018/11/18(日) 01:22:28.99 ID:5YA6mNLc0

P「結婚がなんだって?」

琴葉「あ、プロデューサー。お疲れ様です」

P「お疲れ。なんだ琴葉、結婚したいのか?」

琴葉「違いますよ。昨日、両親が結婚記念日でして」

P「そうだったのか。それはおめでとうございます」

琴葉「いえ。って、私が返事するのも変な話ですけど」

P「確かに」ハハ

琴葉「両親はホントに仲がよくて。私もいつかあんな風に誰かと幸せに過ごすのかなぁって考えちゃいました」

P「琴葉の夫になる男はきっと、背が高くて洋楽好きな男なんだろうなぁ」

琴葉「もうっ、そんな適当なこと言って。私は花子さんじゃありませんよ?」

P「ファンからしたら高嶺の花どころか手の届かない存在には違いないぞ?」

琴葉「握手会は開いてるので、手は届きますよ」

P「お、言うようになったな」

琴葉「どこかのプロデューサーが軽口ばっかり叩くので」フフッ


グリP「千早×可奈……」小鳥「メインははるちはでしょう」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 21:35:35.64 ID:eFbwN0/k0

―――765プロ近く―――

可奈「……ふぁぁ」

可奈「なんであんなに宿題出すんだろー、徹夜はねむいぃ……」

可奈「……いやいや、アイドルがこんな顔してちゃ駄目!」

可奈「…………」

可奈「よし。歌おう!」

可奈「ん、ん……ごほん」

可奈「おとめよぉたいしおぉいだぁけぇ」

可奈「あそぉびもまなびぃなぁーんだよぉー」

可奈「たぁちぃあがれぇおんなしょくん」

「「ヴぁい!」」



グリマスSSどころかSS投稿自体始めてです。おかしなところがあれば指摘お願いします


真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】

1: ◆kBqQfBrAQE 2018/11/12(月) 22:19:38.07 ID:NGPIxQq80

ミリマスSSです。
一応、地の文形式。


2: ◆kBqQfBrAQE 2018/11/12(月) 22:24:14.90 ID:NGPIxQq80

「プロデューサー、好きです」

「......へっ?」

 なんて。

「冗談を言ってみました」

 突然の告白に驚いた表情を見せていたプロデューサーは、ホッと安堵の息を吐く。

「なんだ、冗談か。いきなりそんなこと言うから、驚いたよ」

 冗談ではあったけど、恥ずかしさからか、私は頬が熱くなるのを感じた。

「......やっぱり、冗談は苦手です」


【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/11(日) 08:54:49.32 ID:N3obT77DO

朋花「ふふ、ふふふふっ」

まつり「ふふっ、うふふっ」

ミリP(以下P)「誤解だから、誤解だからぁ!」

朋花「なら、プロデューサーはなぜ、私とポッキーゲームをなさらないのですか?」

まつり「あら?面白いことを言うのです。姫が先に声をかけたのです」

朋花、まつり「ふふふふふっ!」バチバチ



P「止めてっ!!」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/11(日) 08:57:31.66 ID:N3obT77DO

