TOP > 俺の妹がこんなに可愛いわけがない > 桐乃「馬鹿兄貴なんかと身体が入れ換わった!?」

桐乃「馬鹿兄貴なんかと身体が入れ換わった!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 00:29:58.09 ID:gqvivKM50

桐乃「なんで!?どうして!?わけわかんない!」

京介「落ち着け。俺だってよくわかんねーんだって」

桐乃「うわきもっ!あんたの身体とか最悪!あり得ない!」

京介「こっちの台詞だ!俺だってお前の身体なんてごめんだね」

桐乃「ふん」

京介「…ん…ちょっとトイレ行ってくる」

桐乃「!?」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 00:33:12.94 ID:gqvivKM50

桐乃「ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待った!」

京介「なんだよ。割と急ぎたいんだが」

桐乃「が、我慢しなさいよ!」

京介「お前がトイレに行かなかったから俺が行きたくなってるんだろーが」

桐乃「っ・・・そ、それはそう、だけど・・・!」

京介「じゃ、行くからな」

桐乃「だ、だめ、待って!」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 00:36:32.84 ID:gqvivKM50

桐乃「あ、あんた見る気でしょ!」

京介「? 何をだよ」

桐乃「だ・・・だから・・・!」

京介「・・・ああ、下着くらいは仕方ないだろ。しばらくはこのままなんだろうし」

桐乃「じゃなくて!」

京介「なんなんだよ、ったく」

桐乃「・・・し、した」

京介「した?」

桐乃「下着の下に決まってんでしょ!馬鹿じゃないの!」

京介「・・・あっ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 00:40:33.53 ID:gqvivKM50

京介「で、でもよ、それも仕方ないだろ。今はまだ見てないけど、こう・・・な?」

桐乃「あ、あたしに同意求めんな!」

桐乃「・・・あっ」ピクッ

京介「どうした?」

桐乃「・・・あ、いや」

京介「?」

桐乃「~~ッ!!」ドスッ

京介「いってーな!自分の身体だぞ!?男の俺の身体の力で殴るなよ!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 00:44:57.75 ID:gqvivKM50

桐乃「いいから!ちょっとそこに座ってて!」

京介「どこか行くのか?」

桐乃「ど、どこでもいいでしょ!」

京介「まあいいけどさ。俺はさっさとトイレ行ってくるよ」

桐乃「だめっ!」

京介「まだ抵抗すんのか。いい加減諦めろって」

桐乃「違っ・・・あ、あたしも・・・」モジモジ

京介「なんだよ、はっきり言えって」

桐乃「・・・といれ・・・あたしも、トイレ行きたいのよ!」

桐乃「気づきなさいよ!馬鹿兄貴!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 00:47:55.07 ID:gqvivKM50

京介「あー、そういえばさっき麦茶かなり飲んだんだっけ」

桐乃「馬鹿!こんな時に!」

京介「しょうがないだろ。入れ換わる前だったんだからさ」

桐乃「・・・ねえ、じゃあもうこの際だから訊くけど」

京介「なんだよ」

桐乃「男って・・・どうやってトイレするの?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 00:51:46.21 ID:gqvivKM50

京介「は?」

桐乃「だ・か・ら!どうやってトイレでしてるのかって訊いてんの!」

京介「いや、そんなもん、分かるだろ?」

桐乃「分かるわけないでしょ!なに?あんた女がどうやってトイレするか知ってんの?」

桐乃「女になったことがこれまでにあるの?あのキモい幼馴染に見せてもらったの?」

京介「おい、麻奈美がそんなことするわけねーだろ!あと悪口いうな!」

桐乃「ふん。きも」

桐乃「じゃあさ、とりあえずあんたはもうここでしてよ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 00:55:12.60 ID:gqvivKM50

