TOP > シンデレラガールズ

奈緒「寒いなァ」杏「おめでとー奈緒」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/27(木) 00:27:09 ID:otUTN3Xc

奈緒「おはよっす、寒いなァ」ガチャッ

菜々「おめでとうございます、奈緒ちゃん♪」ヌクヌク

杏「おめでとー」ヌクヌク

奈緒「テレビ版かな?」

菜々「アレならもっと大人数じゃないとですね」

杏「みんなで囲んで……今やると『ねぇどんな気持ち?』の図っぽいね」

奈緒「やめい」


※こたつのアレです。短いです


モバP「かな子は普通じゃない」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 16:29:03.12 ID:3ka2Mn7N0

のんびりと書いていきます


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/07(日) 16:41:11.94 ID:3ka2Mn7N0

ちひろ「...何言ってるんですか?」

P「そのままの意味です」

ちひろ「よくわからないんですけど...」

P「まーったくちひろさんはお金以外のこととなるとニブイなぁ...」

ちひろ「訴えますよ?」

P「まあ百聞は一見に如かず、実際に観た方が早いでしょう」

ちひろ「無視かコノヤロウ」

P「おーい、かな子ー!」

かな子「はーい、なにか呼びましたか?」

P「ああ、ちょっとこれをあげようと思ってな」ゴソゴソ

かな子「っ!!そ、それは駅前の有名スイーツ店の...」

P「おっ、知ってるのか、そのお店で売ってる苺のタルトだ」


千川ちひろ「総選挙お疲れ様です」佐藤心「ちひろちゃんこそ☆」

1: 名無しさん@おーぷん 19/05/20(月)23:47:15 ID:OcP

アイドルマスターシンデレラガールズです。

佐藤心「ついにソロ曲だぞ☆」千川ちひろ「おめでとうございます」
https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1557846022/l10

これと世界観同じです。心さんとちひろさんがお友達です。


2: 名無しさん@おーぷん 19/05/20(月)23:47:53 ID:OcP

事務所

ちひろ「私は何にもしてませんよ」

心「またまた。はぁと、ちゃあんと知ってるぞ☆」

心「ちひろちゃんがはぁと達アイドルのために必死にお仕事頑張ってくれてたって」

ちひろ「まぁお仕事ですからね」

心「そんな謙遜しなくて良いのに~☆」

ちひろ「私は心さん達が輝いてるのを見るのが好きなんですよ」

ちひろ「だから私は特に何もしてません。見てただけです」

ちひろ「頑張ったのは私ではなく、心さん達アイドルのみんなです。あとプロデューサーさん」

心「うんうん☆」

ちひろ「……その良い顔止めてもらえません?」

心「ちひろちゃんからのあつ~いラブを感じたら自然と顔がこんなふうに~♪」

ちひろ「チッ!」

心「おい☆ 舌打ちやめて☆ やめろ☆」


及川雫「ユーワクしちゃいます」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/02(火) 23:10:01.12 ID:qmaTjGma0

のんびりと書いていきます


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/02(火) 23:13:25.07 ID:qmaTjGma0

ガラガラガラ...


雫「ただいまー!」

母「おかえりなさい、ずいぶん早かったわねぇ」

雫「うん、いつもよりちょっと早めの新幹線で来たんだよー」

P「どうもお久しぶりです、ご無沙汰してます」

母「あらプロデューサーさん、しばらくですねぇ!」

父「さあ、どうぞ上がってください」

P「すみません、駅から送っていただいた上に泊めていただいて...」

父「なにを言ってるんですか、気にしないでください」

母「そうですよ、今更水臭い、おほほほ...」

雫「Pさーん、お線香あげに行きましょー♪」

P「ああ、今行くよ」


夢見りあむ「チョロいなオタク!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/20(月) 22:11:08.56 ID:WM+ZVD1i0

「第3位は・・・・・・夢見りあむさんです!」
それが聞こえた時、頭の中が真っ白になった。
どう言えばいいのか分からない、もやもやした感情が広がった。


モバP「プロデューサーのケツにキスする会」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/20(月) 18:45:24.70 ID:o6o/A23q0

ある日、事務所にて……


未央「ふぅー、レッスン終わりで喉が渇いたな」

未央「あ、こんなところにジュースが置いてある。誰のだろう……」キョロキョロ

未央「……ちょっとだけ、飲んじゃおうかな」


周回遅れのシンデレラ

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/20(月) 19:30:20.64 ID:psyvXAcVO

ーSide Producerー

1ヶ月にもわたる第8回シンデレラガール総選挙が終わった。我が担当アイドル、本田未央はようやくシンデレラガールになることができ、今日は島村さん、渋谷さんと4人でその祝勝会をしている訳なんだが、

