TOP > シンデレラガールズ > 晶葉「時間を超えて」李衣菜「世界の運命を」茜「変えてみせます!」

晶葉「時間を超えて」李衣菜「世界の運命を」茜「変えてみせます!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:04:49.55 ID:AxSW7nxs0

これは
晶葉「助手が!」李衣菜「まゆちゃんに!」茜「襲われています!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534254409/
の続きの話です。
よろしければこちらもどうぞ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:06:15.26 ID:AxSW7nxs0

10年後 -崩壊した街-

ウサちゃんロボ「…居た!逃すか!」

男「ひぃっ!」ガシッ

ウサちゃんロボ「手間をかけさせやがって…こずえ様!劣化体を捕らえました!」



こずえ「お、ごくろー…」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:07:51.72 ID:AxSW7nxs0

男「こ、こずえ様!違います!私は決してこずえ様への忠誠を失ったわけでは…!」

こずえ「…はぁー、嘘だと思いたいけど、やっぱり劣化体かー…どうしてすなおじゃなくなっちゃったのー?…かわいそうに…」ナデナデ

男「そ、それじゃあ!」


こずえ「でもごめんねー…」グサッ


男「ごぶっ…」バタッ

こずえ「この世界に劣化体はいちゃいけないんだ…ね、Pさん」


モバP?「…アア、レッカタイハスナオ…ツマリ、セカイノオキテ二ハムカッタオロカナソンザイ。コノヨニソンザイスルカチハナイ」


こずえ「……そうだよねー…Pさん」







晶葉「…」モノカゲニヒソム


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:09:44.08 ID:AxSW7nxs0

晶葉「こずえ…どうしてこんなことを…」


『すなおになりなよ』


晶葉「うっ…!ぐあぁ!…ま、まだあの声が…っ!」ズキズキ

晶葉「はぁ、はぁ…くっ!早く、みんなのところに…」


「きゃー!!」


晶葉「っ!誰かの悲鳴が…今、行くぞ!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:11:09.83 ID:AxSW7nxs0

こずえ「…また劣化体だー…なんでみんなして…」

こずえ「本当にごめんね……来世では必ず幸せにしてあげるからね…」ジャキッ

こずえ「だから…あっちで待ってて…」

晶葉「…待て!!」ザッ

こずえ「!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:12:13.20 ID:AxSW7nxs0

ウサちゃんロボ「……池袋晶葉、劣化体か!」

晶葉「その通りだ!私が池袋あk…」

モバP?「…」銃を構える

晶葉「助手…」

モバP?「イケブクロアキハ…ハイジョノタイショウヲツイカ」

晶葉「…排除、か」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:13:49.37 ID:AxSW7nxs0

こずえ「二人は大人しくしててー…」

ウサちゃんロボ「も、申し訳ございません、こずえ様」ザッ

モバP?「コズエ…」

晶葉「…」ミガマエ


こずえ「晶葉ちゃん…ここに来たってことはー…覚悟が出来たと思っていいのかなー…?」スタスタ


晶葉「…残念だが、流石にはいとは言えないな。私にはまだやらなければならないことがある」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:15:14.98 ID:AxSW7nxs0

晶葉「…というわけで、どいてもらえないか?」

こずえ「ごめんねー、こずえもできればどいてあげたいけど…一応、こずえもこの世界の王様だからね……後始末はつけないと…」カチャ

ウサちゃんロボ「…」カチャ

モバP?「…」カチャ


晶葉「…ま、分かってたけどな」ポチ


モバP?「…!ソレハ!」

晶葉「悪いが後始末されるわけにはいかない、私たちは過去を変えて、この世界を変える!」フッ

ウサちゃんロボ「消えた!」


こずえ「……見つけた、あっちの方にいる…!」


モバP?「…コノセカイノスベテノモノニツグ!イケブクロアキハヲマッサツシ、ミライヲマモレ!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:23:09.37 ID:AxSW7nxs0

―――――

―――



-池袋博士の隠れ家-

「ふぃ~準備完了!後は晶葉ちゃんが来れば…」

晶葉「ただいま」パッ

「いい…って、うわぁ!!!び、ビックリした~!」

晶葉「そんな大袈裟な、出る前にこの『テレポくん』の試運転に行くと言っただろう、李衣菜?」

李衣菜「そうだけどいきなり目の前に出てきたら流石に驚くでしょ!!あ、そうだ試運転!どうだった?」

晶葉「ああ、バッチリだ。これなら問題なく使えるだろう、ただ…」

「あ!お帰りなさい、晶葉ちゃん!!いつのまに帰ってきたんですか?」

晶葉「お、茜もいたのか、なら話は早い」



晶葉「すぐにここを出るぞ」



茜「ええっ!は、早すぎませんか!?一体何が…」


晶葉「こずえ達にあっちゃった」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:24:37.02 ID:AxSW7nxs0

李衣菜「」

茜「え…え、それってつまり…」プルプル

晶葉「…過去に飛ばれたら厄介だろうからな、すぐここに来るんじゃないか?」



『うおーーーー!!!!!』ガンガンガン!!



