TOP > まちカドまぞく
カテゴリー  [ まちカドまぞく ]

シャミ子「こ、これって…!!」桃「電子ピアノだよ」

2019/12/06 15:05 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/01(日) 00:10:48.870 ID:9FRzsqkc0

モモハウス(56562の家)にて…

シャミ子「すごい!スマート!かっこいい!」

桃「良かったら弾いてみる?」

シャミ子「いいんですか!?私、ピアノ弾くの初めてなんですよ!めっぽう病気がちだったので」シッポフリフリ

桃(かわいい)

リリス「桃よ、余もそのピアノ?を演奏したいぞ!」


シャミ子「デスノート?」

2019/12/05 21:05 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/30(土) 20:35:03.074 ID:fQa1WZ3q0

ヒュー
ポサッ

シャミ子「……なんか、落ちてきました」

シャミ子「なんぞ、これ?」ヒョイ

シャミ子「デスノート……死のノート? ええっ!?」

シャミ子(ってそんなわけない。そういうロゴなんでしょう)

シャミ子「……さて、落とし物は交番に届けないと……」 

リューク「よぉ」


シャミ子「桃ぉ…もう寝ましょうよ…」クイクイ

2019/12/04 21:03 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/29(金) 23:15:02.655 ID:nuL8JPM50NIKU

桃「先に寝てて、私はメタ子の砂入れ替えてから寝るから」

シャミ子「…待ってます」ブスー


シャミ子「私が悪いんですか?」

2019/12/02 21:01 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/29(金) 01:54:39.017 ID:LDe0dSnp0

シャミ子「あなた達魔法少女は己の欲望の為だけに私達まぞくの命と居場所を平気で奪うんです」

シャミ子「桃だって例外じゃないでしょう?きっと今まで私以外のまぞくを討伐したことがあるんですよね?」

桃「ち、ちが…っ!私は無害の魔法少女を襲ったりなんか…!」

シャミ子「無害だとか有害だとか…それを決めているのは貴方達魔法少女ですか?」

シャミ子「事情は分かりませんが…私のお父さんを封印したのも桜さんですよね?」

桃「そ、それは…」

シャミ子「ごせんぞだってそうです」

シャミ子「あんなに優しいごせんぞが四千年間もの間封印されているなんて間違っています、あまりにもかわいそうです…」

シャミ子「私達は神話の時代から呪いや封印を施され地獄のような生活を強いられてきました」

シャミ子「桃……私達が何か悪いことをしたんですか?私が悪いんですか…?」

桃「ごめん……ごめんなさい……」グスッ


シャミ子「桃が眷属になりました!!」

2019/12/01 15:02 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/27(水) 22:47:17.672 ID:Q/JYd4zW0

シャミ子「やっと、この時がきました」

桃「そうだね…やっと、だね」

シャミ子「桜さんは帰って来て、お父さんの封印も解いて、一族の呪いもきれいさっぱりになりました」

桃「これも全部、シャミ子が頑張ったからだよね。…ありがとう、シャミ子」

シャミ子「はい!…でもあともう一つ。最後にやることがあります」

桃「うん、わかってる」

シャミ子「……ううっ、なんだか緊張します…」

桃「ほら、頑張ってシャミ子。私だって、ずっと待ってたんだから」ニギッ

シャミ子「桃……私、ちゃんと伝えます。伝えさせてください!」ニギッ


シャミ子「…すーっ…はーっ……」

シャミ子「魔法少女千代田桃よ!」

シャミ子「私の、シャドウミストレス優子の…眷属になれっ!」


桃「……喜んで」ニコッ


桃「もう寝ようか、電気消すよ」ガシャコン シャミ子「…あ、あの」

2019/11/30 19:04 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/27(水) 00:22:38.860 ID:VrV9iyC20

桃「?」

シャミ子「……し…しません、か…」

桃「何を?」

シャミ子「だから…その…」

シャミ子「しましょうよっ…」

桃(なるほど…)

桃「えっと、だから…何を?」

シャミ子「だから、わかりますよね!ねぇ!」

桃「ちゃんと言わないとわからないよ」

シャミ子「……だ、だから…その……ッ…エ……し…ょ…」


シャミ子「もんもぉ…」ムニャムニャ

2019/11/28 15:02 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/23(土) 03:37:33.431 ID:bFsQCMd1H