『第8回シンデレラガール総選挙、第1位は、本田未央です!』

記録用に総選挙の結果発表を録画していたビデオカメラが再生される。

いや、これ何回目だよ! 確かに感動の一幕だけどさ! 実際この時泣いたけどさ! 流石に1時間以上このシーン繰り返されたら慣れてくるよ! なんなら当時の感動の印象も薄れていく気がするから早急にやめていただきたい。やめろ。

と言いたくはなるが、嬉しそうに画面を覗き込む3人を見てると何も言えなくなってしまうのはプロデューサーの性と言うべきか。

せっかく美味しいお店に来たのだからたくさん食べたらいいのにと伝えても聞き入れない。まったく、貸し切りにするのもタダじゃないんだぞ。財布の中身を思案して少し辛くなる。CG担当Pとしてボーナスか何か支給されるのを期待するか。 ......絶対されないだろうけど。

自分の懐事情を悲観していると、それなりに時間が経ってしまっていたらしい。いつのまにかテーブルから一人消えていることに気がついた。

「あれ? 未央はどこに行ったんだ?」

「未央ちゃんならお手洗いに行きましたよ!」

トイレか。なら心配する必要はないか。どうせすぐ戻ってくる。


P「うわやべっ!」小鳥「どうしましたプロデューサーさん?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/20(月) 12:33:40.97 ID:/sCWYzjZ0

P「今日シンデレラガールズ総選挙の結果発表だったの忘れてた!」

小鳥「そういえば今日でしたね」

P「ええっとテレビテレビ…」ピッ

P「よかった!まだ10位台だ!」

小鳥「やっぱり気になるんですか?」

P「当たり前だろ、ライバル事務所の動向調べないといけないし…」

P「それに今昼休みの時間帯だしいいでしょ」

小鳥「そうですね」

春香「ただいまー」ガチャ

P「あ、春香。レッスンお疲れ」

春香「プロデューサーさん、何見てるんですか?」

P「お向かいさんの総選挙」

春香「あ、私も楽しみにしてたんですよ!私も見ていいですか?」

P「ああ」

春香「プロデューサーさんは、誰が1位だと思いますか?」

P「多分未央か加蓮かだと思うが…あ、そろそろベスト10の発表だぞ!」


モバP「わかってください」瑞樹「わからないわ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/25(金) 04:36:30.67 ID:fLdRHrlLo

モバP「....」

瑞樹「....」

モバP「...頼みますよ、ほんと」

瑞樹「...無理よ」

モバP「....」

瑞樹「....」


夢見りあむ「ふざけるな」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/20(月) 13:42:51.26 ID:EbDwTsaxO

「え、ぼくが…………?」

「ああ!3位だぞ!おめでとう!とりあえずこれから事務所に来てくれ!いろいろやることあるからな!」

「え、あ、うん……」

「なんだ?嬉しくないのか?」

「でもさ…………」

「まだ整理ついてないんだよな!事務所でゆっくり話そうぜ!じゃあな!」


突然電話をかけてきたPサマは言いたいことだけいうと電話を切ってしまった。

ぼく今日はオフなんだけど……そんなことはどうでもいいか。


未央「やったよ一番星!!!」ぷちみお「ゼンジョー!」

414: ◆6RLd267PvQ 19/05/20(月)13:41:45 ID:9IQ

【メッセージウィンドウ】

「ここまでの物語をセーブしますか?」

P「…何か急に目の前にメッセージ出てきたんだが」

みにさな「セーブ セーブ!」

P「お前の仕業か…後で遊んでやるから、ほら行った行った」

みにさな「ムー…」

※数分後

ポセイドン「娘たちの様子を見に来たぞ…」ゴゴゴゴ

美波「パパ!!??」

P「やべぇセーブしときゃ良かった」

※でもお茶飲んで帰りました。


モバP「おい...」みく「....」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/25(金) 00:12:50.93 ID:fLdRHrlLo

モバP「猫耳どこやった...」

みく「...知りません」

モバP「....」

みく「....」

モバP「曲げちゃうのか...?」

みく「....」

モバP「....」


愛海「あたらしいアイドルの子がくる!?」 モバP「そうだ」

1: ◆l/DDor2A8. 2014/04/26(土) 23:25:24.13 ID:YobFKhFD0

愛海「あたらしく入ってくるっていうのは誰なの!?」

真奈美「私だ」


未央「ほらほらー、白状しちゃえ♪」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 18:24:14.50 ID:RafShfXAO

