TOP > プリンセスコネクト!

ペコリーヌ「ようやくキャルちゃんが帰ってきてくれました!」 キャル「う~……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/23(日) 23:16:07.72 ID:A1IEyzxD0

アメス「あぁ、来てくれたんだ。ごめんね~、急に呼び出しちゃって」

アメス「そ。用事よ、用事。どうしても伝えておかなきゃいけないの。すぐに済むからちゃんと聞いてね」

アメス「いい? これからあんたが体験するのは『メインストーリー』13章、今体験できる最新話の後の出来事よ」

アメス「もし経験してないなら、ところどころ何のことか分からなかったり、混乱しちゃうかもな~って思って。こうして無理矢理来てもらったってわけ」

アメス「まぁ結局、なんてことないいつもの騒がしい日常なんだけどさ。それも……実際にあるかどうかも分からない、夢みたいなもの」

アメス「でもほら。体験してない未来を知っちゃうのって、あんまり気持ちのいいものじゃないじゃない? ネタバレとか、悲しくなるわよね~」

アメス「うん。じゃあ、それだけ。……なーに? あんたの顔が見たくて呼び出したとでも思ったの?」

アメス「そうねぇ。あんたのとぼけた顔を見るのも、たまにはいいわよね~。四六時中一緒だと疲れそうだけど」

アメス「あっはは♪ 冗談よ、じょーだん♪ そんなにガッカリしなくてもいいじゃない。あんたの周りには、かわいい女の子が何人もいるんだし」

アメス「なになに? あたしはトクベツ? ぷぷっ……! な~によ、真面目な顔しちゃって~♪」

アメス「はいはい、もういいから。さっさと目覚めちゃいなさい。はーい、またね~」

アメス「……ちゃんとまた来るのよ? じゃあね、ばいば~い♪」


ペコリーヌ「140連だにゃ~♪」 コッコロ「140連だにゃ~♪」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/16(日) 19:12:59.50 ID:LG02DQ1r0

コッコロ「最高140連無料にゃ」

キャル「はあ? 140連? なによそれ? なんの話?」

コッコロ「140連だにゃ~!」

キャル「意味わかんないわよっ!」



キャル「……ってことがあったのよ」

ペコリーヌ「はあ。それで今度はわたしのところに聞きに来たんですか?」

キャル「あら、ペコリーヌのくせに話がはやいじゃない♪ そういうことよ。わかったらあたしに140連ってなんだか教えなさい?」

ペコリーヌ「それを知らないなんて……キャルちゃんやばいですにゃ」

キャル「突然にゃーにゃー言いだすあんたたちの方がよっぽどヤバイわよ。……ちょっとだけかわいいけどさ」

ペコリーヌ「にゃ~♪」


コッコロ「動物化の罠、ですか……?」 キャル「にゃお~ん♪」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/12(水) 00:28:50.70 ID:xJmtanq/0

キャル「にゃお~ん……♪」

コッコロ「……」

キャル「ふしゃーっ!」

コッコロ「ペコリーヌさま……? これはいったい……」

ペコリーヌ「街で猫化の罠を踏んじゃったんですよ~……」

コッコロ「はあ……えぇっと、街で……?」

ペコリーヌ「どうも怪しげな罠を仕掛けて回っている人がいるらしくてですね?」

コッコロ「しかしペコリーヌさま……。猫化とは言ってもこれは……。どう見てもにゃあと鳴くだけのキャルさまでございますが……」

キャル「ふみゃぁっ!」

コッコロ「あぁっ……! 痛いですキャルさま……! ガリガリしないでくださいまし……!」

ペコリーヌ「キャルちゃんの魔法耐性のおかげで、中身とニオイだけ猫ちゃんになっちゃったんですよ」

コッコロ「そんな適当な……。キャルさまはもともと猫の獣人ではないですか。それに……ニオイとは……?」

ペコリーヌ「クンクンしてみたら分かりますよ! 猫ちゃんのニオイですから!」

コッコロ「な、なんと申し上げればよいのやら……。困りましたね……」


キャル「……」ペラッ ペコリーヌ「じー……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/07(金) 22:45:27.52 ID:RboYLDbb0

