TOP > 仮面ライダー

ハート「チェイス、そこのめんつゆを取ってくれ」 【仮面ライダードライブSS】

2017/08/18 19:01 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/08/18(金) 00:23:12.77 ID:qCF4yHJy0

チェイス「つゆは今作っている。そこにあるのはポン酢だ」

ハート「おお、すまない。どうにも待ちきれないようだ」

チェイス「気が早すぎる。そうめんは夕飯だろう。まだ昼だぞ」

ハート「なぁチェイス。やはり外で流しそうめんとやらをやってみないか?」

チェイス「実際にやるとなると場所も取る上に面倒なだけだぞ、あんなものは」

ハート「あんなもの?チェイス、お前まさか……!」

チェイス「この前特状課でな」

ハート「何故俺達を呼ばないんだ!」

チェイス「どこの世界に敵対怪人を招き入れる警察がいるのだ」

チェイス(…実際招待しても何の問題もなさそうだがな)

ブレン「ハート、まだ駄々をこねているのですか?だからそこまで仰るのならヤマダ電機で流しそうめんマシーンを買ってくると」

ハート「ブレン違うんだ、それは違うんだ。何て言えばいいんだ…そういった機械でやるものとは、こう…」

チェイス「風情、か?」

ハート「そうそう、それそれ」

ブレン「実際竹に水とそうめんを流すだけじゃないですか。それなら普通に食べましょうよ。普通に」

ハート「むぅ…」

ブレン「来週幻夢コーポレーションが一般参加OKの流しそうめん大会をやるそうですから。今日のところは普通に食べましょう?」

ハート「それは本当か!?」

ブレン「仮面ライダークロニクルを購入したユーザーは無料参加らしいですよ。まぁ私はバイトということで関係者枠で参加出来ますし」

ハート「おぉ…それは心が躍るな!是非頼むぞブレン!」

チェイス「テレビで見た流しそうめんに、ここまで食いつくとはな」


ガチャッ


メディック「あっついですわぁ……ただいま戻りましたハート様ぁ…」

ハート「おお、おかえりメディック。大変だっただろう。今冷たい麦茶を持ってくるからな」

メディック「お心遣いが染み入りますわぁ」

ブレン「おかえりなさい扇風機。無事に直りましたか?」

メディック「絶版にしますわよ緑眼鏡」

チェイス「冷蔵庫にタオルを冷やしておいてある。まずは体を拭くといい」スタスタ

メディック「助かりますわぁ……ああ、もう。どうしてこんな毎日毎日暑いのかしら」フキフキ

ブレン「ちょっ!私で拭かないでくださいよ!!」






注・グロンギ達のゲゲルが桃鉄なぐらい平和です


ハート「チェイス、そこのバターを取ってくれ」【仮面ライダードライブSS】

2017/07/17 06:05 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/05/25(木) 02:31:49.91 ID:dlYy7I/z0

チェイス「ハート。これはマーガリンだ」

ハート「おお、そうだったか。しかしマーガリンもバターも大差は無いんじゃあないか?」

チェイス「何を言っている。全く別物だ」

ハート「そうなのか?」

チェイス「まず第一にバターは牛乳から作られる動物性脂肪。マーガリンはオリーブやごまの油で作られる植物性脂肪だ」

ハート「ほぅ、根本的に違うのだな」

チェイス「大違いだ。マジイエローとビートバスターぐらいの違いがある」

チェイス「マーガリンは今回使わん。マーガリンは焼き立てサクサクのパンに塗るのがルールだろう」

ハート「とすれば…バターはこっちか!」

チェイス「ハート、それはチーズだ。はしゃぐ気持ちはわかるが少し大人しく待っていろ」

ハート「ハハッ、すまないな。どうにも気が急いでしまっているようだ」

ガチャッ

メディック「ただいま戻りましたわハート様」

ブレン「ちょっ、私がまだいるのにドアを閉めようとしないでください!」

ハート「おお、2人ともおかえり。寒くは無かったか?」

ブレン「聞いてくださいハート。この腹黒、荷物を全部私に押し付けて…」

チェイス「ご苦労だったな。後で暖かいものでも淹れよう」

ブレン「…本当、こっち側に戻ってきません?チェイス」

チェイス「俺は人間の守り神。生きとし生けるもの全ての自由のために戦う戦士だ」

メディック「もっぱら私たちの胃袋を守って下さってますわよ」

チェイス「どれ、買い物の中身を確認しよう」

ハート「いやぁ、本当にもう待ちきれないな!心が躍るぞ!!」

ブレン「ハート。それ別の人の持ちネタです」






注・地獄大使と暗闇大使が超協力プレイするぐらい平和です


貴虎「定食!そういうのもあるのか」

2017/07/14 00:06 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/24(金) 00:53:00.04 ID:Rn6ZwV+80

