TOP > 進撃の巨人

アニ「反省会」

2017/11/24 15:04 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:00:14 ID:Sazaq0rQ

キャラ崩壊注意
ネタバレ注意


リヴァイ「俺より背の低い奴を探す」

2017/11/23 15:03 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 14:10:06 ID:pV/YTFjk

エレン「急にどうしたんですか」

リヴァイ「なぁエレン、俺は背が低いだろ?」

エレン「べ、別にそんな事は…」

リヴァイ「正直に言え」

エレン「う…比較的低いんじゃないでしょうか…」

リヴァイ「やはりか…」


サシャ「いい趣味してますね」

2017/11/22 15:03 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: ◆H4iwFNXQsw 2013/08/12(月) 18:57:29 ID:yWmzlFWU

サシャ「この味だけは、譲れません」の続きです

・たぶん大丈夫だとは思いますがグロ&エロ注意

・たぶんネタバレありです


2: ◆H4iwFNXQsw 2013/08/12(月) 18:58:18 ID:yWmzlFWU

―― 夕方 教官室

アルミン「――以上の点から、この夜間忍耐訓練は有意義であると言えます!」

キース「……アルレルト」

アルミン「はっ!」バッ!!

キース「この訓練を行いたいがために、ここまで丁寧な計画書を作成したことは評価しよう」パラッ

キース「だが貴様……この内容で、私が許可を出すと思っているのか?」ギロッ

アルミン「はい! 思ってます!」

キース「……隣にいるフーバーもか」

ベルトルト「はっ!」バッ!!

キース「……」


エレン「巨人ハーレム」

2017/11/21 15:04 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 14:04:47 ID:cmTW.2DM

~巨大樹の森~

巨人A「アアー…」ソワソワ

巨人B「アッアッアウアウアー」ファイトッ

巨人A「アウー」モジモジ

エレン「なあユミル。あいつらさっきからナニしてるんだ」

ユミル「ラブレターだろうな」

エレン「うん?」

ユミル「ラブレターだろうな」

エレン「聞き間違いじゃなかった・・・」

ライナー「隅に置けないなエレン」

エレン「えっ、俺なの?」

ベルトルト「繊細なんだろうね。中々勇気出せないんだ」


エレン「ミカサ、回転斬り教えてくれ」

2017/11/20 15:02 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 02:21:41 ID:5KKRVNVU

ミカサ「?」

エレン「?、じゃねぇよ。回転斬りだよ回転斬り」

ミカサ「回転斬り?」

エレン「まだとぼけるか、お前が対巨人訓練の時たまにやってるの知ってるんだぞ」

ミカサ(対巨人訓練……)

ミカサ(はっ!まさかミカサイクロンのこと!?)

エレン「あれどうやってやるのか教えてくれ。同期であれをできるのはお前しかいないんだ」




ミカサ「…」


ミカサ「ハゲてしまった」

2017/11/19 15:01 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 00:21:26 ID:p/FluttU

ミカサ「どうしよう。アルミン?」

アルミン「いや、どうしようって言われても」

ミカサ「部分的だけどハゲてしまったの」

アルミン「…見えないけどどこかな?」

ミカサ「ほら。ここ…」ファサ


○←側頭部

アルミン「…」


ミカサ「私のエレンとアルミン」

2017/11/18 15:02 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/03(土) 20:43:40 ID:5TWdZ.qg

ミカサ「エレンとアルミン」


ミカサ「二人は私の幼馴染み」


ミカサ「とても可愛い」

ミカサ「エレンは朝の寝癖が可愛い。私に冷たいと見せかけていつも優しいところが可愛い。割りとすぐ泣くところなんてきゅんきゅんする」

ミカサ「アルミンは顔が可愛い。体力ないけど頑張って訓練してるの可愛い。身長低いからいつも上目遣いで鼻血でそうになる」


ミカサ「私達はいつも3人一緒だった……」


ジャン「気持ち悪いって思ってたけど」アルミン「降りろ」

2017/11/17 15:03 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/08(木) 10:40:01 ID:nkmoJb5.