京介「は!?なんでだよ!」

桐乃「だってあんた一人で個室入ったらあたしのきれいな身体に何するか分かんないし」

桐乃「写真とかとるかもしんないし」

京介「しねーよ!そんなこと!」

桐乃「えっ・・・しないの?」

京介「するわけねーだろ。俺はそんな変態野郎じゃねーよ」

桐乃「ふ、ふーん。そっか」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 00:58:26.65 ID:gqvivKM50

桐乃「でもとにかくここでして。心配だから」

京介「・・・いいよ、分かったよ。お前の身体だからな。お前がそういうならそうするよ」

桐乃「じゃあ洗面器かなにか持ってきて」

京介「はいはい」

―――――――

京介「持って来たぞ」

桐乃「おっそ。何してたの。はいじゃあ脱いで」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:02:28.98 ID:gqvivKM50

京介「え、えっとだな・・・とりあえずパジャマのズボン脱ぐぞ」スルスル

桐乃「う、うん・・・ん!?」

京介「どうした?」

桐乃「え、いや、えっと、べつに、なんでも、ないって・・・!」

京介「ああ、じゃあ・・・ほら、下の方は見ねーから。下着も脱ぐぞ」スルッ

桐乃「!?」ピクピク

桐乃「ね、ねえ!ねえ!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:05:31.56 ID:gqvivKM50

桐乃「男ってトイレ行きたくなると身体おかしくなんの!?」

京介「は?別になんねーよ」

桐乃「え?じゃあ、なんで」

京介「どうしたんだよ」

桐乃「じゃああんたの身体病気かもしんない!なんか変な感じ!」

京介「落ち着けって。どうしたんだよ」

桐乃「・・・変なの」

京介「何がだよ」

桐乃「ズボンの中が!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:09:45.35 ID:gqvivKM50

京介「ズボンの中?・・・はっ!」

桐乃「どうして?なんで?なにこれどうしたらいいの?」モッコリ

京介「あー・・・それはだ、よくあることというか、なんというか、とにかく心配はいらない」

桐乃「こんなことよくあんの!?どうして!?」

京介「えーっとだな・・・」

桐乃「あんたさっきあたしにははっきり言えって言ったでしょ!あんたもはっきり言いなさいよ!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:13:13.21 ID:gqvivKM50

京介「じゃあはっきり言うぞ。お前エロいこと考えてるだろ」

桐乃「!? は、はあ?何それ。こんなときにセクハラ?」

京介「お前もはっきり言えよ。どうなんだよ」

桐乃「妹にマジな顔して何聞いてんの。きも」

京介「キモくてもなんでもいい。どうなんだよ」

桐乃「か、考えてるわけないでしょ!」ビンビン

京介「・・・・・・」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:15:53.09 ID:gqvivKM50

京介「男はな、エロいこと考えるとそうなんだよ」

桐乃「!?」

桐乃「な、な、なにそれ!?じゃああんたあたしがそういうこと考えてるってわかってて訊いたわけ!?」

京介「ま、まあそうなるな」

桐乃「最っ低!!」カァァ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:20:07.06 ID:gqvivKM50

桐乃「この変態!」

京介「こっちからも言わせてもらうけどな、いくら妹萌えだからって兄である俺の身体になって自分自身の身体に欲情するお前のほうがよっぽど変態だぞ!?」

桐乃「なっ!?」

京介「どうした。事実だろ。言い返してみろよ。どうしようもないな、お前は」

桐乃「~~ッ!!」フルフル

京介「お、おい」

桐乃「・・・・・・」ポロポロ


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:25:26.63 ID:gqvivKM50

京介「・・・泣くなよ、俺の身体で」

桐乃「・・・・・・」ポロポロ

桐乃「しょ、しょうがないでしょ。こんな機会めったにないんだから」

桐乃「兄になる気分とか・・・本当の妹を持つのとか・・・ちょっと夢だったんだってば」

京介「(妹を前に勃起しながら泣く自分の姿を見る俺はもっと泣きたいぜ・・・)」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:28:16.45 ID:gqvivKM50

