TOP > 僕のヒーローアカデミア
カテゴリー  [ 僕のヒーローアカデミア ]

出久「ワン・フォー・オールが出なくなった」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 21:38:50.56 ID:KWSCZCIq0

出久「マズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズいマズい………」ブツブツ

オールマイト「一体どうしたんだ?」

出久「オールマイト………ワン・フォー・オール(以下OFA)が………」


緑谷「1-Aのイケてる生徒?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 20:48:53.90 ID:DO8LfsDb0

僕のヒーローアカデミアのSSです。

よろしくお願いします。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 20:50:23.38 ID:DO8LfsDb0

時刻は夜の8時を過ぎていた。

僕たちは訓練後のシャワーをすませ、夕食をすませ、寮の消灯時刻までの自由時間を文字通り自由に過ごすはずであった。

しかし、1-Aの生徒は今、全員が寮の共同スペースにいる。

そこにはただならぬ空気が立ち込めていた。

それはこの状況からして、不穏な空気、というやつだと思う。

なぜなら、女子は全員ソファに座っているにも関わらず・・・

男子は全員床に正座しているのだから。


麗日「にゃーにゃーにゃー」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 23:29:03.05 ID:8vpRp6Ed0

僕のヒーローアカデミアSSです。

二番煎じですが、よろしければどうぞ。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 23:29:56.30 ID:8vpRp6Ed0

麗日(うう…、なんでうちがこんな目に…)

麗日(発目さんがすごい酔い止めを発明したっていうから試しに飲んでみたら…)

麗日(まさか猫になっちゃうなんて…)ハァ…

麗日(寮の部屋に戻って飲んだからここに発目さんはいないし…)

麗日「とりあえずラボに向かってみよう」テクテク


麗日「ガールズトーク?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/29(日) 23:57:47 ID:dUT4Pd7c

発目「そう!ガールズトークです!」

耳郎「そんな事の為にわざわざ私たちを集めたの?」

発目「そんな事とは何ですかっ!」

葉隠「面白そうだから私は賛成!」

芦戸「でもガールズトークって具体的に何を話すのさ?」

発目「ふっふっふ……、年頃の女子が集まって話すことと言ったら決まってるじゃないですか」

八百万「見当もつきませんわ」

発目「ズバリ!恋愛について!!」

麗日「下世話や!!」

耳郎「恋愛って……アンタってそんなの気にするような奴だったっけ?」

発目「失礼ですね!私だって年頃の乙女、そういう話に興味はありますよ」

葉隠「私も恋愛漫画とか結構好きだよー」

八百万「そういった話はついていけませんわ……」

発目「まぁ、この人が気になる―とか、こういうタイプが好みとかそんな程度の話でもいいんですよ!」


麗日「男子の会話を」耳郎「イヤホンジャック」八百万「ですわ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 21:25:25.34 ID:MTwtek5Y0

・ヒロアカSS
・恋愛要素若干アリ?
・キャラ崩壊アリ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/24(火) 21:27:13.22 ID:MTwtek5Y0

―放課後の教室―

峰田「……つーわけで結局ミッドナイトが1番エロくてかわいいわけよ」

デク「いや、僕はMtレディも捨てがたいと思うな…なによりあの大きさが…ブツブツ」

上鳴「おいおいお前ら、もっと近くを見ろよな。B組の拳藤とかめっちゃカワイイじゃん」

飯田「兄さん最高!兄さん最高!」

轟「なんか間違ってないかお前」


デク「みんなでかっちゃんの誕生日を祝おう!!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:44:02 ID:RfOmO0FQ

デク「明日はかっちゃんの誕生日だ! みんなで祝おう!」

切島「ノッたぜ緑谷!!」

飯田「うむ、友人を大切にするのは良いことだ!」

八百万「私も微力ながらお力添えさせていただきますわ」

轟「……まあ、あいつには悪いことしたしな」


デク「かっちゃんあのね」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/23(火) 19:55:31 ID:PDK/kAMY

BOOM!

デク「ひ、ひどいよかっちゃん……出オチどころか出バクだなんて」

デク「それで、実はかっちゃんに感謝したいことがあるんだけど」

デク「えっ? 帰れ? そんなひどい……」

デク「実は僕、かっちゃんのお蔭で個性の新しい活用法を思いついたんだ」

デク「それが何なのかはまだ分からないんだけどね!」

デク「うるせぇ黙れ? そんなひどい……」

デク「とにかく、かっちゃんには凄く感謝してるんだ。だからこれからも――」

デク「視界から消えろだって!? ひ、酷すぎる……」


デク「カラオケ?」 上鳴「アニソン縛りな!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/20(土) 14:38:47 ID:.k3u6mL6

葉隠「いいじゃん! 行こ行こ!」

切島「できるだけ大勢でやりてーよな!」

上鳴「爆豪はどーせ来ねえだろ、あと……」

勝己「んだとコラ! 行くわ!!」

上鳴「計画通り」ニヤ

デク「かっちゃん、カラオケとか行くんだ……?」

勝己「まあストレス発散にはなんだろ」


デク「かっちゃん、『死ね』『クソ』『殺す』の三言禁止」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 19:55:12 ID:qmJxR0g.

