TOP > ガールズ&パンツァー
カテゴリー  [ ガールズ&パンツァー ]

【ガルパン】アンチョビ「これがアンチョビルールだ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 10:51:45.96 ID:j2kvHP7ZO

アンチョビ「アンチョビルール発動だ!」

ペパロニ「アンチョビルール!?」

カルパッチョ「これはいけない。逃げましょう」

アンチョビ「逃がすか!うおおおお!」

カルパッチョ「キャァアアアー!」

バババババ

ペパロニ「カルパッチョがバケモノに……」

カルパッチョだったバケモノ「タカ……チャン」

アンチョビ「これが」

ペパロニ「アンチョビルール……」

ババババ

アンチョビ「ヘリだ!あれは黒森峰のヘリだな!」

ペパロニ「やばい!犠牲になる!おーい!逃げろ!」


冷泉麻子と過ごす一年

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/15(月)13:41:45 ID:OoC

新学期

麻子「明日から新学期だな」

麻子「いい加減一人で起きろって言うのか?」

麻子「人間が朝の7時に起きれるはずがないだろ」

麻子「それにお前私を起こす時私の頬を触ったりいろいろしてるだろ?」

麻子「気づかないとでも思っていたのか?」

麻子「触っていいからこれからも起こしてくれ」

麻子「頼むぞ」


【ガルパン】エリカ「お、お見合いですか?」しほ「ええ」

1: ◆eltIyP8eDQ 2018/10/01(月)22:33:07 ID:CZU

めっちゃキャラ崩壊注意です。


2: ◆eltIyP8eDQ 2018/10/01(月)22:34:28 ID:CZU





まほ「エリカ、ちょっといいか」

エリカ「何でしょうか?」

まほ「今度の日曜、私の実家に来れないか?」

エリカ「え?」

まほ「お母様がエリカと話したい事があるらしい」

エリカ「家元が?私……何かしたんでしょうか……?」

まほ「いや、別に怒っているとかそういう雰囲気じゃ……お母様はだいたい怒ってるような雰囲気だからわからないな」

エリカ「隊長も大概ですよそれは……」


【ガルパン】まほ「U-18W杯に向けての選手選考を私が?」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/23(日) 19:50:23 ID:sbtMrvCM

アニメ&OVA、劇場版のみ視聴です。
最終章は未視聴。一応、劇場版後の物語です。

書き溜めあり。
ノリと勢いで書いたので、キャラ崩壊あり。
戦車も詳しくないので間違いが沢山あるかも。
オリキャラはいません。
誤字脱字、口調などおかしい所があるかも。
気に入らない人は読まないでください。


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/23(日) 19:51:10 ID:sbtMrvCM

~~黒森峰の会議室~~

まほ「と言う訳で、各校の主要キャラに集まってもらった」

アンチョビ「キャラって。言い方!」

まほ「言い直そう、モブ以外に集まってもらった」

エリカ「さらに酷くなってますよ。素直にネームドキャラで良いじゃないですか」

ダージリン「こんな格言をご存知?」

アリサ「ガルパンの世界はツッコミ役が少ないから、そういうの今はいらない」

みほ「いきなりキャラの重要要素の否定って。まあ、アリサさんの意見には完全同意ですけどね」

ダージリン (_ _。)・・・シュン


西住まほ「ようこそ黒森峰へ」

1: 以下、VIPがお送りします 2018/09/19(水) 01:05:17.50 ID:OqQtPs9n3 BE:2546283593-2BP(0)

