TOP > その他
カテゴリー  [ その他 ]

ドラゴン「貴様は肉を食わないのだな」魔物使い「ベジタリアンなものでして」

2019/07/16 22:34 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/16(火) 21:34:41.97 ID:otgDpFYUO

鬱蒼と木々が生い茂る広大な森の奥深くで食料を探していたら、古びた洞窟を見つけた。
丁度、雨が降っていたので、これ幸いと雨宿りをするべく、その洞窟の中へと駆け込んだ。
すると、中からは何やら生き物の気配がした。

それは匂いであったり。
荒々しい息遣いであったり。
肌を焦がす熱気であった。

そしてそれら全てが、たまらなく怖かった。
危険を感じてすぐさま引き返そうとすると、洞窟の奥から地鳴りのような声が響いた。

「ここへ何をしに来た、人間」

人間とは、恐らく己のことだと推察する。
少なくとも、己以外の人間の姿は見えない。
この広大な森で暮らす人間は、己だけだ。
だから人間は自らの目的を、正直に話した。

「えっと……その、雨宿りしようと思いまして」
「嘘をつくな。財宝が目当てであろう」
「そ、そんな、めっそうもありません!」
「まあ、ここに財宝などありはしないがな」

身に覚えのない疑いを向けられ、青ざめた人間に対して、洞窟の奥から響く声の主はまるでその反応を楽しむかのように、嘲笑った。
そんな人を馬鹿にした態度に人間は憤りを覚えて、何か言い返すべきか、でもやっぱり怖いからやめておくべきか迷い、悩んでいると。

「雨宿りならば、奥でするがよい」
「えっ?」
「聞こえなかったのか? 近う寄れ」
「あ、はい」

近う寄れだなんて、まるでどこぞの王様みたいだなと思いながら、人間はその言葉に従った。
そして洞窟の最奥に悠然と横たわる、巨大なドラゴンの姿を見て、なるほどこれはたしかに王者の風格だと思い納得して、小便を漏らした。


木こり「私が落としたのはただの斧です」女神「違うだろ!!」

2019/07/15 18:02 | その他 | コメント(2)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/07/14(日) 23:21:09 ID:SE7sFviU

木こり「今日もお仕事、お仕事」カツーン カツーン

木こり「あっ!いっけねぇ!手が滑っちまった!」ヒュルルル ボチャンッ

木こり「ああ!大切な仕事道具の斧が!……うん?」

パアアアアアアアアッ

女神「私はこの泉の女神。貴方が落としたのはこの金の斧ですか?それともこの銀の斧ですか?」

木こり「いいえ、私が落としたのはただの斧です」

女神「違うだろ!!」

木こり「」ビクッ!


男「俺は幸せ者だ」

2019/07/15 15:05 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/14(日) 15:45:16.883 ID:6Q9+4zWO0

男「頑張れ!もう少しだ!」

娘「頑張れママ!」

妻「んっ…!」

息子「おんぎゃあ」

助産師「生まれました!」


能力者「俺の能力は『砂を刃に変える能力』だ!」

2019/07/13 15:01 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/07/13(土) 00:21:51 ID:d/7gWNZw

能力者「勝負あったな……!」

敵「くっ、まさか俺の『竜巻を起こす能力』を利用するとは……!」

能力者「あんたの能力と比べりゃ俺の『砂を刃に変える能力』は平凡だ。でも平凡なりに戦い方はあったのさ」

敵「見事だ……ぐふっ!」バタッ

能力者「これで俺が倒した能力者は10人か……」

能力者「影を実体化させる能力者、目を合わせた者を即死させる能力者、触れた人間を操る能力者……」

能力者「どいつもこいつも強敵だったぜ……!」

アナウンス『お知らせです』

能力者「なっ、頭の中に直接声が!?」

アナウンス『残り能力者の人数が10名になりました。セカンドステージに移行します』


底辺ニート僕の休日

2019/07/12 00:04 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/12(日) 20:31:05.258 ID:4ZYLFpyh0

午後2時

僕「スヤスヤ…」

僕「ん…」

僕(もうこんな時間か…)

僕(忘れないうちにソシャゲのログボ取っとこ)


幼馴染のボクっ娘「……あまりボクを怒らせない方がいい」

2019/07/11 18:05 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/10(水) 23:45:56.38 ID:gf070GdVO

