TOP > 俺の妹がこんなに可愛いわけがない > 京介「桐乃、今日も口でしてもらっていいか?」

京介「桐乃、今日も口でしてもらっていいか?」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 02:41:53.21 ID:TUZkYMKn0

桐乃「……ウザ」

京介「なあ、頼むって」

桐乃「ウザい」

京介「口でしてくれよ、なあ」

桐乃「あああもう!ほんっとマジウザいんだけど!」

京介「お、おい、なんでそんなに怒ってるんだよ」

桐乃「あっ、アンタが口でしかさせないからでしょ!?」

京介「?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 02:45:12.42 ID:TUZkYMKn0

京介「……すまん、言ってる意味がわからないんだが」

桐乃「はあっ!? バッカじゃないの!?」

京介「口でしかさせないから?
    むしろ、口でしてもらってるという感謝の気持ちでいっぱいだぞ」

桐乃「だ~か~ら~っ! そういう事を言ってんじゃないっつの!」

京介「……さっぱりわからん」

桐乃「~~~っ!」

京介「?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 02:46:53.16 ID:TUZkYMKn0

桐乃「……あのさ」

京介「なんだ」

桐乃「その……く、口だけでいいわけ?」

京介「ああ、大満足だ」

桐乃「たっ、例えば他のところとk」

京介「大事な妹に手なんか出せるかよ」

桐乃「……」

京介「?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 02:49:07.41 ID:TUZkYMKn0

桐乃「……ねえ、アニキはさ」

京介「急に改まってどうしたんだよ」

桐乃「あ、あたしの事どう思ってるわけ?」

京介「愛してる。超大好きだ」

桐乃「だ、だったらその、他の事m」

京介「俺はお前が本当に大事だぞ、桐乃」

桐乃「……」

京介「?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 02:51:29.67 ID:TUZkYMKn0

桐乃「……」

京介「だから、頼む」

桐乃「……」

京介「桐乃、今日も口でしてもらっていいか?」

桐乃「……あたし、ファーストキスもまだなんだけど」

京介「そ、そうなのか」

桐乃「……うん」

京介「と、とりあえず口でしてもらっていいか?」

桐乃「……」

京介「?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 02:54:30.39 ID:TUZkYMKn0

桐乃「あたしの話、聞いてる?」

京介「聞いてるに決まってるだろ」

京介「大事な妹の言葉、聞き逃してたまるかよ」

桐乃「そ、そんなにあたしが大事なんだ?」

京介「当たり前だろ」

桐乃「へ、へぇ……超シスコンじゃん」

京介「ああ、超シスコンの変態兄貴で悪かったな」

京介「だから桐乃、口でしてもらっていいか?」

桐乃「……」

京介「?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 02:57:21.07 ID:TUZkYMKn0

桐乃「じょ、条件があるんだけど」

京介「条件? 俺に出来る範囲で頼むぞ」

桐乃「あ……」

京介「あ?」

桐乃「あっ……あたしにキスしなさいよ!」

京介「きっ、ききき、キス!? お、俺達は兄妹なんだぞ!?」

桐乃「……」

京介「何を言い出すかと思いきや……からかうなよ、心臓に悪い」

京介「とりあえず、口でしてもらっていいか?」

桐乃「……」

京介「?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 03:00:07.53 ID:TUZkYMKn0

桐乃「あたしとは……キスできないの?」

京介「そりゃ……そうだろ」

桐乃「可愛い妹がファーストキスあげるって言ってるのよ!?」

京介「俺はお前の兄貴なんだよ! わかるだろ!?」

桐乃「わかんないわよ! 意味わかんない!」

京介「……俺は、お前が、本当に大事なんだ」

桐乃「……」

京介「だから……桐乃、口でしてもらっていいか?」

桐乃「……」

京介「?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 03:03:32.75 ID:TUZkYMKn0

桐乃「……本人が手を出しても良いって言ってるのよ?」

京介「だからって、妹に手を出す奴は兄貴失格だ」

桐乃「じゃ、じゃあ口でするのは何なの!?」

京介「手は出してないだろ。ある意味口出ししてるだけだ」

桐乃「あ?」

京介「すみません。今、上手い事言ったと調子に乗りました」

京介「……とりあえず、口でしてもらっていいか?」

桐乃「……」

京介「?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 03:06:33.12 ID:TUZkYMKn0

桐乃「……最低」

京介「確かに、俺はお前と比べたらカスみたいな存在だよ」

京介「何一つ敵う所が見あたらねえ」

京介「……我ながら情けなくなるぜ」

京介「だがな、一つだけ言っておく」

京介「こんな最低な兄貴でも、世界で一番お前が大好きだってな」

桐乃「……」

京介「だから、桐乃。口でしてもらっていいか?」

桐乃「……」

京介「?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 03:09:39.67 ID:TUZkYMKn0

