TOP > シンデレラガールズ
カテゴリー  [ シンデレラガールズ ]

李衣菜「夏とミカンと」加蓮「岡崎泰葉」

1: ◆5F5enKB7wjS6 19/07/16(火)21:35:31 ID:KcQ

―――7月15日、李衣菜のお部屋


加蓮「あーつーい~……。李衣菜ぁ~アイスぅ~」ゴロゴロ…

李衣菜「連絡も無しにいきなり来て我が物顔すぎる……。ほら、泰葉ゲストの番組始まったよ」


テレビ『――真夏目前、海の日スペシャル! 冷たくて美味しいスイーツ大特集~!』

テレビ『今回はゲストに岡崎泰葉ちゃんをお迎えして、生放送でお送りしまーす』

テレビ『こんにちは、岡崎泰葉です。今日は夏の暑さを吹き飛ばすくらい、元気に美味しいスイーツを紹介していきますね♪』


加蓮「わー泰葉~♪ かわいいよ~愛してるよ~♪」ゴロゴロー

李衣菜「ちょ、だらしないだらしないっ。パンツ見えてる!」


C「お前の思うエロいアイドルって誰だ」D「新田美波だな」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 01:12:40.71 ID:+En5wHa10

モバマスSSです。

が、アイドル達は出てきません、多分。

一応続編ですが別に見なくても問題ないです。
今回下ネタ多めです、苦手な方はご注意を。

前作
A「お前ニュージェネで好きなのって誰?」B「しぶりん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1375632071/l50


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 01:13:11.65 ID:+En5wHa10

C「彼女が?」

D「ふ、お前には分かるまい、彼女の醸し出すエロオーラが」

A「分かる、なんというかもう存在してるだけでエロいよな」

A「あの普通に話しているだけで誘ってきているような感じ」

D「うむ、常に発情してんじゃないのかっていう」

A「あー分かる分かる!清純派なのにマジエロい奇跡のアイドル」

C「そういうものかね」

C「松本沙理奈はどうだ」

A「ストレートなエロだよな、もう自分で分かってやってるから最高よ」

D「確かにエロい身体だが、俺はもっとこう雰囲気からエロいというほうが」

C「ナイスおっぱいなんだがな、彼女も」

A「俺は城ヶ崎美嘉だな」

C「あのギャルアイドルか、確かにエロいな」

A「あのエロ衣装もさることながら、あの自信満々で挑発的な笑顔を是非責め上げて泣き顔にしたい」

A「あと最近知り合いに俺好みのアイドルがいるって教えてもらったんだけど」

A「鷺沢文香さん」

B「知らんなぁ」

A「まだ新人らしいがいやーやばいね、あのイジめてオーラ。マジ泣かせたい」

B「相変わらず発想がゲスい」


岡崎泰葉「コーヒーフロートを飲みながら」

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/16(火)00:22:18 ID:3P0

 ...それは、6月のある日のこと。

現場に少し早めについてしまい、プロデューサーと二人で時間をつぶすことになったときのこと。

こういった事は時々ある。

どこに行く?と聞かれたが、朝も早かったので選択肢もなく、少し年季が入った喫茶店を見つけ、そこに入ることにした。

プロデューサーはコーヒーが好きだ。

私はブラックじゃなければ飲める程度ではあるが、こういう所の雰囲気は嫌いではない。

...趣味が合うというのはいいことだと思う。

席についてメニューを見て、プロデューサーにアイスココアがいいと伝えた。

プロデューサーは店員さんを呼んで...そして



「すいません。コーヒーフロートとアイスココアをお願いします」


泰葉「やることが……やることが多い……!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/16(火) 01:28:04.06 ID:mY4uKMXi0

○ドラマ撮影現場


オカザキサンハイリマース


泰葉(うぅ……何年やっても長台詞は慣れないなぁ……)

泰葉(特に今回は見開き丸2ページの超長尺だし、しかもワンカット……)

泰葉(さすがにキツいかも……今ヘタに話しかけられたら台詞全部飛んじゃいそう……)