まほ「やぁ秋山さん。よく来てくれた!」

優花里「来たと言うか、逸見殿に拉致されたと言うのが正しいと思うんですけど……」

エリカ「ごめんなさい……隊長には逆らえなくて……」

優花里「あの……とりあえず拘束を解いて貰えませんか?」

まほ「直ぐに解いてやるさ。しかしその前に一ついいかな?」

優花里「なんでしょう?」

まほ「君は私の妹のみほと仲が良いね? 先ずはお礼を言いたい。いつもみほと仲良くしてくれてありがとう」

優花里「いえ、そんな……西住殿は大洗を救ってくれた英雄です。それに、だ、大事な……友達ですから!」テレテレ

まほ「そう言ってくれるか。君達あんこうチーム、そして大洗の皆は黒森峰を去ったみほを救ってくれた。みほだけじゃない、私も君達には感謝している。ありがとう」オジギー

優花里「あっ! そんな、頭を上げてください!」アタフタ

まほ「まぁそういう訳でな、あんこうチームにお礼を兼ねてもてなしたいという訳だ。君がその最初の一人という事だ」


西住みほ「お姉ちゃんには愛想がつきた」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/19(水)02:38:15 ID:QMU

黒森峰 ミーティングルーム

まほ「はは、やっぱりドラえもんは面白いな」

まほ「他のみんなは練習中だしクーラーもガンガンつけちゃうぞ それにここならお母様に働けとどやされることも無いしな」

まほ「さて...トイレでも行くか」

・・・・・・・

まほ「私のドラえもんがない....」

エリカ「隊長来てたんですね」

まほ「ああ!そんなことよりこの辺に置いておいた ドラえもんの二巻がどこにいったか知らないか!?」

エリカ「私が来た時は既にありませんでしたよ ていうかここの所毎日来てますね ドラえもん何周目ですか...」


【ガルパン】沙織「手を引いてたつもりが、いつの間にか手を引かれてたお話」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/20(木)22:52:32 ID:9ny

みほ「…………」ペラペラ

沙織「あれ?みぽりん何読んでるの?」

みほ「ん?これはね、アンチョビさんに借りた……」

沙織「借りた?」

みほ「れ、恋愛小説……」テレテレ

沙織「あはは、そんなので照れることないじゃん。私だって読むし」

みほ「そ、そう?」

沙織「うん!むしろイマドキ、女子でそういう携帯小説の類読んでない子のが珍しい気がするけど」

みほ「そうなんだ……」

沙織「あははは。みぽりんの家厳しそうだしねえ」


【ガルパン】あや「こわれない眼鏡ぇ?」

1: ◆u4BqTnPhoo 2018/09/20(木)18:27:56 ID:Yq1

よろしくお願いしマウス


2: ◆u4BqTnPhoo 2018/09/20(木)18:29:00 ID:Yq1

― 大洗 戦車道 練習後


『ありがとうございました!!』


あゆみ「う~ん!疲れた~!」

紗希「…」コクコク

あや「ううっ…」

優季「あや、どうしたのぉ?」

あや「眼鏡が…また、割れちゃった…」

桂利奈「あや、いつも眼鏡割れちゃうよね」

あや「うん…」

梓「怪我とか大丈夫?」

あや「それは大丈夫なんだけど、こう割れたり壊れてばっかりだと…」

優季「大変だよねぇ」

あゆみ「他の眼鏡の人達も同じ悩み持ってるのかな?」

あや「そうかも、うん!聞いてみよう!」


西住みほ「お姉ちゃんがすき家でバイトを始めた」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)01:26:22 ID:p9U

まほ「いらっしゃいませー」

エリカ「隊長本当にバイトしてたんですね...」

まほ「ああ、モンストに課金しすぎてな」

まほ「お母様に働いて返せと言われたんだ 深夜のすき家は時給がいいぞ」

エリカ「モンストって....なにやってるんですか...」

まほ「ん?モンストは楽しいぞ ストライクショットーってな」

エリカ「(やっとザリガニ以外の趣味を見つけたんですね...)」


みほ「お姉ちゃんがモンストにハマった」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/05(水)22:39:23 ID:ZSh

