TOP > まちカドまぞく
カテゴリー  [ まちカドまぞく ]

シャミ子「邪ッッ!!」

2019/11/13 23:01 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/08(金) 20:00:59.721 ID:bJgRI0gp0

シャミ子「うっ、なんか身体が軽い」

シャミ子(私は吉田優子、どこにでもいる15さ...)

シャミ子「ッッ!!??」

シャミ子(角ッッ!!側頭部から対照に二本生えているッッ!?)

シャミ子「おか、おかーさん!」ゴゴゴゴ

清子「騒々しいわよ、優...子!??!!?」

シャミ子「なんか鬼みたいなツノ生えた~!!あと尻尾ッッ!!」

清子「圧倒的威圧感と存在感、ついにこの日が来たのね」

シャミ子「ええ!?一体なんなんですか!?」

清子「優子、実はあなたは普通の人間の子ではありません」

清子「吉田家は古代より闘争を糧とするもの。封印されし鬼の一族の末裔なのです」

清子「昔、吉田ユージローという世界最強の先祖がいたのですが、彼は更なる強敵を求めて異世界転生してしまいました」

シャミ子「なんなんですかその設定」

清子「最大にして唯一の戦力を失った私達には敗北あるのみでした......」

中略

清子「というわけであなたは魔法少女を倒さねばなりません」

シャミ子「でもどうやって倒せば」

清子「ツノが生えたからには力が復活したはずです。鬼のパワーを感じますか?」

シャミ子「そういうふわっとした概念は感じません!ですが今なら誰にも負ける気がしません!私が地上最強だという確信があります!」


ミカン「桃がわからせ魔法少女なのはいいとして、シャミ子がメスガキまぞくってのは無理があるわよ」

2019/11/13 21:01 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/08(金) 12:41:59.135 ID:MmJ6ke6Qd

ミカン「あんなにずっしりとした存在感のあるお乳の女の子に対してメスガキってのは無理があるわよ」

桃「そうだろうか」

ミカン「そうわよ」

桃「ふむ…」


シャミ子「桃って制服の上に着てる服が変わりましたよね」

2019/11/12 21:05 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/07(木) 19:29:17.378 ID:Dx1Aoy6n0

シャミ子「ところで、前に着てたパーカーはどうしたんですか?」

桃「多分もう使わないし、今はタンスの肥やしになってる」

桃(黒の方がいろいろ気に入ってるし)

シャミ子「えっ、もったいない」

桃「えっ?」

シャミ子「もったいないです! 今の黒セーターほどじゃないけど似合ってたし! けっこう立派なやつですよね?」

シャミ子「そうだ、着ないならもらってもいいですか? 最近肌寒くなってきたしちょうど上着が欲しいと思ってたので」

桃「えっ…いや、どう考えてもサイズが」

シャミ子「サイズなんて後でちょうどよくなればいいんです! 我が家では1年生で買ったLサイズの体操着を6年生まで使ってました! 入院しててほとんど着てないけど!」

桃「そこまで言うなら…まあいいけど…」


シャミ子「淫紋…?ってなんですか、桃?」

2019/11/11 19:04 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/07(木) 00:40:21.204 ID:y8njQS090

シャミ子「はぎゃああああ!!!///も、桃!なんですかその下腹部の素敵カッコいい紋様は!!」ハスーハスー

闇墜ちフォーム桃「あ…うん…(反応が早いな…)これは、淫紋シールっていうんだけど」

シャミ子「いん…もん…?お芋みたいで美味しそう」

桃「シャミ子喜びそうかなって思って、通販で買ってみたんだけど…どうかな?」


【まちカドまぞく】シャミ子「戦力調査?」

2019/11/11 17:04 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/06(水) 21:43:20.25 ID:5GAVVJmQO

・3〜5巻までのネタバレを含んでいますのでアニメ視聴、原作未読の方は気を付けてください
・独自解釈ばかりですのでご注意を…


桃「シャミ子!ミカンに何でも言うこと聞いてあげる券を渡したって本当!?」シャミ子「え?はい!いいプレゼントが浮かばなくて…」

2019/11/08 19:01 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/03(日) 23:38:18.846 ID:eEQbZsAc0

桃「ミカン!」

ミカン「桃じゃない、どうかしたのかしら?」

桃「シャミ子の何でも言うこと聞いてあげるを券を何に使うつもり!?」

ミカン「え?そうねぇ…券なんて使わなくてもシャミ子は一緒にお出かけもおしゃべりもしてくれるし…予定はないわね」

桃「ここに1000万円ある…これでその券を…譲ってほしい…」

ミカン「」ドンビキ


【まちカドまぞく】まぞく開眼!?柑橘少女の必殺魔法!!

