TOP > アイドルマスター

P「キャー! 律子さんのエッチー!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 20:23:07.99 ID:RmUNO+Ic0

律子「わわっ!? すすす、すみませんでしたー!」

バタン

P「……」

P「……」ゴソゴソ

P「もーいーよー」

ガチャ

律子「……あの」

P「なにかな」

律子「勢いに釣られましたが、何で事務所のど真ん中で素っ裸だったんですか!?」


千早ジュニア「おぅ春香よー来たな!」春香「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/22(水) 23:46:18.58 ID:iprG/XYy0

千早ジュニア「なんや鳩が豆鉄砲食らったような顔して」

春香「え、えっと…千早ちゃん…だよね?」

千早ジュニア「なにその疑問符wwwwwwダチの顔忘れた?wwwwww」

春香「確かに私の知ってる千早ちゃんの顔だ…」

千早ジュニア「朝から分かりにくいボケきついわー」

春香「なんで関西弁なの?」

千早ジュニア「最初からこの喋り方やっちゅうに」

春香(千早ちゃんがおかしくなっちゃった…)


春香「伊織ってプロデューサーさんのことが好きなの?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 22:45:56.54 ID:hrkO55FTo

伊織「……はぁ?」

春香「好きなんだよね?」

伊織「春香……あんた、転びすぎて頭でも打ったの?」

春香「その言い方はひどいなぁ」

伊織「私があいつを好きだなんて、そんなことあるわけないじゃない」

春香「そう?」

伊織「そうよ。……まあ、あいつはバカだけど無能ではないし」

春香「うんうん」

伊織「仕事のパートナーとしては認めてあげなくもないわね!」

春香「そっかぁ」

伊織「でも、恋愛対象として見るかどうかは別問題よ」

春香「なるほどね」

伊織「ふふん」

春香「じゃあ、なんでプロデューサーさんの上着を着てるの?」


美希「おめぇ、いい加減にしろよ?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/20(月) 23:01:30.52 ID:5qkTEF7J0

※第5話のバネPがハム蔵とお風呂に入ってるシーンを思い浮かべてください。

旅館 露天風呂

P「ふぅ......今日は疲れたなぁ」

P「まあ、たまにはこういうのも良いのかな」

P「しかし、このまま仕事が無いままだと、いつになってもあいつらをトップアイドルにさせるやる事が出来ないぞ......」

P「よし!来週からは今まで以上にがんばろう!!」

ハム蔵「じゅい!」

美希「みんなー、おまたせなのー!」ガラガラ

P「げっ!みき!?」

美希「あれー?みんなはー?」

P「女風呂はあっちだアッチ!!」

パサッ......

美希「いやーんなの!」

P「!?」

P(美希の裸......)

P(15歳には見えない体つき......)

P(引き締まったウエスト...プリッとした尻......はち切れんばかりの胸...)

美希「どーしたの?プロデューサー?」クルッ

P「生えて..,...ない!!?」

美希「?」

P(だ、ダメだ俺!ここで美希に手を出したら、会社クビどころか社会から抹消されるぞ......)

美希「ははーん。プロデューサー、美希の身体に見とれてるんだねー」

美希「ミキまだ中学生だよ?」

美希「プロデューサーはヘンタイさんなの」

美希「でも最近、プロデューサーも頑張ってるから......」

美希「少しだけだったら、見てもい・い・よ?」

P(ダメだっ!もう限界だっ!!)


貴音「銀河鉄道」

1: ◆RY6L0rQza2 2014/04/07(月) 17:01:46.15 ID:jwhVXhwao

「ふぅ…。」

荷物を網棚の上に置き、息を吐きます。

これから、生まれ育った土地から、たった独りで東京へと向かうのです。

慣れない電車に四苦八苦し、ようやくじいやの教え通りに席に着く事が出来ました。

まもなく、電車は走り出します。時刻は早朝、乗客もまばら。

がたん、ごとん。ゆっくり走り出した電車は次第に速度を上げ、窓が振動で軋み始めます。

外を見ると、私の知っている景色が見え、そして知らない景色へと移り変わります。


やよい「ピコピコプラネッツのガチャガチャ?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/10(金) 08:37:24.45 ID:kWf3lzDq0

