TOP > とある魔術の禁書目録
カテゴリー  [ とある魔術の禁書目録 ]

打ち止め「高校生になったよってミサカはミサカは報告してみるっ!」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/15(土) 00:26:40.740 ID:/qVgnnVr0

打ち止め「ねぇ、私今年で16歳になるんだよ?」

打ち止め「あなたとも結婚できちゃうね」

打ち止め「……なんて、ミサカはミサカはあなたをからかってみるっ!」

打ち止め「ほら、どうしたの?」

打ち止め「いつもみたいに『そのふざけた喋り方をやめろ』って言ってよ?」

打ち止め「私もう高校生なのに、こんな喋り方だったら学校でイジメられちゃうかもしれないでしょ……?」


上条「そんなに俺と闘って欲しいなら、お前のパンツ見せろよ」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/16(土) 02:18:41.19 ID:DEruet5U0

御坂「あ、あああアンタ私のパンツなんか見たいわけ?」

上条「おう、折角美少女に絡まれても痛い目怖い目にしか合わないしな」

御坂「びしょっ……!?」

上条「上条さんも少しくらいはいい目を見たいわけですよ。まあ冗談だけどさ」

御坂「……ぃわよ」

上条「え?」

御坂「べ、別に見せてもいいって言ってるのよ!」

上条「は? え、おい?」

御坂「そんかわし! せ、責任取ってよね!」

上条「責任? 勝負の事か? いやそんくらいで見せてくれるなら上条さんは……」

御坂「勝負なんかどうでもいいわよ! そんな事くらいで責任取れると思ってるわけ!?」

上条「い、いやだってそもそもお前から勝負しろって言ったんじゃないか」

御坂「勝負なんて口実に決まってるじゃない! 私はただ構って欲しいだけで……!」

上条「え?」

御坂「あ」


打ち止め「パンはパンでも食べられないフライパンはパーンだ?」一方「はァ?」

1: ◆3rfPz4lVbmKs 2018/08/31(金) 23:23:44.41 ID:KzmIj8tp0

・0831通行止め記念日SS

・何でも許せる人向け


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/31(金) 23:25:04.27 ID:KzmIj8tp0

打ち止め「はぅあ!間違えちゃった!やり直し!今の無しーっ!って、ミサカはミサカはわたわた訂正してみたりぃ!」

一方「…」

打ち止め「えー、」コホン

打ち止め「パンはパンでも…」

一方「フライパン」

打ち止め「はう!?」

一方「…」

打ち止め「…」

打ち止め「…食べられないパンはなーんだ?」

一方「フライパン」

打ち止め「ぶー!正解はパンツでした!!」

一方「オイふざけンな今答え変えただろ」ムニー

打ち止め「ひゃえてまふぇん」フガフガ


上条「良く考えると白井が一番可愛いよな」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/23(木) 18:11:18.055 ID:0bpAcpQh0

上条「ジャッジメントですの!とか萌え死んじゃうわ」

上条「結標の時も柔らかかったなぁ」

上条「そうだ!黒子と結婚すればいいんだ!」


上条さん(ハードボイルドボイス)「……すべて俺の責任だ」

1: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/08/05(木) 13:16:43.20 ID:fHDkjioo

市街地

大衆「と”~う”~ま”~」

上条さん「すまない……みんな」

男E「あ”~い”~し”~て”~る”~」

インデックス「……気にしないで。とうま」

女C「た”~い”~て”~」

上条さん「T-ウイルス(当麻-ウイルス)か……アレイスターめ。なんて卑劣な!」

女A「結”~婚”~し”~て”~」

上条さん「くっ……! この街はもうダメなのか!?」


上条「ステイル?さんからお手紙ついた」

1: ◆3rfPz4lVbmKs 2018/07/28(土) 04:34:20.67 ID:XCpFzvAi0

・7月28日上条さんのセカンドバースデーSS

・何でも許せる人向け

・ちょっと上イン


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/28(土) 04:35:25.08 ID:XCpFzvAi0

上条「ここは…?」

冥土帰し「起きたかい?」

上条「…あなたは?」

冥土帰し「君の担当医だね?」

上条「俺は…?一体、何が…?何してたっけ…」

上条「…何も、思い出せ、ない?」




冥土帰し「単刀直入に言おう。君は記憶を失った」

上条「…?」


美琴「え? 離婚したですって!?」

1: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/08/04(水) 13:16:34.85 ID:QMx.X62o

美鈴「うん、あのバカヤロウとは離婚しました」

美琴「ちょっとゴメン。混乱してよく分かんない」

美鈴「ごめんね、美琴ちゃん。でもあのハゲとはもう一緒に居られないの。ガマンできないの」

美琴「……」

美鈴「実はずっと黙ってたけど、あいつホモなの」

美琴「え!? ちょっ、え!? 聞こえない! もう一回いってよっ!!」

美鈴「あの野郎、真性のモーホーなのよ。あなたが生まれるずっと前から」

美琴「」


上条「何だこの本? 汚ねえなぁ……」

1: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/08/27(金) 00:29:46.34 ID:/SYv0NEo