2019/11/08 15:01 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/03(日) 23:23:48.84 ID:dAxoThJZ0

アニメ最終話と原作3巻の内容を見て思い付いたシャミカンSSです


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/03(日) 23:24:29.09 ID:dAxoThJZ0

①私の評価、低すぎ…!?



~学校~



シャミ子「……」カキカキ

小倉「シャミ子ちゃんなに書いてるの~?」

シャミ子「果たし状の文面です!以前桃に渡したものは遊びのお誘いと間違われてしまったみたいなので、今度は法に触れない範囲で我が闘志をしっかと表すような内容にしたいのです」

小倉「へぇ、またやるんだ。……うまくいかなくても頑張ろうね、シャミ子ちゃん」

シャミ子「失敗が既定路線なんですか……?」



杏里「おーいシャミ子―。そんなことより来客みたいだよ~」



シャミ子「ほぇ? 誰だろう……ていうか杏里ちゃんまで『そんなこと』扱い!?」

杏里「へーきへーき! 望みが薄くたって、やってみるまで分かんないって!」

シャミ子「また失敗前提だー! もー!」


シャミ子「体で稼ぎます!」

2019/11/06 21:03 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/01(金) 19:41:59.040 ID:6uohv9No0

リリス「シャミ子よ、桃との修行の成果はどうだ?」

シャミ子「最近はいい感じです、体力がついたのか体育の授業が2時間でも平気になりました!」

リリス「うむ…体力を付ける事は勿論いい事なのだが…」

リリス「シャミ子よ、いっちょ夢魔としての修行をしてみないか?」

シャミ子「夢魔としての修行?」

リリス「そう!夢魔としての能力を高めるために適切な修行を行い、いち早く魔力アップをする修行だ!」

リリス「余の時代では当たり前だったメソポタ式でも良いのだが、ここはまぞくとしても現代社会に適応した形で修行を行おうと思う」

リリス「名付けてまぞくリフレ!」

シャミ子「まぞくリフレ…?」

リリス「うむ!個室で相手に奉仕をして疲れを癒す、シャミ子にピッタリな簡単な修行だ!」

シャミ子「おお!なんだか私に向いてそうです!」

リリス「ちなみに現代ではこれでそれなりの稼ぎを得ている者もいるぞ!」

シャミ子「お金になるんですか!?」

リリス「興味が出てきただろう?」

シャミ子「相手を癒して魔力アップ……そしてお金がもらえる…」ゴクリ

シャミ子「そ、そんな美味しい話が本当にあるんですか?」

リリス「ある!そしてプランはもう立てた!」

良「おねぇ!これが料金表だよ!」

シャミ子「準備が早い!」


桃「シャミ子がお箸で大豆食べようとするのをずっと眺めていたい」

2019/11/03 17:01 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/29(火) 18:09:07.247 ID:y5v4j0+6HNIKU

桃「絶対取れない」

桃「可愛い」


シャミ子「桃を本気で倒します!」

2019/11/01 19:03 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/27(日) 22:38:47.898 ID:KwkR5/ZU0

……


良「うぅ」グッタリ

シャミ子「良、良…っ!」

シャミ子「お母さん!良は一体どうしてしまったんですか!?ぐったりしたまま目を覚ましません!」

清子「それが…布団の中で苦しそうな呻き声を出していたので心配になって起こそうとしたのですが、青ざめた顔のまま目を覚まさなくて…」

清子「良子のお尻にネギを挿しこもうとしていた最中でした」プルプル

シャミ子「心配なのはわかりますが落ち着いて!」

シャミ子「ここは冷静になって救急車を呼びましょう!きっと病院に運べば良の具合もよくなります!」

リリス「シャミ子よ」

リリス「良の体からはわずかにではあるものの魔力を感じる、もしかすると目を覚まさない原因はそこにあるかもしれないぞ」

シャミ子「…ということは」

リリス「生憎我が身は像の中だ、光と闇のあれこれに関してはまず魔法少女である桃に頼るべきかもしれん」

シャミ子「!!」

シャミ子「お母さん!今すぐ私をまぞく寝かせ棒で寝かせてください!」

リリス「いや待て!早まるな!なにもそこまでしなくても…」

シャミ子「どんとこーい!」

清子「優子は強い子です!」バコッ

シャミ子「へぶっ!」


シャミ子「桃、ギャンブルはもうやめてください」

2019/10/29 19:01 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/25(金) 22:39:02.761 ID:n5bUJrU0M

