TOP > Fate/stay night
カテゴリー  [ Fate/stay night ]

陛下「聖杯戦争、ですか」

2019/02/24 00:02 | Fate/stay night | コメント(0)
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/13(水) 21:46:42.88 ID:m3ExLboH0

 Fate/SN二次創作。UBWルートに似たご都合ルートエンド後。
 このSSの登場人物は全員18歳以上です。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/13(水) 21:48:03.10 ID:m3ExLboH0

◇◇◇

 一言で言えば、それは宮内庁のミスだった。

 宮内庁陵墓課は、文字通り全国に散らばる900近くもの陵墓を管理する部署であり、同時にこの極東の島国における唯一の公的な魔術・退魔機関の別名でもある。

 ことが起こった時、陵墓課の課長は庁舎の廊下をできる限りの早足で歩いていた。急ぐ理由はひとつ。陛下が自分の部署に足を運ばれたと耳に挟んだからである。

(不味い…)

 今上の陛下は早朝に散歩をされる習慣がある。とはいえ、普段足を向けられるのは自然あふれる御苑の方であり、わざわざ(少なくとも事前通告なく)庁舎に来られることなどありはしなかった。ましてや自分の部署になど!

 どうか自分の机の上を見てくれるな、と男は願った。

 男もこの部署に配属されて長い。つまりは、この国の神秘的な成り立ちについて造詣が深いということだ。

 この国の裏の歴史は、魔とそれを退ける者達との凌ぎ合いの歴史である。退魔を生業とする一族は、それこそ各地に点在している。浅神、巫浄、七夜――彼らは魔を正すことに血道を上げた。上げすぎた、と言ってもいいかもしれない。あの鬼種すらいまや絶滅種だ。

 積極的な退魔など、もはや必要ない。現代に残る混血とて、融和を望んでいるものが大多数だ。反転の危険はあるが、それとて内々に処理されることが多い。

 それこそ、陵墓課のように監視に留めるだけで十分な対応と言えた。たとえ退魔の家々から臆病者の事後処理部隊と言われようとも、だ。

 故に、不味い。

 最悪の予想が現実となれば、落ち着いている魔と退魔のバランスを壊す可能性がある。おまけに今回の件に限れば、"西の連中"も出張ってきかねない。

 冬木という土地は特殊だ。それは紛れもなくこの国の内部であり、しかし古くから外部――西洋に開かれていた土地でもある。

 軽く息を切らせて、男は陵墓課の執務室前にたどり着いた。重厚な黒檀の扉には、厳重な魔力避けの機能が付与されている。

 だからこそ、気づいた。手遅れであることに。

 部屋の中から恐ろしいほどの神秘が垂れ流しになっている。扉の魔力避けは、すでにオーバーフローして意味を失っていた。

 扉の修理予算と事態の推移に、男は退職願を残して失踪したい、という強い誘惑に駆られる。

 だが彼の職務意識がそれを許さなかった。悪魔のささやきになんとか打ち勝つと、いまやただ重くて開けにくいだけになった扉のノブを捻り、部屋に踏み入る。

 予測を裏切るものは何もなかった。部屋の中にいるのは1人の老年男性だ。おそらく齢80は越えているだろう。それなのに、老人からは弱々しさを感じない。

 感じるのは春の日差しの様な温かみと――全てを烏有に帰す、凶悪なまでの陽炎だった。

「陛下、」

「聖杯戦争、ですか」

 先んじて会話のペースを掴もうとした男の発声を、老人の呟きが圧倒する。

 老人の声には力があった。それは有史以来、人が抗えた例のない権能を持った声。神の告言葉。

 不味い、と男は再び胸中で繰り返した。老人――陛下は悲しみ、そしてお怒りであられる。なにより不味いのは、陛下の抱いた怒りの矛先が、陛下自身に向けられているということだった。

「第五次までで、判明しているだけでも被害者の数は四桁以上。第三次に至っては、帝国陸軍までもが加担している、と」

 何故、自分はまとめた報告書を机の上に放置してしまったのだろう――陛下が読み上げている書類束を恨めし気に見つめ、男は過去のうかつさを悔やんだ。

 冬木の聖杯戦争。"西洋の連中"がこの国に持ち込んだ中でも最大規模の魔術儀式。

 読み上げられた通り、あの聖杯戦争では多くの犠牲者が出ている。

 では何故、国の退魔機関である陵墓課が動かなかったのかと言えば、その犠牲が目を瞑れる範囲内で収まっているからだ――収まっていなかった場合、実際に対処できたかどうかは別として。

