TOP > その他
カテゴリー  [ その他 ]

大地の魔女「祝福の聖女よ、相談とは何だ?」

2018/11/20 11:01 | その他 | コメント(0)

572: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/16(金) 19:52:35.62 ID:wp+PDzrqo

祝福の聖女(以下、聖女)「……すみません、急に呼び出して」

大地の魔女(以下、地女)「なぁに、気にすることはない!」

聖女「……お姉ちゃん」

地女「うむ! お姉ちゃんに、何でも相談するが良い!」


聖女「……」

聖女「……奇跡が……起きちゃったんです」


地女「……」

地女「奇跡?」


火の四天王「剣の乙女、お前に大事な話がある」

2018/11/19 11:05 | その他 | コメント(0)

545: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 22:21:26.39 ID:ua+8PPg4o

剣の乙女(以下、乙女)「あら、思ったよりも元気そうじゃない」

火の四天王(以下、火王)「……ああ、まあな。それで、話というのは――」

乙女「――待って」

火王「? 剣の乙女?」


乙女「……火の四天王」

乙女「随分と雰囲気が違うけれど……何があったの?」


火王「っ!? す、鋭いな……」


水の四天王「祝福の聖女よ、式が中止になりましたわ」

2018/11/19 10:02 | その他 | コメント(0)

521: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/15(木) 15:54:58.37 ID:ua+8PPg4o

祝福の聖女(以下、聖女)「えっ、婚約発表の式が……ですか?」

水の四天王(以下、水王)「ええ、何者かが侵入して……」

聖女「そ、それって一大事じゃないですか!?」

水王「……そうですわね」


水王「この私――水の四天王の顔も潰してくれましたの」

水王「犯人を捕らえたら……ふふっ、どうしてくれましょうね!」


聖女「と、とりあえず落ち着きましょう! ねっ!?」


乳牛「てめえみてーな田舎モンは家に帰ってミルクでも飲んでやがれ!!!」モオォォォォォ

2018/11/18 23:01 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/14(水) 21:40:28.053 ID:FDmOESOv0

―酒場―

キィィ…

マスター「いらっしゃい」

マスター「ご注文は?」

男「こういうところ来るのは初めてなんで……なにかオススメをもらえるかな?」


モオォォォォォ…


男「!」

乳牛「ギャハハハッ、笑わせてくれるぜ! 酒場にも来たことねえのかよ!?」

乳牛「てめえみてーな田舎モンは、家に帰ってミルクでも飲んでやがれ!!!」モオォォォォォ

男「…………」


大地の魔女「光の勇者よ、傍を離れるな!」

2018/11/18 21:01 | その他 | コメント(0)

491: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/14(水) 21:01:34.82 ID:dDW5kg4Eo

光の勇者(以下、勇者)「くそっ、離しやがれ!」

大地の魔女(以下、地女)「ええい、離すものか!」

勇者「離せっつってんのがわかんねえのか!」

地女「離れるなと言っているのがわからんのか!」


風の四天王(以下、風王)「……僕は、二人まとめででも構わないよ」

風王「さあ、始めようか……!」


地女「! 来るぞ、勇者!」

地女「……――説教だ!」

勇者「だから、なんで俺を巻き込むんだよおおおおお!?」


男「窓の傍に裸の女の人がいる……」

2018/11/18 19:05 | その他 | コメント(1)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/14(水) 21:49:33.385 ID:BkDALcEO0

男(バイト疲れたなあ)

男(こんなに遅くなっちまうなんてな。これから宿題か……)

男(にしても、ここの屋敷、いつ見てもでかいなあ)

男「……ん?」

女「はあ、はあ……」

男「窓の傍に裸の女の人がいる……」

男(片足を窓枠にかけて、手は股の間に……)

男(えらいもん見ちまったなあ。えらいもんというか、えろいもんだけど)


火の四天王「……婚約発表は、三日後か」

2018/11/18 14:01 | その他 | コメント(0)

461: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 22:00:08.81 ID:2zdbHm1Go

火の四天王(以下、火王)「こんなにも……簡単だとは」

火王「私と奴の婚約は……ずっと、秘密だったと言うのに」

火王「……」

火王「……うっ……ふぅっ……うぅっ……!」ポロポロッ…


地の四天王(以下、地王)「火の四天王よ」

地王「何を泣いているのだ?」


火王「……」

火王「はいっ!?」


祝福の聖女「火の四天王が、婚約発表するそうです」

2018/11/18 13:03 | その他 | コメント(0)

436: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 19:39:25.50 ID:2zdbHm1Go

剣の乙女(以下、乙女)「えっ? それは本当なの?」

祝福の聖女(以下、聖女)「はい、確かな情報です」

乙女「成る程……だから……」

聖女「あ、あの……大丈夫ですか?」


大地の魔女(以下、地女)「なんっ、ななななんっ、何がだ!?」

地女「これは……ちょっと床板の触り心地を確かめてな! うむ!」


光の勇者(以下、勇者)「……触り心地はどうだよ?」


地の四天王「光の勇者よ、やり遂げたようだな!」

2018/11/18 11:01 | その他 | コメント(0)

409: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/13(火) 10:50:47.19 ID:2zdbHm1Go

地の四天王(以下、地王)「良い面構えになっているぞ!」

光の勇者(以下、勇者)「その……変に察するのやめろって」

地王「いやぁ、めでたいめでたい!」

勇者「……なんか、妙に嬉しそうじゃねえか」


地王「いやな? お前がブチュッとしてる間に、火の四天王が来てな?」

地王「正体がバレたと思いきや、バレずに済んでいたのだ!」


勇者「命が助かったんなら、そりゃ喜ぶよな!」


女神「わたしは女神…普通はこんなことしないけど、特別に召喚されてあげるわ!」

2018/11/18 10:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/13(火) 09:17:26.892 ID:Koc5YLSZ0

