TOP > ガヴリールドロップアウト
カテゴリー  [ ガヴリールドロップアウト ]

ガヴリール「私がBARのマスターになった」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/17(日) 22:24:42 ID:H1.yM09s

ガヴリールドロップアウトの世界観を変えたSSです。

ナレーション『ここは「BAR天真」。悩みやストレスを抱えた者、きまぐれで見つけた者たちが気軽に立ち寄る場所である』

『BAR天真』

ガヴリール「ふわぁ~。営業直後とはいえこういう客が入らん時間帯は落ち着いてていいな」

ガチャン♩

ガヴリール「と、言ってたらもう客か。」


ヴィーネ「腐女子になってしまった」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/15(金) 18:20:25 ID:E3RwyEfk

~ある日~

ヴィーネ「えぇと、何かいい本があれb」

ヴィーネ「んっ?」チラッ

『BL本』バアァーーン

ヴィーネ「な、なにこれぇ!?/// 男同時が抱き合ってる!!?///」ビクッ


ラフィエル「海に行きましょう!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/13(水) 21:00:41 ID:QIDFz9YQ

※季節的には少し早いですが、夏ネタのガヴドロSSです。

サターニャ「へっ、海ですって?」

ラフィエル「はい。」

ヴィーネ「あら、いいわね。でも、珍しいわね…ラフィがイベントを提案するなんて?」

ラフィエル「いつもヴィーネさんがイベントを提案なさって私たちを楽しませてくれてますのでたまには私から、という事です」ニコリ

ヴィーネ「そうなの。ありがとう、ラフィ」

ラフィエル「いいえ♪」ニコニコ


ガヴリール「しりとり?」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/12(火)21:57:40 ID:JwN

ガヴリール「サーバーメンテ中だから暇だ…。」ゴロゴロ

ヴィーネ「せっかくの休みなのに、どこも混んでるなんてね」スクッ

サターニャ「何か暇潰しの遊びはないのかしら?」ゴロゴロ

ラフィエル「では、サターニャを導っt」ニコニコ

サターニャ「それ以外でよ!?」

ラフィエル「では、しりとりでもしましょうか」

ガヴリール「しりとり?」ムクッ

ヴィーネ「それ、暇潰しの遊ぶに最適ね!」

サターニャ「いいじゃないの。負けないわよ!」ムクッ


【ガヴドロSS】天真=ゼルエル=ホワイトの憂鬱

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 21:43:47.49 ID:FQ/yScew0

ガヴリールドロップアウトのゼルエルが主役の話です


一つ下の妹は、一見おとなしそうみえるが、無鉄砲で突拍子のない行動をとることが多々あった。

それは、姉である私にとって、悩みの種であった。

数年前、天界。

ガヴリールの家

ゼルエル「ガヴリール!どういうことだ、そんな服がびしょびしょの状態で家に帰って来て!お前は一体、外で何をしていた!」

ガヴ「あ、いえ…ゼルエル姉さん…違うんです、こ、これは…その!
…そう、よそ見をしていたら誤って川に落っこちてしまって…」


【ガヴドロSS短編】ガヴリール「鼻血がっ!?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/12(火) 00:14:39 ID:lWBbSXmM

※短編SSになります。

ガヴリール「メンテナンス中か…。しょうがない、暇潰しにテレビでも見るか」ポチッ

テレビ『うっふ~ん♡』

ガヴリール「なっ、これって!?/////」

テレビ『あっは~ん♡♡』

ガヴリール「エッチな番組じゃないか!!?/// こ、こんなもん見たっt」カアァァーー、タラァーーー

ガヴリール「………えっ!?」ハナヂ


ラフィエル「もしも執事がマルティエルではなかったら?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/08(金) 18:11:22 ID:nOvULQRE

ラフィエル「はぁ~」

ガヴリール「どうした、ラフィ?」

ラフィエル「ガヴちゃん…」

…………………………

ガヴリール「なぁーんだ。またマルティエルの話か。」

ラフィエル「なぁーんだ、じゃありませんよ、ガヴちゃん!?」


ガヴリール「誕生日だったタプリス」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/05(火) 23:59:59.364 ID:jDralhB30

