TOP > シンデレラガールズ
カテゴリー  [ シンデレラガールズ ]

モバP「夏バテ対策?……狭山茶ですかね」

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/07/19(木) 00:11:50.63 ID:dqNGk49g0

ちひろ「はい、聞いた私がバカでしたね」

モバP(以降P表記。次ィッ!!)「バーカ」

ちひろ「あ?」

P「失礼。噛みました」

P「んでどうしたんですか突然。夏バテしたんですか?」

ちひろ「いえ私ではなくてですね、最近元気の無い娘が多いそうで」

ちひろ「トレーナーさんたちが聞いた話によるとみんな口を揃えて「食欲がない」と言っているそうなんです」

P「最近暑くなりましたもんねぇ…そりゃ完全に夏バテですな」

ちひろ「ですから日頃から無駄に無駄に元気なプロデューサーさんは何か夏バテ対策でもしているのかなぁーって」

P「お前待て今無駄って2度言ったなお前おい」

ちひろ「で、実際どうなんです?」

P「特別な事はしてませんよ。でも確かに暑いと食欲減りますからね…多少は工夫しますけど」

P「夏バテっていうのはなってからじゃなくてならないようにするのが本来あるべき対策なんですけどねぇ」

ちひろ「要するにプロデューサーさんは夏バテ対策の特別メニューがあるんですね?それは丁度良かった」

P「何を企んでいる」

ちひろ「企むなんて人聞きの悪い。たまたま偶然、今度お料理番組のオファーがありまして」

P「ほうほう」

ちひろ「テーマがズバリ「暑い夏を乗り切るぜ!絶望が夏バテのゴールだ!」だそうなんです」

P「ふむふむ」

ちひろ「出演依頼が来た娘に指導お願いします♪」

P「そこは普通ちゃんとしたプロに頼んだりしません?」

ちひろ「お願いしますっ♪」キュイッ

P「出費ケチりたいだけだろ可愛げの欠片も無い!」

ちひろ「世界一可愛いアシスタントに向かって何ですか!」プクプク


加蓮「今日は夏祭り!」ぷちかれ「「「「「ポテエエエエエエ」」」」」

【モバマス】「もう一度」

1: ◆NOC.S1z/i2 2018/07/15(日) 22:54:35.86 ID:bW+2ZzxC0

【モバマスSS】です

短いです


2: ◆NOC.S1z/i2 2018/07/15(日) 22:58:03.72 ID:bW+2ZzxC0

「踊ってくれないか?」

 私の館にやってきた男はそう言うと、銀貨の詰まった小さな袋を無造作に置いた。

「場所と時間によるわよ?」

 男の告げた場所と時間に問題はない。ないけれど、私は小袋の大きさが気になっていた。
 小袋の大きさから判断すれば、相場とは比べものにならない大金だということはわかる。
 中身は確認しない、ここで私を騙したとすれば、困るのは向こうだ。
 上の顔を潰せば、男はかなり難しい立場に置かれるだろう。

 私の疑問を見て取ったのか、男は観客の名前を告げる。
 
 なるほど、隣国の実力者ね。確かに、この金額に見合う相手なのかも知れない。


文香「先輩と呼ばれたいです…」キリッ

1: ◆hAKnaa5i0. 2018/07/15(日) 14:56:02.98 ID:fYvYbMrr0

花とたれ目が出てこないので清楚成分は抑え気味。
抑え気味ですとも。


2: ◆hAKnaa5i0. 2018/07/15(日) 14:56:28.64 ID:fYvYbMrr0

(3月1日・事務所)

文香「先輩と呼ばれたいです…」ド-ン!