ドドドドド…

ジャン「え?」

アルミン「降りろ」

ジャン「な…何を…」

アルミン「早く馬から降りろよ!!」

ジャン「バカかお前!今から女型の時間稼ぎを…

アルミン「降りろおおお"お"おぉぉぉぉぉぉ!!!」

ジャン「…」

ライナー「アルミン…落ち着け…」


エレン「ライナーが行方不明だって!?」

2017/11/16 15:01 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 02:32:00.42 ID:ldY2+kMi0

アルミン「僕のせいなんだ…。ライナーは僕を助ける代わりに崖から落ちて…!」グスッ

ミカサ「自分を責めないで、アルミン」ナデナデ

ジャン「アルミンの話から察するに…地図のこの辺りに落下した可能性が高いな」

ユミル「なら、手分けして探した方が早いな。チッ…手間かけさせやがって…」

クリスタ「ライナー…無事だと良いんだけど…」

サシャ「け、怪我してるかもしれません!」

アニ「……アイツはタフさ。そう簡単にくたばりやしない」

コニー「ともかく、早く見つけてやんねーと夜になっちまう!」

エレン「よし、"ライナーを見つけたら"信号弾で合図だ。いいな? 行くぞッ!!」


エレン「ママ」サシャ「よしよし」

2017/11/15 23:01 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/14(火) 22:43:29.37 ID:L3Kn5lQl0

進撃の巨人ssです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/14(火) 22:44:47.90 ID:L3Kn5lQl0

食堂

ギャーギャー ワーワー

ミカサ「アルミンおはよう。あれは……?」

アルミン「おはようミカサ。またエレンとジャンが喧嘩してるみたいだね……」



ジャン「だいたい何が駆逐してやる~だよ」

エレン「何だと!」

ジャン「立体機動もまともにできないやつがよく調査兵団なんて言えたもんだ。お前なんて最初の調査で巨人に食われて終わりだな」


エレン「アルミンって天使だよな」ミカサ「うん」

2017/11/15 15:04 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/05(月) 21:03:44 ID:1EtcX5Zw

※エレンとミカサがぐたくだ喋ってるだけのSS


エレン「昨日さ、俺教官に言われて走らされてただろ?」

ミカサ「うん」

エレン「その後さ、時間無くて晩飯食べれなかったんだよ」

ミカサ「それは気の毒」

エレン「だろ?そんでさ、腹減ったなあってアルミンにぼやいてたらアルミン、どうしたと思う?」

ミカサ「ここで焦らすとは…早く続きを」


サシャ「この味だけは、譲れません」

2017/11/14 15:06 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: ◆H4iwFNXQsw 2013/08/06(火) 21:43:22 ID:6INNEWhI



4: ◆H4iwFNXQsw 2013/08/06(火) 21:44:29 ID:6INNEWhI

―― とある昼下がり 大掃除前日 女子寮 ユミルたちの部屋

クリスタ「ユーミル! 何見てるの?」

ユミル「ああ、クリスタか。今度の大掃除の班割りだよ」

クリスタ「ずっと打ち合わせで忙しそうだったもんね。……やっと終わったんだ?」

ユミル「ああ、これが私の数週間の成果さ。見てくれよ」ペラッ

クリスタ「どれどれ……? えっと、私たちは第二会議室なんだね。他はミカサの班と、ライナーの班とマルコの班?」ペラッ

ユミル「ああ、大変だった……聞くか? どれだけ大変だったか」

クリスタ「ううんいらない」

ユミル「そうかそうか聞きたいか。……最初はな、そこはミカサとマルコの班、それと他二つの班が担当だったんだ」

クリスタ「聞いてるユミル?」

ユミル「ああ、聞いてるよ。それでな、他の教室は男女二班で一組なんだけど、会議室とかでかい教室は男女四班で一組なんだよな」


エレン「ミーナ、可愛いな」

2017/11/13 15:01 | 進撃の巨人 | コメント(0)

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:01:00 ID:aePhWpjE

続編だよ、ゲロ甘いから苦手な人注意な


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 02:02:03 ID:aePhWpjE

ミーナ「……っ///」

ミーナ「本当に、可愛いって思ってる?」

エレン「おう」

ミーナ「……それってさ、どういう意味?」

エレン「? 可愛いの意味か?」

ミーナ「意味って言うか、種類って言うか」

エレン「んん?」

ミーナ「うー……え、エレンがそんなことばっかり言うから、私のこと、ひょっとしたら、ひょっとしたらね?」

ミーナ「好き、なのかな? って!」

エレン「え!? い、いや、そんなこと考えたことねえけど」

ミーナ「」


ジャンとエレンの遠回しな愛情表現

2017/11/12 15:03 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/06(火) 00:38:45 ID:2rkqmVuA

