TOP > 月刊少女野崎くん
カテゴリー  [ 月刊少女野崎くん ]

野崎「前野さんと瀬尾を会わせるとどうなるんだ……?」

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/06/10(日) 22:30:28.04 ID:lk6h2pLlO

前野「夢野先生!! 今日から僕が担当ですよ!!」

前野「よろしくお願いします!!」

野崎「うわあああああああああ!!!」














野崎「……っは!!」

野崎「……夢か」


野崎「恋しよっが実写ドラマ化!!?」

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/05/24(木) 22:26:20.25 ID:Mi9tZmeGO

宮前「はい、そういう話が来まして」

野崎「本当ですか!!? 本当にドラマ化するんですか!?」

宮前「本当です」

野崎「まさか俺を驚かせる為に『ドキッとしたでしょ☆』っていうプラカードを後から……」

宮前「なんで俺があんたにやるんだよ」


【月刊少女野崎くん】姉のアイドル~姉の友人編~

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/05/16(水) 20:03:59.05 ID:apDVlGI20

野崎くんSS

原作最新刊のネタがあるのでアニメ派の人は注意


野崎「マクロスしよっ」

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/05/08(火) 20:04:20.19 ID:NoJM9ofs0

ここは宇宙漫画要塞、ユメノス・フロンティア。

漫画家を目指している人達を日々育成している要塞である。

野崎(そしてこの俺、野崎アルトも晴れて漫画家デビューだ)


瀬尾「若ー、ローレライから伝言」若松「え!!?」

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/04/27(金) 22:30:23.92 ID:BxrGz93/O

若松「ロ、ローレライさんから俺に……?」

若松「ていうかローレライさん、俺の事知ってるんですか!!?」

瀬尾「うん」

若松「そ、その……伝言というのは……」

瀬尾「伝言は……」











瀬尾「今後、私の友達の結月ちゃんをいじめないでって」

若松「え……?」


エリオ「キノコー」

1: ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/15(日) 20:39:43.38 ID:uIvM/TnO0

エリオ「ひゃっふー、いっつみーえーりおー」

真「女々さんちょっと」

女々「どうしたの、マコくん?」

真「エリオの様子が変というか、元から変だけどいつも以上に変じゃないですか」

女々「実はまこちんには黙ってたんだけど・・・」

女々「エリちゃんはキノコを食べると配管工っぽくなっちゃうのよ」

エリオ「おう、いえー」

真「そんな、聞いてないですよ!」

女々「ちなみに私はまこっちのキノコが食べたいわよ」

真「聞いてねえよ!」

女々「エリンギ?マイタケ?ブナシメジ?」

真「何の質問だよ!?」


童話少女野崎くん~金の斧、銀の斧編~

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/04/21(土) 20:00:55.07 ID:EFfYCkx/0

ケース1

瀬尾「やっべー、ボール躱された所為で遠くまで行っちゃった」

瀬尾「ここら辺まで飛んで来たはずなんだけどなー……」

ザバー

瀬尾「ん?」

野崎「私はこの泉の女神です」

野崎「あなたが落としたのはこの金のボールですか? それとも銀のボールですか?」

瀬尾「いや、どっちでもないけど」

瀬尾「つーか金のボールって……金玉じゃん!! あはははは!!!」

野崎「……正直者のあなたには全部のボールを差し上げましょう」

瀬尾「マジで!!? サンキュー!!!」

瀬尾「よーし!! このボール全部若にぶつけるぞーー!!」

ガシッ

瀬尾「え」

野崎「彼の命が危ないのでこのボールは全部没収します」

瀬尾「えっ」


御子柴「起きろ野崎!! 遅刻だ!!」野崎「何!?」

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/04/15(日) 20:02:03.42 ID:6CPGgLuk0

御子柴「時計見ろ!! もうこんな時間だ!!」

野崎「くっ……テスト前日に俺達は何をやっていたんだ」

野崎「まさか夜中までギャルゲーをしてて寝坊してしまったなんて……」

御子柴「馬鹿野郎何言ってんだ!! 前日にギャルゲーをやってパワーをもらってこそテストで本領発揮できるんじゃねえか!!」

野崎「……それよりもテスト勉強をした方がいいと思うんだが」


野崎「ドーブル、今日はここにベタを頼む」

1: 350 ◆LYNKFR8PTk 2018/04/09(月) 22:41:13.11 ID:+6JDisEtO

ドーブル「……」ベタベタ

野崎「ああそこだ、ありがとう」

野崎「……それと後はここに花も頼む」

ドーブル「……」スラスラ

野崎「ありがとう、助かる」

うちのドーブルはベタ、花、背景、トーンの四つの技を覚えている。

今の俺には必要不可欠の相棒だ。


ヒメコ「鹿島くんかっこええわ~」ボッスン「鹿島くん?」

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/04/03(火) 19:59:45.86 ID:0FdHS/Ns0

スイッチ『2年の鹿島遊さんの事か』

ヒメコ「A組の中谷さんがなー、鹿島くん鹿島くん毎日言うとんねん」

ヒメコ「そんでアタシも見てみたんやけど……ホンマかっこええわ~」

ボッスン「そんなかっこいいのかよ?」

スイッチ『あの生徒会の榛葉道流と肩を並べていると言っても過言ではないな』

ボッスン「へー……あの人と同じぐらいか」


野崎「そういえばどうしてマミコと鈴木は髪を染めているんだ……」宮前「えっ」

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/03/28(水) 20:04:10.15 ID:jX4GYmVr0