柚「…」

柚「文香先輩♪」ニコ-

文香「ふふふ…何ですか…後輩♪」

柚「呼んだだけだよ~♪」

文香「用もないのに呼びかけるんじゃない…」クワ-

柚「理不尽ッ!!」


モバP「風邪引きヒーロー」

1: ◆DrUfelVtzs 2013/05/10(金) 09:22:49.13 ID:WCE9xQLL0

-車内-

ゾワッ
光「・・・・・?」

P「どうした?光」

光「いや・・・ちょっと寒気がしたんだ」

P「うーん、体調もあまりよく無さそうだし今日は早めに終わるか」

光「そんなっ アタシにはレッスンが・・・!」

P「風邪の前兆かもしれないだろ? 今日は寮に帰ってゆっくり休め」

光「で、でも・・・」

P「『ヒーローにも休息は必要』 だろ? レッスンは体調がよくなってからすればいいさ」

光「うう・・・分かったよ、今日は休みだ」



-事務所-



麗奈「クックック・・・事務所のドアを開けた途端バケツから水が降ってくるトラップを仕掛けたわ! Pがひっかかるのが楽しみね! アーッハッハッハッゲホッゲホッ」


【デレマス】月を隣に夜を歩く

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 00:32:41.99 ID:68QvvrKK0

アイドルマスターシンデレラガールズの二次創作です。
オリ設定の、Pではない男性キャラクターがいます。地の文ありです。
本文を要約すると、ライラさんとナイトハイキングに行く話です。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 00:34:33.70 ID:68QvvrKK0

ああ、これは間違えたかな。ここにいる人々を見てそう思った。地域センターの集会ルーム、これから始まるナイトハイキングの集合場所だ。

スーパーの入り口に貼っていたナイトハイキングのチラシを見て小学生の頃に親と地元で同じようなイベントに参加した事を思い出し、なんとなく応募したのだが早速帰りたくなってきた。

集合場所にいるのは親子連れか年配の方々のグループがほとんどだ、僕みたいな若者はほとんどいない。一組だけいるがカップル連れだ。

そもそもこの場所に一人できているヤツなんて僕以外いなかった。思い出してみれば昔参加したときも同じような面子だったと思う。

これから夜通し一人で歩くのかと思うと頭が痛くなってきた、もう帰ろうか。参加費は払い損だがいいだろう。

そんな事を考えていると、また一人集合場所に人が増えた。

短めの丈のキュロットに黒のスパッツ、明るめのパーカーにリュック。

格好はまさにこれからハイキングに出発するためのもの。

だがそれ以上に目立つ碧い瞳、褐色の肌。腰まである金髪はサイドに束ねられている。

あまりに綺麗で目が離せなかった。

そのあからさまな視線に気付いたのか、少女と目が合った。そして自分がいる壁の方まで歩いてくる。

「おとなり、よろしいでございますか?」


【デレマス】プロデューサーくん「もふもふしていってね!」

1: ◆tMhnVrptgSx5 2018/07/15(日) 03:14:21.15 ID:7z4kNylwO

アイドルマスターシンデレラガールズ、小日向美穂メインの二次創作です


デレマス2018年エイプリルフールのマスコット総選挙より、

プロデューサーくんをこっそりもふもふしたことのあるアイドル達の一部が登場します

ほんのちょっぴりだけ百合要素あり

全部で10,000字程度です


※〇〇にはあなたの名前を入れて読んでね!






(えっ? ファンの方からプレゼント…? 私に?)

(じ、じゃあ、開けますね………)




(わぁっ! おっきなくまさん!)






(○○さん、あの…あ、ありがとうございました!)

(…送り主の書いてないプレゼント、だ、誰がくれたんでしょうねぇ…ふふ!)


美波「実は私……サキュバスなんです」モバP「へー」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/16(月) 00:53:16.14 ID:uUEd0sYe0

P「そうだったのか」カタカタカタッ!

美波「はい……えっ?」

P「あれ、C社の打合せデータどこに入れたかな……」カタカタカタッ!

美波「あのっ!」

P「ん?」

美波「ちゃんと聞いてますか? 私、サキュバスなんですよ?」

P「聞いてる聞いてる、すごいすごい。ちょっと明日の打合せに使う資料の準備が終わってないんだ」カタカタカタッ!

美波「サキュバスが目の前にいるんですよ! 何かないんですか!?」

P「あーすごい。美波はサキュバスっぽいと思ってたから後でな……やっべ、データ戻ってるじゃん……」カタカタカタカタカタッ!

美波「絶対信じてないですね……Pさん、これを見てください」

P「ん?」


P「今日は蘭子の誕生日だな」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/08(火) 03:36:19.97 ID:5TvEOohC0

※ちゃまとアヤさんはスルーします。あしからず。
※初SSです。蘭子はちょっとしか出ません。
※書き貯めです。すぐ終わります。


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/08(火) 03:36:36.93 ID:5TvEOohC0

P「今日は蘭子の誕生日だな」

凛「そうだね」

P「凛はなんかプレゼント送ってあげるのか?」

凛「うん、私も去年もらったし、そのお返しかな」

P「へぇ、何もらったんだ?」

凛「絵だよ。私のライブの時の」

P「おお、それはよかったな」

凛「うん」

P「で、何をプレゼントしてやるんだ?」

凛「っ……ほ、本だよ、本」

P「持ってるそれか、なんて本なんだ?」

凛「え、いや……それは……」

P「え、なに? そんな言いにくい本なのか……!?」

凛「ま、まぁ、言いにくいと言えば、そうだけど……」

P(ま、まさか、蘭子にいかがわしい本を!)


