TOP > 進撃の巨人

ミカサ「私はエレンのことが嫌い」

2017/07/28 15:08 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 01:41:59 ID:xc8aalt.

アルミン「 」

エレン「ミ、ミカサ? いきなりどうした?」

ミカサ「嫌い。すごく、嫌い」

エレン「お・・・おう・・・?」

ミカサ「それじゃ、そういうことだから」スタスタ

エレン「おい! ミカサ!?」

ザワザワ… ナニナニ チワゲンカカ? コレハチャンスジャン…

アルミン「 」

エレン「・・・なんだよアイツ・・・なぁアルミン?」

アルミン(ミサカが何を考えているのかはわからないけど・・・)

アルミン(悩みの種が増えたのは間違いない)キリキリキリキリ


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 01:44:42 ID:xc8aalt.

直接的なネタバレはないはずですが
単行本読んでないとわからないネタとかはありますので、一応注意


アルミン「ボウリング大会をしよう」

2017/07/27 15:03 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 21:16:08 ID:TJf9eFuY

アルミン「凄いよエレン!」

エレン「どうしたアルミン」

アルミン「このボウリングのチラシ見てよ!」

『朝5時~6時 30分1000円』

ライナー「ちょっと早くねぇか……」

アルミン「安さが優先なんだよ!ん?」チラッ

『朝4時~5時 30分なんと500円』

アルミン「決まった!皆に行くように言って来るよ!」

ジャン「(ミカサがガター出したら慰めてあげよう)」


リヴァイ「おい、新兵」ジャン「はい?」

2017/07/26 15:02 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 19:30:29 ID:LmtEywrA

※エレン達がウドガルド城に向かった後

リヴァイ「暇だ…なんか面白いことないか…」

ジャン「は、はぁ…面白いこと、ですか…?」

ニック「………」

リヴァイ「こんな寡黙なオッサンを一日中監視する俺の身にもなってみろ」

ジャン「(あんたもオッサンだろうがよ…)」

リヴァイ「…今、俺もオッサンだろ、とか思ったなテメェ…」ギロッ

ジャン「(読まれてる!?これが人類最強!?)」


エレン「おはよう、ベルトルト」

2017/07/25 15:06 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 12:47:03 ID:KkP76Kio

ベロリンガ「ンガ」

アルミン「おはよう、ベルトルト」

ベロリンガ「ンガ」

ベルトルト「あの…」

エレン「おお、今日はベロリンガも一緒か」

ミカサ「はい、ポケモンフード」スッ

ベルトルト「ありがとう…っておい」


エレン「釣りしようぜ」

2017/07/24 15:04 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 14:08:35 ID:DRXZRy8o

――回想

ショタミン「この本によると海にはマグロとかカジキっていう巨人みたいなデカイ魚が居たんだって!」

ショタエレ「嘘つけ!そんなデカイ魚いたら人間なんか食われちまうだろ」

ショタミン「釣り師って人達や漁師が何時間もかけて釣り上げてたんだって。ロマンを僕らも味わおうよ」

しかし、海には出られるわけもなく。当然の流れで獲物は手近にある巨大な生物になった。


サシャ「私ですか?コニーが好きです!」

2017/07/23 15:02 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 21:48:30 ID:NYVz/uPQ

女子一同「…」

サシャ「あれ?どうかしましたか?勇気を出して言ったのに」

アニ「いや…ただただ意外なだけだ」

ミカサ「あなたに人間に対する恋愛感情はないと思っていた」


エレン「ミカサのおっぱい揉ませてやる」ジャン「!!」

2017/07/22 15:01 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11(火) 19:02:46.51 ID:GoeF5jCH0

──入団式

キース「貴様は何者だ!」

アルミン「シガンシナ区出身、アルミン──」


上官A「やってるな。お前も最初はああだっただろう」

上官B「ええ。あれには一体なんの意味が?」

上官A「特に理由はない」

上官B「特に理由のない暴言が訓練兵を襲っているのですか?」


ライナー「春場所」

2017/07/21 15:05 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 17:42:54 ID:Mhp073A2

