TOP > ガールズ&パンツァー
カテゴリー  [ ガールズ&パンツァー ]

西住まほ「おいら、ボコだぜ!」

1: ◆DLwRpsYLYI 2019/06/20(木) 01:29:42.06 ID:AXmJ8DO/0

まほ「おいらボコだぜ!」

まほ「どうだ? ボコに似てるか?」チラッ

エリカ「え、えぇ……少しは」

小梅「全然似てないです。少しもボコを感じられませんでした」ビシッ

エリカ「小梅! ちょっとは隊長に配慮しなさいよ!」

まほ「そうか、似てないか……いや、いいんだエリカ。此方もはっきり言って貰った方が助かる」ズーン

まほ「……ん、ゴホン!」

まほ「オイラ、ボコだぜ!」

まほ「今のは我ながら上手くできたな! そうだろ、二人とも?」チラッ

エリカ「……目を瞑って聞いていたので、完全にボコが目の前に現れたかと思いました! 流石隊長です!」グッ

小梅「エリカさん、耳の穴完全に塞がってるんじゃないですか? 全然似てませんでしたよ?」

エリカ「んもう! そんな事言ってたらいつまでも帰れないでしょうが! 只でさえ呼び出される時間も遅かったのに、こんな事で時間使ってられないのよ! このバカ!」

小梅「ちょっとエリカさん! いくらなんでもそれは言い過ぎですよ!」

エリカ「はっ! …………隊長?」チラッ

まほ「…………ぐすっ」グスン

エリカ「ひぇっ! すすすみません、決してそんなつもりじゃ……」アタフタ

まほ「……いや、いいんだ。二人とも、態々こんな時間に呼び出してすまなかったな」シュン

まほ「……だから、次で決める!」キリッ

エリカ(続けるんかいっ!)イラッ


【ガルパン】エリカ「私達そんなに仲良かったっけ…?」みほ「…違うと思う」

1: ◆eltIyP8eDQ 2019/06/15(土) 23:05:09.51 ID:4pRB5zdg0




~黒森峰~


まほ「なぁエリカ」

エリカ「なんですか?」

まほ「私はもうすぐ留学する」

エリカ「ええ。なのに私の指導に貴重な時間を割いてくれて本当に感謝しています」

まほ「それはいいさ。むしろ半年も早くお前に隊長を押し付けてしまうのだからこのぐらいは当然だ」

エリカ「押し付けるだなんて……」

まほ「正直、今さらお前に教えられることは殆どない。あとはお前がお前の戦車道をやればいいのだから」

エリカ「……」

まほ「だが、一つだけ。心残りがある」

エリカ「……なんですか。私に、出来る事なら」

まほ「お前に……いや、お前たちにしかできない事だ」

エリカ「私たち……?っていったい……」

まほ「ついてきてくれ。ヘリの準備はしてある」テトテト

エリカ「え、あ、ちょっ、待ってください隊長」


【ガルパン】マリー「どうして私が哺乳瓶を持たなくちゃいけないの?」

1: レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/06/14(金) 19:15:44.62 ID:yU93Ar3M0

マリー「今日は黒森峰に招待してくれてありがとう!」

マリー「それで美味しいケーキをご馳走するって書いてあったけど一体何を食べさせてくれるのかしら!」

まほ「ああ……ベークドチーズだ。他にもフランクフルタークランツ、シュトレンなんかもあるぞ」

マリー「あらそんなに貰っちゃっていいの?」

小梅「良いんですよ。映画公開記念です!」

小梅「とはいえ約束はちゃんと守って来ましたよね」

マリー「大丈夫よ。私が黒森峰に呼ばれていることは誰にも伝えてないわ」

まほ「感謝する。このパーティーはマリーを祝うために開かれたものだからな」

まほ「他の人にまでその情報が伝わればケーキ目当てに大勢の人が押し掛けてくるかも知れない」

まほ「そうなっては黒森峰の予算的に厳しいんだ」

マリー「ケーキの予算程度で頭を悩ますなんて貴方たちの学校は大変ね」

マリー「ま、私には関係ないけど」モグモグ


【ガルパン】まほ「お、お母様…とうとう黒森峰の制服にまで…」

1: ◆u4BqTnPhoo 2019/05/06(月) 17:30:29.75 ID:dZV2x4/+0

よろしくお願いしマウス


2: ◆u4BqTnPhoo 2019/05/06(月) 17:34:07.52 ID:dZV2x4/+0

― 黒森峰女学園


直下「突然ではあるが、今日は我々の為に家元が視察に来てくださった!」

直下(隊長は遅れるとの連絡があった…それなのに副隊長も小梅もいない…だったら私がしっかりしなくちゃ!)



