TOP > シンデレラガールズ > 晶葉「助手が!」李衣菜「まゆちゃんに!」茜「襲われています!」

晶葉「助手が!」李衣菜「まゆちゃんに!」茜「襲われています!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 22:46:50.26 ID:e0BsdYVq0

茜「ああ~!早くしないと大変なことにフゴフゴ~!!」

晶葉「バカ!焦る気持ちは分かるが、敵がすぐそこにいて大声出す奴があるか!」

李衣菜「そういう晶葉ちゃんもなかなかの声の大きさだけどね…」ヒソヒソ

晶葉「はっ!しまった!」クチヲオサエル


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/14(火) 23:44:28.63 ID:e0BsdYVq0

晶葉「と、とにかく!佐久間まゆは今この扉の奥、仮眠室で助手に襲いかかっている。茜、李衣菜、準備はいいか…」

茜「もちろんです!相手の様子を見ながら隙をついて捕まえる!作戦の内容はバッチリです!」ヒソヒソ

李衣菜「とりあえず、Pさんを助ければいいんでしょ?何すればいいか分かんないけど」ヒソヒソ

晶葉「…よし、行くぞー!!!」ガチャッ

茜 李衣菜「「おー!!」」ダッ


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 08:10:06.10 ID:+WSWF/c+0

モバP「…やめろ、まゆ!俺が分からないのか!」ジタバタ

まゆ「分かってなかったら、手足を縛ったりなんかしませんよぉ?」

モバP「や、やめろ…お願いだからやめてくれ!」

まゆ「うふふ…何も心配は要らないんですよぉ?Pさんはただ、じっとしていればいいんですからぁ…」

モバP「うわぁぁぁ!!誰か助けてくれぇぇ!!」



晶葉 李衣菜 茜「そこまで(だ!)(だよ!)(です!)」


まゆ「!」


5: 一日経ってIDが… 2018/08/15(水) 08:23:26.84 ID:+WSWF/c+0

モバP「晶葉!茜!李衣菜!来てくれたのk」

茜「トラーーーイ!!!!」ダッ

晶葉「バカ!なんで入った途端に突っ込むんだよ!もう作戦忘れたのか!」
ゴツン

茜「うう…すみません…」シュン

晶葉「ったく…ってあれ?そういえば、私は何をすれば…」

李衣菜「考えてなかったの?もっとダメじゃん!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 08:32:45.06 ID:+WSWF/c+0

李衣菜「もう…こんなこともあろうかと…」ゴソゴソ

李衣菜「あ、あった」ピッ

録音『や、やめろ…お願いだからやめてくれ!』カチャカチヤ

録音『うふふ…何も心配は要らないんですよぉ?Pさんはただ、じっとしていればいいんですからぁ…』

まゆ「なっ…!」

李衣菜「さぁ、もうこれで言い逃れは出来ないよ。」

茜「凄い!流石、李衣菜ちゃん!晶葉ちゃんよりも頼りになりますね!」

晶葉「こ、この私が…」ガクッ


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 11:26:12.94 ID:+WSWF/c+0

晶葉(まずい!このままではポンコツだと思われてしまう!)

晶葉「さ、さあ詳しく事情を聞かせてもらおうか!」ポチ

モバP「うわ!晶葉のリュックから巨大なアームが!」

晶葉「ふはははは!これで手柄は私のものだぁぁ!」ア-ムガマユニムカウ



まゆ「…ふふふ」



晶葉「ふはははは……なっ!」

李衣菜「ア、アームが…」

茜「すり抜けちゃいました!」

まゆ「ねぇねぇ、晶葉ちゃん…」

晶葉「っ…な、なんだ…」ゾクッ


まゆ「……」




こずえ「まゆってだれー……?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 11:32:08.02 ID:+WSWF/c+0

モバP「なっ!」

晶葉「まゆの…!」

李衣菜「姿が…!」



茜「こずえちゃんになっちゃいました!!!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 13:06:11.90 ID:+WSWF/c+0

こずえ「みんなどうしてこわいかおしてるの?……こずえ、なにかしちゃったー?」

李衣菜「…こずえちゃん自身は気づいてないのかな?」

茜「私、もう何が何だか…」フラフラ

晶葉「さあな、とりあえず一旦話を聞いてみよう。こずえ、ちょっと…」スタスタ

こずえ「…」アキハノアシヲツカム

晶葉「ん?こずえ、一体どうした…っ!」ゾクッ

晶葉(なんだこれ…急に体がおかしく…!)