泰葉「ふぅーっ…………」

泰葉「……よし」

泰葉「おはようございます」


パンッパンッ


周子「はい、という訳で今日7月16日はなんと岡崎泰葉ちゃんのお誕生日でーす。拍手ー」


ハッピーバースデイトゥーユー♪


泰葉「うわああああああ」


モバP「もしも佐久間まゆが双子だったら」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/09(日) 11:13:41.43 ID:5wOVlaKvo

~まゆの実家~

ピンポーン
P「はじめまして、CGプロのモバPと申します」

まゆ母「あら、はじめまして~」

P「まゆさんからお話を伺っているかもしれませんが、当プロダクション所属にあたり契約書をお持ちしました」

まゆ母「お待ちしていました、おあがりください」

P「お邪魔します」

まゆ「こんにちは、Pさん」

まゆ母「お茶の用意しますから、少しお話しててください」

P「お構いなく」


まゆ「まゆのために争わないで…!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/14(日) 23:40:17.12 ID:Kib/wLE80

まゆ「争う姿なんて見たくありません…」

まゆ「だから…まゆ、世界を滅ぼします!」


P「ちょっと待てなぜそうなる」


僕はほたるちゃんを幸せにしてみせる。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/15(月) 21:15:32.67 ID:zPcQXE1G0

モブ視点注意です。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/15(月) 21:17:02.54 ID:zPcQXE1G0

僕は何だってやってやる。あの健気で、努力家で、ちょっぴり不幸なほたるちゃんを救えるのなら。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/15(月) 21:18:30.59 ID:zPcQXE1G0

ーー僕がほたるちゃんのライブを成功させるんだ。


デレマス明治妖怪譚 『油取り』

1: ◆San.3nb6m2 2019/07/15(月) 20:32:10.37 ID:vSb2yMPS0

前作  『【デレマス】 「狐憑き」』から続いてしまったお話
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561202372/


明治時代らへんを舞台に、陰陽師だったり妖怪だったりするアイドル達と陰陽師のPがなんやかんやするお話です

かなりのオリジナル設定及び過度なファンタジー要素、その他パロディネタ、更に原作と時代も環境も違うので当然の様にキャラ崩壊します。特に今回川島さんがとんでもないキャラ付けをされています

また、アイドルが死亡することがあります。これらの点によくご注意ください



今回登場するアイドル


レギュラー

・塩見周子(妖狐)

・小早川紗枝(妖狐)

ゲスト

・浜口あやめ(くノ一)

・川島瑞樹(???)


文香「読んで…あげましょうか?」ぷちふみ「………!」コクン

631: ◆6RLd267PvQ 19/07/15(月)20:04:19 ID:8z7

【お友達】

ぷちかれ「アソボ」

ぷちふみ「………?」

ぷちかれ「エホン プチカレ カイタヨ」

ぷちかれ「ムカーシムカシ」ペラリ

ぷちかれ「ナマイモ タクサン」ペラリ

ぷちかれ「メデタシ!」ジュルリ

ぷちふみ「…………」パチパチ

ぷちかれ「ポテ♪」

※仲良くなりました。


A「お前ニュージェネで好きなのって誰?」B「しぶりん」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:01:12.17 ID:NYp402iy0

モバマスSSです。

が、アイドル達は一切出てきません、多分。

名もなき一般男子高校生達がアイドルについて想像で好き勝手駄弁っているだけのSSです。


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 01:01:48.88 ID:NYp402iy0

A「へー凛ちゃんかー、好きそうだよなお前」

B「そういうお前は誰なんだよ」

A「俺?そりゃ卯月ちゃんよ」

B「普通だな」

A「バカバカ、やっぱりあの尻だよ尻!」

B「さいで」

A「流すな、流すな。あの伝説の体操服グラビアで見せた現アイドルで1,2を争う揉みしだきたい尻!」

A「泣くまでマジ触っていたいわ~」

B「うわぁ…」

A「C,お前はニュージェネで誰が好きよ」

C「ちゃん未央」

A「へー珍しいな、どこが好きなんだ」

C「おっぱい」

A「確かにニュージェネ内で一番でかいよな、おっぱいもいいよなっ」

B「ストレート過ぎるだろ…」


【モバマス】りあむ「やさしい世界」菜々「作ろうぜ♪」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/15(月) 10:34:25.60 ID:YLmrgUmDO

