TOP > IS<インフィニット・ストラトス> > 一夏「肩もみ5分1000円です」

一夏「肩もみ5分1000円です」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/25(水) 22:54:33.74 ID:hNzk7LSlO

山田(ふぅ・・・やっぱり夏は暑くて苦手ですね・・・)スタスタ

山田(小まめに拭かないと胸のしたにあせも出来ちゃうし・・・)スタスタ

山田(はぁ・・・ゆっくり休みを取って旅行でも行きたいな)スタスタ

『肩もみ5分1000円です』

山田「ん・・・?」

一夏「いらっしゃい。安いよ」

山田「な、なにしてるんですか織斑くん」

一夏「肩もみ屋さんですよ。どうだいお姉さん」

山田「肩もみって・・・肩もみ?」

一夏「肩を揉む肩もみだよ。お姉さんこってそうだしサービスするよ」

山田「確かに肩コリはひどいですけど、って学園の中で商売は先生として」

一夏「ちゃんと理事長さんの許可は取ってるよ」ペラッ

『許可しよう。許可証だけに』

山田「そうですか・・・でも5分で1000円って高くないですか?」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/25(水) 23:01:59.02 ID:hNzk7LSlO

一夏「気に入らなかったらお代は頂かないよ」

山田「本当に?」

一夏「商売だからね。嘘はつかないよ」

山田「じゃあお願いしちゃおうかな」

一夏「じゃあそこの椅子座って」

山田「はい。よいしょっ」ギシッ

一夏「じゃあ失礼しますよ」サワッ

山田「んっ・・・」ビクッ

一夏「リラックスしてね」モミモミ

山田「は、はい」

一夏「お客さんはなにやってるの?」モミモミ

山田「教師をしてます」

一夏「先生かぁ~、そりゃ肩もこるね」モミモミ

山田「んんっ・・・そ、そうですね。元気な生徒ばっかりで」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/25(水) 23:11:34.20 ID:hNzk7LSlO

一夏「若い子はね、箸が転んでも笑うって言うから」モミモミ

山田「そうですね、ほんとに。若いっていいなって思います」

一夏「先生もまだまだ若いよ」モミモミ




一夏「はい、5分経ったよ」パシッ

山田「えっ、もうですか?」

一夏「どうだい肩は?」

山田「えっと・・・」グイッ

山田「わぁっ・・・!すごい!嘘みたいに軽くなってます!」

一夏「そいつはよかった」

山田「ほんとにすごいです・・・!中学生の頃からずっと肩コリに悩まされてて、こんなに軽くなったの初めて!」

一夏「そんなに喜んでくれるなんて、こっちも嬉しくなるね」

一夏「よし、今日は初めてだしお金はいらないよ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/25(水) 23:17:16.50 ID:hNzk7LSlO

山田「えぇっ!?だ、ダメですよ!こんなに気持ち良くしてもらったんだからちゃんと払います!」

一夏「お姉さん綺麗だからサービスするって言ったでしょ。また来てくれればいいから」

山田「で、でも」

一夏「また肩がこったら来てよ。お代は次もらうから」

山田「・・・わかりました。また来ますね!」

一夏「はいまた」



数日後

山田「あっ、肩もみ屋さーん!」タッタッタッ

一夏「いらっしゃい」

山田「あのっ、また肩がこっちゃったので揉んでもらえますか?」

一夏「はい喜んで」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/25(水) 23:20:56.29 ID:hNzk7LSlO

一夏「じゃあ椅子に座って」

山田「はいっ」ギシッ


一夏「・・・だいぶこってるね」モミモミ

山田「ぁっ・・・ど、どうしてか昔から肩コリが酷くて」

一夏「仕方ないね。女の人は血液の循環が悪くなっちゃうから。肩コリと冷え症はね」モミモミモミモミ

山田「んっ・・・ふぅ・・・」

一夏「・・・」モミモミ

山田「あ、んっ・・・」

一夏「・・・」モミモミ

山田「はぁっ・・・ぁっ・・・」

一夏「・・・」モミモミ


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/25(水) 23:27:07.79 ID:hNzk7LSlO

山田「んんっ・・・」

一夏「・・・」モミモミ

山田「はぁっ・・・すごい・・・いいです・・・」


セシリア「ふんふ~ん♪」スタスタ

セシリア「・・・あら?あの後ろ姿は一夏さんっ!」

セシリア「一夏さーんっ」

山田「はあぁっ・・・!そこはっ・・・んっ」

セシリア「っ!?ななななななにをしてますの!?」

一夏「なにって肩もみだよ」モミモミ

山田「はふぅ~・・・」

セシリア「肩もみ!?肩もみって、肩を揉んでるんですの!?なんの為に!」

一夏「マッサージ」モミモミ

山田「あんっ」ハァハァ

セシリア「わっ、わたくしも!わたくしもマッサージして下さいませ!」

一夏「先生が終わってからね」モミモミ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/25(水) 23:32:50.98 ID:hNzk7LSlO

一夏「はいっ、終わり」パシッ

山田「はぁ~~~~・・・生き返りました」

一夏「じゃあ1000円ね」

山田「はい」ペラッ

一夏「まいどどうも。また来てね」

山田「はいっ、またこったらお願いしますね」ニコッ


一夏「じゃあ金髪のお姉さん、椅子座って」

セシリア「は、はいっ!」ギシッ

一夏「さてと、肩もみ5分で1000円頂くけどいいかい?」

セシリア「1000ポンドだって構いませんわ!」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/25(水) 23:39:37.91 ID:hNzk7LSlO

一夏「じゃあ失礼しますよ」モミッ

セシリア「ひゃっ!」

一夏「痛いのかい?」

セシリア「い、いえ。心の準備が出来ていなかっただけですわ」

一夏「緊張しないでね」モミモミ

セシリア「あっ・・・」




一夏「はい終わり」パシッ

セシリア「あ、あのっ一夏さん!お金はいくらでもお支払いしますから、その、全身マッサージを」モジモジ

一夏「ダメだよ。風営法が今うるさいからね。そんなことしたらすぐ営業停止になっちまう」

セシリア「そうなんですの・・・」

一夏「世知辛いよまったく」

セシリア「よ、よくわかりませんけれど・・・また来てもよろしいでしょうか」

一夏「もちろん、肩がこったらいつでもおいで」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/25(水) 23:40:32.06 ID:hNzk7LSlO





次に肩もみ屋さんが現れるのはあなたの街かもしれない


終わり


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/25(水) 23:40:58.09 ID:LxTashws0

ラウラの肩は俺が揉む!


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/25(水) 23:47:26.23 ID:/jSdUnlj0

ストイックだなおい


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/25(水) 23:58:38.95 ID:9aWueVUG0

ラウラと鈴は肩がこらない





『IS<インフィニット・ストラトス>』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