TOP > ガールズ&パンツァー
カテゴリー  [ ガールズ&パンツァー ]

【ガルパン】沙織「実際スゴイ・シツレイだよね」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/18(月) 16:40:55.80 ID:tmyFMPJ00

※忍殺要素はありません。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/18(月) 16:42:34.75 ID:tmyFMPJ00

秋山「試合前の挨拶がですか?」

沙織「そうそう、やれ貧弱な戦車だ、とかその程度の学校が、とか」

麻子「公式戦の相手に言う台詞じゃないな」

秋山「まぁ、そう深くとらえないでいいんですよ」

みほ「そうそう」



みほ「戦意高揚の為に試合前のアオリ・アイサツは一度までなら許されてるからね」



沙織「ええ……何それ」

秋山「古くは聖グロリアーナ発祥と言われ」

秋山「折しもプロレスブームのマイクパフォーマンスにあやかって戦車道女子の間で定着したんです」

沙織「えぇー……いいの? 戦車道って礼に始まり礼に終わる、んでしょ?」

みほ「それが理想なんだけど、やっぱり結構荒っぽい勝負事ではあるから」

みほ「勝った時も負けた時も一切態度には出さずっていうのは難しくて」

みほ「むしろお腹に貯まって慇懃無礼になっちゃったりして」

秋山「そういうのを解消するために、試合前はビッグマウスで、試合後には互いの健闘をたたえ合う」

秋山「そういう暗黙のルールみたいなものがあるんですよ」

みほ「勿論公式じゃないけどね」

麻子「西住さんもやったのか」

みほ「私は……一二度やって、向いてないって言われちゃって」

みほ「殆どエリカさんが引き受けてくれてたよ」

沙織「お姉さんは?」

みほ「お姉ちゃんは必要最低限のことしか言わないから……結局隊長副隊長が揃って嫌な事を押し付けちゃうことに」

麻子「普段の態度から見るに適任と言う気もするが」

華「というか、聖グロリアーナが発祥なんですか?」

秋山「と、言われています。聖グロの図書館には格言集の横に煽り文句大全が並んでいるとかいないとか」

秋山「実際うちとの練習試合でもまず大洗の戦車を一笑に伏してからのサンダースやプラウダを引き合いに出して他校まで煽っていくストロングスタイルを披露していたでしょう?」

みほ「あれは見事だったね。強く煽れば煽るほど試合後には折れて一歩引かなきゃいけないのに」

みほ「ああやって高い頭をあっさり下げることができるあたりやっぱり聖グロリアーナは淑女の学校って気がするよ」

秋山「聖グロは開き直ってくるからたちが悪い、とも往々に言われますがね」


エリカ「隊長たちに手作りチョコを渡すわ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 20:57:19.20 ID:9Wqg+qDQ0

小梅「隊長……って、もう隊長はあなたじゃないですか」

エリカ「あ、そうだったわね……どうもまだ慣れないわ……。元隊長にあげるの!」

小梅「はあ……それでなんで私が呼ばれたんですか」

エリカ「だって私チョコの作り方なんて知らないんだもの」

小梅「知らないくせになんでそんな無責任な決意を……」

エリカ「で、あなたは知ってるの? 作り方」

小梅「まあ知ってるけど……」

――――――――――

※ガルパンのバレンタインSSです。目指せ今日中の完結。


みほ「バレンタインと皆さん、です!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 19:20:53.49 ID:wME+e5H5o

【聖グロリアーナ女学院のバレンタイン】

ダージリン「あら、今日のお茶請けはチョコレートなのね」

オレンジペコ「あっ、はい。今日はバレンタインデーですし、折角なので……」

ダージリン「……美味しい。紅茶にもよく合うわ」

オレンジペコ「ほ、本当ですか!?ありがとうございます」

ダージリン「……どうしてペコがお礼を?」

オレンジペコ「あ、そのチョコレート、私の手作りなんですよ」

ダージリン「……あら、そう」


ダージリン「つまりペコ、このチョコはあなたから私へのプレゼントのチョコって考えてもいいのかしら?」

オレンジペコ「えっ、あっ、あっ……!」/////


ダージリン「ふふ、顔を紅くさせて。冗談よ、ペコ」

オレンジペコ「も、もう!からかわないでください!」


【ガルパン】まほ「お母様、大切な話があります」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/16(土) 22:46:36.55 ID:FGZzfSUj0

※まほチョビ要素があります。

※西住母娘がぽんこつです。

※常夫さんはずっと半笑いです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/16(土) 22:48:07.16 ID:FGZzfSUj0