桐乃「じゃ、じゃあ聞くけど」

京介「なんだ」

桐乃「どっ、どうしてそんなにあたしに口でしてもらいたいの!?」

京介「そっ、そりゃお前……好きだからに決まってるだろ」

桐乃「じゃあ、なんでキスしないのよ!」

京介「なんで怒鳴る!? だっ、大事だからだよ!」

桐乃「……」

京介「だから、なっ? 口でしてもらっていいか?」

桐乃「……」

京介「?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 03:13:30.91 ID:TUZkYMKn0

桐乃「……信用出来ない」

京介「何がだ」

桐乃「あんたがあたしを好きってことも! 大事ってことも!」

京介「なんでだよ!」

桐乃「ウザい!ウザいウザいウザい!」

京介「っ……だったら見せてやるよ!」

ぼろんっ!

桐乃「なっ、何を急に出して……!」

京介「――好きだから、こんなになるんだよ」

京介「だから……頼む。口でしてもらっていいか?」

桐乃「……」

京介「?」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 03:17:04.17 ID:TUZkYMKn0

桐乃「……あんたがあたしを好きってのは、その、わかった」

京介「おう」

桐乃「でも……大事な妹に口でさせる?」

京介「ああ、大好きだからな」

桐乃「そっ、そう」

京介「情けないが、男ってのはそういう生き物なんだ」

桐乃「だったら、キs」

京介「びえきしょぃっ!」

桐乃「!?」

京介「すまん、出しっぱなしで寒くなった」

京介「なあ、寒くないように……口でしてもらっていいか?」

桐乃「……」

京介「?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 03:21:06.15 ID:TUZkYMKn0

桐乃「……嫌」

京介「桐乃……」

桐乃「……絶対、嫌」

京介「そう……か」

桐乃「……」

京介「わかった。無理を言ってすまなかった」

桐乃「……出てって」

京介「ここは俺の部屋なんだけどな」

桐乃「……」

京介「ちょっと黒猫の所に行って来る」

桐乃「えっ?」

京介「?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 03:24:00.44 ID:TUZkYMKn0

桐乃「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!」

京介「?」

桐乃「なんで黒いのの所に行くわけ!?」

京介「そりゃあ……お前」

ぼろんっ!

京介「……っとと、しまい忘れてた。ありがとな、桐乃」

桐乃「は?」

京介「さすがに出しっぱなしじゃ捕まるもんな、ははっ!」

桐乃「そういうことを言ってんじゃないっつの!」

京介「?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 03:26:34.23 ID:TUZkYMKn0

桐乃「あんた……まさか、アイツにさせるつもり?」

京介「そりゃお前……そうだろ、この流れだったら」

桐乃「……あたしは?」

京介「はっ?」

桐乃「あんたは! あたしが! 好きなんじゃないの!?」

京介「ああ、大好きだぞ」

桐乃「……」

京介「?」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 03:28:34.81 ID:TUZkYMKn0

桐乃「……ムカツク」

京介「すまん」

桐乃「謝んな」

京介「……」

桐乃「……」

京介「とりあえず……黒猫の所に行ってくるな」

桐乃「……ムカツク!!」

京介「?」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 03:31:23.74 ID:TUZkYMKn0

桐乃「あんた、あいつの事が好きなの!?」

京介「ああ」

桐乃「あたしとあいつ……どっちが好き?」

京介「そういうのは……比べるもんじゃないだろ」

桐乃「……」

京介「……とりあえず、黒猫の所に行ってくる」

桐乃「……嫌」

京介「?」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 03:35:07.17 ID:TUZkYMKn0

桐乃「……」

京介「桐乃?」

桐乃「……行くな」

京介「行くな、ってお前……」

桐乃「行くなって言ってんの!」

京介「!? どうしたんだよ、急にどなって」

桐乃「行くな! 行ったら殺す!」

京介「……なんなんだよ! 訳がわからねえよ!」

桐乃「……」

京介「?」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 03:39:40.70 ID:TUZkYMKn0

桐乃「……」

京介「……おい、何か言えよ」

桐乃「……ない……で」

京介「えっ?」

桐乃「……行かないで」

京介「……だが……しかしだな」

ぼろんっ!

京介「俺も、そろそろ限界なんだ」

桐乃「……」

京介「黒猫の所に行けないとなると……なあ、わかるだろ?」

桐乃「……」


京介「桐乃、今日も口でしてもらっていいか?」


おわり


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/02(月) 03:42:17.38 ID:TUZkYMKn0

こんなくだらないもん最後まで読んでくれてありがとう
おやすみ





『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