みほ「まさかこんなことになるなんて....」

西住家

しほ「まほ あなたモンストを知っていますか?」

まほ「はい たまにテレビのcmでみます あのパッパラパッパラ言ってる奴ですよね」

しほ「それはパズドラです」

まほ「それでそのパズドラがどうしたんですか?」

しほ「パズドラではありません...あのゲームに将来性はありませんから」

まほ「お母様!敵を作るような発言はやめてください!」

しほ「すいません では話を戻しますがモンストと言うのはなんとみんなで遊べるケータイゲームらしいのです」

まほ「最近のゲームはすごいですね」

しほ「あなたこのゲームを始めなさい」

まほ「なぜですか?」

しほ「まほ....あなたは学校で孤立してますね」

まほ「!?」

しほ「私に知らないことは何もないのです」

まほ「それとモンストに何の関係が!! モンスト をやれば友達ができるのですか!? 私が3年かけて手に入れられなかった物がケータイゲームで手に入るのですか!?」

しほ「手に入るわ モンストでマルチすればみんな仲良し 休日はみんなでキャンプよ まほは薪を集めなさい」

まほ「嫌です!私もテント組み立て係がいいです!」

・・・・・・・・・・

みほ「ってことがあって」

沙織「つまりどうゆうこと?」

みほ「お姉ちゃんがモンストを始めたんだけど部屋から出てこなくてなっちゃって」


みほ「エリカさん、どうして私の制服着てるの……?」

1: ◆LvkSa83W7. 2016/05/04(水) 20:22:40.83 ID:zCpUs31J0

~みほが出奔した後・西住邸~

まほ「わざわざ来てもらってすまない」

エリカ「いえ、当然のことです」

まほ「それで、改めて読みたい資料というのは……」

エリカ「高校戦車道で使用される、また近々使用可能となりそうな戦車のデータ。また西住流の所有する、古今東西あらゆる時代、カテゴリで行われた試合の戦術の記録……その全てを」

まほ「……エリカ、副隊長を請けてくれたのはいいが、少々気負い過ぎではないか?」

エリカ「いえ、そのようなことは……」

まほ「みほのことか」

エリカ「……今の私では、彼女には実力で大きく劣ります。しかし次の大会では、なんとしても王座を奪還しなくてはならない。道半ばで去らざるを得なかった彼女の為にも……」

まほ「…………」

エリカ「その為なら、私はどんなことでもするつもりです」

まほ「……そうか。分かった。資料のしまってある部屋はこっちだ。ついてこい」

エリカ「はい」

テクテクテク…

―――――――――――

※ガルパンのエリみほSS

※キャラ崩壊・ネタ被りがなんぼのもんじゃい


エリカ「同人作家な戦車女子の集い?」

1: ◆LvkSa83W7. 2016/04/12(火) 20:22:15.26 ID:wXyGiGT60

~エリカルーム~

エリカ「…………」カチカチ


名無しさん『三ツ井先生の新作に期待してます!』

名無しさん『三ツ井先生の新刊マダー?』

名無しさん『かりヱの奴最近大人しいな』


エリカ「…………」チラッ


本棚『西住流牝犬調教術~ドSみほまほのトロトロ作戦です!~』

本棚『メスイヌさんチーム、訓練中!~みほ教官のイ・ケ・ナ・イ個人特訓~』

本棚『ふたりはパンツァープリキュア!』


エリカ「……はぁぁぁぁ……」グダァ

エリカ「かんっぜんにネタ切れだわ……」

エリカ「前はアイデアが湯水のごとく湧き出てきたものだけど、最近はさっぱり……」

エリカ「なんか気分転換できることないかしら……」

スマホ<オウ! メッセージダゼ! ハヤクミロヨナ!

エリカ「誰よ……え? プラウダの副隊長から? 連絡先教えてたかしら……」

エリカ「なになに……『オフ会のお知らせ』?」

―――――――――――――――――

※登場人物がみんな同人作家やってるガルパンSS

※キャラ崩壊ええじゃないか

※R18注意

※以下のSSを読んだ前提で話が進みます。
エリカ「私のみほまほエロ同人誌が無い!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454853305/
優花里「同人誌を買いにイベント参戦であります!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455100050/

また以下のSSの設定を一部流用しています。
エリカ「私達が」みほ「プリキュアに!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457443365/


【ガルパン】西住まほの戦車道実況観戦

1: ◆5yXN2jIX2Y 2016/04/17(日) 14:54:20.12 ID:hMm81L8y0

注意:キャラ崩壊少々ありますです

―――――――――――――――――――

[第一試合・大洗VSサンダース]