 魔術協会、聖堂教会という二大組織が監督役を務めている以上、下手に触れば藪をつつくことになりかねない。

 管理者の遠坂家は200年前からこの地を上手く治めている。西洋の術を使う――使うようになった家だが、その点ではこの国寄りの存在だと言えた。

 おまけに第三次では陸軍の暴走があり……とまあ、そういった様々な理由が重なり、結果として冬木の聖杯戦争はこの国にとってもアンタッチャブルとされていたのだ。

 この場合のアンタッチャブルとは、つまるところ陛下の耳に入れてはならない、ということである。何しろ、陛下は犠牲に目を瞑れない。

 堪え性がない、という意味ではない。それは法則だった。終戦の折、彼の大国と結んだ盟約により外に向けて振るわれることを禁じられた陛下の力は、その法則の下に根付いている。

 陛下が聖杯戦争のことを知れば、"慰問"に向かわれることは想像に難くない。

 そして、いまやそれを止めることが出来る者は誰もいないのだった。


凛「士郎、 手がイカ臭いわよ」士郎「」桜「」

2019/01/27 12:04 | Fate/stay night | コメント(1)
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/01(土) 22:01:03.92 ID:DOH0ulmS0

凛「ちょっと洗ってきなさいよ。そんな手で触られたら臭い移っちゃうじゃない」

桜「・・・先輩?」

士郎「い、いや、ちがうぞ桜!イカをさばいたから!さっきイカをさばいたから!」

凛「?分かってるわよそんなこと。見てたし。何で2回言うのよ」

士郎「!! お、おう。だよな!そうだよな!!」

凛「当たり前じゃない。イカに触ったからイカ臭くなったに決まっているでしょ。他になんでイカ臭くなるのよ」

桜(姉さん・・・)


【fate】士郎「ヘヴンズフィール 大ヒットを祝して乾杯!」

2019/01/23 22:15 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/23(水) 21:49:53 ID:B4ActGMM

ホロウ世界線をイメージしました


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/01/23(水) 21:50:35 ID:B4ActGMM

士郎「ヘヴンズフィール 大ヒットを祝して乾杯!」

全員 「乾杯!」

ここは、我が家の居間。俺たちが出演した映画が随分とヒットしたようで、セイバー、桜、ライダーに加え、遠坂を呼びささやかなパーティーをすることになったのだった。

士郎「今晩は俺と桜が腕によりをかけて、作ったからな。たんと食べてくれ」

桜 「昨日から準備してたんですよ」


アイリ(セイバーに悪戯しちゃえ)セイバー「……」トテトテ

2018/12/23 19:04 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:01:23.17 ID:w7CzSoXd0

アイリ「セイバー」トントン

セイバー「なんでしょうか?」

ぷにっ

アイリ「ふふっ」プニプニ

セイバー「にゃんのまにぇでしゅか?」

アイリ「肩を叩くと、叩かれたほうへ顔を向けるでしょ?」

セイバー「ええ」

アイリ「それを利用して、人差し指で頬を突くの。今、みたいにね」

セイバー「なんて程度の低い悪戯ですか、全く」

アイリ「でも、みんなひっかかるのよね」

セイバー「当たり前です。そんなことをされるとは誰も思いません」


イリヤ「お母様!腕相撲しよ!」アイリ「ええ、いいわよ」

2018/12/19 21:04 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 18:38:34.95 ID:8a+BujQW0

イリヤ「ていっ!」

アイリ「きゃぁ。負けちゃった」

イリヤ「お母様、よわーい」

アイリ「ふふ。そうね。イリヤは強いわ」

セイバー「アイリスフィール、腕相撲ですか?」

アイリ「ええ」

セイバー「イリヤスフィール、次は私と勝負しましょう」

イリヤ「いいよ。負けないけどね」

セイバー「それは楽しみだ。……では」グッ

イリヤ「レディー……ゴォ!」

セイバー「はっ!!」バタンッ

イリヤ「……」

セイバー「ふっ。私の完勝ですね」

アイリ「セイバー……」

イリヤ (´;ω;`)ブワッ


キャスター「あーッ!龍之介ぇ!お肉が半額ですよぉ!!」

2018/12/18 13:05 | Fate/stay night | コメント(0)
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/31(火) 14:35:19.48 ID:bauDd9rY0

