TOP > シンデレラガールズ
カテゴリー  [ シンデレラガールズ ]

加蓮「ポテト禁止令!?」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)04:26:22 ID:eTl

思いついてしまったので。


2: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)04:26:50 ID:eTl

ープロダクション、レッスン室前廊下ー


ガコン(自販機の音)

奈緒「…で、加蓮と一緒だとついポテト食べ過ぎちゃうんだよな」カシュッ

凛「押し付けられるのもあるけど、美味しそうに食べるからね加蓮って」

奈緒「それなんだよ…おかげでつい許しちゃうっていうか…あぁいや、別に押し付けられるのは許してないからな?」

凛(やっぱチョロいよね奈緒って…)


荒木比奈「世界の真ん中」

2: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/05/09(水) 18:30:22.08 ID:6+uFeMGE0

とある場所、とある駅前。強くなりかけている日差しを避け、俺は木陰で人を待ち続けていた。腕時計を見ると、約束の時間まであと3分程だと言うことが分かった。

「お、お待たせしました!」

それから10分ほどしてから、荒木比奈はやって来た。緑のワンピースの裾を揺らし、汗を額に滲ませながらやってきた。

「待ってねえよ」

「え、でも約束の時間はもう…」

「俺も遅刻したから」

嘘を吐いた。比奈は疑っているような表情で俺を見ながら、汗をタオルで拭っている。いつもより何割か増してボサボサな髪で、比奈が寝坊をしたことが分かった。

「で、どこに行くんだ?」

比奈に何かこれ以上問い質されるのも面倒なので、話を切り上げ別の話題を出した。すると比奈は、眉をひそめながら鞄から手帳を取り出し、付箋の貼ってあるページを開いた。それから、近くにあったバス停を指さす。

「そうっスね、あそこでバスに乗ってから…」

比奈に言われるまま、バスに乗り込む。俺が通路側、比奈が窓側に座った。肘と肘が触れ合うくらいの距離で、発進するまで落ち着かなかった。


新田美波「広 島 焼 き?」

1: ◆mukai/MkQg 2018/05/20(日) 19:02:32.67 ID:nJRbjWfC0

姫川友紀「ラジオネーム『6-4』さんからのお便りだよ」

向井拓海「併殺完成」

友紀「『テレビつけた時点でひいきのチームが負けてたらどうしますか?私は速攻で別のチャンネルに変えます』だって」

拓海「アタシは速攻でテレビ消して外出るわ」

友紀「あたしは先に速報でスコア調べて、負けてたらテレビつけない」

拓海「でもなんだかんだで気になるから、時間置いてまた速報見るんだよな」

友紀「3回途中で0-5で負けてる!?もうこんなチーム知らないんだ!でもひょっとしたら点差縮まったかも…?ちらっ」

拓海「0-8(7回裏攻撃中)」

友紀「悪化してるー!」

拓海「あるあるだな」


2: ◆mukai/MkQg 2018/05/20(日) 19:03:06.22 ID:nJRbjWfC0

【まえがき】

・アイドルが、だべるやきうラジオです。


本田未央「まっはふみふみ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/20(日) 18:41:17.00 ID:yjYA+EAW0

ガチャッ!

本田未央「おっはよー! あ、ふみふみおはよー!」

鷺沢文香「未央さん、おはようございます……いつも、お元気ですね」

未央「えっへへー、未央ちゃんの半分以上は元気でできてるからねー」

未央「ん? 何読んでんの?」ヒョコッ

文香「これは……自己啓発本、といえば良いでしょうか」


本田未央「絶対に許さない」

1: ◆Freege5emM 2016/11/03(木) 22:53:04.06 ID:t1/0nQEn0

P×未央


2: ◆Freege5emM 2016/11/03(木) 22:53:28.30 ID:5It74+0Mo

※本田未央
18052100421.jpg 18052100422.jpg


3: ◆Freege5emM 2016/11/03(木) 22:54:07.35 ID:5It74+0Mo

――人を好きになる、って怖いことなんだね。
――ほかの人にされたら絶対許さないこと、して欲しいって思っちゃうんだもん。


一ノ瀬志希「絶対に許さない」

1: ◆Freege5emM 2016/10/23(日) 23:27:54.92 ID:8SGRYKEz0

P×志希


2: ◆Freege5emM 2016/10/23(日) 23:29:02.69 ID:gB+3kuB3o

※一ノ瀬志希

18052100321.jpg 18052100322.jpg


3: ◆Freege5emM 2016/10/23(日) 23:29:34.53 ID:gB+3kuB3o

――ヒトをスキになる、ってコワいよね。
――ほかのヒトには絶対許さないコトを、望んでしまうんだから。


幸子「プロデューサーさんの財布がやばい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 09:20:29.69 ID:BGRwjbFQ0