キャル「……」ペラッ

ペコリーヌ「キャルちゃんキャルちゃん」

キャル「んー?」ペラッ

ペコリーヌ「お腹空きません?」

キャル「んー」ペラッ

ペコリーヌ「お茶にしましょうか♪ おいしいお菓子があるんですよ~♪」

キャル「んー」ペラッ


キャル「ギルドの依頼をこなすわよ!」 コッコロ「二人でなんとかいたしましょう」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/27(土) 22:54:11.086 ID:LMj1/cRU0

コッコロ「キャルさま~……! お待たせ致しました~……!」

キャル「おっそいわよ! 一体どれだけ待たせるつもり……って、あんた一人? あのバカはどうしたのよ?」

コッコロ「はぁ……はぁ……。それがですね……んっ……」

キャル「あぁもうっ、いいから一旦息を整えなさい! ハーハー喋られたらこっちまで疲れてくるじゃない」

コッコロ「は、はい……ありがとうございます……」

キャル「ったく……どいつもこいつも……。あたしの貴重な時間をなんだと思ってるのかしら……」

コッコロ「……ふぅ」

コッコロ「キャルさま。まずはお待たせしてしまい、本当に申し訳ありません」

キャル「まったくよ、もう。だけどあんたが謝ることないんじゃない? どうせあんたの大事な主様のせいなんでしょ?」

コッコロ「それはですね、えぇと……」

キャル「で? 元凶のあいつはどこなの? まさか来ないの?」

コッコロ「はい。結論だけ申しますと、主さまはお留守番でございます」


キャル「二人で宝探しに行くわよ!」 ペコリーヌ「やばいですね☆」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/24(水) 22:53:46.628 ID:8Lqe7BEQ0

キャル「……暇ね~」

ペコリーヌ「お腹空きましたぁ……」

コッコロ「主さま、よだれが垂れてしまっていますよ。ふふ♪」

キャル「ねえ、ペコリーヌ」

ペコリーヌ「はい? なんでしょう? あっ、ご飯でも食べに行きます?」

キャル「ご飯はあとにしなさい。そんなことより、ちょっとおもしろいウワサを聞いたんだけど、暇つぶしにどうかしら?」

ペコリーヌ「ウワサ、ですか。森の珍味でしょうか? それとも山の幸?」

キャル「食べ物ばっかじゃない! 違うわよ! どんな願いも叶えてくれる魔法の宝石の話!」

ペコリーヌ「へぇ~、どんなお願いでも叶うんですか~。……どんなお願いでも!?」

キャル「興味のあるなしがはっきり分かるわね……。ええそうよ、美味しいご飯の山だってきっと叶うわ♪」

ペコリーヌ「じゅるり♪ やばいですね☆」

キャル「どう? 行ってみない?」

ペコリーヌ「何してるんですか、キャルちゃん! 早く行きましょうよ! ほら、早く早く!」

キャル「はいはい。目的地は洞窟だし、ちゃんと準備してからね」


キャル「暇。つまんない」 ペコリーヌ「二人でお出かけしましょうか♪」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/02(木) 21:45:30.896 ID:LOf4zfFQ0

コッコロ「ふふ、主さま、お散歩でございますか? わたくしもお供してよろしいでしょうか?」

キャル「……ねぇペコリーヌ」

ペコリーヌ「ふぁい、なんれひょうふぁ?」

キャル「コロ助って、いっつも主さま主さま言ってるじゃない? あいつのこと好きなのかしら」

ペコリーヌ「むぐむぐ……。好きなんじゃないですか?」

キャル「意味分かってる? 好きって、愛してるとかそういう意味の好きよ?」

ペコリーヌ「キャルちゃん」

キャル「なによ」

ペコリーヌ「コッコロちゃんは、まだ11歳のちっちゃな女の子ですよ? そういうのはまだ早くないですか?」

キャル「いいえ、そんなことないわ。『もう11歳』よ。恋をしたって、なにもおかしくないっての」

ペコリーヌ「う~ん……そういうのじゃないと思いますけどねぇ。それで、結局キャルちゃんはなにが言いたいんですか?」

キャル「何ってことはないんだけどね。暇なのよ。あいつらすぐフラ~ッとどっか行っちゃうから」

ペコリーヌ「わたしが……んぐんぐ……いるじゃないですか」

キャル「あんたいつも食べてばっかじゃない!」