京介「悪かったって。ほら、トイレさっさと済まそうぜ」

京介「じゃあ洗面器の上にしゃがめばいいんだろ?」チラッ

桐乃「あっ!今見たでしょ!」

京介「見てねーよ!洗面器の位置確認しただけだって!」

桐乃「ふん」

京介「え、えっとだな、普通にすればいいんだろ?」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:31:34.06 ID:gqvivKM50

桐乃「だから何であんたはさも当然であるかのようにできるわけ?」

桐乃「少しはためらったり戸惑ったりしないの?私にしかたを教えて欲しいって懇願しないの?」

京介「いや・・・実はそんな余裕がないくらいやばいんだが」

京介「なんかこのまま尿意にまかせればできそうだ」

桐乃「じゃ、じゃあ、してみなさいよ。・・・あっ、もっと足広げなきゃ汚れる」

京介「・・・こうか」

桐乃「そう。そうしなきゃ無駄にびしょびしょになんの」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:34:50.66 ID:gqvivKM50

京介「・・・おい、あんまり、股間いじるなよ」

桐乃「はっ、何を言って・・・あ、あれ!?なんで!?そんなつもりなかったのに!」

京介「身体に慣れてないとこうなるのか。男ってのは悲しい生き物であることが分かるな」

桐乃「うっさい!悟ったようなこと言うな!」

桐乃「ほ、ほら、さっさとしなさいよ!」

京介「あ、ああ」ジョー


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:37:39.58 ID:gqvivKM50

桐乃「あ・・・ああ・・・」

桐乃「す・・・すごい・・・」サワサワ

京介「だからあんまり触んなって!」

京介「ほら、終わったからティッシュくれ」

桐乃「は、はい。ちゃんと拭いてよ」

京介「ああ・・・こんなもんか?」

桐乃「雑!もういい!あたしが拭く!」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:41:32.53 ID:gqvivKM50

京介「えっ・・・ええっ!おい!」

桐乃「問答無用!ちゃんと拭かないと不衛生でしょ!」

桐乃「あたしのパーフェクトな身体にそんなことがあってたまったもんじゃないないの!」

桐乃「ほら!足広げて!」

京介「・・・・・・」クパァ

京介「なあ、恥ずかしいって。俺だって」

桐乃「うるさい!」フキフキ

京介「だ、だから・・・だ、あぁっ・・・ふっ・・・」ビクッ


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:45:49.84 ID:gqvivKM50

京介「だ、だめだって・・・そんなっ・・・くっ」

桐乃「まだまだまだまだ!きれいに、きれいにしなきゃ!」サワサワ

京介「だからっ・・・股間、を・・・触んなってっ・・・あっ!」

桐乃「ふっ、ふふふ、ふふふふふふ!」

京介「お、おい、桐乃!」

桐乃「ハァハァ」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:49:44.72 ID:gqvivKM50

京介「桐乃!」

桐乃「・・・おい、お前妹だろ。ちゃんとお兄ちゃんって呼べよ」

京介「・・・桐、乃?」

桐乃「どうした。いつもは呼んでるだろ、ほら」

京介「おい桐乃!おい!」

桐乃「訊きわけのない妹だ」チュー

京介「う、うえっ・・・(自分とキスするとかどんな拷問だよ・・・)」

桐乃「ほら、お兄ちゃんって甘えろよ、ほら、ほら」ハァハァ


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:53:40.90 ID:gqvivKM50

京介「桐乃?なあ、ゲームじゃないんだぞ、なあ」

桐乃「お兄ちゃん、だろ?」

京介「お・・・お兄ちゃん、ゲームじゃないよぉ・・・」

桐乃「そうだ、これは現実だ。なんにも気にすることはない。普通の兄弟は」

京介「(いかん、桐乃がゲームの中の理想と現実を混同しちまってる)」

京介「(あいつがやってるゲームはエロゲーだ。ってことは・・・はっ!?)」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 01:59:15.49 ID:gqvivKM50