戦闘力以外割とポンコツな主任(以後貴虎表記)「予定より大分順調だな。では引き続きその調子で頼む。無理はするな」 ピッ

貴虎「ふぅ…取り敢えずはこれで一段落、といったところか」


貴虎「…」スタスタ

貴虎(沢芽市も随分元の姿に戻ってきたものだな。話題作りに巨大風車を作るなどといった案もあったが、別の市と被ってしまうからな)

貴虎(…だがまだまだ油断は出来ない。街並が戻ってもあの戦いの爪痕はまだ根深く市民の心に残っている。我々の戦いはまだここからが本番だ)

グゥ~

貴虎(…とは言え流石に腹が減ったな。思えば朝からコーヒー程度しか口にしていなかったか)

貴虎(だがまだ仕事が残っている。ゆっくり食事を取っている余裕も無いな)

貴虎(またラーメンでも食べるとするか。だがここからだと以前の店は少し遠いな…)

貴虎(…折角だ。また別の店を探してみるとしよう)テクテク


貴虎「…む?何だ、この匂いは…」

貴虎(香ばしい油の香り…ここか。どうやら見たところカツ丼の店のようだな)

貴虎(…思えばこういった店は今までほとんど入ったことが無かったな)

貴虎(よし、丁度良い機会だ。行ってみるとしよう)スタスタ


ウィーン


店員「いらっしゃいま……あ、兄貴!?」

貴虎「確かに私は兄だが君の兄ではない」

店員「……失礼をした。お好きな席にどうぞ」

貴虎「わかった。…なるほど、ここは食券ではないのだな」

虎(あの店員、何故サソリの尻尾が生えているんだ?最近の若者のファッションはわからんな)

店員(しかし似ているな…スコルピオに)


ハート「チェイス、そこの黒豆を取ってくれ」

2017/07/09 06:04 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/01/03(火) 00:42:14.43 ID:cLvzD8F00

チェイス「さっきから黒豆ばかり食べているではないか、ハート」

ハート「そうだったか?いや、ついつい止まらなくなってしまうな、これは」

メディック「ちょっとそこのメガネ。栗きんとん取ってくださらない?」

ブレン「またですか。貴女さっきからこればっかりじゃないですか」

チェイス「お前たち、1品を集中攻撃するのはよせ」

ブレン「そうですよ、もっとバランスよく食べるものでしょう?こういうのは」

チェイス「黒豆も栗きんとんも、俺だって食べたいのだ」

ブレン「ああ、そっちの意味で注意してたんですか貴方」

ハート「すまんすまん。いやぁ、チェイスが丹精込めて作ってくれた黒豆は絶品でな」

メディック「あ、なます食べた後だとまた甘いものが進みますわぁ」ハムハム

ブレン「ちょっ、私の分も残しなさい!」

チェイス「正月でも相変わらずだな、お前たちは」

チェイス「む、湯飲みが空だな。急須を持ってこよう」

ハート「お前も相変わらずだぞチェイス」

ブレン「今年もこんな調子なのでしょうかね、私達は」

メディック「良いじゃありませんか。何もそんなに決着を急ぐこともありませんわ。ですよねハート様?」

ハート「ああ、急いては事を仕損じると言うだろう?焦らずいこうじゃないか」

チェイス「食道楽に夢中なだけだろう」

チェイス「お茶を持ってきたぞ。湯呑を渡せ」

ブレン「お願いします。あ、ほらハート。湯呑を貸してください」

メディック「私の分もお願いしますわ」

ブレン「台所に蛇口がありますよ」

メディック「まぁ、お正月からその調子なんですのこのへっぽこメガネは!」

ハート「こらこらお前たち。コタツの中で暴れるな。おせちが零れるだろう」

チェイス「空の、湯呑を、よこせ」





注・デルザー軍団が年越し鍋するぐらい平和です


ハート「チェイス、そこのカラシを取ってくれ」 仮面ライダードライブSS

2017/07/07 00:02 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/11/11(金) 00:32:14.63 ID:kkI0pyp90