桃「......え!」

シャミ子「もう私のお腹にも赤ちゃんがいるんです。だから桃にもちゃんとして、あ、ちょっと、それは生活費なんです!それがないと私達は──きゃあ!や、やめ...っ....うっ、桃....いやっ....もう殴らないで......」プルプル

桃「......は?」

シャミ子「ごめんなさい桃、もう逆らわないから....やめて....お願い」

桃「......はぁ?」

シャミ子「いやぁ....お願い桃....私が悪かったです。もう何も言いません口答えもしませんなんでも言うこと聞くから──ぐっ....うぅ....やめ、お腹だけは....」


【まちカドまぞく】シャミ子「桃ーちょっと散歩に行きませんかー?」

2019/10/28 23:02 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/24(木) 22:54:14.88 ID:FaVbXrdr0

シャミ子「おかーさん、いってきまーす」

清子「はい、いってらっしゃい」

清子「ああ、今日は…」

清子「お父さんにもちゃんとお供えしなくちゃね」


桃「シャミ子を走らせてたらシャミ子が倒れた」

2019/10/24 21:04 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/20(日) 23:40:42.55 ID:06K62MaI0

原作1巻後半、血を抜かれる前くらいのシャミ桃ifです。
2、3巻くらいの内容も多少含みますのでご注意ください。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/20(日) 23:46:03.46 ID:06K62MaI0

「いけてる、いいペースだよ!」
 
既に恒例となりつつあるシャミ子の体力強化マラソンは、そこそこに順調に運んでいると言えた。
シャミ子はたいそうへっぽこだったけれど、それと同じくらいのがんばり屋さんだったのは嬉しい誤算。
何週間かそこそこみっちりやってきたお陰で、出会った頃に比べたら今ではまぁなんとか……ナメクジレベルから死ぬほど運動音痴の人間くらいにはなれたかなと思う。
 
ふりふり揺れるまぞくのしっぽと小さな背中を目で追いながら、あと少し、がんばれてるよ、と励ましの声をかける。だんだんいつものコースだと余裕を持って走れる様になって来たので、今日は少しだけコースの距離を伸ばしているのだ。
シャミ子も体力の向上を実感しているのか、今回は乗り気だった。


シャミ子「ミカンさんの呪いで体育倉庫に閉じ込められました…」

2019/10/22 19:02 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/21(月) 22:06:30.372 ID:5QaC+vnz0

桃「ふんっ……! 開かない…完全に呪いで閉じられてる、内側からじゃ開けられないな…」

杏里『二人ともー! 大丈夫かー?』

シャミ子「杏里ちゃん! 大丈夫ですー! でも扉が開きませんー!」

杏里『ほんとにびくともしないな、どうなってんの…』

ミカン『二人ともぉぉ…ごめんなさいぃぃぃ……』グズグズ


桃「シャミ子ってそういう経験したことあるの?」

2019/10/21 19:01 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/18(金) 23:13:48.227 ID:1ZefzOl80

シャミ子「それでこの間あすらに遊びに行った時の話なんですけど」

ミカン「うん」

シャミ子「店長の部屋で最新のゲーム機に触ったんですよ!プレイキャスト3!」

ミカン「そういえばシャミ子ってゲームが好きなのよね」

シャミ子「そうなんです…私初めてだったんですけど、すっごく興奮しちゃって」

シャミ子「とても(テレビが)おっきくて大迫力でした!」

シャミ子「夢中になって遅くまで(ゲームを)しちゃって、帰った時にお母さんに怒られたんですけどね…はは」

ミカン「ふふ、好きなのはわかるけどご家族に心配かけちゃダメよ?」

シャミ子「少し反省です…」



ガラッ


桃「………おはよう」

ミカン「おはよう……って」

ミカン「いつまで寝てたのかしらこの寝坊助魔法少女は、もうこんにちはの時間よ?」

シャミ子「桃、雨なのに洗濯物が干しっぱなしだったので勝手にお邪魔してます」

桃「うん……それはありがとう」

桃「あと…ごめん、盗み聞きするつもりはなかったけど…さっきの話が聞こえたんだ」

桃「…シャミ子ってさ……その、初めてじゃない?」

シャミ子「…へ?」

桃「……えっと」

桃「シャミ子ってそういう経験したことあるの?」


シャミ子(……さっきの話……最新のゲームの話ですね!)


シャミ子「はい!この間初めてやりました!」


桃「シャミ子、なんか太った?」

2019/10/20 21:01 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/17(木) 23:48:54.119 ID:o9Z7QddZ0

シャミ子「んん~~!このお饅頭美味しいです~♡」モグモグ

桃「……」

シャミ子「桃もどうですか?ここの所貰い物のお菓子が多くて処理に困ってるんです」

桃「ありがとう、それはいいんだけど」

桃「シャミ子、なんか太った?」



シャミ子「へっ?」

シャミ子「し、失礼な!まぞくとは言え私は女の子だぞ!?」

シャミ子「もう少しオブラートに包んだ言い方はないんですか!!」ムッチィィィィィ!!!!!

