TOP > 魔法少女まどか☆マギカ

杏子「……お腹減ったなぁ。」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/15(月) 04:42:41.37 ID:QQni39BO0

まどマギ初SSです、よろしくお願いします。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/15(月) 04:43:33.39 ID:QQni39BO0

~路地裏~

杏子「……」スタスタ

商人「そこのお嬢ちゃん。」ス――

杏子「ん? ……(誰だ、コイツ……)」

杏子「(――ってか、いつの間に近づいた?)」

商人「お嬢ちゃんにとっておきの商品がある。」ガサゴソ

杏子「は? 何だよ突然。」

商人「……騙されたと思って受け取ってほしい。」


【まど☆マギ】まどか『ほむディンガーのエイミー?』

1: ◆IKI4.g/y4Q 2018/03/24(土) 02:41:13.81 ID:gb/UCQOR0

初投稿です。

読みづらかったり至らない点が多々あると思いますが、少しでもまどほむに癒されていただけたら幸いです。

以下本文


2: ◆IKI4.g/y4Q 2018/03/24(土) 02:43:27.09 ID:gb/UCQOR0

─放課後の教室─

まどか『うぅぅ…』

さやか『まどかー!早く帰ろーって!?どうしたのまどか!?』

まどか『さやかちゃぁぁん…』ウルウル

まどか『最近授業についていけないよぉ…』

さやか『そうなの?私は諦めて寝てるからよく分かんないけど』ドヤッ

まどか『さ、さやかちゃんはそれでいいの…?』


ほむら「私は、スタンドプレイ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/10(土) 21:33:21.03 ID:TQNayRsE0

マミ「また一人ぼっちになっちゃったわね」はあ……

マミ「佐倉さんもここのところ見滝原を空けてるし、美樹さんは円環の理に……」

マミ「……」

マミ「暁美さんはどうしてるのかしら…?」


まさら「死への躊躇いが無いのね」ほむら「――は」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 17:43:11.85 ID:MZYrKcMt0

突拍子もなく投げ掛けてくるこの女――加賀見まさら、と言うらしい――に不意を突かれた。
何を言うかと思えば――当然。

ほむら「えぇ。全て諦めてるもの」

――まどか以外の総てを、ね。

こうして無間迷宮に身を投げたのも、その為。
私に残された、立った一つの道標。

私はまどかを救う。
まどかを救うは私。

私の体――最早亡骸の様な物だけれど――は、その為のみにあるのだから。


まどか「さやかちゃんごめん!ぅぇぃっ」さやか「まどか!?あんたなんてことを」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/26(金) 14:07:05.22 ID:RyOZxf3s0

さやかのソウルジェム「ガッ」

さやか「いてっ」

まどか「ん?」

車「ブッブー」

まどか「あ」ガシャガシャッ パリン パキパキ

まどか「さやかちゃんのソウルジェムが粉々になっちゃった……」

まどか「ごめんね、さやかちゃん……」

まどか「……」

まどか「死んでる……」


七海やちよ「どうして私といろはは、OPでルミナスしてないのかしら」

1: ◆fgRR/uuXwXs1 2018/01/25(木) 17:04:07.05 ID:0aesGG6A0

いろは「え?」

やちよ「どうして私といろはは、OPムービーでルミナスしてないのかしら」

いろは「な、何ででしょうね」

やちよ「私たちもだいぶ仲良くなったのだし、ルミナスぐらいしても良いと思うんだけど」

いろは「えっと……」

やちよ「どう?」

いろは「あの……」

やちよ「どう?」

いろは「その……」

やちよ「どう?」

いろは「……」

やちよ「……」


かこ「ななかさん、最近疲れてるみたいだなぁ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/04(土) 21:12:22.82 ID:R0cAyl5s0

かこ「前も魔法少女の資料を纏めるのに徹夜したらしいし」

かこ「寝不足なのかも……」

かこ「……」

かこ「……」

かこ「……」

かこ「……そうだ、良く眠れるおまじない、教えてあげよう」


ほむら「私のまどかがマジメ過ぎるしょびっちな件」

1: ◆EFQF/mxR0k 2017/10/23(月) 19:13:44.91 ID:Ci5OXEMZo

繰り返す……私は何度でも……


パチクリ

ほむら(……あら? 今回のループは病室のベッドからスタートじゃないのかしら?)キョロキョロ


<見滝原中学 教室>


まどか「わ、私なんかで良かったら……」テレッ

ほむら(目の前にまどか。ということは、転校してきた後ね)

まどか「成績優秀、スポーツ万能のほむらちゃんに見合う"彼女"になれるように、私、頑張るね!」

ほむら(……ん!?)


まどか「とりあえず48手を全て暗記するね! ほむらちゃん!」ニコ

ほむら「」






※下ネタ注意、非エロ


七海やちよ「仲間じゃないわ」環いろは「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/04(月) 22:09:20.50 ID:XXbUMjTI0

いろは「それってどういうことですか……?」

やちよ「そのまんまの意味よ。少なくとも私は仲間とは思っていないわ」

いろは「そ、そんな……」

いろは「あ、もしかして仲間じゃなくてただの協力関係っていうことですか? 私はそれでも――」

やちよ「いいえ、そうでもないの」ズイッ

いろは「や、やちよさん!? なんで顔を近づけて――」

やちよ「私はあなたを仲間以上に想っているわ」

いろは「ふぇ!?」


まどか「私たち、エレベーターに閉じ込められちゃった?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 11:11:11.25 ID:cnYBUWf4o

ショッピングモール

さやか「おーい、まーどかー」

まどか「さやかちゃーん」テテテッ

さやか「おー、たくさん買ったねー」

まどか「ほむらちゃんと見てたら色々と欲しくなっちゃって。ごめんね、待った?」

さやか「そーだなぁ。15分は待ったから、お昼はまどかの奢りってのはどう?」

まどか「えー?」

さやか「あはは、うそうそ」

杏子「あたしらも今着いたところだから、心配すんなよ」

さやか「ちょ、バラさないでよぉ」

まどか「二人も良い買い物できた?」

杏子「おう!」

さやか「杏子ってば、お菓子しか買ってないんだよね。普通、こういうところに来たら服とか買わない?」

杏子「別にいらねーし。あたしはさやかのお下がりでいいぜ?」

さやか「私は古着屋じゃないってばぁ」