勝己「はぁぁぁぁああ!!??」

切島「今さら文句言うなよ爆豪! 男だろ!」

勝己「何でデクに命令されなきゃなんねえんだ腹立つ!」

上鳴「スマブラで最下位の奴が一位の奴の言うこと何でも聞くってルールだったろ?」

切島「お前緑谷ばっか狙ってくるからなー、隙だらけだったぜ」

勝己「そもそもこいつが来るなんざ聞いてねえんだよ!!」

切島「峰田のやつ、急に用事思い出したとかですっ飛んじまったからなー」

上鳴「用事つーかナンパな! あーくそ俺もついてきゃ良かったぜ」

上鳴「とか言いつつ友情優先させた俺って偉くねえ!?」

デク(とか言いつつ結構楽しんでたような)

デク「ごめんかっちゃん、でも久しぶりに遊べて楽しかったよ」

勝己「なめやがって……」イライラ


デク「かっちゃんが学校を休んだ……?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/12(金) 17:38:53 ID:VAMs9thw

切島「なん……だと……?」

上鳴「嘘……だろ……?」

峰田「どういう……ことだよ……?」

梅雨「事故にでも遭ったのかしら」

葉隠「事件に巻き込まれたのかな……?」

飯田「まさか重病を患っているのか……!? 爆豪くん、そんなことは一言も……!」

相澤「風邪で寝込んでるそうだ」

切島「風邪……だと……?」

瀬呂「いやもういいって!」


上鳴「そろそろハッキリさせとかねーとな」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/08(月) 17:55:27 ID:hbBgj7v2

切島「何をだ?」

上鳴「決まってんだろ」

上鳴「それは……」

上鳴「誰が一番モテるのか!!!」

デク「で、出たあああああ!!」


峰田「八百万のおっぱいマウスパッド!?」ポチッ

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 21:01:27 ID:tOLAHvqQ

峰田「な~んて事があったんですよ~」ハハハ

上鳴「な~~~にィ~~~!?」

八百万「待ってください!!」ガタッ

八百万「そんなものの販売を許可した覚えはありませんわ!!」

峰田「え!? でもありゃ確かにヤオヨロッパイだったぜ!?」

八百万「そ、そんな……」

梅雨「事件の匂いがするわね」


デク「人気投票?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/03(水) 14:41:22 ID:EqpN2L5s

オールマイト「いかにも!」

デク「え……でも時期が早すぎるんじゃ? そもそもまだやると決まったわけでも」

オールマイト「思いついたネタはすぐ排出しないと具合が悪くなるそうだ!」

上鳴「下痢みてーなもんか」

八百万「下品なたとえにしないと気が済みませんの……?」

オールマイト「投票期間は約一週間! 各々の個性を存分にアピールしてくれたまえ!」

デク「人気投票かあ……」

勝己「ぜってぇ一位獲る」


上鳴「なんか面白いこと起きねーかな」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 14:27:55 ID:yD8Q9faw

ヒロアカss
胸糞注意


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 14:29:50 ID:yD8Q9faw

上鳴「なんつーか最近マンネリ気味なんだよなー」

上鳴「爆豪イジんのもいい加減飽きてきたし」

上鳴「刺激が足んねーんだよ刺激が」

上鳴「前にヴィランに襲われたときみてーなさ」

上鳴「……ん? 待てよ?」


勝己「死ねカス!」 デク「うるさいなぁ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 22:26:46 ID:L5uQKRDQ

勝己「死ねカス! 死ねカス!」

デク「うーん……もうこんな時間か」ポチッ

デク「かっちゃん目覚ましは効果てきめんだなあ」ゴシゴシ


……気温は30度を突破し、真夏日……

デク(特に目立ったニュースもなさそうだ)


デク「行ってきます」ガチャ

デク「あ」


上鳴「あっちぃなあ~」チラッチラッ 轟「……」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/25(月) 20:52:51 ID:krP973fk

上鳴「誰かが氷出してくれりゃ涼しくなんのになあ~」チラッチラッ

轟「人をクーラー扱いすんじゃねえ」

上鳴「えっ? 別にお前に言ったわけじゃねえぞ」

轟「……」イラッ


デク「かっちゃんって何でそんなに性格悪いの?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/23(土) 13:20:43 ID:yoWOvVKc

勝己「は?」

デク「前々から思ってたんだけど……」

デク「実はかっちゃんってものすごく性格悪いよね?」

デク「なんでなの?」

勝己「……」

勝己「は?」


デク「かっちゃん! 僕の千年パズル返してよ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 22:33:12 ID:RrKwOW56

キーンコーンカーンコーン

デク「休み時間だ! 今日もやるぞ……」ゴソゴソ

デク「僕の宝物! もう少しで完成するんだよな……」

ヒョイッ

デク「あ!」

勝己「何が宝物だよ! 女の腐ったヤローみてえに」

デク「やめてよかっちゃん! 返してよ!」

勝己「そういうところムカつくんだよ!」ポイッ

ポチャン

デク「あー!!」

勝己「これで一生完成しねーな!」アハハ

デク「ひ、ひどい……」


デク「かっちゃん! 死んじゃダメだ!!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/20(水) 22:25:25 ID:KHRhi6l6

ビュオオオオ……

勝己「寒い……」ガクガク

デク「かっちゃん! しっかり!」

勝己「腕が凍って力が出ねえ……」ブルブル

デク「どうしよう……!? どうすれば……」

勝己「俺……なんだか眠いんだ……」

デク「寝るな!! 寝たら死ぬぞ!!!」ペチペチ

勝己「が……ま……」ガクッ

デク「かっちゃあああああああああん!!!!!!!!!!」


上鳴「爆豪のモノマネやりまーすwww」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/19(火) 18:40:57 ID:qeyLSdoo

上鳴「死ねえええええええっ!!!!」

勝己「全然似てねーぞコラ!! 殺す!!」

上鳴「うぇーい、うぇ~~いと」

勝己「バカにしやがって……!」フーフー

切島「まーまー! 冗談だって!」

デク(またかっちゃんがイジられてる……)