――事務所

ガヤガヤガヤ

バタン

菜々「ふぅ、急に降ってきました」

みく「ずぶ濡れだにゃ」

りあむ「めっちゃやむよう……雨なんか降らなければいいのに」

みく「また炎上するような言動だにゃ……」



葵「おかえりっちゃ!」

むつみ「よかったら一ついかがですか?」

りあむ「わー、焼きたてのいい香りぃ」

みく「これは」



みく「御座候だにゃ!」
菜々「今川焼きですね!」
りあむ「回転焼きだね」



くるみ「ふぇぇ……またバラバラでしゅう」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/15(月) 10:37:06.71 ID:YLmrgUmDO

こちら
【モバマス】むつみ「誰だって」聖「明日の……平和を…」由愛「ゆ、夢見てます」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1563093297/

の続き的な話です

りあむに回転焼きと呼ばせてますが、公式ではありませんのでご注意を

以上のような、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします


多田李衣菜「へっくしゅ!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 23:33:45.54 ID:TyYgmVUoo

―――事務所


P「おっと。大丈夫か李衣菜?」

李衣菜「うー、急に鼻がむずむず……」

P「ほら、ティッシュ」

李衣菜「ども……ふあ、また――」ムズ…


李衣菜「ぷぇっくち!」


李衣菜「あぅ」

P「うーん、風邪でも引いたか?」

李衣菜「んんっ……そうじゃないと思いますけど」

P「はは、誰かに噂されてたりな」

李衣菜「それだったらアイドルとして嬉しいですね、へへへ――ん?」



泰葉「…………!」キラキラキラ

加蓮「くしゃみかわいい……!」

李衣菜(新しいおもちゃを見つけたような顔してるー!?)


【モバマス】 木村夏樹「道とん堀には人生がある」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/15(月) 01:48:03.58 ID:GuzBXgUxO

 [過去作]

【モバマス】 楓「日高屋には人生がある」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510688379/

【モバマス】 速水奏「ゴーゴーカレーには人生がある」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511034585/

【モバマス】 城ヶ崎美嘉「ステーキ宮には人生がある」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512221196/

【モバマス】 塩見周子「なか卯には人生がある」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517075122/

【モバマス】 和久井留美「富士そばには人生がある」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1550798087/


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/15(月) 01:55:18.98 ID:GuzBXgUxO

※独自設定あり。今回も地の文です。そして毎度ながら冗長です、ご了承下さい。


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/15(月) 02:00:55.67 ID:GuzBXgUxO

「プロデューサーさん、ちょっと相談があるんだけどさ――」

 とある芸能事務所、そこに所属する一人のアイドル――木村夏樹は、彼女を担当するプロデューサーへ遠慮がちに切り出した。

 ロックなアイドルを信条・コンセプトとし今を駆け抜ける夏樹。
 純粋、清廉、無垢で可愛らしい……そのような従来のアイドルイメージとは対極にある彼女であるが、そんな形にとらわれない「かっこいいアイドル」は社会に鮮烈な印象を刻み込み、今や男性はもとより、同性である女性からの支持も厚い。

 前髪をたくし上げ、いわゆるリーゼントのような髪型をしていることも相まって、夏樹というアイドルは今や若者の憧れであり、一種のアイコンになっている。

 そんな彼女であるが、いつもの明朗快活な性格は鳴りを潜め、何やら葛藤の中にいるような面持ちであった。

「……相談? どうした?」

 初夏の太陽は眩しく、高い空には雲ひとつない。事務所のクーラーが冷気を吐き出す音、それだけが響いている。

「スケジュールのことで相談があってさ」
「何だ、そんなことか」

 いつもらしくない夏樹を見て、何を切り出されるのか――そのように身構えていたプロデューサーであったが、何気ない相談であったことに安堵のため息を漏らす。

「……スケジュールか。休みが欲しいとか?」

 地道な下積みを経てアイドルとしてデビューし、デビュー間もなく注目を集め忙しい日々を送ってきた数年間。駆け足のように過ぎる目まぐるしい時間はようやく落ち着き、これからの戦略を再構築する時期に入っていた。