上条ハウス

禁書「なんなの? それ」

上条「……なんか日記みたいだな」

禁書「凄く見たいかもっ!」

上条「いや……一応上条さんにもプライバシー的がありましてね。初めに読ませてもらってもいいでせうか?」

禁書「……解ったんだよ。……変態」


リアル上条さん「いい加減にしろよ!」

1: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/07/27(火) 15:35:30.18 ID:zCJbzTQo

リアル上条さん「なんでジャンプ買ってこいって言ったのに、マガジン買ってきてんだよ! これで何回目だよ!? あ?」

ドア越しの椎菜「あらなら、ごめんなさい当麻さん。……また、間違えてしまったわ」

リアル上条さん「ふざけんな、とっとと買ってこい」

ドア越し刀夜「ただいま、当麻。相変わらず、働かないで読むジャンプは面白いかい?」

リアル上条さん「馬鹿か? 今のジャンプは働いててもつまんねぇよ」

ドア越し刀夜「……働いたら面白くなるかもしれないぞ?」

リアル上条さん「……なら仕事もってこい、糞親父。そもそも、電話すら出てもらえねぇ不幸者に仕事があんならな」

リアル上条さん「選り好みしなけりゃある? ふざけんな。そんな幻想リーマンショックにぶち殺されたわボケ!」





ドア越し刀夜「……ジャンプは週間でいいんだな?」

リアル上条さん「……月刊は消えたよ。……俺の人生みたいにな」


上条「インデックスさん、ホントに家計がヤバイんですが……」

1: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/08/02(月) 17:49:42.76 ID:S4AxIaMo

インデックス「だからなんなのかな?」

上条「月5……4万でいいから入れてくれ」

インデックス「私にそんなお金は無いんだよ」

上条「お前でも働けるバイトも学園都市にはあるんだぜ?」

インデックス「とうま……」

上条「インデックス?」

インデックス「職を探す暇と時間があるなら、まずは食を探すんだよ!!」

上条「……」


一方通行(レベル1)「ちょっ、痛っ!?」同級生「おら、くたばれや!」

1: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/07/30(金) 20:31:37.30 ID:M.C7k/.o

一方通行(レベル1)「マジでやめてくれ!」

同級生A「バカですか~。消しカス反射させんのが精一杯のくせにいきがってんじゃねえよカス!」

一方通行(レベル1)「だってオマエらが授業中に消しカス飛ばしてくるから……」

同級生B「はぁ? そんなの関係ねぇだろ? つかお前話し方キモイ」

一方通行(レベル1)「だってこれは木原クンが……」

同級生A「木原って誰だしwwwwwww。ってかお前の口調と木原って奴関係ねえしwwwwww」

一方通行(レベル1)「木原クンが親代わりに話し方から教えてくれたンだ! バカにするな!!」

同級生B「いや知らねえし」ガスガス

一方通行(レベル1)「痛っ!? やめてくれよ!!」

同級生A「悔しかったら反射しな~」


上条(インデックスを驚かす...!目玉と歯が全部飛び出すくらい驚かす...!)

1: ◆3rfPz4lVbmKs 2018/07/20(金) 21:42:33.39 ID:7u5cT0+M0

・7月20日、全ての始まりの記念日SS

・上イン


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 21:43:39.04 ID:7u5cT0+M0

カレンダー『7/20』




上条「…」






上条(今日、7月20日は俺とインデックスが初めて出会った日なんだそうだ)

上条(俺は覚えてないけど、ステイルが前に手紙で教えてくれた)

上条(そう。今日は大事な家族との記念日で…)





上条(今まで出会い、戦ってきた日々の全ての始まりだった…)


佐天「お風呂にカンディルを召喚する能力か~」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/22(金) 21:29:10.616 ID:GKQcU7In0

佐天「何と! あの佐天さんもついに能力者ですよ! 能力者!」

初春「おめでとうございます、佐天さん! それで……どんな能力なんですか?」

佐天「うん、お風呂にカンディルを召喚する能力なんだ! ちなみに、レベルは3だよ!」

初春「い、いきなりレベル3!? 凄いです!! って……カンディルってなんですか?」

佐天「さ、さあ……私もよくは知らないんだよ……ただ研究者から一方的にそう言われただけで……」

初春「えぇ……佐天さん自身も知らないんですか……」

佐天「まあ、せっかく目覚めたんだし試してみよう! えーいっ!」ピカリーン


佐天「シャワーの温度を60度に上げる能力、か~」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/06(水) 20:25:34.653 ID:rmTDQDIx00606