まほ「お母様は、アンツィオのドゥーチェアンチョビを御存知ですか?」

しほ「スカウトされてから三年でアンツィオの戦車道を立て直した」

しほ「辣腕で知られる安斎千代美さんですね。知っていますよ」

まほ「はい。自身も優秀な選手であるにもかかわらず」

まほ「ひたすら後進と自らの信じる戦車道そのものの為に身を捧げた」

まほ「尊敬すべき人物です」

しほ「そうね。それで?」

まほ「しかしもう十分でしょう」

まほ「安斎もこれからは自らが輝くために教導される立場に戻るべきです」

まほ「お母様、ぜひ西住流の名の推薦でもって安斎を私と同じドイツの大学に留学させて欲しいのです」


ペパロ二「副隊長」桃「交流?」【ガルパン】

1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 22:14:02.62 ID:2ewicnzGo

ドゥーチェ「そうだ!」

ペパロ二「なんすかそれ?」

ドゥーチェ「まあ色々あるけど平たく言うと大洗に行って副隊長やってこい」

ペパロ二「!???嫌っすよ!?自分この学校を辞めたく無いっす!!」

ドゥーチェ「落ち着け!あくまで交流だ!少しの期間で戻って来れる!」


【ガルパン】オーン カウニュナ ムィストナ カルヤラ マームタ♪【継続一家】

1: ◆ZcCppKArlA 2016/02/12(金) 23:04:04.15 ID:ZoU0XQh0O

みほ「最近悩みを持つ戦車道選手の前に不思議な妖精が現れるらしいです」

優花里「西住殿、私もその噂聞いたことあります!」

麻子「なんでも、軽快な音楽と共に歌いながら何処からともなく出没するそうだ」

華「そういえば、最近沙織さんが何やら悩みがあるそうです」

麻子「もしかしたら沙織の前に現れてるかもな」


2: ◆ZcCppKArlA 2016/02/12(金) 23:05:28.08 ID:ZoU0XQh0O

※時系列的に劇場版の後です。劇場版のネタバレもあるので注意


【ガルパン】エリカ「バレンタインの甘酸っぱい思い出」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/12(火) 17:34:54.19 ID:56uUI+cN0

短編です


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/12(火) 17:36:56.01 ID:56uUI+cN0

黒森峰女学園 2月14日


隊員「隊長!チョコです!」

隊員「食べてください隊長!」

隊員「私のも!」

キャーキャー!ワーワー!

まほ「あ、ありがとう」ニコッ

キャーーーーー!!!


【ガルパン】ケイ「アンツィオのサンダース汚染」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/13(水) 01:10:23.65 ID:WdHVcwpo0

※地の分が少しあります。


サンダース大付属戦車道隊長ケイの朝はハンバーガーから始まる。

ビッグサイズのバンズから、はみださんばかりのパテ、
それにオニオンスライス、ピクルス、チーズ。

そこに、噛みついた瞬間溢れて零れるほどの
たっぷりのトマトケチャップ。

もはやトマト味の甘味料と言った方がいいほどの
甘味はケイの起き抜けの脳を覚醒させてくれる。

口の端についたケチャップを親指で拭って舐めとり、
ケイはスクールバッグをひっさげた。


【ガルパン】カチューシャ「カチューシャ日記?」

1: ◆k0hJ4G98B6 2016/02/12(金) 21:54:18.59 ID:WAhjBF+b0

【プラウダ高 幹部室】

カチューシャ「おかしな空模様ね。せっかく寄港したって言うのに昼間から薄暗い……。ノンナー!」

カチューシャ「ノンナ?どこか行くの?」

ノンナ「同志カチューシャ。せっかく寄港しているので陸まで買い物に出掛けてきます」

ノンナ「私がいないからとお菓子を食べ過ぎてはいけませんよ」

カチューシャ「それぐらい分かってるわよ」

カチューシャ「学園艦は私がしっかり守っておくからノンナは心配しなくていいわよ」

ノンナ「それは頼りになります」(その目は優しかった)


【ガルパン】澤梓「二月ウサギとバレンタイン」

1: ◆663LzicDVs 2016/02/11(木) 16:03:42.92 ID:swoqSN060

沙織「みぽりんが……理想の婚約者?」
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449906716
 のリクエストにあった、澤梓ルートです

・百合

・劇場版ネタバレ注意

・元スレの設定は引き継いでいません


2: ◆663LzicDVs 2016/02/11(木) 16:08:11.83 ID:swoqSN060

みほ「皆さん、練習お疲れさまでした。明日はお休みですけど、各自車両点検してから解散にしてください」

「「お疲れさまでしたー!」」

梓(今日の西住隊長も、かっこよかったなぁ……)ポーッ

梓(指揮してる時の隊長って、表情はきりっとしてるのに肩にはムダな力とか入ってなくて、自然体で……)

梓(そこが逆に余裕を感じさせるというか、頼もしいというか……素敵なんだよね)

梓(逆に戦車を降りたとたんにほわほわした雰囲気になるのは……ギャップがあって何か可愛い)

梓(あっ!特に何もない所でなぜかつまづいた!)

