TOP > 鬼滅の刃

【鬼滅の刃】胡蝶しのぶ「双蝶求水」【義勇×しのぶ】

2019/09/11 15:01 | 鬼滅の刃 | コメント(0)
1: ◆K1k1KYRick 2019/09/11(水) 07:38:24.01 ID:6LtJ1zmX0

最近姉さんの様子が少し引っかかる。
今日もまた、彼女は階級貴賤問わず関わる人たち全てから崇敬の眼差しを注がれている。
彼女もまた、彼らに笑顔を振りまき、勇気を残していく。
そんな彼女がある人物と居る時に限って、心底から打ち解けた
それこそ眩しいくらいの微笑を輝かせる。
冨岡義勇――寡黙だが将来有望な『水柱』。
数年前に最終選別で生き残って以来着々と実力を示し、柱まで昇り詰めた男。
鴉羽のような黒髪に、すっと通った鼻筋、雪解け水を思わせる怜悧な双瞳
眉目秀麗な青年である事は疑うべくもない。
だが寡黙が過ぎて何を考えて行動しているか解らない節があり
言葉足らずが誤解を招く事も多く、人付き合いは決して良い方ではない。
他の柱とも上手く行っている社交的な姉さんとはどこまでも対極にある存在だ。
だけど、あのむっつり然とした義勇さんと話している時の姉さんは本当に楽しそうで
昔一緒に遊んでいた時を思い出すくらい無邪気な笑顔を浮かべている。
しかし、行き交う人も一度は振り向くくらいの佳人と話しているのに
この朴念仁は嬉しいといった表情を一つもこぼさない。
姉さんがどうしてこんな人に明らかな好意を抱いているのか解らないが
二人の様子を見ているうちに私はどこか心が穏やかでなくなっていくようになった。

「ねぇ……しのぶは好きな人、いる?」

ある日、自室で薬学の研究書に目を通していると
縁側で猫と遊んでいた姉さんがそんな言葉を投げかけてきた。
恋の話を彼女としたのは意外かもしれないが、後にも先にもこれだけだった。
両親を殺され、鬼殺隊に入って以来、殺伐とした戦闘の会話ばかりを
していたと改めて感じたほどだ。
そんな人は居ないとすぐに返したが、彼女は柔和な笑みを浮かべて私を見ている。
何人をも魅了するその微笑みにはどことなく寂しい影が差しているように見えた。

「そう……『まだ』なのね、しのぶは」

「……?」

私は首を傾げざるを得なかった。
その時は「まだ恋をしていない」という程度の意味に取っていた。
……姉さんが、私の傍から居なくなる、あの日までは。

   #  #  #


【R18鬼滅の刃】胡蝶しのぶ「藤花夜話」【義勇×しのぶ】

2019/07/10 20:23 | 鬼滅の刃 | コメント(0)
1: ◆K1k1KYRick 2019/07/10(水) 19:20:03.65 ID:NFrGelFa0

「冨岡さん、私と……一日だけ夫婦になってくれませんか?」

水柱たる冨岡義勇は、蝶屋敷の一室に呼ばれた。

雪の降る中、鬼狩りに向かう前日だった。

まだ少女の面影が色濃く残っている落ち着いた乙女の名は胡蝶しのぶ。

この蝶屋敷の女主人である。

「……。どうして、俺を選んだ?」

頬を赤らめたしのぶは、やや視線を逸らして応えた。

「……。冨岡さんは不器用ですから。浮いた話一つありませんし
 その分だとお嫁さんも中々捕まらないでしょう?」

義勇は、じっとしのぶを見つめた。

復讐の炎に若い身を焦がし、恋も知らないこの乙女が貞操を捧げるという。

それも、亡き姉の願いに僅かながらに応えたい真摯な想いから。

「いずれ私は、鬼を道連れにして死ぬ女です。
 ふしだらな申し出なのは承知の上、冨岡さんとの関係は誰にも口外致しません。
 手向けとして彼岸まで携えて行きます」

    #  #  #