チェイス「ハート、これはマスタードだ」

ハート「なに?…おお、確かに」

チェイス「カラシは今切らしてしまっているな。後で買ってくるとしよう」

ハート「わざわざ買いに行くのか?これで代用は出来ないのかチェイス」

チェイス「和辛子と西洋辛子は全くの別物だ」

ハート「そうなのか?ふむ…そこまで違うものか」ペロッ

ハート「辛っ」

チェイス「お前は完全に食べる専門なのだな」

ハート「ハハッ。料理の腕が良い友がいると、つい頼ってしまうな」

チェイス「実に今更な話だが、今は俺とお前は敵同士の筈だが」

ハート「本当に今更だな」

チェイス「しかし、偶然会ったと思ったら突然こんな事を頼まれるとは…」

ハート「いいじゃないか。お前だって食べたかったからあそこにいたんだろう?」

チェイス「それはそうだが」

ハート「ならばお互い利害は一致している。なに、憎み合って敵対している訳でもないんだ。あまり気にするな」

チェイス「お前はもう少し気にしたほうが良いと思うぞ」







注・想像を絶するほど平和です


ハート「チェイス、そこの鰹節をとってくれ」

2017/07/02 00:02 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 08:39:15.28 ID:g6WSU+sH0

チェイス「これはもう残り少ない。待っていろ、今新しいやつを持ってくる」

ハート「そうか、すまんな」

ハート「しかし楽しみだな…今から夕食が待ちきれんぞ」

チェイス「気が早すぎるぞ、まだ昼過ぎではないか」

メディック「ただいま戻りましたわぁ」ガチャッ

ハート「おお、おかえりメディック」

メディック「お待たせ致しましたハート様。はいチェイス、メモに書いてあったものは一通り揃えてきましたわよ」

チェイス「今確認する。……全部揃ってるな、助かったぞメディック」

メディック「お安い御用ですわ。あ、ハート様。お昼まだでしたのでお弁当を買ってきましたわ。お好きなものをお選びください」

ハート「助かるよメディック。だがブレンが戻ってきてからにしよう。でなければフェアじゃないからな」

メディック「あら、そう言われればメガネがいませんわね。気が付きませんでしたわ」

チェイス「ブレンは今ヤマダ電機で例のものを取りにいっているところだ」

メディック「あら!とうとう来ますのね?と言う事は私が頼まれたこの買い物は…もしかして」

チェイス「ああ、前々から言っていた通りアレを作ろう」

ハート「いやぁ、楽しみで仕方がないぞチェイス!」

チェイス「だから夕飯にはまだまだ時間があると言っているだろう。何ならブレンを迎えにいくか?」

メディック「入れ違いにでもなったら面倒ではありませんこと?」

ハート「ふむ…まぁそろそろ帰って来るとは思うが。…お、唐揚げ弁当か、これはいいな」

チェイス「ブレンが戻ってくるまで待つのではなかったのか」

ハート「なに、どんな弁当があるのかとチェックしているだけだ」

メディック「お勧めはこのチキン南蛮弁当ですわ」

ハート「ほぅ、タルタルソースが美味そうだな」

チェイス「後はカルビ弁当にヒレカツ弁当か。物の見事に肉ばかりだなメディック」

メディック「いいじゃありませんか、お腹が空いていたんですもの」

ハート「チェイス、お前も興味津々じゃあないか」

チェイス「俺とて腹は減っているのだ」




注・時系列?何だそれは


ハート「チェイス、そこの福神漬けを取ってくれ」【仮面ライダードライブSS】

2017/06/21 03:09 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 01:25:34.19 ID:7ibwlJ/j0

チェイス「これか」

ハート「すまんな。…これだけでも美味そうだな」

チェイス「あくまでそれは薬味だ。そのまま食べるなよ、ハート」

ハート「…すまん」ポリポリ

チェイス「もう少ししたら出来上がるというのに」

ハート「ゴホンッ、リビングで待っているぞチェイス」

チェイス「…どんどん食い意地が張ってきていないか、あいつは」


ハート「福神漬けを持ってきたぞ」

ブレン「おお、やはりこれは欠かせませんからねぇ」

メディック「サラダや飲み物の準備も出来てますわぁ」

ハート「む?今日はコタツは出さないのか?」

ブレン「溢したらシミ抜きが大変ですからね。今日はテーブルです」

ブレン「しかしご心配なく、その代わり今日はこれを用意致しました!」

ハート「なんだ、普通の絨毯のようだが……!」フミッ

ハート「ブレン、メディック!暖かいぞ!足元が暖かいぞ!」

ブレン「先日、この日の為にヤマダ電機で購入してきたのですよ」

メディック「ホットカーペットというそうですわ。如何ですハート様。お気に召したでしょうか」

ハート「悪くない、悪くないぞ!…おお、座るとより一層心地よい熱が伝わってくるな!」

チェイス「ホットカーペットとコタツを組み合わせて使う手もあるがな」

ハート「なんだと!?そ、そんなことをしてしまったら……いかん、俺は一生コタツから抜け出せないかもしれん!」

チェイス「安心しろ、夏にでもなれば嫌でも自分から出るだろう」

チェイス「ほら、カレーが出来たぞ。テーブルを空けてくれ」


貴虎「こってり!そういうのもあるのか」【仮面ライダー鎧武SS】

2017/06/19 06:05 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 01:38:19.42 ID:7Yw8wfKN0