「ボクのお尻を舐めて」
「嫌だ」

幼馴染のボクっ娘のお願いを突っぱねる。
すると、目に涙を浮かべて、叩いてきた。
力がないから全然痛くないけど、鬱陶しい。

「どうして舐めてくれないのさ!?」
「どうして舐めないといけないんだ?」
「特別な関係になりたいからだよ!」
「普通の関係で俺は充分だ」

特別というよりも、特殊な関係になっちまう。

「……あまりボクを怒らせない方がいい」
「不登校のヒキニートに何が出来るんだよ」
「ああっ!? 今、言っちゃいけないこと言った! 謝ってよ! ボクはすごく傷ついた!!」

かつて、不登校だった、現在ヒキニート。
そのことをこいつはとても気にしていた。
ガン泣きで、ギャンギャン吠える幼馴染に。
俺は嗜虐心を刺激されて、更に責め立てる。

「誰が謝るか。謝って欲しけりゃ働け」
「絶対嫌だね! ボクは一生養って貰うんだ!」
「養うって、誰が?」
「君に決まってるだろ!? ボクの旦那様なんだから、もっとお姫様みたいに扱えよっ!!」

いつから旦那になったんだ。そんなことより。

「だったら、お姫様らしくしてろ」
「ぐぬっ」

ぐうの音も出ずに黙り込む姿は、可愛かった。


魔王「諦めて余のものとなれ」姫「触らないで!」パシッ 姫「……あら?」

2019/07/04 15:05 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/03(水) 22:28:44.426 ID:h1xA7sU30

魔王「クックック……」

姫「!」ビクッ

魔王「何をしていたのだ?」

姫「もちろん……勇者様の無事を祈ってたのよ」

魔王「勇者はここへはたどり着けんよ。もう諦めろ。諦めて余のものとなれ」

姫「触らないで!」パシッ

ボキッ

姫「……あら?」


男「タピオカでJK釣ろうぜw」女「やろうやろう!」

2019/07/02 19:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:33:15.685 ID:uIdf8TA50

男「ジャーン!」

女「なにそれ? ヤギのフン?」

男「今流行りのタピオカだよ」

女「ああ、女子高生に大人気のやつね!」

男「これでJK釣ろうぜ!」

女「やろうやろう!」



こうして二人は川に出かけた――


勇者「このダンジョンにはエッチ系モンスター、エチエチが出てくるらしい…皆気を引き締めていくぞ!」

2019/07/01 15:05 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/30(日) 19:13:20.437 ID:PG38PU8W0

女魔法使い「え?なんですかそれ…?」

勇者「知らないのか…?相手にHな告白を余儀なくさせる魔法…エチ系呪文を
使うモンスターだ…」

勇者「エチ系魔法は、エチ→エチラ→エチナズンの順で強くなり、
告白を余儀なくされるHな情報のグレードも上がっていくらしい」

武道家「なんだよそれ、聞いたことねえよそんな魔物」

女魔法使い「エチ系魔法とか…そんな魔法もはじめて聞きました」

女戦士「そんなくだらんモンスターの相手をしてる暇はないな…
とっとと行こう」

女僧侶「そうですね、そんな馬鹿モンスター無視して、はやく進みましょう」


エチエチ「ききぃ!」

勇者「はっ!噂をすれば出てきたぞっ!!エチエチの群れだっ」


30代独身男「ヤバイ……このままだと性犯罪に走っちまう!」ムラムラ

2019/07/01 06:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/10(月) 22:36:03.702 ID:OhNallNi0

男(俺は30代の独身男……)

男(モテない、ヤれない、喋る機会すらない。もやし三拍子全て揃っている)

男(このままずっと独り身で朽ち果てていくのもよかろう、と思っていた)

男(思っていたのだが……)

男(このところ、どうにもムラムラがとんでもないことになっている!)

男(誰だ、30過ぎたら性欲は減退するとかいってた野郎は! 全然そんなことないぞ!)