【ガヴリール宅】


タプリス「天真先輩」

ガヴリール「はい」

タプリス「私は怒っています」

ガヴリール「はい」

タプリス「何に怒っていると思いますか」

ガヴリール「……」

ガヴリール「わたくしガヴリールがタプリスさんの誕生日を忘れていた事です」


ラフィエル「サターニャさん、好きです」 サターニャ「えっ?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/04(月) 20:49:24 ID:gQyc.A4Y

サターニャ「えっ、なにスキー?」

ラフィエル「スキーではなく、好きです」

サターニャ「えっ、え……好き? 何が??」

ラフィエル「何がではなく、サターニャさんが好きです」

サターニャ「私を? なに…ふざけて言ってるのかしら??」

ラフィエル「ふざけてません! 私は本気です!!」


ガヴリール「急いで隠さないと!?」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/28(月)13:48:40 ID:LTB

~ある日~

ガヴリール「………」ゴソゴソ

ヴィーネ「ガヴ、私の机で何してるの?」

ガヴリール「あ、ヴィーネ…見てくれ。今の私の気持ちをお前の机に書いたんだ」

ヴィーネの机『ネトゲ、最高!!』

ヴィーネ「って、アンタ、私の机になに書いてんのよ!?」


タプリス「天真先輩!」ガヴリール「ん?おー、タプリスか」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 23:53:26.93 ID:MjGXqxQn0

タプリス「はい!お久しぶりです」

ガヴリール「久しぶりだっけ」

タプリス「久しぶりですよ!」

ガヴリール「あー……そうだな、久しぶりだな」

タプリス「絶対ピンときてないですよね!?」

ガヴリール「うん」

タプリス「ひどいですよ!」

ガヴリール「まぁどうせたまに会うわけだし、わざわざ覚えてないよ」

タプリス「うぅ……あ、それで天真先輩」

ガヴリール「…………」

タプリス「……先輩、どうしました?」


ガヴリール「暑い暑い暑い」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)21:19:39 ID:qRU

~ある日~

ガヴリール「あちぃ~、なんでこんなに暑いんだよ」ダラダラ

ガヴリール「ああああぁぁぁもうぅぅぅ~、暑い暑い暑い暑い暑いいいぃぃ~」ジタバタ

ヴィネサタ「「うるさいっ!!!」」ドンッ

ガヴリール「おわっ!?」ビクッ


【ガヴドロ】黒奈「千咲への誕生日プレゼントが決まらない」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/04(月) 00:20:52.45 ID:WM5ow4IW0

※最新刊までのネタバレを含みます


サターニャ「48の殺人技と52の関節技を使ってガヴリールを倒すわよ!!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 22:39:23.00 ID:PnkLPvDo0

某ハワイ

サターニャ「ありがとうプリンス・カメハメ、あんたのお陰で48の殺人技と52の関節技を習得する事が出来たわ」

カメハメ「ふ、サタ肉マン、君の努力結果じゃよ。その力で宿命のライバル ガヴリールを倒してくるのだ」

サターニャ「わかった!!!」


ラフィエル「気づいちゃったガヴちゃんもかわいいですよね~」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/27(日) 16:13:46.215 ID:82kI5m/20

参考:今までのやつ


2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/05/27(日) 16:16:02.663 ID:82kI5m/20

【サタニキア邸】


サターニャ「んっふっふっふ、ようこそサタニキア城へ……」

サターニャ「この館に一歩踏み入れたからには恐怖と絶望のエンターテイメントを味わってもらうわ」

サターニャ「さあ、まずは漆黒の飲料でお前たちをもてなしてあげる」

サターニャ「感謝しなさい!」ドン

ヴィーネ「……いや、これウーロン茶でしょ。ありがたいけど」

ラフィエル「言うほど漆黒でも無いですよねー」

ガヴリール「ていうか城なのか館なのかはっきりしろよ」

サターニャ「うるさいわね細かいことはいいのよ。雰囲気が大事なんだから雰囲気が!」


【ガヴドロSS】「ラフィエルの婚約者、現る!?」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/23(水)18:39:02 ID:6a4