幸子「プロデューサーさん、それなんですか?」

P「なにって、どう見ても昼飯だろ?」

幸子「その弁当箱いっぱいのもやしが、ですか」

P「いやあ、ちょっと金欠でなあ」


杏「プロデューサー、何見てんの?」モバP「」ビクッ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/08(水) 21:00:41.18 ID:4shjpRmB0

P「い、いや?別に、ななななんでもないぜぜぜ?」

杏「あやしいなー。さっきからずっとパソコンとにらめっこしてるじゃん」

P「そっ、そういう杏だってお前、今何見てたんだ!?」

杏「えっ!?わ、私が何見てたって私の勝手だろ!?」

P「否!俺はお前のパートナーとして、その一挙手一投足を管理する義務がある!」

杏「それなら私だって同じじゃないか!さぁ、そのパソコンの画面を見せるがいい!」

P「ああ言えばこう言う!」

杏「プロデューサーこそ!」

P「ぐぬぬ・・・」

杏「ぐぬぬ・・・」


【モバマス】14歳組のファン事情

1: ◆uK0l/KjPyl6F 2018/05/19(土) 17:52:12.75 ID:IlJofdwL0

設定とか口調とかガバガバなのは多めに見てください!

前回Cu回だったのに裕美ちゃんを入れ忘れました、裕美Pの皆様申し訳ございません!

【モバマス】14歳組の学校事情
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526151911/
の続きみたいなものです。


2: ◆uK0l/KjPyl6F 2018/05/19(土) 17:53:19.25 ID:IlJofdwL0

裕美「うーん・・・。みんなどこ行っちゃたんだろう」

裕美(美玲ちゃんもどっかに行っちゃたし、乃々ちゃんに話があるって言ってたんだけど、どこに行ったんだろう・・・)ドタドタ

光「裕美!良いところに来たな!」

裕美「うわわっ!」

光「裕美、大丈夫か!驚かせたな、ごめん!」

裕美「ううん、大丈夫だよ・・・ってどうしたのその紙の束」

光「あぁ、これはな・・・」ドタドタ

鈴帆「はー、はー・・・。ふぅ、光しゃん、助っ人見つけたと!?」

裕美「あ、鈴帆ちゃん・・・」

鈴帆「おおー、裕美しゃん!こりゃ百人力たい!」

光「だよな!よし!裕美も手伝ってくれ!」

裕美「え、なんの話・・・って手を引っ張らないで~。話を聞いて~!」


安部菜々「ガラスの靴は」

1: ◆CS7uVfQgX. 2018/05/15(火) 00:02:15.16 ID:FmIK8Trv0

こんばんは。

アイドルマスターシンデレラガールズのSSになります。


2: ◆CS7uVfQgX. 2018/05/15(火) 00:03:15.61 ID:FmIK8Trv0

事務所の屋上・夜

菜々「……」ボーッ

ガチャ

菜々「?」クルッ

モバP(以下P表記)「こんなところにいたんですか菜々さん」

菜々「プロデューサーさん…」

P「どうしたんですかこんな時間に、こんな場所で。冷えますよ」

菜々「いえ…ちょっと、夜空が見たくなって」

P「そうですか」

菜々「はい」

P「……」

菜々「……」


加蓮「笑えないよ、Pさん・・・」モバP「・・・」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 20:14:11.32 ID:slSvWlmxO

―――CGプロ学園、廊下

P「さー、お待ちかねの夕食だぞー」

藍子「・・・」

奈緒「・・・」

P「ウチの学食は充実してるからなー」

美嘉「・・・」

藍子「・・・」

P「好きな物を・・・ってお前らテンション低いな」

4人「「・・・」」


奈緒「笑わせんなよPさぁん!」モバP「・・・」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/22(水) 20:03:51.54 ID:Qnb7gekZO

―――CGプロ学園 控室

美嘉「はあ・・・」

奈緒「Pさんまだ続けるのかよ、この笑ったらいけない訓練」

P「ああ。まだまだ続くぞ」

藍子「ま、まだあるんですか」

加蓮「そ、そんな」


モバP「お前ら今のうちに笑っておけよ」藍子「!?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 18:46:06.50 ID:p/KXcw1YO

美嘉「・・・どういうこと?」

P「お前らがワンランク上がるために特別な訓練をしようと思ってな」

加蓮「訓練?」

P「ああ。どんなときでも動じない精神を養うための訓練でな」

P「まあ、簡単に言えば『何があっても笑わない』訓練だ」

奈緒「へえ・・・」

藍子「なんだか楽しそうですね」


【モバマスSS】誇れ!なおかれん!

1: ◆5AkoLefT7E 2018/05/17(木) 23:48:38.83 ID:3oCLCbqt0

~事務所~


奈緒「なあなあ加蓮! 見たか!?」

加蓮「ふふっ……そんなに大きな声じゃなくても聞こえてるよ」

奈緒「そうは言ってもなぁ……! もう見たんだろ?」

加蓮「もちろん♪ ……七海のアンコウ吊るし切りショー……でしょ?」

奈緒「違ぇよ」



--------------------------------

読まなくても平気な前前々作と前々作と前作
【モバマスSS】駄弁れ!なおかれん!
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492082115

【モバマスSS】祝え!なおかれん!
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505546603

【モバマスSS】見舞え!なおかれん!
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511793469


【モバマスSS】見舞え!なおかれん!