藍子「だ、だからPさんが撮ってくれたって……」

未央「そうじゃないでしょー? ね、茜ちん」

茜「これはいつ撮ってもらったんですか!?」

藍子「そ、それは……」

未央「この前の藍子ちんの休みの日、プロデューサーも居なかったなー」

茜「デートですか!?」

藍子「で、デート!? ち、違うよ! ただ一緒にお散歩しただけで……」

未央「ほう」

茜「ほう」

藍子「あ」

未央「聞きましたか茜隊員」

茜「ばっちり聞きました!」

藍子「あ、あのその。えーっとぉ……」


旧姓三船美優の第二子妊孕休暇

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/12(日) 22:13:34.42 ID:DebgCyKY0

クッソ長い導入部分&ガバガバ視点
1枚でも多くのティッシュが消費されるように頑張ります


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/05/12(日) 22:15:35.66 ID:DebgCyKY0

「おぉ…広い。よく見ると年季の入ったものばかりだな」

「えぇ…」

「緊張しているのか?あの娘を授かる前からやってるんだし」

「じっ自宅以外の場所でするのは初めてですし…その、久しぶりで…」

「美優」

「はっはい…」

「結婚を誓った時言ったよな?『俺だけでもワガママを言ってくれ』って、そして今、美優のワガママに応えようとしているんだ」

「……」

「改めて言葉にしてほしい」

「……あなた」

「おう」

「これから…この3日間……よろしくお願いします」

「よし、じゃあ始めるか」

「はい」

都内近郊の住宅街から離れた場所に構える大きな屋敷に訪れた元担当プロデューサーの夫とずっと?が紅潮している旧姓三船美優、これから2泊3日の滞在が始まろうとしていた。

だがその目的は…

観光でも……

休暇でもない……

───第二子を妊孕する為の滞在なのである。


モバP「最近、気づいたんですけど…」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/06(木) 01:31:17.55 ID:W8qHOZBZ0

P「もしかして、俺ってめちゃくちゃモテてません?」

瑞樹「……」

P「あ、あれ…?」

瑞樹「はぁ…いまなんだかすごく疲れを感じたわ」

P「え、だいじょうぶですか?」

瑞樹「君ってほんと鈍感というか無神経というか…」

P「はぁ…?」

瑞樹「それで、なんでそういう風に思ったの?」

P「はい。実は…」


モバP「俺が誰にキスしたって?」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/22(土) 00:33:58.41 ID:LBQtjJjQo

事務所


P「おはようございますーっと今日も頑張ろうなー」

晴「………………」

ありす「………………」

P「うん?二人してお出迎えとは嬉しいな、でも挨拶はちゃんとしないと駄目だぞ」

晴「うーっす、ロリコンプロデューサー」

ありす「おはようございます、変態プロデューサー」

P「…爽やかなお返しをありがとう」

晴「否定しねーのか、やっぱPってそうなんだな…」

ありす「私は知ってましたけどね、Pさんはそういう人だって」

P「へいへいお前らは仲良しだな、でも外では言うなよ、冗談じゃすまなくなるからなー」


輝子「机の下のトモダチ」

1: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/09(金) 01:05:52.86 ID:RQ5TT3u0o

短編を思いついた順で即興


2: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/09(金) 01:15:36.02 ID:RQ5TT3u0o

そのいち「ままゆの場合」

~事務所~

まゆ「プロデューサさんったら…こんなにデスクの上を散らかして…」

まゆ「仕方がないからまゆが片付けて…あら?」

輝子「ども…引っ越してきました…フヒ」


松本沙理奈「ゴホービあげよっか?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/28(木) 22:06:21.14 ID:idJIMX7r0

のんびりと書いていきます


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/28(木) 22:09:15.39 ID:idJIMX7r0

ミーンミーン...


P「うーん...」カタカタ

ちひろ「プロデューサーさん、私ちょっと出てきます」

P「ええ、気をつけて」

ちひろ「なにか欲しいものはありますか?」

P「いえ、大丈夫です」

ちひろ「わかりました、それじゃ行ってきます」ガチャッ

P「行ってらっしゃーい」

P「さてと...」カタカタ


ガチャッ


P「んっ?なにか忘れ物...」


ピタッ


P「おわっ!?」

「だーれだ?」


あやめ「P殿がストーカー被害にあっている!?」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 01:45:36.16 ID:uHOsorTA0

あやめ「早苗殿、何やら疲れてるように見えますが…どうなされましたか?」

早苗「あー、ちょっとP君の家まで行っててね…」

あやめ「ぴ、P殿の家に!?」

早苗「そうよ。といっても、ストーカー被害の調査にだけど」

あやめ「な、なるほど。ストーカー被害とは、もしや犯人は…」