雪歩「プロデューサーがモニターしてほしいって…」

やよい「ガチャガチャってモニターいるんですか?」

雪歩「なんか種類が多いらしくて…」

やよい「へー」

雪歩「お金はプロデューサーが用意してくれたから、さっそくやってみましょう」


亜美「ピヨちゃんのてるてる坊主」

1: ◆sIPDGEqLDE 2014/03/11(火) 22:54:22.21 ID:p0K8Q1eu0

亜美「おっはろ~ん…」

がちゃ

小鳥「あら、亜美ちゃんおはよう」

亜美「ピヨちゃんおは~…」

小鳥「ん?何だか元気がないわね」

亜美「今日の雨で亜美の元気は流されちったよ…」


千早「正念場よ」

1: 名無しさん@おーぷん 19/05/09(木)22:23:20 ID:gUt

春香千早美希やよいのSSです。
中の人要素多め。
ゆっくりやります。


2: 名無しさん@おーぷん 19/05/09(木)22:30:40 ID:gUt

春香「正念場? どういうこと?」

千早「どういうこと、じゃないわよ。私たちにとって、すごく大切なチャンスがもうすぐあるじゃない。」

やよい「チャンスですか?」

美希「なんのことなの?」


P「冬馬たちと合コン?」

1: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 03:55:26.31 ID:nM1ops7n0

ジュピターss
時系列とか細かいことは考えるな


2: ◆X0TyCi.5oo 2019/04/25(木) 04:00:51.85 ID:nM1ops7n0

P「帰ったら企画書完成させなきゃな」ブツブツ

ゴンッ

P「って痛え、上の空で人にぶつかってしまった」

冬馬「すまねえ、よそ見をしていた…てアンタか」

P「ああ冬馬か久しぶりだな」

冬馬「ちょうどよかった。今困りごとがあるんだが相談する相手が見つからなくてな」

P「北斗だか黒井社長がいるだろ」

冬馬「ヤツらじゃ困るからアンタに相談してえんだよ。今時間あっか?」

P「まぁ大丈夫だけど」

冬馬「そりゃよかった、ならそこの自販機で前のベンチでも座るか」


美希「4月30日」

1: ◆dzX3.Do/lI 2019/05/01(水) 00:29:08.76 ID:9k8YLoaC0

「今から、デートしないか?」

「うん、いいよ」

時はゴールデンウィーク真っただ中。
今日のお仕事終わりのミーティングで出た魅力的な提案を、
ミキは受け入れた。


玲音「……君は?」はるかさん「はるかっかー!」

1: ◆IIiEuGs1j. 2014/06/06(金) 09:34:32.51 ID:FhShpD98O

玲音「まだだ……まだ足りない……まだ上を目指せるはず……」

「かっかー!」

玲音「……声?」

はるかさん「はるかっかー」かばっ

玲音「オーバーランクガード!」

はるかさん「もにゅもにゅ」

玲音「……出てくるなら、せめて名前のわかる生き物にして貰いたいな」

はるかさん「ヴぁい……」

玲音「……もしかして迷子?」

はるかさん「ヴぁい……」


【アイマス】亜美「みんなの名前でググるYO」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/16(火) 22:24:28.86 ID:yZ8g7JJk0

765プロ
真美「おぉ!これが噂の新しいパソコンかー!」

P「みんながアイドル活動頑張ってくれてるからな」

P「情報の得るためにもパソコンが必要だと思って、みんなが自由に使えるパソコンを購入したってわけだ!」

亜美「ねえねえ、にいちゅわぁん!早速使ってみてもいい?」

P「いいけど、買ったばっかなんだから、壊すんじゃないぞ?」

亜美「はーい!」

P「俺、今から社長迎えに行ってくるから」

P「それじゃあ、よろしく頼む」ガチャ

亜美「いってらっしゃーい」バタン


P「い お り ん の お ま ◯ こ!!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/12(金) 21:56:40.89 ID:z8Mg83bm0

