TOP > 異世界食堂

【進撃の巨人×異世界食堂】エレン「異世界食堂? なんだよそれ?」

2017/08/29 21:02 | 異世界食堂 | コメント(0)
1: ◆kh6j.ZZqSk 2017/08/27(日) 22:24:44.11 ID:hVxqWr5Do

 ――その日、エレン・イェーガー、ミカサ・アッカーマン、アルミン・アルレルトら三名の調査兵達は、未だかつてない程の窮地に立たされていた。

 人類の大いなる進撃の一歩となる筈であった、第57回壁外調査。

 だが、その作戦は、女型の巨人の突然の襲来により、思わぬ妨害を強いられる事となる。

 女型の巨人に対し、エレン・イェーガーは巨人化の力を使い、これに応戦。

 しかし、女型の巨人の強さは巨人化したエレンの力を遥かに凌駕しており、一時はエレンも女型の巨人に連れ去られてしまう。

 が、【人類最強】と謳われるリヴァイ・アッカーマン及び、ミカサ・アッカーマンら両名の活躍によりこれを打破、見事エレン・イェーガーの救出に成功する。

 ……しかし、女型の巨人の残した爪痕は予想以上に深く、数多の兵と精鋭を犠牲にしたにも関わらず、調査兵団は撤退を余儀なくされた。

 だが、それで悲劇が終わった訳ではなかった……。

 撤退の最中出現した、奇行種を始めとした数十に及ぶ巨人の軍勢が撤退中の部隊に対し、奇襲を開始。

 この奇襲により、部隊は完全に分断され、エレン、ミカサ、アルミンの三名は広大な森の中で孤立してしまう。

 巨人との戦闘で消耗しきった彼等では、その数の暴力とも言える膨大な数の巨人に対抗しきれず、三人は……命懸けの敗走を続けていた。

 既に馬を失い、信煙弾も切れ、ミカサ・アルミン両名の立体起動装置もガス欠間近……そんな生存は絶望的と思われた状況で奇跡的に見つけた、一本の古木に空いた穴。……三人がそこに身を隠してから、今日で既に三日が経過していた。

 
 これは、そんな彼等の元に訪れた一つの物語。

 絶望と恐怖に立ち尽くした彼等に起きた、奇跡の物語である――。


【リゼロ×異世界食堂】スバル「洋食のねこや……だと?」

2017/08/16 01:03 | 異世界食堂 | コメント(0)
1: ◆kh6j.ZZqSk 2017/08/14(月) 09:38:39.12 ID:/cyQKcBwo

プロローグ

 ロズワール邸の朝は早い。

 朝の日差しよりも早く、屋敷の使用人たちは目覚め、身支度を済ませてから各々が朝の仕事に取り掛かる。

 屋敷の主の朝食の支度に掃除、洗濯、買い出しと、日のある内に出来る仕事を迅速に、着実にこなしていく。

 この屋敷にいる使用人は今、三人だけ。

 家事全体を取り仕切る双子のメイドと、一人の使用人。

 これは、そんな使用人――ナツキ・スバルの元に訪れた一つの平和の物語。
 
 魔獣の森の一件が片付き、平穏な日々を送っていた彼に訪れた、一時の安らぎの物語である。


カイザル「そうか……そういう事だったんだ」

2017/08/15 23:03 | 異世界食堂 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/12(土) 15:44:03 ID:CYBxQDSs

進撃のバハムート・バージンソウル×異世界食堂
になります。


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/12(土) 15:47:31 ID:CYBxQDSs

王宮 謁見の間


カイザル「陛下!」

カイザル「今一度、お考え直しを!」

シャリオス「くどいぞ、カイザル」

シャリオス「もう決めたことだ」

カイザル「しかしこのままでは悪魔達の反感を買うことに……!」

シャリオス「もうよい。下がれカイザル」

シャリオス「話すことは無い」

カイザル「陛下!」

カイザル「…………」

カイザル「……くっ」


ガッツ「セルピコ……お前って料理が上手いんだな」

2017/08/15 17:05 | 異世界食堂 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/01(火) 17:06:34 ID:RjiiI8Ro



野宿


セルピコ「…………」

ガッツ「どうした?」

セルピコ「……それはこちらのセリフです」

セルピコ「急になんです?褒められてもお代わりは有りませんよ」

ガッツ「そういう訳じゃないんだが……」

ガッツ「この肉料理を食ったら、ふとある事を思い出した」

セルピコ「この程度、料理と言うほどでもありませんが……」

セルピコ「ある事?」