 プロデューサーにとってはこれまでの労をねぎらう意味も込めて、スケジュールに余裕を持たせようと思っていたところであった。

「いや、その逆っていうか……」

 ところが、彼女から返ってきたのはその逆。意表を突かれる。

「……え?」
「いや、もっと仕事を入れて欲しいんだ」

 まさかの提案に呆然とするプロデューサー。
 まさか、俺のやり方に不満があるのでは――彼の脳裏に一抹の不安が過ぎる。


【R18モバマス】桐生つかさ「ダブルフィンガー」

1: ◆K1k1KYRick 2019/07/15(月) 03:25:48.13 ID:GJZpjRB10

つかさ社長が最終的にAV女優になる話です。
アオカン・顔射・アナル・小学生のコスプレ・AV堕ち・ザーメン浣腸描写あり


2: ◆K1k1KYRick 2019/07/15(月) 03:27:22.74 ID:GJZpjRB10

どうもアタシのプロデューサーはなっていない。

挨拶とかPDCAとか報連相とか、そういった社会人としてあって当然の要素がまるで欠如していた。

これでアタシより十二も歳上なんだから、驚きを通り越してマジ呆れる。

幾らなんでも有限な時間の無駄遣いが過ぎるだろ。

今まで何を学んできたんだよ、と溜め息の一つもつきたくなる。

結局仕事の細かいスケジュール、企画書の提出、取引先の挨拶とかはほぼ全部アタシがやっている。

これだけやれば普通、自身の存在意義について考え出してもいいものだが

生憎アイツは楽が出来たとスポーツ新聞の競馬欄を鼻唄混じりにチェックをするだけだ。

あーあ、こうなったらさっさとトップアイドルに仲間入りを果たして、発言権を得たい。

そしてもっとマシなプロデューサーにすげ替えてもらうよう働きかけよう。

……と、そんな事を考えつつアイドル活動に精を出していたら、例のアイツが珍しく食事に誘ってきた。

憶測だが、どうやらアタシにほぼ活動を丸投げしている現状を今更ながら気にやんでいるらしい。

太っ腹な所を見せようとしているのだろうが、うだつの上がらない男が

へこへこと頭を下げながら年下の女の子を褒めちぎる様は、哀れとしか言いようがなかった。

いくら頭を下げようが性根を入れ替えてアイドルプロデュースしない限りは、何の意味もない。

反省とか経験なんてのは、次に生かしていくからこそ意味があんだよ。

はー、この食事が終わったら死ぬほど寝てぇな。神経張ってるとゆっくりできねぇし。

そんな事を考えながら、アタシはジュースを飲んだ。


モバP「俺がカンガルーだ!」 晴「はぁ?」

1: ◆mTQtXPIEW. 2014/09/17(水) 03:05:48.83 ID:m2n9V4M1o

inオーストラリア

モバP「いいこと?」 杏「うん」
の設定を若干引き継いでますが、あまり支障はないと思います。


2: ◆mTQtXPIEW. 2014/09/17(水) 03:06:49.18 ID:m2n9V4M1o

晴「いや聞こえてたから。なにそれ?」

P「カンガルー」

晴「じゃなくて、それ」

P「毛布」

晴「なんで持ってきてんだよ! あっちぃだろ!」

P「いや、包まれたら最高だぞ?」

晴「いやいや、汗かいてんじゃねぇか。ったく。拭いてやるから、じっとしてろよ…」

P「さんきゅ」


モバP「スーパー寛大なプロデューサー、略してSKP」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/10(木) 17:28:35.64 ID:za44JsHo0