龍之介「え!?マジで!?……COOOOOOOOL!COOLだよ旦那ぁ!!!」

キャスター「こちらのキャベツもお安いですよぉ龍之介ぇ」

龍之介「じゃあ今夜はお好み焼きでもするか~?」

キャスター「人の脳の様な食べ物ですか!すばらしい提案ですねぇ龍之介ぇ!」

龍之介「楽しみだなー……俺、お好み焼きなんて作るの久しぶりだぜ旦那ぁ」

キャスター「あーッ!龍之介ぇ!こちらに試食コーナーがありますよぉ!!!」

龍之介「旦那ぁ!あんまり食べるとお好み焼き余っちゃうよー?」

キャスター「流石主婦の味方と噂されているだけありますねぇ!」


アイリ「起きて、私の可愛いセイバー?」セイバー「え?」

2018/12/16 10:03 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 22:51:44.72 ID:oyk2g5cQ0

自宅

アイリ「起きた?」

セイバー「……?」

アイリ「さ、今日は王様に会う大事な日でしょ?」

セイバー「え?これは一体……?」

アイリ「ほらほら、準備して」

セイバー「……」

セイバー「私が王です」

アイリ「あはは。何いってるの?貴女は勇者セイバーでしょ?」

セイバー「勇者?」

セイバー「問おう、貴女が私のマスターか?」

アイリ「私はお母さんよ?」


セイバー「きりつぐー♪」切嗣(セイバー、うざいな……)

2018/12/15 10:01 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 10:03:15.76 ID:ThljOhqj0

セイバー「……」

切嗣「これが……セイバー?」

アイリ「女の子……なのね……」

切嗣「……いこう。アイリ」

アイリ「ええ……」

セイバー「……マスター、ですね?」

切嗣「……」

セイバー「なるほど。なるほど」ギュゥゥ

切嗣(なんだ……?どうして腕にしがみつく……)


セイバー「きりつぐー、胡桃みつけましたー」切嗣「……」

2018/12/14 19:05 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 08:52:15.89 ID:rnZNgJ1G0

セイバー「ほら、こんなにありますよ?」

切嗣「イリヤ、ここは場所が悪い。向こうに行こうか」

イリヤ「う、うん……?」

セイバー「……」

セイバー「まだ、足りませんか。いいでしょう。この森の胡桃という胡桃をこの手に……」

セイバー「そして切嗣にクルミマスターとして認めてもらうのですっ」

アイリ「セイバー……」


セイバー「エクスカリバーぶっ放してたら聖杯戦争楽勝ですよ」

2018/12/13 19:04 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/03(火) 21:09:55.62 ID:QY86p24V0

アイリ「……はい?」

セイバー「アサシンがやられた状況を聞いて思ったんですがね」

切嗣「……」

セイバー「もう街の被害とか気にせず宝具使いまくれば良いんじゃないかなぁと」

アイリ「……え、でもそれは……」

セイバー「こう間髪入れずにドーンと」


士郎「セイバー戦争……?」

2018/12/12 16:04 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 09:43:45.20 ID:dW4SnTRD0

衛宮邸

士郎「……」

セイバー「……」

士郎「よっと」

セイバー「おやすみなさい」

士郎「ああ、おやすみ」

セイバー「……」

セイバー「うっ……!!」

セイバー「……ふぅ」

セイバー(最近、胸に痛みが……)

セイバー(何でしょうか……?)


セイバー「士郎、クリスマスの予定は?」士郎「ないよ」

2018/12/10 10:04 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 14:22:10.84 ID:Jz7+BItS0

セイバー「ないのですか」

士郎「バイトもないなぁ」

セイバー「そうですか」

士郎「うん」

セイバー「……」

士郎「あ、お茶淹れようか?」

セイバー「士郎」

士郎「ん?」

セイバー「クリスマスは意中の相手と一緒に過ごすのがこの国の倣わしと聞き及んでいますが」

士郎「うん」

セイバー「凛か桜のところに行ったほうがいいのでは?」

士郎「なんでさ?」


セイバー「雪がですか?」

2018/12/09 10:03 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 13:45:17.15 ID:PEGk6nEg0

士郎「今週末はクリスマスだなぁ」

セイバー「クリスマスですか」

士郎「すごく寒くてホワイトクリスマスになるかもだってさ」

セイバー「ホワイト?」

士郎「雪が降っていいねってことさ」

セイバー「雪が?なぜですか?」

士郎「日本ではクリスマスってのは恋人同士が楽しむ日なんだ」

セイバー「恋人と雪が関係あるのですか?」

士郎「雪が幻想的な雰囲気を作るんじゃないかな」

セイバー「雪がですか?」

士郎「雪が」

セイバー「寒いだけでは?」

士郎「俺もそう思う」

セイバー「寒い方がいいのですか?」

士郎「暖かい方がいいと思う」


セイバー「聖杯なんてくだらない!私の歌を聴きなさい!」士郎「」

2018/12/08 19:02 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:14:51.23 ID:z4kHqiwp0

