TOP > その他
カテゴリー  [ その他 ]

車上荒らし「今日も荒らしまくってやるぜ…」

2019/11/13 15:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/07(木) 22:27:35.244 ID:KbkUZXgt0

車上荒らし「よし、着いた」

車上荒らし「高速道路の一角にあるサービスエリア。こういう所は俺のお気に入りだ」

車上荒らし「サービスエリアってのは旅行や出張で大金を車に乗せてる奴が多く来るんだよね~」

車上荒らし「なんせこの道10年のベテランだ。このくらいの知識がないとやっていけないぜ」

車上荒らし「さて、説明口調の独り言もこの辺にして…さっさと漁っておいとましよう」

車上荒らし「今回狙うのは…あの車だ!」


司会「只今より、新郎による新婦入刀を行います!」

2019/11/12 19:05 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/07(木) 19:08:05.068 ID:wDb80BE00

司会「皆さま、大変長らくお待たせいたしました!」

司会「只今より、新郎による新婦入刀を行います!」

ワァァァ……

司会「まず、最初に入刀に挑戦する新郎候補はこの方です!」

司会「数々の戦や賊討伐で華々しい戦果を上げてきた、剣士殿です!」

ワアァァァァァ……



剣士「必ず入刀してみせる!」


陽キャ「え?遺書!遺書!死んじゃうのおまえ!」俺「かっかえせよ」

2019/11/12 15:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/07(木) 10:10:12.653 ID:KaPx1sw00

陽キャ「俺らにいじめられて死ぬ気なんだろうけど、死ぬなら1人で死ねよ」

俺「えっ」

女子「うちらの責任にすんな。おまえが全部悪いし」

陽キャ「もし遺書に俺らの名前書いたらおまえの家燃やすから」


花売り娘「花が欲しい? フフッ……ホントに花だけでいいの?」

2019/11/11 23:05 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 22:57:06.116 ID:Aguy5MDt0

花売り娘「はい、花束」

会社員「ありがとうございます」

花売り娘「誰かに渡すわけ?」

会社員「ええ、上司が本社に栄転するもので」

花売り娘「フフッ……ホントに花だけでいいの?」

会社員「え……?」

花売り娘「ホントはもっと違う花……欲しいんじゃない?」

会社員「いや、あの……あっ、そろそろ会社戻らないと! 仕事あるんで!」タタタッ

花売り娘「……ちっ」


女騎士「感度5億倍ボタン……?」

2019/11/10 21:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 01:24:06.236 ID:QMA8mKtM0

女騎士「感度5億倍ボタン……?」

オーク「≪魔界堂≫のオヤジが在庫処分やってて、安く売ってたからつい買っちまった!」

オーク「押すと感度が5億倍になる代わり、100万……じゃなく1G出てくるって仕組みだ」

女騎士「ほう」

オーク「ま、ジョークアイテムの一種だな。こんなの押す奴いるわけ――」

女騎士「ちょっと押してみるか」ポチッ

オーク「ちょっ!」


妹「お兄ちゃん、“憤死”ってなあに?」兄「もうちょい女の子らしい質問してくれ」

2019/11/10 19:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/05(火) 20:12:29.612 ID:ofFL1v7E0

妹「お兄ちゃーん!」

兄「なんだ?」

妹「聞きたいことがあるんだけど」

兄「いいとも」

妹「“憤死”ってなあに?」

兄「……あのなあ、分からないことを聞くのはいいことだけど、もうちょい女の子らしい質問にしてくれ」

妹「だってどうしても聞きたかったんだもん」


男「ダイエットしすぎで脳みそだけに?」脳だけ女「そうなの」

2019/11/09 19:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/04(月) 21:32:05.233 ID:9Vjt5BUr0

脳「ヤッホー」コポコポ…

男「ちょっ、どうしたのその姿? 変なカプセルに入って、脳みそだけになって……」

脳「最近あたしダイエットにハマってたんだけど、50kg切ったあたりでどうしても頭打ちになっちゃって」

脳「だったら頭から脳みそだけ取り出しちゃえばいいじゃんってなったの」

男「それで脳みそだけになったわけか」

脳「なんと1200gまで減量できたの! すごいでしょ!」

男「たしかにすごい」


メイドロボ「お役に立ちます!」 家政婦ロボ「面倒くせぇ」

2019/11/08 23:01 | その他 | コメント(0)
1: ◆999Jmm64sU 2019/11/04(月) 13:18:12.56 ID:8X4HIHWRo

