TOP > SideM

水嶋咲(俺は何で空回るんだろう)

2018/10/23 10:04 | SideM | コメント(0)
1: 空回り咲ちゃん ◆5GUM9BxqUE 2016/05/21(土) 22:32:33.13 ID:WmyY2krd0

この作品の咲ちゃんは『実は水嶋咲のキャラは演技だった』
という体で書いているので性格は別人です。
でも原作と同一世界と考えても矛盾させないよう、
そして完走できるよう頑張ります。


2: 空回り咲ちゃん ◆5GUM9BxqUE 2016/05/21(土) 22:35:38.02 ID:WmyY2krd0

 CafeParade。315プロのアイドルとして活躍する彼ら。
 そんな中自分らしく輝くアイドルが居た。

 それが『水嶋咲』だった。しかし彼は思っていた。『どうしてこうなった』、と。

 水嶋咲、彼は男らしくを自負していたはずの熱血漢である。

 どのくらい遡ることになるか分からないが、
彼は荘一郎からある提案を受けていた。

「メイドさん、やりませんか?」

「そういうのは言い出しっぺの法則だろ」

「1ミクロンも興味ありませんから。私の意見じゃなくて、客の要望なんですよ」

「自分が嫌なことを他人に押し付けるなよ!」

「それに、あなたに関してはあまりいい印象もありませんし」

 いわく、『あの水嶋咲って人、暑苦しくない?』とか『文句をいう客に激昂してるところを見て漏らした』とか『クレームする方もする方だけど怒りすぎじゃないか』とか。

 それによる客離れこそ起きてないが印象がいいとはいえない。

「うっ、それをいわれると何もできないな……」


エムP「元気がないようだな」冬馬「………」

2018/10/12 20:03 | SideM | コメント(0)
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 21:39:40.33 ID:Nm/U8Z6f0

P「何か悩みとかあるのか?」

冬馬「別に…」

P「体でもだるいのか?」

冬馬「夏バテとか言うやつだよ」

P「ふむ…」

P(もしかしたらチャンスかも知れんな)


【SideM】清澄九郎「え、今日は華村さんの誕生日なんですか?」

2018/10/09 09:01 | SideM | コメント(0)
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/24(日) 00:12:43.61 ID:IKuVKNFK0

P「はい。その様子だと、二人も知らなかったんですね」

キリオ「初耳でにゃんすー」

九郎「プロデューサーは知ってたんですか?」

P「ええ。といっても、昨日履歴書を見て気づいたんですけど」

P「せっかくなので、誕生日パーティーとかできればと思って」

キリオ「おお!それはないすあいであでにゃんす!」

九郎「誕生日のお祝いとなると、やはりお菓子などを用意するべきでしょうか?」

P「ふふふ…実は、すでに誕生日ケーキは用意してあるのです!」

キリオ「プロデューサークン、用意がいいでにゃんすね!」

P「じゃじゃーん!Cafe Paradeの東雲さんに特別注文した、抹茶ベースの和風ケーキです!」

九郎「これは…見事なものですね」

P「最初は餡子ベースでお願いしようと思ったんですが、なぜか卯月君に怒られまして」

九郎「あ、あの方餡子が苦手らしいですよ」

P「そうなんですか!?」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/24(日) 00:14:27.71 ID:IKuVKNFK0

華村翔真

18100310141.jpg


清澄九郎

18100310142.jpg


猫柳キリオ

18100310143.jpg


桜庭薫「スライド……練習……?」

2018/10/02 06:01 | SideM | コメント(0)
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/25(金) 22:40:00.48 ID:6j6idfIS0

薫(トップアイドルを目指してみたものの……)

薫(毎日毎日オーディション、オーディション、オーディション)

薫(いつになったら目的達成できるんだ)イライラ

P「薫、今日の予定だけど」

薫「また、オーディションか?」

P「いや違う。まあ、オーディションに関係なくもないか」

薫「奥歯に物が挟まったような言い方だな。はっきりしてくれ」

P「……」

薫「……」

P「……スライド練習だ」

薫「スライド……練習……?」


【エムマス】恭二「俺たちで」隼人「シャンプーのCM?」

2018/07/21 11:02 | SideM | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 14:12:12.28 ID:d9Z7VJYa0



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/17(火) 14:19:24.44 ID:d9Z7VJYa0