人望の無さに定評のある主任(以後貴虎表記)「ああ、では当初の企画通りに進められそうだな。ではそちらは任せる。頼んだぞ」 ピッ

貴虎「ふぅ…取り敢えずはこれで一段落、といったところか」


貴虎「…」スタスタ

貴虎(復興作業も随分進んだな。市民も大分戻ってきた。…だが、それでもかつての沢芽市にはまだ程遠い…)

貴虎(…嘆いていても始まらない。つまらん愚痴など零している暇など私には無いのだからな)

グゥ~

貴虎(…とは言え流石に腹が減ったな。思えば朝からコーヒー程度しか口にしていなかったか)

貴虎(だがまだ仕事が残っている。ゆっくり食事を取っている余裕も無いな)

貴虎(また牛丼でも食べるとするか。だがここからだといつもの店は少し遠いな…)

貴虎(…いい機会だ。今日は別の店を探してみるとしよう)テクテク


貴虎「…む?何だ、この匂いは…」

貴虎(鼻腔を刺激する濃厚な油の風味…この店からか?…ラーメン屋のようだが)

貴虎(…思えばこういった店は今までほとんど入ったことが無かったな)

貴虎(よし、丁度良い機会だ。行ってみるとしよう)スタスタ



ウィーン

貴虎「フッ、ここは自動ドアだな。そうそう同じ轍を踏む私ではない」


貴虎「つゆだく!そういうのもあるのか」【仮面ライダー鎧武SS】

2017/06/17 06:03 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/21(木) 01:09:06.65 ID:5+guFGhO0

人を見る目が無い事に定評のある主任(以後貴虎表記)「ああ、では当初の企画通りに進められそうだな。ではそちらは任せる。頼んだぞ」 ピッ

貴虎「ふぅ…取り敢えずはこれで一段落、といったところか」


貴様「…」スタスタ

貴虎(大分復旧が進んだとは言え、まだまだこの街は元通りになるには程遠いな…)

貴虎(…嘆いていても始まらない。つまらん愚痴など零している暇など私には無いのだからな)

グゥ~

貴虎(…とは言え流石に腹が減ったな。思えば朝からコーヒー程度しか口にしていなかったか)

貴虎(だがまだ仕事が残っている。ゆっくり食事を取っている余裕も無いな)

貴虎(またコンビニでおにぎりでも買うとしよう。光実にまた叱られそうだが、レシートを処分すればバレはしないだろう)

貴虎(さて、では近くのコンビニを探すとするか)テクテク


貴虎「…む?何だ、この匂いは…」

貴虎(空腹の胃を刺激する醤油と肉の匂い……あれは、牛丼のチェーン店か)

貴虎(…思えばこういった店は今までほとんど入ったことが無かったな)

貴虎(よし、丁度良い機会だ。行ってみるとしよう)スタスタ





ゴッ


貴虎「くっ…!自動ドアでは無かったのか…」ズキズキ


ハート「チェイス、そこのチキンを取ってくれ」【仮面ライダードライブSS】

2017/06/15 15:06 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/21(月) 01:14:10.22 ID:m6zIqzcB0