モバP「ああ、エイプリルフールか…」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 23:52:55.82 ID:rPgV8z8Vo

みく「ねえ、Pチャン」

P「なんだよ」

みく「今の気持ちは?」

P「いや、そんなもんあったなくらいしか…」

みく「ねー、Pチャーン」

P「だからなんだよ」

みく「暇ー」


【モバマス】クラリス「魔女・セイラム」

1: ◆H4.9pPaHc. 2018/07/14(土) 17:40:09.64 ID:igdmNlYd0

オリジナル設定のもと、ネームドのオリジナルキャラが登場します。
ご注意いただければ幸いです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:41:09.86 ID:TXxgAIfuO

###

 懺悔を。
 天にまします主よ。
 私は、たった一度だけ、貴方を疑ったことがあります。


###


【デレステ】楓「ライラちゃんとお友達になりました」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 01:32:29.68 ID:89NDRaZv0

楓さんがライラちゃんについてノロケる(?)お話です。
楓さんが一人でMCをするラジオ番組を持っている、という設定があります。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 01:37:09.17 ID:89NDRaZv0

「はい今週も始まりました、高垣楓のメープルラジオ」

「お相手は相変わらず私、高垣楓一人でやらせていただきますね」

「では早速オープニングトークから初めていきましょう」

「毎回、最近飲んだ美味しいお酒の紹介コーナーになってるオープニングトークですけど」

「今日はちゃんとアイドルらしい話題ですから、ちゃんと聞いていて下さいね?」

「つい先日のことなんですけど、新しいお友達ができたんです」

「同じ事務所のアイドルで、お名前はライラちゃんっていうんですけど…… みなさんご存知ですか?」

「ドバイ出身で、アラビアンナイトに出てくるお姫様みたいな女の子なんです」

「これまでも事務所で見かけていたんですけど…… 話しかけるきっかけがなくて……」

「私、人見知りしてしまうので自分から声をかけるのは苦手で」

「でもこの前、お仕事とお仕事の間のちょっとした時間に何気なく公園を散歩していたら、たまたまライラちゃんが居たんです」


【モバマス】喜多見柚「レインショーがはじまる」

1: ◆tues0FtkhQ 2018/07/14(土) 02:57:33.54 ID:FqV36Zbr0

モバマスの喜多見柚ちゃんのSSです。
のんびりしたお話です。

18071407431.jpg 18071407432.jpg


ふわっとつながってる前作

喜多見柚「グリルドスクエア」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529774144/

工藤忍「雨の日はきっといい天気」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498574126/


2: ◆tues0FtkhQ 2018/07/14(土) 02:59:30.92 ID:FqV36Zbr0

ザー…ザー…


P「また雨かぁ……」

P(夕方まではもつと思ったんだけどな)

P(ちょっと外回り行くだけだからって傘忘れてきた……)

P(しょうがないから濡れて帰りますか)


バシャバシャ


P(うわっ、思ったよりひどいぞ……憂鬱、帰りたくない……)

P(いやいや、勢いで行くしか……ん?)

柚「ぴにゃぴにゃ♪ ぴにゃぴにゃ♪」

クルッ

柚「ぴにゃこら太~♪」

P(なんだあれ)


P「テレビの出演が決まったぞ」杏「えー」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 17:49:48.38 ID:D5w9QKt5o

――事務所――

杏「えー、メンドそうだし、パスで。じゃもういいよね、私帰るね」

P「はいはい、レッスンにはちゃんと行かないとな。ちなみにテレビの収録は明日だから」

杏「もーなんで勝手に決めちゃってるのさー。杏にも何か用事があるかも、とか少しは考えないの」

P「ほら、飴やるから」

杏「んー。れもさー、明日も仕事って事は、今日のレッスンは休みでいいんだよね」

P「いやそんなことないぞ? むしろ今日はいつもよりハードにしてもらってある」

杏「はぁー!? 横暴だー過労死だー杏が死んじゃったらプロデューサーのせいだからね。という訳で杏はこれから明日のために家に帰って休まないといけないから」

P「はいはい、それじゃ車出すから先に行って待っててくれ」

杏「いーやーだー」


P「こうめと」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/14(木) 02:15:09.18 ID:dW8zrL3f0

