TOP > 艦隊これくしょん > 涼月「提督のゴボウ・・・こんなにご立派で!///」

涼月「提督のゴボウ・・・こんなにご立派で!///」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 19:33:45.63 ID:QJ1X5G2X0

提督「ま、待つんだ涼月! 早まるな!」

提督「君は少々酒を呑み過ぎて判断能力が鈍っているんだ!」

涼月「ウフフ! 芋焼酎6升だなんて、まだまだですよっ!///」

提督「呑み過ぎだ愚か者!」

涼月「提督と一緒に呑むと、なかなか歯止めが効かなくて・・・///」

提督「限度というモノがあるだろう!?」

涼月「まぁまぁ、それよりも早く服を脱ぎましょうか?///」グイグイ

提督「待ってくれと言っているだろう!?」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 19:40:11.79 ID:QJ1X5G2X0

提督「こ、こういうことはだな? ケッコンしてからするモノだと思うんだ、な?」

涼月「今夜こそ アダムとイヴの 花開く♡ ですね!///」クネクネ

提督「人の話を聞かんかバカタレ!」

涼月「私のお豆さんも、大層喜んでいるようで・・・///」

涼月「さぁお豆さん? 提督のおていていさんにご挨拶して下さい?///」ナデナデ

提督「ズボン越しから股間を撫でないでくれぇっ!」

提督「何という酒癖の悪さなんだ君は!」

提督「頼むから落ち着いてくれ! 絶対後悔することになるぞ!?」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 19:47:53.66 ID:QJ1X5G2X0

提督「よ、よし、今から君を部屋に送ることにしよう!」

提督「睡眠はしっかり自室でとらないとな! な!?」

涼月「気をつけて、暗い夜道の送りオオカミ・・・! ぐふっ!///」

提督「この淫月! 俺をお前の部屋に連れ込んで何をするつもりだ!?」

涼月「うーん・・・そうですねぇ・・・あっ!///」

涼月「提督のベッドネームを”ドーティー”にしようと思います!///」

提督「ベッドネーム!? それに何だその情けない名前は!?」

涼月「タシュケントさんが提督を呼ぶ際に言う、あの言葉ですよ///」

涼月「同志提督・・・略してドウテイ・・・///」

涼月「うひひっ! 我ながら、可愛らしいネームですね!///」

提督「そんなクダラないことをするんじゃない!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:01:57.55 ID:QJ1X5G2X0

涼月「もうっ提督っ! あまり焦らさないで下さいっ!///」ツンツン

涼月「こちらはすぐにでも抱きしめたいジュテーム気分なんですから!///」

提督「このクールムーン! 落ち着けと言っているだろう!?」

提督「こんなムードも何もない状況で楽しめると思うか!?」

涼月「ちょっとエッチなアラビアン・ナイトを思い出しました///」

提督「君の感性は一体どうなっているんだ涼月!」

提督「と、とにかくだ! 君には部屋に帰ってもらおうか!」グイグイ

涼月「そ、そんな! この日の為にギョーザを食べずに我慢してきたのにですか!?」

提督「何だそれは!?」

涼月「提督からは噎せ返るような、甘いアダルトな匂いを感じますね!///」

提督「だから何だそれは!?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:13:07.18 ID:QJ1X5G2X0

涼月「提督? 私と相手をしてくれませんと・・・」スッ

提督「あーっ!? それは俺のパンツ!」

提督「何故君がそれを持っているんだ!?」

涼月「この前のお洗濯の際に・・・少々・・・///」

提督「少々とは何だ!? ん!?」

涼月「・・・そっと、提督のイチゴ柄のおパンティーをポケットにしまったんです///」

提督「何故そんなことをした!? 一体何に使う気だ!?」

涼月「後でゆっくりと、そのイチゴ畑を眺めることにしようと思ったんですっ!///」

提督「君はいつもカボチャ畑を眺めているだろう!? 欲張るものではないぞ!」

涼月「提督? 私、寂しいので被らせて戴きますね?///」スポッ

提督「うわあぁぁっ!? 止めるんだ涼月、顔面がイチゴ畑だ!」

涼月「はあぁぅっ!? ・・・ふぅ///」

提督「あぁもうっ! 何てことをしているんだ涼月!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:21:05.01 ID:QJ1X5G2X0

提督「あぁ・・・いつものお淑やかな君に戻ってくれぇ・・・!」

涼月「あっ! そうでした、私・・・」

涼月「肝心なことを忘れていましたね!」

提督「ん!? お、おぉそうだそうだとも! 早く部屋に戻r」

涼月「シャ、シャワーを浴びましょう! ランランラン♪///」

提督「そうじゃない! 自室に戻ってから浴びてくれ!」

涼月「大丈夫です! 洗い方は教えますから!///」

提督「愚か者! 洗い方のことを言っているんじゃない!」

涼月「さすがです提督っ! 腎水滴る良い男ですねっ!///」

提督「"水も滴る"だ!」

涼月「ヘケッ☆///」

提督「クソッ・・・! 涼月がこんなにスケベな駆逐艦だったとは・・・!」

涼月「さぁ! 脱いで下さい提督!///」ビリビリッ

提督「俺は悲しいぞおおおぉぉぉぉぉっ!!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:25:32.22 ID:QJ1X5G2X0

