TOP > 艦隊これくしょん

【艦これ】提督「朝起きたら艦娘が爆乳になっていた」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/15(月)00:31:19 ID:bEI



4: 名無しさん@おーぷん 2018/10/15(月)00:36:23 ID:bEI

提督「ふぁ~~ぁ、おはよう~」

霞「はいおはよう。……ちょっと、座った瞬間眠らないでよ! あーもう寝癖もつきっぱなしだし、シャキッとしなさいな!!」

提督「あー……いやー、最近夢も見ないくらい爆睡してんのに疲れが取れなくてな……。まあちょっともっかい顔洗ってくるよ」

提督「ってか霞はまた執務室で寝てたのか? 秘書艦とはいえ寝るときは部屋に戻ってもいいんだぞ?」

霞「アンタがキッチリ時間通りにシャキッと起きてくれたら私もそうするわよ」

提督「うへー耳が痛い。……それじゃあちょっと顔洗ってくるわ」

霞「はいはい、ついでに寝癖も治しなさいよ。そんなだらしない姿を他の子に見せないようにね」

ドタドタドタドタ

「し、司令官!!!」

提督「ん?」


暁と提督の仲を憲兵が邪魔する

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/07(日)00:43:50 ID:asJ

暁「司令官、この書類にサインして」

提督「ん?おお、分かった……ってこれ暁の限定衣装製作上申書!?駄目じゃないか、勝手にこんなもの作っちゃ」

暁「だぁってぇ……。暁型の中で特別な衣装ないの私だけなんだもの。レディだってたまにはおしゃれしたいわ!」

提督「そういうけどな。こういうのは本部が決めるものでこちらからは何も言えないんだよ」

暁「えぇ~」

提督「でも、前に見せてくれたサンタ服は可愛かったなぁ……」

暁「そっ、そうでしょ」エッヘン

提督「もう暁が可愛すぎて……。そ、そうだ今度着てみせてくれないか?」

暁「えっ。で、でもでも、あれは前のだし……今は小さくなっちゃってるかもだし……恥ずかしい///」

提督「いいじゃないか。私にだけ特別、な?」

暁「うっ、うぅ……」

提督「可愛い暁、見たいなぁ」ギュッ

暁「しっ、しかた……」

憲兵「失礼する」ガチャっ


神風型 秋月型 初春型 について

1: ◆36RVFTz/1g 2018/09/24(月)11:43:01 ID:PZd

神風型 神風 から 初春型 初霜まで


3: ◆36RVFTz/1g 2018/09/24(月)11:44:13 ID:PZd

【 神風 】


提督「はい、おやつだよ」

神風「子供扱いしないでよ!」

提督「いらないのか?」

神風「いるけど!」

提督「今日はチョコカステラだぞー」

神風「もしかしてお菓子あげとけば喜ぶとか思ってない」

提督「違うのか?」

神風「……違わないけど」


【艦これ】まるゆの不安な一日

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/21(金)11:49:55 ID:92E

提督「まるゆ、よく頑張ったな。これで練度20だ」

まるゆ「はい!まるゆ、隊長のために頑張りました!」

提督「ああ、まるゆはいい子だな」なでなで

まるゆ「えへへ~」

提督「今度何か欲しい物をあげよう。ご褒美だ」

まるゆ「いいんですか?」

提督「ああ、いつもお世話になっているからな」

まるゆ「ありがとうございます。えへへ、何にしようかなぁ……」

提督「今すぐ決めてもいい事は無いぞ。もっとよく考えておきなさい」

まるゆ「はぁい」

提督「それじゃあ、明石の所に行って、艤装を改造して貰ったら……」

まるゆ「…………」

提督「悪いんだが、また新しい艤装を装備して練度を上げてくれ」

まるゆ「…………」

提督「まるゆ?」

まるゆ「は、はい!まるゆ、隊長の為に頑張ります!」

提督「……何か、落ち込むような事があったのかい?」

まるゆ「いいえ!落ち込んでなんかいないですって!」

提督「……そうか、それならいいんだが」

まるゆ「それでは失礼します」ビシッ

提督「ああ」

まるゆ「…………」ガチャリ

まるゆ「新しい艤装、かぁ……。それってつまり、練度はまた1って事だよね……」

まるゆ「はぁ……」


【艦これ】「僕は孤独じゃなかった!」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/16(日)22:05:31 ID:Y5f

 気付いた頃には艤装を身に付け海を駆けていた。大人達の言われるがままに敵を殺す。大人達は繰り返す。大義は我らにあり。悪を潰せ。

 鉄の船を沈め続け幾つもの季節を乗り越えた。

「よくやった」

「流石だな」

 敵を殺せば大人達は褒めてくれた。美味しいものも食べさせてくれた。気持ちよくなるお菓子もくれた。敵を殺す事。大人達に褒められる事。この二つが僕の世界の全てだった。


【艦これ】那珂「枕営業!?」

1: ◆FfvRSd7Ma6 2018/09/16(日)20:56:47 ID:KNS

※初投降です


都内、某ホテル。


那珂「ちょ、ちょっと待って!」

提督「相手は海軍広報部の大物」

那珂「那珂ちゃん、急にそんなこと言われても……」

提督「年末の国民的歌合戦への出演とバーター」

那珂「……」


提督「以前、ヤツはウチの演習に来ていた」

那珂「……」

提督「ネットリとイヤらしい目で見ていたのは、獲物を探すためだったんだ」

那珂「!」ゾクッ


【艦これ】第六!病んでる駆逐隊!!