食事


ジャン「てめぇ!」

エレン「なんだよ!」

ジャン「なに勝手に人の飯食ってやがんだ!」

エレン「お前がピーマン睨みつけたまま食わねぇから、俺が代わりに食ってやったんだろうが!」

ジャン「この野郎……今度チーハンが出たら、俺のを半分、てめぇの口に突っ込んでやるからな!」

エレン「雛鳥よりも大きく口を開けて、待っていてやるよ!」


ミカサ「...クズ?」

2017/11/11 15:08 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 18:57:48.12 ID:gg0hmnZB0

・進撃の巨人

ミカサが食料事情を向上させるお話です。


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 18:58:55.11 ID:gg0hmnZB0

ミカサ「備えあれば憂いなし?」

ミカサ母「そうよ 準備をしておけばそれ以上の心配はしなくてもいいの」

ミカサ母「ミカサもしっかり準備をしておくのよ?」

ミカサ「うん!」

ミカサ母「しっかり準備をすれば気持ちがいいのよ ねぇおとうさん」

ミカサ父「おーい かあさーん!?」

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


エレン「ヒーローになりたい」

2017/11/10 15:04 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/03(土) 17:43:00 ID:VBk5To6U

エレン「……んな事言ったか?」

ミカサ「確かに言った。私が引き取られて間もない頃に」

エレン「覚えてねぇな」

ミカサ「私はハッキリ覚えている。私の手を優しく包み込むように握って高らかに宣言した」

エレン「いやいや、ちょっと待て。まず、オレの夢は壁の外を探検するっていう──」

ミカサ「言った」

エレン「……」イラッ

ミカサ「私の記憶は完璧なのでエレンが忘れているだけ」

エレン「そんなもん、お前も忘れちまえよ」

ミカサ「!」


ミカサ「守る」

2017/11/09 15:01 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 04:54:30 ID:ssUoD8FQ

進撃SSです
よろしければご笑覧ください


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/04(日) 04:55:47 ID:ssUoD8FQ

*(調査兵団訓練所内、講堂)

ネス「今日の長距離索敵陣形の演習だが、まだまだ不十分だ」

ネス「お前達新兵の役目は予備の馬の併走と伝達だ」

ネス「巨人と接近するのは初列索敵班であり」

ネス「お前達がいきなり巨人と遭遇する可能性は低い」

ネス「だが、何度も繰り返している通り、この陣形の要は」

ネス「エルヴィン団長がどれだけ速やかに情報を把握するか」

ネス「エルヴィン団長の指示をどれだけ的確に全兵士に行き渡らせるか」

ネス「この二点にある」

ネス「これは壁外調査の根本」

ネス「『いかに巨人と戦わないか』に通じる」

ネス「煙弾による情報伝達に自ずから限界がある以上」

ネス「お前達新兵による伝達も重要な役目であることを心得てもらいたい」


アルミン「超大型巨人ってホントに超大型巨人なのかな?」

2017/11/08 15:03 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/03(土) 20:32:42 ID:DFCmpzKM

10巻までのネタバレがあるよ


ペトラ「結婚に向いてる男性とは…」

2017/11/07 15:04 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/01(木) 19:35:03 ID:Mc2GIsTI

◆旧調査兵団本部 食堂◆

ペトラ「結婚に向いてる男性ってどういう人?」


エルド「そりゃあ家庭を守る、とかじゃないのか?」

エレン「真面目な人、とかですかね?」


ペトラ「真面目な人ねぇ」 フー


グンタ「ため息なんかついて、急にどうしたんだ?」

ペトラ「お父さんは、まだ嫁に出すのは早い!って言うんだけど」


ペトラ「結婚には憧れるんだよね~」


ミカサ「私は誕生日が嫌い」

2017/11/06 15:05 | 進撃の巨人 | コメント(0)
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/03(土) 02:52:16 ID:rk8AZyQg

*(訓練生活三年目、ある日の夕食)

エレン「…おい、ミカサ、聞いてるのか?」

ミカサ「…え?」

エレン「ったく、しっかりしろよ。もうすぐお前の誕生日だろ?」

ミカサ「…うん」

エレン「来年の今頃、俺は調査兵団に入ってる筈だ。忙しくて祝えないかも知れない」

アルミン「そうだよね。しっかりとお祝いできるのは今年が最後かも…」

ミカサ「…」

エレン「だからさ、今年はちゃんと祝いたいんだよ」

アルミン「ふふ、去年はサプライズ・パーティーにしようとして失敗しちゃったからね」

エレン「う…、いや、あれは…」

アルミン「誰かさんが準備に気合いを入れすぎて間に合わなくなっちゃったんだっけ?」

アルミン「間に合わないからって男子寮を抜け出して準備してたら教官に見つかってさ」