提督「嫌だ! 止めてくれ! 俺はロリコンじゃないんだ!」

涼月「・・・・・・」

涼月「・・・提督よく聞いて下さい?」

提督「な、何だ!?」

涼月「この世には同人誌というモノが存在します」

涼月「内容は様々ですが、提督を対象としたものは7000作以上はあるんですよ!///」

提督「急に何を言っているんだ!?」

涼月「今度実際に持ってきてお見せしたいと思っているんです!///」

提督「そんなモノ持ってこなくて良い!」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:28:10.67 ID:QJ1X5G2X0

涼月「どうです想像してみて下さい!? 自分が私に犯される姿を見るのは!?///」ハァハァ

提督「ひっ!? ひいいいぃぃぃぃぃぃっ!!!?」ガタガタ

涼月「・・・でしたら、私の乳首を舐めて下さい? ホラッ!!///」グイグイ

提督「嫌だあああぁぁぁぁぁぁっ!!」





憲兵「一体何事ですか提督殿!」ガチャッ





涼月「!?」

提督「!!」

初月「!?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:29:15.95 ID:QJ1X5G2X0

憲兵「むむっ!? 一体なんですかこの状況は!?」

提督「憲兵さん良いところに! 涼月を止めて下さい!」

憲兵「なっ!? まさか涼月殿、提督殿を手籠めにしようとしていたのですか!」

憲兵「ん゛ん゛っ!! 艦娘自らが鎮守府の風紀を乱すような真似をするとは!」

憲兵「これは実に不埒ですぞ! ん゛ん゛っ!!」

憲兵「さぁ涼月殿! 神妙にしなされ・・・!」スタスタ

涼月「・・・・・・」

涼月「」ブンッ

憲兵「あいたっ!?」カンッ

憲兵「ん゛ん゛っ!! 無駄な抵抗は止しなさr」





ローション『』





憲兵「!」

初月「!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:29:49.15 ID:QJ1X5G2X0

憲兵「ん!? 食い物だ!」パァ

憲兵「ヴォェア゛ッ!?」ガク

提督「憲兵さん! それはレーションじゃないですよ!」

憲兵「は、腹が痛い・・・っ!!」プルプル

憲兵「うぐぉっ・・・! もう間に合いませんぞぉっ・・・!」プルプル

憲兵「て、提督殿! おトイレを借りますぞ!」ダッ

提督「待って! 待ってってばぁ!?」

涼月「」ニヤッ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:30:38.87 ID:QJ1X5G2X0

憲兵「くうぅ~~っ! も、漏れるぅっ!」ガチャ

憲兵「!?」ガチャガチャ

憲兵「何故鍵がかかっておるのですか!」

憲兵「ここは提督殿の私室ですぞぉっ!?」コンコン

「入っているぞ」

憲兵「んななぁっ!? 一体誰が・・・はぐぅっ!?」コンコン

「急かすな」

憲兵「んぐぐぅっ! こ、こちらは緊急事態につきヴォェ゛ッ!?」コンコン

「うるさいぞ」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:31:18.31 ID:QJ1X5G2X0

憲兵「お、お願いですぞ! 早く用を足して下され・・・!」コンコン

「・・・一緒に入りたいのか?」

憲兵「ふんぐぉっ!? は、早く扉を開けて下されぇ・・・っ!!」コンコン

「・・・良いだろう、入れ」カチッ

憲兵「ん゛ん゛っ!! 漏れるぅっ!!」ガチャッ





ガングート「・・・一体何の用d」

ガングート「ん!? 食い者(意味深)だ・・・!!」パァ





憲兵「!?」

初月「!?」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 20:33:10.09 ID:QJ1X5G2X0

憲兵「ファッ!? ロシア女!?」

憲兵「うごぉっ! は、腹が・・・!!」ガク

ガングート「さて・・・覚悟は良いか・・・?///」ガシッ

憲兵「や、止めなされぇっ!? 嫌だああぁぁぁっ!!」ガクガク

涼月「・・・・・・」

提督「」ガタガタ

涼月「・・・さぁ、提督?」ガシッ

涼月「私の乳首・・・舐めて下さい・・・ヘケッ・・・!///」ハァハァ

提督「」










バッコン!!  バッコン!!  ガコッ!!  バキッ!!  ガシャーン!!  ウワアアアアアアァァァァァァァァァ―――――――ッ!!!?










――― 終わり ―――





『艦隊これくしょん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