エリカ「始まりましたね」フッ

まほ「ああ」


みほ「戦略シミュレーション?」2

1: 2016/05/04(水) 05:55:29.46 ID:1tx2OrKB0

前回は史実に基づいた流れにした結果、あまりhoi2の宣伝になってないんじゃないかと
いう意見が多かったので、今回はバリバリhoi2をやっていこうと思います。

hearts of iron2をよく知らない方は、こちらもよかったら読んでください。
みほ「戦略シミュレーション?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462180680/


みほ「前回マルチでドイツでプレイした私は、東西から米ソに挟み撃ちにあって敗北してしまいました・・」

みほ「そこで!今回は日本でプレイします!ボコ共栄圏の建設を目指してがんばるぞ!」

今回のマルチ参加者

日本 みほ首相
ドイツ まほらー総統
アメリカ アルーマン大統領(アリサ)
中国(国民党) エリ介石総統(エリカ)
ソ連 ノンナチョフ書記長(ノンナ)
フランス シャルル・サオーリ大統領(沙織)


みほ「今回はドイツにお姉ちゃんが入っています。怖いので早めに潰しておきたいところです」

沙織「フランスってすごくおしゃれだよね!パリとかあこがれるー!」

アリサ「日本なんて当時は貧乏国家じゃない!すぐに焼け野原にしてやるわ!!」

エリカ「なぜ私が中国(国民党)などという弱小国家に・・。まあ、この人的資源なら戦えなくはないわね」

ノンナ「反動は全てシベリアで木を数えてもらいます」

まほ「本当の西住流を見せてやろう」

みほ「正直展開が予想できませんが・・ヨーロッパが争っているうちに覇権を確立したいところです」



ゲーム開始!


みほ「戦略シミュレーション?」

1: 2016/05/02(月) 18:18:00.94 ID:1YCwwgZU0

優花里「はい。Hearts of iron2、通称hoi2は
第二次世界大戦期を舞台にした戦略シミュレーションゲームで、
プレイヤーは国を運営しながら外交を行ったり戦争したりして国の生き残りを目指します。
史実を無視して日本で連合入りしたり、
アメリカが共産化したり出来るロマンに溢れた作品なんですよお」

みほ「面白そうだね。戦争はどんな感じなの?」

優花里「hoi2の世界地図は全てプロヴィンスと呼ばれるマス目で区切られていますが、
国力を使って師団を生産することで軍隊ユニットを置くことが出来ます。戦争になれば、
このユニットを進軍させて敵地を占領する感じです」

みほ「実際の軍隊の机上演習みたいで難しそうだね…」

優花里「慣れるまでは大変かもしれません。ですが、極めればドイツなら一週間でポーランドを征服できますよ」

みほ「戦車道の指揮の練習にいいかもね」

優花里「なんなら西住殿にお貸ししますよー。私もhoiユーザーが増えるのは嬉しいですから。
面白かったらsteamでも安く売ってますよ(ステマ)」

みほ「優花里さんありがと。早速家でプレイしてみるよ」


まほ「まさか、みほと入れ替わってしまうとはな……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 19:10:07.19 ID:33mytLdE0