壁上


エレン「……」

アルミン「…エレン どうしたの」

エレン「……アルミン あそこ」

アルミン「……巨人が集まってるね」

エレン「ああ さっきから巨人が相撲してるんだ」

アルミン「へぇ… 巨人も相撲するんだね」

ジャン「…お前ら、大砲整備は終わったのかよ?」

サシャ「お二人とも、サボりですか」

エレン「ジャン、サシャ…」

アルミン「…巨人の相撲を見てるんだよ」

サシャ「へぇ… みんな廻しも締めてますね」

ジャン「ああ… ちゃんと行司もいるんだな」


リヴァイ(シークレットブーツ、か…)

2017/07/20 15:05 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/10(月) 20:17:58 ID:2ndrgkpw

リヴァイ(久しぶりに内地の店に出向いたが、こんなもんが売っているとは)

リヴァイ(俺は自分の身長なんざ気にしてねえが、部下に示しがつかないのも事実)

リヴァイ(…何足か買っていくか)


アルミン「友達募集掲示板」

2017/07/19 15:09 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 20:48:16 ID:PCY3srAE

──入団から三ヵ月…

アルミン「食堂の西通路に設置されていたんだ。いつからあるんだろうね。結構長いこと放置されているみたいだったけど」

エレン「なんでそんなところに設置したんだろうな。あっちには教官室しかないから訓練生はあんまり通らねぇのに」

ミカサ「教官が友達を募集しているのかも」

エレン「怖いこと言うなよ」


アニ「夢のせいで…」

2017/07/18 15:04 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/10(月) 21:51:04 ID:IIs8ahJ2

アニ「夢か」

アニ「また夢か」

の続きとなってます

一応これで完結のつもりです


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/10(月) 21:52:19 ID:IIs8ahJ2

夕食


アニ(夢のせいで色々最近上手くいってない…)

アニ(相変わらずのクリスタに私を変なヤツと言うエレン)

アニ(なんだってんだホントに…)


サシャ「あの~アニ、ちょっといいですか?」

アニ「なんだい珍しいね」


えれん「くちく!」

2017/07/17 15:05 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 22:05:36.43 ID:M6EkotXa0

※現パロ
※ネタバレしないように頑張る






ユミル「‥‥ってことで、何か月か出張することんなっちまった」

クリスタ「え、ええええ!?そんなぁ‥‥」

ユミル「ほんとにごめんなクリスタ‥‥」ダキッ

クリスタ「‥‥ううん、私は平気だよ!むしろ、私が迷惑かけちゃってたわけだし、気にしないで」

ユミル「つってもよぉ、不気味なノッポに鼻息荒いメンヘラゴリラのストーカーがいる街にクリスタを残していくなんて‥‥」グスッ

クリスタ「でも、ユミルが何度か撃退してくれたお陰で最近はあんまり見かけないし‥‥もしかしたら、諦めてくれたのかも」

ユミル「未だに曲がり角の度にノッポのハイライト消えた目が浮かんでないか気にするのにか?」

クリスタ「う‥‥」


ペトラ「お肌の曲がり角」

2017/07/16 15:02 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 20:02:20 ID:M49ydl7Q

ペトラ「………またにきび出来てる」

ペトラ「はああ、嫌だなあ。結構目立つし、こんなんで兵長の前に出たくないよ」

ペトラ「あ、もうこんな時間。今日の朝食当番私だったっけ」




食堂


エレン「ペトラさんおはようございます」

ペトラ「エレンおはよう。もうすぐ朝食できるよ」

エルド「おはようペトラ。…エレン、しきりに鼻なんか触ってどうしたんだ?」

エレン「いや、なんかできちゃったみたいで気になるというか」

ペトラ「あ、エレンもにきび?」

エルド「思春期だな」

オルオ「ペトラ、お前のは二十歳過ぎてんだからにきびじゃなくて吹き出物だろうよ」

ペトラ「オルオうるさい今すぐ舌噛んで絶命しろ」


アニ「また夢か」

2017/07/15 15:05 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 00:29:22 ID:plLz1.og