涼「小梅ー、帰りにビデオ屋いくけどアンタも来るー?」

小梅「い、いく…み、観たいホラー映画…ある…」

涼「んじゃアンタのお勧めとアタシのお勧め一緒に借りようぜー」

キャッキャウフフ

P「……」

P「ハロウィン以来、小梅と涼の仲が良い」

P「元々ホラー好き同士だし、涼も面倒見が良いからな」

P「アイドルになって友達も増えて、そういえば普段の小梅ってどんな感じなんだ?」

P「気になる…」

ちひろ「なら見せてあげましょう!」

P「うおお!ちひろさんいたんですか!?」

ちひろ「ええ!Pさんが哀愁ふりまいて二人を眺めているところからずっと!」

P「哀愁って何ですかもう…それで見せてあげましょうってのは…?」

ちひろ「今なら小梅ちゃんの秘蔵DVD付ガチャが…」

P「来月の給料ぶっこんどいてください」

ちひろ「ありがとうございまーす!」


藤本里奈「6畳の部屋内ワールドカップ」

1: ◆NF5DqPgzPo 2018/07/17(火) 00:49:41.26 ID:F4PnI5qgO

晴「やっぱりフランスつえーじゃん」




ぴんぽんぴんぽんぷぴんぽんぴんぽん




晴「なんだようるっせえ誰よ」


若林智香「アタシ、実家に帰らせていただきますっ!!!」

1: ◆hhWakiPNok 2013/05/07(火) 18:50:53.56 ID:6wH5UlzJ0

渋谷凛「事の起こりは、先日のオフだった」

島村卯月「私たちは合同ライブの翌日で、全員オフでした」

神崎蘭子「未踏の地へと赴く謀議を我らは交わさん」(訳:みんなでお出かけをしようとなったんです)


【デレマスSS】モバP「黒白の飼育方法」

1: ◆x403gkHZSg 2018/07/16(月) 16:26:12.50 ID:wPwYJ6qi0

オリジナル要素たっぷりなのでお気を付けください。
白菊ほたるのSSなのに、ほたるがいません。すいません。



①黒

モバP「すいません、こういうの慣れていなくて」

男「いえ、こちらこそ申し訳ないです、近くに来たものですから」

モバP「・・・失礼ですが、今はご職業は何を」

男「・・・ああ、・・・まあ、色々と」

モバP「・・・ああ、すみません」

男「はは、大丈夫ですよ・・・謝られても何も起きませんし」

モバP「・・・ははは」

モバP「それで、本日はどういったご用件で」

男「白菊についてです」

モバP「まあ、そうでしょうね、それしかないでしょうね」


若林智香「佐久間まゆちゃんが第2回総選挙発表速報で5位だったねっ!」

1: ◆hhWakiPNok 2013/05/01(水) 16:18:24.20 ID:Ch6aenge0

若林智香「まゆちゃん、選挙速報を見たよっ☆ すごいねっ!」

佐久間まゆ「えへへ。ありがとうございますぅ。まだまだ油断はできないけど、このままがんばりますねぇ」

島村卯月(私ももっと頑張らないと)

本田未央(私は未だ本気出してないだけ私は未だ本気出してないだけ私は未だ本気出してないだけ)

高垣楓(本田は未だ、本気じゃない……ふふっ)

矢口美羽(楓さんの微笑み素敵ですね……どんなことを考えていたらあんな神秘的なオーラが出せるんでしょうか……)

   ざわ……
      ざわ……


小関P 南条P 「エピローグ」

1: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/07/08(日)05:56:27 ID:Ouz

南条光 小関麗奈「地上0km」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1530883986/のつづき


2: ◆u2ReYOnfZaUs 2018/07/08(日)05:57:06 ID:Ouz

?



「レイナサマぁ……」

「なんでアンタが泣くのよ」

「くやしくてぇ……」

麗奈は女の頭を撫でた。

ふと、麗奈の携帯電話が鳴った。
知らない番号だった。

「出てください」

女が言った。
麗奈は、通話ボタンを押した。

スピーカーから、声がする。