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/08(土)08:12:32 ID:YOE

電「司令官さん!朝なのです起きて下さい!」

提督「ん?ん~……」

電「もう、早く起きないと……ってあれ?なんなのです?このお布団のふくらみは……」

提督「か~……」

電「よいしょ~っなのです!」ガバッ

提督「うわわっ」ゴロッ

暁「へにゃっ」コロン

電「…………」(●ヮ●”)

提督「い、電……おはよう」ガタガタ


【艦これ】提督「木曾とケッコンした」

1: ◆FZXSDKylUY 2016/01/22(金) 18:25:09.12 ID:w0Ycs2lM0

提督「…… 木曾」

木曾「……… え、俺… 俺!?」

提督「お前と過ごした時間が、とても心地よかった」

木曾「… はは、何て言うかな… 嬉しい」


提督「俺と、ケッコンしてくれ」

木曾「ああ、喜んで」


【艦これ】グラーフ「私の口もとに……何かついているのか?」

1: ◆9l/Fpc6Qck 2016/01/22(金) 23:14:19.48 ID:ZZfwhfuq0

ビスマルク「……いや、そうじゃないわ」クスッ

グラーフ「?」モグモグ

ビス「実に美味しそうに食べるのね」ジッ

ビス「……」ゴクン

グラ「あぁ」

グラ「私はこの国のパンが大好きだ」

グラ「特に朝のコミスブロートとコーヒーは、格別だ」フフッ

ビス「そのようね」


曙「返事してよっ!このクソ提督!」

1: ◆DpM/5nZU1E 2016/01/21(木) 19:46:44.11 ID:KdwHcq7b0

提督「可愛い子に意地悪をしたいという気持ちは、この世の誰も否定することはできない」

提督「違うかね?」

古鷹「えーっと・・・よく男の子は好きな女の子に意地悪しちゃうというのは聞きますが」

提督「まぁそれに似たようなものだな」

提督「俺もそれがしたいんだ」

古鷹「えぇ…」

提督「題して…」









提督「会いたい時にその人はもう傍にはいない計画だ!」


【艦これ】提督「時は2023年」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 17:19:59.49 ID:zbcoeBTN0

提督「つwwwいwwwにwwwきwwwたwwwうぇwww」

提督「苦節十年wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

提督「海軍兵学校wwwwwwwぼっちwwwwwwwwww」

提督「リアル駆逐艦で海戦経験wwww右足飛んだwwwww」

提督「嫌な上官殿の靴もwwwwwwペロペロwwwwwww」

提督「すべてはwwwwww提督になるためwwwwwwww」

提督「偉くなってwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

提督「大破し身包み剥がれし生娘達を囲うためwwwwwww」


提督「殺してやる」神通「喜んで」

1: ◆eYw0lnfieY 2016/01/21(木) 06:03:38.02 ID:kczu6DSG0

何故艦娘とは結婚出来ないのか。そう聞くと、じじいは莫迦を見る目で答えてくれた

「夫が死んでも、嫁だけが残る」

成る程と、だから私は言った

「殺せればいいんですね」

阿呆を見る目でじじいは言った

「そうだな」


【艦これ】霞「あーもう、バカばっかり!」

1: ◆dbGyYYDw8A 2016/01/21(木) 01:20:57.78 ID:tDRXxQ6eo

※独自設定および解釈、キャラ崩壊注意
※霞ちゃん改二記念SS



提督「お疲れ様、そしておめでとう霞。改二への改装は無事に終了したよ」

電「お疲れ様、なのです」

妖精さん「がんばったー」

妖精さん「われながらよいしごと」

霞「ふん……まあ、お礼は言わないわ」

妖精さん「がっくし」

提督「こらこら、私にはともかく妖精さんやここまで付き合ってくれた皆にはちゃんと言っておくんだぞ」

霞「うるさいわね、そんなの私の勝手でしょうが! で、どうなのよ改装の結果は?」

電「それは電から報告しますね、まずは改装によって、砲火力や雷撃の上昇。もちろん装甲も上昇しているのです」

提督「もちろんスペック上の能力が向上しても、それを生かすのは霞次第ということは変わらない。それを……まあ、霞に言うまでもないか」

霞「愚問ね。誰に言ってるの?」

電「続けますね。霞さんが礼号作戦時に旗艦であったことが反映されたのか、艦隊司令部施設が装備できるようになったのです」

提督「なるほど。霞は第一水雷戦隊と第二水雷戦隊。そして礼号作戦で旗艦を務めたことがあるんだったな」

霞「まあ、阿武隈さんや神通さん、能代さんが健在な以上、再びやることはないでしょうね。やれと言われても願い下げだけど」


【艦これ】拝啓、穏やかな海の向こうの貴方へ。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/21(木) 00:21:03.68 ID:Hye8qrSF0

寒い日が続いているとは思いますが、いかがお過ごしでしょうか。

お体は...もういいや、めんどくさい。

提督、元気ですか?