野崎「いや……そういえば金髪にした理由って……黒髪だと地味になるからってだけなんですよね」

野崎「なんか二人の性格だと髪染めてるのに違和感が……」

宮前「……そうだ、夢野さん」

野崎「なんですか?」

宮前「今度の話はそれでいきましょう」

野崎「えっ……?」

宮前「鈴木とマミコが金髪にしてる理由ですよ」

野崎「!」


野崎「テレサのホラーハウスで肝試しをしてもらう」佐倉「え!?」

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/03/24(土) 20:00:20.28 ID:+RMU8SWQ0

佐倉「の、野崎くん!!? 何言ってるの!!?」

野崎「実はな、今度の漫画のネタで肝試しネタを書こうと思って」

野崎「そこでホラースポットとして名高いテレサのホラーハウスで肝試しをしようと考えてるんだ」

佐倉「野崎くん……」

佐倉(肝試しはちょっと怖いけど……)

佐倉(大好きな野崎くんの為だよ!! そんな事言ってられないね!!)

佐倉「分かった!! 私参加するよ!!」

野崎「話が早いな佐倉」

佐倉「私もアシスタントだもん!! それぐらい協力させて!!」

佐倉(このイベントで……野崎くんとちょっとだけいい感じになれたらいあなぁ)


男「野崎梅太郎に転生した」

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/26(月) 20:00:50.98 ID:RON6F1Ya0

男「俺が今いるこの家、そして鏡で見たこの顔顔……この声……」

男「間違いない……俺は野崎に転生したんだ!!」

















数分前

男『やべ、今日野崎くんの新刊じゃん!! 早く本屋行かないと!!』タッタッタッ

男『くそ……この信号青になるの遅いんだよな……無視しちゃえ!!』ダッ

キキー!!

男『!!!』

ドカーン!!


瀬尾「そういやもうすぐバレンタインデーか」

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/14(水) 20:11:39.94 ID:oyfRjLvQ0

佐倉「うん、そうだよ!! 結月は誰かにあげないの!?」

瀬尾「えー、めんどくせーよ誰かにあげるとか」

鹿島「まぁ先生はそうだよねー。 千代ちゃんはやっぱり野崎?」

佐倉「うん!! 鹿島くんも堀先輩に作るでしょ?」

鹿島「勿論! 市販のやつそっくりのチョコを作るよ!!」

瀬尾「なんでみんな手作りなんだろーな。 そんなん市販のでいいんじゃねーの?」

佐倉「もー結月は分かってないなー。 手作りの方が愛情も深いし男の子は喜ぶんだよー?」

瀬尾「でも下手くそだったら市販のがよくね?」

佐倉「! だ、大丈夫だもん!! 下手くそじゃないもん!」

鹿島「ち、千代ちゃん落ち着いて!!」


大正浪漫少女野崎くん~佐倉大戦~

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/07(水) 20:05:30.55 ID:y9pcruVB0

鹿島「こんにちは……今日からここに赴任した鹿島一郎だよ、よろしくね」

佐倉「さ、佐倉さくらです!! よろしくお願いします!!」

瀬尾「瀬尾カンナでーす」

御子柴「お前は俺を見れなくなるぜ。 なんせ……俺はすみれのように綺麗すぎて眩しいからな」

御子柴「……///」

佐倉「この子は御子柴すみれちゃん!!」

鹿島「うん、よろしくね」


野崎「佐倉……俺達はいつまで高校二年生なんだ?」

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/30(火) 20:01:06.09 ID:vzgZcBMn0

野崎「もう長いこと高校二年生をやってないか?」

佐倉「ええっ!? の、野崎くん何を言ってるの!!?」

野崎「佐倉、誤魔化さなくていいんだぞ」

野崎「だって俺達……」


















野崎「漫画のキャラじゃないか」

佐倉「……うん」


KOF少女野崎くん

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/28(日) 20:08:25.76 ID:EYBowG1a0

俺の名前は野崎京、少女漫画家でもあり野崎流古武術の継承者だ。 手から炎を出せる。

だがこの能力はできるだけ使いたくない、何故なら……。







ボオオ!!

野崎「ああ!! 原稿が!!!」


野崎「今日は高校の同窓会だ」

1: ◆LYNKFR8PTk 2018/01/24(水) 20:03:15.63 ID:W5wSwahd0

野崎「俺が高校を卒業してから……何年経っただろうか」

野崎「久しぶりにみんなに会えることができる」

野崎「みんな変わってないだろうか、そして……」

野崎「恋愛ネタはいっぱいあるだろうか」サッ←メモとペンを取り出す音


佐倉「大晦日は……野崎くんと過ごしたい!!」

1: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/31(日) 23:50:36.06 ID:PgKHMs3z0

佐倉「一年に一回しかない大きなイベント……」

佐倉「一緒に過ごさないわけにはいかないよ!!」

佐倉「……というわけで早速野崎くんを誘おう!!」


御子柴実琴「ついにダブルキャストをクリアしたぜ!!」

1: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:01:31.95 ID:CIB6gjW40

御子柴「達成率100%……ここまで来るのに長い月日を費やした甲斐があった!!」

御子柴「ギャルゲーというよりはアドベンチャーだけど……ヒロインが可愛くて思わず買ったんだよな……何ヶ月経ったかな……」

御子柴「けどやっぱ……どんなに古いゲームでも……面白え物は面白えな!!」


2: ◆LYNKFR8PTk 2017/12/02(土) 21:02:44.89 ID:CIB6gjW40

※このSSは月刊少女野崎くんとダブルキャストのクロスSSです。
また、ダブルキャストのネタバレ、月刊少女野崎くんのネタバレを含みます。