キラキラキラキラ(派手なエフェクト


女騎士「おっ、星5の召喚に成功したな」

盗賊「リセマラランキング1位じゃん、頼んだぜリーダー!」

女神「え?」

盗賊「おいおい、ソシャゲは始めてか?」

女騎士「とりあえずレベル上げ素材でも食っておちつけよ」


暗殺者「お電話ありがとうございますっ! あっ、いつもお世話になっておりますぅ~」

2018/11/17 19:01 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/13(火) 00:18:09.402 ID:53axUT6W0

暗殺者「久しぶりー!」

友人「おう、久しぶり!」

暗殺者「ビール買ってきたし、乾杯しようぜ!」

友人「おう!」

カンパーイッ! グビグビッ…

友人「……大学卒業以来だな!」

暗殺者「そうだな! 会社はどうだ?」

友人「いやー、全然面白くねえよ」


男「神様から与えられた“能力”が複雑すぎて覚えらんねえ」

2018/11/17 17:01 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/12(月) 21:36:28.155 ID:8H237cbt0

神「君たちは選ばれた……」パァァァァァ…

男「誰だお前は!?」

神「私は神だ……」

JK「神様ぁ?」

不良「俺らになんの用だよ!?」

優等生「何事です?」クイッ

神「今、この世には悪魔に能力を与えられた“悪の能力者”が蔓延っている」

神「それを倒せるのは同じ“能力者”しかいない!」

神「これより君たちに“能力”を授けよう。その力で悪の能力者を倒すのだ!」

男「なんだって!?」


地の四天王「光の勇者よ、いざ出陣の時!」

2018/11/17 16:06 | その他 | コメント(0)

380: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/12(月) 20:27:18.76 ID:bWcFzkNHo

光の勇者(以下、勇者)「いや……お前、出陣とか言うなって……」

地の四天王(以下、地王)「ええい、なんだその腑抜けた顔は!」

勇者「いや、だからな……」

地王「気合を入れろ! 歯を食いしばれ!」


地王「祝福の聖女と、熱い口付けをしに行くのだろう!」

地王「この俺自ら、歯の磨き残しが無いかチェックしてくれるわ!」


勇者「余計な気を回してんじゃねえええええ!」


悪魔「無能共のバトルロワイヤル」

2018/11/15 10:03 | その他 | コメント(0)
1: ◆I/xWwwwDKk 2018/11/11(日) 08:27:37.61 ID:HqKmZ+tPO

男「は、はぁ? そんなワケの分からない殺し合いに参加しろだって……?」

悪魔「そうだよお兄さん、言っておくけど断れば命はないからね!」

悪魔「ルールは簡単。お兄さんを含めた七人がお互いに殺しあって、一ヶ月後に残った最後の一人が優勝だよ!」

男(悪魔なんて信じられないけど、あの尻尾と羽は本物だよな……) ゴクリ

男「くっ、生き残るためには俺以外の全員を倒さないとダメなのか!」


悪魔「でもそれだけだと盛り上がりに欠けるし、このバトルロワイヤルに参加したキミには異能を授けてあげる」

男「異能だって?」

悪魔「そう、チョーノーリョクとでも言えば伝わるかな? お兄さんの望んだ力を一つだけ使えるようにしてあげるから感謝してね!」


少年「ドロケイやろーぜ!」少女「ケイドロだよ!」

2018/11/14 11:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/11(日) 01:20:46.426 ID:cYrGeWbk0

少年「おーい、ドロケイやろうぜ!」

少女「なにいってんの? ドロケイじゃなくてケイドロでしょ?」

少年「ドロケイだろ!」

少女「ケイドロだよ!」

少年「ドロケイ!」

少女「ケイドロ!」

少年「ドロケイ!!!」

少女「ケイドロ!!!」


火の四天王「剣の乙女よ、私はどうすれば良い?」

2018/11/13 11:02 | その他 | コメント(0)

286: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/09(金) 21:59:02.19 ID:zozdBxOjo

剣の乙女(以下、乙女)「急に現れて、何?」

火の四天王(以下、火王)「私には……もう、わからない」

乙女「だから、何が?」

火王「奴に……婚約者に、何と言えばいいのだ!」


乙女「酔って、朝起きたら剣の乙女がベットに居た」

乙女「どっちも裸で、覚えてないけどヤっちゃったらしい」

乙女「……じゃない?」


火王「……うわあああ!!」


水の四天王「祝福の聖女よ、何かありましたの?」

2018/11/13 08:02 | その他 | コメント(0)

255: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/08(木) 20:52:12.13 ID:nWRwErPCo

祝福の聖女(以下、聖女)「わ……わかりますか?」

水の四天王(以下、水王)「ええ、落ち着きがありませんもの」

聖女「じ、実は……勇者様に、キスしちゃいました///」

水王「まあ! とうとう、一歩踏み出したんですのね!」


聖女「はいっ!///」

聖女「なので……私達、結婚しますっ!///」


水王「大きな一歩すぎやしませんこと!?」


大地の魔女「光の勇者よ、状況を整理しよう」

2018/11/13 06:01 | その他 | コメント(0)

230: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 21:21:22.66 ID:eXgVFMmJo

光の勇者(以下、勇者)「……まあ、そうだな」

大地の魔女(以下、地女)「どうした、嫌そうな顔をして」

勇者「お前な……楽しい話じゃないだろ」

地女「では、早速だが!」


地女「大地の魔女という美少女は仮の姿!」

地女「この俺は、魔王軍四天王が一人――地の四天王なのだ!」


勇者「楽しそうに話すんじゃねえってんだよ!!」