1: ◆5AkoLefT7E 2017/11/27(月) 23:37:50.04 ID:f3AttxnC0

~病院~


神谷奈緒「加蓮っ!」

北条加蓮「あ、奈緒」

奈緒「"あ"じゃないだろ!? 心配したんだぞ!? 急に病院に担ぎ込まれたって聞いて!」

加蓮「ごめんごめん、ちょっとケガしちゃってさ」

奈緒「何やってんだよ……」

加蓮「室内でロンダート後転とび伸身宙返り3回ひねりなんてやるものじゃないね」

奈緒「本当に何やってんだよ」




--------------------------------

読まなくても平気な前々作と前作
【モバマスSS】駄弁れ!なおかれん!
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492082115/

【モバマスSS】祝え!なおかれん!
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505546603


未央「もう笑うしかないのかな・・・」モバP「・・・」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 14:57:58.22 ID:92xo7VkOO

―――CGプロ近くのビル


凛「はあ・・・」

みく「Pチャンまだ続けるのかにゃ、この笑っちゃいけない訓練」

P「ああ。あと半分ぐらいだな」

卯月「ま、まだ半分もあるんですか?」

未央「そ、そんな」

P「しかし・・・お前ら叩かれすぎだ。俺の予想以上だ」


【モバマスSS】祝え!なおかれん!

1: ◆5AkoLefT7E 2017/09/16(土) 16:23:23.40 ID:7QPFFvhW0

~9月15日・事務所~


北条加蓮「ねぇ奈緒」

神谷奈緒「ん? どうした?」

加蓮「明日ってさ、奈緒の誕生日だよね」

奈緒「あー、まあそうだな」

加蓮「そこでさ、明日、奈緒に手紙を読んであげようと思うんだ」

奈緒「なんで本人に言っちゃうんだよ、正気か」



--------------------------------

読まなくても平気な前作
【モバマスSS】駄弁れ!なおかれん!
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492082115/


モバP「お前ら笑ってられるのも今のうちだぞ」卯月「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/21(日) 14:33:55.26 ID:xpncl2hTO

凛「・・・どういうこと?」

P「お前らが今よりワンランク上がるために特別な訓練をしようと思ってな」

未央「訓練?」

P「ああ。どんなときでも動じない精神を養うための訓練でな」

P「まあ、簡単に言えば『何があっても笑わない』訓練だ」

みく「へえ・・・」

卯月「なんだか楽しそうだねっ!」


【モバマスSS】駄弁れ!なおかれん!

1: ◆i/Ay6sgovU 2017/04/13(木) 20:15:16.20 ID:ocQ/5LL00

~事務所~

神谷奈緒「暇だなー」

北条加蓮「ねー」

奈緒「……」

加蓮「……」

奈緒「まさか撮影が延期になるとはなー」

加蓮「せっかくのテレビだったのにね」

奈緒「まあ短いコーナーだけど」

加蓮「あ、延期の理由、聞いた?」

奈緒「え、知ってるのか?」

加蓮「あれは、5年前の夏のことだった……」

奈緒「やっぱいいや」

加蓮「ひどくない?」


【モバマスSS】卯月「お腹を痛めて産んだ子が、どう見ても凛ちゃんなんです・・・」

1: ◆Q/Ox.g8wNA 2018/05/18(金) 07:24:36.24 ID:dvoxjTBxO

モバP「ただいまー・・・」

卯月「お帰りなさい、貴方。お疲れ様です」

モバP「ああ、すまんな。毎晩遅くまで。会議が長引いてな・・・」

卯月「うふふ、この時期はどうしてもそうなっちゃいますよね・・・、大丈夫です。
私も元アイドルですし、理解ってますから・・・。 お食事はどうします??」

モバP「いや、済ませてきた。・・・・・・葉月はもう寝てるのか??」

卯月「ええ、さっきまでは起きてたんですけど、うつらうつらし始めましたので、寝る様に言いました」

モバP「そうか・・・。もうお前が横に付いてなくてもグズらないようになったんだな・・・」

卯月「うふふ、何時の事を言ってるんですか・・・。もうあの子も来年には中学生なんですよ??」

モバP「そうか・・・大きくなったよなぁ・・・。もうこの歳になると月日が飛ぶ様に過ぎていくからな・・・」

モバP「気付いたらアッというまにお嫁に行っちゃうんだろうなぁ・・・」

卯月「うふふ・・・何ですか、もうオジさんみたいに・・・」

モバP「はは・・・・もう充分オジさんだよ」

卯月「うふふ・・・・・」

モバP「あはは・・・・・」

卯月「・・・・」

モバP「・・・・」