佐天「能力が目覚めたよ!」

初春「す、凄い! おめでとうございます! いったいどんな能力なんですか!?」

佐天「うん、シャワーの温度を60度まで上げることができる能力なんだ」

初春「…………?」

佐天「まあ、使わな損損ってことで! ほーいっ! 能力発動~」ピカー


インデックス「ねぇ、とーまとーま」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 11:25:07.32 ID:c2LU9Awo0

※ギャグ短編です

上条「ん?どうした?」

インデックス「3期はいつになったらやるの?」

上条「そ、それは…まぁ製作は決定してんだし、気長に待とうぜ!」

インデックス「早くしないと私、声の出し方とか忘れちゃうかも」

上条「そんなメタな発言するんじゃありません!」

オティヌス「それを言うなら、3期云々の時点でだいぶメタ的だがな」

インデックス「む、そもそも3期じゃ出番のない人は黙っててほしいんだよ」

オティヌス「何…?そもそもお前こそ、次のシーズンに出番はあるのか?」

インデックス「それは…どう言う意味なのかな?」


上条「浮気したい」一方・浜面「「は?」」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/13(日) 22:15:46.81 ID:Kjcw8Mcu0

上条浮気魔
一方セックスレス
浜面公認愛人


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/13(日) 22:16:23.26 ID:Kjcw8Mcu0

~とある居酒屋~

上条「あー、もう限界」

一方「どうしたァ?」

浜面「なんかあったのかよ?」


上条「浮気したい」

一方「」
浜面「」


佐天「初春と喧嘩しちゃう能力かあ……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/06(火) 14:46:07.92 ID:sw5vulX00

初春「佐天さん。システムスキャンの結果はどうでした?」

佐天「うん。能力身についてたよ」

初春「おめでとうございます。どんな能力ですか?」

佐天「初春と喧嘩しちゃう能力なんだ」

初春「へえ。凄い能力ですね」


インデックス「アンハッピーバレンタインだねとうま」上条「ヂョゴぼじぃ」ゲホ

1: ◆3rfPz4lVbmKs 2018/02/15(木) 00:19:03.60 ID:5U2nAfDd0

・上条×インデックス

・遅刻したけど短めバレンタインSSだよ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 00:19:46.60 ID:5U2nAfDd0

~2/14、上条宅~




上条「ゴホッゴホッ!ゲホゲホゲホゲホ!」

インデックス「大丈夫?とうま」

上条「大丈夫じゃな、ゴホッゴホッ!」

インデックス「おかゆチンしてあげよっか」

上条「爆発させんなよ?」

インデックス「させないんだよ!さすがに私も学習するんだよ!」

上条「じゃぁ…だのむ」ゲホゲホ

インデックス「わかったんだよ。ちょっと待っててね」

上条「あと冷蔵庫からポカリ」

インデックス「はいはい」トタトタ


黒子「ただいま戻りましたの」当麻「おう、おかえり」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/02/01(木) 21:06:16 ID:uxuiI9tc

とあるマンション

黒子「はぁー、今日も疲れましたの」

当麻「お疲れさん。大変だな、大学とアンチスキルの両立も」

黒子「全くですの、試験が終わったと思ったら続いては見習い業務…あの上司は本当に鬼ですの!!」

当麻「それだけ期待してるってことだって」

黒子「だといいんですが…明日までに覚えるじゃん若いから楽勝じゃんって、若い人に対する僻みに見えませんが」

当麻「そ、そんなことないって、うん、多分」


垣根「クリスマスか……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/26(火) 22:56:43.06 ID:MgkvvLNcO

未元定規がいちゃつくだけのスレ
キャラ崩壊する


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/26(火) 22:58:52.34 ID:MgkvvLNcO

垣根「24日だっつーのに俺らは夜遅くまでクソみてぇな仕事とはな」

心理定規「あら、クリスマスを楽しみたい気持ちなんて持ってたの?」

垣根「俺がクソみてぇな仕事をしてるときに世間の奴らがキャッキャウフフしてんのが気に入らねーんだよ」

心理定規「アナタの事情に世間が合わせられる訳ないじゃない」

垣根「解ってるっつーの。ハァ、俺も今日くらいデートでも楽しみたいね」

心理定規「そう、じゃあデートする?」

垣根「あん?」

心理定規「私が相手してあげる」

垣根「してあげる、って程イイ女だと思ってんのかテメェ。せめてCカップになってから出直しやがれガキが」

心理定規「セクハラよ、それ」

垣根「セクハラなんてテメェがやってる仕事に比べたら可愛いもんだぜ。あぁ、小遣い稼ぎじゃない方のな」

心理定規「それはお互いさまでしょ」