梓(……と思ったら秋山先輩と武部先輩に支えてもらってた)ホッ

梓(さすがあんこうチーム、息が合ってるなぁ……私たちも見習わないと)

梓(でも、もし私があそこにいたら……)

モヤモヤ


◇◇◇

梓「西住隊長!大丈夫ですか?」

みほ「あ、ご、ごめんね澤さん、お姫様抱っこの体勢で抱きとめてもらっちゃって……」

梓「いえ!これぐらいお安い御用です。むしろどんとこいです!」ニコッ

みほ「あ、あの……でももう平気だから……そろそろ下ろしてもらえるかな?///」

梓「ダメです」

みほ「えっ?」

梓「西住隊長はいつも危なっかしくて見てられませんから……もうこのまま抱っこで運んであげます♡」

みほ「さ、澤さんっ……///」トゥンク♡

◇◇◇


梓(な……なーんちゃって……///)

梓(って、何考えてるの私、都合良すぎだよ!大体お姫様抱っこになる意味も分かんないし、そもそもそんな腕力ないし……)

梓(だからむしろ、支えきれなくて失敗しちゃう感じで……)

桂利奈「梓ー?」


ミカ「聖グロリアーナに招かれたよ」ポロロン

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 00:45:10.16 ID:DXP7FM/CO

ダージリン「ねぇ、あなた、こんな格言を知っていて?」

ダージリン「『真実は疑いなく美しい。しかし、嘘もまた同様である』」

ミカ「何が真実で何が嘘か、およそ分かりきった人から見たら世界は美しいだろうね」

ダージリン「『真実はこの世の中で一番面白い冗談である』」

ミカ「或いは、開き直るのもいいかもね。考えるより考えない方がより良い結果を出すこともある」

ダージリン「『この世で成功するには、力ずくで、死ぬまで剣を腕より離さないことだ』」

ミカ「……ただ、人生において何かを成功することって、大事なことなのかな?」ポロロン

ダージリン「人生を楽しむには、成功しているに越したことはないでしょう」



オレンジペコ「…………」

アキ「…………」


みほ「戦車道が廃止!?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 00:15:37.08 ID:mTvbue6lO

杏「そう、戦車道は危険ーとか怪我する命にかかわるーとかいう苦情が多すぎて、戦車道を大それと出来なくなったらしいんだよね」

みほ「ええっ!?」

優花里「そんな!戦車道は安全には十分配慮されてるんじゃ」

杏「まーね。実弾は使わないって言っても素人目から見たら充分危ないし、事故したり炎上することもあるしで色々と文句が来たらしいんだよねー」

杏「そんで、戦車道を更に安全面に配慮して、これから学習課程としての戦車道は」

杏「今までの戦車道、『硬式戦車道』と区別された、『軟式戦車道』として履修することになるから」

優花里「軟式戦車道……ですか?」

杏「そ。西住ちゃん達が乗るIV号も軟式用に改造されてるから」

みほ「へー……」


沙織「どんな改造を施されているんだろうね?」

華「更に安全に配慮されているらしいですが……」

優花里「下手に戦車を弄られて、砲弾の発射音やエンジン音が変わってないといいのですが……」


杏「んで、これが軟式IV号戦車」


18060907551.png



優花里「」

みほ「やわらかすぎない!?」


ガルパンSS・みほ「黒森峰大学かあ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 01:38:22.53 ID:m0XDnor+o

前スレ
ガルパンSS・みほ「進路かあ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454869918/
の続きになります
書いてくれという声が多かったのでがんばったよ

それではよろしくお願いします


2: ◆naranciafLZ1 2016/02/09(火) 01:39:22.42 ID:m0XDnor+o

 黒森峰大学は何かとご縁のある黒森峰女学園の母体組織です。大学は共学なんです。

 学園艦に着くとお姉ちゃんが出迎えてくれました。

「よく来たな、みほ」

 お姉ちゃんに合うのは久しぶりだから嬉しい。私は後ろのみんなを紹介しました。


【ガルパン】華のグルメ道~内のラーメン、外のラーメン~

1: ◆saI1ZNzQKuJn 2018/06/08(金) 22:10:19.11 ID:y2a8W/A90

お腹がすきました。
今の私は食事のことしか考えられないほどにお腹がすいています。

何故でしょう?きちんとお昼もおやつも食べたのですが……。

「いい匂い……。」

ふと気づいた煮干のような香りに顔を上げるとそこにはラーメンの文字。
普段なら1人でラーメン屋に入ることは勇気がなくてできませんが、今の私は違います。
近くに手頃なお店もありません。いざ。