しほ「皆さん、ご苦労様です」


黒森峰生『『『 はい!! 』』』


しほ「今日はですね…」


 ヌギヌギ… 


直下「え?あ、あの…い、家元…何故服を脱いで…」


黒森峰生A(改めて見るけどおっきい…)

黒森峰生B(あ、でも、腹回りとか尻の肉は垂れてる…)

黒森峰生C(下着は黒か…)

黒森峰生D(あ、下着から黒い森が少し見えてる…)



しほ(黒森峰制服)「短期交流編入で来た、西住しほです!!(みほ真似)」



黒森峰生『『『『 うわぁ… 』』』』


【ガルパン】 コスプレ・ウォー!

1: ◆e6ps/CejpA 2019/06/13(木) 20:32:29.20 ID:HqfOAqWA0

みほ「コスプレ道高校生大会?」

杏「あーそんなに難しく考えないで。戦車道の人たちが集まって
合同でレクリエーションするってだけだから」

みほ「はあ…」

杏「じゃあ後は次期生徒会のみんなと頼んだよー」

沙織「また丸投げ…」


まほ「エリカの身体に痣があった」

1: レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/06/11(火) 01:42:38.54 ID:LiJ5Wvwn0

更衣室

まほ「エリカ……その痣はどうしたんだ」

エリカ「え? あ、ああ……これですか?」 

エリカ「多分ですけど戦車道の時間に身体をぶつけたんだと思います」

まほ「……そうか。お前は綺麗な肌をしているんだ……こんな痣があってはもったいない」

まほ「それに次の試合だって近づいている。身体は大切にしておけ」

エリカ「はっ! 心遣い感謝します」パサパサ

まほ(それにしても戦車道で怪我をしたといっていたが)

まほ(痣の数は複数。それにエリカは優秀な隊員だ……戦車道の時間も転んだり何かにぶつかったような姿は見られなかった)

まほ(だとすればこの痣は別の理由あるようにしか思えない)

まほ(あまり認めたくないが次期副隊長候補ということで周りの生徒からいじめられている可能性もある)

まほ(注意したほうがいいかも知れないな)

まほ(そういえばみほと小梅は同じクラスだったか……)

まほ(一応さりげなく話を聞いておくか)


【ガルパン】みほ「枕営業?」

1: ◆e6ps/CejpA 2019/05/23(木) 16:21:03.04 ID:tkjZWhVb0

杏「いやー、ちょっと財政厳しくってさー、みんなに枕営業やってもらうことになったから。
というわけでよろしくねー」

優花里「ええっ!」

麻子「枕営業って…」

沙織「枕営業ってアレでしょ!?お偉いさんやお金持ちの人を相手にアレをナニする
薄い本の定番のアレでしょ!?やだもーやだもー!」

華「沙織さん、ゼクシィ以外に何読んでるんですか…?」

みほ「…」

優花里「ああっ!西住殿がまた瞳のハイライトが消失してレイプされた後みたいに!」


【ガルパン】小梅「隊長がひきこもりになった」

1: レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/06/02(日) 17:50:32.93 ID:GNnaRcQhO

黒森峰生徒「それでさぁ」ワーワーキャーキャー

まほ「ん? お前たち何を話している?」

エリカ「あ、隊長。最近流行りのオンラインゲームについて話してたんです」

まほ「オンラインゲームか……確かパソコンを使って遊ぶゲームだったか……あまり詳しくは知らないが」

エリカ「はい! そうです。新しくできたガルパンオンラインが面白くってそれで友達と盛り上がっていたんですよ」

まほ「そ、そうか……そんなに人気なのか」


ダージリン「おままごとをしましょう」

1: レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/05/31(金) 23:22:50.60 ID:xqqiYqoUO