伊織「いやぁあああ!!!!」

P「いおりんのつるつるおま◯んこ!」ペロペロペロ

伊織「ちょっ......アンタっ!......やめな......さいよ」

P「はあ......いおりんのおま◯こ美味しいよぉ~」ペロペロシコシコ

P「イクッ!!!」ドビュ

伊織「いやぁあああ!!」

P「いおりんのおま◯こ。ご馳走さまでした」

伊織「 」

P「やよいのおま◯こ!!!」

やよい「プロデューサー!そんな時舐めたら汚いですっ!!」

P「やよいに汚い所なんて無い!」ペロペロ

やよい「あっ......何だか気持ちよくなってきちゃいました......」

P「やよいのおま◯こ。美味しいよぉ」ペロペロシコシコ

P「イクッ!!!」ドピュ

P「ハアハア。濃いのが出た」ドロ-

やよい「えへへっ!気持ちよかったですぅ!」

P「真美のつるつるロリま◯こ!!!」

真美「ちょっ!にーちゃんっ!?何やってんの!!?」

P「真美......まみっ!」ペロペロ

P「うあうあー!?マミのおま◯舐めないでよぉ///」

P「美味しいよぉ!真美の子供ま◯こ!つるつるまみま◯こっ!」シコシコ

P「イクッ!!!」

真美「にーちゃんのせーし......」ペロッ

真美「まみ、変態さんになっちゃいそぅ......」ヘロ-ン

P「亜美つるつるおま◯んこ!!!」

亜美「どーおー?にーちゃん!!亜美のロリま◯こは?」

P「あぁ。美味しいぞ!亜美のつるつる子供ま◯こ?」

亜美「ぺろぺろするだけでいいの?」

P「え?」

亜美「亜美のつるつるロリま◯こ。好きにしていいよ?」クパァ

P「あみぃいいい!!!!」パンパン

亜美「んっ///気持ちいいよぉ......」

P「亜美!中に出すぞ!!」パンパン

亜美「いいよにーちゃん!いっぱい出してぇえええ!!!!」

P「うっ!!!」ドピュドピュ

P「亜美......えっちだっ!」

亜美「えへへ......にーちゃんのでいっぱいだよ?」ドロォ


【アイマス】やよい「監獄戦艦?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/08(月) 22:19:44.56 ID:cKaEojha0

765プロ


小鳥「以上がスマートフォンの基本的な使い方よ!」

やよい「うっうー!小鳥さん!ありがとうございまーす!!」ガル-ン

小鳥「ふふっ。やよいちゃんもスマホデビューかー!」

やよい「アイドル活動のお金で、ようやく携帯電話を買う事が出来ましたー!」

小鳥「もし何か困った事があったら、遠慮せず、プロデューサーさんや律子さん、私に相談してね?」

やよい「はいっ!ありがとうございます!」

やよい「スマートフォンって、色々な事ができるんだー!」ニコニコ

スマホ「」プルルプルル

やよい「はわっ!早速電話が掛かってきました!」ピッ

亜美『もしもし~、やよいっち?』

亜美『スマホデビューおめでとー!』

やよい「ありがとー!」

亜美『スマホデビューしたやよいっちに、良いことを教えようぞ!』

亜美『スマホには、色々なアプリがインストール出来るって知ってたー?』

やよい「うん!さっき小鳥さんに一通り教えてもらったよー」

亜美『ほいじゃあ、「ニカニカ動画」ってアプリをインストールしてみるといいよん!』

やよい「ニカニカ動画?」

亜美『うんっ!色々な動画が観れるアプリなんだけど、亜美達の出演した番組の動画とかも観れるんだよ!」

亜美「しかも!コメントが動画の上に流れるから、ちょう面白いよー!

亜美『暇な時とかは、ニカニカ動画で暇つぶししてみてよ!!』

やよい「へー。みんなが出た時の動画も見れるんだ!」

やよい「うん!帰ったらインストールしてみるよ!」

亜美『オーケオーケ!じゃあ、後で感想聞かせてねん♪』

やよい「わかったよ!ありがとう、亜美!!」

亜美『そんじゃーねー』ピッ


【アイマス】やよい「パパ活?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/05(金) 22:12:00.95 ID:hRWjQbkB0

765プロ

やよい「うっうー!今月もピンチですー!」

やよい「このままじゃ、かすみの給食費も払えないかなーって!」

亜美「やよいっち!お金ないの→!」

やよい「うん......今月のお給料、お父さんに全額渡したんだけど......」

やよい「お父さん、資金運用?に失敗しちゃったみたいで......」

やよい「先月よりもピンチなんだ......」

真美「資金運用?」

真美「やよいっちのお父さん、何にお金使ったの?」

やよい「私も詳しくは分からないけど?」

やよい「確か『メダルゲームで増やす』って言ってたかな?」

亜美真美「......」

やよい「どうしようかなぁ......」

響「それなら、『パパ活』やってみないか?