過去作

【ミリマス】未来「ポッキーの日」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510411572/

の続き……ではなく

【ミリマス】薄い本大好き!
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541596781/

の続きみたいなものです

(わざと)口調がおかしくなってますのでご容赦下さい

こちら、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします


【ミリマス】田中琴葉「結婚するなら?」

1: ◆CS7uVfQgX. 2018/11/10(土)23:46:46 ID:X7f

こんばんは。

アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。

twitterでTLに回ってきたものから思いつきで書きました。

では、投稿していきます。


2: ◆CS7uVfQgX. 2018/11/10(土)23:47:20 ID:X7f

エレナ「ナニナニー?なんの話?」

恵美「えっとねー、『結婚するならこんな人なら間違いない!』っていうツイートが、バズって私のタイムラインまで回ってきてさー」

エレナ「…バズッテ?タイムライン??」

琴葉「エレナ、あんまりtwitterとかやらないもんね。バズった、っていうのは、短期間で大勢の人の注目を集める…って意味で合ってる?恵美」

恵美「え?あー、多分そんな感じー」ニャハハ

琴葉「もう…いい加減なんだから」クスッ

エレナ「それで、そのバズッタ?ツイートはどんなこと書いてあったノ?」

恵美「えっとねー。『結婚するなら、 ・動物に好かれる人 ・寝起きの機嫌がいい人 ・よく人に道を尋ねられる人』がいいんだってー」

琴葉「もう…結婚なんてまだ全然先の話じゃない。だいたい、アイドルは恋愛禁止でしょ?」

恵美「にゃははー、まぁねー」

エレナ「エ?そうなノ?」

琴葉恵美「「え?」」

エレナ「前、プロデューサーが言ってたんだヨー!なんだったっけナー?」


【ミリマス】まつり「私の妹」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/10(土) 21:09:06.77 ID:dVfo4c3q0

ミリマスSSです。
・まつり母、まつり妹出ます。
・Pが結構喋ります。

久々にスレ立てしたもので、もし不具合があったら申し訳ない。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/10(土) 21:16:15.07 ID:dVfo4c3q0

真美「うあうあー! 聞いてよ、やよいっち! お姫ちんも!」

やよい「どうしたの?」

貴音「何かあったのですか?」

真美「亜美がね、真美の分のおやつ食べちゃったんだよ! 今日はフンパツしてゴージャスセレブプリンだったのに!」

やよい「ええっ!? じゃあ亜美ってば、プリンふたつも食べちゃったの!?」

真美「そうだよ、ひどいっしょ? だから今、絶賛ケンカ中なんだ」

貴音「しかし、亜美は本当に真美の分だとわかって食べたのでしょうか? 何か理由でも……」

真美「わかってるに決まってるっしょー! 事務所じゃなくて家の冷蔵庫に入ってたんだよ? しかもちゃんと真美って名前書いてたのに!」

やよい「うーん……それは亜美が悪いかも」


ミリラジ出張版。ころあずお誕生日おめでとう!

1: ◆Vysj.4B9aySt 2018/11/10(土)16:20:50 ID:OEK

もちょ「というわけで、やってまいりました」

ぴょん吉「本日、11月10日は」

ゆきよ「ミリオンの円盤累計千枚発言や」

こーりー「目が合った時、やさしく微笑みかけてくださったり」

南ちゃん「からあげおひいひ~……ピースができなかったり」

ころあず「できるわ!!」

もちょ「洗濯機見つめたり」

すーじー「ステージに不安で線路へ飛び出そうとしたり」

ぴょん吉「もちょと私とよく間違えたり」



ころあず「いじめ?いじめだよね?」


【ミリマス】佐竹美奈子「真夏の夜の夢の続き」

1: ◆OtiAGlay2E 2018/10/16(火) 23:36:56.17 ID:nBlcHegd0

※このSSは以下の内容の一部ネタバレが含まれています。まだという方は注意してください
MTG10ドラマパート
BC11.5話


【ミリマス】薄い本大好き!

