TOP > 涼宮ハルヒの憂鬱 > ハルヒ「キョン!みくるちゃんのパンツのぞくな!」キョン「お前のはいいのか?」

ハルヒ「キョン!みくるちゃんのパンツのぞくな!」キョン「お前のはいいのか?」

3: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:44:52 ID:0Z8

ハルヒ「はあ?ダメに決まってるでしょ!」

キョン「そうか・・・」


椅子に座り、本をペラペラ


ハルヒ「・・・・・」

キョン「・・・・・」


4: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:48:23 ID:0Z8

ハルヒ「やっぱり・・・ちょっとくらいなら・・・・」

キョン「!?」



椅子から勢いよく立ち上がる



ハルヒ「た、ただし!あんたの希望に応えれるかはわからないわよ・・・?」

キョン「それでも俺は見たいんだ!おまえのパンツを!」


6: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:50:51 ID:0Z8

ハルヒ「・・・・ん」

キョン「どれどれ・・・なっ!?履いてない・・・だと」

ハルヒ「そうよ、私は普段からスカートなのにパンツを履いていないの」

キョン「!?」


7: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:53:22 ID:0Z8

ハルヒ「ちょっとでも風が吹けば中が見えてしまう」

ハルヒ「近くの席の人が物を落として拾おうとしたら見えてしまう」

ハルヒ「そんな状況に興奮してしまう変態なのよ!私は!!!」


8: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:56:42 ID:0Z8

キョン「・・・・」

ハルヒ「どう?幻滅した?こんな異常性癖者がSOS団の団長なんて」

キョン「・・・・ハルヒ」

ハルヒ「いや!何も言わないで!」



走り出すハルヒ



キョン「待って!」


9: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:00:27 ID:0Z8

キョンは必死に追いかけた。

通り過ぎる生徒たちの奇異の目を振り切って、ハルヒの手を掴む



ハルヒ「・・・離してよ」

キョン「いいや、離さん」

ハルヒ「・・・どうして?」

キョン「おれも同じだからだ」


10: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:03:31 ID:0Z8

ハルヒ「・・・同じ?」

キョン「ああ」



突然ズボンを脱ぎだすキョン

ハルヒ「!?」



そこには本来あるべきものがなかった。

そうパンツである


11: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:06:32 ID:0Z8

キョン「おれもな・・・。同じなんだ」

キョン「澄ました顔でツコミを入れてるくせに、ズボンの下にパンツを履いてない」

キョン「その背徳的な行為がたまらなく好きなんだ」

ハルヒ「キョン・・・」

キョン「おれたち似た者同士だな」


12: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:08:15 ID:0Z8

ハルヒ「そうね、なんだか心強いわ」

キョン「俺もだよ」

ハルヒ「これからも一緒にノーパン道を歩みましょう!」

キョン「おう!」



ふたりは熱い握手を交わした





13: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:18:34 ID:IAc

乙りんこ
よかったらまた書いてください(*´ω`*)





『涼宮ハルヒの憂鬱』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