ペコ「は?」

ダージリン「聞こえなかった? ならもう一度言うわね」

ダージリン「私とおままごとをしましょう」

ペコ「おっしゃっている意味が良く分からないのですが」

ダージリン「だからおままごとをしましょうと言っているのよ」

ペコ「えっと頭の方……大丈夫ですか?」


まほ「みほに媚薬を飲ませたら大変なことになった」

1: レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/05/24(金) 20:56:49.36 ID:6fLzBBeQ0

まほ「アッサムから取り寄せた飲んで最初に見た者のことを好きになる秘薬だ」

まほ「最近反抗期なのかみほは私に甘えてくれないからな」

まほ「昔は一緒の下着を履いたり一緒の歯ブラシを使ったりしていたのだが」

まほ「今ではすっかりそれもしなくなってしまった」

まほ「そこでこの秘薬を使うことによってみほと付き合……結婚しようというわけだ」

まほ「ふふふ……早速このコーヒーに媚薬を入れてと」

まほ「コーヒーを作ったんだ良かったら飲んでくれないか」

みほ「ありがとうお姉ちゃん。あ、一応いっておくけど今日はお姉ちゃん先にお風呂に入ってね」

まほ「どうして」

みほ「だって前は私の残り湯を飲もうとしてたでしょ」

みほ「あんまり言いたくないんだけど……」

みほ「あれ……ちょっと怖いから」

まほ「……みほ」


【ガルパン】しほ「今日は母の日…」菊代「楽しみなんですか?」

1: ◆.dsCc9AhxA 2019/05/12(日) 02:33:24.67 ID:rArFCqaq0

母の日ということで、しほさんのSSです。


2: ◆.dsCc9AhxA 2019/05/12(日) 02:35:02.13 ID:rArFCqaq0

しほ「ええ、まあ。だけどまほはドイツにいるし、みほとはまだギクシャクしてるし、期待はしてないわ。それよりも昔のことを思い出してたの」

菊代「昔、ですか」

しほ「そ。みほが高校に上がる前までの、母の日のプレゼント」

菊代「あー、みほお嬢様が活発でイタズラ好きだった頃の」

しほ「忘れもしないわ、初めてプレゼントを貰ったときのことは。みほはまだ小学校の一年生だったわね」


まほ「母の日にプレゼントを」

1: レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/05/10(金) 22:33:46.68 ID:ztN/VL020

小梅「もうすぐ母の日ですけど隊長は何かプレゼントするんですか」

まほ「ああ……一応プレゼントすることは考えていたんだがな」

まほ「普段からあまりそういう経験がなくて何をプレゼントすれば良いのか分からないんだ」

まほ「小梅は……何をプレゼントするつもりなんだ」

小梅「一応定番の花をプレゼントしようかと」

小梅「ただ水やりとか手間が掛かりそうなので造花にしようとは思ってますけど」

まほ「確かに花も悪くはないが私としてはちゃんと生活の助けになるものがいいな」

まほ「今まで沢山苦労を掛けてきたんだ。実用的なものをプレゼントして恩返しがしたい」


【ガルパン】小梅「みほさんが筋肉痛になった」

1: レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/04/26(金) 20:01:38.36 ID:R4K/MMT2O