李衣菜「うわー!!き、来たー!!」

晶葉「茜!タイムマシンの準備は!」

茜「も、もうバッチリです!!」ガタガタ

晶葉「よし!茜、李衣菜、早く乗れ!」ジャンプ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:25:12.76 ID:AxSW7nxs0

李衣菜「」

茜「え…え、それってつまり…」プルプル

晶葉「…過去に飛ばれたら厄介だろうからな、すぐここに来るんじゃないか?」



『うおーーーー!!!!!』ガンガンガン!!



李衣菜「うわー!!き、来たー!!」

晶葉「茜!タイムマシンの準備は!」

茜「も、もうバッチリです!!」ガタガタ

晶葉「よし!茜、李衣菜、早く乗れ!」ジャンプ


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:27:09.66 ID:AxSW7nxs0

李衣菜「ひ、ひえっ!!」ジャンプ

茜「…て、展開が急すぎます!」ジャンプ

晶葉「飛ばすぞ……しっかりつかまってろよ!!」ブゥゥゥゥゥン!!!!



ボゴォォォォォン!!!!!!!!     カクレガバクハツ



ウサちゃんロボ「…どこにいる!大人しく降伏して出てこい!」

こずえ「…生命反応がない…既に過去に飛んじゃったのかも…」

ウサちゃんロボ「な、なんということだ…」


こずえ「ウサちゃん…こずえ、行ってくるから……Pさんのことよろしくねー…」フッ

ウサちゃんロボ「……了解、致しました」





モバP?「…」フラッ


モバP?「」バタッ


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:28:48.09 ID:AxSW7nxs0

―――――

―――



現代 -仮眠室-

モバP「ま、待ってくれ…」


晶葉「何、心配することはない。決して辛いことをするわけじゃないんだからな」

李衣菜「むしろ、いいことじゃない?」

茜「そうですよ!だからPさんも警戒しないで…」スッ



茜(未来)「トラーーーーイ!!!」ドゴン


茜「ぎゃあああああああ!!!!」ドンガラガッシャ-ン!!


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:31:29.50 ID:AxSW7nxs0

晶葉「あ、茜が吹っ飛ばされた!!一体誰が!」

晶葉(未来)「はい、そこまで」トン

李衣菜(未来)「大人しくしてなさい」トン

晶葉「」バタッ

李衣菜「」バタッ

モバP「あ、あ…」ボ-ゼン

晶葉(未来)「よし、とりあえず、茜と李衣菜はこいつらに服を着せておけ。私はその間に説明をしておく」

茜(未来)「ラジャー!」

李衣菜(未来)「りょーかい」

モバP「…な、何がどうなって…?」アタマクルクル

晶葉(未来)「…過去の私がすまなかったな、助手よ」


モバP「あ…は、はい……え?」


モバP「過去の私……助手…?」


晶葉(未来)「ん?ああ、まだ自己紹介してなかったな」



晶葉(未来)「…私は今から10年後、未来から来た池袋晶葉だ」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:33:41.50 ID:AxSW7nxs0

モバP「……10年後の晶葉………え、まじで!!…うわっ、すげぇ……」ジロジロ

晶葉(未来)「…ん?なんでジロジロ見てくるんだ?」

モバP「いや……晶葉の外見があまりにも立派すぎて…」ジロジロ

晶葉(未来)「おい!!」ボゴッ

モバP「ぐばっ!じ、冗談だよ…」

晶葉(未来)「全く…って、ここでまったりしている暇は無いんだ!唐突だが、今からここに来た理由を言うから、絶対に聞き逃すなよ」

モバP「お、おう…」

晶葉(未来)「実はな…」



―――

―――――


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:36:08.74 ID:AxSW7nxs0

―――――

―――



モバP「えっと……こずえが王様でウサちゃんロボと俺が側近…で、俺たちは劣化体…つまり素直じゃない奴を虐殺してて、それがいやだからお前たちはこずえが初めて洗脳をした今日この時間に飛んだ…そう言うことか?」