\バタン/

桃「シャミ子呼んだ!?」バタバタ

シャミ子「!?」

シャミ子「も、桃!?どうしたんですかこんな時間に…」

桃「いや、シャミ子が私を呼んだから…」

シャミ子「??私はずっと寝てましたけど…」

良子「どうしたのおねぇ…」

良子「あれ、桃さんだ こんばんは」

桃「こ、こんばんは…」


シャミ子「シャドウミストレス優子です、こういうビデオに出るのは初めてです…」

2019/11/27 23:01 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/22(金) 22:40:02.504 ID:pDcJGIsH0

『初めてなんだ、今日の撮影の事…彼氏さんは知ってるの?』

シャミ子「か、彼氏とかいないです!いたことありません!」

『そっか…シャミ子ちゃん可愛いのに意外だね』

『じゃあえっちもまだだったりするのかな?』

シャミ子「し、したことありません!そういうのはまだ早いお年頃です!」プシュ-

『そうだよね(笑)』

『でも今日はいろいろシちゃうわけだけど…本当に良いのかな?』

シャミ子「…はい、覚悟はできてます」

『まぁまぁ、そう緊張しないで…こっちもすごく優しくするから』

『一緒に頑張って楽しい撮影にしよう』

シャミ子「よろしくお願いします…」







お母さんが階段から落ちて怪我をしてしまったので働く事が出来ず、我が家の収入は苦しくなりました。
私がアルバイトをして皆んなを助ける提案をしたのですが、お母さんは中々了承してくれず…手っ取り早く稼げるとスカウトされ、内緒でこういうビデオに出ることになったのです


シャミ子「桃? あれ、寝てるんですか?」

2019/11/27 21:01 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/22(金) 21:41:03.261 ID:SdpS0wpq0

シャミ子「桃ー、ごはんできましたー」

シーン…

シャミ子「? 桃ー?」

シャミ子(いつもならできた途端にやって来るのに…)

シャミ子「桃? どうかしたんで……」

桃「すぅ…すぅ…」

シャミ子「…あれ、寝てる」


シャミ子「これはシャミ子です」ぐすっ

2019/11/26 23:04 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/22(金) 21:22:25.277 ID:58UW4MPeM



桃「あっこんなところに猫がいる」

みかん「あらほんと。かわいい」

猫?「えっ…?」

桃「この猫なんか毛が少ないね」 さわさわわさわさもふもふ

猫?「ぎにゃーーーー!」

ミカン「あらこの猫、鳴き声変ね」

シャミ子「これはシャミ子です」ぐすっ

桃「なぁんだ。シャミ子かあ」

ミカン「迂闊だったわ」

シャミ子「迂闊すぎます!」


シャミ子「メガネをかけてみました!」

2019/11/26 21:05 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/22(金) 01:50:21.688 ID:uOrCdGdOM

シャミ子「一ヶ月4万円生活から抜け出して、桃への借金も返済できたので、遂にメガネを買ってもらいました」

良子「向かうところ敵なしだね!お姉は悪魔大将軍として、大きく前進したよ!」

小倉「良かったねぇシャミ子ちゃん」

シャミ子「はい良かったで……」

小倉「ん?」ニコッ

シャミ子「え?」

良子「この人……誰?」


シャミ子「桃、何書いてるんですか?」

2019/11/26 19:02 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/22(金) 00:32:00.587 ID:+FIqRpiW0

桃「!」

シャミ子「s....s?」

桃「ちょっ、見ないで!」バババ

シャミ子「あ、いいじゃないですか」

桃「シャミ子にはまだ早いから!」

シャミ子「むぅ....」

シャミ子(家に帰ったら、パソコンで検索してみましょう)


桃「シャミ子にだけは見られたくなかった…」

2019/11/26 17:04 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/22(金) 01:42:19.117 ID:pDcJGIsH0

~桃の部屋~



桃「……よし」

桃(今日は長らくやってなかったアレをしよう、ここ最近は変身する機会も少なくなってきたし…)





ピカ~ッ!