P「はい。ユニリーバさんが開発した男性用シャンプーのCMをBeitとHigh×Jokerの皆さんと作りたいということで」

隼人「どうして俺たちなんですか?」

P「青春の汗、そして働く男の汗を流そうというコンセプトらしいので」

P「あとロケ地がBeitの皆さんが働いていた商店街の近くの銭湯で行うということらしいので」

恭二「あああそこか」

P「引き受けてもらえますか?」

恭二「もちろんだ」

隼人「喜んでやりますよ!」

P「では後で僕がほかのメンバーにも伝えますので」

P「2週間後に収録しますのでよろしくお願いします」

恭二「わかった」


【エムマス】薫「僕にモニタリングのオファーが来た?」

2018/03/17 21:01 | SideM | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/16(金) 15:41:31.21 ID:+S1aKy3H0

P「はい。輝さんと翼さんをターゲットにしたドッキリをやりたいということで」

薫「内容は?」

P「簡単に言いますと、結婚して、アイドルを引退するって言ったら2人は賛成するか反対するか、ということです」

薫「相手役は誰だ?」

P「765プロの豊川風花さんです。彼女元看護士ですので、ある程度、説得力はあるかと」

薫「…まあいいだろう。僕もそろそろ2人が僕に対してどう思ってるか知りたいところだったからな」

P「では、1週間後に打ち合わせがあるので」

薫「わかった」


水嶋咲「フェイバリットに踊らせて」

2017/12/31 14:04 | SideM | コメント(0)
1: ◆5GUM9BxqUE 2017/11/30(木) 20:19:45.70 ID:RDqcPwHY0

水嶋咲のssって中々無いですよね、
というわけで独自考察200%の水嶋咲ssを執筆します。

ニコ○○大百科見ながらの執筆なので、
間違っている点が多々あるかもしれません。

意図的にやってるのは咲ちゃんだけなのでご了承ください。


2: ◆5GUM9BxqUE 2017/11/30(木) 20:28:57.12 ID:RDqcPwHY0

 お母さんは何を思って俺に『咲』なんて名前を付けたんだろう。

 いや、答えは知っている。

 お母さんは女の子が欲しかったのだ。

 別にそれは悪いことじゃないと思う。

 でも、生まれて来たのは男の子だった。

 それなら、何故名前を考え直さなかったのだろうか。

 異性に間違われる名前なら、裁判所に届ければ変えることが出来るケースがあることは知っている。

 でも、俺は母親から与えられた名前に思い入れがあった。

 こんな名前だったからこそ、俺は『男らしくありたい』と思ったのかもしれない。

 名前を変えないなら、行動で男であることを示したかった。


315冬馬「お前のそのむかつく態度、改めさせてやる!」961冬馬「なんだと!」

2017/10/06 23:04 | SideM | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 12:52:41.14 ID:21JHSrbW0

961冬馬「いきなり表れてなんだてめぇ!俺のそっくりさんか?悪趣味なヤローだぜ」

315冬馬「信じらんねぇのも無理はねぇな、俺は未来のお前だ」

961冬馬「なんだと?」

315冬馬「俺は961プロをやめて、仲間の力がどれほど素晴らしかったのかを理解したお前なんだ」

961冬馬「仲間の力?ハッ、未来の俺はとんでもねぇ甘ちゃんになってたんだな」

315冬馬「なんだと!?」

春香「なんか面白いものに出くわしちゃった!写真写真!」カシャ!


【エムマス】荘一郎「新しいバイトの子誰にしましょうか…」

2017/03/14 23:18 | SideM | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 21:58:47.50 ID:A5Z+DZmJ0

※これはCafe Paradeに水嶋咲が入る前のお話です
※時折口調がおかしい点があるかもしれませんがご了承ください

アスラン「どの子もいい子であったな」

巻緒「難しいですね」

荘一郎「眼鏡かけてた子は真面目そうでしたね」

アスラン「ちゃんとした業務をしそうだな」

荘一郎「ボーイッシュな子もよかったですね」

巻緒「元気いっぱいって感じしましたね」

荘一郎「あとこの胸の大きかった子もね…」

アスラン「巨乳であったな」

巻緒「確かに巨乳の子もよかったですけど、最終的に一人に決めないといけませんしね」