メイドロボ「こんにちは! 本日より旦那様のお手伝いをさせていただくメイドロボです!」

メイド「私のデバイスには最先端の検索機能が搭載されているので、必ずや旦那様のお役に立てると思います!」

メイド「旦那様、どうぞこのメイドロボに何なりとお申し付けくださいね!」


家政婦ロボ「あー、家政婦ロボです。ども」

家政婦「……面倒くせぇな、もう部屋戻っていい?」

家政婦「なんで二体も買ったんだか。ま、雇ってもらった分は働くけど」


息子「早く避難所に行こうよ!」父親「大丈夫大丈夫」

2019/11/07 19:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/03(日) 13:08:42.363 ID:9QFN3Z9U0

広報「大雨洪水警報が発令されました」

広報「不要な外出は控え、河川の氾濫などに注意してください」

ピーンポーンパーンポーン

息子「ちょっと雨風が強くなってきてるね」

父親「うむ」

息子「大丈夫かな」

父親「大丈夫大丈夫、雨戸も閉めたし飛びそうな物も室内にしまった」

父親「台風対策はバッチリだ。心配することは何もない」

息子「そう…ならいいけど…」


ハンマーブロスに憧れてハンマー投げまくってたら通りがかりの女に当てちゃって人生が変わった」

2019/11/06 23:04 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 18:45:35.664 ID:RxPhdgNH0

男(ホームセンターで買いあさったハンマーを山盛りにして、と)

ドッサリ

男「ハンマー投げ、開始ィーッ!」

男「そりゃっ! うりゃっ! てりゃっ!」

ポイッ ポイッ ポポポイッ

男「うっひゃーっ! たっのしーっ! 気分はハンマーブロスッ!」

ポイッ ポイッ ポイッ ポイポイッ

男「――ん!?」

男(やべっ、誰か歩いてる!)

ガンッ!

男「やっちまった……! 当てちゃったよ……!」


勇者「なぜ私は宿屋で寝ただけで全回復するんだろう……普通の人は一晩寝たぐらいじゃ全快しないのに」

2019/11/05 21:01 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/01(金) 18:16:10.433 ID:MXKRiEyA0

勇者「ん~、よく寝た!」ググッ

勇者「おかげさまですっかり回復しましたよ!」

受付「行ってらっしゃいませ、勇者様」

勇者「行ってきます!」



勇者(私は一晩眠れば体の至る所が完全に治ってる……)

勇者(……だけど、これっておかしくないか?)


男「バッティングセンターでクソガキに滅茶苦茶なアドバイスするの楽しすぎワロタwwwww」

2019/11/04 19:01 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/31(木) 19:52:31.771 ID:ffkxnGk60HLWN

カキーンッ…

カキーン…

カキィーン…



男「……」

男(俺の趣味はこうして、バッティングセンターで腕組みしながら他人のバッティングを見ること……)

男(なぜならこうしてると、まるで自分がバッティングの達人になったように思えてくるからだ)

男(野球経験? もちろんない。ていうか、ここで一番遅い90km/hのボールもまともに打てない。文句あっか)


予備校講師「このホームレスみたいになりたくなかったらしっかり勉強するんだぞ!」

2019/11/03 23:01 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/30(水) 21:54:53.128 ID:GPM9aQXT0

― 予備校 ―

講師「今日はなにを食べたんです?」

ホームレス「うへへ……ゴミ箱からあさったコンビニ弁当……」

講師「なんという惨めさだ……」

講師「いいか! このホームレスみたくなりたくなかったらしっかり勉強するんだぞ!」

講師「しっかり勉強して、いい大学に入れないと、こうなってしまうんだぞ!」

講師「それが嫌なら、遊ばず怠けず計画的に勉強して、志望大合格をもぎ取るんだ!」

ホームレス「へっへっへ……」

ザワザワ…


JK「お兄さん、さっきアタシのこと盗撮してたっしょw」男「!?」

2019/11/03 19:03 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/30(水) 01:27:15.806 ID:aS24FEby0

JK「……」スタスタ



男(お、あの子可愛いな)

男(よし、目立たないようにスマホを向けて……)スッ…

男(撮影!)パシャッ

男(よしよし、上手く撮れた)

男(変態チックな行為だけど、あの子に直接危害加えるわけじゃないし、別にいいだろ)