小梅「みほさん……筋肉痛になったって聞きましたけど大丈夫ですか?」

みほ「んー! んー!」ジタバタ

小梅「昨日の訓練厳しかったですし……筋肉痛になるのも無理はないかと」

小梅「やっぱり今日は学校を休んだ方がいいかと」

みほ「んー!」ジタバタ

小梅「ふふっ大丈夫ですよ。ちゃんと私の方から連絡しておきますから」

小梅「え……私も休むのかですか?」

小梅「当たり前です。大切なみほさんを一人にするなんて出来ませんから」

小梅「というわけで今日からみほさんの筋肉痛が治るまで永遠に面倒を見てあげますね!」ワクワク


【ガルパン】ダージリン「ダジ子の部屋」

1: ◆.dsCc9AhxA 2019/05/08(水) 20:10:42.70 ID:d1FPmYSW0

・キャラ崩壊
・キャラ崩壊
・キャラ崩壊


2: ◆.dsCc9AhxA 2019/05/08(水) 20:12:28.47 ID:d1FPmYSW0

ルールル ルルル ルールル

ダージリン「ご機嫌よう。英国淑女であるこの私ダージリンの語り場、『ダジ子の部屋』の素敵なお時間。
      記念すべき第一回のゲストは、戦車道のレジェンドとして語り継がれる偉業を成したこの方、
      西住流の血を引く戦車道の申し子、変幻自在の奇策でお馴染み、西住みほさんです。どうぞよろしくお願いしますわ」

みほ「よろしくお願いします。いいんでしょうか? 私なんかが第一回のゲストで」

ダージリン「もちろん。みほさんのファンは貴方が考えてるより多いのよ? 自信もちなさいな」

みほ「そうなんですか? 面と向かってそういわれると照れちゃいますね」

ダージリン「ええそりゃあもう。西住みほでググるとパンチラしてる試合のキャプチャをまとめたサイトがヒットしますしね」

みほ「え!?」

ダージリン「ところでみほさん、好きなSFを聞かれたとき『うーん、ドラえもんかなー』とかぬかすタイプの人間は好きかしら嫌いかしら?」

みほ「いやそんな場合じゃないでしょう。すげえこと口走りましたよさっき」

ダージリン「みほさんってエゴサーチなどはあまり嗜まれないのかしら?」

みほ「しませんよ。なに社交界の嗜みみたいな言い方してんだ。王子様の前でシンデレラがスマホいじるんか」


エリカ「副隊長が筋肉痛になった」

1: レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/04/24(水) 23:11:00.75 ID:ZOg750Da0

エリカ「聞いたわよ。貴方学校を休むんですってね」

みほ「うん……筋肉痛で動きづらくて」

みほ「学校にはいけそうにないかなって」

エリカ「はぁ……確かに訓練がキツいのは分かるけどたかが筋肉痛でしょ?」

エリカ「それぐらいで休む必要ないんじゃない?」

みほ「でも全然体動かないし歩くことも出来ないよ?」

エリカ「貴方……本当に筋肉痛なのよね?」

みほ「」コクコク


【ガルパン】愛里寿「キャプテン・ボコリカ」【アベンジャーズ】

1: ◆frihpkihn.ZQ 2019/04/25(木) 10:08:14.28 ID:nt7g/uqcO

ボコのテーマを聞いてたら考えついてしまった、ガルパンとアベンジャーズのクロスオーバーです。
エンドゲームのオフィシャルトレイラーレベルのネタバレはあります。


2: ◆frihpkihn.ZQ 2019/04/25(木) 10:11:32.50 ID:6h9tszzI0

愛里寿(私がその人を知ったのは、とあるニュースがきっかけだった)

愛里寿(6年前……人々が初めて地球外生命体と邂逅したあの日)

愛里寿(空にあいた穴から次々に攻め込んでくる宇宙人の軍隊……)

愛里寿(そして、それを撃退したヒーローチーム)

愛里寿(子供心に、彼等の姿は焼き付いている)

愛里寿(空を駆ける鋼鉄の男、雄叫びと共に宇宙人を叩き潰す緑色の怪物、雷を操るハンマーの巨漢)

愛里寿(宇宙人の兵隊を次から次に倒していく彼等は、まさに心の中で思い描く【ヒーロー】を体現した存在だった)

愛里寿(……そんな中、私は見た)

愛里寿(宇宙人の一兵士にすら時には苦戦をして、先の三人とは比べ物にならないくらいに疲弊し、ボロボロになり、)

愛里寿(それでも、彼等の戦いに食らいつく一人の【ヒーロー】の姿)

愛里寿(他のメンバーと比べてしまえば、派手でもないし、強くもない)

愛里寿(なのに、だというのに、何故か)

愛里寿(満身創痍な彼の姿が―――一番、印象に残った)

愛里寿(後からゆっくり考えて、分かった)

愛里寿(彼の姿が、当時から大好きだった『ボコ』に似ていたのだ)