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 16:20:21.92 ID:+WSWF/c+0

こずえ『…すなおになりなよ…』ミミモトデササヤク

晶葉「う、うひっ!」

こずえ『じょしゅをたすけるなんていってるけど……ほんとはそんなつもりじゃないんでしょー…』

晶葉「ど、どういうことだ…」

こずえ『とびかかりたいんでしょー…おそいかかりたいんでしょー…いますぐにでもだきつきたいんでしょー…』

晶葉「な、何をバカな!!わ、私がそんなはず!」

こずえ『そしてだきついたままじょしゅさんにみもこころもぐちゃぐちゃにしてもらいたいんでしょー…』

晶葉「う、ああっ、うっ…わ、わたしは…」プルプル

こずえ『すなおになりなよ』

晶葉「…」

こずえ『す な お に』

晶葉「……」

こずえ『なりなよ』




晶葉「…うん」ハイライトオフ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 17:36:16.62 ID:+WSWF/c+0

晶葉「助手は…私が救う!」トビツク

モバP「ぐぼあっ!」

茜「あ、晶葉ちゃん?いきなりどうしたんですか!」


晶葉「何って…助手を襲っているに決まっているだろう!」

李衣菜「ええー!突然どうしたの!」

晶葉「というか、なんで今更そんなことをペチャクチャ喋ってるんだ?そんな暇があったらさっさと手伝え!」

茜「ええ!と、というか、どうしてこんなことを…?」

晶葉「はぁ、よく考えてみろ。こずえはまゆに変装して助手を襲ったが、まだ助手はギリギリ助かっている。つまり、ここで私たちが助手を襲えば、こずえは助手のことを諦め、助手は襲われることは無くなる!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 22:04:32.81 ID:+WSWF/c+0

李衣菜「いやいや、絶対おかしいでしょ!そもそも言ってることがめちゃくちゃ…わひっ!」ガシッ

茜「流石、晶葉ちゃん!そんな手を思いつくなんて…うひゃ!」ガシッ


こずえ『…つかまえたー』

李衣菜 茜「ひっ!」ゾクッ

こずえ『ふたりもあきはちゃんとおなじ…じぶんのこころをとじこめてる…』

こずえ『すなおになるゆうきがないんだったら…わたしがすなおにするー』


李衣菜(…!か、体の奥から…)

茜(な、何かが出て来るような…!)


こずえ『…ふふっ』





こずえ『…すなおになりなよ』


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 22:15:36.52 ID:+WSWF/c+0

モバP「あ、茜!李衣菜!た、助けて…」

茜「はい!もちろんです!Pさんの襲われる心配はこれでなくなります!」ハイライトオフ

李衣菜「まあ、今から私たちがPさんを襲うんだけどね」ハイライトオフ

晶葉「仕方ないだろ…これも助手のためだ」ハイライトオフ


モバP「ま、待ってくれ…」


晶葉「何、心配することはない。決して辛いことをするわけじゃないんだからな」

李衣菜「むしろ、いいことじゃないかな?」

茜「そうですよ!だからPさんも警戒しないで…」

モバP「やめろ…やめてくれ…」







晶葉 李衣菜 茜『すなおになりなよ』






モバP「うわぁぁぁぁぁ!!!!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/15(水) 22:25:13.78 ID:+WSWF/c+0

こずえ「…なんでだろー?」



こずえ「なんでにんげんはじぶんのほんしんをじぶんでとじこめちゃうんだろー?」



こずえ「…こずえはきらい、じぶんにすなおじゃないの、みてていやなきもちになる…」



こずえ「だから……」



こずえ『このよのにんげんはみんなわたしがすなおにしてやるー』







『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