晶葉(未来)「まあ、だいたいそんな感じだ」

モバP「改めて考えて見ると、すげぇ壮大な話だな…って、やばいじゃん!早くこずえを見つけないと…」

晶葉(未来)「まあそう慌てるな。茜!李衣菜!終わったかー?」



李衣菜(未来)「お、おわった、よ…」ズ-ン

茜(未来)「終わりました…」ズ-ン



晶葉(未来)「…黒歴史との格闘、お疲れ様。じゃあ行くか」ポチッ

モバP「ん?今何押しt…」フッ


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:38:18.21 ID:AxSW7nxs0

こずえ『このよのにんげんはみんなこずえがすなおにしてやるー』



晶葉(未来)「……まあ、ちょっと待て」メノマエ パッ


こずえ「…うわー、びっくりした…」

李衣菜(未来)「全然、驚いてるように見えないけど…」パッ

茜(未来)「流石、こずえちゃんですね~」パッ

モバP「…あ、あれ?なんで俺はこんなところに…」パッ


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:40:59.47 ID:AxSW7nxs0

こずえ「で…あきは『さん』たちは、なんのようできたのー…?」

晶葉(未来)「…お前にこれを見せに来た」⊃ スクリーン

こずえ「えいぞう…?なんでこんなものを…?」

茜(未来)「…見れば分かります。李衣菜ちゃん」

李衣菜(未来)「今やってる…これで…」カタカタカタッ ピッ


………キャ--!!! タスケテクレ-!! ...ニガサナイヨ... ゴブッ...ギャアアアァァァァァ....


こずえ「…………なに、これー……?」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:42:03.48 ID:AxSW7nxs0

晶葉(未来)「今から10年後、お前が世界中の人間を素直にした後の世界だ…見ろ、この世界を」

コズエサマ...コズエサマ!!! ドウカ...ワタシタチヲオミチビキクダサイ...! コズエサマ...コズエサマ...コズエサマ...コズエサマ...コズエサマ...

こずえ「…どうして……」

晶葉(未来)「…全ての人間がお前に頼りっきりで」


...コレデイインダヨネ...プロデュ-サ-サン? アア,コズエノユウトオリダ...


こずえ「あ、ああ…ああああああ……」



晶葉(未来)「…お前自身も助手に頼りっきりの…堕落した世界を」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:44:47.79 ID:AxSW7nxs0

モバP「え……あの血だらけでぐちゃぐちゃな男が……俺…?」

茜(未来)「…」

李衣菜(未来)「…」

モバP「…うっ…おえぇっ、冗談きついぜ…」ヒザマズク


こずえ「……ぷろでゅーさーさんは…わたしのせいで…………しんじゃうの……?」


茜(未来)「…Pさんは今から数時間後、こずえちゃんが洗脳したアイドルたちに襲われて殺されます」

李衣菜(未来)「でも、今ならまだ引き返せる。みんながいない辛いだけの世界じゃなくて、Pさんもみんなもいるいつものこの世界を、あなたが望むなら…」

こずえ「…こずえが、のぞむなら……」

晶葉(未来)「…さあ、どうする?こんな寂しい…悲しいだけの世界でお前は生きたいか…?それとも…」


こずえ(未来)「私の世界を悪く言うのはやめてくれませんかー…?」フッ


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:46:37.94 ID:AxSW7nxs0

晶葉(未来)「!」

李衣菜(未来)「!」

茜(未来)「!」

モバP「!」

こずえ「…みらいのわたしー?」

こずえ(未来)「そうだよ…こずえー…諦めちゃダメだよー…私たちの世界にもPさんはいるし…それに、みんないないわけじゃ無いし…」

こずえ「…うそ…だったらどうしてあきはちゃんみたいなれっかたいがいるの…?」

こずえ(未来)「……」

こずえ「しってるよ…れっかたいはこずえのふのかんじょうのかずだけうまれるって……こずえちゃんはじぶんのせかいにぎもんをもってるんじゃないかなー…?」

こずえ(未来)「ぎ、疑問…?そんな…わけ…」

こずえ「……ぷろでゅー…」



こずえ(未来)「…その名前を…言わないで!!!」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:48:17.45 ID:AxSW7nxs0

こずえ(未来)「はぁ、はぁ…」

こずえ「……ほんとうはおもってたんでしょー…ぷろでゅーさーさんがしんだとき、じぶんのしたことがまちがってたんじゃないかって…」スタスタ

こずえ(未来)「…そ……そんなわけ…」

こずえ「でも…もうここまでやっちゃった…あともどりできないっておもった…だから、ぷろでゅーさーさんのからだだけをうごかして、にんぎょうとしてよみがえらせた…そうでしょー」スタスタ

こずえ(未来)「人形なんかじゃない!!あなたも見たでしょう?あのいつも通りの姿を…いつもみたいに人を撃ち殺して、いつもみたいに血だらけになって、いつもみたいにカタコトに言葉を話して…………いつも、みたいに……ぐちゃぐちゃで…」ポロポロ