スラム街の漫画家「日常系漫画か……とりあえず主人公に銃乱射させて、人を沢山死なせて……」

2019/11/03 15:03 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/29(火) 00:25:10.369 ID:OZZLze9c0

出版社――

漫画家「ハァ~? 日常系漫画ァ!?」

編集者「ええ」

漫画家「俺、ストーリー漫画っつうやつでデビューするはずだったんすけど」

編集者「しかし、ウチの雑誌はすでにストーリー漫画で溢れてるし……」

編集者「編集部としてもこれからは日常系漫画に力を入れていこうってことになったんですよ」

漫画家「ンなこと言われてもどう描いたらいいのか……」

編集部「大丈夫ですって! タイトルをひらがな四文字にしときゃウケますから!」

漫画家「そんなもんすかねえ」


TV「勇者情報です。本日南西で勇者が発生しました。勢力を保ったまま北上し、三日後に魔界に上陸する見込みで……」

2019/11/02 19:04 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/28(月) 21:50:09.743 ID:04mfbcZy0

TV『ここで勇者情報です』

オーク「ああ、もうそんな季節か」

TV『本日南西で勇者が発生しました』

TV『この勇者は勢力を保ったまま北上し、三日後には魔界に上陸する見込みです』

オーク「三日後か……」

TV『なお、勇者はLVは10です。くれぐれもご注意ください』

オーク「なーんだ、大したことねえじゃん。何もする必要ねえな」


友「俺の代わりに警察となって渋谷ハロウィンに行ってきてくれ!」男「は!?」

2019/10/31 20:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/30(水) 21:59:54.081 ID:fEtJCC4b0

男「大学以来会ってなくて久しぶりに連絡寄越してくれたと思ったらいきなり何言い出すんだ!」

友「頼むよ!他に頼れる奴がお前しかいないんだ!」

友「ハロウィンの夜は彼女と一緒にデートしたいんだよ!一生に一度のお願いだからさ!」

友「お前どうせハロウィン暇だろ!家でゴロゴロしてるだけだろ!」

男「なっ…!」イラッ

友「警察になれるんだぞ!?こんな経験滅多にないぞ!?」

友「このチャンスを逃したらもう警察になんかなれないぞ!!」

男「別に警察になりたいなんて思ってねえよ!切るぞ!」

友「ままま待って待って待って!!」


男「捨てたのについてくるな!」スタスタ 童貞「ドウドウテイテイ」トコトコ

2019/10/31 17:03 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/27(日) 01:30:18.353 ID:eR2TlLWj0

『どなたか拾って下さい』

童貞「ドウドウ」

男「これでよし」

童貞「テイテイ」

男「じゃあな、いい人に拾われろよ」スタスタ

童貞「ドウドウテイテイ」トコトコ

男「ついてくんなよ!」スタスタ

童貞「ドウドウドウテイテイテイ」トコトコ


集計係「なに!?誰も投票に来ていないだと!?」

2019/10/30 19:04 | その他 | コメント(1)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/26(土) 22:15:44.135 ID:l3HaLgSQ0

元市長「私の任期も終わり、ついに新しい市長が選ばれるときが来たか…」

集計係「5人の候補者がいましたがどれも頼り甲斐のある方達で安心できますね」

元市長「1人を除いてだけどな…」

集計係「まあ…あの人は絶対当選しないと思うので…」

元市長「でも他は優秀な人ばかりだからな。さぞかし接戦になるに違いない」

集計係「ですね」

元市長「さて、そろそろ投票時間も終わった頃だろう」

元市長「私らも投票所に行こう」

集計係「はい」


殺し屋「俺の仕事がAIに奪われるわけないwwwと余裕ぶっこいてたら奪われそうなんだが」

2019/10/30 17:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/26(土) 18:05:44.813 ID:vEWa/m840

―アジト―

TV『こちらの工場では工程管理をAIに任せることで、人員を50人削減……』

殺し屋「ここんとこ、こういうニュース多いなー」

相棒「AIの発達はめざましいからな」

殺し屋「50人削減ってことはようするに50人クビってこったろ? 恐ろしいねえ」

相棒「人の仕事がAIに奪われる……というのがいよいよ現実化してきてるな」

殺し屋「その点、俺らみたいな稼業はよかったなぁ。AIに奪われようがない仕事だもん」

相棒「まぁな」