【ガルパン】みほ「肉欲に溺れた悪魔」

1: らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/06/04(月) 20:44:58.78 ID:Wm7clheOO

※みほ杏注意

※微エログロ注意

※鬱展開注意


2: らぐB ◆asJU3gh8ZA 2018/06/04(月) 20:46:47.87 ID:Wm7clheOO

わたしはボコが大好き。

だって、ボコはやられてもやられても

どんなにボロボロになっても立ち上がるから。

それが、ボコだから。

わたしは、ボコにはなれなかったけれど。



わたしはボコが大好き。

やられても、やられても、立ち上がる。

わたしにはそれができない。

できないのなら、いっそ・・・。


杏「やーチョビ子」アンチョビ「チョビ子って呼ぶな!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 21:19:40.55 ID:VXWp0UlwO

杏「で、チョビ子もこの大学なんだ」

アンチョビ「それは私のセリフだ!……お前なら、もう少し頭のいい所に行ける……と言うか、戦車道推薦取らなかったのか?」

杏「まあね。チョビ子と同じとこ行きたかったし、推薦は蹴った」

アンチョビ「……下手な嘘だな」

杏「あっりー、ばれちった」

アンチョビ「冒頭の台詞を思い出せよ。明らかに私がここの学校だってわからない台詞じゃないか」

杏「あー、言われてみればそだね」

アンチョビ「…………」


ガルパンSS・みほ「進路かあ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 03:31:58.94 ID:a+lR9u3jo

 あの夢の様な戦いから一年が経ちます。

 大洗女子学園は今年も戦車道全国大会に出場し、準優勝という結果を残しました。

 決勝の相手は逸見エリカさん率いる黒森峰学園で、昨年の私の奇策を十全に研究して臨んだようでした。

 西住流の定石を踏まえつつ凄みの増した戦法を取ってきたのでこちらも奮戦しましたが力及ばずといったところです。


役人「大洗女子学園は再度廃校決定です」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:36:21.72 ID:mfXAsZino

みほ「え!?」

桃「どういう事ですか!」

華「大学選抜に勝利したから廃校じゃなくなったんじゃ……」

沙織「そうよ!そうよ!」

杏「あー……どういう事か説明してくれるかな?」

役人「どうもこうも決定事項ですので……では」


【ガルパン】みほ「スカウト?」

1: ◆dg58rlMYS6 2016/02/06(土) 22:02:42.35 ID:AlpwOIG40

みほ「スカウト?」

アンチョビ「ああ、来年のアンツィオをまとめられるのは西住隊長しかいない」

みほ「は、はあ……」

アンチョビ「確かに!優秀な指揮官は我が校にも居る。しかし!彼女らの作戦はノリと勢いが足りなーい!」

優花里「まあ確かに西住殿とアンチョビ殿は似ている所があるように思います。あれだけ優秀かつ特殊な作戦を行う高校は少ないですからね」

アンチョビ「そうだろう、そうだろう。西住隊長には絶対に我が校に来てもらうぞ。もちろんタダでとは言わない、学食を卒業まで無料にしよう!」

華「良い条件ですね」

みほ「ごっ、ごめんなさい。私は大洗でみんなと戦車道したいから!アンツィオ高校には行けません」

アンチョビ「…そうか。とりあえずウチでパスタでもどうだ?」

麻子「食べ物で懐柔しようとしているな……」

杏「あーはいはい。西住ちゃん困ってるから帰った帰った。かーしま、連行」

桃「はい」

アンチョビ「私はっ!諦めないぞっ!」ヒキズラレー

みほ「あはは…」


【ガルパン】エリカ「チャリできた」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/03(日) 10:27:17.68 ID:Knz38B+3O

沙織「えーっ、エリリン熊本から大洗まで自転車できたの!? 本当に!?」

エリカ「べつに、大したことじゃないわ」

華「いえいえ、とてもすごいと思いますよ」

みほ「そうだよ……」

エリカ「べ、べつに……」

沙織「エリリンはたくましいんだねぇ」

エリカ「……ねぇ、そのエリリンっていうのやめてくれない? あなた、ちょっと馴れ馴れしいわよ」

沙織「いいじゃん! だってエリリンはみぽりんのお友達でしょ? 友達の友達は友達だもん」

エリカ「べ、べつに、この子とは元チームメイトっていうだけだし……」

みほ「……あはは……」

エリカ「……。」

華「あら……」

沙織(……んも~……)

沙織(みほってば、この人に会うと急にコミュ症になっちゃうんだから……)

沙織(もっと仲良くしたいって、そう言ってたのに……)