京介「お、おい!・・・あ、えーと、お兄ちゃん、そういうのはだめだと思うなぁ」

桐乃「逃げることないだろう?なあ」ガシッ

京介「(くそっ、腕っ節じゃ敵わねえ・・・!)」

京介「あはは、痛いよお兄ちゃん。そうだ、トイレ済んだしおズボン履かなきゃ」

桐乃「ちょっと待って。お兄ちゃんもトイレがしたいんだ」

京介「え、あ、うん」

桐乃「ここで、するからな」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:02:34.88 ID:gqvivKM50

桐乃「じゃあ」スルスル

京介「ちょ、ちょっと待て!俺の身体を今見るのは・・・!」

桐乃「・・・はっ、えっ!何これ!」

京介「戻ったか!」

京介「(うわっ・・・ギトギトじゃねーか)」

桐乃「うわ、こんなんなんだ」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:04:54.27 ID:gqvivKM50

京介「桐乃!なあ!」

桐乃「・・・・・・」

桐乃「・・・・・・」サワサワ

京介「だから触ってないで」

桐乃「んっ」ピクッ

桐乃「さっきより・・・超、気持ちいい」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:08:31.73 ID:gqvivKM50

京介「(やべえ、直で触りだした)」

京介「桐乃!桐乃!」

桐乃「んっ・・・ぁあ・・・京、介?」シコシコ

京介「(あいつの脳内では誰がどうなってんだ!?)」

京介「桐乃!オナってないでいいかげん」

桐乃「お兄ちゃんって言うのを、んっ、忘れるのはよくないなあ」

京介「また戻った!」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:12:13.71 ID:gqvivKM50

桐乃「なあ、お兄ちゃんのここ、なんだかおかしいんだ、見てくれないか?」

京介「え、えと・・・おれ、あ、いや、わたしよくわかんないなぁ」エヘヘ

桐乃「とりあえず触ってみてくれればいいんだ、な?」

京介「(こいつ・・・自分自身の身体にさせる気か?男って最低な生き物だな)」

京介「えぇ、お兄ちゃんのそこ、触るの怖いなぁ」

桐乃「ちょっとだけでいいんだ、ほら、ほら」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:15:49.07 ID:gqvivKM50

桐乃「俺の知ってる妹はそんなに抵抗しないんだけどなあ。ん?ん?」

京介「(それはゲームの中の妹だろ!)」

京介「あ、あぁそうだね。じゃあちょっとだけだよぉ」

桐乃「んっ・・・そう、じゃあ握ったまま、動かしてみて」ハァハァ

京介「こ、こんなかんじかなぁ」アセアセ

桐乃「そう・・・そうだ」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:19:11.24 ID:gqvivKM50

京介「ふぇぇ・・・もう疲れちゃったよぉ」

京介「(どうする!?何か打開策は)」

京介「(桐乃はこのままだと何をしでかすかわかったもんじゃない)」

京介「(いっそこのまま手でイかせちまったほうがいいか!?)」

京介「あー、じゃあもうちょっと続けてあげるね。ちゃんと診てあげるよ」

桐乃「うーん、それはもういいかな」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:23:05.34 ID:gqvivKM50

桐乃「俺の知ってる妹は何か色々としてくれるんだがなぁ」

京介「えへへ、色々って何かな?」

桐乃「それは・・・色々だ」

京介「(腕いてぇ・・・掴んで離さないでやんの)」

京介「それじゃあ分かんないなぁ、どうすればいいのぉ?ねえねえ」

桐乃「だから色々って言ってんでしょ!馬鹿!」

京介「ん?」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:28:29.40 ID:gqvivKM50

