TOP > 進撃の巨人

クリスタ「赤ちゃんってどうしたらできるの?」 ユミル「はぁ?」

2017/05/29 08:01 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/19(金) 10:29:24.76 ID:v/qv0xgw0

ユミル「タハハハハハ!なあ~んだ純真なクリスタちゃんはそんなことも知らなかったのか~」

クリスタ「し、知らなかったんだから仕方ないじゃない!教えてよ!」

ユミル「子供なクリスタちゃんにはおしえてあげませ~んwww大丈夫だって!結婚したら手取り足取り教えてやるから」

クリスタ「も~、真面目に答えてよ!…ホントはユミル、知らないんじゃないの?そうなんでしょ?」

ユミル「あぁ?…ったく、仕方ねぇなぁ。えーっとだな、つまりその……いわゆるセ…セ…ッスってのがだな」

クリスタ「え?なに?聞こえない」

ユミル「いやその…おしべとめしべっつーか…その…あの…」

クリスタ「?」

ユミル「…///」

クリスタ「やっぱり知らないんじゃない!もういい!ミカサならきちんと答えてくれるよ!」タカタカ

ユミル「おいまて!クリスタ!…行っちまった」

コニー「…ん?うっわ何だコイツ赤くなってんぞ気色わり(ドゴォ)ンボァ」


エレン「クリスタに求婚したら大変なことになった」

2017/05/28 08:02 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/17(水) 22:11:54.25 ID:PWVEFFWt0

教官「次!ミカサ・アッカーマン!」

ミカサ「はい」

カシュッ

教官「・・・跳躍距離、108m。1級!」

おおっ

アルミン「すごいね、ミカサ。100m超えなんて今季で一人だけだよ」

コニー「30mしか無いワイヤーでどうやって100m飛ぶんだよ・・・意味わかんねー」

エレン「・・・お、俺だって最終試験までには超えてみせるよ」

ジャン「無理無理。ミカサは特別だよ。俺だって限界まで攻めて94mだ。それで、エレン先生は何mなんだ?」

エレン「・・・79m」

ジャン「おwwww凄いじゃんwwwwあと1mで2級だよwwwwよかったねwwww」

エレン「くっ」


エレン「何か俺に話しかけた女子がケガをするって噂があってさ……」

2017/05/27 08:08 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15(月) 20:17:10.62 ID:/ldTMj6wi

エレン「それに、最近身の回りの物が無くなるんだ……歯ブラシとか、靴下とか」

エレン「何か知らないか?」

ミカサ「知らない」

エレン「それに……最近朝起きるとなんかグッタリして疲れてるんだ」

エレン「お前にもらったビタミン剤、寝る前にちゃんと飲んでるんだけどな」

ミカサ「……」

ミカサ「そう」


ミカサ「絶対にアルエレ」アニ「いいやエレアルだね」

2017/05/26 23:09 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/26(金) 01:23:15.80 ID:yPsFA6YF0

ミカサ「どう考えてもエレンは受け」

アニ「は?あんた何年あいつらと幼馴染みやってたんだい?エレンはどう考えても攻めだね」

ミカサ「エレンは優しいから結局アルミンを慰めさせてあげる」

アニ「馬鹿だね。アルミンはエレンに入れてもらいたいんだよ」

ミカサ「は?」ギロッ

アニ「あ?」ギロッ

クリスタ「ま、まぁまぁ2人とも落ち着いてよ」

ミカサ「・・・・・」

アニ「・・・・・」


ミカサ(カタカタカタ・・・) エレン「ん?」

2017/05/26 10:01 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15(月) 19:46:53.01 ID:e24zo8mL0

ミカサ「・・・・・・」(ガタっすたすたすた)

エレン「何だアイツ、ページも閉じないで」

エレン「amazon見てたのか、どれどれ・・・」

ほしい物リスト
ペニバン ストレートタイプ [アダルト]

エレン「」


アルミン「恋愛ソングにケチをつける」

2016/12/25 15:25 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/23(金) 12:08:55.58 ID:3MjCHTcF0

進撃の巨人のネタSSです
キャラ崩壊あり
このSSに3曲、実在の曲が登場します


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/23(金) 12:10:01.72 ID:3MjCHTcF0

アルミン「...」

ミカサ「エレン、口の周りにスープがついている。拭いてあげる」

エレン「やめろって! 俺はガキじゃねえ!」

アルミン「...」

フランツ「ほら、ハンナ、あーん」

ハンナ「あーん/// 美味しい///」

アルミン「くそっ!!」