※オリジナルキャラクターが登場します。

ラフィエル「で、サターニャさんを導ったらなんと…」クスクス

ヴィーネ「へぇ~、そんな事がっ!?」

サターニャ「それはアンタが脅かすからでしょ!?」

ガヴリール「そういう展開になったのは、サターニャが単純だからだろ」

サターニャ「単純ってなによ、単純って!?」


【ガヴドロ】男A「白羽に告白する」 男B「マジか!?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/05/24(木) 16:16:35 ID:Jvo/gGL.

※モブキャラの視点が中心となります。

男A「はぁ~、いいよなぁ///」

男B「どうした? また変な妄想でもしてるのか??」

男A「してねぇよ!? ただ、白羽のことを考えてただけだ!」

男B「なに、白羽だとぉっ!?」

男A「あぁ、可愛いし、優しいし、スタイルも抜群だし、もう堪んねぇよ///」

男B「マジかぁ…。確かに白羽さん、男女問わずに人気あるし、隠れファンとかファンクラブが存在してるって話も聞くもんな」


ヴィーネ「今のガヴって優しいのかな?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/05/21(月) 21:05:31 ID:jesvq8Bc

※ガヴリールとヴィーネの出会いを多少、変えております。

~ヴィーネが人間界に来た日~

ヴィーネ「どうしよう、道に迷っちゃった…」

ヴィーネ「人間の世界に土地勘ないし、どうしよう!?」

男「お、嬢ちゃんどうしたのかな、へへっ?」ニヤニヤ

ヴィーネ「(うっ、怪しい人っ!?)い、いえ、何でもありません。」

男「嘘つくなよ。迷子なんだろ、良かったら俺が道を教えてあげようか?」

ヴィーネ「い、いえ。大丈夫ですから!!?」アタフタ

男「いいって遠慮すんなよな、へへっ// あっ、その代わり、お礼はしてもらうよ…もちろん体で♪」ニヤニヤ

ヴィーネ(や、ヤバい人だわ!?)


【ガヴドロSS】「もしも下界でそれぞれの職業に就いたら…」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/19(土)01:11:03 ID:WcE

ガヴリール「………」カタカタ

ヴィーネ「ガヴ、ネトゲばっかしない。これじゃあ、将来ロクな天使になれないわよ?」

ガヴリール「うるせぇ、余計なお世話だ」

ガヴリール「ヴィーネだって、あまり真面目な事ばっか言ってると、将来ロクな悪魔になれないぞ?」チラッ

ヴィーネ「そっちこそ、余計なお世話よ!?」

ラフィエル「まぁまぁ、お二人とも…」

サターニャ「あぁ~、どっちもどっちね…。」


サターニャ「墓友?」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/05/14(月) 21:42:23 ID:p1rixD3E

※ある番組の「墓友」という話を見て参考にしました。

中心は主に、サタラフィです! ちなみにガヴリールやヴィーネなど、他のキャラは少しですが、登場します。


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/05/14(月) 22:01:34 ID:p1rixD3E

※追加ですが、サターニャとラフィエルは、普通の人間という設定になってます。また、ガヴリールとヴィーネも同様です。

~ある日~

サターニャ「墓友?」

ヴィーネ「えぇ。共同墓地っていう自分と赤の他人が共に埋葬されるお墓があって、墓友は同じ墓に入る事を前提に付き合う交友関係の事を指すのよ」

サターニャ「へぇ~、そういうのがあるのね」

ヴィーネ「ちなみに私はガヴと共同墓地を購入したの。つまり、死んだらガヴと一緒のお墓に入れるのよ」

サターニャ「アンタとガヴリールってとっくに交友関係じゃないの…。それなのに、今更墓友って?」

ヴィーネ「いいのよ。墓友だろうが、交友関係は交友関係なんだし!」