桐乃「あー、俺も具体的には分からないんだ。でも妹ならしてくれるんだ」

京介「(どういう理屈だよ。というかさっきのは何だ)」

京介「えー、じゃあ右手で」

桐乃「そうじゃないんだ!」

京介「じゃあ?」

桐乃「あ、そうだそうだ、口でどうこうとか聞いたことある気がするなあ」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:32:31.89 ID:gqvivKM50

京介「(口でって・・・マジかよおい!)」

京介「わたしはそんなお話聞いたことないなぁ」

桐乃「俺はパソコンの中の話で聞いたことがあるな。だから大丈夫だ」

京介「(それエロゲーだろ!)」

京介「(腕を掴んでる力が増してる!?こいつ、色々限界が近いぞ・・・!まずい)」

京介「でもぉ、わたしわかんないしなぁ」

桐乃「いつもはモザイクがあるし静止画だから詳しくは俺も知らん!早くやるんだ!」

京介「(白状してるじゃねーか)」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:37:18.87 ID:gqvivKM50

京介「お兄ちゃん、だから・・・それはゲームの話だよぉ」

桐乃「・・・・・・」ピク

京介「わたしそういうのよくわかんないしどうしようもないなぁ」

桐乃「・・・・・・」ピクピク

京介「さっきみたいに手でならもうわかるけどぉ」

京介「だからさ、お兄ちゃん、もう」

桐乃「あーもううっさい!!あたしのものになれ!!」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:40:03.31 ID:gqvivKM50

京介「お兄ちゃ・・・うわっ!」バタン

京介「(お、押し倒された・・・)」

京介「ど、どうしたのぉ?わたしは逃げたりしないよぉ?」

桐乃「わかんないの。わかんない。だいたいしかわかんないの」

桐乃「でももう我慢できない。したい。するから。わかんないけどするから」

京介「え?え?お、お兄ちゃん?」

京介「(桐乃・・・?戻ってるのか?)」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:44:04.95 ID:gqvivKM50

桐乃「もうダメ。男の身体ってこんなんなんだ。我慢できない」

京介「お兄ちゃ・・・桐乃?」

桐乃「ああ、ごめん。さっきっからありがと、その呼び方」

京介「桐乃・・・お前」

桐乃「悪いけど、もう少しだけお願い。もうあたし無理。耐えられえない」

京介「耐えられないって・・・おい!」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:46:52.98 ID:gqvivKM50

桐乃「いいでしょ、ねえ。どうせまだ童貞でしょ。初めての相手が自分ならノーカンっぽいでしょ」

桐乃「それならこの際いいでしょ?」

京介「自分って・・・この身体はお前の身体だぞ!?」

桐乃「あー、それは別にいいから」

京介「いいって・・・まさか、お前やったことあんのか!?」

桐乃「あ、あるわけないでしょ!!」

桐乃「ない、ないって。一回も」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:50:39.78 ID:gqvivKM50

京介「それで、いいのかよ。そっちのは、俺の身体だぞ?」

桐乃「女のあたしより男のあんた方がなんで気にしてんの」

京介「そりゃ・・・だってお前だからだよ!」

京介「大切な妹の身体だぞ!?気にしないはずないだろ!!」

京介「まさかだれかともうやったことあんのかってさっき本当に心配しちまったよ!!」

京介「そんなシスコンの兄貴だってお前もわかってんだろ!!」

桐乃「・・・・・・」

京介「だから・・・その、気にしちゃ悪いかよ」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:54:40.91 ID:gqvivKM50

桐乃「・・・シスコンなら」

京介「なんだよ」

桐乃「シスコンなら、あげるっていってんだからちゃんともらってよ」

京介「いや、だって」

桐乃「あたしがそうしたいの!ねえ、いいっていってんだからちゃんともらいなさいよ!」

桐乃「だいたい男側の身体はあたしが動かしてんだから。それで自分の身体と、その、するんだから」

桐乃「で、そっちがわの身体にはあんたがいて・・・それがちょっと大事な気がする・・・」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 02:57:15.46 ID:gqvivKM50