チェイス「ハート、これはターキーだ」

ハート「ああ、そうだったな。日頃は余り聞かない食材なものでな」

チェイス「普段は店頭にも並ばない品だ。この時期にのみ陳列されるものだ」

チェイス「それもどこの店にでも置かれる訳では無いからな」

ハート「成程、だから今日はサ○ットで買い物をしたのか。普段はもっと安い店に行っているから変だと思ったが」

チェイス「とは言え、俺もターキーを買ったのは初めてだ」

チェイス「だが案ずるな。既に調理法は学習済みだ」

ハート「ほう、心強いな」

チェイス「ああ、最近頼もしい情報源を見つけてな」

チェイス「クックパット、というらしい」

ハート「お前がそこまで信頼を置くのだから、よほどのものなんだろうな。…チェイス、野菜類は冷蔵庫に入れていいのか?」

チェイス「ああ、取り敢えずは全部冷蔵庫に入れていいだろう」

ハート「ふふ、今から夜が楽しみだな」

チェイス「調理は昼過ぎからでいいだろう。ブレンとメディックが帰ってきたらひとまず昼食にするか」

ハート「いや、それならこちらから迎えに行ってそのままどこかで昼食をとる方が効率的だろう」

チェイス「それもそうか。なら駅前のカレーうどんの店にでもいくか」

ハート「おお、あそこか!前々から気にはなっていたんだ」

チェイス「だろうな。通り過ぎる度に店内を覗き込んでいたからな」



注意・平和な世界です


ハート「チェイス、そこのポン酢を取ってくれ」【仮面ライダードライブSS】

2017/06/14 06:05 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/26(木) 00:17:28.21 ID:yK9E7PQ80

チェイス「どれのことだ?」

ハート「なに?ポン酢にも種類があるのか?」

チェイス「当然だ。今回用意しただけでも柚子ポン、昆布ポン酢、そして普通のポン酢の3種類ある」

チェイス「市場にはもっと多種多彩なポン酢があるぞ」

ハート「なんて事だ…よもや、こんな序盤から悩まされてしまうとは…」

チェイス「全て試せばいいではないか」

ハート「…それもそうだな。そうしよう」

チェイス「それにしても、二人とも遅いな」

ハート「近くのスーパーに行っている筈なんだがな。必要なものはメモに書いて渡したんだろう?」

チェイス「ああ、特に見つけるのに苦労するようなものは無い筈だが…」

メディック「ただいま戻りましたわ」ガチャッ

ブレン「遅くなってすいみせんハート。メディックがいい加減な事ばかりをするもので…」

メディック「まぁブレンったら。貴方がノロマなだけではなくて?」

ブレン「ハートが食べるものなのですよ?食材を吟味するのは当然でしょう!」

チェイス「やはり、俺が行くべきだったな」

ハート「そう言うな。お前には今日の調理を一任させてしまっているんだ。買い出しぐらいは俺達がやるさ」


ハート「チェイス、そこの醤油をとってくれ」【仮面ライダードライブSS】

2017/06/13 03:09 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/29(木) 01:01:01.04 ID:YVSBg4Kp0

チェイス「これか」

ハート「すまんな」

メディック「ハート様、少し醤油をつけすぎなのでは?」

ハート「かもしれんな、注意しよう」

ブレン「ハート、イクラが流れてきましたよ。取りますか?」

ハート「頼む。…そう言えば巷では人工イクラというものを出している回転寿司があると聞くが…」

チェイス「安心しろ。この店のイクラは本物だ」

ハート「それを聞いて安心した。ブレン、2皿取ってくれ」


ハート「チェイス、そこのソースをとってくれ」

2017/06/12 22:01 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/05(月) 11:30:32 ID:8KPgKiSE

ドライブSS。気まぐれ更新です。キマグレン更新ではありません


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/05(月) 11:31:42 ID:8KPgKiSE

チェイス「ハート、これはタレだ」

ハート「ああそうだったな。すまない助かる」

メディック「ハート様、ロースが焼けましたわ」

チェイス「皿が空いてしまったな」

ブレン「そろそろ追加注文しましょうか」

ハート「お、そうだな。丁度ライスのおかわりも欲しかったところだよ」

チェイス「俺も、ドリンクの追加が欲しい」

ブレン「では店員を呼びますね」スイマセーン

メディック「ハート様、次は何を注文致しますか?」

ハート「さっきチェイスが食べていたのが気になるな。アレは何といったっけ?」

チェイス「月見カルビか?」


ちぇいす「おれのなはちぇいす」【ドライブSS】

2017/06/12 18:07 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/10(木) 02:26:50 ID:HlwTCggk

ちぇいす「ろいみゅーどのばんにんで、しにがみだ」

ちぇいす「むかし「ぷろとどらいぶ」だった。そしてふたたび「かめんらいだー」としてやりなおすことにした」フンス

剛「あーはいはい。1人で設定盛り込みすぎだよホント。進兄さん(主役)の何倍濃いんだよオマエの経歴」

ちぇいす「わすれていた。じつはおれは「ぷろとぜろ」でもある」

剛「1人で何個別の姿持ってるんだよ。もえオマエ1人で戦隊作れるじゃねえか」

剛「あとどうして2頭身なんだよ、オマエ」

ちぇいす「しらん。あさめがさめたらこうなっていた」

剛「あ、っつーかオマエ寝るのな」