愛里寿(ボコボコにされて、それでも立ち上がり、立ち向かう)

愛里寿(そう、姿形は違えど、彼は『ボコ』だった)


まほ「みほが筋肉痛になった」

1: レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/04/21(日) 14:38:03.78 ID:3KhM+3FTO

まほ「みほ……今日は学校を休むと聞いたがどうしてだ?」

みほ「あ……お姉ちゃん」

みほ「実は昨日の戦車道の授業で筋肉痛になっちゃって」

みほ「学校行けそうにないや」

まほ「そうか昨日の訓練は少しキツかったからな」

まほ「みほも無理をしすぎてしまったんだろう」

まほ「分かった。なら私も休むとしよう」

みほ「……え?」


【ガルパン】カルパッチョ「ドゥーチェ、哺乳瓶の時間ですよー」

1: レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/04/14(日) 16:48:34.84 ID:Kvoioy3C0

アンチョビ「ふぅーお風呂も入ったことだし寝る前に恋愛小説でも読むかぁ」

アンチョビ「誰もいないよな?」キョロキョロ

アンチョビ「よし! それじゃ金庫の扉を開けてーー」ジリリ

小梅「ででーん!」パッパラー!

アンチョビ「う、うわ! なんだなんだ!?」

アンチョビ「金庫の中から人が……」

まほ「金庫の暗証番号が自分の誕生日だとは安直だな安斉」

まほ「それでは人に入られてしまうぞ」

アンチョビ「普通金庫に人は入んないだろ!」

アンチョビ「というかなんでまほたちがここにいるんだ!?」

まほ「私たちがここにいる理由?」

まほ「そんなのは愚問だな」

小梅「愚問ですね!」

まほ「単刀直入に言おう。安斉、私はお前を」

小梅「私は貴方を……」

まほ&小梅「「ママにしにきた!」」デデドーン!


【ガルパン】愛里寿「名も無き操縦手の回顧録」

1: ◆aAruMR8tPL4T 2019/04/14(日) 19:17:42.58 ID:T4l8cj7AO

ガルパンSS。

オリキャラあり。

劇場版のセンチュリオンの凄まじい動きを見て、今更妄想したSSです。


2: ◆aAruMR8tPL4T 2019/04/14(日) 19:21:34.92 ID:cuigW1BX0

◆◆◆◆



操縦手(小さな頃から、戦車が好きだった)

操縦手(巨大なキャタピラでどんな悪路でも走破して、味方の歩兵を守る盾となり、戦線を切り開く矛となる)

操縦手(敵からの攻撃を一身に受け尚も進み続ける、その姿に憧れのような感情を持っていた)

操縦手(だから、だろうか)

操縦手(高校に進学をした事を期に、私は戦車道の門を叩いた)

操縦手(万年一回戦敗退の弱小校ではあったが、そんな事は関係なかった)

操縦手(ただ戦車に触れて、乗る事ができたならそれだけで満足だった)

操縦手(……初めて、戦車に乗った時の感動は今でも覚えている)

操縦手(薄い座席から全身に伝わる戦車の鼓動……側にいる人の声すら聞こえない駆動音……)

操縦手(一緒に戦車道を始めた同級生の殆どが辟易していたそれ等が、)

操縦手(私には、とてもとても……心地いいものに感じた)



【ガルパン】みほ「お姉ちゃんが浮気してるかも知れない」

1: レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/04/05(金) 20:51:21.75 ID:qwSWsIQi0

みほ「どうしよう……お姉ちゃんが浮気してるかも知れない」

麻子「……浮気って西住さんのお姉さんがか?」

華「そもそも浮気以前にまほさんは付き合っている殿方がいらっしゃるのですか」

沙織「えぇ!? みぽりんのお姉さんって付き合ってる人いるの!? 誰?」

みほ「え……私だけど」

あんこうチーム「……ん?」

優花里「えっとすみません。今西住殿と姉上殿が付き合っていると聞こえたような気がしたんですが」

麻子「奇遇だな秋山さん。私にもそう聞こえた」

みほ「うん。だってそう言ったから」

みほ「えっと……どうしたのみんな。不思議な顔して」