いきなり手紙出しちゃってごめんなさい。

元艦娘と連絡を取り合うのは上層部から禁止されているのは知ってます。

でも寂しいので私から手紙を出しました。


磯風「くっ、殺せ!」 提督「ふへへ...」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 17:35:08.47 ID:FYtKExww0

磯風「くっ、殺せ...!」

提督「ふへへ...そうはいかんさ......」ハアハア

磯風(目が覚めると私は執務室で両足を縛られていた)

提督「磯風が悪いんだ...磯風が......」ハアハア

磯風「こんな事をしてただで済むと思うな!?」ガチャガチャ

磯風(そして目の前には目をギラギラとさせている司令。とても尋常な様子ではない)


大淀「水雷戦隊採用選考を行います」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 18:04:09.63 ID:6GVLWX6DO

某鎮守府 面接会場



電「・・・っ」ぷるぷる

曙「・・・」むすっ

天龍「・・・」



大淀「・・・えー」

大淀「それでは水雷戦隊採用試験、集団面接の方始めて行きたいと思います」

大淀「人事部採用担当の大淀です」

大淀「えー・・・面接官、こちらから順にですが、まず当鎮守府最高責任者の提督」すっ

提督「・・・」ぺこっ

大淀「第一艦隊所属の軽巡洋艦北上」すっ

北上「・・・」

大淀「第二艦隊旗艦の軽巡洋艦神通」

神通「・・・」ぺこっ

大淀「えー・・・以上四名が担当いたします」

大淀「本日はよろしくお願いいたします」ぺこっ

電「っ・・・」ぺこっ

曙「・・・」むすっ

天龍「よろしくお願いいたします!」ぺこ


提督「加賀よ、ここは寒くはないか?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 16:59:48.87 ID:yCkRGwQF0

今更なにを、と言った顔だな。

まあ、我が鎮守府は日本に建っているわけでは無い、少々冷えるが堪えてくれ。

さて、執務だ。

貴様は私の纏めた書類に不備がないか確認した後、警戒態勢のまま待機だ。

なに?いつもそればかりだ、だと?


艦娘たちの夢の中

1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 23:42:57.60 ID:q9+ydZRB0

艦娘たちはいったいどんな夢を見ているのか。
そんなノリで書いた。


2: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 23:43:33.27 ID:q9+ydZRB0

【秋津州の場合】『学生かも?』


秋津州「…う~ん」ムクリ

秋津州「よく寝たかも…」


キーンコーンカーンコーン


秋津州「…うん?」

先生「授業始めるぞー」

秋津州「…むむ?」


提督「夏の狼星、叢雲の狼疾」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/30(木) 03:38:21.85 ID:NAd7aZ+b0

 鎮守府の始まりを提督と共にした叢雲は、現在に至るまでの膨大な塵労を根にする貫禄故に艦娘中で特別不動な位置にあった。

 仲間内の不和など混迷の宵にあっては北辰の如く導きとして頼みにされること多く、その度叢雲は裁定を下す。

 艦娘たちは叢雲の判決を常に是としたわけでもなかったが、その竹を割ったような明晰な判の響きは必ず一度は受け入れられた。

 その後、当事者同士が裏で交渉し叢雲の判断を覆すことがあっても、それは叢雲の関心事にならず、それで良しともしている。

 各々の艦娘は個として色合いを異にすること甚だしく、それらを取り纏める叢雲の姿はしばしば新兵の娘に対し驚懼と憧憬を起こさせた。しかし、それは叢雲にとって別して努力の必要ないことだった。

 初めて満天の星空と出会う人には、星々の点がいずこへゆくのかおよそ見当もつかず、夜空は無秩序にただ偶然によって配置されたかに見えるかもしれない。


【艦これ】朝風「女の子同士のカップル?」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/29(水) 19:30:15.56 ID:l7nfAVgc0




松風「おーい、姉貴ぃ」

朝風「松風? どうしたのよ?」

松風「今、暇かい?」

朝風「そうね。訓練も終わったし、出撃もないから暇よ」

松風「よっし、それならこれから間宮に行かないかい? 僕、この前長門さんから間宮無料券2枚貰ったんだ」

朝風「へぇー、いいじゃない。ちょうど小腹も空いてるし行きましょ!」