男「ヤバイ……このままだと性犯罪に走っちまう!」


俺「ええ、おっぱいを探していて」

2019/06/29 00:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/08(土) 10:55:04.768 ID:kO+5uQwB0

ガタンゴトン

ガタンゴトン

俺「…」

小太り「相席いいかい?」

俺「ええ、どうぞ」

小太り「あんた、どこまで乗るんだい?」ゴソゴソ

俺「とりあえず次の町まで」

小太り「なんだ、わしのほうが先に降りるのかっと」ドサ

俺「探しているものが見つかれば早く降りるかもしれません」

小太り「ほう、何を探していて?いや、これでも行商人でね」

俺「ええ、おっぱいを探してるんです」


女子高生「出来心だったんです……」店長俺「あのね、万引きって犯罪なのよ?犯罪」ニチャァ

2019/06/24 15:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/23(日) 15:26:17.542 ID:Oe0IsgvX0

女子高生「ご、ごめんなさい……あの、本当、謝るので許してください……」

俺「いやねぇ、万引きって額以上の損害があるわけよ。謝って済んだら警察要らないよね?」ニチャァ

女子高生「!け、警察だけは……!」

俺「え?」

女子高生「受験生なんです……!警察だけはやめて下さい……!」

俺「……」

女子高生「……」

俺「いやさ、そうは言ってもこっちは明確に被害を受けたわけでさぁ。誠意だけでなんとかなるもんじゃないんだよね」

女子高生「あ、あの!どんなことでも……どんなことでもしますから警察だけは!」

俺「どんなことでも?」

女子高生「……」

俺「……」

女子高生「あの……」

俺「うーん(早く警察突き出したいなぁ。多分署に送る途中でパトカー乗れるよな、一回乗ってみたかったんだよなぁ)」ワクワク


納豆キムチ女「……納豆キムチの味がする」納豆キムチ男「……当たり前だろ」

2019/06/23 18:05 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/22(土) 23:07:00.67 ID:luxIPjs0O

短いオリジナル短編を二作品投稿します。
最後まで、お愉しみください。

それでは以下、本編です。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/22(土) 23:08:28.65 ID:luxIPjs0O

「好きな食べ物は、納豆キムチご飯です」

小、中、高と、同じ自己紹介を耳にした。
またかと思いつつ、横目で様子を伺う。
眼鏡を掛けた、ショートカットの女子生徒だ。
姿勢が悪く、猫背気味で、暗い雰囲気。
女好きの友人曰く、意外と胸が大きいらしい。
そんな情報は自己紹介と同じくどうでもいい。
しかし、高校に進学するにあたり、人間関係はリセットされており、周囲の興味を惹いた。
だが、腐れ縁じみた俺に言わせれば、彼女に興味を持つことは無意味であると、断言出来る。

「毎日キムチ納豆を食べてるの?」
「いえ……多くても月3回程度です」
「チゲ鍋は好き?」
「いえ……キムチが好きなわけではないので」
「ご飯なしでキムチ納豆食える?」
「いえ……ご飯がなければ好きではありません」

新しいクラスメイトとの質疑応答の内容。
それもまた、聞き覚えのあることばかり。
聞いていて、イライラする。つまらない。
それっきり興味を失い、彼女は孤立する。


無価値な男「僕は人から必要とされる人間になりたい」無価値な女「私もそう思う」

2019/06/19 21:01 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/18(火) 20:41:27.70 ID:kXabp11vO

「行ってきます」

独り言を口にし、玄関の扉を閉め、施錠した。

数歩進み、振り返ると、立派な一戸建てだ。
この高級住宅地の中でも、その広い敷地面積と、洒落た外観は群を抜いていた。
つまり、周囲よりも資産価値が高い家だ。

母親の恋人の稼ぎが良いことが、よくわかる。

「あれ、髪型変えた?」
「暑くなってきたから、切っちゃった」

登校して、教室に入ると、女子高生達の華やかな会話がそこかしこで聞き取れた。
自分の席に着きながら、無意識に髪に触れる。

実は私も、2週間ほど前に髪を切った。
とはいえ、3センチほど。
もともとそこまで伸ばしてはおらず、見た目の印象は然程変わってはいない。

だから、誰にも気づかれなかった。

なんてことは、ただの言い訳に過ぎず。
ただ単純に、自分は目立たない人間だから。
それが理由で、それが私の個性だった。

「……まあ、いいんだけどさ」

溜息交じりに独りごちる。
そして、すぐに自省する。
そうしなければ、堕落してしまうから。

このままでは、良くない。
良いわけがない。
そんなんじゃ、この先やっていけない。

価値のない人間になんて、なりたくなかった。


妖狐(5000)「こんなおばさんでいいのかえ…?」どたぷん

2019/06/19 13:16 | その他 | コメント(0)
7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/19(水) 09:08:36.225 ID:gdyKX+p7p