桃「もぎたて果実で悪を成敗!!」クルッ

桃「魔法少女……フレッシュピーチ!!」ニパッ

桃「……」ピコッ



『もぎたて果実で悪を成敗!!魔法少女……フレッシュピーチ!!』



桃「うーん…録画を見直すとやっぱりポーズのキレが悪い、それに表情もなんだか固いし…」

桃「現役時代に比べると全然ダメだ、撮り直そう…」





桃「もぎたて果実で悪を成敗っ!」クルッ

桃「魔法少女ぉ~~…フレッシュピーチ☆」ニパッ





シャミ子「はわぁ~…」プルプル

桃「!?」


シャミ子「桃にプレゼントです!」

2019/11/25 23:01 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/21(木) 10:31:27.687 ID:6I3a+Qa00

桃「ありがとう、凄く嬉しい…開けていい?」

シャミ子「はい!是非使ってください!」

桃「…えっと、なにかなこれ…紐?」

シャミ子「下着です!すぐにでも使ってください!」


シャミ子「桃を信じなければよかった」

2019/11/21 23:02 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/18(月) 00:21:29.477 ID:CUJYOy360

シャミ子「桃が居なくなってもう三年です」

シャミ子「桃、私たちは元気でやっています」

シャミ子「あなたが守った街は今も平和です」


シャミ子にしてもらっているの?」21歳桃「そんなことない!雨が降ったら洗濯物取り入れるし!」

2019/11/21 17:02 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 15:21:10.673 ID:TfGE3cPq0

21歳ミカン「シャミ子可愛そう…」

21歳杏里「ちよももーそれはどうかと思うよ…」

ウガルル「ウガ?俺でももっと手伝ってる」


シャミ子「もんも!!死なないでください!!」

2019/11/20 17:02 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/16(土) 23:31:42.312 ID:pAiYYVjmd

シャミ子「と、いうわけで私のゴリ押しで桃が私の眷属になったわけですが…」

シャミ子「感想は!?闇属性を手に入れた桃の感想が聞きたいです!!」

桃「うん…勿論だけどすごく弱くなった」

桃「シャミ子ほどでは無いけど魔力の最大値が大幅に減ったし…筋力は健在だけどね」

シャミ子「私ってそんなに弱いですか…?」

桃「いや、そういうわけじゃないよ」

桃「シャミ子の魔力も以前と比べて大幅に成長してる、今後トレーニングを続けていけばシャミ子もいい線いけるよ」

リリス「うむ、確かに余の目から見てもシャミ子は強くなっている」

リリス「魔法少女を眷属にするとは…余も鼻が高いぞ!」

シャミ子「うぅ……でも本当の事を言うと少しだけ自信がありません」

シャミ子「本当にこれで良かったのでしょうか?私のわがままで桃を眷属にして、これから先の事なんてあまり考えていませんでした…」

桃「…これは私の選んだ選択なんだ、シャミ子は悪くないよ」

桃「代わりにこれからは私を守れるくらい強くなってね?シャドウミストレスさん」

シャミ子「もんも…♡」キュン



ビキビキッ





桃「いっ……!?!?」ズキッ


シャミ子「私、吉田優子!みんなからはシャミ子って呼ばれてるの!」

2019/11/19 19:04 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/14(木) 23:30:10.698 ID:irDW6XcL0

今日からピカピカの高校1年生!

だけど学校に行く途中でダンプカーが!

けどそんな時…

??「大丈夫かい?綺麗なお嬢さん」

シャミ子「はい…!」

ピンクの髪の素敵な王子様に助けられちゃった!


『トキメキ❤危機管理!』

作者:フレッシュピーチ


シャミ子「桃分が足りない…」

2019/11/19 17:04 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/15(金) 11:06:57.30 ID:5WmJBcba0

シャミ子「ん~~ももぉももぉ~~」

リリス「どうしたシャミ子?桃の写真なんかにらみつけて」

シャミ子「にらみつけてなんていません!じっくりじっくり見ているんです!」

リリス「そ、そうか…」

シャミ子「最近桃があまり構ってくれないんです…用事が~とか疲れた~とかそんなのばっかり!おかげで桃分が不足しています!」

リリス「だがおぬしと桃は宿敵なのだろう?敵に構ってもらうのか?」

シャミ子「宿敵ですけど!宿敵でもです!うさぎは寂しいと死んでしまうんです!」

リリス「それなら桃の夢に潜り込めばよいだろう?桃が疲れてるなら侵入しやすいぞ」

シャミ子「でも…桃の中にはムキムキメタ子もいるし返り討ちにあいそうで…」

リリス(ムキムキメタ子?)


シャミ子「おはようございます桃」桃「おはようシャミ子、この縄ほどいてくれないかな?」

2019/11/18 19:04 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/13(水) 23:01:49.634 ID:bF+qOYTkM

シャミ子「完全に闇堕ちするまでダメです」

桃「まいったなぁ…シャミ子どうしちゃったのかな」

桃「毎食ごはん作らせていたのが嫌だったとか?それとも筋トレかな?なんでもいってくれれば私……」

シャミ子「嘘ですね」

桃「ウソじゃないよ」