桃「……」ゴクリ


桃(食べごろだ……!食べごろまぞくだ…!!)

桃(饅頭よりも今すぐシャミ子を食べたいよ!!)


シャミ子「台風でアパートの1階が浸水しました」

2019/10/19 15:03 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/16(水) 20:28:00.097 ID:ptMkxVkl0

リコ「そういうことやからシャミ子はん家に泊めてくれへん?」

店長「リコ君!言い方!もっと誠意をもってお願いしよう!」

リコ「見ての通り一階がかなり浸水して床を取り換えるまで寝起きする場所ないんよ」

店長「優子君の家でなくてもいいんだ、どこかいい場所を知らないだろうか。この通り」土下座

シャミ子「この街のボスとして見過ごすわけにはいきません!私からおかーさんに頼んでみます!」

リコ「そう言ってくれると思うてウチらの食材全部シャミ子はんちの冷蔵庫に移しといたわ~」

店長「だからリコ君そういうところだよ!?」

清子「あらあら、今夜はパーティですね~」

店長「奥さん、僕からもお願いです。数日、いや、一晩だけでいいので泊めてはもらえないでしょうか」DOGEZA

清子「これだけの食材を使い切るには人数が必要ですからね~しばらくは居てもらわないと困りますよ~」

店長「ありがとう、ありがとう」

リコ「ウチのおかげやでマスター」

店長「リコ君はちょっと黙ってようか」

ガチャッ

桃「ちょっと待とうか」


シャミ子「私ってサキュバスなんですか!?」

2019/10/18 23:01 | まちカドまぞく | コメント(1)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/16(水) 01:21:17.074 ID:Cn2yX4zg0

リリス「余やシャミ子は似たような力を持つ夢魔の種族であるわけだが」

リリス「ここで一つ、まぞく的に力を有効活用するためにもこの力の詳しい話をしようと思う」

シャミ子「と言いますと?」

リリス「シャミ子よ、お前は夢魔についてどの程度の知識を持っているんだ?」

シャミ子「うーん…」

シャミ子「よくわからないけど、夢の中に入って心のお掃除をするごいごいすーな感じ…?」

リリス「夢魔は心のお掃除屋さんではないぞ!?」






リリス「良いかシャミ子よ、夢魔はどちらかというとお前の認識とは違って『汚す』側なのだ」

シャミ子「汚しちゃうんですか!?せっかく綺麗に掃除したのに!?」

リリス「掃除する方が特殊だ!夢魔とは古来より、相手の夢に侵入して…」

リリス「心を掌握するために誘惑する種族なのだ!」

シャミ子「…なんかすごいまぞくっぽい!」

リリス「ほらゲームとかでもよく出てくるだろ?いわゆるサキュバスってやつだ」

シャミ子「私ってサキュバスなんですか!?」

22

シャミ子「え?桃の家に魔力が大幅に上がるジュースがあるんですか!?飲みたい飲みたい!行きます桃の家!」

2019/10/18 15:04 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/14(月) 21:02:49.302 ID:9NSTdtbo0

シャミ子「あれ?今日はミカンさんいないんですか?」

シャミ子「はぁ、ご実家の方に。じゃあ今日は私と桃の2人だけなんですね!」

シャミ子「あ、これが例のジュースですか?」

シャミ子「え?一気に飲むんですか?ためらわず?」

シャミ子「わかりました!いきます!えい!」グイッ

シャミ子「……なんだか変わった味ですね」

シャミ子「……あれ?なんだろう、何だか急に、眠、く……?」フラリ

シャミ子「……スピー……スピー」zzz


桃「……」


シャミ子「最近私の体に桃の視線を感じます」

2019/10/16 15:01 | まちカドまぞく | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/13(日) 21:40:46.876 ID:wk5Zj9io0

シャミ子「いち、に、さん、し」

桃(チラッ)

シャミ子「に、に、さん、し」

桃(チラチラッ)

シャミ子「…桃、さっきからどうして私のほう見てるんですか」

桃「見てないよ」

シャミ子「??そうですか?なにか視線を感じましたけど…」

桃「気のせいだよ。さあ、トレーニング続けようか」

シャミ子「…はい。いち、に…」



シャミ子(このごろ筋トレやストレッチをしているときによく桃の視線を感じます…

桃は反射神経がいいので私が向くと必ずちがう方を見てますけど)