妖狐「よう来なすった」

男「はい、油揚げ。みんなで食べてくれ」

妖狐「ほほほ、ありがたい手土産だのう。して、今宵はどの子と遊ぶのかえ?」

男「入りたての赤毛の……」

妖狐「ああ、鬼灯。まだ男慣れしとりゃせん、お手柔らかにの」

男「じゃ、よろしく」

妖狐「滝の間へ……」


ロボ娘「本日転入いたしましたボ娘です」

2019/06/19 00:43 | その他 | コメント(0)
1: ◆GiMcqKsVbQ 2019/06/18(火) 23:54:13.11 ID:1CFj2mmu0

【自己紹介】

ロボ娘「身長は155センチ、体重はりんごn個分」

ロボ娘「趣味は洋画鑑賞です。最近は名探偵ピカチュウを見に行きました」

ロボ娘「あとは、見ての通りロボットです。至らぬ点もあるかと思いますが、よろしくおねがいします」

パチパチパチパチパチ

女子A(え、ロボット?)

男子A(ロボット好きの聞き間違いか?)

先生「はい、自己紹介ありがとうございます。ロボ娘さんはロボットして作られてまだ2年ほどだそうです。みなさん、仲良くしてあげてくださいね」

男子A(聞き間違いじゃなかった!?)

女子A(マジでロボットなんだ・・・・・)


男の娘「男の娘だからって聖人だと思うなよッ!!」

2019/06/16 17:48 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/13(金) 20:11:22.28 ID:7hodYm+V0

男の娘が主人公のオリジナルSSです。



モブ男子1「おっまえほんとガサツだよな~。それでも女かぁ~?」

モブ女子1「るっさーい。ってかそれって超サベツ~」

モブ男子1「男の娘を見習えよー」

モブ女子1「ちょっとそこで男の娘くん見ならっちゃダメじゃーん!!」

モブ男子1「結局男の娘がいちばん女子力あるんだから当然だろ!!なっ!!!!」

男の娘「えっ!?あっ、あはは…。そう…なのかな?」

モブ男子1「あったりまえだろ!見た目、声、性格…。カンペキかよ!神はなぜコイツを男に!?!?」

モブ女子1「それは言えてる~。ってか男の娘くんマジで声変わりとかしてなくない?作って高い声出してるやつじゃないもんねそれ」

男の娘「自分でも不思議なんですよね…。そのせいでますます男子から遠のいていく…」

モブ女子1「いやぁ~。もういっそ性転換しちゃえばってレベルですごいと思うわ」

モブ男子1「お前も性転換した方いんじゃね?」

モブ女子1「なんだとコラァ!!!!」

男の娘「あははっ、ひどい事言っちゃだめですよ~」

モブ女子1「おーい男の娘くんそこ笑うとこじゃなーい!!」

男の娘「わわわ、ごめんなさ~い!」


幼女騎士「くっ、ころせ!なさけはむよーだ!」

2019/06/15 23:01 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/15(土) 10:32:53.690 ID:fOBD+tHG0

オーク「まあ落ち着いて」

オーク「捕虜は丁重に扱うようになってるから安心してよ」

幼女騎士「うそだ!そういってわたしのじゅんけつをうばうきだろ!」

幼女騎士「やれるものならやってみろ!」ブンブン

オーク(やべえ、超可愛いんですけど)


女友「ストーカー?」 女「うん」

2019/06/14 23:00 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/14(金) 21:13:31.31 ID:a/wdoO5h0

女友「に、あってたの?」

女「うん」

女友「うわーやっぱあるんだ~そういうの…さすがモデル」

女「元、だけどね」

女友「今は運営してる側だもんね」

女友「ってか、もしや2年前に急に辞めちゃったのってそれが原因?」

女「あっううん、そのせいってわけじゃないよ。 関係なくもないけど」

女友「どういうこと?」

女「んと…」

女「ストーカーはストーカーでも、いいストーカーだったの」

女友「……はい?」

女「小学校のころからだったし」

女友「小学校!?」


女上司「傘持つと牙突したくなっちゃうよね~」男「はぁ……」

2019/06/13 01:37 | その他 | コメント(1)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/13(木) 00:32:07.194 ID:GFTfb24h0

―駅―

ザァァァァ…

女上司「あ、雨降ってきちゃった!」

男「ホントですね!」

女上司「ふんふ~ん」サッ

男「なにいきなりビリヤードみたいな構えしてるんですか?」

女上司「ビリヤードじゃないわよ! 牙突よ牙突!」

女上司「傘持つと牙突したくなっちゃうよね~」

男「はぁ……」