セイバー「ならんで歩いた このみ~ち」

セイバー「いつか いつか ここに帰ってく~るよ」

セイバー「なにげなくふ~り~む~い~たら」

セイバー「ほら君の~え~がお~」

士郎「……」

セイバー「どうも。ご清聴ありがとうがざいました」

セイバー「……」

士郎「……」

セイバー「問おう。貴方が私のマスターか?」


切嗣「召喚成功か」セイバー(……なんだこのマスター、くさい)

2018/12/05 17:02 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 01:49:43.13 ID:o4SICifB0

切嗣「君が……セイバー?」

アイリ「女の子……?」

セイバー「……」クンクン

切嗣「な……なんだ?」

セイバー「……くさ」

切嗣「!?」

アイリ「え?」

セイバー「……」


セイバー「最近、シロウが教会に行くことが多いです」凛「なんで?」

2018/12/04 17:04 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 17:00:57.55 ID:cvozq4/70

セイバー「分かりません」

凛「教会って……今はカレンがいるわよね」

セイバー「はい」

凛「……」

セイバー「あと……これは気のせいかもしれませんが」

凛「なに?」

セイバー「シロウの言葉が少し……乱暴になったというか」

凛「例えば?」

セイバー「この前は私に向かって『大飯食らいのニート、今日はどんな餌を望む?』とか言ってきました」

凛「え?それ、ちゃんと怒った?」

セイバー「すいません……突然のことで激昂するよりも茫然としてしまいました」


セイバー「バールはないのですか?」

2018/12/03 11:03 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/04(日) 20:49:06.42 ID:IsyKLNZZ0

セイバー「シロウ、ガラクタいじりですか?」

士郎「うん、一成に頼まれて修理してるんだ」

セイバー「何かお手伝いできますか?」

士郎「あ、じゃあバールのようなものを持ってきてくれ」

セイバー「バールのようなもの?」

セイバー「……」ウーン

セイバー「バールですか?」

士郎「そうそう、バールのようなもの」

セイバー「バールではダメですか?」

士郎「ん?全然いいよ」

セイバー「ではバールを持ってきます」

セイバー「サクラ、バールはどこにありますか?」

桜「えぇっと、バールのようなものなら押入れの中にあったと思います」

セイバー「バールのようなもの……」

セイバー「バールはないのですか?」


セイバー「アーチャー陣営がおかしいと?」アイリ「ええ。なんか変」

2018/11/30 21:05 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/02(金) 16:21:38.81 ID:ubzVd6t80

セイバー「何か動きが?」

アイリ「わからないわ……今、切嗣が探ってくれてるみたいだけど」

セイバー「ふむ……気になりますね」

アイリ「ええ……不安だわ……」


―遠坂邸―

時臣「いけません!!王よ!!」

アーチャー「何をいう。我の行いに口を挟めるだけの器量など、貴様は持ち合わせてはおらんだろう?」

時臣「それだけは!!どうかそれだけは!!!」

アーチャー「くどいぞ!!我の審美眼を疑うか?」

時臣「ですから……!!」

アーチャー「ふふ……さあ、この宝具がどんな力を持っているのか、見極めてやろう!!」

時臣「あぁぁ……!!!」

「―――だれですか?私の眠りを妨げるのはぁ……?」


セイバー「……………………」切嗣(セイバーがテレビ見てる)

2018/11/29 21:03 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/29(火) 19:11:03.21 ID:Cy2S9xvU0

アインツベルン城

セイバー「……」ジーッ

切嗣(珍しいな……どんな番組をみているんだ……?)

切嗣「……」ソーッ

テレビ『ほむらちゃん!!』

切嗣(アニメ……?)

セイバー「……」ジーッ

切嗣(サーヴァントも随分と俗だな)

テレビ『まどかぁー!!!』

セイバー「……」ジーッ


セイバー「すごいショワショワです!」

2018/11/28 21:02 | Fate/stay night | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/01(木) 20:35:40.43 ID:3RkZ3fPg0

セイバー「シロウ、それは何ですか?」

士郎「これ?」

セイバー「はい」

士郎「すごく炭酸の強いコーラだよ」

セイバー「ほう」ジーッ

士郎「飲む?」

セイバー「はいっ!」

士郎「はいどうぞ」

セイバー「ありがとうございます、ごくごく」ゴクゴク

セイバー「……っ!!ごほっ!コホッ!」

士郎「ははは、かなり強いだろ」

セイバー「は、はい……まだ喉の奥がショワショワしています……」

セイバー「シュワシュワ……」

セイバー「いえ、やっぱりショワショワですね」

セイバー「すごいショワショワです!」