アニ「夢か」

の続きになってます


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/09(日) 00:31:19 ID:plLz1.og

アニ(今日は散々だった…訓練は何をやっても上手くいかなかったし、結局クリスタに夢の内容言っちゃった…)

アニ(そのせいでなんかこう…一日中可愛いものを見るような目で見られたし)

アニ(エレンに会うと緊張しているせいかエレンに変なヤツって言われるし)

アニ(もう夢は見ない…)zzz


エレン(9)「家族みんなでお買い物!」

2017/07/14 15:05 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/07(金) 19:01:24 ID:XtE/xj16

グリシャ「ミカサが家族になったから色々揃えなきゃなぁ」

カルラ「じゃあ今日は市場に行きましょうか」

エレン「わーい!」

ミカサ「……」モジモジ


エレン「手乗りサシャ……」

2017/07/13 15:01 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 21:48:29.58 ID:pcxFRbD80

エレン「うーん…」

アルミン「どうしたのエレン、珍しく考え込んで」

エレン「おうアルミンか、ちょっとコレ見てくれよ」

アルミン「ん…なにこれ、キノコ?どうしたの?」

エレン「訓練終わったあとの帰り道で見つけたんだ。食えるかと思って採ってみたんだけど」

アルミン「うーん…どうだろう。パッと見は大丈夫だと思うけどなあ」

エレン「そうだよな。食ったら美味いかも知れないし食べてみるか」

アルミン「待って待って。念のため図鑑で調べたほうがいいよ。毒だったら怖いし」ガサゴソ


ミカサ「胸が苦しい」

2017/07/12 15:08 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/07(金) 01:47:36 ID:3k6o96Vs

アルミン「随分焦っているみたいだね」

ミカサ「……あんな噂を聞けば私だって焦ることもある」シュン

アルミン「僕は噂を知ってから本人に聞いてみたんだけどさ、別にエレンはサシャと付き合い始めた訳じゃないって言ってたよ?」

ミカサ「エレンに聞いたの!?」

アルミン「う、うん。付き合ってるのか聞いたら笑って否定されたよ」

ミカサ「エレンはそんな話を私にはしてくれない……私も聞いたのに」

アルミン(ミカサは聞き方が……ちょっとね)


アルミン「復讐のホモ団」

2017/07/11 15:05 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 18:16:50 ID:prQyRK9c

夜 食堂

ガヤガヤ

サシャ「うほぉぉぉぉぉ!! ひょおぉぉぉぉぉぉ!!」

クリスタ「ちょ、ちょっとサシャ…騒ぎすぎ…」

ユミル「黙れ芋女! と、言いたい所だが…」

アニ「まぁ…サシャの気持ちも解らなくはないね」

ミカサ「……」

エレン「うわ、すごいな! こんな御馳走見たの何年ぶりだよ」

コニー「へへっ これ食えるだけでも、訓練兵団に入ったかいがあるってもんだぜ」

アルミン「本当だね! 訓練兵三年間のうちに一度だけ豪華なパーティーがあるとは聞いていたけど」

マルコ「まさか滅多に手に入らない牛肉、豚肉、鶏肉までこんなにあるなんて…」


アニ「夢か」

2017/07/10 15:06 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/07(金) 00:47:34 ID:huucxYXE

エレン『姫様を離せ!下郎!』

ベルトルト『ほざけ!』

ライナー『返り討ちにしてやる!』

エレン『たあっ!』ザシュザシュ

ベルトルト『ぐあー』

ライナー『やられたー』


エレン『アニ姫、お怪我はありませんか?』

アニ『ありがとうエレン王子///』


ガバッ

アニ「……夢か」


ミカサ「どうやったら子どもはできるの?」母「セックスよ」

2017/07/09 15:03 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 22:23:44 ID:/PvoEb1E

ミカサ「セックスってなに?」

母「男の人の硬くなったおちんちんを、女の子のおまたの穴に入れるのよ」

ミカサ「えっ……痛くないの……?」

母「最初はとっても痛いわ。でも慣れてくると、だんだん気持ちよくなってくるの」

母「……ねっ?あなた」

父「へ、へぇ……父さんはよく知らないんだ……はは」

ミカサ「……?」