P「おっ、君が社長にスカウトされたっていうアイドル候補生だね」

凛「ふーん、アンタが私のプロデューサー?………まぁ、悪くないかな」

凛「私は渋谷凛。今日からよろしくね」

P「………初対面にもかかわらず、仮にも年上相手に、上から目線で値踏みしやがっただとぉ?」

凛「えっ?」

P「それでいて評価が『まぁまぁ』とか……どんだけ上から目線なんだこの野郎ゥゥゥッッ!!」

P「おのれぇぇぇぇぇぇッッッッッ!!!!!!!」

凛「ひっ!」ビクッ 


凛「あっ、その……ご、ごめんなr」






P「許せるッッ!!!」

凛「!?」



P「君の期待に応えるようこっちも全力を持ってサポートするよ。今日からよろしくな」ニコッ

凛「えっ、あっ…は、はい……?」


周子「おなか」ぷちしゅー「スイターン」クルクルクル

616: ◆6RLd267PvQ 19/07/14(日)18:34:27 ID:83d

【ターン】

ぷちしゅー「スイターン」クルクル

P「…何で回ってんだこのイタズラちび狐は」

周子「お腹すくとねー、シュークリームちゃん回りだすんだよね」

ぷちしゅー「スイターン」クルクル

穂乃香「…視線が一点に集中しています……ちゃんと目を回さず回り続ける事ができていますね…」

ぷちほの「ピニャァ…」

P「何気に高等テクだった」

周子「よっ」クルクルクル

P「何だよ、お前まで腹減ったのか、お腹すいターンなのか」

周子「これは違うよ、お腹すいスピンだから」

P「お腹すいスピン」

周子「お腹すいスピン」コクン


【モバマス】むつみ「誰だって」聖「明日の……平和を…」由愛「ゆ、夢見てます」

1: ◆Vysj.4B9aySt 19/07/14(日)17:34:57 ID:0Qs

ザザァ

むつみ「こんにちは!氏家むつみです」

「私は今、連休の日曜日。場合によってはやつ休みが始まったというわけで波が流れるプールに来てます!」

「他にも仲間がいますので呼んでみましょう!まずは聖ちゃん!」





チャプ

聖「きゃ……」

チャプ

聖「うふふっ……波の音がまるで人の吐息のよう……浅く深く……」

「私も……入ってみたいけど……ちょっと…怖いかな……」



むつみ「聖ちゃー――ん!!」


2: ◆Vysj.4B9aySt 19/07/14(日)17:36:29 ID:0Qs

はい、テレビでプール(蒲郡のラグネシア)をやっていましたので急に思いつきました

こちら、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします


輝子「机の下のトモダチ」そのよん

1: ◆rvDlBoJUJlXp 2013/08/15(木) 21:57:04.55 ID:SB9tMnlTo

前スレ
輝子「机の下のトモダチ」そのさん
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376383619/

リクエストがあるなら中断中にお願い


2: ◆rvDlBoJUJlXp 2013/08/15(木) 22:09:21.47 ID:SB9tMnlTo

そのにじゅうさん「ケイトの場合」


ケイト「ショウコー」コンコン


輝子「ケイトさん…フヒ」ヒョコ

輝子「め…めずらしい? ね?」

ケイト「今日はデスネ~」

ケイト「ジャーン!」

輝子「き…きのこの図鑑?」


【モバマス】『アユマリン707R Mission:03 第12話 白亜の巨船に真紅の闘魂をみた』

1: ◆Vysj.4B9aySt 2019/07/13(土) 22:41:57.99 ID:kF6At8GDO

タイトルコール【世界の果てまで逝ってm@s!】

パチパチパチ

未央「さぁ、今週もはじました『世界の果てまで逝ってm@s!』今回のテーマはこちら!!」

つ【アニメアフレコ現場に逝ってきました】ジャーン

未央「というわけで、参加したのはこちらの方々です」



卯月「わー!」

美穂「ど、どうも……」オドオド

響子「始めまして」ペコリ

智絵里「よ…よろしくお願い…し、します」ペコペコ



未央「あー、ちえりん。いつものようでいいからね」

智絵里「いつものようって……えっと……」オドオド

(未央ちゃん。あとで倉庫裏ね)ギラーン

未央(脳内に直接話し込まないで!)