京介「・・・意味分かんねーよ」

京介「でも、ありがとな。それくらい思ってもらえるってのはこれまでの苦労も報われるってもんだ」

桐乃「ふ、ふん」

京介「じゃあ、もういいよ」

桐乃「え?」

京介「いや、だから、するんじゃないのか?」

桐乃「あ、ああ、そうそう・・・お願いします」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:00:23.75 ID:gqvivKM50

桐乃「・・・で、その、こんなの、入れるの?・・・なんか、入れたいんだけど、どうしていいか」

京介「普通その台詞は、こんなの入るの?って俺の側が言うんだが」

桐乃「え、だって、こんなの」

京介「足、広げれば入るんじゃねーか?」クパァ

桐乃「あ・・・すごい、あたしの、身体」ビンビン

桐乃「あ、当てて、みる」


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:04:27.76 ID:gqvivKM50

京介「お、おう」

桐乃「・・・・・・」ピチャピチャ

京介「あっ・・・くっ・・・」

桐乃「どう?」

京介「どうって・・・そりゃ、お前がっ・・・一番分かってんじゃ、ねーのか」

桐乃「あんたの感想を聞いてんの」クチャクチャ

京介「き、もち・・・いい、です」

桐乃「そ、そう」


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:08:41.61 ID:gqvivKM50

桐乃「あ・・・ぐちゃぐちゃになってきた」

京介「馬鹿!言うな!恥ずかしい!」

桐乃「あたしの身体のことをどう言おうと勝手でしょ!」

桐乃「もういい!入れるから!」

京介「え、あ、おい!ちょっと」

桐乃「んっ・・・」スルスル


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:11:56.70 ID:gqvivKM50

京介「そんな、おま・・・ぐっ、いたっ」

桐乃「んっ・・・ん・・・」

京介「いたっ、~~~ッ!」

桐乃「・・・あ、やっぱ、痛かった?まだ半分くらいしか入ってないけど」

京介「いた、く、ねーよ。続けろよ」

桐乃「だってあんた、泣いてんじゃん」ナデナデ


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:15:23.48 ID:gqvivKM50

桐乃「ごめん、自分の方で夢中になってた」

京介「いいから、ほら」

桐乃「でも・・・」

京介「俺だって、嬉しいんだよ、割と、だから・・・」

桐乃「・・・そう・・・そう、でしょ!あたしが相手なんだから!」

京介「ああ、頼む」

桐乃「・・・・・・」グンッ

京介「ああっ・・・んっ」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:20:51.47 ID:gqvivKM50

