TOP > スクライド
カテゴリー  [ スクライド ]

スクライドお料理教室

2017/10/03 19:03 | スクライド | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 16:09:15.05 ID:0+vEXeDNO

劉鳳「腹が減ったな…」

カズマ「仕方ねぇ。何か作るとするか」

劉鳳「ふむ、いいだろう。ではまず、この具材を切ってみろ」

カズマ「誰に命令してんだ?!」

劉鳳「シェルブリッドのカズマにだ」

カズマ「けっ。やってやんよ…絶影を持つ劉鳳さんよォ!!」
トントントトトントン!


カズマ「オーケィ。刻んだぜ!今度はお前がこのキャベツを刻めッ!」

劉鳳(あの男の包丁は、ただ闇雲に振り回してるだけじゃないようだ。
具材を均等に切りそろえる技だ。前とは違う。 刻むしかないな…このキャベツをッ!)

カズマ「ところで、何を作るつもりだ?」

劉鳳「俺が言えば、お前は従うのか?」

カズマ「冗談っ!俺は『お好み焼きのカズマ』だ!それ以外の物を作るなんて出来ねぇ!」

劉鳳「なるほど。ちょうど俺もお好み焼きが食いたい所だった」

カズマ「反吐が出るぜ!…だが、乗った!作ってやるぜ…俺の……自慢の……お好み焼きィ!」

劉鳳「ちなみに今まで作ったことは?」

カズマ「無い。大体いつもかなみが作ってくれる!」

劉鳳「無謀だぞ……!?」

カズマ「出来る出来ないじゃねえ!やるんだよ!!」