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:19:41.89 ID:pDkrpgRDO

「お、お兄ちゃん……こんなのは……」

―首輪をかけられて、四足は枷を着用

―一歩ずつしか歩けないでいる少女がそこにいる

「もう……こんな恰好……やだ……」

―夜の散歩に相応しい装い

―それは全裸である

「ね、ねぇ……今ならまだ……桃子、誰にも言わないから……」

ジャリ

「きゃっ……うぅ、引っ張らないでぇ」

―少女の哀願を無視して首輪に付けられた鎖を引っ張る男





―かつてプロデューサーと呼ばれた男であった



~~~~ペラリ


桃子「誕生日の過ごし方」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/06(火)23:32:51 ID:00x

無償の贈り物というのに、周防桃子は慣れてはいなかった。恐らく、それは彼女が育った境遇によるものだろう。
物心ついた時から、彼女は「最高の演技」を求められたし、それに応えてきた。賞賛の言葉であったり、あるいは贈り物であったりというものは、給料と同じように報酬でしかなかった。
だから「誕生日に何が欲しいのか」などという単純な質問にも、こんなにも困惑してしまうのだ。
これが儀礼的なものであったのなら、ここまでは困らなかっただろう。女社会の、とりあえずの作法だということで、無難に高すぎず安すぎないものを言うことで、乗り切ったはずだ。


横山奈緒「暇な話」

1: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:12:38.00 ID:fHc8FUzx0

・キャラ崩壊注意

よろしくお願いします。


2: ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:17:46.73 ID:fHc8FUzx0

~~事務所~~

横山奈緒「ひまっひまっひまっ~」

北沢志保「……」(台本熟読中)

奈緒「ひまぁーやなぁー」

志保「……」ペラッ

奈緒「ひぃ~まぁ~やぁ~なぁ~~~~~~~~~~~~~」

志保「……」イラッ

奈緒「ひぃ~~まぁ~~やぁ~~なぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」

志保「……奈緒さん」

奈緒「はい! はいはいはい!! この奈緒に何か御用でしょうかお嬢様!!」

志保「生命活動停止してください」

奈緒「あたりキツない?」


【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった2」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/31(水) 22:11:31.10 ID:6Dp/sJOV0

ミリマスSSです。アイドル達と薄い本を読んだり読まなかったり色々したりします。

前作
【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/31(水) 22:13:12.79 ID:6Dp/sJOV0

ー前回のあらすじー

友人の手違い(?)によって自宅に送られるはずの薄い本が事務所に送られてきてしまったプロデューサー。
さっそく静香に見つかってしまい大騒ぎになるかと思いきやその本は静香とイチャイチャにゃんにゃんする内容だったのでむしろ絆が深まった。
その後紗代子と琴葉とエレナと恵美と静香の前で薄い本をばらまいた。続く。

~~~

袋「ビリビリッ ドサドサドサー」

アイドル達のあられもない姿が表紙の薄い本「こんにちは(^^)」

P「あっ」

さよことエレめぐしず「!!?!?!?!?///」

P「ちゃ、ちゃうねん!」


【ミリマス】七尾百合子「例えばこんな出逢い方」

1: ◆CS7uVfQgX. 2018/10/29(月)18:44:53 ID:9RA

こんばんは。

過ごしやすい季節になりましたね。

アイドルマスターミリオンライブ!のSSになります。

ミリシタのコミュから着想を得ました。では、投稿していきます。


2: ◆CS7uVfQgX. 2018/10/29(月)18:45:40 ID:9RA

事務所

P「―――では、そろそろ外回りに行ってきます」

小鳥「はい。いってらっしゃい、プロデューサーさん」

P「いくつか営業先に伺ったあと、ちょっと付近の学園祭を覗いてきますね」

小鳥「あら、堂々とおサボり宣言ですか?」

P「おサボり宣言って…。音無さん、分かってますよね?」

小鳥「39プロジェクトのアイドル候補生探し、ですね?」

P「そういうことです」

小鳥「スカウトもいいですけど、最近はいろいろと厳しいのでくれぐれも通報される、なんてことは避けてくださいね?」

P「気を付けますね。では、行ってきます」

小鳥「はい、いってらっしゃい♪」


【ミリマス】そのヒロインから逃げられない!