こずえ「……」スタスタ


こずえ(未来)「ううっ…やだよ…もうやだよ…素直なんてどうでもいい…もう誰も殺したくないよ…………会いたい…Pさんに会いたい、もう一度、みんなに会いたい…!」ポロポロ



こずえ「…やっとすなおになれたね」 ダキシメル


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:49:43.06 ID:AxSW7nxs0

こずえ「…ごめんね…こずえがおもわなければよかったんだ…すなおになればいいなんておもわなければ、あなたたちのいるせかいも、いまのあなたもそんざいしないはずだったのに…」

こずえ(未来)「……」ポワ

こずえ(未来)(そっか…そうだったんだ…)

こずえ(未来)(この時からずっとそうだった…こずえはずっと、周りの人間は素直じゃないと思ってた…)

こずえ(未来)(でも、違った…一番素直じゃなかったのは人間でも劣化体でもなくて…)



こずえ(未来)「こずえ自身だったんだ…」ブワァァァァ


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:50:25.58 ID:AxSW7nxs0

モバP「なっ!」

茜(未来)「こずえちゃん(未来のほう)が…!」

李衣菜(未来)「光の粒になって…!」

晶葉(未来)「消えてしまった!」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:51:31.42 ID:AxSW7nxs0

茜(未来)「こ、こずえちゃんは一体どこに!」キョロキョロ


こずえ「…いったんだとおもう…ぷろでゅーさーさんが…みんながいるばしょに…」


モバP「…」

こずえ「…あきはさん、りいなさん、あかねさん…」

晶葉(未来)「ん?なんだ?」

こずえ「…ごめんなさい…こずえがこんなことしちゃったせいで…みんなのたいせつなじかんをうばっちゃって…」

晶葉(未来)「……分かってくれればいいんだ」

李衣菜(未来)「そうだよ、だって私たちこのために来たんだよ?」

茜(未来)「終わりよければ全て良しです!」

こずえ「みんな…ずずっ…」ポロポロ

モバP「おいおい泣くなよ…可愛い顔が台無しだぜ?」⊃ ハンカチ

こずえ「ふきふき…ありがとう、みんな…」




こずえ「せかいを…こずえを、すくってくれて…」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:52:34.58 ID:AxSW7nxs0

―――――

―――



10年後 -事務所内-

晶葉「…何も、変わってないな…」

李衣菜「10年前とほとんど同じ景色…」

茜「こ、これって夢じゃないですよね…?」


モバP「ああ、夢じゃないぜ」ギュッ


晶葉「うわっ、じょ、助手!」

茜 李衣菜「プロデューサーさん!!」


モバP「へへっ、お帰り!」


晶葉「…ふっ」ニコッ

李衣菜「…うふふ!」ニコッ

茜「…えへへ!」ニコッ





――ただいま!!




終わり


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:56:10.79 ID:AxSW7nxs0

おまけ

『晶葉レポート』

『劣化体…こずえの負の感情による影響を受け、素直の洗脳が解けてしまった存在。まあ、元の人間に戻ったとも言えるな。こずえは自らの目標である素直な世界の創造のために劣化体を殺していたが、殺すごとに心の奥では罪悪感を感じていたため、劣化体はいくら殺しても減ることなく増え続けていた。

テレポくん…この私、池袋博士の天才的な発明。ボタン一つで好きなところにひとっ飛び。

ウサちゃんロボ…こずえに洗脳されていた頃の天才、池袋博士によって、新たに作られたウサちゃんロボ。こずえへの忠誠心がとても強く、こずえに歯向かうものはたとえ創造主である私であっても許さない。

モバP?…こずえによって操られていた助手の死体。一応、感情はもっているが、生前の記憶は覚えていないらしい……今から生きている助手に会うのが楽しみだ。

まゆ…あの日いたまゆはこずえが変装したものだと思いこんでいた…しかし、よく調べて見たところ、部屋の通気口にまゆの指紋が見つかったのだ。どうやらあの日見たまゆは本物だったらしい。じゃあ一体どうやってこずえと入れ替わったのだろう?……信じられないと思うが、もしかしたらこずえとまゆは同じ………………………………』



晶葉「……なんだこれ?」

晶葉「何故か仮眠室にいると思ったら、今度はぶかぶかの白衣に謎の紙…?」


晶葉「…にしても、何が書いてあるのかさっぱりだ…一体誰がこんなものを…?」








晶葉(未来)「…あれ?何故か白衣が苦しい……へっ、へくちっ!」



ほんとに終わり





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