やよい「パパ活?」

亜美「ひびきんいつの間に帰ってきてたの?」

響「うぎゃー!自分は最初っから事務所に居たぞ!!」

響「やよい!『パパ活』って言うのは、男の人とご飯食べたり、遊んだりするだけで楽にお金が稼げるんだぞ!」

響「自分も、動物達の食費で家計がピンチになった時やってるんだ!」

やよい「うっうー!それなら私にも出来そうですー!!」

響「早速、ツイッターで募集してみるさー!」

ツイート
『今月の給食費が払えなくてピンチです!
どなたかパパ活して貰えませ ん か?
初めてなので分からない事ばかりですけど、よろしくお願いします!
年齢14歳
趣味オセロ
【やよいの写真】』

やよい「響さん!こんな感じでどうですか?」

響「完璧さー!後は『パパ』が来るまで気長に待つさー」

やよい「うっうー!楽しみですー!」

響「あ!『アイドル』やってる事バレないように、ちゃんと変装するんだぞ!」

やよい「はいっ!」


P「ブーブー♪ ブーブー♪」

1: ◆IIiEuGs1j. 2014/06/04(水) 09:30:48.51 ID:YSfPKdMDO

P「ブーブー♪ ブーブー♪」

千早「プロデューサー?」

P「ブーブー♪ ブーブー♪」

雪歩「朝来てからずっとミニカーで遊んでるね……」

春香「プロデューサーさん……どうしちゃったの?」

真「さあ……?」

美希「ハニー……」

書き溜めなし、遅いです。


春香「かまってください!」P「かまわん」春香「どっち!?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/09(水) 00:41:37.91 ID:mnABnJOz0

春香さんSSです。


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/09(水) 00:43:13.52 ID:mnABnJOz0

 ………………………… ◇ …………………………

春香(最近はお仕事がキツキツのみっちみちで、事務所に行く暇がなかったので……)

春香(今日はずいぶん久しぶりの事務所です!)

春香『おっはようございま――』

雪歩『どうぞ、プロデューサー』コト

P『お、ありがとう』

雪歩『どういたしまして、えへへ』

P『……ふぅ……』

雪歩『おつかれさまですぅ』

P『いやあ、それほどでも』

雪歩『お仕事、終わりそうですか?』

P『出る時間までには終わるよ。それこそ、おしゃべりしながらでも大丈夫』

雪歩『おしゃべり?』

P『気晴らしにちょっと付き合ってくれよ。雪歩と喋ってると、のんびりできるんだ』

雪歩『あ、あの、だったら、私、この間掘った穴の中で……』

P『うん』

春香『……』

 ………………………… ◇ …………………………


春香「……」テクテク


伊織「お腹が空いたわ」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/02(火) 23:35:10.22 ID:s/jIwkLm0

伊織「お腹が空いたわ」

765プロダクション

伊織「ただいまー」

小鳥「あら、伊織ちゃん。おかえりなさい」

伊織「ただいま。他のみんなは?」

小鳥「まだ誰も帰ってきて居ないわよ」

伊織「そう。なんだかお腹空いてきちゃった...」

小鳥「今日はグラビアの撮影だったんでしょ?」

伊織「ええ。監督が『海で撮影したい!』って言い出しちゃって、結局海まで行って撮影したのよ」

小鳥「大変だったわね」

伊織「ホントよ!撮影だけならともかく、『泳いでるシーンも欲しい!』って言われて1時間近く泳がされたんだから!」

小鳥「お疲れ様。私、そろそろ亜美ちゃんのお迎え行かないと行けないから、お留守番お願いしても良い?」

伊織「いいわよ。やよいが帰ってくるまで事務所で休むわ」


美希「暇なの」P「……だな」

1: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/30(金) 19:59:09.02 ID:LXA+Xj5o0

美希とPのイチャラブ。

書き溜めがなく、思いついたら書いていくだけ。


2: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/30(金) 20:01:06.41 ID:LXA+Xj5o0

P「美希。許可なく、ゲリラライブをするとはどういうつもりだ? 処罰は逃れられないぞ?」

美希「別にいいよ? ミキもアイドルをやめようと思ってたし」

P「なんだと? なんでだ!?」

美希「キラキラする為なの!」

P「アイドルをやるより、キラキラする方法があるというのか!」

美希「ミキたちがこれから戦う脅威は、歌では倒せないの」

P「待て美希!? 何のことだ! まるで意味がわからんぞ!?」

美希「……ねぇ、ハニー」

P「ん?」

美希「暇なの」

P「……だな」


ムーンらぁめん「PPP定期集会を始めます」

1: ◆IIiEuGs1j. 2014/05/17(土) 17:04:42.77 ID:g6BzRZYI0

PPPとは。

日夜アイドル達の為に『馬車馬』の如く働くプロデューサーに心を惹かれた、匿名の少女達が立ち上げた会である。
会員はなるべく素性を隠し、詮索はしてはいけない。

前作

春閣下「PPP臨時集会を始めます」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397487227/

書き溜めなし

ムーンらぁめん「今回は問題ありませんね」どやぁ