1: ◆Xz5sQ/W/66 2018/10/31(水) 19:57:10.67 ID:Q33A0XWw0

前略。

すっかり外も暗くなって、本日も賑々しい
一日を過ごした劇場からアイドル達が家路に向かうような時間。

「プロデューサーさん、さようなら!」そう言ってすれ違う少女たちの横顔に
「ああ、気をつけて帰るんだぞ」と手を振り返しながら廊下を進む。

中には「先にお店で待ってるわよ!」なんて
今夜も飲みのお誘いをしてくれるありがたいお姉さんなんかもいる。


志保「メンドクサイフェアリー、保育園の訪問企画?」【ミリマス】

1: 代理 2018/11/04(日) 01:08:43.07 ID:iShr6VSf0

繋がりのある話

【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508416446/

紬「……メンドクサイフェアリー、ですか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526999291/

志保「千早さんの誕生日を祝いたい?」静香「ええ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519485680/


3: ◆0NR3cF8wDM 2018/11/04(日) 01:14:53.15 ID:fkmPW+8D0

・計画


志保「どうぞ、プロデューサーさん。熱いので気をつけて下さいね」

P「ありがとう、悪いな」

志保「いえ。自分のついでですから」

P「……ふぅ。何で人が淹れてくれたお茶ってこんなに美味しく感じるんだろう」

志保「さぁ?」

P「やっぱり愛情が込もってるから、かな」

志保「特に込めたつもりはないですね」

P「……そこは嘘でも肯定して欲しかった」

志保「ふふ」

P「あ、志保、今笑った?」

志保「わ、笑ってません」


【ミリマス】馬場このみ「江戸川コナン?」

1: ◆X0TyCi.5oo 2018/11/01(木) 08:54:35.81 ID:Cng89hDR0

阿笠「できだぞ! 新一! 杏奈ちゃんみたいになるスイッチじゃ!」

コナン「また変なの作ったのかよ。で、杏奈ちゃんっていうのは誰なんだよ」

阿笠「これ、新一! 杏奈ちゃんを知らないとは何事じゃ」

コナン「って言われてもなぁ」

阿笠「説明しよう! 杏奈ちゃんとは今をときめく、アイドルマスターミリオンライブのアイドルじゃ! プライベートだと大人しい女の子なんじゃが、ステージに立つとスイッチがオンになって活発な女の子に様変わりするんじゃ」

阿笠「かわいいんじゃぞ~」

コナン「ただの二重人格じゃねえか、そいつ」

阿笠「二重人格とはなんじゃ」

コナン「というか博士、いい歳こいてアイドルにどハマりするなんて恥ずかしくねえのか」


春香「みんなでしたい格好して集まろう!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 11:25:38.86 ID:5EnCQlsp0



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/18(木) 11:34:57.88 ID:5EnCQlsp0

…という春香の一言で10月某日に、某公園の大木前で集合することになった。

賛同したのは春香を含む13名。

果してどんな格好で現れるのか!

※ちなみに衣装はすべて青葉美咲さんが製作しました

※なお、うp主はコラ画像を作る技術を持ってないため、各々参考画像から想像してご覧ください。

まず、最初に現れたのは…

やよい(?)「ピッピッ ピッピッ ピーピッ!」

やよい(?)「はわっ!まだ誰もいないんですか!?」

やよい(?)「やってみたい格好で集まろうっていうことらしいですけど…」

やよい(?)「春香さんもいませんし…」

やよいのコスプレ 『はたらく細胞』の『血小板』
http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1539916366/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9kaWMubmljb3ZpZGVvLmpwL2EvJUU4JUExJTgwJUU1JUIwJThGJUU2JTlEJUJGJTI4JUUzJTgxJUFGJUUzJTgxJTlGJUUzJTgyJTg5JUUzJTgxJThGJUU3JUI0JUIwJUU4JTgzJTlFJTI5/RS=%5EADBmzYyUlXcLWaO.2h9tz2ry4iIpEo-;_ylt=A2Rivb7O8MdbdxEA2x6U3uV7;_ylu=X3oDMTBiaGxjcmduBHZ0aWQDanBjMDAy

やよい「あのアニメ、ためになるって聞いてみてたんですよ!」

やよい「ただ、流血シーンは怖かったですけど…」