 黒森峰女学園学園艦の寮室で。この異常事態を前に、しかし西住まほはいつもの鉄面皮を崩さなかった。

まほ「仕方ない。私がみほの代わりに大洗に通おう。みほもそれでいいな?」

みほ「んー! んんー!」

 対して、猿轡を噛み、手足をそれぞれ縛られたみほが首を横に振る。

まほ「心配しなくていい、お前のことは私が一番よく分かっているんだ。きちんとばれないようにするし……」

 喋りながらも、まほは先ほどから行っている作業を続けていた。

 妹と同じ程度の明るさになるよう染髪し、大洗の制服に着替える。胸にも少しさらしを巻いた。

 さらに身長が高過ぎることに気づくと、自身の各関節に力を込める。ばきばきと何やら不穏な音がして、背が5センチほど縮んだ。

 そうして鏡の代わりにみほの瞳を覗き込むと、そこにはもうひとりの"西住みほ"が写り込んでいた。

 変装を完了したまほは出来栄えに満足してひとつ頷くと、先ほど自らの手で縛り上げたみほの頭を撫でる。

まほ「……お前が黒森峰に戻りたがってるのも分かってるからな? きちんと転校手続きをしてきてやる」

みほ「んんーーーー!?」

まほ「ははっ、そんなに感謝しなくてもいいぞ。お姉ちゃんとして当然のことをするまでだ」

 言いながら、まほは巨大なトランクケースに自分の妹を詰め込んだ。縛られているみほはろくな抵抗も出来ずにしまわれてしまう。

 防音性が異様に高いようで、ぱちりとロックを掛けるとうめき声すら聞こえない。

まほ「本当はこんなところに入れたくないんだが、ここに残しておくとエリカ辺りが見つけそうだしな」

まほ「奴のことだ。動けないみほを見つけたらまず間違いなくレイプする……おっと、これはエリカじゃなくても同じか。私の妹は世界一魅力的だからな?」

まほ「さ、すでにヘリは用意してある。学園艦が近くにあってよかった。大洗まで片道2時間だ」


【ガルパン】みほ「大洗あんこう物語 番外編」

1: ◆v/LK4luEPU 2016/03/18(金) 11:07:45.40 ID:nL2UDAkf0

【ガルパン】みほ「大洗あんこう物語Ⅳ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455892869/

の選抜戦終了後の話です。ネタ考えてるうちにスレ落ちしていましたが、遅くなって申し訳ありませんでした

・独自設定あり

・番外編でいくつか小話風にあげる予定です


2: ◆v/LK4luEPU 2016/03/18(金) 11:09:31.69 ID:nL2UDAkf0

みほ「…はぁ」

愛里寿「お姉ちゃん、ご飯だよー」

みほ「…うん、今行くね」

みほ(何で、こうなったんだろう…)


みほ「現代戦車道?」

1: 2016/05/01(日) 13:04:49.51 ID:MMypQ3p00

ガルパンSS興隆を支援すべく、VIPに投稿した物を修正したOVA版として投稿します

優花里「はい、これまで戦車道は第二次大戦の戦車が主流でしたが、
最近は現在各国で運用されている戦車を戦車道でも使うのが流行っているらしいんですよ」

杏「というわけでさ、やってみようよ現代戦車道」

桃「既に戦車道連盟の補助金により各校で戦車道用に改造された現代戦車が納入されています。わが校も、一台購入済みです」

みほ「現代戦車ですか…。第二次大戦の戦車とはかなり違うと思いますが、とりあえずやってみましょう」

杏「いーねーみほちゃん。ところで河嶋ー、購入した戦車の名前は?」

桃「は、資料には『61式戦車』と…」

みほ「」


まほ「どうしたらいいんだろ」しほ「どうすればいいのかしら」【ガルパン】

1: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/26(火) 21:44:49.58 ID:sTWYjswWo

しほ「みほの転校の件を無かった事に?」

まほ「・・・・・・そうです」

しほ「何をいってるの?」

まほ「えっと・・みほは一人暮らしが大変だと思うしやはり自宅にいた方が・・・」

しほ「あの子がどれだけ大変な事をしたかわかってますか?」

しほ「10連覇が達成できず西住流の名に泥を塗ったんですよ?」


西住みほ 「 暗い凱旋門、ですか? 」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 14:28:35.58 ID:1GTbjVIF0

みほ(大学選抜との試合も終わって、数週間後)

みほ(あの試合では、色々な人にお世話になった、感謝してもしきれない、沢山の恩がある)

みほ(すぐには返せない、でも、絶対にお礼は伝えたくて)

みほ(裏で廃校を免れるために奔走してくれたお母さん、一緒に戦ってくれた黒森峰のみんな)

みほ(まずは、地元のみんなにお礼を伝えよう、伝えきれなかったことも、全部全部)