京介「んっ、んっ、んっ・・・くっ・・・!」

桐乃「ハアッ・・・ハアッ・・・」

桐乃「兄貴・・・ンッ・・・京介!京介!」ハァハァ

京介「んっ・・・あっ・・・おにい」

桐乃「桐乃、で・・・ハァッ・・・桐乃で、いいから・・・桐乃って、呼んで」

京介「あっ、ああっ・・・き、桐乃!」ンッ


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:29:30.01 ID:gqvivKM50

桐乃「あっ・・・ハァハァ・・・もうっ、だめっ・・・頭が、ぼーっと、してきた」

桐乃「んっ・・・なんか、出そう、かもっ・・・ンッ」

京介「おっ、おい、それは・・・さすがにっ」アッ

桐乃「今日はもういいじゃんこのままでいいでしょねえもう我慢できないもうだめ」ハァハァ

桐乃「もうっ・・・だめっ・・・あああっ!!」ビクンビクン

京介「おっ、おい・・・あっ・・・ああぁ・・・」

桐乃「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・やば・・・力・・・入んない」ハァハァ

京介「あ・・・ああ」


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:35:18.00 ID:gqvivKM50

桐乃「あ、じゃ、じゃあ抜く、ね」スルッ

桐乃「まだ、痛い?」

京介「いや、もう、それは、大丈夫だ」

桐乃「ああ、うん。・・・どうしよう、何か急にひどいことした気になってきた」

桐乃「ごめん兄貴、ほんとにごめん、なんか」

京介「いや、謝るなって。俺はいいって言ったんだからな」

桐乃「あ・・・うん」


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:40:46.96 ID:gqvivKM50

桐乃「でもやっぱり痛かったんでしょ?ゲームで妹達もそう言ってたし、ごめん」ギュ

京介「いいって。な?笑ってくれよ」

桐乃「うん・・・うん」

京介「それにしても、やっちまったなー。俺も筋金入りのシスコンだ」

桐乃「んなの最初っから変わってないでしょ。ま、あたしが妹なら仕方ないけど」

京介「本当にそうだな、そう思うよ」

桐乃「・・・うん、あたしも、兄貴があんたでよかった」

京介「ふっ・・・ふふっ」ジワッ

桐乃「ま、またそうやってすぐ泣く!」


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:47:40.81 ID:gqvivKM50

京介「でも、いいのかよ」

桐乃「何が?」

京介「だって・・・中で出しちまったし」

桐乃「あたし生理まだだし、大丈夫っしょ」

京介「そうか、それなら・・・はあっ!?」

桐乃「中三ならだいたいみんなきてるけどあたしはまだなんだ」

京介「それなら・・・いいのか?」

桐乃「ま、だいじょうぶっしょ。あ、きてないならまたできるとか考えたりしてんでしょ」

京介「なわけねーだろ!」


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:51:02.60 ID:gqvivKM50

桐乃「はいはい・・・んー、なんかめっちゃ眠いんですけど」

京介「あー、まあ、そういうもんだ」

桐乃「じゃ、じゃあさ、今日くらい、一緒に寝てよ、兄貴」

京介「この際今日は最後まで付き合ってやるよ」

桐乃「こっちがつきあってあげてんだって、馬鹿」

桐乃「じゃあ、おやすみ」

京介「ああ、おやすみ。明日はこの状況をどうするか考えないとな」

桐乃「うん・・・うん」クークー

京介「・・・俺もねるか」


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:56:05.86 ID:gqvivKM50

次の朝目覚めると桐乃の顔が目の前にあった。

一緒に寝たら元に戻ったようだ。

今日は真剣に解決方法を考えるつもりだったがその手間も省けた。

まあ、これでまた元通りってわけだ。

なんとなく桐乃の頭に手を乗せるとそれに反応してかもぞもぞと動き出した。

桐乃「ん・・・あ、おはよ、兄貴・・・あれ?戻った?」

京介「ああ、戻った。何だったんだろうな」

桐乃「え、はやい・・・」

京介「何か言ったか?」

桐乃「な、何でもない!」


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 04:00:31.96 ID:gqvivKM50

京介「なんだったんだろうな、昨日の夜は」

桐乃「夢じゃないから」

京介「あ?」

桐乃「だから、今となっては夢みたいだけど、夢じゃないから」

桐乃「言ったことも、したことも」

京介「・・・ああ、そうだな」


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 04:10:12.51 ID:gqvivKM50

俺たちは入れ換わったとはいえ兄妹の一線を越えるようなことをしたんだ。

京介「そういえばさ、あれは何だったんだよ」プッ

桐乃「? 何が?」

京介「昨日、俺がお前の身体でトイレした後だよ。お前さ、ゲームの中の兄になりきってただろ」ププッ

桐乃「なっ!」カァァ

でも、俺たちの関係がこれまでと変わるとは思えない。

身体が戻れば俺たちはまた普通の兄妹なんだからな。

京介「あーあ、図星か。これじゃあ人のこと言えないよな、シスコン。それとも何か、俺が妹だから興奮したのか?それならブラコンだな、ははっ」

桐乃「こんの・・・馬鹿兄貴!!」

ちょうど、こんな感じの。



おわり





『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